FC2ブログ

豊ちゃん。金さん。同じ名前の犬達

1月10日に亡くなった金じいさん・・、
早いですね、もう1ヶ月経ちました。

moblog_b47ec742.jpg

亡くなる少し前の写真 
この優しい表情にマムも和みました。




過去の活動の中でも、金助じいさんと名付けた老犬が
いたので以前のブログをめくっていたら、有りましたよ。

moblog_45c65b2c.jpg

moblog_3e379b05.jpg

moblog_25cb8edd.jpg

moblog_7b6b6863.jpg

moblog_c36e4182.jpg

金じいさんと同じく、役所から引き取った老犬、
金じいさんと同じく、金曜日に引き取ったので
金助じいさんと名付けた。

健康状態も金じいさんと全く同じで、検査結果の項目は
異常値が並び、とても長く生きられる体ではなかった。

引き取って11週間目の1月11日、金曜日に亡くなった。
金曜日に来て金曜日に逝ってしまった老犬。

亡くなり方も金じいさんと同じで、マムが病院から帰ったら
眠ったままの状態で息を引き取っていた。
それが5枚の一番下の写真です。


詳しくは過去のブログを遡ってご覧ください。
2013年1月12日に掲載してあります。

亡くなった日も金じいさん10日、金助じいさん11日
引き取った時も、亡くなり方も何から何まで同じような
状況だった2匹の金さん・・。

何かのご縁でマム宅へやって来た老犬、
今頃は、虹の橋の彼方でマムワンコ金曜同窓会を
開いているかも ・・・ 





同じような名前の犬がまだいたはずなので
過去のブログを検索したら、豊ちゃんがいました。

moblog_f1959698.jpg

金じいさんとほぼ同時に引き取ったけれど、12月15日
先に旅立ったビーグルの豊ちゃん。

豊ちゃんの名前の由来は、迷い犬として捕獲された地域が
豊岡なので、その地名にちなんだもの。

moblog_539be2b9.jpg





前にいた同じ名前の豊ちゃん。
2013年に引き取った豊ちゃんはシーズーでした。

moblog_5566e6ba.jpg

前にも記事に載せましたが、18匹もの大量のシーズーが
処分に持ち込まれた時、豊ちゃんも迷い犬として捕獲され
抑留中。

しかし、触ると唸る・・と言う事で処分対象となり、18匹の
シーズーとは別エリアに置かれていた。

ラッピーママが引き取っても良いか?と連絡をくれた時、
嬉しかったよ  
即答でOK、 
ラッピーママが直ぐに届けてくれた。

ボロボロ・グシャグシャで、よほどの勇気がないと
触れなかっただろう・・と思われるようなシーズー。

吐き気がする程の、物凄い異臭が漂っていた

moblog_d5d33c39.jpg

前か後ろか判らない程、毛が伸び放題。

moblog_e7b33fc7.jpg

前向きで座ってます。 



毛を刈ってみたら緑内障で右目が飛び出て、
いわゆる牛眼状態。

moblog_d952214b.jpg

ある日、炎症を起こしていた眼から水晶体が
外れて落ちた・・。 このまま病院へ持って走った。

moblog_4315cdb7.jpg

やむなく、右目は摘出手術を受けた。
義眼は入れずに瞼を縫い合わせて閉じ、
以後、独眼流シーズーとして暮らした。

moblog_1ebcc31e.jpg

迷い犬として捕獲された場所が、豊浜と言う地名だったので
豊ちゃんと名付けた。 


まだまだ同じような名前が出て来るはずなので
時間が有る時、探して見ますね。

今回は 金さん 豊ちゃんでした。

チョコ・ラッピーとうちゃんご逝去

ラッピーママのご主人様が2月7日、ご逝去されました。

心よりお悔やみ申し上げます。

サークルマムの譲渡犬は、すべて、ご主人様運転の車で
ラッピーママが里親宅へ届けて下さった。

どんなに遠くても必ず引き受けて下さり、マムの活動を
陰から支えて下さいました。

沢山の犬達と共に、ご主人様に感謝申し上げます。


ラッピーママのブログに、告知が載っていましたので
詳しくは「ラッピーハッピーライフ」をご覧ください。


なお、マムの方へも、お悔やみの連絡を送りたいが~との
申し込みが入りますが、スマホのラインでつながって
頂くのが早道です。

スマホをお持ちで無い方は、マムのブログ・メールフォーム
から、お悔やみをお送り下さい。
転送させて頂きます。

お通夜、葬儀などに参列なさりたい方は、個別にご案内
致しますので、マムの方へお知らせ下さい。

お通夜12日  葬儀13日となっています。

マッチ君 決定!!

ワンワンふぁみりーさんが引き受けて下さっていた
マルチーズのマッチ君に新しいご家族が決まりました。

1年半も根気よく探し続けて下さり、感謝に堪えません。
本当に、本当に、有り難うございました。

ワンふぁみさんから~

「 朗報です!
  マッチ君が正式となりました。
  マッチ君の年齢、噛みつき等々全て
  ご理解頂きました。
  ご安心くださいね。
  先住犬も当方から行った子ですので、
  里親様につきましてもご安心ください。
  ありがとうございました。 」

203.png

飼育上問題があり、里親探しはかなり困難でしたが、
ワンふぁみさんには心から感謝申し上げます。

今度こそは愛情一杯で、しかし、キチンと飼い方を弁えた
ご家庭なので、安心して暮らせます。

マッチ君 どうぞお幸せにね~


ワンふぁみさん、有り難うございました。

動物慰霊祭

平成30年度の動物慰霊祭が県の施設で行われます。
どなたでも参加できますので、慰霊のお祈りを捧げたい
方はご参加ください。

※ 自分が飼っていた動物が亡くなった方もどうぞ~

moblog_bbec22d4.jpg

日 時  平成31年2月23日 ( 土 ) 
         午後1時      受付
         午後1時30分  式典開始
 
場 所  浜松市西区大山町3551-1
      静岡県動物管理指導センター内動物愛護館
      電話 053-437-0142

主 催  静岡県西部動物慰霊祭実行委員会

  センター内にある慰霊碑  
           どなたでもお参りが出来ます

  moblog_78aa8b7e.jpg
 
その他不明の点は、静岡県動物管理指導センターへ 
直接お尋ねください。

雷蔵の再検査 その後

雷蔵の再診。

moblog_131ac0ed.jpg

クッシングの薬も飲み始め、インスリンを現在の半分量に
減らして1週間目、再検査に行って来ました。

検査表を見ると、朝から夕方に掛けて順調に下がり続けている。
※ 上向きの赤い矢印は、基準値が高いという意味

数字そのものは前回と同じような数字だが
インスリンが半分量でこの数字なら、何とか効果を
表していると見て良いようだ。

つまり、乱高下は収まった!?
状態は悪いが安定した・・と言う事か!?

次回の検査日までは、インスリンの半分量を継続する。

半分量とは、1.5単位。
判り易く言えば1.5mg
注射器の先にほんの僅か・・・2滴くらいで、
老眼鏡を掛けても見えないくらいの量。

チョビアル母さんにお願いして、必要量を注射器に
準備してもらっています。 
チョビアル母さん、今後もよろしくお願いします  

moblog_73cca076.jpg

病院で待っている間も、動き回って重病犬らしくない雷蔵。

moblog_845c3431.jpg

この元気はどこから来るのだろうか??



moblog_3c75cbe4.jpg

帰宅して、ナナの横が空いているのを見つけた。

moblog_0a80550e.jpg

横へ入り込む。
しかし、足が触ったらしくナナは気に入らないようで
眼を覚ました。

moblog_cc9776d2.jpg

こういう場合、ナナが起き上がって出て行く。
雷蔵みずからは、決して特上の場所を明け渡す事はない。

moblog_a26f56b6.jpg

雷蔵の次回検査は2週間後。
さて、悪化・安定が継続しているかどうか??
気になる所です。

moblog_af06812d.jpg

雷蔵にはあしなが支援(募金)を募っています。

血糖検査  
インスリン  
注射器  
クッシングの薬
慢性膵炎悪化防止の下痢止め薬 等、沢山の薬を
投与しています。

これらは、終生(死ぬまで)続けなければなりません。
皆様のご支援をお待ち致しております 


マナーおむつも引き続き募集中

moblog_54faa65c.jpg


はくちゃん、雷蔵へのマナーおむつを有り難う 
ゆず・ちゃちゃ丸ママ マナーおむつを有り難う 


おむつを買ったけどサイズが合わないなど
使えなくなったマナーおむつでもOKです。

開封してあっても、バラでも結構ですからご寄付下さい。



ご支援有り難うございます

ももの母さん トイレシーツ感謝致します

星になったマリンちゃん

2018年12月4日 マリンちゃんが星になりました  

マリンママから~

「 動物病院でお会いした時のダックス
  マリンは12月4日に星になりました。
  享年17歳と5ヶ月でした。
  寂しくなりましたが、14才の子が2匹
  いるので頑張ります。 」

心よりマリンちゃんのご冥福をお祈り致します。

病院でたまにお会いしましたね。
マリンちゃん、弱々しくて痛ましい思いでした。

今は、もう苦しくありませんね。
マリンちゃん、どうぞ安らかに~  

ご自分が大変な時に、マムワンコの病犬にとお守りを
送って下さいました。

moblog_663e7a74.jpg moblog_4e957ca7.jpg

磐田市にある見付天神の霊験神社に「しっぺい太郎」と
いう犬が祭ってあり、霊験あらたかなのだそうです。

マム宅は病犬・老犬が絶えませんので、有り難く
お守り致します。

大吉も 何か変!?

年末から食欲が落ちている大吉・・。

普段は米をスープで煮込んだものをフードにトッピング。
量はそんなに多くはないが完食していた。

moblog_39d300dd.jpg

食べ物には文句を言わない穏やかな犬だったが・・
年が明けてからは、ぐんと食が細くなった。
全く食べない日もある。

moblog_b9c2c23c.jpg

やむなくフードが残ったままで食器を下げていたが、
流石に数日食べないとなると、本人の足元が
ふらつき始めた。

体を動かす元となるカロリー摂取が出来ていないからだ。
しかたない・・
喜んで食べる物なら何でもと、オヤツで誤魔化した。

しかし疑問が湧いた。

「紗」と、ピ与彦母さんの「手作り鶏ジャーキー」なら食べるのに
ドッグフードを食べないのはなぜだ??

我儘・・贅沢か?。
何か食べる方法を考えます。


少し前から痴呆の症状も見られていたが進行したのかな?

痴呆を発症すると頑固さも現れてくるし、
性格も変わるように思える。

嫌なものは嫌・・なかなか手ごわいよ。

moblog_1376825d.jpg

咥え損なってポトリと落としたら、オヤツの場所が
判らない・・!?。

moblog_b8342388.jpg

しきりに探し回っていたが、漸くゲット。

緑内障で視力は失ったが、その代わり鼻が利くので
不自由はなかった。
その鼻も利かなくなると困るね。

※ 眼球は縮瞳がはじまり、全く視力が無くなっている。

やはり、一気に老化が進んだのだろう。
老犬は寒さ(気候)がきっかけで痴呆を発症する事もあるし
進行して悪化する場合もある。


moblog_3a066a1a.jpg

moblog_3bff8668.jpg

眼が見えなくても敷物を上手にかき集めて丸める。

moblog_7cdeeb32.jpg


年齢は13才
まだ、超高令と言う程ではないが衰えには個体差があるので
止むを得ない。

13才は平均的に介護に突入する年齢(マム宅の平均値)。
今年は大吉も要介護になるかも知れない。


※ マムワンコの年齢を書き出してみたら、10才以下は
   2匹しかいなかった。
   あとは全部10才以上! 15才以上もいる!!
   人間で言うならば、後期高齢者世帯だ

   ちなみに10才以下はビーグル夏 mix犬秋の2匹。

                        
  moblog_658a1194 (1)



大吉が食べなかったご飯・・。
ドッグフードを減らして、缶詰を多目に混ぜて見たら完食。

以後、フードはほんの少量、缶詰を多目にしていますので
大吉用缶詰のご支援をお願い申し上げます。 


缶詰募集中  

moblog_7692163d.jpg

180709_063625.jpg

180709_063548.jpg

moblog_508ff65b.jpg

オヤツのご支援も募ります。

こんな時は紗が重宝。

必ず食べますので、大吉が持ち直すまで、どうぞご支援を
お願い致します。
※ 暖かくなったら、きっと元へ戻ると思います。

180619_163026.jpg



ご支援有り難うございます

優子さん   見付け天神のお守り、有り難う。

ゆず・ちゃちゃ丸のママ 
       いつも気に掛けて下さり感謝致します              

星になった猫のミミちゃん

猫のミミちゃんが星になったらしい~と連絡が有りました。

星になったらしい~と言うのは、亡くなったと思うだけで
まだ遺骸を確認していないと言うのです。


18才と高齢で、10日くらい前からご飯も食べなくなり、
水をスポイトで口へ入れても受け付けず、いよいよ最期かと
見守っていた。

もう起き上がる事も出来なくなり、自力では体を動かす事も
出来なかったので、陽当たりの良い窓際に布団を敷いて
寝かせて置いた。
夜もその横へ飼い主さんが布団を並べて眠った。

お正月が過ぎてまもなく、全く動けないその猫が、
素早い動きで庭へ走り出たので、とっても驚いたそうです。

あわてて後を追ったが姿が見えない。
アチコチ探し回ったが見つからない。
ご近所さんにもお願いして、庭を探させてもらったり
縁の下などを一緒に探してもらったが、1ヶ月が経っても
依然として姿が見つからない。


飼い主さんが言うには、猫は亡くなる時に姿を隠すので、
多分どこか見えない所へ行って亡くなったに違いない・・。
毎日、思い出しては泣いてます・・とお電話が有りました。

不思議な事ですが、どんなに探しても見つからないのなら
飼い主さんの言う通りかも知れません。


飼い主さんは車に乗れない老夫人だったので、避妊手術など
病院へ送迎した思い出が有ります。

子猫の頃のミミちゃん 

20060129084806.jpg

亡くなった確証は有りませんが、どう考えても
生き延びられる体では無かったとの事。

心よりご冥福をお祈り致します。
安らかにミミちゃん 

mix犬 秋 フィラリア陰性に!!

mix犬 秋 フィラリアが陰性になったよ!!!

          

こんなに嬉しい事は有りません 

moblog_81d6b1e9.jpg

青い丸が1個だけ!! 

moblog_1179de22.jpg



この所、老犬が相次いで亡くなり、マムの心も折れそうでしたが
久し振りに嬉しいニュースです。

役所から引き取った時、フィラリアが陽性・・
まだ若いのに気の毒な~と不憫に思った記憶が有ります。

飼い主が予防してくれなかったので、犬が悲惨な結果を
負う事になった。
何もしてくれなかった飼い主に、腹の底から怒りが湧きました 


初診の時、先生と話し合って通年で治療をする方針を選択。
今の治療法は一年中薬を飲んで、早く虫にダメージを与え
殺してしまうというもの・・。

夏だけ飲ませるフィラリアの薬を、冬期間も飲ませる。
虫の寿命は5~6年。
秋は引き取って3年目・・・予想より早く治療が効を奏しました

moblog_979af80f.jpg

診察台に乗ってもおとなしいが採血するので念の為
看護士さんが保定。

moblog_4aae9adc.jpg

結果を待つ間、ドキドキしていました。

moblog_92cd7673.jpg

ラウルママさん、ゆず・ちゃちゃ丸ママさんと出会い、
お喋りをしていたら待ち時間も直ぐに過ぎてしまった。

moblog_445d6e82.jpg

そして、めでたく陰性!!!!
フィラリア予防の注射を打ってもらいました 

1回打てば1年間効果が有るので、飲ませ忘れがない。
以後、安心して暮らせます。


でも、虫は死滅しても、死骸がそのまま心臓や血管などに
残っているので大事を取って、過激な運動や無理な散歩は
控える事にします。
運動量も様子を見て、徐々に増やして行きましょう。

秋は、今からが再出発です 

moblog_f0939222.jpg

応援・ご支援下さった皆様に、心から感謝致します。

本当に、本当に、嬉しいです 
本当に、本当に、有り難うございます。



もう一つ、嬉しい事があった。
体重が21㎏で昨年とほぼ同じ・・横ばいでした。

何だか太ったような気がしたのですが、横ばいは嬉しかった。
このまま維持して行きます 


皆さま 有り難うございました。    



健康体になれたので、輸血を必要とする犬さん達への
ドナー登録をしたいと思います。

迷い犬として捕獲され、処分を待っていた 秋。
運が悪ければ、煙になって天へ昇る運命だった 秋。

生きて役所を出られたのは幸運だったと思います。
生かされている感謝の気持ちを表したい・・ by 秋


あなたの愛犬に輸血が必要になったら、お知らせ下さい。
どこの病院でもOKです。
血液の型が合えば、ドナー協力させて頂きます。


ご支援有り難うございます

おじあんさん   猫用レトルトパックは匂いが良いので
         薬を埋めこむのにジャスト。 大変助かります。

千歩さん     紗を有り難うございます

2019年 行事予定

本年、上半期の行事予定は下記の通りです

決定している行事
(譲渡会などの開催は決まり次第掲載致します)

3月3日 (第1日曜日) 犬猫フェスタ2019 in 森林公園
      10時~15時 浜松市森林公園

目的 犬の適切な飼い方(公園などで守るべきマナー)の周知
    公園などに猫を捨てない、不幸な猫を増やさない為の啓発

 
イベント内容

・ しつけ教室
・ 各種パネル展示
・ わんこにゃんこグッズ販売
・ 手作り品販売
・ ペット整体
・ フリーマーケット
・ アニマルコミニュケーション
・ 移動トリミング
・ フードコーナー&テイクアウト
・ エジプトグッズのネット販売で有名な翆微洞さんが、
  今回は、にゃんこグッズを販売されます
・ サンプルフード配布
・ マイクロチップの理解と啓蒙

まだ、この他にもイベント検討中


皆様のご来場をお待ちしています 


お手伝いの方を募集しています
短時間でも半日でもOK、協力して下さいませんか。
駐車場スタッフ不足しています。

park_ph01.jpg

20170930114114_00001.jpg

問合せは
ブログ「すてっぷにゃむ」のオーナーメールからどうぞ

お名前。連絡先。質問内容を明確にお願いします。

寅さん フィラリア予防注射

寅さん、受診。

今回は年に1回の、フィラリア検査&一般的なプチ検査。

moblog_4e8d7b2a.jpg

待合室では、呼ばれるまで寝転んで待機。
驚くほど穏やかで聞き分けが良い。

昔は、引っ張りが強くて、散歩には行けなかったが、
今はマム一人でも散歩に連れ出せるくらい、
穏やかになった。

moblog_a96886fc.jpg

フィラリア予防は5月から11月までの夏期間のみで
春に検査を受けて予防薬を購入します。

しかし、4月5月は狂犬病注射とフィラリアで動物病院は
超・繁忙期。
駐車場も満杯だし、待合室へも入りきらない程。

なので、マムは比較的、空いているこの冬の時期に
フィラリア検査と予防を済ませてしまいます。
予防薬は注射です。

1年間有効なので冬の時期に打てるのが有り難い。
1月か2月に打って、次年も同じ月なら絶対に忘れない。


通常は経口薬(錠剤・チュアブル)を、月に1回投与して
予防しますが、毎月の経口薬は飲ませるのを忘れたり、
嫌がって飲まない犬もいたりして予防は万全ではない。

マム宅のように沢山いると、薬を舌の下へ隠して置いて
後で吐き出してしまう利口な奴!?もいる。
誰が吐き出したのか不明な為、再度、全員に飲ませ直す事も
多々あるのが悩みの種だった。

なので、注射で予防できると聞いた時、大歓迎でした 

どのみち、年に1回は検診を受けなければならぬので
その時に血液検査も予防も、全部済ませてしまえば楽~。
費用も1回の注射の方が安上がりで財政的にも嬉しい。



ついでに皮膚の脱毛が広がっているのを診てもらった。
抗生剤の軟膏を塗るように指示が出た。

ごっそりと脱毛した跡 

moblog_636a9435.jpg

老化と共に、様々な病気が同時進行するので
気が休まる時が有りませんね。

moblog_c542912a.jpg

本人は、病気の事などまったく気にもしていない。
たらふく食べて、ぐっすり眠る事ができたら言う事ナシ。
体重が増えて25㎏になっていたので要注意!。

moblog_74cbe58d.jpg

こんなキュートな表情をする時がある
親バカですが 可愛い~~ 

moblog_a73de5f9.jpg

眼がやや白くなって来ているが、まだ視力には
影響が及んでいないもよう。
耳も鼻も利くし、クッシング以外には異常ナシ。

moblog_1f1c4e8e.jpg

最大の問題は多尿だけ。

室内にいる時はマナーおむつが欠かせない。
眼を離すとアチコチマーキングして歩く。
大型犬なので尿量も半端じゃない。
安心できるのは庭へ出ている時だけ・・。


寅さんにマナーおむつを募集

サイズ 50~64cm

第一材衛材社
moblog_99e2682f.jpg

人間の介護用パッド・・夜間に使用しています。
吸収量が大きく朝まで持つので。 

ユニチャーム社 ライフリー
W3601865.jpg


中味はこんなの~
尿の吸収量が多いと夜中にオムツ交換が不要で
有り難いです。

moblog_419176c9.jpg

寅さんにご支援をお願い致します 


ご支援有り難うございます

ゆず・ちゃちゃ丸のママ 沢山の物品支援感謝いたします   
こばやしさん      フリマ用品有り難うございます
結子さん        テレフォンカードなど有り難うございます
ワンワンふぁみりーさん タオルなど有り難うございます
ねこひなさん

子猫のご家族募集

とっても可愛い子猫が、ご家族を募集しています。

moblog_c52df5e5.jpg

ラウルママさんが保護した子猫
生後3ヶ月の可愛い盛り・遊びたい盛りの元気子猫。
混合ワクチンも済ませ、検診も済ませました。
異常は有りません。健康です。



moblog_98e14dcb.jpg

こちらの美しい猫さんは、おとな猫。
2才のメス。
避妊手術済み、ワクチン接種済み、健康です。


ご希望がありましたらお知らせ下さい。
すてっぷにゃむ & サークルマム事務局へ。

虹の橋を渡ったメリーちゃん

犬の瞳さんが介護中だったメリーちゃんが、星になりました。
心よりご冥福をお祈り致します。




犬の瞳さんから~

「 闘病生活を、送っていた、メリーちゃん…
  2月1日、2時27分、私が見守る中、
  虹の橋へ旅立ちました。
  我が家に来て、今月で8ヵ月になりますが、
  闘病生活の方が長く辛かったと思います。

  でも、私も出来る限りの時間、愛情を注ぎました。

  犬の瞳で、最期のことは書きましたが、私自身も
  腎不全で亡くなる子を見送るのは初めてで、
  胸が締め付けられる思いでした。

  けれど、余命宣告を8月に受け、9月までは。。。?と
  言われていたほど、状態が悪かったのに、ここまで
  本当によく頑張ってくれたと思います。

  それも、皆さんからの励ましや応援も
  あったからだと思います。
  心配して頂き、ありがとうございました。
  メリーちゃん共々、感謝しています。 」

moblog_67ac5cf3.jpg

3ヶ月ほど前のメリーちゃん、この頃は流動食でした。


大変な介護を有り難うございました。
持ち直した時は、とっても嬉しく思いましたが、
今から考えると最期の輝きだったのですね。

飼い主のおばあちゃまと、一緒に暮らせなかったのは
辛い事でしたが、犬の瞳さんがおばあちゃまに代わって
愛情を一杯注ぎ、最期まで大切にお世話して見送ったので、
メリーちゃんも安心して逝けたでしょう。

本当にお疲れ様でした。
メリーちゃん、安らかに~

メリーちゃんの詳細はブログ「犬の瞳」をご覧ください。

経年劣化!? 筋肉疲労!?

長く人間をやっていると、アチコチ具合が悪くなって来ます。


昨年末、30日の朝、コーヒーを淹れた 

カップの取っ手に左手人差し指を入れて持ち上げた、
はず・・だったがカップは落下し、コーヒーが飛散した 

アッ!!
取っ手に指を入れ損なったのだと思った。

床を拭いて、もう一度コーヒーを淹れ直して、カップに
指を掛けた。
取っ手に指を入れて持ち上げようとしているのに
指に感覚がない!!!
あわてて人差し指を抜いた。

なんだ? こりゃぁ??
指に感覚がなく曲がらない・・。

もっとも左指に関節炎があり、毎朝お湯の中でグーパーと
手を握ったり開いたりして準備運動をしなければ使い物に
ならない手なので、指が曲がらなくても気にはしなかった。


ところが時間が経つにつれて痛みが出て来た 
猛烈に痛い!!
我慢できない程の痛みだ・・。

またもや呟いた。 なんだ? こりゃぁ??

どこかにぶつけたのか?
重い物を持って捻挫か?
どんなに考えても原因が判らない。

年末に集まったフリマ用品の運搬は、マムのしっぽさんに
お願いして家まで取りに来てもらった。


結局、大晦日を過ぎ、新年を過ぎ、1月中旬を過ぎるまで
左手が使えず車の運転が困難だった!!

そういう時に限って予定が満杯で、毎日出掛けるはめに 

病院が午前中で済む事もあれば、半日入院で夜の迎えが
必要な時もあり、痛い手で車の運転。
こういう時は指だけでなく腕まで痛くなってくる・・・。

1月中旬から下旬までの2週間ほどは、全く休みがなく
泣きべそをかきながら予定を消化した。


その後遺症!? 
左手を握ると中指と小指は半分しか曲がらないし、
薬指は伸びたまま~~

あらぁぁぁ~~左手麻痺か??? 

現在は痛みは残っているものの、車の運転も普通に
ハンドルが持てるようになり日常生活に支障は無くなった。

細かい事は右手でやればよいし、春になって暖かくなったら
治るかもねと、のんびり構えている。


ホッカイロを左手に乗せると、痛みが和らぐので
最近は金じいさんが残してくれたホッカイロをマムが
使っています。

moblog_4fc5c73e.jpg

神経痛や関節炎、老衰等からは逃れられない運命だが、
老犬達の為に、あと5~6年は左手が使えますように~~

暖かい春が待ち遠しいな   

いわたわんこの譲渡会終了

27日に、いわたわんこの譲渡会が開催されました。

ワンワンふぁみりーさんも参加し、来場者も大勢で
大変賑やかな譲渡会だったそうです。

その様子を、いわたわんこから転載しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


IMG_1694.jpg

IMG_1693.jpg

1月は室内での開催です。
屋外はなかなか寒いのでワンコ共々大変ありがたい。

11時前からお待ちいただいた方はみつお君希望者様。
早速みていただきました。

「あっ! 大きいんですね。」
ブログで見て柴位(10kg)の子を想像していたようでした。

多少大きくても性格がよければと思いますが、なかなか。
今回は、みつお君と小型犬7頭の参加。
大勢の来場者様に来ていただきました。

チワワのラックちゃん・りょうちゃんも皆さんに抱っこして
いただいたりとなかなかの人気者でした。

午後から番犬をとみつお君を見にきていただきましたが、
母屋と犬小屋とはだいぶん離れていて夜は一人(1匹)きりと
聞き、ワンコは人のそばが大好き。
寂しがりやのみつお君です。
今回はご縁がなかったようです。

写真はラウルママさんに撮っていただきました。
いつもありがとうございます。

アルト・ミントママ様 敷物お届けいただきました。
ありがとうございました。

2月の譲渡会は仕事の為お休みとさせていただきます。
ウッドライフホームさんのご好意で写真参加致します。

次回 『いわたわんこ譲渡会』は
3月10日(日)SBSマイホームセンター (袋井展示場)
よろしくお願いいたします。


いわたわんこより転載


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みつお君、なかなか赤い糸に巡り会えませんね。

今回は番犬希望の方が多かったようですが、マムは
番犬という飼い方には抵抗が有ります。


以前、ブログにも書きましたが、マムが当地へ転居して来て
犬を連れて散歩に出掛けたら「何でそんなに散歩に出るだよ?」
と尋ねられてえっと思った事が有りました。

「番犬を連れ出したら番犬にはならんだろう・・」と
言われたものです。
田舎だなぁ~と思いましたが、各地にこのような昔からの
考え方が未だに残っている場所が有るようです。


前に被災地でのニュースで、飼い主が言ってました。
「犬には家を守ってもらわにゃ~」

大きな地震で人間は避難所へ避難したが、犬はそのまま
繋いで置いて来たと言う。
その家は大きく傾き、今にも倒れそうで次に地震が起きたら
犬を巻き込んで倒壊しそうでした。

取材スタッフが「家が倒れかけで犬も危いですよ~」と
マイクを向けたら「仕方ないよ、番犬だもの」と答えていた。

これは極端な例だから放映したのでしょうが、番犬派は
大体似たような考え方をしてます。



みつお君の希望者さん、
広い畑に1匹だけをポツンと繋いで、自分たちは
遠く離れた場所にある家へ帰る。
多分、イノシシか猿の被害防止でしょう。

でも、みつお君のように人が大好きな犬には
耐えられない生活です。


犬と人間は同じとは思いません。

しかし、どうしても番犬には抵抗が有るのです  
希望者さん、ゴメンナサイ!!



以前に、雑種犬あさこの里親募集を出したら、
小型犬を室内で飼っているが、外で飼う番犬が欲しいとの
希望が有りました。

マムは怒り心頭でしたよ。 
雑種だから番犬なのか??

その時に、あさこはマムの手元に置くと決め、もう
里親探しはしない~とブログに書きましたので、
覚えていらっしゃる方があるかも・・。

その後、ジジママさん宅へ迎えられ「あさこちゃん」になった。
そんな経緯もあったので、番犬には拒否反応が有ります。

moblog_39199db3.jpg

浅羽町のゴミ集積場に繋がれて遺棄されていた あさこちゃん
今は、とっても幸せになりました。




改めて、みつお君を迎えて下さるご家族を募集。

性格がとっても良いので、家族の良きパートナーとして
愛情一杯のご家庭を希望。

180810_1.jpg af6103f522726ce553e98715a165c719_1 (1)

里親さんが決まるまでの 預かり宅 も募集中。


雑種というだけで、人と隔離された悲しい一生を
送らせたくはありません。
家族の一員として暮らせる楽しい一生にしてやりたい。


どうぞ、皆様のブログやSNSなどでも みつお君をPRして
下さるようお願い致します。

リリーさん 優ちゃん

リーママさんから、週に一度はリリーさん&優ちゃんの
写真が送られて来ます。



微笑ましい2匹。



カメラ片手に撮影したり、交互に撫でたりと
忙しい。



平等に撫でられて、ようやく納得した2匹。



今回は、珍しい~
優ちゃんが散歩に出かけるショット。



散歩嬉しいな!とでも言うようなポーズ。



戸が開くと嬉しそうに歩き出す。



引っ張らないでね!。



まだまだ元気な優ちゃん。
足元もしっかりしています。



いってらっしゃ~い 



リーママさん、寒い中の散歩、有り難うございます。

まめ やっぱり変・・

豆柴のまめ、どこか具合が悪いのだろうか?

何か変だな?と気になったので、受診して検査を受けたが
病理的に結果は異常ナシ。

良かった!と胸を撫で下ろしたのだが、毎日の様子を
見ていると、やっぱり何か変だ。

何となく、どことなく変・・・。
言葉に表現できないのだが、いつものまめとは違う。

moblog_61a817af.jpg

昼間は机の下を寝場所にしている、まめ。

この場所は彼女のお気に入りの場所。
周りが囲ってあり、薄暗い洞窟風でオオカミの寝ぐらそのもの。
壁を背にして防御態勢を取りながらで安心して寝られる。

ある日、マムがシャープペンを落としたら、
「きゃぁぁぁ~!!!」と悲鳴を上げて逃げ出した。

ほんの小さな音
コトンと音がしただけなのに、何と大袈裟な~と思った。
しかし、その日は、もう机の下には戻って来なかった。

お気に入りの寝場所を放棄するくらいだから、相当な
ショックだったのだ。
野生動物だと、命の危険を感じた時に巣穴を放棄するので
まめはコトンという音に危険を感じたのだろうか??


どこにいるのかな?と探したら、隣の部屋のベッドにいた。

moblog_34e8ed11.jpg

なんだか不機嫌そう、
カメラを向けたら、サッと立って行ってしまった。

moblog_d4607bb1.jpg

入れ替わりにナナが横になった。
元々、ここはナナの寝場所、まめのお気に入りの場所ではない。
多分、行き場が無くて臨時に座っていたのだろう。

moblog_05910ff8.jpg

その内、戻って来るさと思ったが、何時までたっても
姿を見せない。
心配になり探しに行ったら・・なんと暗闇に座っていた。

moblog_0af4190d.jpg

この真っ暗な中に。。。。

moblog_44fdd2de.jpg

ケータイのライトを点けて、ようやくこの程度。
一体どうしたのだろう!?

moblog_f13e4eea.jpg




翌日は朝から庭へ出てしまった。

moblog_09ca82ec.jpg

まぁ、日光浴に丁度いっか・・・。

moblog_eeb1f963.jpg

名前を呼ぶと、こちらをチラリと見るが動かない。

moblog_966d6da0.jpg

横を犬が通ったら起き上がった。

moblog_2eac8af9.jpg

そうだ、犬が嫌いだったのだ・・
どうするのかなと思って見ていたら、場所を変えて
再び座り込んでしまった。

moblog_9cd337fb.jpg
                まめ 

皆から離れて座る
決して誰かに寄りそう事はない。

それだけ心に受けた傷が大きいのだと思う。

迷い犬か遺棄かは不明だが、周りに人家が全く無いような
場所で何日も放浪している姿が目撃されていたので
多分遺棄されたと思う。
  

結論・・
まめは体の病気ではなくて、心の病気・・もしくは脳の病気
脳が委縮して、痴呆が始まったのかも知れない。

今まで平気だったものが怖かったり、嫌になったりと
性格が変わったのかと思われるような事だってある。

引き取って今年で10年目、
もうかなり高齢なので、何が起きても不思議はない。

病院へ行くより、まめの好きにさせて老後を見守って
やりたい。


年に一回、乳び胸の検診だけには行きます。
今年は2月初旬の予定。

まめのあしなが支援(募金)を募集中

乳び予防の為、低脂肪食を指示されていますので
まめには低脂肪(ローファット)食品&低脂肪オヤツを
ご支援下さい。

又は、募金 でご寄付下されば大変有り難いです。

らぴこさん、まめへのご支援ありがとうございます 

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント