FC2ブログ

小太郎君 & プーちゃん

退院したプーちゃん、すっかり元気になったようで
三兄弟の写真が送られて来ました。

二人のお兄ちゃんたちも、また一緒に遊べるので大喜び。
お兄ちゃんたち、クーちゃんを宜しくね・・

STIL0003_ed.jpg




小太郎くん(ポーちゃん)も、ジャストタイム
wan peaceさんのブログに載っていました。

middle_1566602005.jpg

少し痩せたとの事、驚きです!!

middle_1566602002.jpg

おじ様が一大決心をしてフードを減らしたのですが
オヤツも一切なくしたので、小太郎君は怒りっぽくなって
しまったとか・・・

middle_1566602000.jpg



譲渡前日、2匹揃って散歩で撮ったプー&ポー

moblog_b6c59ce5.jpg



のいんちゃんも元気です!!
middle_1566689721.jpg

詳しくはブログ「wan peace」をご覧ください。

まうちゃん、かおりちゃん、の可愛い写真も
毎日てんこ盛りで載っています。

みんな元気でね!!   

クーちゃん

敷物交換したら気持ちよさそうに眠るクーちゃん。

190823_163822_ed_ed.jpg


皆様から沢山の敷物をご寄付頂くので、有り難く使い捨て
させて頂いております。

勿体ないけれど、ゴメンナサイ!!


キレイな敷物は、クーちゃんも気持ち良く感じるよう 
元々、理解力も高く、利口な犬だったのが良く判る。

190823_163815_ed_ed (1)



あと数日でシャンプー!?。
初めてだろうと思うので、どんな反応をするのか
少々心配です。

人の手に馴れてきたし、人そのものにも馴れてきたので
多分、大丈夫でしょう。



飼い犬が人に馴れて来たって不思議な事ですが、
幼い頃から手で撫でたり、抱っこしたり、声を掛けたり
とにかく人間とふれあいながら育てないと、人を恐れたり
敬遠したりするようになる。

繋いだまま散歩にも行かず、ご飯だけを与えられていた犬は
人間を理解出来ていないので、ビビったり、攻撃したりする。


クーちゃんも繋がれたままの生活が長く、飼い主とは
接触が無かったように思われるので、それで先生が
「馴れて来ましたね・・」と、感想を呟かれたのです。



まだ暑い日が多いので、水に氷を入れて冷たくしてやると
美味しそうに飲みます。

190826_162848.jpg

このサイズのバケツを引っくり返すと大洪水になるので
小さなバケツに替えた。
半分以下の容量なので、万一引っくり返しても小洪水で済む。

高さはクーちゃんの鼻先が丁度触る高さで、首をのばさなくて
水が飲める。

190828_090914.jpg





最近のクーちゃんには表情が出て来ました。

引き取った当初は膿で眼が塞がっていて、見えるのか
見えないのか全く判らなかったが、先生に清拭してもらったら
白く濁った眼玉が出て来た。

微かに見えるらしい・・・。

最初の頃は目を合わせる事を知らなかったようだ。
アイコンタクトなんて、多分、経験が無かったのだろう。

でも、今は顔を覗き込むと、ジッとこちらを見つめる。

190823_163839.jpg

アイコンタクトと言うより、記憶を辿っていると言った方が
正しいかも知れない。

このオバサン、誰だったかな?
俺、なんでここにいるのかな? 
理解しかねているような顔つきだ 


とっても優しい表情になった。
満ち足りた穏やかな生活にホッとしているのかも。

マムの言葉を聞き取ろうとする。
耳も塞がってはいるが、ある程度は聞こえるらしい~。


ひび割れていた鼻先も、湿って黒くキレイな色になって来た。

190823_161850.jpg

ただ、クーちゃんと呼んでも反応しない。

子犬の時から名前を呼ばれていないと、誰の名前か
理解できないのです。

今は・・・
クーちゃん ご飯ですよ~
クーちゃん 水ですよ~
クーちゃん オヤツですよ~
クーちゃん 敷物変えますよ~

と朝から晩まで名前を呼んで、体を触ってます 

身体を触っても怒らなくなったし、段々とマムに
馴れてくれるのがとっても嬉しい!!


190817_133123.jpg

この姿勢で眠るのが好き?なのか、このポーズの
写真が多い。

190826_030640.jpg

敷物が違うので、撮影日が違う事も判る・・。

お尻が一段上に乗っかっている事もあったし、
とにかく、この場所での、このポーズが好きらしい。


心臓の状虫が悪さをしませんように~~
それだけを祈っています。




ご支援有り難うございます

ちゃちゃ丸母さん

超大型トイレシーツをご寄付頂きました
120×120cmというビッグサイズ  

感謝申し上げます。



この仔猫ちゃんの里親さんを募集中

ちゃちゃ丸母さんに病院でお会いした時、可愛い仔猫を
連れていました。

190829_100959.jpg


すてっぷにゃむの譲渡会へも参加していた仔猫ですが、
関心を寄せる方はいらしたのですが、真っ赤な糸では
有りませんでした。

190724-6.jpg

譲渡会場などでは大人しいのですが、家へ帰ったら
そこは仔猫、床と言わず、梁と言わず、天井と言わず
走り回っています。

甘噛みも好きだし、物を破壊するのも好き。
始めて飼う方だとびっくりしてしまうかも・・

猫の飼育経験があるご家庭を希望。

飼う為の条件が有ります。
・ 完全室内飼い出来る方。
・ 予防・治療など必要に応じて措置できる方。
・ 不妊手術をして頂ける方。
・ 其の他

問い合わせは、すてっぷにゃむ 又は サークルマムへ

猫譲渡会の様子

すてっぷにゃむ、8月25日の譲渡会の様子です
詳しくは、ブログ「すてっぷにゃむ」をご覧下さい。

190826-1.jpg


「この日は、カメラを持っていくのを忘れました~(汗

190826-2.jpg

190826-3.jpg

190826-4.jpg

190826-5.jpg

190826-6.jpg

190826-7.jpg


何組かの希望者さんが来てくれましたが
決まった子は1匹だけでした

でも、いいんです、にゃんこに運命を感じてくれないと
幸せに暮らせないもんね
人間も、にゃんこも♪幸せを掴もうね~♪」


動物ボランティア すてっぷ・にゃむより転載


猫のご希望が有りましたら、お知らせ下さい。
取り次ぎを致します。

各ブログに仔猫の情報が掲載してありますので、
ご覧ください。

・ すてっぷにゃむ
・ にゃにゃにゃ(=^ェ^=)
・ ゴーキャッツ

サークルマムからも取り次ぎが出来ます。

ナナ

下半身が動かなくても、食欲旺盛なナナ。

190811_154907.jpg

目を覚ましている時はデザート(柔らかガム)を堪能。

190815_162820.jpg

ドッグフードも柔らか目にして出すと完食。

190811_150418.jpg

食べたら眠る・・。

190817_084319.jpg

脳に異変が起きたかのように首を曲げてますが、
異常は起きてません。
時々このような寝方をしてビックリさせるナナ。

190817_084327.jpg

でも、本当に眠る時はこの寝相の方が楽・・。

190820_062701.jpg



目の下に床ずれが出来たと書いたら、田形さんが
アゴ枕をご持参下さった。

190821_053948.jpg

とても柔らかくて、これなら安全。
時間を見ながら枕の当てる場所を少しづつ変えれば
床ずれも心配無用。

190821_053923.jpg

上半身を起こして支えれば自力で食べられるのだが
どうにかすると全く首の上がらない日もある。

そんな日は、ボトルの出番です。
貝ちゃんにも使用した便利なボトル。
これで、リキッドミルクを飲ませれば大型犬も満腹。

190821_054317_ed.jpg

ナナがキャップを噛んでしまった・・。
もっと沢山飲みたい合図か!?、もう要らない合図か!?

誤嚥を避ける為、飲み具合を見て少しづつ飲ませるので、
気にいらないのかな??? 
奥歯に力を入れて噛んでしまう。

190821_054256.jpg

犬用品かと思ったが実は100均で買えるらしく、
品名がドレッシングボトルとなっている。

噛みつぶしてしまったら、100均へ探しに行こう。




食べる物さえ食べさせれば、後は文句を言わず寝ているので
事前に考えたより楽な介護生活になった。

190821_100813_ed_ed.jpg

元気な頃は、結構、口うるさくて、鳴いたり喚いたり呻いたり、
毛をむしって皮膚炎を広げたり、辺りを排泄で汚しまくったりと、
世話が大変だったので、
「ナナが寝たきりになったら、地獄だろうな~」と、恐怖の
想像していたのだが、想定外の楽チン介護に驚き!!。


食後、口を拭いたり、目薬を指したりと上半身を抱えて
する作業も多いのだが、抱き方が悪いのか?
さっさと自分で首を下して布団に横になる。

こんないい子だったのか!?と改めて愛しく思う~


マムと10年間暮らしたと言う事は、ナナにしてみれば
40年間一緒に暮らしてくれた事になる。

現役時代は、いつもメスの最下位だった。
強い柴犬のメスが次々と入って来たので、ナナは
隅っこで小さくなって横になってた。

190821_053938.jpg

寝たきりになっても月1回の通院は続けています。
クッシング症があるので、その薬を処方してもらう。

最後まで痛みや苦しみを感じないよう、薬はキチンと
飲ませたい。


あと少し・・
お正月まで、大丈夫かな・・? どうかな・・?


どうかナナに ご支援(募金)をお願い致します

犬の指定は「ナナ」とご記入下さい。



※ トイレシーツも募集中  サイズ60×90㎝を希望

絶賛募集中  子猫のちゃっとん君

ご家族を募集中の茶トラ仔猫、ちゃっとん君。
ラッピーママのブログから転載しました。


「ちゃっとん君、時々ケージから出て遊びまわってます

190826-10.jpg

190826-11.jpg

ほとんど、ペース君が遊び相手だけど

190826-12.jpg

楽しそう♪

190826-13.jpg

でも、子猫の遊びは無限大(笑)

190826-14.jpg

190826-15.jpg

元気ハツラツ、ちゃっとん君
最初人見知りしますが
慣れると甘々な子に変身する・・・はず(笑)

190826-16.jpg

190826-17.jpg

ちゃっとん君が幸せになれるご家庭を探しています」

ラッピーハッピーライフより転載



ご希望が有りましたら、仔猫を連れてお伺い出来ます。

オス
生後3ヶ月くらい
ワクチン接種済み
血液検査済み
駆虫済み
ノミダニ駆虫・予防済み
などなど総て済んでいますので、直ぐにステイ可能。

連絡はラッピーママ & サークルマムへどうぞ~

ペー助

朝晩は、涼しい風を感じるようになり
老犬達もひと息ついています。

日陰に入っていれば、そんなに暑さも感じなくなった。

オヤツタイム~
柔らかいガムを咥えて嬉しそうな表情。

190816_160541.jpg

そのまま足元へ横になりムシャムシャ。

一時期、嘔吐が続き心配したが、この所は収まっている。
慢性膵炎の持病があるが、もしかしたら猛暑のせいも
あったかもしれない・・。

190816_160700.jpg

この北側の庭は、川からの風が通り夏でも涼しい場所。
老犬しか入れない特等席。
体力のある元気な犬は、南側の庭で頑張ってます。



ペー助は24時間の内、20時間ほどは眠っています。
老犬は眠るのが仕事 

190824_112236.jpg

でも、カメラのシャッター音には敏感!!
ぐっすりとは眠っていないのだ。

190824_112241.jpg

最近は表情が柔らかく愛らしくなって来た。

高齢なので顔がシワシワになるかと思ったが
意外とスッキリした顔をしている。

190824_112247.jpg

ところで・・・
ペー助は16才と思い込んでましたが、17才です。

2016年6月20日のブログに、推定14才とマム自身で
書いていた。

飼育放棄ですが診察の履歴が不詳な為、
親族の記憶をもとに推定14才の老犬とした。
となっていますので、今年17才。

全体的に悪い所ばかりですが、17才なら老衰も
止むを得ないかなと思う。


ペー助にも、あしなが支援(募金)を募っています。

薬を沢山飲んでいますので(心臓・腎臓・膵臓)
これらの薬代です。

生きている限り飲み続けなければなりません。
皆様のご理解とご支援をお願い致します。

物品は・・

・ 療法食指定フード  消化ケアi/dコンフォート

16415.jpg

・ ジャーキーの紗  低脂肪

180619_163041.jpg

みんとちゃん

しずくるみんとママさんからのお便り~~。

「今月頭にくるみの2回目の、来月頭にこころの3回目の
 命日になります。
 マムさんのブログを見て、ココちゃんも3年なんだな・・と
 寂しくなりました。
 ココちゃん、くるみに似ていて・・・。
 生きていたら会わせたかったです。
 
 STIL0002_ed (1)

 みんとは布団を占領してのびのび過ごしてくれてます。
 少し、体調を崩して心配しましたが元気に復活しました。
 朝晩の温度差が出て来て、体調を崩し易くなっています。
 お身体お大事にお過ごし下さい。」


2~3日前に、ココちゃんのお悔やみ記事を載せたら、
しずくるみんとママさんからも、お便りが届きました。

ココちゃんはくるみちゃんにそっくりだったとの事。
  ココちゃん
STIL0002_ed (2)
 
  くるみちゃん 胸の毛が白い所までそっくりですね
moblog_4b6a9ccd.jpg


しずくるみんとママさんのハンドルネームの由来は?・・・

しずく  くるみ  みんと  こころ の4匹のチワワの名前を
しりとり形式で連ねたもの・・

4匹目を迎えて下さった時、みんとの次は「ところ」?かなとも
思いましたが、こころちゃんでした



全員集合の写真が  こちら

moblog_ad12ba3c.jpg

 しずくちゃん
moblog_52d0c353.jpg

 こころちゃん
moblog_eee6e419.jpg

ロキシーちゃんという大型犬も家族の一員でしたが、
3年前に旅立ちました。

moblog_085670c5.jpg


亡くなったワンコの写真を載せると、新たに悲しみが
湧いてきますが、でも、ご覧になった皆さんが心を添えて
祈って下さっていると思います。

うちの子もそうだった・・とか
うちの子も同じだよ・・とか
マムへはお便りが寄せられています。

8月はお盆の月、
亡くなったすべてのワンコのご冥福をお祈りします。

チワワの過去の記事は、マムブログ内で犬の名前を
検索してご覧ください。

プーちゃん退院

下痢ピーさんで病院へ走ったら、下血があり
グッタリしていたので入院となったプーちゃん。

無事、退院できました~と報告が有りました。

190819_101708.jpg

プーちゃんママから

「下血も止まり、今は食欲も戻って来て、体調が
 良くなって来てるのが判ります。 
 早めに診察を受けて本当に良かったで~す。」


プーちゃん、元気になって本当に良かった 

普段、元気なワンコがグッタリしていると本当に心配。

プーちゃん、沢山食べて元通りの元気なプーちゃんに
なってね。    

お兄ちゃん達、プーちゃんをどうぞ宜しくお願いします。

お大事に~~~
  

クーちゃん

クーちゃん、3回目の診察日、病院へ 

車の中で排泄しないよう、車に乗せる前に
5分~10分くらい歩かせます。

しっかり排泄も済ませて病院へ GО

しかし、やっぱり出た!!
手足がグチャグチャ・・・。 凄い臭い・・・。

診察時間が迫っているので、敷物を半分に折りたたみ、
上にかぶせて走った。

190820_093941.jpg

駐車場から病院まで、自力でしっかり歩けた。

190820_093948.jpg

足取りが、力強くなったよ。

190820_093957.jpg

診察台にのっても、大人しい~

190820_094703.jpg

耳に腫瘍があり炎症も起きている。
触ると痛いはずなのに、先生が清拭中も静かだった。

前回は大暴れして出血し大変だったが、今回は
気持ちよさそうに耳を突き出すような仕草・・。
先生も「人に馴れて来ましたね」とびっくりされていた。

体重 9.97㎏   
970g(約1㎏)太った事になる。

10㎏を超すのも間近~ 

軟便も治った。

体調が良さそうなので混合ワクチンを接種。
マイクロチップも埋め込み済み。


段々、普通の犬に戻りつつあります。
普通って本当に有り難い事。 嬉しい事。


皆様の応援・ご支援のお蔭と、心から感謝申し上げます。

             



しかし、フィラリア強陽性だと言う事を忘れてはイケない・・

糸状虫が心臓の弁に絡み付いて機能を停止させ、
心臓から血液を送り出せなくなったらアウト
過去には、それで死亡した犬を何頭も見送りました。

昔は、心臓から状虫を取り出す事など出来なかったが
現在は心臓から状虫を釣り出す手術が可能で、
命が助かる犬も増えた。

医学の進歩は本当に有り難い。


しかし、高齢のクーちゃんに(2003年2月1日生まれ
16才6ヶ月) その手術が出来るかどうか~。

手術を受けられるだけの体力が無いのだ・・。


どうぞ状虫が弁に絡み付きませんように~と祈りながら、
毎日、ハラハラして様子を見守っています。

※ 2008年にローズさんと言うイングリッシュセッターが
   この釣り出し手術を受けて成功した例が有ります。


20081025033732.jpg

moblog_dff08644.jpg



帰宅したら、水を沢山飲んで昼ご飯を食べて、午睡タイム。

190819_163928_ed_ed.jpg

現在は1日に4回の食事。
排便と体調を見ながら、量も増やして行きます。

次回診察日は、9月3日。
それまで、万全の体調管理を心掛けます。


クーちゃんには、ちゅ~るを募集中。

190717_125736_ed_ed.jpg

薬を飲むのに、1回分のちゅ~るを薬にまぶして
フードに乗っけると丁度良い塩梅。




ご支援有り難うございます

ももの母さん 
      ちゅ~るボトル入り  トイレシーツ張り合わせ

190821_185022.jpg 190821_171401.jpg

先日ブログに小さいサイズは張り合わせてね・・
と書いたら、早速ももの母さんが張り合わせてご持参。
こちらのワガママを聞いて下さり、感謝します。


僕ちゃんママさん 
       トイレシーツ大きいサイズ一箱 感謝します

レオンママさん・田形さん   
       ちゅ~る 等 沢山の物品を有り難うございます


千歩さん   毎月、老犬達にご支援有り難う

明美さんとお友達  敷物を感謝します
      
STIL0002_ed (1)

チョビアル母さんが、敷物のカバーを沢山縫ってくれたので
この秋から、カバーをかぶせて使います。 


佳代子さん    沢山の物品を有り難うございました
         フリマ担当者から受け取りました。
愛犬のご逝去をお悔やみ申し上げます   
ワンコ写真やコメントをお寄せ下さい。  

ちゃまさんのお友達  マナーおむつを有り難うございました 

星になったココちゃん

毎月、紗を送って下さる千歩さん

実は3年前に愛犬を亡くされたのでした。
享年11才。
心よりご冥福をお祈り致します。


千歩さんから~

「3年前の9月8日が命日です。
 今でも思い出さない日は有りません。
 朝、仕事に行って、夜帰って来たら亡くなっていました。

 心臓発作のような感じで、昼間は元気に買い物にも
 付き合ったり、散歩もしていたそうです。

 突然でビックリで、お別れが出来ませんでした。(;_;)」

STIL0003_ed.jpg

STIL0004_ed (1)

STIL0002_ed (2)

愛犬との別れは、とても辛いもの・・
お別れが出来なかったのでは、なお辛いですね。

心からお悔やみ申し上げます。

とても美人さんでしたら、きっと自慢のワンコでしたね。

しずくるママさんともお知り合いとの事。
チワワ繋がりでしょうか?

チワワブームの時は、毎日のように遺棄される事件が続き
心が痛かったのを覚えています。


いつか、笑って、ココちゃんの思い出を語れるように
なりますよう祈ります~

いつも、老犬達を気に掛けて下さり有り難うございます。
心より感謝申し上げます。

すてっぷにゃむの譲渡会

本日 すてっぷにゃむの譲渡会開催

8月25日(第4日曜日) すてっぷにゃむの譲渡会を開催

10:00~12:00
ドッグラン犬の森ポム  カフェサイドBさんの店内にて

110416-1_27_1.jpg

sp-084178100s1480854661.jpg

sp-024682800s1528414979.jpg


仔猫・若猫・おとな猫が大勢参加

超ハンサムな仔猫 茶トラのオス

茶トラ子猫の情報は、ラッピーママのブログ「ラッピーハッピーライフ」をご覧ください。

DCF00835.jpg

IMG-7151.jpg

手作り品販売会も同時開催

190724-15.jpg
190724-14.jpg

180611-10.jpg

180704-20.jpg

皆様のご来場をお待ちしています。

ナガヨ

ナガヨ、久し振りにシャンプー丸刈に行って来ました。

普段はチョビアル母さんが手入れをして下さるのですが、
耳掃除や爪切りは、プロにお願いした方が良いので、
数ヶ月に一度、ダックさんでキレイにしてもらいます。

2019081ysk56k.jpg

スッキリと丸刈・・

20190801h7.jpg

これなら日常の薬浴もやり易い・・
夏場は隔日で洗ってます 

20190801h6.jpg

毛が短いと皮膚の状態も一目でわかる。
現在は赤味や腫れも収まり、べた付きも収まって
皮膚の状態が落ち着いています。


ほたて水のお陰~

ほたて水は薬ではありません。
皮膚炎を起こしている皮膚の表面は酸性に傾いている。
アルカリ性のほたて水で皮膚表面PHを正常値に近づけて
炎症を抑えるメカニズム・・
運よく、ナガヨにマッチングしたのです

2019081ysk59k.jpg

写真もプロが撮ると、こんなに可愛い~ 

20190801-サークルマムナガヨ

皮膚炎さえなかったら、直ぐに新しい家庭も見つかったはず。
マムの手元で暮らしてナガヨは幸せなのか・・。

大勢の犬の中で暮らすのは初めてらしく、かなりストレスを
感じている模様。

仕方ないね、
捨てられて、捕獲されて、殺処分になるところを生還したのだもの
生きているだけで幸せさ~と割り切るしかない。


ダメ元でナガヨの預かりボラさんを募集

抱っこしたり、撫でたり、お散歩したりと、ナガヨ1匹だけを
甘えさせて下さるお宅希望。

マム宅では、部屋の隅っこで蹲っているだけ・・・
不満そうにブスッとした暗い顔。

190802_052037.jpg

手足を舐めるのを防止する為、カラー生活です。
舐めると口中の菌が手足に付いて皮膚に悪さをし
悪臭も増す。






月1回の通院日、ナガヨも病院へのお出掛けは大好きで、
この時ばかりは視線が上を向いてます。

190820_092353.jpg

今回は、半年ごとの心臓検査も受けた。

有り難い事に、僧房弁閉鎖不全症は横ばい状態。
クッシング症など、その他も横ばい状態でひと安心。


ただ、一ヶ所だけ・・・
腎臓の数値がボーダーラインを越えた。
今後、悪化が予想されるので、水分摂取などに要注意。

          一項目だけ赤字がある 
190819_165708_ed.jpg



マムはガラケーなので、写真の色が悪いようです。

190819_152430_ed_ed.jpg

ダックさんで撮ってもらった写真は、鮮やかでキレイ!
でも、マムが撮ると白っぽいというのか、色が薄いというのか
何だか写りが悪い。

190819_152444_ed_ed.jpg

ガラケーのせいにしましょう。

190819_152312_ed.jpg


ナガヨにも、あしなが支援(募金)を募集中

クッシング症の薬
痒み止め
※ 症状が酷い時には抗生剤も
耳の薬
眼薬
月一回の診察
半年ごとの心臓検査

など医療費を生涯必要とし、その支援です。
ナガヨへのご理解をお願い致します。

早朝散歩

リーママさんご夫妻による早朝散歩。

朝は僅かに気温が下がった気配で、散歩には最適。
直虎&寅さんの組が元気よく散歩に出掛けました。

IMG_20190822_230333.jpg

凄いスピードで歩きます。

IMG_20190822_230955.jpg

臭い嗅ぎで一休み~

IMG_20190822_231156.jpg

寅さんの方が懸命に臭い嗅ぎをします。

IMG_20190822_230753.jpg

直虎は、あっさり系・・らしく、ちょっと嗅げばもう満足。

IMG_20190822_231417.jpg

中には気になる臭いもあり、その時だけは一所懸命!。

IMG_20190822_231814.jpg

直虎・・
老けたのが良く判る・・。

IMG_20190822_232036.jpg

やっぱり年には勝てないね。

IMG_20190823_181224.jpg


ももちゃんは常に元気印!!

IMG_20190823_181751.jpg

15才を過ぎたが、疲れると言う事を知らない犬。

IMG_20190823_181935.jpg

帰宅しても、常に吠えながらウロウロと歩き廻る・・。
そういえば、飼い主宅でも、夜中も吠えてうるさいと言う
苦情が多かったとか・・。

リーママさん、早朝から有り難うございます。



次回の散歩からは、このメンバーにラッキーも
加えてもらえる予定。
上手に歩けますように・・・

moblog_8531c358.jpg

大吉

先日、検査と共にシャンプーも済ませた大吉。

トリマーさんに、「お任せします」と言ったら
こんなにスッキリと短くしてくれた。

190816_160719.jpg

地肌がキレイに揃って、刈り残しがない。
相当腕の良いトリマーさんだと思う。

190816_160742.jpg

体重が16㎏から12㎏に落ちたので、すっかり体が
細くなっていました。

ご飯を食べない原因は不明・・。
ジャーキーなら食べるので、猛暑のせいと思いたい。

でも実際は老衰が進んでいて、一段一段ゆっくりと
下りの階段を降りている状況。

一番下へ降り切った時がお別れの時。
覚悟はしています。


この日、レオンママさんと田形さんがご来訪・・
大吉&ぺー助にジャーキーを届けて下さった。

二匹ともジャーキーなら何本でもペロリ。

ジャーキーをご馳走様でした。


190816_160425.jpg

もう、痴呆も発症しています。



ある日、病院から帰宅したら・・
ひゃぁぁぁ~~~

倒れている!!!!

190819_111802_ed.jpg

荷物を放り出して駆け寄りました!!

胸は・・!?
動いていた!!!!

あぁ~驚いた!
こちらの胸が激しく動悸を打ったよ!!



大吉が地面に直接横になる・・なんて、初めて。
必ず敷物の上で横になる几帳面な性格の犬。

検査に行って来て、結果が全体に悪かったので
ひょっとしたら?? 天へと思ったのです。

本当に驚いた!!



13才で逝く犬もいれば、18才まで頑張る犬もいる。
寿命は定まっていると思うので、逝く前には、一言
教えて欲しいな~


ラッピーママが引き取りに訪問した2年前の大吉。
この後、浜松へ移動して来た。

moblog_fa351c4d.jpg

マムワンコになって、この8月で丸2年。
2006年生まれなので、現在13才。

飼い主さんとの別れが、心に大きなダメ―ジを与えた
のではないかと思う。

心の傷は外傷より痛みが大きく、傷も深く
いつまでも犬達を苦しめます。

※ りゅうのすけも長い間立ち直れず、ケリーにだけ
  心を許した。



大吉、ガンバレ~~ と心の中で祈ってます。




大吉とペー助には、引き続きジャーキーの紗を募集中

2匹とも食べ物は低脂肪を・・との指示を受けていますので
低脂肪の紗を希望。

180619_163041.jpg

皆様のご協力をお願い致します。

クーちゃん&イチロー君

イチローママが、クーちゃんのブログを見て
お便りを送ってくれました。

「 クーちゃんびっくり肋骨がない
  いやいや、あるんでしょうが、全然見えなくなった。
  元気そうで良かったです

  お水、そんなに飲む犬だったのに、飲めない日が
  何日もあったなんて、考えただけで胸が痛くなります。
  でも過去は過去。
  今のクーちゃんが幸せなら充分です。

  マムさん、クーちゃんかわいいって書いてありましたよね。
  クーちゃん今までに可愛いなんて言ってもらったこと
  あったのかしら[?]
  少なくともここ何年かは、そんなこと言われた事ないはず。
  良かったねえ、クーちゃん。

  首には迷子札がついていますね
  クーちゃんは大切な子なんだよって証拠ですよね。

  ぽぽちゃんや貝ちゃんの分も、もっともっと長生きしようね。
  皆が見守っていてくれているからね。」


 STIL0002_ed (1)
  
 「イチローの朝の散歩、遅くなってしまった時は
  暑いので車で市内の公園まで行き、散歩しています。
  周りが樹々で覆われている上、ほとんど日陰で暑さが
  あまり気になりません。

  途中、必ず水分補給。
  欲しい時はママの顔を見上げて来ます。
  それがお水ちょうだいの合図です。

  まだまだ、暑い日が続きそうですね。
  ワンコちゃん達も元気に乗り越えられますように~

  STIL0001_ed (1)


クーちゃん 徐々に回復して本当に嬉しいです。

イチローママさんは一番長くクーちゃんを気に掛けて
下さっていた方、
最後まで一緒に見守って下さいね。

イチロー君、暑さに負けずお元気で~    

プーちゃん お大事に~

動物病院で一緒になりました。

昨年の秋、譲渡して以来のプーちゃん。
ママの腕の中へスッポリ入り、ママに抱かれていると
安心の表情。

下痢ピーで病院へ走って来たとの事。
点滴の為、半日入院。

190819_101708.jpg

血液検査や臓器には特に問題は無かったとの事で、
まずは、ひと安心。 良かったね

しかし半日入院し、夜、おばあちゃまが迎えに行ったら
下血があり、ぐったりとして何も食べられなかったので、
そのまま入院をする事になった。

翌日、面会に行ったら立ち上がりお尻フリフリしていたらしい。

心配ですね。
どうぞ、お大事に~~







里親探しをしていた、あの、プーとポーのプーちゃんです。

moblog_f2aae88a (1) moblog_a6b71247 (1)

ママ曰く、3人兄弟の3番目、ママの宝物!~~~。

moblog_4bd8f30b.jpg

譲渡した日のプーちゃんと、お兄ちゃんたち。
始めてのお宅でも動じることなく、ヘソ天してました。

愛情を一杯注いでもらい良かったね。

赤い糸の運命のお宅へ決まると、心が満たされて
表情も柔らかくなります。

プーちゃん、早く良くなりますように・・
また、お便りもお待ちしていますね。

3匹揃って病院へ

雷蔵・ケリー・大吉の3匹が揃って病院へ

まず、雷蔵・・

190814_034955_ed.jpg

この乱高下している数値・・
12:00の検査でいきなり116の表示が出ています。

それ以外は高すぎるのに・・
18:00の数値は600で針が振り切れているのに・・
一体、どういう事なのか!??


糖尿病は急激に低血糖になるのが恐ろしい。
よくよく注意して見るようにとの指示があった。

190814_113001_ed.jpg

膵臓の値も、針が振り切れて測定不能
正常値9~161の所、1000で測定不能とは・・?

190814_113055_ed_ed.jpg

しかし、こんな異常数値が出ても、嘔吐もないし下痢もない
多少、減ってはいるが依然として食欲も有る。
血液検査でも関連する臓器に異常は見られない。


こんな不思議な患者もいるのですねぇ~。
先生は首を傾げるばかり・・・・


でも、あまりにも数値が乱高下するので、今後は
毎月1回の血糖検査を予定。 


悪いなりに横ばいで安定~していたはずが、本当に
トホホな雷蔵です。



大吉・・

年に一回の検査なので、血液検査・レントゲン・エコー・
心電図・など総てを診てもらった

心臓の筋肉が痩せて来ている
レントゲンで見ると、しぼんだナスが垂れ下がっているよう。
※ 心臓は膨らみがある臓器、しぼんだナスの形は異常

以前りゅうのすけも診断された症状で、よく観察していて
下さいと指示された。

190816_080624_ed_ed.jpg

心電図でも、振幅などにやや異常は見られるが
年齢を考えれば相応な状態か。

胆臓には胆泥が溜まっている。
低脂肪の食べ物・低脂肪のドッグフードを心がけるように
との指示があった。


心臓も今回、血液の逆流が見られた。
僧房弁閉鎖不全症が進行中らしい
しかも、心臓の筋肉が薄くなっているので要注意。

体重は減少している
・ 春の測定時  16㎏
・ 今回     12㎏

急激に痩せるのも要注意・・。


どこかに異常がないか検査しますか?と聞かれたが
精密検査を受けたら年齢的に、さらに異常が見つかるような
気がして、様子を見ます・・と返事をして帰って来た。

レントゲンやエコ-での検査では、腫瘍など膨らみや腫れは
見つからなかった


徐々に悪くなってはいるが、特定の場所に何かあるとか
治療するとか手術する話ではない。
老化が進んでいる状況だと思います。


サプリを飲ませますか?と聞かれたが、ご飯を食べないので
多分、サプリも不可能ですと返事をした。

もしかしたら、近い将来介護生活に入るかも~。

190816_160641.jpg



最初から老犬や病犬である事を承知で引き取っている
のだから、このような状況は想定内。 

痛みや苦しみがあるなら、手術でも抗癌剤でも手を尽すが
そうでない限りは無理な治療はしないで、残された日々を
平穏に安楽に過ごさせてやりたい。

食べられる内に、美味しい物をたらふく食べさせて
最後まで見守ってやりたい。


皆様のご支援をお待ちしています。

ご飯を食べなくてもジャーキーだけは食べますので
「ササミ巻き7歳からのやわらかガム」と「紗」を希望。

moblog_46f71178.jpg



ケリーはシャンプー・カット・体重測定

190816_160859.jpg

愛愛ちゃん&僕ちゃんママがケリーにと美容院費用を
送って下さったので、久し振りにトリミングも予約。
キレイになって帰宅しました。


体重が増えてました。

りゅうのすけが亡くなってから、庭へ出て歩き廻る事も
来訪者があっても、挨拶に顔を見せる事もなくなった。

ひたすら小屋へ閉じ籠り、りゅうのすけを追慕している
ようだ。

食欲が無くなり、ジャーキーを僅かに食べていたのだが
驚いた事に体重が増えていた!!



食事タイムは、ジャーキーの前に普通の食事を出す。

全員が食べ終わって食器を回収する時に、中味を
残している犬にはジャーキーなどで補充する。

ケリーはいつも残すから、ご飯を食べないと思ってたけれど
少しずつは(いや、沢山)食べていたのだね。


安心しました。

りゅうのすけを追って逝くのではないかと、心配でしたが
食べていたなら安心です。


ケリーも、もう若くはない・・。

2012年8月に茶畑で保護された犬。
親切な人がご飯と水を与えてくれていた。
3匹捨てられたが、1匹は交通事故で死亡。
2匹保護して、1匹はローズママが引き取って下さった。

moblog_4a6ac540.jpg

その時に3~4~5~6才くらい・・と診断されたので
10才は越えているはず。

moblog_5aefdca6.jpg

乳腺腫瘍で、胸から臍の下まで切り開き、乳腺を切除した。
繁殖に使われていたらしく、酷い腫瘍だった。


詳しくはケリーで、ブログ内検索してご覧ください。

moblog_6dba1994.jpg

もう若くはないケリーにも、ご支援をお待ちしています。


僕ちゃんママ ご支援を感謝致します

IMG_20190819_012602.jpg

僕ちゃん 有り難う!  ケリーがキレイになったよ!

IMG_20190819_012445 (1)

クーちゃん

十分な食べ物も水も与えられずに、地獄の暮らしを
強いられていたクーちゃん。。

年齢が16才なら、せめてマムの手元で満腹に食べさせて
最期を看取りたい・・と悲観的な思いで引き受けました。

この先、1ヶ月持つか? 弱気な見立てだった。

しかし、予想は完全に外れた。
現在はとても元気になり、この分ならお正月を迎える事も
夢ではなくなった。

190811_114513_ed_ed.jpg

とにかく、水を良く飲みます。
これはとっても良い事。

190811_114524_ed_ed.jpg

日に何度も、何度も、何度も、飲みます。
音を立ててゴクゴクと・・・

190810_122512.jpg

食欲も有り、身体に肉も付いて来たので肋骨が完全に
隠れてしまった。


1ヶ月持つか?なんて悲観したのが夢のよう・・・・。

最初に見た時、足元がヨロヨロして今にも倒れそう。
立ち上がるだけがやっとの状態。

それなのに、何という強い生命力~~
予想を完全に裏切った驚異の老犬。

190807_113254_ed_ed.jpg


ぽぽちゃんが亡くなった日に、クーちゃんがやって来た。
とても、偶然とは思えません。
二人の間に、命のバトンリレーが有ったと思う。


ぽぽちゃんの命を引き継いだ・・と思ってますので
その分まで長生きして欲しい。



190816_113244_ed.jpg

元気になったら、こんな寝相も・・
お尻を一段上に乗せて、まるで逆さになって寝てます。

190811_043620_ed.jpg

留守にしていると、オシッコをした上で寝ている事も・・。

今まで、狭い隙間に繋がれて、排泄物の上で暮らす
しかなかったので、キレイな環境には経験がない。

良く寝ているので、起きるまではそのまま静かに。。。。



良く食べ、良く眠り、体調がゆるやかに回復しています。

一つだけ困る事が・・
顔を拭かせなくなった。顔や体を触ると嫌がります。
激しく顔を振る!

昔は噛み付いた・・
と言うから、その強い心は今も内在しているのかも。

顔や目は拭かなくても死なない・・と自分に言い聞かせて
止めました。



ここまで回復できたのは、皆様のご支援のお蔭~

本当に、本当に、本当に、有り難うございます。



クーちゃんの公約 
ぽぽちゃんの分まで、貝ちゃんの分まで長生きします!!


足元に敷くトイレシーツを募集中

60×90cm を希望

※ 45×60cmの方は、2枚をガムテープで
  張り合わせて頂けると助かります。

敷物も継続して募集中!!



クーちゃんの予定 

本日8月20日・動物病院   9月5日シャンプー・ダックさん

ナナに床ずれが・・

老衰が進んで、寝たきりになったナナ。

下半身はまったく動かせませんが、上半身が動くので、
問題が起きています。

190811_093412.jpg

もぞもぞ動くうちに板の上へ出てしまった。
良く寝ている時はそのまま・・
眼を覚ました時に敷物の上へ戻した。

190811_095351_ed_ed.jpg

しかし・・

190811_095359_ed_ed.jpg

顔が何だか変??

190811_095423_ed_ed.jpg

目の下の皮が赤くなっている 
床ずれです!

190811_095338_ed_ed.jpg

穴が開いたら大変!!!
今日一日は、こちらを上にして寝かせましょう。


しかし、外の犬達の世話を済ませて戻って見たら
また、右を下にして眠っていた・・・。

190811_064407.jpg


床ずれ防止には介護用マット。

190811_151029_ed_ed.jpg

介護用マットは厚みがあるので、この高さ。

もぞもぞ動いていると2枚並べてある介護用マットは
離れてしまい、その間の何もない場所で眠っている。

190814_034843_ed.jpg

完全に動けなくなるまでの、この期間が一番危ない。



介護用マットを2枚、離れないように工夫して並べた。

190816_052450.jpg

2枚繋ぐと120cmになり、ナナが少しくらい
動いても大丈夫。

190816_055856_ed.jpg

気持ち良さそうに眠ってます。
余りにも眠りが深いと、もしかして?と思って、
顔を覗き込んだり、胸の動きを見たりして、寝息を
確認する事も度々・・。

190816_055842_ed.jpg



ある日、ナナと雷蔵、同じポーズで眠っていた 

190802_053929.jpg

食事は、まだ自分で食べられる。
食欲もあるし、水も沢山飲むが、代謝が悪くなり
消化吸収も悪くなっている。

190811_150407.jpg

いよいよ、最期の夏か!?。

自力で飲食ができるので、病院へは行きません。
クッシングの診察日だけ連れて行く。
今月は8月29日。
通院も、もうこれが最後の予感~です。


今は、クーちゃんの方が状態が良い・・。
ナナの方が悪い。
もしかしたらナナが先に逝くかも~~


最後まで沢山食べて飲んで過ごして欲しいナナ。

雷蔵

先月、チョビアル母さんに洗ってもらった雷蔵。
ついでに写真も撮ってもらいました。

日頃、写真を撮る時は上の方から撮るので、
こんなに下から見上げる角度で撮ったのは珍しい。

雷蔵の口の周りが真っ白!!
特に顎の下がビックリするほど白い。

sp-048346900s1563891713.jpg

ナガヨと二人でチョビアル母さん宅のデッキを占領。

sp-038865800s1563891831.jpg

ナガヨのついでに洗ってもらったのです。

sp-046643700s1563891750.jpg

帰宅すると、直ぐに爆睡!!。 

オムツ交換の時に、わざわざ起こすくらい深く眠る。
それだけ、年を取ったのだね。

190721_022318_ed_ed.jpg

ミニピンの断尾に付いては良く知りませんが、
本当はひょろりと長い尾だそうです 

190725_144445.jpg

暑くても夜になると、マムの布団へ入って来ます。
甘えん坊でマイペースな雷蔵。

190725_144407.jpg

猛暑のせいか最近はご飯の量が減って来ました。
一時期、5.5㎏まで太りましたが、現在は4.5㎏。

moblog_14b09068.jpg

痩せるのは糖尿病が進行しているサイン。
心配です。



引き取った日、体重は7.9㎏もあり異常だった。
今はミニピンらしい体型になりました。

moblog_0e562580 (1)

保健所から一緒に引き取ったイチローくん  
痩せてひょろっとした、小っちゃい子でした。

moblog_f2f30371.jpg

現在のイチローくん

moblog_5564b5ad.jpg

イチローママさん
雷蔵&クーちゃんへ、ご寄付を有り難うございます。





雷蔵にも、あしなが支援(募金)を募集中

毎月、高額な医療費を必要としています。

・インスリン
・注射器
・血糖を下げる薬
・クッシング症の薬
・膵炎もあるので下痢防止のサプリ

これに血糖検査などが加わり、犬達の中で一番
費用が掛かっています。

一生涯必要なので、細く長くのご支援をお願い致します。

近日中に、また検査に行く予定です。




ハッピーちゃん、
いつも、雷蔵を気に掛けて下さり、有り難うございます。

雷蔵とは色違いの可愛い~ミニピンさん

ハッピーちゃんの自己紹介をお待ちしています

190724-17.jpg

すてっぷにゃむの譲渡会場へ、ご支援を届けに
来場された時のハッピーちゃん。 

仔猫のご家族を募集中

愛愛ちゃん・僕ちゃんママが、可愛い仔猫を保護しました。

DCF00832.jpg

DCF00833.jpg

茶トラ
オス
生後3ヶ月位
8月15日現在の体重 1.6㎏
白血病検査済・・陰性
4種混合ワクチン接種済み

浜松市へ移動し、ラッピーママが預かってくれてます。

ご希望が有りましたら、ラッピーママまで
お知らせ下さい。

8月25日 すてっぷにゃむの譲渡会に参加します。

在りし日の ぽぽちゃん

ぽぽちゃんが急死して、3週間が経ちます。

病院へ行った時に、お世話になった御礼と、最期の
状態を先生にお伝えしてして来ました。

先生は予測していらしたらしく、「大きな腫瘍だったので
悪性ではないかと疑っていましたが・・残念でした。」

やはり、そうか・・と思い当たる節も有りました。

パンチ生検が出来なかったので、
(細胞を取る為の注射器の針が届かない程、
 深部に腫瘍が出来ていた)
レントゲンでもCTでも確定診断が出来ず、先生の推測
だけだったので、悪性とは説明されなかった。

しかし、日に日に大きくなって行き、進行が早かった。


これほど運の悪い犬も珍しい。
最先端の検査や手術が出来る病院へかかっても、
命を救えなかった・・。
今は、ぽぽちゃんの冥福を祈るばかりです。




ぽぽちゃんは、常には自分の小屋に入っていますが・・
                           
190627_141112.jpg

直虎が小屋を空けると、乗っ取ってしまう。

190627_093033.jpg

顔を隠してます
僕、小屋の中にはいないよ・・と言う、意志表示でしょうか?
こちらからみたら体が丸見えで笑えてしまいます。

190627_093051 (1)

気ままなぽぽちゃん、暑くなったらコンクリートの上へ移動。
日陰なのでコンクリートはヒンヤリ気持ちいい~。 

190628_133648.jpg

しかし、ここはビーグル犬・夏のお気に入りの場所。
隣の小屋とコンクリートの上を行ったり来たりして
暑さを調整している。

190628_130547.jpg



ぽぽちゃん、ついに~

190628_130027.jpg

夏と秋の小屋も乗っ取りました。

190628_130020.jpg

本人は悪い事をしている意識はないので、このいい笑顔。

190628_130043.jpg

夏が「私の小屋を盗ったのよ・・」とマムに訴える。

190628_130008.jpg


ぽぽちゃんは本当に、心根の可愛いワンコでした。

自由奔放で、威張りん坊で、甘えん坊で、他のワンコなど
眼中にない・・。
そこが、又、可愛くて、もっと早くに会えたら、どんなに
楽しく嬉しかったか


お盆に帰って来たようで、盛んに思い出されました。
改めて、ぽぽちゃんの冥福を祈ります。

沢山の方々に応援・ご支援を頂いて、心より感謝しています。

星になったエリーちゃん

2019年8月14日 エリーちゃんが星になりました。
心よりご冥福をお祈り致します。


moblog_be50b357.jpg

2014年4月に譲渡したシェルテイ―
不幸な身の上で、最初は歩く事さえ出来なかったくらい・・
愛情を一杯掛けて頂き、犬生の後半は幸せに暮らしました。

moblog_82dea0c6.jpg

新しいご家族との初対面の日、こんなに嬉しそうに~。

遠くから、真っ直ぐにパパ・ママの方へ一目散に
歩いて来たそうです。

パパ・ママ、本当に有り難うございました
心より感謝申し上げます。

エリーちゃん 安らかに~



この時、お世話になった、ちゃこ天ママさん 
有り難うございました。
ご近所なので見守って下さっていました。

エリーちゃんの記事は2014年4月30日のブログを
ご覧ください。

星になった貝ちゃん

2019年8月14日 貝ちゃんが星になりました。

190804_055603_ed_ed.jpg
  元気な時は敷物を交換する間 とっとこ室内を歩き廻っていた

猛暑の中、毎日の点滴通院は衰弱した体には、
かなり負担だったと思いますが、良く頑張りました。

教育センターから引き取り、僅か8日間で亡くなった
ダックスのジェイちゃんと腎臓の数値に大差なく、
悪い予感はしていました。

お昼頃、ミルクの時間に飲ませようとしたのですが
嫌がるので、また夕方に飲ませればいいとして
ボトルや手を洗って戻ったら呼吸が早い!!
あっという間もなく息を引き取りました。


お盆には今までのワンコ達が全員帰って来て、
酒盛りの真最中!!。
悪酔いした誰かが、貝ちゃんを誘ったのかも知れないね

           

貝ちゃんも、ついつい愉快そうな仲間に釣られて、
一緒に行く事を承諾したのかも知れない。



もう苦しい思いをしなくてもいい・・・。
貝ちゃん本当に良く頑張りました。

先輩ワンコ諸君、貝ちゃんを宜しく 



皆さんの応援・ご支援により、今まで持ち堪えました。
有り難うございます。
皆さまに、心より感謝申し上げます。

20190708-サークルマムカイ


ご支援有り難うございます

レオンママさん  いつもご支援有り難うございます

心美ママさん   犬達を気に掛けて下さり感謝します

ルークママさん   今回は珍しい品をお持ちくださいました。

いなば牛肉角切り  貝ちゃん・クーちゃんに食べさせました
             貝ちゃんは汁だけ飲みました

 190813_161711.jpg

老犬達を気に掛けて下さり、本当に有り難うございます。  


貝ちゃん 安らかに~ 

ヽ( ´_`)丿ヽ( ´_`)丿ヽ( ´_`)丿ヽ( ´_`)丿ヽ( ´_`)丿

風花ちゃん

風花ちゃん・心美ちゃんのママから 

  DCF00831.jpg

「 風花が3月21日にお空に渡ってしまいました。
  春の日に・・・
  風花は・・・風に舞い・・・花となり 虹の橋に渡りました。

  約2年腎臓やその他の病気は有りましたが
  亡くなるその日も、ぬいぐるみ遊びをしたりして、
  まさか亡くなるとは思わなかったです…

  今はこの秋で14歳になる心美がいてくれて癒しを
  貰っています。」

   亡くなる1ヶ月くらい前 
  STIL0001_ed (2)

   亡くなる4日前 
  STIL0001_ed (1)

   心美ちゃんが寂しそう・・
  DCF00830s.jpg
  
   4~5年前の風花ちゃんと心美ちゃん
  DVC00616.jpg


風花ちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

まさか亡くなるとは・・
元気に遊んでいたのに、本当に信じられない思いですね。
風花ちゃん、安らかに~

心美ちゃん、ママを癒してあげてね。

物品のご支援有り難うございます。
いつも、マムワンコを気に掛けて下さり感謝致します。

本日のフリマは中止

木曜日に開催している「平日フリマ」、本日は中止!!

大型台風が通過しています。
浜松市の上空は晴れ間がのぞいていますが
フリマは中止とさせていただきます。

次回、8月22日は開催致します。
皆さまお揃いでのご来場をお待ちしています。

優ちゃん

優ちゃん、リーママさんと診察に~

IMG_20190812_175345.jpg

体重22.34㎏

IMG_20190812_175445.jpg

皮膚の状態は良好なので、これで治療は終了。

IMG_20190812_175536.jpg

あとは家で様子を見る様にとの事。

IMG_20190812_175643.jpg

気になっていた体重減も増加傾向にあり
ひと安心。

IMG_20190812_175703.jpg

次回、健康チェックは9月から11月に変更に
なりました。

IMG_20190812_175812.jpg


IMG_20190812_175749.jpg


優ちゃん、皮膚の状態が早く改善し本当に良かった。

高温多湿の夏は皮膚トラブルが多く発生し、治りも遅く、
長引きますから心配でしたが、これで安心しました。


オマケに検診が2ヶ月も伸びたなんて、いかに健康か
と言う証

ゴールデンの15才・・・
今までにいくつかの病気をして、何度かの手術も受けて、
危うい老後かと思いましたが、リリーさんの運も引き継いだ
優ちゃんには、安泰な老後が待っていました。

この先も健康で元気な生活が出来ますように・・
痛みや苦しみが有りませんように・・
この可愛い笑顔が続きますように・・

リーママさん、お世話大変ですが、宜しくお願い致します。


IMG_20190813_182626.jpg

丸刈にしたので、犬種不明犬のようになりました  

ミューさん 18才記念日

ミューさん 「18才記念日」のお便り 

ママから~

『ミューが8月13日に、18歳になりました。

 201908131845234e1s.jpg

 食べて運動して眠って、全て介助が必要で
 人間側の心身が負けそうですが…

 目は見えてるし薬の服用もなし 
 (先生に相談して、もう余命とみなし(笑)
 検診をやめて数値不明なので)
 体重微増と一年ずっと体調横ばいできました。

 「生きてるぬいぐるみ」な感じで大変ですけど
 かわいいです。
 後ろ足もって歩いてる写真送ります!

 20190813184556b43s.jpg

 10月で17歳になる元気だった先住犬が、2日前、いきなり
 頭傾斜になり食欲不振、要介護になりミューを追越して
 逝きそうです

 201908131846273cas.jpg

 移動がムリか?と思いましたが、介護2頭、一か八か命懸けで
 長野の高原へ家族旅行に出掛けました。
 昼夜25~18度前後。 数日間のんびりする予定です。』


18才のお誕生日、おめでとう  

簡単に18才・・と言うけれど18才まで生きられるって
凄い事です。

本人の生命力も必要だし、介護者の努力も必要ですし
生かすって本当に大変な事!!!!

マムも介護をしているから良く判るのですが、少しでも
食べてくれたら涙が出るほど嬉しい。
排泄がキチンとあったら、飛びあがるほどに嬉しい。

当たり前に生きてくれたら、本当に本当に嬉しいです。

飼育放棄で辛い暮らしをして来たミュ~さん
最期は、これ以上ないほどの幸せで感謝いたします。

ここまで来たら、目指せ19才で頑張って下さいね。
お誕生日おめでとう ミュ~さん。


貝ちゃん

クーちゃんが徐々に回復に向かっているのとは逆に
貝ちゃんは、下降線をたどっているような気がします。

一進一退なら良いのですが、一進二退、一進三退の
ような現状。

容態が安定しません。
食欲も安定しません。

急激に高熱が出たり、急に下痢状態になったり
ご飯を少し食べた翌日には、食べる事を拒否したりと
目まぐるしく変化します。 

190805_045636.jpg



気分が良さそうな朝、ほんの少し外へ出しました。

190805_100413.jpg

歩いたほうが胃や腸が働く。
身体全体を動かして、食べ物を欲するようになればと
思って歩かせるのですが・・・

190805_100347.jpg

3mほど歩くと、もう止まってしまう。
手足の筋肉が落ちてしまっているので、立つだけで
精一杯らしい。
抱っこして戻りました・・・。





ご飯は肉料理!!

190807_113228.jpg

白米はいらないよ~と言うので、肉だけを・・

190807_113213.jpg

暫く眺めてましたが食べ始めた・・

190807_113153.jpg

わずか50gくらいの肉を、半分も食べない・・
仕方ないので、オヤツで補充。

レバーチップを出して見たが、これも1枚食べただけ・・
食に意欲が湧きません。

190809_180930.jpg



その翌日は、全く食べない、何を出しても匂いも嗅がない

190809_120448_ed.jpg

ボーと横になっているだけ~

190809_120454_ed.jpg

しかし、食べないからと手をこまねていると
又、病院へ走り込む事になる。

190811_064230_ed.jpg

強制給餌です

190811_060648.jpg

エンシュア(リキッドミルク)と水で200ccくらいにして
誤嚥しないよう、ゆっくり30分くらいかけて飲ませる。

しかし、液体では薬を飲ませる事が出来ない。
口に薬を押し込んでエンシュアを飲ませたら、
その薬は後から吐き出した。

190811_060626_ed_ed.jpg

シリンジ(注射器)より、このボトルの方が使いやすい
胴体部分が柔らかく、ミルクを押し出す調整が出来る。



自力で飲食が出来るようになりますように~~
容態が安定しますように~~
クーちゃんと共に長生きが出来ますように~~



そして、ついに歩けなくなった。
立ち上がろうとするのだが、足が踏ん張れない。
仕方なく横にした。

横になっている時間が長くなったので、
ココレオ母さんが送って下さったベッドに寝かせた。

190813_074247_ed.jpg

ジャストサイズ!!・・ 身体がスッポリ入る。


前に一度出したら、見つめているだけで入ろうとしなかった。
多分、初めてのベッドだったのでビックリしたのだね

190728_152827.jpg

排泄で汚れたら洗えばいいので、柔らかくて寝心地のいい
ベッドでゆっくり眠ってね。
もっと食べられるようになりますように・・

レオンちゃん

レオンママさんが、マムワンコを気に掛けて、様々な
ご支援を届けて下さいます。
昨日はレオンちゃんの写真を送って下さった。

昨年の12月に撮ったレオンちゃん
 DCF00807.jpg



同じ病院で、同時期に点滴に通って知り合った方。

マムは、その時、春じいさんが点滴に通っていましたから
同じく点滴に通うレオンちゃんが気になっていました。

隔日に、又は、毎日点滴に通院するのは余程の重体。

春じいさんは、引き取った時から衰弱していたので、
センターから引き取って、その足で病院へ掛け込んで
翌日から毎日点滴に通院。

マム宅での暮らより、病院で暮した時間の方が長かった。

moblog_bb971df9.jpg

やがて、3月26日レオンちゃんが亡くなり
翌日の27日に春じいさんが亡くなって、それで
ご縁が切れた・・と思っていました。


しかし、レオンママさんもマムの手元の犬たちを
気に掛けていて下さったのでした。

それ以後、様々な物品をお届け頂き、頑張ってね!
と励まして下さる。 

こんなに嬉しい事は有りません。
レオンママさんに感謝致します。

レオンちゃんの星になった記事は4月1日付けブログを
ご覧下さい。

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント