FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 被災犬の引き受けについて
2011-05-29 (Sun) 00:00

被災犬の引き受けについて



福島原発・20㌔圏内から 被災犬を預ったので、ブログや新聞を
ご覧になった方から、同じように被災犬を預かりたい~との
申し込みが 数件ありました。
                                    
moblog_7090313b.jpg
                                    被災犬  相馬くん
とても有り難く、感謝で一杯です。

次の被災犬が来るまで お待ち頂く事になりますので、
犬がやって来た時にはヨロシク~  お願い致します。

今は どちらの団体やボランティアさんも 犬の受け入れに積極的で
それぞれ手を挙げておられますから、サークルマムは もう少し後・・
最後の方に・・・手を挙げたいと思います。

現在は マムが手を上げなくても 受け入れ先は何とかあると思うので・・

老犬・病犬・雑種・・・が、最後に残る事 は目に見えています。
( 雲仙普賢岳災害でも、 阪神大震災でも そうでした )

その時にこそ、預かります~と、手を挙げたいのです。

どんな犬が来るか 分かりません。
でも、同じ犬 同じ命 純血種も雑種も 年齢も分けへだけなく引き取りたい
その時には ご協力を お願いしたいと思います 
( マムの預かりボラさんは この点 とてもご理解があり嬉しいです )

病気犬は治療してやりたい ・・
老犬には静かな暮らしをさせてやりたい ・・

老犬・病犬・雑種の被災犬の引き取りは 特別な事ではなく 
マムが日頃活動している延長線上に あると考えています 


ただし 地元にも 遺棄され捕獲されて 殺処分の運命の犬達がいます
この犬達にも お心を留めて下さい  不幸な身の上は同じ・・・



被災犬を待つ間、地元の犬を預かれる方は お知らせ下さい

サークルマムの預かり宅はどこも満杯で これ以上の引き取りは不可能
ご協力をお願い致します


預かりボランティァ・・って どんな事するのかな ・・? 
関心のある方 是非 体験してみて下さい



現在 大至急で預かり先を求めている犬 
テリアミックス小型 体重6㌔ オス 5才 人が大好き
梅雨の間だけでもOKです 新しい家庭が見つかれば なおグ~

moblog_92f16460.jpg



最終更新日 : -0001-11-30