FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 柴犬・保護出来ました
2011-02-14 (Mon) 00:00

柴犬・保護出来ました

天竜川の河川敷に捨てられていた柴犬が、保護出来ました

預かり先を探していましたが、発見者の知り合いに希望者があるとの事
その方に、決まるまでは、発見者のお宅で保護が出来るようです

moblog_10abcbe4.jpg

決まると良いですね

以下、発見者が最初に撮影した画像です

『 やはり、捨てられた様子で、飼い主を待っているのか、この雨の中
小屋には入らず、小屋の前で 雨ざらしになって うずくまって
いました。  捨てられていた場所の様子です   』

moblog_caf728a6.jpg

小屋の中にフードの袋を入れて車に乗せて運び、そのまま置いて逃げた 
と 云う感じの置き方  
水が見あたらないが 柴犬は、何日この状態で うずくまっていたのか ?

moblog_f1e5d409.jpg

雨に打たれながら、飼い主が迎えに来るのを待っていた ・・  
その、犬の気持ちを思うと 胸が張り裂けそうです   

ケージが畳んで側に置いてあったのなら、間違いなく遺棄でしょう
犬小屋も使用していたそのまま、そっくりおいてあった

飼い主にどんな事情があるのかは分からないが、犬を手放すのなら
もっと他の方法があるはず ・・・

この飼い主に伝えたい ・・  『 動物の遺棄は犯罪です 』
動物愛護法に、そのように規定さている違法行為です

このような捨て方は、捨てた飼い主本人の心をも 傷付けます
子供さんがいたなら、子供さんの心も 一生傷付けます


春先は転勤などで、人の移動が多い時期 
 
万一 犬や猫を 一緒に連れて行けない場合は、早目に新しい
飼い主さんを探すなどの対策を取りましょう

動物ボランティは、新しい家族探しのノウハウを持っていますし、
家族探しの場所の提供もしています

捨てるのではなく、まず、ご相談下さい
自助努力をされる飼い主さんへの協力は惜しみません

最終更新日 : -0001-11-30