FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 悲運の大ちゃん ・・・
2011-05-31 (Tue) 10:00

悲運の大ちゃん ・・・


大ちゃんに またもや悲劇が襲いました

8年間放浪していて 昨年 ようやく保健所が捕獲してくれて 
無事 帰宅できた大ちゃん

大ちゃんが この所ご飯を残します 
全く口を付けない日もあり ちょこっと心配です  と記事に書きましたが・・

moblog_29e05b00.jpg

その 大ちゃんが入院しました  癌の末期らしい・・

全く立てなくなり 寝た切りになって この1~2日は悲鳴に近い声を
出します  どこが痛いのか ??

普段触れない犬ですが 今度ばかりはおとなしく抱かれて病院へ・・・

エコーをかけると 肝臓や脾臓、その他の臓器に一面黒い物が ・・

小さい物は10ミリ 大きいのは画像に入り切らず・・60ミリ~
それらがどの臓器にも一面に 連続して沢山見えています

「 エッ ・・ これなんだ・・? 」 先生の声 

エコーで見た限りの説明の結論
  
臓器一面を腫瘍のような物が覆っている
リンパ管内にも転移している可能性有り・・

つまり 臓器に腫瘍ができて もう手の施しようがない状態
俗な云い方をすれば 癌の末期か ?
念の為 確定診断をする為に針で細胞を採取 

大ちゃんは 苦しむ為だけに生まれて来たのか ・・
8年間の 苦しい飢餓を経験した放浪生活
放浪中に 2回 交通事故で足に大きな怪我をしました

すべてを乗り越えて ようやく マムの手元へ帰って来た・・
今からは 安穏な老後を~と思っていた矢先の腫瘍発症

先生に問いました 
どのくらい持ちますか ? できる限りの治療をして下さい ・・

1ヶ月は無理でしょう 最悪ならば あと数日かも ・・ !!


・・・ そ・そんな ・・・ 言葉がありません 


moblog_03528893.jpg

手をふれると うっすらと目を開けます

moblog_779f0a84.jpg

大ちゃんは いつも急に来て 急に去って行きます
大ちゃんが生きた意味は何なの・・?

今夜 家に連れ帰ります
ここ数日は 大ちゃんの為だけに 時間を作りたい 面会謝絶・・


最終更新日 : -0001-11-30