FC2ブログ

ナガヨ

ナガヨ、自宅にいる時はもの凄く怖い顔で、
こちらを睨み付けている。 絶対に笑顔を見せない。

moblog_81afa566.jpg

日を変えて撮影しても、どう見ても怒ってる眼。
ブスっとしています。
生活が楽しくないよ!そんな顔。

moblog_6ed15815.jpg

犬が嫌いなので、大きな犬がウロウロしている
マム宅では落ち着けないのでしょね。

moblog_bef93c32.jpg



フイちゃんママの所へ薬浴に行く為、家を出たら
こんなに眼が柔らかくなってます。

moblog_ac55879a.jpg



チョビアル母さん宅へ行く時も、張り切って笑顔で
出掛けます。
だからチョビアル母さんの写真は、笑顔のナガヨばかり。

お出掛けから帰って来るまで、眼が生き生きしていますが
マム宅へ入ると途端に眼が死んでしまう

sp-008856100s1558349736.jpg

マム宅だと眼の間、眉間に立てシワが寄ってる。
お出掛けするとシワが消え、眼が真ん丸に~。



フイちゃんママ宅での薬浴、2回目
サッパリとして、元気に帰宅しました。

フイちゃんママは、皮膚炎を起こす犬のフードに疑問を
持ち、自分で手作りしたいと、その関係の学校へ通って
勉強したそうです。

そのおかげで、愛犬ペキニーズのニニちゃん
皮膚炎がナガヨより酷かったのに、今では一部を
残してキレイに毛も生え、皮膚も良くなったとの事。

下半身の一部には、まだ炎症が残ってはいるものの
これは凄い回復です。
実際にマムもニニちゃんを見て、驚きました。


手作りご飯に回復の秘密があるのですね。
防腐剤や添加物のない安心・安全な食べ物なら
やはり皮膚に良いはず・・・。 人間とまったく同じです。


ナガヨにもニニちゃんのような素晴らしい効果が
表れるかも知れません。

詳細は次回の記事までお待ち下さいね。



ナガヨにはトイレシーツとあしなが支援(募金)を募集中

トイレシーツのサイズ : 45×60cm  60×90cm

飲水量も排尿も多い為、トイレシーツが沢山必要になります。


自宅で笑顔を取り戻すには、オヤツが最適
ジャーキーの紗も募集中


180619_163026 (1)

霧の朝

朝、カーテンを開けたら、辺りは一面の霧。

moblog_aa7227cb.jpg

思わず「うゎぁ~お!!」と叫んでしまった。

moblog_5ae4440a.jpg

目の前はハッキリと見えるが、少し離れた所へ
焦点を当てると一面の霧。

moblog_42f6bf9d.jpg

この中を散歩に出掛けました。
身体に沿って霧が動くので、どこまでも霧を追い掛けて
歩いた。

年に1回か2回くらしか見られない気象の不思議でした。


注:実際の霧発生日と記事にはタイムラグがあり
   霧が発生したのは5月27日です。

可愛い仔猫

ラッピーママから可愛い子猫の写真が届きました。

moblog_cf327090.jpg

まだ、生後1ヶ月くらい。
片手サイズのちっこい赤ちゃん。

moblog_e211479b.jpg

「仔猫を3匹発見した方がありました。

 猫アレルギーがひどく、捕まえたけど、
 大変困っているとの電話があったので
 預かりました。

 兄弟の2匹は亡くなってしまったそうです。
 1ヶ月程の黒白子猫、男の子です。

 兄弟の分も生きないとね 」

moblog_9e7afde4.jpg

ラッピー宅では、猫さん達と仲良くできるようです。

moblog_b583bdb3.jpg


ラッピーママ、仔猫の保護、有り難うございます。

ご主人様が亡くなり、今、会社を整理していらっしゃる
多忙な時に、仔猫までお世話下さり感謝致します。

この子にステキな運命の巡り会いがありますように。
手のひらサイズの仔猫を育てて見たい方、
どうぞお知らせ下さい。


詳しくは、ブログ「ラッピーハッピーライフ」をご覧ください。
ご希望も、オーナーメールからお入り下さい。


この仔猫に、あしなが支援を募集中

・ 動物病院での検診
・ 検便・駆虫
・ ノミ・ダニ駆除
・ もう1ヶ月ほどしたら混合ワクチン接種も・・

白黒子猫とご指定下さい。


6月・7月の第3日曜日にすてっぷにゃむ
の譲渡会を開催予定です。

ムクタちゃん、お誕生日

ムクタママから、お誕生日のお便り。

「 こりきさんやリリーさん、お悔やみ申し上げます。

 私も近くにあるにある、保護猫、犬のシェルターの
 お手伝いを、ほんの少しですが、続けています。

 moblog_7070f597.jpg

 moblog_fa43074a.jpg

 うちのチョコは3月で16歳になり、この歳で
 乳腺腫瘍が出来てしまいました。
 獣医さんと様子を見つつ相談、手術はせず
 様子観察しています。 元気にはしています

 今月23日でムクタ10歳になりました。
 最近の写真見てやってください。

 moblog_633c301e.jpg

 moblog_a06e673d.jpg

 21cmのホールを人から頼まれていたので、
 ムクタの誕生日で予行練習としたので、
 ケーキがとても大きくなっています
 何とか無事に10歳迎えられました。


お誕生日、おめでとう!!
ケーキ、食べ放題の日だったのですね。

ママは心が広~~い
後の掃除が大変だったでしょうに、
食べ放題なんて・・なんて優しいママ 


ムクタちゃんも飼育放棄されて良かったと思えるケース。

新しいご家庭で、こんなに幸せになれるなら、もっと
早く手放して欲しかったと思うくらいです。

ケージに入れっ放しで、愛情なんて一切ない生活だったもの。

チョコちゃん、ムクタちゃん
いつまでも元気で仲良く幸せにね。

また、お便りをお待ちしています 

ぺー助

ペー助の本名は「ペペ君」

子犬の時、とっても可愛かったでしょうね。
飼い主さんは愛情を込めてペペと名付けたはず。

しかし、それから14年後、自らの手で手放す事に
なろうとは思ってもいなかったでしょう。

ペー助の一生も途中から予期しなかった方向へ
向いてしまい、きっと本人も残念に思っているに
違いない。


moblog_b243dec2.jpg

犬は、子犬の時を共に過ごした飼い主を一生忘れないと
言います。
マム宅へ来た当初は、夜中に遠吠えをして飼い主さんを
呼んでいた。


今は、もう、夜鳴きもしなくなった。

いくら呼んでも飼い主さんは迎えに来ない・・と
悟ったのでしょうか。

ペー助の心情を思うと切ない~。

もう一度、飼い主さんの元で過ごさせてやりたいと
思いましたが、それが出来るくらいなら
最初から手放しはしない。

叶わぬ夢でした。

moblog_ca421249.jpg



ペー助の状態が、ぐんぐん悪くなっているので、
マムの近くへ移動したいと、現在作業中です。

移動先は軽井沢と呼んでいる北側の庭。

そう、以前、グチャグチャにして追い出された場所で、
今、大吉が一人で住んでいます。

moblog_ed86f749.jpg

下が土なので雨が降ると泥だらけになってしまう。
一面に人工芝を敷き詰めた。

moblog_6a25f5ff.jpg

小屋を置く

moblog_17bfdbae.jpg

小屋の周りにも敷き詰めて土が出ないようにした。

ブロックは、人工芝の端っこが捲れないよう重しです。
雨が降って足元が落ち着いたらブロックは外す予定。

moblog_0c0c2e4f.jpg

作業中に手を休めて、戻ってみたら大吉が座っていた

moblog_cb4d1e69.jpg

隙間から覗いているような感じですが
大吉は、もう視力が有りません。
見えていないはず・・でも光や風は感じているらしい。

moblog_1a4662fb.jpg

もしもし~と声を掛けたら振り向いて立ち上がった。

moblog_f2585f66.jpg

せっかくの所をお邪魔してスミマセンが・・と断って
作業を継続。

moblog_9f98dcb9.jpg

大吉とペー助を分けるフェンスを立てました。
ペー助もフリーにしてやりたいので。

moblog_b206ff28.jpg

もし仲よく暮らせるなら、このフェンスは外して
2匹を一緒にする。
仲よくできるかどうか・・様子を見ます。

全体の広さは5~6坪くらいあるが、半分に仕切ると
ペー助の方は、畳5枚を横一列に並べたウナギの
寝床のようなスペースとなる。


ムクタちゃん宅からご寄付いただいたマットも役立って
います。
こりきの介護をする時に、毛布の下へ敷き詰めて使用し
その残りをこの場所へ使いました。

moblog_c808a414.jpg

出入口から一歩入って奥を見ると、こんな風。
一応、緑もあって涼しい風も通る。


出入口を入ると、畳4枚ほどのスペースがあり
そこは、現在、大吉のトイレになっているので
そのままトイレとして使えるよう、土も砂利もそのまま・・。

moblog_a5f8d115.jpg

完成まで、あと少し。


ご支援有り難うございます

ロビン母さん お届け下さり有り難うございます
千歩さん   毎月のジャーキー楽しみにしています
門野さん   しかたに病院から受け取りました
サニー母さん しかたに病院の分受け取りました

バンのベッド

以前、黒い犬にはピンクが似合う・・とブログに載せた事が
有りました。

しかし、周りはオス犬ばかりで、ベッドは格好のマーキング
ポイントになり、可愛いピンクのベッドも悪臭がして使えなく
なってしまった。

今までにもいくつのベッドをダメにしたか・・・。

チョビアル母さんが、大きなベッドを作って下さったので、
ピンクのベッドは廃棄して、このベッドと入れ替えた。

大きなサイズは居心地が良いとみえて、バンの
お気に入りとなり毎日使っていた。

moblog_698e08c5.jpg

そして、このベッドも今までのベッドと同じ運命を辿り、
マーキングで異臭を放ち始めた。

そろそろ、次のベッドに交換しなければ・・と思っていた矢先
ピンクのベッドをご寄付下さった方があった。
ナナちゃんの母さん有り難うございます。

moblog_84f0014c.jpg

大きくて使い心地が良さそう~。

moblog_71ddbcf8.jpg

バンちゃん、直ぐにベッドへ入りました。
これでしばらくは安心。

moblog_30804fa1.jpg

うまい具合にお尻もベッドに収まりました。

moblog_ac0b3188.jpg

オス達にはマーキングを遠慮して欲しいな。


意外にもぽぽちゃんのマーキングが激しい。

身体が一番小さいけれど、自分が一番偉いと思っているので
誰かが占有している物には必ずマーキングする。

放し飼いにしたら、マム宅の端から端まですべてに
オシッコを引っ掛けて歩き回っています。
大きい犬に一回、噛まれたのに懲りてないね。

大きい犬達の方が、WOWO吠えるぽぽちゃんを敬遠して
いるようだ。

大きい方が敬遠して避けている為、ガチンコ勝負にならなくて、
形だけでも平和に暮らせている。
この際、敬遠でも遠慮でもいいから、ケンカをしないで
平和を持続して欲しいな。



バンは2008年6月に川根町の役場から引き取った犬。
この6月で丸11年目になります。

20080609131032s.jpg 20080609131036s.jpg

年齢は不明。 獣医さんの診断ではその時、3~5才位と
言われたので、現在は14~16才くらいか?

まだまだ元気なバン、
食べる事が大好きなので、ガムを募集中です。

少々硬めのガムでも歯は丈夫!!

STIL0004_ed.jpg

STIL0003_ed.jpg

こはるちゃん

こはるママさんから近況が届きました。

moblog_fce5bc07.jpg

「ご無沙汰してます。
 こりき君 お悔やみ申し上げます
 我が家も今年に入り、りく、みるくと立て続けにお空に
 逝ってしまい、なかなか立ち直れないでいます。

 そんな中、IBD.免疫介在性疾患のこはるが
 手作りに飽きてしまいご飯を食べず、かと言って、
 他の物は身体が受け付けず下痢をしてしまうので
 困っていました。

 狂犬病接種で病院へ行き、健康診断した所、
 今年も接種は猶予。
 何かの値(聞いても覚えられず(汗))が低いので
 プレドニゾロンとアトピカを処方されました。
 1年半以上ぶりのお薬。
 下痢覚悟で手作りにAD缶を混ぜ飲ます事1週間。
 副作用なのか、缶詰を足しているからなのか
 下痢、嘔吐が徐々に激しくなり、先生に電話で相談し
 一旦薬中止になりました。

 この小ささで頑固なこはる、
 食べない、下痢が続くとあっという間にやせ細り
 フラフラになります。
 昨夜は朝まで一晩中激しい水下痢で、体力を考え
 ADをあげたもののやはり今しがた下痢うんちでした。

 10月で15歳、
 もっと元気に長生きして欲しいのに、また下痢が続いて
 しまったらと不安です。
 毎度の長文ですが、こはるの近況報告でした。」

moblog_d196778f.jpg

こはるちゃんの介護、大変ですね。
くれぐれもお大事になさって下さい。

こはるちゃん、頑張ってね!!
皆で応援しています

寅さん 変!?

寅さんが何だか変!!!。

どこが?
どこか判らないが、とにかく変。


リーママさんも朝の散歩に出かけ「寅さん、変ですよ・・」と
言いながら帰宅。

moblog_b7734780.jpg

最近、老化が進んでいる位に思っていたのですが
リーママさんにも判るくらいなら、どこか悪いのだろうか?

ただね、病院で「どうしましたか?」と問診された時
何か変なのです・・では先生も困ってしまうよ。



思い返してみた。

頭を下げてボ~と立ち尽くしている。
足が震える。 
食欲が低下した。
それに飲水量が多くなった。

20㍑のバケツを使用しているのだが、今までは
朝晩、水を交換すれば良かったのだが今は直ぐに
水が減るので、1日4回~5回くらい新しく入れ替える。

飲水量の多い犬ばかりのバケツなので、寅さんが
一人で飲んだ訳ではないが・・。


当然、排尿も凄い!!
雷蔵の5~6倍の体格だから、尿量も5~6倍くらい・・
単純には計算できないが、おおよそそれ位と見ている。

トイレの場所も大変。
前のトイレの後、直ぐにシーツを交換しないと別の場所へ出す。
何の準備もない場所へ出されると泣くしかない



もしかしたら、腎臓が悪くなっているのか?
クッシング症が悪化して来たのか?。
現在はクッシング症の初期で、まだ薬は飲んでいない。


病気に老化が加わると、抵抗力や免疫力などの関係で
加速度的に悪くなる場合もある。



マラセチアの再診で予約が取ってあったので病院へ

今の季節、フィラリア予防が始まるのでその検査と
狂犬病注射とで病院は大混雑。

moblog_1ee83ef4.jpg

待合室は小型犬で溢れていたので、
大型犬の寅さんは外の椅子で待つ。

moblog_c32d44ca.jpg

順番が来た。

体重は横ばい・・
体温、眼、口の中、呼吸の仕方、心音、その他諸々・・
異常ナシ

何かが急激に悪くなっていると言う感じはしないが、
精密検査をして見ましょう・・と言う事で検査日の調整。

マラセチアは快方に向かっているので下腹部だけでも
自宅でこまめに洗うよう指示された。



たったこれだけの事でも、通院は疲れると見えて
帰宅したら直ぐに爆睡・・

やはり老化が進んでいるだけかな!?
2009年に引き取った時に、3~5才と診断されたから
現在13~15才くらい・・。 もう高齢だ。

moblog_2e2ec8d3.jpg

飲水量の増加に伴い、排尿量も多いので寅さんには
トイレシーツを募集。

サイズ : 60×90cm の大きなサイズを希望

現在、マナーおむつは休止中。

マラセチアが治るまで、夏の間はかぶれを防ぐためにも
おむつは外しています。

その代り、マーキングをするので、あちこちにトイレシーツを
敷き詰めています。

寅さんに、トイレシーツのご支援を希望。


ご支援有り難うございます

ミニピンダイちゃんパパ  いつも気に掛けて下さり感謝です
長野さん         いわたわんこより受け取りました
愛愛ちゃん・僕ちゃん   暑い中、遠路、感謝致します

僕ちゃん 遠路有り難うございました

僕ちゃんのママからメールが・・・。
「明日、行っても良いですか?」

フリマ用品の写真が添付してあり、
「沢山あるので、ドライブがてらお届けします」

何とフットワークの軽い事。
静岡市から浜松市まで、かなりの距離です。

久し振りに僕ちゃんにも会えるので、ワクワクしながら
お待ちしました。

moblog_e1961f8b.jpg

moblog_61484a21.jpg

moblog_dfb5a185.jpg

衣類・敷物・食べ物・ペット用品・トイレシーツ、ゴミ袋 etc
本当に沢山の物品を有り難うございました。
心より感謝申し上げます。


その上、ミュ~パパが暑い中、作業をしていたのを見て、
ジュースや果物などを差し入れて下さった。
ミュ~パパと有り難く頂戴しました

お蔭で、その後の作業も捗り、頭上のシートの張り替えも
無事終了しました。



僕ちゃん、遠い所をありがとう。

moblog_913b93c6.jpg

moblog_9b491da7.jpg

ママに抱っこされて入った来たのですが、何と
ケリーが出て来た!!

僕ちゃんを抱っこしているママの匂いを嗅ごうと
したようだ。
いや、もしかしたら僕ちゃんに、りゅうのすけと同じ
匂いを感じたのかも!?

moblog_cfa5a204.jpg

最近のケリーは滅多に出てこないのでマムも驚いた。

moblog_056e185b.jpg

愛愛ちゃんが亡くなってから僕ちゃんが心配でしたが
元気で何よりでした。

暑い中、遠路有り難うございました。

小太郎君

wan peaceさんのブログで、毎日、シュナウザーの
のいんちゃんを見てますが、小太郎君も1ヶ月振りに
載っていました。

ビフォ~
middle_1558657351.jpg

小太郎君は月に1回のトリミングをしてもらってます。

アフタ~
middle_1548718735.jpg

さすがプロ!!
ビフォ~とアフタ~では、スッゴク違いますね。
小太郎君、とっても可愛いくなりました。


その都度、元気そうな姿に安堵していますが、
今回は幸せ太りで足がチョット・・・とか。
病院で診てもらってますから心配はありません。

愛情一杯のご家庭ですから、愛を食べ過ぎた
だけですね  


wan peaceさん 
小太郎君も、のいんちゃんも本当に有り難うございます。
心から感謝と御礼を申し上げます。



おじ様ご夫妻が揃って小太郎君を見て下さったのが
ついこの間のような気がしますが、もうすっかり
おじ様宅のワンコになり切っていますね。

何しろ、帰る時、車に乗ってもマムの方なんか
振り向きもしなかったのですから~~
おば様の胸にしっかり抱かれて帰りました。

今も鮮やかにその記憶が甦って来ます。
嬉しいけど、涙がポロポロ流れた記憶があります。
うれし涙ってホントに沢山流れるのね 

小太郎君、
飼育放棄されて却って良かったと思うワンコの例。
プー・ポーと呼ばれていたポーの方です。

詳しくはwan peaceさんのブログをご覧ください。
マムにリンク有り。

早朝散歩

この所、5月とは思えぬ高い気温が続きますが
涼しくて早朝は爽やか~~

ワンコ達も喜んで散歩に出掛けます。

moblog_2db4a465.jpg

珍しい! 寅さんが食べないなんて!!
最近、ちょっと変なのです。

moblog_b1971bce.jpg


2回目は、ももちゃん・ぽぽちゃん組

moblog_a0bb2e85.jpg

ぽぽちゃんは、やはり遠くへは行けないようで
リーママさんが様子を見ながら帰って来てくれます。

moblog_f2f9e596.jpg

臭いを嗅いだりマーキングをしたり、そっちの方は
元気にやるのにね



リーママさんが、初夏らしい写真を撮ってくれました。

moblog_41428876.jpg

カルガモの夫婦

moblog_513be1d0.jpg

もう少しすると、産まれたばかりのコガモを
披露してくれます

moblog_5f831865.jpg


鯉でしょうか? 

moblog_678a9779.jpg

早朝は、こんないろいろな風景が見られて
散歩も楽しくなりますね。

リーパパ・ママさん、朝、早くから有り難うございます。

啓発活動終了

クララママさんから、狂犬病注射会場での活動報告。

「本年度の狂犬病予防接種会場での啓発運動は
 本日最終日。
 午前中は、冨塚協働センターで67頭、
 午後は浜松球場で50頭。

 この会場に限らず、今年は本当に、
 済み票をつけてるワンちゃんが増えました
 保護犬も見られるようになりました。
 TVのお陰でしょうか、、(笑)
 うれしいことですよね[(^ー^)]

 今年は7会場、参加させていただきました。
 ももの母さん、はやとかすみママ、セーラママ、
 そして名札を作って下さるまろかかさん、ルートママ、
 本当にありがとうございました

 写真のワンちゃんは、パズウ、めいちゃんです。」

 moblog_61ac7489.jpg

 moblog_cb038543.jpg

 クリア名札を着けています 
 moblog_2e82958b.jpg


手作りクリア名札は、これ!!
マジックテープが付いているので、簡単装着

moblog_2b4d26a3 (1)



ももの母さん
ハヤトかすみ母さん
セーラママさん
クララママさん
まろかかさん
ルートママさん
啓発活動へのご協力有り難うございました。




前回、お名前お知らせ下さい~と載せたワンコさん

moblog_c34612b7.jpg

アンジュさんでした!(マム思い出したよ)

moblog_541caa7e.jpg

譲渡した時のアンジュさん
とっても可愛い子犬でした 

moblog_dd860e93.jpg

狂犬病予防集合注射会場での活動は、本年度は
これで終了しました。

ご協力下さいました皆様、感謝致します。

ケリー

ケリーも狂犬病予防注射と、伸びた毛を刈りに病院へ

長毛種でカールしているから、もっとこまめな手入れが
必要なのだが、美容院へは4ヶ月~半年に1回が限度。

赤字財政のマムは、美容院より病院を優先している。

今回は病院と美容院が同じ所なので、丸刈りも
してもらいました。

moblog_6dba1994.jpg

春の検診を済ませ、狂犬病予防注射も済ませて・・と
意気込んで出掛けたが、検査で半日入院していたら
下痢が起きてしまった!!

夕方、迎えに行ったら、下痢の原因を探る為、
ジアルジア検査がしてあったが陰性。

ケリーの下痢は病気が原因ではありません。
単純なストレスでも下痢を起こす。
半日病院にいただけ・・・それが大きなストレス。

結局、下痢状態では狂犬病注射を打てないからと
延期になった。
来週、改めて病院へ行って来ます。


moblog_a89abd38.jpg

帰宅して直ぐに小屋へ~。
りゅうのすけは、もういないけど、この小屋を
離れられない・・。
いつも、一人ぼっちで、この小屋へ入って居ます。



明け方、ガラス戸の前に座ってました。
これは戸を開けて~という意志表示。

moblog_a2564827.jpg

で、開けてやると室内を覗き込んで、そして逃げて行く。
りゅうのすけを探しているのかな?。

戸が開いている時は敷居の所で座り、室内を覗き
込んでいる。
いつまでも、いつまでも、座って何かを待っているよう。

室内へ入って暮らせば良いと思うけど、ケリーは
承知しない・・・。

抱っこして室内へ入れてもグルグル歩き廻り、結局は
外へ出たがって、戸が閉まっていると開けて~と大騒ぎする。


ケリーは繁殖に使われていたと思われる。
いつもケージに入れられていて、広い場所へ出た事がない。
人間のいる室内へ入った事がない。

多分、そんな暮らしを強いられて来たのです。
だから、未だに人間には慣れようとせず、物にも怖がる。


先日、チョビアル母さんがいらしたら、珍しくケリーが
見物に出て来た。
チョビアルかあさんが「おいで~」と、オヤツを差し出したが
脱兎のごとく飛び去って逃げた・・残念。


りゅうのすけの代わりは中々見つからない・・。
ケリーは心の傷を埋める相手がいない・・。

二代目りゅうのすけに廻り会えたらいいのになぁ~。

マム宅は7割がオスですが、ケリーのメガネに敵う
オスはいないらしい。



ケリーのトリミング費用を募っています。

細く、長く、定期的に、ケリーが星になるまで~~

ケリーへのご支援をお待ちしています。
せめて2ヶ月に1度は美容院へ出してやりたい・・のが夢。

犬の指定は「ケリー」とお書き下さい。

ミニ・ピンダイちゃん

ミニピン・ダイちゃんパパからのお便り。

 moblog_10a0be04.jpg

「 こりき君が亡くなり、さみしい想いをしていると
  思いますが、お悔やみ申し上げます。
  ペー助君や雷蔵君の介護も頑張ってください。

 moblog_83b7fc8c.jpg
  
  我が家のダイも1ヶ月近く軟便が続き、歳だからかなと
  思っていましたが病院で薬を処方してもらったところ
  ムチャクチャ元気になり、もっと早く診てもらえば良かったと
  後悔しました。 」


いつも気に掛けて下さり、有り難うございます。

ダイちゃん、お腹の具合が治って良かったですね。
軟便や下痢は本人も辛いけど、親の方も心配。


ブロック塀から顔を出して、こちらを見ているダイちゃん
とっても可愛い!!
パパがこちらに居るのですね。

キュートな表情のダイちゃん。
こういう所は雷蔵にそっくりです(親バカでスミマセン)


いつも老犬の事を気に掛けて下さり、感謝申し上げます。
ご支援、有り難うございます。

タッキー君 オメデトウ!

ステイに行ったmix犬のタッキー君。
いわたわんこさんとラウルママさんが訪問してくれました。

それはそれは素晴らしい犬舎を用意してあったとの事。
あの大型犬のタッキー君が、小さく見えま~す。

moblog_93156175.jpg

希望者さんは知識もあり、飼い主としての意識も
高い方で安心して譲渡出来たそうです。



タッキー君の鼻の上に残っている傷跡を見ただけで
どんな悲惨な暮らしをしていたかが判る。

DSCN3353.jpg

表皮の下、真皮までえぐれていますから、
傷が出来た時は相当な出血があったと想像される。

しかも、遺棄されていた場所が、また凄い山奥。
民家がまばらにあるだけで、歩いて通る人など皆無。

滝沢・・と言う地名の場所で捕獲されたので
名前が「タッキー」と付けられた。

しかも、捕獲された当時は、極痩せで肋骨が見えていた。

 肋骨がハッキリと見える
DSCN3363.jpg

 腰骨も尖がって出ていた
DSCN3361_3.jpg

このような様々な状況を総合して推理すると・・

・ 日々の生活は虐待に近い飼い方。
・ 手に負えなくて人里離れた場所へ捨てた。

ボランテイアが考える不幸な犬の典型・・
不幸な見本のような犬。

これらの事を総て了承して迎えて下さった希望者さんに
心から感謝申し上げます。



マム宅へも何度もお泊りに来て、他のワンコと良く遊んだ。

希望者さんが無ければマム宅でみんなと一緒に暮らせば
良いと思っていたので、決まったのが未だ半信半疑。

でも、本当に良い方に巡り会えたので、これが
赤い糸だったのでしょうね。


いわたわんこさん、ラウルママさん 有り難うございました

のいんちゃん

wan peaceさん宅へ迎えられたシャナウザー「のいんちゃん」

ママのブログを見ると、毎日、何度も更新して、しかも
沢山の写真が載っています。
のいんちゃんを迎えた喜びが伝わって来るようで
見ているこちらも大変嬉しい!!。

middle_1557841032.jpg

のいんちゃんの笑顔~
こんな嬉しそうな笑顔は始めて見ました。

飼い主の家では、恐怖でひたすら身を縮めていたのに
今はリラックスして最高の幸せ!!と言う表情。

過去の辛かった事は、すべて捨て去り
のいんちゃんの新しい犬生が始まります。

オメデトウ のいんちゃん!!!

moblog_3a981899.jpg

wan peaceさん 愛情一杯有り難う 
心から感謝致します。

本当に、本当に、有り難う!!!!

詳しくはブログ「wan peace」をご覧ください。
マムにリンク有り


写真はママのブログから拝借しました

ペー助も・・・

柴犬タロー&大吉に続き、ペー助も朝ご飯を食べなくなった。
ペー助の場合は嘔吐も見られる。

慢性膵炎は、嘔吐や下痢を伴うので、もしかしたら
膵臓もかなり悪化しているのかもしれない。


病気の為、食べ物にも厳しい制約があり生活に楽しみがない。

普段は食べ物に文句を言わないペー助なのに
最近は、好きとか嫌とかをハッキリ態度で表すようになった。

嫌なご飯は食べない・・・。

「心臓と膵臓と腎臓が悪いから、食べる物に制限が
あるのよ・・。 我慢して食べてね」と言い聞かせるのだが
「馬の耳に念仏」ならぬ「犬の耳にお題目!?」。

結局、一口も食べないで終わってしまう事も多々。
嘔吐で気分が悪いのかも知れない。

しかし、持病があり、薬は必ず飲まなくてならないので
食欲の無いペー助にマムが悪戦苦闘。

moblog_067f17de.jpg



朝、眼を覚まして起き上がるまでは心配なペー助。

マムが側へ寄っても気付かずに眠っていると、
もしかしたら!!と不安になります。

眼を覚ますと、ああ~良かった!!と胸を撫で下ろす。
それほどまでに総ての臓器が悪化しています。



余談ですが、こりきよりペー助の方が先に具合が悪くなり
先に逝く!?と思っていました。

内臓の状態はペー助の方が、はるかに悪い・・。

いつ倒れてもおかしくはないので、そのつもりでいましたが
こりきの方が先に逝ってしまった。


ペー助には、こりきの分まで元気でいて欲しい。

moblog_870a5010.jpg

もう、眼はハッキリとは見えていないらしい。
耳も遠くなったし、鼻も効かなくなった。

moblog_c5018355.jpg

今年の6月で17才になるペー助。

過去のブログを遡ってみたら、2016年6月に
引き取った記事があった。 その時の年齢は14才。

実は犬の登録も、動物病院も記録が無かったので、
ご家族の話しを総合して14才くらいと推定したのです。


17才・・どの臓器が悪くても仕方のない年齢。
目も鼻も耳も衰えて来るのは当然。



ボチボチ室内へ入れてやりたいが、本人は我慢できるか?

外で暮らしていた犬は、中へ入れると閉塞感があるのか
外へ出たがって大暴れする犬もいる。


来た当初、北側の庭へ入れたら、それはもう大変だったので
今の場所へ移動した経緯があった。

でも、こんなに悪くなると、マムの直ぐ近くで暮らした方が
何かあった時に安心。
ペー助の終の棲家をどこにしようか・・考えています。



2016年引き取った頃 

moblog_e37e2070.jpg

顔は白くても目に生気があります。 この頃はやっぱり若い!


最後までこのまま、横ばい状態で暮らせたら良いが、
腎臓が悪化し、腎不全~尿毒症になると、苦しむ事が
有るかも知れないね。



ペー助にも、あしなが支援(募金)を募っています。

現在は飲み薬を3種類を処方されているので、
その費用を募っています。

moblog_544d580a.jpg

moblog_320851be.jpg


敷物も募集中

足元が直ぐに汚れ、その足で寝場所の敷物に乗るので
湿ったり、泥で汚れたりと使い捨てするしかない状態。

キルトケットのような硬めの敷物。
薄手の夏用毛布、などが今からの季節にジャスト。

どうぞ、ペー助にご支援をお願い致します。



現在は嘔吐が有るので、ドライフードは止めて
缶詰だけにしています。

缶詰はシニア用・ローファットを希望

こりきに沢山ご寄付頂いたローファットリキッド
飲み切らずに逝ってしまったので、ペー助に使用。

低脂肪なので、これなら安心して飲ませられますが
ペー助には不評・・・

moblog_dc0680c2.jpg

moblog_34d8da8d.jpg

缶詰はシニア用を希望

180709_063714.jpg

180709_063505_ed.jpg

頑張っているペー助に、ご支援をお待ちしています。

優ちゃん甘え過ぎ~

リーママさんから  

「優ちゃんったら、お客様に甘え過ぎですよ〜
 
 moblog_aa6e4135.jpg

 moblog_66fc74c2.jpg

 moblog_af6ac3cb.jpg

 moblog_32ab19aa.jpg

 moblog_44868dd4.jpg

 moblog_dc13435b.jpg

 笑顔で最高の、おもてなし

 moblog_bf6692ce.jpg

 また来てくれるといいね[(^ー^)] 」

 moblog_0067fee1.jpg


優ちゃん、ホントにいい顔ですね。
心から嬉しそうな表情、

優ちゃん、まだまだいい事が沢山有りますよ。
長生きしましょうね!。


優ちゃん、こんな生活は多分初めてです。
リーママさん、有り難うございます。

みんとちゃん

しずくるみんとママさんからのお便り。

「ご無沙汰しています。 
 こりきくんのご冥福お祈りします。

 みんと、8年記念日でした。
 あの、噛みついて、マムさんが預かりも無理って
 言っていたところから8年。
 噛みつかずトリミングにも出せるようになりました。

 moblog_c893e545.jpg
 
 今年3月の写真と 
 我が家へ来て2日目のすごく不安な時の写真です。
 可愛い可愛い我が子です。
 moblog_085951c6s.jpg
 だいぶおばあちゃんですが、血液検査は
 異常なく過ごしてます。
 沢山のワンコの介護、マムさんのお身体も
 お大事に頑張ってください。」


本当に、みんとちゃんの表情が変わりましたね。
別の犬と言っても良いほどです。

不安だったのでしょう。
今では、笑顔が可愛いワンコになりましたね。
いつまでも、元気で長生きして下さい。

また、お便りをお待ちしています。

雷蔵 またまた悪化

雷蔵、血糖検査日・・。

毎回、グチャグチャな検査結果で泣きたい思いですが、
やはり今回も最悪だった。

前回よりも赤字項目が増えていて、
検査の度にドンドン悪化しているのが判る・・・・。

moblog_30505d50.jpg

しかも、血糖値だけではなく、他の項目も悪化。
体身中の臓器も、血管も、何もかもが繋がっているのだから、
当然と言えば当然。

先生曰く・・
この数値で元気に過ごせているのが不思議!!
自力で立って飛び跳ねているなんて信じられないよ!!

毎回聞く言葉です・・。

moblog_4fc3eee2.jpg

病院でも動き回って写真がなかなか撮れない。
沢山シャッターを押したが、まともに見られるのは
これ1枚・・。


朝、病院へ搬入して、夜に迎え~ 
マムも疲れたよ。
休肝日・・ならぬ、車に乗らない日「休車日」を設けたい。


疲れを口実にしてはイケないのだろうが・・・
車の左前方を事故ってしまった!!
ライトにも擦った後が残り、その下の凹みも大きい。

moblog_4fb2b777.jpg

疲れではなく、高齢者の故でしょうか?

どっちにしても車から早く解放されたいが、最後の犬が
亡くなるまでは頑張って通院しなければ・・・。
それまで、車は必需品です。

一番若い「mix犬・秋」が推定8~9才。
15才で亡くなると想定して後6~7年 それまで
何とか、がんばりましょう。

車の凹みはそのままにして事故の戒めとします。



病院から帰宅して、ご飯を食べて、インスリンを打ったら爆睡。
やはり雷蔵も疲れたのでしょうね。

今、このベッドがお気に入り。

moblog_e38245ae.jpg



次回、検査は1ヶ月後・・。
悪いなりに過ごせているなら、変更なしにそのまま
前回と同じで行きましょうとインスリン量も前回と同じ。

「クッシングの薬も本当ならもう少し増やしたいところだが
 同量で様子を見ましょう。」と、同じ量を処方されました。


先生からは死に直結する病気ではないが、何が悪化して
急変するか判らないので注意し、変異があったら
即、病院へ急行するように・・と言われている。

数値だけを見ると、それほど悪いのだそうです。
毎日、変化がないか様子をメモるクセがついた!?



寅さん用の大きいベッドを横取りして、寅さんを追い出した
ので寅さんは寝場所を探してウロウロしている。

moblog_718e7b01.jpg

雷蔵用に新しいベッドを出して気を引いたら、
大きなベッドは寅さんに返還された・・。

moblog_29c4f2c4.jpg

こんなに可愛いベッド、どなたのご寄付だったか
忘れちゃいました。 有り難く使わせて頂きます。

moblog_022223fd.jpg

前のベッドも並べて置いてあるのですが
これにばかりに入ってます。

moblog_ac1e264c.jpg

新しいと寝心地が違うのかな?

moblog_80d8687e.jpg

雷蔵の顔が真っ白!!

moblog_35c92d4f.jpg

頭には白髪もチラホラ~

moblog_20b0dc7c.jpg

でも雷蔵はまだ若いのですよ
2006年12月24日生まれなので、今年の12月24日に
満13才になります。

ブリーダーがセンターへ処分に持ち込んだので
年齢はハッキリしている。



雷蔵に、あしなが支援(募金)を募集中

・ 定期的な血糖検査
・ インスリン
・ 注射器
・ クッシングの薬
・ 慢性膵炎なので下痢をしないようサプリも服用
・ 血尿だったので抗生剤も・・・

・ マナーおむつ
  昼間は30分~1時間で交換しますので、
  数量を必要としています。

  頑張っている雷蔵にご支援をお願い致します。

 190202_060216.jpg

タッキー君に希望者

いわたわんこのタッキー君に希望者があり、
ステイに行きました。


5月の連休にちょこっとマム宅へ遊びに来たので
その時のタッキー君。

moblog_977889dc.jpg

外見は、ちょいと恐ろしげな様子ですが、
性格は甘えん坊でお人よし・・。

moblog_da6481e7.jpg

他の犬達とも直ぐに仲良くなれます。

moblog_df47b522.jpg

マム宅の秋とは遊び仲間で、二人して悪さを
していました。
「とても楽しかったよ」と秋も言っていました。

moblog_2c246408.jpg

タッキー君の幸せを、心から祈ります。   

今までの苦しみも悲しみも、総ての不幸を払拭できるような
そんな幸せが待っていますように・・・。

希望者さんは犬舎を作るに当たって、業者さんを頼んで
ガッシリとした犬舎にしてくれたとの事。

どうぞ、無事に何事もなく暮らせますように・・。
とびっきりの幸せになれますように・・。


いわたわんこさん、タッキー君の引き取りから譲渡まで、
感謝致します。有り難うございました。

こりきさんへお悔やみ

リーママさんから、お悔やみと共に
今までの秘蔵写真が送られてきました。

moblog_8f0d7bd4s.jpg

「運動神経抜群で、いつも速歩だったこりきさん。

moblog_39995960s.jpg

沢山散歩できて楽しかったよ。ありがとう。

moblog_48cf479ds.jpg

天国でも、サラサラヘアをなびかせて、
さっそうと駆け回ってね。

moblog_497c6cdes.jpg

御冥福をお祈りします。」


リーパパさん・ママさん、
長い間の散歩、有り難うございました。



多くの皆さまからも、こりきへお悔やみを頂きました。

こんなに気に掛けて下さっていた方がいらしたなんて
こりきは幸せ者でした。

皆様に感謝申し上げます。

フイちゃんママ ナガヨの薬浴

ナガヨの薬浴にシャンプーボラさんを募集したら
申し出て下さった方が有りました。

以前からの支援者の方で病院が一緒。
その病院で、何度かお会いしたフイちゃんママ。

フイちゃん

moblog_62819ada.jpg

ペキニーズの女の子
今、オシッコが止まらない状態が(病気ではないが・・)
続いているとの事で室内では自由にさせているそうです。

拭いた跡に消臭剤を振りかけている・・と
笑って言われましたが本当は大変だろうと思います。

moblog_61c5294b.jpg

この他にも3匹の老犬がいて、お世話が大変なのに
ナガヨの薬浴を申し出て下さり有り難うございます。

大変嬉しく感謝致します。

行きはこちらから連れて行き、帰りは
送って下さるので大変有り難い!!

フイちゃん宅でのナガヨ・・

moblog_8bbac472.jpg

ニニちゃん、宜しくね~

moblog_e87cea7f.jpg

大人しく専用バスタブ?に入るナガヨ

moblog_a6e7eb56.jpg

最期は日光浴・・良く乾きました
老犬用のスロープが設置してありますね。

フイちゃんママ、有り難うございました。




最近、朝ご飯を食べない老犬が続出しているが
ナガヨは常に完食。

しかし、肝心の薬がポツンと残っている~~。

クッシングのお薬じゃ有りませんか!!
あ~ら、大変。

moblog_5913a7b5.jpg

パンに包んで、もう一度口の中へ入れてやると、
モグモグしていたが、今にも吐き出しそう・・。

じっと顔を見て励ます 「いい子ね、ゴクンしてね」
その声に釣られてゴクンと飲み込んだ。

薬を飲んだナガヨは、ホントにいい子です。
薬の後は、小指ほどのジャーキーでお口直し・・。



ピ与彦母さんから、皮膚の痒みに効果があると
送って頂いた「ほたて水」。

ほたての貝殻を焼成して作ったアルカリ水で無添加。
アルカリ度を確認する為の、リトマス試験紙も同封して
ありました。

moblog_f285af37.jpg

早速、ネットで調べて見ました。
凄い効果が出ているそうで、これはナガヨやナナにも
期待が持てそうです。

使用した結果は、またブログに載せますね。

ピ与彦母さん、気に掛けて下さり有り難うございます。



ナガヨにもご支援を募集中

・ 支援金(募金
  月一回の皮膚検診
  痒み止め
  抗生剤
  クッシングの薬
  整腸剤


・ トイレシーツ
  45×60cm  60×90cm を希望します

最近の僕ちゃん

久し振りに愛愛・僕ちゃんママからお便りが届きました。

moblog_5ba6c0c9.jpg

「愛愛が亡くなってから 僕ちゃんが少しだけ太り、
 甘えん坊になってきました。
 亡くなった直後は、僕ちゃんなりに我慢していて
 可哀想だったと反省したり、自身を責めたり…。

 最近、ちょっとした仕草が 愛愛に似て来ました。
 今は亡きあの子が、「私の分まで甘えて良いよ」
 「私は天国から見ているよ。淋しがらないで」と
 僕ちゃんを通して伝えているのでは?と、思うと
 一匹飼っているだけで、二匹と暮らしている感じがして 
 いとおしさも2倍になってきました。

 春の訪れを喜ぶ間もなく、夏をむかえそうな
 今年の気候。
 ワンちゃんにも、人間にもたいへんな時期が来ます。
 マムさんも、お身体気をつけて下さいね。」

moblog_93d16e92.jpg

お久し振りで~す!
僕ちゃんもお変わりもなく何よりです。

愛愛ちゃんの分と2倍もの愛情をもらって幸せです。
本当に僕ちゃんは、運命の犬でしたね。

僕ちゃん、いつまでも元気でいて下さい。
また、お便りをお待ちしています。」


缶詰と、沢山のフリマ用品を有り難うございました

星になったこりき

こりきの老衰が進んでいます・・と載せたばかりでしたが
星になりました。 

ここ数日は流動食でしたが、それまで下半身は
動かないものの、良く食べて元気でいてくれましたから、
なんにも困る事は有りませんでした。

床擦れも僅か2㎜くらいのがポツンと出来たけれど、
直ぐに治ってしまい、寝たきり特有の介護の辛さが
全くなくて、マムに取っては有り難いワンコでした。

moblog_484f09d7.jpg


皆様から沢山の応援・ご支援頂きまして、本当に
有り難うございました。

年令は18〜19才くらいの超高齢でしたから、
天寿を全うしたと思います。

悲しみよりも・・
「こりき、皆さんに応援してもらって頑張れたね」
そんな明るい気持ちで見送れました。

皆様に心より感謝申し上げます。

こりき安らかに…


引き取った日のこりき

moblog_25b5f383.jpg

リーパパと散歩中のこりき

moblog_b2c695fb.jpg


ご支援有り難うございます

COLINママさん こりきへ有り難うございました

僕ちゃんママ    フリマ用品感謝します

千歩さん      ジャーキー大変嬉しいです

鈴木佳世さん    書き損じハガキ受け取りました

こりき応援隊!?

こりき、写真では元気な様に見えますが、実は、
もう血流も悪くなって来ました。

まぶたを引っくり返して見ると色が薄くなっている。
唇の裏も、赤味が消えて薄い色になっている。

心臓がゆるやかに拍動し、胸の動きもゆっくり静か。
お別れも、そう遠くない感じがします。


固形物が上手く食べられなくなって来たので、流動食を
メインにしました。

それも、ほんの少し飲み込むだけ・・。
二口ほど飲むと暫く休む。
三口ほど飲んでは休み・・と、ここ数日は一気に老衰が
進んで来たような気もする。  

水分だけはキチンと摂らせないと脱水が怖いので
少しブドウ糖を加えて、シリンジでこまめに飲ませています。

もう、水分も食器からは飲めなくなって来たので、
上半身を抱えて顔を上げ、シリンジで口の中へ
流し込むと重力で下へ流れて行く。 
こりきは、今、そんな状態になっています。

moblog_3268a795.jpg

マムのやり方は、病気でも老衰でも最期まで医療を
尽したいと言う考え方。

しかし、医療を尽すからと言って、点滴や栄養流動食の
チューブを沢山刺して延命治療をすると言うのではありません。

死期が来たら、魂は身体から解放してやりたい。
いつまでもチューブを繋いで留めて置く気はない。


春じいさんの時も、毎日点滴に通って何とかしてやりたいと
思いましたが、先生と話し合って、どこまで治療するか?
最期をどうするか?と、事前に意見を交換していました。

あの日、点滴に行った時、瞼の裏は白くなっていました。

春じいさんの容態を見極めた先生から、「点滴は今日で
終わりましょう。 明日からは自宅で見守ってやって下さい」と
告げられた時、直ぐに理解も納得もできました。

そして、その翌日、息を引き取りました。

moblog_bb971df9.jpg




こりきは、最後まで食欲もありキチンと食べられていたし
水分も摂れていたと思うので、いよいよ旅立ちの時が
来たと思うのです。

moblog_99bc7a4c.jpg

自称「こりき応援隊」Oさんが、点滴に通ったらどうですか?と
アドバイスをくれた。

老衰で死期が迫っているだけなので、点滴しても元のように
元気になるのは難しいと思いますと返事したら、非難の眼を
向けられた。

点滴は万能薬では有りません。

Oさんも自分の愛犬が亡くなる前、点滴に通っていたから
身を持って知っているはず。



実は、Oさんは自分の愛犬が亡くなり、ポッカリ空いた穴に
こりきがスポッと嵌ったらしい。

こりきが元気な時は全く気にもならないで、一度も散歩に
出かけた事もない。
しかし、こりきが寝た切りになったら、気になって仕方がない。

来る度、食べ物を持って来て食べさせて帰るので
こりきは、翌日から下痢状態。

下痢ですから食べさせないで下さい~とお願いすると
整腸剤や生姜湯を持って来て、ボトル一杯(400cc)
飲ませて帰る。
また、翌日から下半身グチャグチャ。


先生からは「下痢は体力を消耗するし、体力を低下させる
脱水も進むので食べ物には充分注意して下さい・・」と
厳しく言われている。

消化・吸収がもう上手く機能していないのだ。
身体が「食べ物は、もういらないよ~」と言っているのだ。


下痢が続いては、あまりにこりきが可哀想だから、
「飲食をさせるなら来ないで下さい」と断ったのだが、
顔だけ見せてね・・と尋ねて来る。

マムが眼を離したすきに、飲食をさせているらしい。
(ポケットに入れて少し持って来る?。
 こりきの周りにフードが何個か落ちてました)

Oさんの、何とかしてやりたいと言う気持ちは判るけど・・
死期だけはどうにもならないのです。

moblog_8cf28133.jpg
Oさんの手

犬や猫の最期を看取る飼い主の考え方は様々です。

こりきの為に来て下さっているので本当に有り難い事と
思っています。

こりきも感謝していると思いますが、「もう顔を見るだけで
いいよOさん。」と思っているかも知れません・・・。

狂犬病予防注射会場での啓発活動

クララママさんから活動の報告。

moblog_910d9b34.jpg

今回は、初めて参加の可美総合センター駐車場が
会場でした。
接種数は92頭。
マイクロチップ装着が4頭、
済み票装着率も70%ぐらいでしょうか。

この会場に限らず、みなさん、TVの影響か殺処分とか、
保護犬のことを耳にしていて、こちらの話もよく聞いて
くださるようになりました。

moblog_ce14b0e0.jpg

サークルマムから譲渡を受けたワンコも来ていました。
お名前がジェルさん!?
飼い主さん、再度、お名前お知らせ下さいね

moblog_c34612b7.jpg

今回は、ももの母さん、はやとかすみママ、
初参加のセーラママ、そして私クララママでした。

あと、残すところ2会場、楽しみです。


ご協力下さいました皆さんには、感謝申し上げます。

名札の装着率も、漸増しているようで大変嬉しいです。
あと、2会場、どうぞお願い致します。

大吉も~

大吉も~朝ご飯を食べない。

柴犬タローの食欲が落ちて頭が痛いのに、次は
「大吉・お前もか!!」
食器には見向きもせず、ボーと横になっている。

moblog_3fabf72f.jpg

老衰が進んで、食に関して興味を失ったか?。
匂いさえ嗅がない・・。

moblog_8fa49fa0.jpg

でも大丈夫!!
時間を置いてフードとは別の物を持って行けば食べる。

例えば、ピ与彦母さんの手作りジャーキーとか、
ドギーマンの紗なら完食。

moblog_6eeaa149.jpg

ワガママになったと言うか、マム宅に慣れて来て
好き嫌いをハッキリ表せるようになったのかな?。

もう13才
眼が見えないので楽しみは食べる事だけ・・。

「年齢的にも、好みの物ばかりを食べさせても
 いいんじゃない!?」とマム自身で納得し、大吉の
要望を聞き入れジャーキー類を朝ご飯にしました。

ジャーキー数枚では腹一杯にはならない・・。
でも、そうすると夕方には空腹になり、夕ご飯は
しっかり食べてくれる。

夕ご飯はフードに缶詰を混ぜて出すと完食。
当分、朝はジャーキー主食で行きます。

moblog_d3dfda4b.jpg

顔付に元気がない。
いつ見ても、ショボンとした表情ばかり・・。

マム宅へ来て、喜怒哀楽を表した事がない。
吠えた事さえない。
唸る事も、甘える事も、まったく何も表さない。

唯一、表したのが朝ご飯いらない・・ジャーキー欲しい。
これは、聞き届けてやらねばなるまい。

少し痴呆が出ていましたが、体には異常が無かったはず。
でも、念のため春の検診に行って来ます。



小雨が降っているのに、座り込んでいる大吉。
やはり痴呆も進んでいるようだ。

moblog_c4c0f7a2.jpg

この切り株は柚子の木
柚子の木は棘があるので、マムも良く引っ掻いたり
刺さったりした。

眼の見えない大吉に事故が起きてはイケない。
惜しい気もしたが大吉には代えられないので、
思いっきり切ってしまった。

大吉が居なくなったら、また柚子を植えればいい。


大吉にご支援募集中

ドギーマン・ジャーキーの紗を希望

180619_163026 (1)

大吉は、現在、薬も飲んでいないし、通院もない。
全くの健康体です。

食べる事だけが楽しみの大吉にご支援をお願い致します。


缶詰も募集中

180709_063505_ed.jpg

180709_063625.jpg

今から、気温が上がって来ると口が不味くなり
食欲も落ちて来る。
犬に取っては嫌な季節だね。

無事に梅雨も夏も越せますように~~。


ご支援有り難うございます

おじあんさん      いつも気に掛けて下さり有り難う
すずきルークちゃん   しかたに病院から受け取りました

隆君 お久し振り~

隆君のママから、支援物資が有りますよ~との連絡を頂き
受け取りに訪問しました。

久し振りに伺いましたら、広大なお庭でワンコ達が
運動の真っ最中。

moblog_338a9558.jpg

ご親戚のワンコも加わって賑やかな追い掛けっこ。
小型犬達には広すぎて疲れてしまうくらい広いお庭。

moblog_d90dea1c.jpg

思わず、カメラを構えたが腕が悪いので、この程度の
写真しか撮れない。


全員そろっている写真をママのブログから拝借しました。

o0567037514200997398.jpg

向って左端の海くんと、右端の柚子ちゃんは
4月に相次いで星になったばかりで、ママは
思い出しては涙をポロポロ。

海君・柚子ちゃんのご冥福をお祈り致します。

沢山の物品を有り難うございました。
介護の老犬に使わせて頂きます。


小型ワンコの毎日は、ブログ「ぺぺんち日記」を
ご覧ください。 
マムにリンク有り。

ももちゃん

今年15才のももちゃん。

moblog_f741c150.jpg

最近、穏やかになった。
マム宅へ来た当初マムは噛まれてばかり。
と言うか・・偶然、歯が当たっただけですが、ももちゃんは
結構荒れていた。

他の犬とは暮らした事がなかったし、マム宅の新しい環境に
慣れるまで時間が掛かったのだと思う。

マムを嫌うので病院へ行く時はラウルママさんに
同行してもらい、手術後自宅でガーゼ交換する時も、
ほとんど毎日マム宅へ手伝いに通ってもらった。


今年で丸3年、
ようやく慣れて来たらしく触らせるようになった。
手を伸ばして体を触っても唸らなくなったし、病院へ行く時に
マムが一人で車に乗せられるようになった。

当然のことながら、触れるようなったら可愛くなった。
性格が甘えん坊なのに、甘え方が下手・・。

飼い主から愛情をかけてもらえず、スキンシップも経験が
無かったので、ももちゃん自身がどうして良いのか判らない
ようだった。

首の辺りを軽く撫でると、びくっとするので何か怖い思いを
したのかも知れない。
考えてみれば不憫な犬です。



最初に、いわたわんこが写真を撮りに行った時のももちゃん

飼い主が転居した跡の空き家に、1匹だけ残されていた。

image10004.jpg

酷い状況の中に置かれ、乳腺腫瘍で乳房が腫れていた。

image30001.jpg

爪は伸び放題で魔女の爪のよう・・。

image20002.jpg

moblog_4833ba88.jpg

引き取って、即、乳腺腫瘍を摘出。
この頃は人間に対する不信感で顔がこわばっていた。

moblog_38f1a071.jpg

舐めるのを防止する為、Тシャツを着せていた。

moblog_d0a0da89.jpg

抜糸してシャンプーに行って来て、ようやく
スッキリした表情。

moblog_7849185b.jpg

乳腺腫瘍を摘出した結果・・乳腺の複合腺腫という
腫瘍で、転移は認められず安心した。

しかし、低度ではあるが悪性との検査結果が出て
6ヶ月に一度の検査を指示されている。



昨年、右脇腹が膨れているのに気が付いた。

足の付け根に膨らみがポコンと出ている。
この写真では判りにくい~
moblog_d8ef05ee.jpg

次回の検診まで待って一緒に検査してもらうか?
早急に受診すべきか?

複合腺腫は同じ場所へ再発する特徴があると説明を
受けたので、多分これは違うものだろう・・。

迷いますね

moblog_d28de030.jpg

触ってみたら(場所柄、ちょっと触れただけ・・)
ぐにゃりと柔らかい。
脂肪の塊のような気もする。

moblog_980d678c.jpg

本人は食欲もあり、元気一杯に歩けるので痛みなどは
無いのだろう。

moblog_b31987c4.jpg

検診は7月の予定

ももちゃんにも、検診用あしなが支援(募金)を募集中




ご支援有り難うございます

セリママの友人の方   チョビアル母さんから受け取りました

隆ママさん       ブログ「ぺぺんち日記」をご覧ください

三井安田生命:山下さん  フリマ用品感謝します

フィルちゃんのパパ・ママ わざわざ届けて下さり有り難うございます

結子さん         いつも気に掛けて下さり感謝します 

フォレストさん      募金箱有り難うございます
  
白柳さん         愛犬パグちゃんのご冥福をお祈り致します



検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント