FC2ブログ

Tシャツ arigatou

被災地のボランティアさんに、Tシャツを送りましょう
( ハッピーロードさんへ送ります )

震災直後、沢山の冬物が送られてきたそうですが、今は夏 ・・・
動きやすくて、洗いがきく「 Tシャツ 」を希望されています

新品 ・・・  大歓迎
リサイクル ・・・ 常識の範囲内で
 比較的キレイな物、破れていない物

動物のお世話をしている ボランティァさんへの 直接の応援
今回は Tシャツだけの募集です

まとまり次第、被災地へ向けて送ります

応援メッセージも付けてあげましょう
私達の代わりに頑張ってくれている 現地のボラさんに ・・ 

『 現地のボランティァの皆さま くれぐれも体調にはご留意下さい 』




動物支援物資を受け取った 福島県の方からです
(ハッピーロードさんから転載)

ご支援いただいた皆様へ

私は原発から20キロ圏内の警戒区域になってしまった浪江町に
住んでいました。

避難指示が出た当日、私達家族は何が起きているかも分からず、
すぐに帰れるものと思って家を出ました。

犬や猫を連れていきたい気持ちはありましたが、すぐに帰ることが
できると聞いて、自宅に置いて来ました。

その後、すぐに東京電力福島第一の爆発が起き、避難指示は
拡大し続けて、私は家に帰ることができなくなりました。

妹の小さい子供達を連れて逃げるのに必死だった私は気づきません
でしたが、爆発音は遠い浪江町にいても聞こえたそうです。

その頃から家に向かう道には 防護服を着てガスマスクを着けた
警察官が道を塞いでいるようになりました。

家を出た時、犬は繋いだまま…猫は庭のどこかに隠れていました。

警戒区域に指定されてしまってからは 餌をやる方も入ることが
できなくなりました。

私は幸運なことに避難一ヶ月後には犬と再会でき、三ヶ月経った
今では猫も保護施設で預かってもらうことができています。

しかし、私達には家も土地も服も家財も仕事もありません。

仕事を探そうとしても、まず定住するところがないと紹介も難しいと
言われてしまいます。

仮設住宅に入ることができているのは今のところ、一握りの人達だけです。

私のまわりにいるペットを連れた方で仮設や借り上げ住宅が決まった人は
誰もいません。

大型犬の多くは未だに車中生活をしていて、猫を連れて入れる
二次避難場所は限られています。

人間が生活を立て直すだけでも、大変な今の状況で犬や猫を飼うことは
贅沢だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、私にとっては大切な家族です。

一緒にいる犬の温もりがどんなに私を励ましてくれたか…。

眠れない夜や涙が止まらない時も、そばにいてくれた犬のおかげで
乗り越えてこられました。

この子がいなかったら、私は生きていることができたかわかりません。

この子がいるから、この子を守るために生きて、頑張っていこうと
思えるのです。

しかし、餌が欲しくても買いにいくだけで1時間以上かかります。

皆が買いに行くので、お店は常に品薄の状態です。

獣医さんに見てもらうにも、車で1時間以上走らなければ、
動物病院はありません。

おやつをあげたくても、いつ終わるか分からない、全く目処の立たない
避難生活で、なかなか買ってあげることもできません。

今回、私はフードとダニの予防薬、オヤツとペットシーツを支援して
いただくことができました。
日々、必要で消費するものですし、ダニによる病気の予防をすることが
できます。

本当にありがとうございます。

ご支援くださった皆様にはなんとお礼を申し上げていいか分かりません。

また、添えられていた暖かいメッセージの数々には、力をいただきました。
一人一人にお礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです。
今、お返しするものが何もない私ですが、いつかご恩返しできるように
頑張りたいです。

この場を借りて、お礼をのべさせていただきます。
本当にありがとうございました。


検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント