FC2ブログ

夏と秋 最近の嬉しい事

猛暑で、日頃、元気な犬達もグッタリです。

moblog_b7c56856.jpg

暑さのせい!? すっごく変顔 せっかくの美人も台無し


その暑さのせいか・・
ビーグルの夏が食糞をしなくなった・・・??

異嗜の僻があり、食糞なんぞは当たり前?だったのに
この所、そのままの形で残っています。

暑さで食欲が減退したのでしょうか?
理由は判らないが、とにかく糞を食べないのは良い事。
誉めてオヤツを増やしました。


夏の異嗜は心の病気らしいのですが、もしかしたら少しずつ
マムの事を信じられるようになり、精神的に落ち着いて
来たのかも知れない。

とにかく、嬉しい事です   


moblog_33368ef1.jpg

敷物も破ったり食べたりしなくなった

moblog_a79ce19b.jpg

側へ行くと嬉しそうに、まとわり付いて来ます。
こんなに嬉しそうにしてくれるのは、沢山の犬達の中で
この2匹だけ

moblog_3b54679e.jpg

とても仲が良い 夏と秋

moblog_f136bb3c.jpg

最近、昼間はサークルの出入り戸を開けて、
他の犬達、全員と交流できるようにしてあるが、
ケンカは一切ナシ。

いずれ、全員一緒になって暮らせるといいな・・。



ただ、mix犬秋は他人の物を、全部咥えて来るので
油断が出来ない。
敷物、転がっているオモチャ、食べかけのオヤツ等
誰の所有物でもお構いなし・・。

マムの靴やサンダルなどは、直ぐに消えてしまうので
仕方なく履物は室内へ入れて隠してある。

何でも目に付いた物は、咥えて自分の小屋へ持って
くるので、このエリアは直ぐにゴミ屋敷のようになる。
それだけが要注意!!

moblog_21812f7e.jpg



8月に来たビーグルを夏と命名 7才くらい
9月に来たmix犬を秋と命名  5才くらい

あれから2年が経ち、現在は9才と7才くらい・・か??


どちらかと言うと、ビーグルの夏の方がお姉さん
mix犬秋は弟分・・のような関係。

夏が指示すると秋が悪い事をやって、叱られるのは
いつも秋・・。

でも、『 こらぁ~!!』と大きな声で叱ると
二人とも揃ってゴメンナサイの態度を見せる。

※ 叱る時は名前を呼ばない 『 こらぁ~!!』だけ

叱られると  小屋へ逃げ込む
moblog_ded419b8.jpg

夏は悪い事をして叱られた事が判っているようだ
すっごい頭の良いビーグル・・夏

小屋へ逃げ込んだ夏  ココは安心できる場所
moblog_7e3a771d.jpg

育つ時期に適切なしつけを受けられなかったのが
この2匹の不運。

犬のしつけ・・人間で言うと、教育を受ける機会を
与えられなかった事が本当に気の毒。

キチンと教育を受けさせてさえいたら、どんなにか
名犬になっていただろう~残念至極。


ビーグル犬の夏  mix犬の秋  

愛情一杯のご家族を募集中

新しいご家庭を探していますが、体格が大きいので
小型犬が流行の現在は、やや不利かな・・とも思っています。

でも、愛情を持って受け入れて下さる方がありましたら
お知らせ下さい。

性格は文句なしに良い犬。

散歩にちょっと苦労するかも・・なので、今からでも
しつけの勉強をして下さる方を希望。

慣れるまで根気が必要。
ビビリ犬は、普通の犬とは、ちょいと・・違うのです。
初対面の方は、多分、触れません。


moblog_7cf648b6.jpg

mix犬 秋 あしなが支援を募集中

フィラリア陽性なので通年で治療中
まだ、若いので細く長くでの支援を募集しています。

天寿まで7~8年の予定
想定外に10年くらい生きるかも~~
 


ご支援有り難うございます

横幕さん     しかたに動物病院から受け取りました
ココレオ母さん  
ルークママさん  

相次ぐ相談 

マムのケータイ番号がどうして判るの?と、不思議に
思うくらい相談電話が続きます。

全く知らない人から、サークルマムさんですか?と
電話が掛かって来る・・・。
相談の最後に「どなたに番号をお聞きになりましたか?」と
尋ねるのだが、知らない名前を言われる事が多い。

でも、いつもブログにも書きますが、運転中は絶対に
電話を取りません。
いちいち電話を受けて車を止めていたら、目的地への
到着が遅れてしまう。

帰宅してからなら、電話を受ける事が出来るので、
ゆっくりお話を聞きます。


その1
チワワ 3才 飼育放棄
家庭の事情で里親探しをしたい・・。

いわたわんこに、引き受けてもらえるかどうかの確認を取り
OKの返事をもらった。 いつも有り難うございます。

しかし、もう少し様子を見ると言う事で保留となった。
飼い主の努力は大事です。
その上で、どうしても無理なら、いつでも引き取ります。



その2
プードル 12才 夜中に狂ったように鳴き喚く。
このような場合はプロの目で見てもらうのが一番の解決法。

ぷらすわんの先生をご紹介し、電話で話してもらった。
しかし、先生に指導を継続してもらう費用が払えないと言う。

しつけの専門家に生活環境や飼い方を見てもらい、
アドバイスを受ける事で直る例もあるので、是非、
再考して欲しいものです。



その3
浜松市中区の動物病院からの紹介。
当院の患者さんですが、家庭の事情で犬を手放したい~
マムさんを紹介しても良いでしょうか?、との依頼。

大至急、いわたわんこへ連絡を取り、受け入れOKの
返事をもらいました。
いつも、いつも、さらに今回も、誠に有り難うございます。

病院の紹介でと連絡が有るはず・・。
本人からの連絡待ちです。
この案件が、一番の急ぎになるかも知れない。


サークルマムが、犬の引き受けを終了したからと言って
全部、いわたわんこに依頼するのは、ひどいじゃないか?
そのようなお叱りも頂戴しています。

本当に申し訳なく思っています。
いわたわんこ独自での活動もあり、そちらで犬を引き取っても
いるので、手一杯のはず・・。

確かに、厚かましい話、 反省しております 
マムも里親探し、その他の協力をして行きたいと
思っている所存です。
いわたわんこさん 誠に誠に 申し訳ありません。

皆様、どうぞ、ご理解をお願い致します。



こんな具合に、結構な数の相談が入る日々。

サークルマムは、引き取りを終了したので、その都度、
関係の方々にお願いして話を繋ぐのだが、費用負担の
話しになると、飼い主さんは躊躇してしまう事も多い。


犬は生き物ですから、生きて行く為の費用が必要になる。
まして問題を抱えていて、その解決を専門家に依頼する時には、
費用は必須。
病院受診も、美容院も、訓練だって、フードだって無料は
有り得ない。
でも、飼い主はそこが理解できないようだ。


飼い主が、自分で何とか出来るなら、自力解決がベストだ。
犬も飼い主と離れる事を望んではいない。
しかし、大抵は何ともならず、事態は悪化するが・・。



犬も猫も飼う時(買う時)は簡単ですが、
飼い続ける事は意外と難しい・・。

生き物なので、食べさせたり、排泄させたり、その他
諸々の世話や健康管理・行動管理等が必要となる。

それを面倒だと思う人は、飼育放棄したり遺棄したりする。
又は、ネグレクト状態で放置する。


ペットを迎え入れる時に、眼が合ったから衝動的に
買うなんて最低の行為。
子供の心に悪影響を与える事が判らない親が多すぎる。

良く考えましょう。
結婚する時みたいに~
子供を産む時みたいに真剣に~

家族が増えると言う事は・・・
世話をする時間が必要、世話をする手間も必要
愛情も必要、場所も必要、費用も必要、すべてが
必要になります。

それら必要な物を惜しんでは、新しい家族を
迎え入れられません。


動物を迎え入れる時には悩みましょう・・。
考えましょう・・。
家族全員で相談しましょう・・。

そして、飼い始めたら最後まで責任を持って飼いましょう。


9月20日から26日までは動物愛護週間です。
せめて、この期間だけでもお子さんと一緒に考えて
見て下さい。


日本は
安易にペットが売られ過ぎている・・。
安易に繁殖させられ過ぎている・・。
簡単に飼い始めて、簡単に手放され過ぎている・・。

もっと、厳しい法律が欲しい~~~~


動物愛護週間の参考画像子タヌキ蓮君

moblog_0fc164f4.jpg

凛ちゃん亡くなりました

チョビアル凜母さんから、悲しいお知らせです~

          

『凜ちゃん頑張って闘病してきましたが、ついに
 力尽きてしまいました。

 朝、5時に起きた時には息をしていませんでした。

 前夜12時前から発作を頻繁に起こして、その度
 舌を引っ張り出して、心臓マッサージをしました。
 1時半ごろまでは起きて身体をさすっていたのですが、
 肩で息をしているのを見ながら寝てしまいました。

 センターから引き出せたお陰で、凛ちゃんは
 生命拾いをしました。
 わが家に来て2年3ヶ月頑張って生き抜いてくれました。』

sp-036160000s1478867307.jpg

凜ちゃん、小さい体で良く頑張りました     


凜ちゃんへのお悔やみは「チョビアル母ちゃん奮闘記」の
コメント欄へお願いします

星になった凜ちゃん 

2018年8月28日 凜ちゃんが星になりました  

チョビアル凜母さんのブログに、凜ちゃんの具合が
悪いと載っていましたので、密かに覚悟をしていました。

最後まで手厚い看護をして下さり、チョビアル凜母さんには
感謝有るのみです。
本当に、本当に、有り難うございました  

凜ちゃん 安らかに・・  



センターから引き取っての様子は、ブログ
「チョビアル凜母ちゃん奮闘記」をご覧ください。


2016年5月29日 凜ちゃんを引き取った日のブログです


センターに気になる老犬がいます

今回は状態が悪そうな老犬
小型犬は たいていの場合は引き取り希望が入り 
マムの出番はないのですが 今回は最後まで
誰からも希望がなかったようです

ラッピーママと預かりボラ・チョビアル母さんが 
教育センターへ引き取りに行ってくれました

moblog_b01d0024.jpg

以下チョビアル母さんの報告

『チワワ? パピヨン? 体重は僅か1.75㌔
 右後ろ足は、アキレス腱断裂(随分前から)。
 手術できない。

moblog_7b250f70.jpg

 外耳炎
 皮膚は汚れによるものではないか?
 一応カビにも対応する殺菌性のシャンプーを出してもらい、
 小まめにシャンプーすることになりました。
 そして栄養をとれば、毛は生えてくるでしょう、とのこと。

moblog_ddaf154a.jpg

 歯が一本もないので、舌が外へ垂れ下がっている

moblog_ebf28385.jpg

 右眼は緑内障などの放置により、既に萎縮している。
 左眼も白内障、見えていない。
 ドライアイなので小まめな点眼が必要。

moblog_94c27a18.jpg

 乳腺腫瘍が2箇所。
 1.5センチくらいあり、触った感じがゴツゴツしていて、
 悪性の可能性が高い。
 年齢を考えて手術はしない方針 』



『いったい どんな飼い方をされていたのでしょう?

飼い主に愛情は無かったのか?
病院にかけるお金が無かったのか?
それとも無知だったのか?

でも どんな理由があったとしても このような酷い
状態になるまで放置する事は決して許される事ではない

アキレス腱断裂 ・・ 1.75㌔の小さな体で 
一人痛みを耐えたのでしょうか

もう 胸が張り裂けそうです 

目も見えず 歯もないので 日常生活には少し手を
かける必要があるかも
獣医さんのアドバイスを頂きながら この先 痛みのない
穏やかで静かな老後を送らせてやりたい』

チョビアル母さん、最期まで手を掛けて下さり
心より感謝申し上げます。

moblog_37f06649.jpg

ナガヨ 暖かい家族を募集中

里親さんを募集中のナガヨですが、9月2日の
いわたわんこ開催の譲渡会には参加しません。

と、言うのは・・・

先月、お腹の具合が悪く、軟便が続くので受診したら
『何とか菌が出ました』~との診断。(菌の名前・・失念)

暫く薬の服用を続けていてようやく治った~が
ホっとしたのも束の間、再び軟便が始まった。

譲渡会に参加して、周りに迷惑を掛けてはイケないので
今回は、お休みさせて頂きます。

ご希望がありましたら、マム事務局へお知らせ下さい。
又は、当日、ラウルママさんが会場にいます。


moblog_9deab6e0.jpg

考えて見れば、ナガヨも休む日が無いくらい超忙しい。
薬浴だけで疲れてしまうね。
隔日ですから、それはそれは本人も大変な負担のはず。

洗う方はチョビアル凜母さん・ジジママさん・マムと
3人体制で交替に洗ってますが、洗われるナガヨは
一人なので、ちょっと大変だろうな~と思うのです。


moblog_b18984cd.jpg

薬浴の後は、イビキを掻きながら死んだように眠る・・
きっと疲れているのだ、そう思って静かに寝かせます。

moblog_912c8a2f.jpg


でも、その甲斐あってかこの所、皮膚が落ち着いて来た。
体幹部は炎症が無くなり、手足部分だけの痒みに~。

フケも激減した。
半分以下・・いや、もっと減っていると思う。
当初、脂漏もフケも大量に出て床掃除にも苦労しました。

脂漏が床にべったりと広がり、まるで油をスプレーしたよう
そこへフケが一面に振りかけたように広がっているものだから
普通の掃除ではキレイにならない。
台所洗剤で、何度も何度も拭き掃除しました。


脂漏が減る事は有りませんが、フケが減ったのは
皮膚の状態が多少改善されて来た証拠だと思う。

チョビアル凜母さんとジジママさんのお蔭です。
この1年間、根気よく洗ってもらえて、感謝しています 

犬の世話は、協力者の皆様のお蔭で成り立っているのだな~
と強く感じます。 本当に有り難うございます。



でも、ここで気を緩めたらダメ!!
継続は力なりの通り、続けなければ意味が無い。

皮膚は生きている・・
当然だけれど、波があって良くなったり、悪化したりの
繰り返し~~~ 毎日、一喜一憂しています。


チョビアル凜母さん・ジジママさん
今後もナガヨの薬浴を、お願い致します 

moblog_4f256886.jpg


ナガヨを迎えて下さるご家庭を募集

シーズーのメス 
10才は越えたと思いますが まだ若々しい
体重6㎏ 
甘えん坊で人が大好き
トイレはシーツの上で出来ます

薬浴を根気よくやって下さる方希望


moblog_577a00e8.jpg

お試しのステイは いつでもOKです


ご支援有り難うございます

愛愛&僕ちゃん  種々の品を有り難うございます

中村さんから   雷蔵へとマナーベルト・トイレシーツを
         ご寄付頂きました。

千歩さん     オヤツに短いコメントを付けて送って
         下さるので励まされます。ありがとう!

wan peaceさん 豊川市からわざわざご来訪。
         プー&ポーを希望者にご紹介下さった方。

速効で修理 愛愛&僕ちゃんパパ

雷に驚き、外側フェンスを噛んで壊し
脱走を図った犬がいる~とブログに掲載した日の朝。

愛愛&僕ちゃんママからメールが 
『浜松市へ行く予定なので、修理に寄ります』

えっ!!
静岡市から浜松市へわざわざ修理に来る!?? 
度肝を抜かれました。

メールには簡単に書いてあり、「直ぐ近所だから行くわね~」
そんな感じに読めましたが、静岡市は浜松市から60㎞以上も
離れている。

もう驚きです 
メールが届いてから1時間ほどしたら、ご夫妻が到着 

ご主人様の手際のいいこと・・・・。
あっという間 
工具を広げて、片付けるまで 15分ほどで完成!!!!

感謝 感謝 感謝 言葉も有りません。
遠地をお越し下さいまして、本当に有り難うございました。




アルミの棒が1本曲がって抜けてしまっていたが・・

moblog_6d59934d.jpg

棒を真っ直ぐに伸ばし、元の位置へ・・

moblog_427e9d7d.jpg

ネジでキチンと留めてあります

moblog_0231a0f8.jpg

完成 どこから見ても元通り・・

moblog_c5982728.jpg
    留めてあるのは  ここ  良く見るとネジが見えます

moblog_4f9945cf.jpg

これで、安心できます。 暫くは、様子を見ますね。


天国の愛愛ちゃんからのプレゼントも沢山ご寄付頂き、
有り難うございました・・愛愛ちゃんは初盆です。

僕ちゃんも、暑い中を有り難う 

moblog_298da9f4.jpg



犯人も深く反省している模様・・・
頭を垂れて謝罪しています。

moblog_f237c587.jpg

愛愛&僕ちゃんパパ、
今度フェンスを壊したら、直ぐにSОSを発信するね 
だから、今回は多目に見て下さい。 by ラッキー

脱走未遂 雷のせい?

猛暑のせいか? 連日のように雷が鳴りましたね。
それも遠雷ではなく、頭の真上で もの凄い炸裂音・・。

花火を100発同時に打ち上げても、これほどの光と
振動にはならないと思われるほど。

雷や花火をとても怖がる犬が居ます。
怖がる犬は、家の中へ入れて落ち着かせるしかありません。



雷怖い№1 寅さん

寅さんは、それまで小屋に入っているのに、わざわざ
小屋から出て、雷の中、雨に打たれて震えています。

moblog_52a0ab3e.jpg

全身ずぶ濡れになり室内へ入れた

moblog_dc77384b.jpg

室内では必ずマナーベルトを付けます

moblog_b28c3fba.jpg

マーキングしまくりなので・・

           
       雷蔵が小さく見える
moblog_27206f8b.jpg

マムが側に付いていれば大人しい・・。



そんな中で、家の中も嫌だし、外も嫌という犬がいます。
一体どうすりゃいいの??


雷が終わり、雨も上がったので翌日は点検に追われます。


これなに・・????
何かの棒が途中で曲がってます・・・。

辺りを見回したら外塀のフェンスのアルミ棒が
1本抜けていた。

moblog_6cb6a71b.jpg

外壁のアルミサッシは、普通3~4㎝位の間隔で、
アルミ棒がはめ込んであります。

moblog_c8e43b01.jpg

1本抜けている・・
しかも埋め込んである場所の土台となる下面のアルミも
捲れあがって穴が開いている。

moblog_6d59934d.jpg

ココを突破されたら、外へ出てしまうので、一大事!!。

アルミ棒を元へ埋め込んで直そうとしたが、途中で
曲がっているので、指の力だけでは直らないよ   

ここだけ犬の頭が通れる  くらいの幅になっていた

moblog_e6ceeedd.jpg


止むを得ず、網目状のフェンス板を張り付けて応急処置・・。

何か工具がないと完全に修理をするのは無理だろう。
それにしても、犬の歯の力は凄い!!!


こんな馬鹿力・・誰だろう???

考えるまでもなく、この夏初めてマム宅で過ごす犬は
ラッキーしかいない・・・

今までには、このような事は一度も起きなかった、
ラッキーと断定するのもなんだが~~~

1・ この場所へ口が届く背の高さ
2・ 噛む力
3・ このエリアで暮らしている
4・ 雨の最中、この横の棚の下へ潜り込んで蹲っていた

etc、状況証拠が揃いすぎている・・。

名探偵コナンでなくても、ラッキーと判るよね。


雷怖い№2 ラッキー

moblog_f507c8ea.jpg

雨が上がってしまえば、もう怖いものは無い
手足を伸ばして伸び伸びと眠る。

まだ床も乾いていないのだけど、とにかく眠い~~
一晩中、豪雨と雷に悩まされて眠れなかったものね。

異常気象が続くので、犬も人も平穏な暮らしは出来ません。


日頃から逃走防止計り、万一逃走した時に備えて、
名札を付けたり、マイクロチップを入れたりしてある。

moblog_8531c358.jpg


体は大きいけれど、怖いものもあるんだねー。
なんだかラッキーが可愛く見えて来た~  


フィラリア陽性の為、通年で治療中
あしなが支援を募っています。


ラッキーを迎えて下さるご家庭を募集中

mixのオス 10才 体重20㎏
超甘えん坊で性格がとっても良い
存在感があり、犬を飼っているという充実感が味わえる

頭の良い犬なので、今から何かを教えても充分覚えるはず・・
根気と体力のある方を希望

moblog_921382fb.jpg

話しかけると、じっと目を見て返事をする

moblog_e8fc3ef7.jpg

普段は、ぐうたら寝て暮らす オッサンわんこ。



 ご支援有り難うございます

ハッピーママさん 雷蔵へのご支援、感謝致します
            ラッピーママから確かに受け取りました。

ほまれさん     フリマ用品受け取りました。
            有り難うございます。

千歩さん      いつもオヤツを有り難うございます。

サニーちゃん お大事に

サニーちゃんのお母さんから、心配なお便りを受け取りました。

『 先日、サニーが手術をしました。
  腫瘤です。
  検査の結果、腺癌(低悪性度)を伴う乳腺混合腫瘍
  だそうです。
  これからも同じ場所や他所に出来る可能性も有りで、
  よ~く  モニターしてあげないといけませんね。
  避妊も6才でしたし、リスクはアルト思っていましたが・・
  なるべく長く一緒に過ごせるといいな~と思います。』

 moblog_0ae13371 (1)

サニーちゃん、手術、頑張りましたね!!
とりあえずはホッとしたところでしょうか?。

しかし、同じ場所に出来る可能性も有り、油断は
出来ないとの事。
心配が絶えませんね。

低悪性度というのが、また、厄介な結果です。
定期的に検査を受けて、早期発見、早期治療しか
ありませんね。

頑張れ、サニーちゃん 皆で応援しています。
いつも、ご支援有り難うございます 

リリーさん 優ちゃん

やや涼しくなった気候のお蔭か・・持ち直したリリーさん。

高齢のワンコ宅から食欲出ましたよ~と、連絡が来るので、
とっても嬉しい~です。
どの子も頑張れ~~。

リリーさん、とってもキュ~トな顔 

あと4日ヶ月で18才なんて信じられませんね



























いい笑顔です



リーママさんから
『 ピルポケットは、まだ使えていません。
  今は匂いを嗅いで、良く噛んでいます。
  パクっと食べる様になってからの方が良いと思うので、
  時間がかかりそうです。 』

何でも良いので食べて欲しいから、ピルポケットでも
ガムでも食べられる物は大歓迎です。

頑張れ~~リリーさん 
優ちゃんも頑張ってね!!

リーママさん 
お世話大変ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

仔猫のジョーイ君

ラッピーママが保護し、犬の森ポムオーナー宅へ迎えられた
仔猫のジョーイ君。

180718-2.jpg

ブログに可愛い写真が載ってましたので、拝借しました。

ジョーイ君の詳細は・・・
ラッピーママのブログ「ラッピーハッピーライフ」 
又は、犬の森ポムさんのホームページ内のブログを
ご覧下さい。

180802-4.jpg


180802-5.jpg

とにかく仲良しの二人・・
悪い事も二人で相談しながらやっているような図が
浮かびます。

180822-9.jpg

皆さんのお手元にも、こういう二人組の微笑ましい写真が
ありましたら、是非、送って下さいね。 




猛暑の夏でも仔猫が産まれているようで、
結構、問い合わせが有ります。

仔猫を拾ったけれど、どうしたら良いの?

自分で保護して育て、譲渡会に参加するなどして
里親さんを見つける・・を説明します。
この基本原則以外には方法が無い。

しかし、引き取って欲しいという安易な依頼人が多い。

保護するからには、里親が決まるまでは責任を持つ 
この覚悟が必要なのですが・・。



中には、お宅へ連絡すれば引き取ってもらえると
聞いたのですが・・何てのもある。

動物愛護団体は(喜んで)引き取ってくれる・・
こんな都市伝説が流布しているようで残念だな。



捨てられている猫を見付けたら、どうか手を差し伸べて
やって下さいね。
私達は、その猫が幸せになれるよう協力が出来ます。
育児に必要なアドバイスも出来ます。
ノウハウも有ります。


但し、引き取りだけが出来ないのです。

犬と違って、繋いで保護する事は出来ない。
逃げ出さないように周りを囲って整備しなければ
猫の保護は出来ない。

簡単に考えている方、自分で一回試して見て下さい。



ご相談はいつでもOK。
ただし、運転中は電話に出ないので悪しからず・・。

仔猫に限らず、捨てられている動物には、一旦眼を止めて
保護が必要か?(法律上保護が無用な動物もいます)
どうかを判断して下さいね。

保護動物と野生動物では、対応が違います。

プー&ポー 4回目の受診 ついでにナガヨも

ステイ先が決まったプー&ポー。

今回は混合ワクチン接種の為、受診。
これが最終通院となるはず・・

先生も、2匹一緒に決まって良かったですね~と
喜んで下さったので、2度とこの病院へ再診する事の
無いよう、どうぞ決まりますようにと祈っています。

※ まだ正式決定した訳ではないので、ハラハラドキドキ!!


moblog_b28aba7b.jpg

ナガヨも受診したので、チョビアル凜母さんが
同行して下さった。
元気印の2匹と一緒だと、ナガヨが嫌がります。

第一、マムが、とっても大変なの 
プー&ポーは、元気過ぎるので制御できない・・ 

moblog_b8204b45.jpg

待合室でも診察室でも賑やかなプー&ポー

moblog_937c8cdd.jpg


まずナガヨから診察台へ~ワクチン接種と皮膚の診察。 
1ヶ月後に皮膚の再診予定。

ナガヨもセンターから引き取って、丸一年が過ぎました。

ナガヨ・・
この名前は、センターの方が付けてくれて、センターでは、
こう呼ばれていましたので、そのまま登録して帰りました。

捕獲された場所が、この名前の橋の直ぐ近所、
それで、この橋からとって「ナガヨ」と命名したらしい。

無論、ナガヨ橋という橋は有りません。
音と訓を読み替えて命名したようだ・・。

moblog_f701e80a.jpg



ポーの診察

moblog_7d52ee95.jpg

ワクチン接種、騒ぐ事もなく静かに受けられました。

moblog_1a43d58d.jpg

プーも、まな板の鯉
あっと言う間にワクチンを打たれてしまった。

moblog_f0bb01dc.jpg

※ ワクチンは、とても重要。
※ ワクチンを打たなかったばかりに、
   病気に感染した例も沢山あります。



減量の成果が出ています 

プー 9.3㎏   8.6㎏   8.2㎏
ポー 6.1㎏   5.8㎏   5.3㎏

9㎏台だったプーの方が厳しい減量になります。
頑張れ、プーさん 



moblog_0e89a08f.jpg

病院でお会いした桃花ちゃん。

あのんちゃんが12日に亡くなったと聞きました。
心より、お悔やみ申し上げます。

あのんちゃんのお悔やみ記事は、8月18日に掲載しました。

猫 見つかりました

2018年8月21日
猫、無事に見つかりました~の連絡がありました。

『 18日間の大冒険をして、ちょっと興奮していましたが
  ケガもなく無事に帰宅出来ました。
  引越しにも間に合いました。 』

本当に無事で良かったですね。 
引っ越し先でも充分ご注意ください。

ご協力下さいました皆様に感謝申し上げます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


遠地ですが、猫が行方不明になったとの連絡が
しずくるママさんから届いたので掲載します。

愛知県吉良町で行方不明に~
この猫に付いて何か情報をお持ちの方、是非、お知らせ下さい。

しずくるママさんの知り合いの方、
転居も控えているそうで気が気では有りません。
猫が潜んでいる居所が判明したら、直ぐ探しに出ます。

moblog_7f0682cf.jpg

moblog_7854a45f.jpg

しずくるママさんから~

『 知り合いの方が愛知県吉良町で
  猫が居なくなってしまい探してます

  2歳半の三毛猫とのことで、
  蚤取りの首輪だけしているそうです。

  保健所、警察に連絡してあります。』


愛知県吉良町の皆さま

どうかご近所を探して見て下さい。
姿を見かけたら、お知らせ下さい。

場所が分かれば飼い主さんが保護に行きます。


皆様からの情報提供をお待ちしています。

噛む犬

ある量販店内のペットショップが閉店する事になり
柴犬が1匹残されている・・、何とかならないか?との
相談が入りました。

近くの方に様子を見に行ってもらいました。
噛む犬だと言う・・・・
しかも、本気で噛むらしい・・。

眼がすわって、唇が震えている。
本気で噛む犬、病的に噛む犬の対処法は、とても
難しい 


仔犬の時に一度売れたのだが、噛むので返されて来た。
世話をしている人にも噛むので、他の誰も手が出せない。
再び売る事など不可能。 
結局、残ってしまい10年以上もそこで暮らした。

あと、数年、その場所でショップが営業していれば
そのまま静かに天へ帰れたはず・・・・。

しかし、突然の閉店。
犬の行き場所は無い・・噛む犬は引き取り手が無いのだ。

噛む犬は保管場所、キチンと管理出来る場所、あるいは
隔離する場所が必要となる。
一般の家庭へ預けるなどと言う事は不可能。
現在、咬傷事故は飼い主(管理者)側の責任が非常に
重く問われる。



実は登録も狂犬病注射も、腫瘍らしき物も出来ているが
病院へ連れて行けないので全く何もやってない。

10年以上もそのまま放置されていた・・
不憫と言うしかない・・。

買われて行った先で、虐待を受けていたのではないかと
世話している方が疑っていた。
人間の手を酷く怖がるそうです。

これは良く聞く話・・
犬が唸ったり噛んだりした時、飼い主は殴る蹴る事で
犬を制御しようとする。
その後は何かにつけて、殴る蹴るの虐待を繰り返す。
犬は唸り、噛み付く事で自分を守ろうとする。
この悪循環は飼い主に知識が無いから起きるのだ。


噛む犬には専門のリハビリトレーナーが必要となる。
そして、その前に、噛む原因を探る為に受診が必要なのだ。

脳に異常があるのか
精神的に異常があるのか
健康状態に異常があり、苦痛を感じて噛むのか
育てる上で、飼育方法、しつけに等に問題があったのか

受診して、肉体的にも健康的に異常が無い事を確認して
原因から排除しなければ、次へ進めない。

健康上、問題が無ければ、精神的に異常はないか、
心の病気ではないか・・。
飼育上の問題点はなかったか・・等、原因と考えられる
事を突き止めなければ矯正は出来ない。


噛む原因には様々な要因が絡まっているのがほとんどで、
これを矯正するには、専門的なプログラムの元で、
専門職に指導を仰ぎながら、直して行く行くしかない。

しかも、この専門職を依頼するとなると費用も高額になり
期間も掛かる。

この高齢柴犬には、スポンサーも無ければ、残された
余命時間も無い。
マムがもう5年若ければ、そして、お金があったなら
思い切って引き取るのだが・・・
残念だ・・・。



かなり前・・
『ペットの雑貨屋さんMOMO』へ勤めていた頃の話。

噛む犬の相談があった。
手に負えないので飼育放棄したい・・。

柴犬と共に来てもらい、犬の状態を見た。

脳や精神的に異常はなく、やや強い性格ではあったが
完全なアルファー症候群だった。
飼い主は、噛む犬は手放したい・・の一点張り。

こうなったのは飼い主の育て方に問題があったと
指摘しても、飼い主は自分に責任は無い、犬の性格が
悪いと言う。

まだ、1才にもならない若犬。
しつけ次第で直ると判断し、当時、しつけの先生をしていた
刑部さんが自宅へ引き取った。

かなり困難を極めたが、日々のリハビリトレーニングで
何とか触れるようになり、明るい未来も感じられた。


が・・・
飼い主から、子供が寂しがるから返して欲しいと言って来た。

当然、断りましたよ。
飼育放棄の書類にも記入し、納得して手放したのだ。


アルファにしたのは、飼い主ですから、再び飼い主の元へ
返したら、噛む事が強化されてしまう。

体の病気に例えれば、治療を開始して、やや改善しかけていた
途中で止めて返したら病状が悪化してしまう・・そんな状況だ。


しかし、当時、しつけを指導してもらっていた男性の先生から
返すよう言われ、刑部さんもマムも唖然とした。

多分、トラブルを恐れての事だったと思うが、その先生の
真意は判らない。

せっかく改善され始めたので、返したくない旨伝えて
反論したが、強い言葉で飼い主に返すよう言われた。

仕方なく飼い主に返した。
注意点を細かくメモして渡した。


2ヶ月後、やっぱり噛む犬とは暮らせない・・と、柴犬の
引き取り要請があった。

余りの身勝手さにこちらも怒り心頭!!!   

しかし、飼い主は、引き取ってもらえないなら保健所へ出す・・
平然とそう言い切った。

言葉もないくらい腹が立ちました。
そして、言葉もないくらい悲しかった。 

指導してくれていた先生にもその話を伝えましたが、返事は
一切なかった。


その晩、刑部さんと話し合いましたよ。

結局、刑部さんが 犬を見放せないので自分が引き取り
今後も矯正を続けて行く・・と決まり自宅へ連れ帰った。


それからの刑部さんが、もの凄かった・・・

噛む犬についての勉強会・しつけ教室など、東京や大阪などで
テリーライアン先生やJАHАの先生方に直接教えを受けたいと
どんなに遠くても柴犬と共に参加した。

軽四で高速道路に乗って出かける。
しかも前日の夕方から出掛け、車中泊。
当日のスケジュールを終えて、車中泊、翌日帰宅。
計3日掛かりで勉強会に出掛けていた。



本当は努力が実って成果が出た!!~と書きたい所だが
実は直らなかった。

飼い主から再び戻されて来たら、状態が前より悪くなっていた。

猛然と噛み付く。本気です。
もう異常としか思えない・・。

残念です。


しかし、刑部さんはそれでも見放さなかった。
それが、今、刑部さんのお宅に残っている最後のワンコ 
ランちゃん

マムも一度も触った事が有りません・・と言うか、
側へ寄ろうとすると、それ以上、寄って来ないで下さいと
止められる。


噛む犬は難しい・・
本当に難しい・・


役所も噛む犬だけは、譲渡しません。
ボランテイにでも引き取りは許可しません。

皮膚病があっても、疾病があっても引き取りは可能だが
『噛む犬だけは出しません』と断言されている。

噛む犬だけは、難しいのが現実です・・・・・・・。


    写真は  マム宅の保護犬 柴犬タロー
moblog_acbdf374.jpg

噛む事が ぐんと減って来ました。 

ペー助

前回の検診で、腎臓の悪化が見つかったペー助。

moblog_c7a3d19b.jpg


老犬が受診すると、必ず悪い所が見つかるので
フィラリアなど予防の為の血液検査を受ける時は、
ハラハラして結果を待ちます。

今回も、更に詳しい検査を受けることになり、半日検査入院。
結果、慢性膵炎が発見された(やはり・・

moblog_3d9a2635.jpg

moblog_4fe9d8d4.jpg

嘔吐、下痢、その他、何か気が付いた症状が無いか?と
聞かれたが・・・・
全くありません・・と答えた

本当に元気なのです。

食欲はある、大きな声で吠える、下痢なし、嘔吐なし
毎日元気はつらつで過ごしています
膵炎に該当する症状は見当たりません・・と答えた


『そうですね、半日預かって見てましたが、とっても元気で
 悪い所は無さそうに見えますが、実は・・』 と先生

『表面には表れていないが、体内に爆弾を抱えていると
 思って下さい。
 突然、急変する場合があり、死亡する例もあります・・』 


えっ!!~ 大変だぁ 
帰宅して調べたら、膵炎が重症の場合の生存率は50%


そう言えば、チョビアル凜母さん宅の凜ちゃんを
引き取った時、もう一匹のパピヨンを保健所から
引き取りました。

1ヶ月間に半分入院していた犬
そのパピちゃんも膵炎で急逝したのでした。

膵炎は外からは見えない恐ろしい病気。
ペー助も注意深く観察するよう指示が出ました  


飲み薬が処方され、いよいよ病犬の仲間入り
年齢的にも15才なので、気を付けねばならない。


ペー助のあしなが支援(募金)を募っています
細く長いご支援をお願い致します。



トホホホ・・・そんな犬ばかり

マム宅は後期高齢犬のオンパレード。
人間だったら医療費がもの凄い事になる

無論、犬だって凄いのだが・・・超赤字の連続です。


老犬と病犬に・・
皆様の暖かいご理解とご支援をお待ちしています。

病気は決して彼らのせいではありません。
不可抗力・・年をとったら誰でも病気になります。

飼い主と離された心の傷は治してやれなくても
せめて、体の苦痛だけは取ってやりたい~~。

ペー助が虹の橋を渡るのも、1~2年先に迫っている。
最後に苦痛を感じさせないように治療を受けさせ
穏やかに逝かせたいと思っている。


どうか、老犬・病犬達に暖かいご支援(募金)をお願い致します。



今回の病院は、雷蔵と一緒に 
雷蔵は血糖検査 

moblog_030784ed.jpg

病院へ行くと、途端に大人しくなる2匹
もう帰りたくて出口の方へ引っ張る

moblog_06a3428a.jpg


ペー助は性格の良い犬だが、騒がしい犬なので、
住宅街での飼育は無理。

老後を、のんびりと暮せたら良かったのにね・・
マム宅では沢山の犬との共同生活なので、のんびりとは
暮らせない。

吠えるのは要求。
今までは一人っ子なので直ぐに要求が満たされた。
マム宅では吠えても、なかなか要求は満たされない。
それで、いつまでも吠えている事になる。 
気の毒だ。


現在、マムは手の指・足腰が痛くて、散歩には不向きな体調。
なので、散歩も短時間で済ませてしまう。
ペー助も腎臓や膵臓が悪化しているから、まっいいか~
で終わらせてしまいます。

気の緒毒ですが、もう少しの間辛抱しましょうね。

moblog_8d9405b3.jpg

もう少しって~??
どちらか(ペー助かマム)が天国へ逝くまでです・・・・  


ペー助にも細くて長い あしなが支援を募っています。


moblog_2d9f3350.jpg

凜ちゃんの様子

老犬の凜ちゃんも頑張っています

チョビアル凜母さんのブログから~

『 和綿の花も咲き続けています。
  
  20180817223345039.jpg


  花が終わったら、こんな感じになって、早ければ来月にも
  綿ができ始めるかもしれません。

  2018081722334339a.jpg



  さて凛ちゃんですが、連日の暑さにも負けず頑張っていますが、

  最近、食事の時間が不規則になりがちです。

  20180817223342e72.jpg


  6時か7時頃起きて、おトイレを済ませるのですが、
  チョビアルのお散歩などをしている間にまた寝てしまう
  ことが多くて
  朝ご飯のタイミングを逃してしまうことが多くなりました。

  20180817223340884.jpg


  起きている時でも、ご飯を食べさせようとしても
  いつものように口を開けてくれないことがよくあります。

  朝はいまいち食欲がわかないのか…

  そんな時には、カロリーエースを飲んでもらって元気を
  出してもらいます。


  午前中は寝て過ごし、結局朝ご飯は10時頃になって
  しまうこともあります。

  お昼や夕方は、いつも通りに口を開けて
  一所懸命食べてくれるのですが。

  20180817223339dea.jpg

  20180817223336b8c.jpg

  だんだんと食事の量も減って行くのかなと思うと
  何だかため息が出てしまいます。

  後ろ足も弱ってきているようで、アキレス腱が
  断裂している方を下にして寝た場合には、
  思うように起き上がれず、散々もがいた後に
  鳴いて呼ぶことがあります。

  それが夜中の場合もあるので、最近は凛ちゃんの近くで
  寝るようにしています。

  2018081722333572b.jpg

  ブログ「チョビアル凜母ちゃん奮闘記」より転載




チョビアル凜母さん 介護お疲れ様です 

凜ちゃんのご飯記事・・
りゅうのすけも同じなので、お気持ち良く判ります。

moblog_ac04d976.jpg

朝、起きる時間がバラバラ~
そして、寝起きは食欲が湧かないのか、どんな美味しい
物を用意してもソッポを向く・・。

少し歩いたり、トイレをしたりと体を動かすと、ようやく
食べてくれる。

しかし、この時間が問題。
病院へ通院する犬がいると、大抵は診療開始の9時過ぎ予約で
10時とか11時頃に連れて行く事になり、りゅうのすけの
起きる時間やご飯の時間と重なってしまう。


食器を置いただけでは一人で食べられません。
手で食べさせなければならない。

さあ、どうする~~。

病院の予約時間を守らないと、相手がある事なので
迷惑を掛ける事になる。
いっそ、キャンセルすれば良いのでしょうが、そんな事で
キャンセルをしていたら病院へ行ける日が無くなってしまう。


気の毒ですが、りゅうのすけのご飯を犠牲にして
出掛ける。
口にジャーキーを1本押し込んで、ゴメンね~~~。

帰宅して真っ先にする事は、りゅうのすけのご飯。
時間はもう昼近い。


しかし、待ちくたびれて眠ってしまっていると、夕方まで
眼を覚まさない。
無理に起こしてもボーとしていて、食欲が無く殆ど食べない。

夜、遅くに目覚め、漸くご飯にありつく。

この時に食べてくれると嬉しいのだが、1日分のカロリーは
当然採れていない。 
薬も必要な回数を飲めないでいる。

絶体絶命です・・どうしよう・・・



何か方法はないか?と考えても見つからない~。
夕方の通院に切り替えるかな??

しかし、夕方から夜も超満員の、この病院、
仕事が終わってから病院へ来る人が多いらしく、夕方から
夜の方が混んでいる。
何回か夕方の予約にしてみたが、なかなか予約が取れず
取れても、診察が終わって帰宅するのは8時か9時過ぎ。

もうヘトヘト・・疲労困憊で帰宅する

第一、我が家には夕方だって夜だって、世話をする老犬が
沢山待っているので、通院時間の選定が中々難しいのが現状。


とにかく、この病院は空いている時間帯がないくらい
患者さんの多い病院。
ちなみに病院スタッフは院長を入れて20人を超す大病院。

完全予約制だが、1時間待ち 1時間半待ちなんて事も
ざらにある。


とにかく、介護をしていると通院との時間調整が難しい。


りゅうのすけの後に(介護が)続くのは、ナナ。
尿漏れ、歩きながらの排便なんてのは、もう慣れっこになった

左眼は、もう視力がなくなったので、物にぶつかる事が多く、
部屋の隅に積んであるトイレシーツ等が、引っくり返り
転がっている。

後ろ足が急激に老化し、歩行も危なっかしい・・
寝たきりは、もう目前。

体重が20㎏まで落ちたが、これでも抱き上げる時は大変だ
ナナの介護を考えると、頭が痛い ・・・・・・・・。



凜ちゃん、頑張ってね!!!
りゅうのすけも応援してるよ~~~~。
お互いに競争で食べようね!!!

moblog_c767cf01.jpg

若い頃のりゅうのすけ 
クリッとした瞳が印象的な可愛い柴犬でした。

いえ、まだ生きてますので、現在進行形の可愛い柴犬です 

ネグレクトの挙句、遺棄される犬達

今までの活動の中で、心身共にボロボロになった
悲惨な犬達を沢山保護して来ました。

今でもそのような状態の犬達が絶える事はありません。
ネグレクトや虐待の情報が入って来ます。


「なぜそんなポロボロの病犬・老犬を引き取るの?」と
良く聞かれます

役所の職員さんからもアドバイスを受けた事が有ります。
「健康な若い犬を引き取った方が、里親が見つかり
 やすいですよ」・・親切心からのアドバイスです。

有り難く御礼を言って、ボロボロの老犬を希望と伝えたら
不思議そうな顔をされたのが忘れられません。

一般には、不思議がられるでしょうね!?
皆さんからは変人・奇人に思われているようです・・。


でも、あなたが病気を患って苦しんでいる時に
家族や周りの人々が無関心だったら、あなたは
耐えられるでしょうか。

年を取って痛みや苦しみがあるのに、治療を受けさせて
もらえなかったら、あなたは平気で過ごせますか。


犬だって人と同じです。
痛みや痒み、苦痛があるのに飼い主は無関心
挙句の果て面倒な犬はいらない・・と捨ててしまう。

犬の心は、どんなにか悲しいでしょう。
どんなにか辛いでしょう。
大きな声で泣きたいはず。
助けて~~と思うはず・・。



学者は犬に人間と同じ思考法はないと言います。

しかし今まで、沢山の犬を保護して来て、同じ思考法は
無くても、犬には心がある事を実感しています。

悲しい時は鳴き、嬉しい時は飛び回ってはしゃぎます。
飼い主と離されたら悲しげに遠吠えもします。
腹が立てば怒って噛み付きます。


犬も人も同じ。
喜びも悲しみも表現できる 同じ心を持つ生き物。


老犬だから処分されて良いはずがない
病犬だから処分されて良いはずがない

心を傷付けてはイケない 
心を壊してはイケない

身も心もボロボロだからこそ、人間が手を差し伸べなくては
ならないのです。

マムはそう考えて今まで活動を続けて来ました。



この写真の犬達は今までに保護した犬のほんの一部です。
見て判る通り、超痩せこけて骨と皮、皮膚炎でボロボロ、

でも、治療し手を掛けると、今までの状態が嘘のように
回復する・・・驚きの回復劇を何度も見て来ました



くみさん

moblog_b0eb5336.jpg

保護した時は背中以外の毛が抜け落ちていた

NEC_0545.jpg

皮膚は黒化し、悪臭を放っていた

moblog_6f9f030c.jpg

薬浴を続け、薬の服用も続けて治療した結果
目覚ましい回復をした

moblog_8526ac92.jpg

肌がピンク色に戻ったのだ

moblog_f4215edc.jpg

間もなく全身の毛も生え揃い普通の犬になった

moblog_d5e52444.jpg




あつみ

200705301126000.jpg

このボロボロな身体で数ヶ月も放浪していたが
目撃者からの通報で、ようやく保護出来た

kokage.jpg

治療の結果、こんなにキレイな柴犬に変身!!
マム宅の女王様として君臨した




ぽん太

20090827083204.jpg

最初に見た時、タヌキかと思ったのでポン太と名付けた

20090825204340.jpg

迷い犬として、保健所に捕獲されていた老犬で
処分の日の朝、引き取って来た

20090921124848.jpg

治療の結果毛が生え揃い、普通の犬に戻った

moblog_0cf8c0a4.jpg

moblog_7cd4c846.jpg




ポチ
moblog_475da668.jpg

脱水が酷く、餓死寸前だった老犬

moblog_ca81482c.jpg

その施設では、水も食事も満足に与えられず、
痩せて骨と皮だけだった

moblog_ac43ac5b.jpg

引き取った日には、自力では立てなかった

moblog_0929cd9d.jpg

治療したら毛も生え揃い、キレイな身体になって
上手に歩けるようにもなった

moblog_cab4d91a.jpg

視力はあったので、こちらを見つめています
最期まで食欲もあって、しっかり生きた老犬

moblog_eebb94d6.jpg




長寿郎

20080909080233s.jpg

この状態で、センタへ―処分に入っていた
重苦しくて辛そうな表情

20081022041654.jpg

手術後、気のせいか楽になったような表情に見えた

20081022041655s.jpg

なかなか男前の犬でしたね

moblog_411960aa.jpg

腫瘍は手術さえ早目に受ければ、怖い病気ではない
手を掛けずに放置するから、どうしようもなくなって
捨てる事で解決を計ろうとする




なつちゃん

moblog_df1529c8.jpg

とても若いコーギーが保健所へ入っていて
期限が来ても飼い主は現れなかった
1~2才ではないかとの診断

moblog_0264306d.jpg

アカラスが重症化したらしい

moblog_e1515cbc.jpg

痒みで、さぞ苦しかった事だろう

moblog_19582be7.jpg

皮膚が柔らかく傷つきやすい・・

923ed75795e9e52cfd129d2bf24bb97f.jpg

根気に薬浴と薬の服用で治療

moblog_6ae43de1.jpg

預かって下さるご家庭があり、そのまま甘えて
お任せしてしまってます

moblog_d7a7106e.jpg

今では、毛が生え揃って、とても美しいコーギーに
生まれ変わりました




記憶に新しいケイタ君

moblog_364d855c.jpg

こんな酷い状態でセンターへ入っていました

moblog_d01f2e4e.jpg

皮膚は真っ赤、高熱を発し、人間ならとても
堪えられなかっただろう
犬は痛いとも苦しいとも言わずに黙って耐える

言葉をしゃべれない犬だから、こんな残酷な状況で
放置しても良いのか?
飼い主に良心は無いのか?

moblog_5505be22.jpg

今では、こんなに美しい犬に変身
ご家族の愛情を一身に受け幸せに暮らしています

STIL0004.jpg


ボロボロ、グチャグチャな犬を見かけたら、
どうぞ、助ける方法を考えてやって下さい。

ボロボロの犬達も、最初からそんなに酷い状態では
なかったはず・・。
きっとキレイな犬だったはず・・。

飼い主が手を掛けない為に変わり果てた姿に
なってしまったのです。


病犬だから殺されて良いはずがない
老犬だから殺されて良いはずがない

犬も人と同じ心を持っています。

もし、見かけたら、どうか救いの手を差し伸べて
やってください。


サークルマムは、このような病犬・老犬をメインに引き取って
介護・治療してきた為、大きな赤字を抱え、この赤字が
新たな活動の足かせとなり、犬引き取り終了の一因とも
なりました。


犬の引き取りを終了しても、赤字は現在も続いています。
皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

ご支援は 募金 を希望します。

すてっぷにゃむの譲渡会へ

久し振りに、すてっぷにゃむの譲渡会に顔を出しました。

犬ナシ、マムだけが参加です。
人間だけ参加しても、あまり意味は無いのですが・・。
それでも皆さんから声を掛けて頂き、嬉しかったです。


皆様から、沢山のご寄付を頂きました。
心より、感謝申し上げます   


 手作り品の売り上げ 3800円


 ご支援有り難うございます 譲渡会場へ

ナナちゃんママ(房子さん)
あみりなママさん
イヴ母さん
ゼリーままさん
エマちゃんママさん
アッシュちゃんママさん
ハヤト・かすみママさん
むぎ君の母さん
隆くんママさん
みやこちゃんの母さん

ももの母さん  マム宅へ



 ワンコも一緒にご来場

アッシュちゃん

moblog_ef89e365.jpg

moblog_0dcc390d.jpg

一時期、食欲も落ちて寝たきり状態でしたが
現在は食欲も出て来て、補助ナシでも立って
歩くまでに復活したそうです。

8月11日で19才になった アッシュちゃん
まだまだ頑張れ~~



 隆くんママもご来場。

妹さんが、ボランテイアで販売した売上金の一部を
届けて下さったのです。

moblog_1980e884.jpg

2760円確かに受け取りました。有り難うございました。

moblog_d8c5a682.jpg

妹さんのお名前をお聞きしていませんでした
是非、お知らせ下さいね。


隆くんママ宅のワンコご一同さま 

o0567037514200997398.jpg

プロのカメラマンに撮ってもらったとの事 さすが!!

詳しくはブログ「ぺぺんち日記」をご覧ください。
マムにリンク有り。


物品を届けたのに名前が漏れているよ~
こんな方は、マム事務局へお知らせ下さい。
お詫びして掲載致します~~。


・ イヴ母さん  ぜりーままさん 写真をお送り下さい

・ ありみなさん 古くからのご支援感謝致します
           犬猫さん達の写真下さ~い

優ちゃん診察&リリーさん飲み薬

一進一退のリリーさん。

週替わりというか、半月替りというか、短期間で
体調が良くなったり悪くなったり~~。

リーママさんには、大変なご苦労をおかけして
本当に申し訳なく思います。
もう少し、どうぞ、もう少しだけ、宜しくお願い致します。




とてもいい顔ですね



























リーママさんから~

『 優ちゃんの結果
  体重22.68㎏、皮膚の状態はぐんと良くなっており
  薬・診察共に終了です。
  優ちゃんの経過は順調だと思います。

  
  リリーさんの投薬は、その後悪戦苦闘しつつも、
  朝5粒、夕3粒を飲ませる事ができています。

  薬が効いてきて、皮膚炎は良くなってきました。

  しかし2~3日前から、お腹が床擦れと尿で真っ赤 

  玄関だとうまく立てないのが、良くなかったのだと思います。

  まだ庭でなら歩けるし、柔らかいので、今日は庭で
  寝かせてみます。

  食欲はあり、元気にしています  』




リリーさん・優ちゃんには、皆様から様々な物品を
ご寄付・ご支援頂き感謝申し上げます


リーママさんからも、皆様に御礼が届いています

「 皆様には、応援頂き本当に嬉しく思います。
  いつも気に掛けて助けて頂き、感謝しています。
  有り難うございます。 (^ー^)」



ほんの少し、涼しさを感じられるようにもなり
今からは老犬にとっても過ごし易くなります。

頑張っているリリーさんに、あと少し応援をお願い致します。

優ちゃんも頑張っています。

マルちゃんの里親さん募集中

マルチーズのご家族を募集中


マルチーズのマルちゃん、暖かいご家庭を求めています。
迷い犬としてセンターへ抑留されていました。


センターから、サークルマムが引き取ったのですが、
同じ時期に、プードルとマルチーズの2匹一緒の話が入り
こちらのマルちゃんを、いわたわんこへお願いしました。

現在は、いわたわんこが引き受けてくれています。

DCF00533.jpg

いわたわんこより~

『 マルチーズのマルちゃん 15日不妊手術終了しました。
  歯石も取ってもらいましたが、無事な歯は6本のみ。
  あとは抜けてしまいました 
  年齢は推測で8才位。』

  180810.jpg

大人しく、穏やかな性格のマルチーズ。オス。
検診も総て済
健康に異常は有りません。

ご希望がありましたら、いわたわんこ へお願いします。
又はマムの方から連絡も出来ます。

詳しくはブログ「いわたわんこ」をご覧下さい。


sp-051694800s1530861889-s.jpg

moblog_be4a2741.jpg

moblog_35c10da2.jpg

moblog_6f74aa5e.jpg
 
皆さまのブログ、SNSなどで拡散をお願い致します。
飼う為の約束事が有ります。

みゅ~さん17才の誕生日

みゅ~ママさんから うちの子記念日のお便り  

『 夏は迎えられないと思っていたのに、13日に17歳を
  迎えることが出来ました。

  全ての事で介助が必要ですが、お薬は飲んでいなく、
  缶詰食べ、後ろ足支えで歩いて、眠って…
  目は見えていてボケてないと思います。

  でも少しづつ弱ってきてはいます。
  お出掛けが大好きで活発だったので
  本人はもどかしいでしょう。

  言葉がわかれば…。
  少しでも期待に応えられるように、介護をもう少しの間
  させてもらいます  』

  moblog_96614386.jpg


みゅ~さんが頑張ってくれているので、とっても嬉しいです。

どの老犬も、この猛暑の中を頑張っているのを見ると
涙が出る程嬉しい!!!

立秋を過ぎたら、朝晩が涼しく感じられるようになりました
あと少し・・・

猛暑はぶり返すかも知れませんが、ここを乗り切ったら
秋も冬も楽勝ですよ 

老犬の皆さん、頑張って下さいね     


みゅ~さん 17才のお誕生日おめでとう。
紅葉を見に出掛けたら、写真を一杯撮って送ってね。
これでもか~と云う程、撮って残して下さい。

         

募金箱 コメダ珈琲湖西店様

ルークママさんが、コメダ珈琲湖西店様から募金箱を
回収して届けて下さいました。

moblog_18a048f5.jpg

今回は 19631円

募金下さいましたお客様、スタッフの皆さま
心より感謝申し上げます。

moblog_e6f0808b.jpg

コメダ珈琲湖西店様は 湖西市新居町にあります。
近くをお通りの節は、是非、お立ち寄り下さい。


ご支援有り難うございました

・ ルークママさん
・ 由香里さん

・ ちゃちゃまる&ゆずちゃんのママ 

  ピルポケット・・薬を詰め込んで美味しく飲ませるトリーツを
           頂きました。 リリーさんに試して見ますね。

  moblog_d769ebe6.jpg

・ 礼久&くまちゃんのママ 

  moblog_ce0ff363.jpg

  フリマ会場へ、用品等を届けにご来場下さいまして
  有り難うございました。

星になった あのんちゃん

2018年8月12日 あのんちゃんが星になりました  

170911-20.jpg

突然の事で、ただただ驚きです  
2週間ほど前、病院で会ったばかり・・。

亡くなった日も病院で受診の予約を入れていたので
病院へ向う車の中で息を引き取ったとの事。

心よりご冥福をお祈り致します 



2016年9月 新しいご家庭へ行って、間もなくの頃

moblog_a724b355.jpg

甘えん坊のワンコでした

moblog_e524ba88.jpg

いつも桃花ちゃんと一緒

moblog_3ff88543.jpg


あのんちゃん 安らかに~ 

先に逝った子達が沢山出迎えてくれますよ 

桃花ちゃん 一人っ子になっちゃったけど 頑張ってね~~

moblog_40bffe20.jpg

譲渡会報告

8月12日 にゃん友クラブさんの猫譲渡会に
いわたわんこの犬が参加させてもらいましたので、
その時に、サークルマムからも、プードルを参加させて
もらいました。

譲渡会には、ラウルママさんが連れて行ってくれるので
引き継ぎ地点まで、マムと一緒に出掛けます。

moblog_f06d572f.jpg

大人しく乗っていたのも束の間、まだなの~と
ぐずり始めた。
車に余り乗った事がなく、慣れないので不安だったかも。

moblog_795cf675.jpg

基本的には、陽気な性格のプーさん
誰とでも相性は合いそう・・

moblog_fc093e66.jpg

希望が現れますように~
決まりますように~ と祈りながら運転

moblog_e6166979.jpg

そして、中継地点で、ラウルママさんにバトンタッチ


ラウルママさんからの譲渡会報告

『 暑い日でしたが、スタートから切れ間なく
  来場者さんがあり、賑やかでした。
  犬達の体調を心配して、犬用にひと部屋用意して頂いた
  おかげで、エアコンの効いた涼しい会場で、
  犬も人間も快適に2時間過ごす事が出来ました。

  moblog_63268ef6.jpg

  プーちゃん、前半は初めての場所で緊張気味
  おまけに、いつも一緒のポーちゃんが居なかったせいか
  不安でソワソワ
  しばらくは落ち着かず、来場者さんにアピールする余裕はナシ 

  ずっと来場者さんに背を向けていたので、良い写真も
  撮れませんでした。

  本当は、人懐っこくて甘え上手で性格良い子なのに、
  上手く伝えられずに残念
  
  ご機嫌をなおしてもらおうと、気分転換に散歩に
  連れ出してみたところ、やっといい笑顔が見られました。
  上手にお散歩も出来ました。』

  moblog_f5ad945c.jpg


ラウルママさん 有り難うございました。

ポーちゃんと離れて一人っきりでお出掛けしたのは
初めてだったので不安でしたね。
暑い中、お疲れさんでした。

お盆なので希望者さんが来場するかどうか不安でしたが
まずまずのご来場があったとの事。

長い目で見て、根気よく探しましょうね。


ウッドライフホーム様 
エアコンの部屋をご用意下さり、心より感謝致します。


譲渡会の様子は、ブログ「いわたわんこ」
又は、にゃん友クラブのホームページをご覧ください。





半分ガッカリ でも仕方ないか・・と思ったのですが
何と!!その夜、素晴らしいご縁が舞い込みました。


            


プーとポー 2匹を一緒にというお話で   
夢かと思いました。

支援者の方からのご紹介で、こちらが胸に想い描いていた
通りのステキなご家庭。

早速、ステイに入る支度をしましょう 


正式決定 子猫あるある・・

7月に、ラウルママさんが保護した真っ黒な仔猫。

moblog_f8da39e8.jpg

ジジママ宅で預かって下さっていましたが、何と
ご自分の家族として迎え入れて下さる事に決定!!

moblog_3ba67db0.jpg

ジジママから~

『 スリスリゴロゴロするのでスリ五郎と呼んでいました。
  女の子ですけど~。
  正式に迎えるにあたり名前は「スリ」になりました。

  最初は譲渡会に参加しても希望が無ければ、
  うちの子になればいいよ~という気持ちでした。
  
  ですが、この子自身は、もうここが家だと思っている
  様子でしたので、譲渡会はラウルママさんが連れて行って
  くれる日の一回だけで、そこで決まらなかったら
  うちの子になる運命だと思う事にしました。

  しかし、ラウルママさんも我が家も、その日は用事が
  出来てしまい断念。
  もう、我が家の子になる運命なんだと確信しました。
  そんなわけで我が家で子猫を迎えることにしました。

  スリと引き合わせてくださったラウルママさんに感謝です。
  あさこの妹のスリをこれからどうぞよろしくお願いします。 』

 moblog_8cc25290.jpg

スリちゃん オメデトウ !!!!! 

こういう運命の決まり方って、あるんですよね。
仔猫あるあるです。

ジジママさんは、いままでにも沢山の仔猫を預かり、
自分でも保護した。
でも、赤い糸が繋がっていない時は、うちの子にはならない
ひょんな時に、ひょんな事で決まる。

これこそ、真っ赤な糸、
運命に導かれて預かり、家族として迎え入れた。

スリちゃん、本当に良かった。 オメデトウ   


黒猫は幸運をもたらす・・と言われています。

あさこちゃんにとっての幸運とは・・・
なにか美味しいものたらふく食べられるとか
嬉しいこと、楽しいこと、きっと有りますよ。

末永く、二人仲良く暮らして下さいね。
    

雷蔵が痩せて来た

雷蔵が痩せて来ました。

今まで、数値だけは悪化しても、体重は増えて行くし、
元気もあったので、糖尿病との関連を考える上で
少々困惑していましたが、いよいよ糖尿病の末期に突入か??


体側がげっそりと削げています。
痩せてゆくのは糖尿病が進行している証拠。
良く食べるのですが、こればかりはどうにもならぬ。

moblog_b4fc7933.jpg

2013年7月に引き取ったので、今年で丸5年目になった。
飼い主の手で、小型犬が大量に保健所へ持ち込まれた時の犬。

引き取った時の体重は7.85㎏
超肥満体で、豚に細い足が付いているかのような姿だった。

moblog_0e562580.jpg

現在は4.6㎏   3.2㎏の減量。

人間に置き換えると判り易い
78㎏の人が46㎏まで体重が減った
32㎏の減・・これは大きい。

この先、病気の進行と共に、まだまだ痩せてゆく可能性があり
心配になります。

糖尿病は合併症に気を付ければ、即、死亡には
結びつかないと聞いたが、なんだか、雷蔵も三途の川の
順番待ちの行列に並んでいるような気がしてならない・・。


椿ばあちゃんが逝き、栗子ばあさんが逝き、りゅうのすけが
順番を待っています。
さらには、ペー助までもが腎臓悪化・慢性膵炎と診断され
マムも心細くなって来ました。

moblog_c8f2dcb1.jpg


飲水量が多く、尿量も多いのでマナーベルトを付けているが
この暑さで腰や足の付け根あたりの皮膚がただれて来た。

本人も痒いらしく舐めている。
毎日、洗う事にしました。

ゴシゴシ洗うのではなく、お湯でオシッコを流すだけ~
所用時間は5分、さっと簡単に済ませます。

moblog_777ca36d.jpg

雷蔵にも頑張れ~と応援お願いします 



細く長~い あしなが支援を募集中

インスリン注射液
注射器   朝晩2本使用します
血糖検査費用
etc

雷蔵に募金でのご支援を募っています。

マナーベルトも希望
サイズは35~45cm 

トイレシーツも希望しています 60×90cm 45×60cm


昼間はマナーベルト 
夜はトイレシーツを敷き詰めたサークル内で眠る、
朝にはトイレシーツがグッショリン濡れています。


170816_064249_ed.jpg

ちなみに、雷蔵の尿量を計測して見ました。
マナーベルトを外し、計りに載せたら、243cc

体重4.6㎏の犬の一回の尿量
この数字、多いのか? 少ないのか? 
マムには見当もつきませんが、とても多いような気がする。

現状では、起きている間は30分に1回の交換が必要。
(1時間付けていると、脇から漏れてきます)

マナーベルトのご支援をお願い致します 

moblog_b1f1cb80.jpg




ご支援有り難うございます

・ ピ与彦母さん 
  毎月のご支援感謝致しております 

  手作りのササミジャキーの他、マナーベルトなど、
  消耗必需品を送って下さるので大変有り難いです。 


・ アルト・ミントママさん  お肉有り難うございました
               美味しいスープが出来ましたよ

・ あずきなだいごろうママ 様々な物品 感謝致します

・ 愛愛&僕ちゃんママ   大量に何個もの物品が届きました
              感謝申し上げます

こりきも頑張って過ごしています

推定年齢が17~18才くらいのこりき。
オスのイングリッシュセッターです。

moblog_cde6bb7f.jpg
  引き取った日  ハンサムでキレイな犬だった


若い頃はキレイな毛並みで、直ぐにも里親さんが
決まりそうな感じでしたが、赤い糸のご縁がないまま
マム宅で老後を迎えています。

moblog_cd5461cb.jpg

現在、消化器系の機能が低下し、食べても消化吸収が
うまく行かず、グングン痩せて行ってます。

来訪された方が、こりきを見て、『痩せてますねぇ~』と
心配される・・・。


でも、痩せているから太らせたいと、沢山食べさせると
直ぐに下痢状態になるので、体重に応じた量で調整するしか
ありません。

下痢状態なると栄養が摂れなくなると共に、水分も大量に
排泄され、脱水が起きるので心配になります。

獣医さんからは、絶対に下痢状態にはしないようにと
厳しく言われています。


排便を硬くすると共に、栄養補給も兼ねて、粉ミルクや
カルシュウム剤を飲ませたいと、募集を載せた事が
有りました。

moblog_26dfa614.jpg

直ぐにご寄付下さった方があり(ごめんなさい、お名前失念)
現在、こりきに使わせて頂いています。


ドッグミルクもご寄付頂きました・・3個も(MOMOさんから)

moblog_41822035.jpg

本当に有り難い事。
いずれの物品も高価な物ばかりで、感謝申し上げます。



お蔭様で、現在は軟便も収まり、毎日体調も良く元気で
過ごしています。

高齢になると元気はあっても、やはり体のあちこちが
悲鳴を上げていますね。

元気が取り柄のこりき、 幸い、夏でも食欲が落ちません。
このまま、最期まで元気なこりきで居られますように~



こりきに整腸剤 「マイトマックス」 を募ります

moblog_060d07da.jpg

現在、これを服用中なので、できたら・・同じものを希望。

お宅のワンコが飲まなくなったマイトマックスが
残っていましたら、ご寄付下さい。



なお、下痢止め「デアバスター錠」も募集中
これは下痢状態が直ぐに止まります。

moblog_0fe0b90d.jpg

引き続き、カルシュウム剤も募集中
皆様のご理解とご支援をお待ちしています。
 


朝散歩中のこりきと直虎

moblog_739f3b79.jpg

お誕生日おめでとう

アッシュちゃんのお母ちゃんから、うちの子記念日。

 moblog_cac7b75a.jpg


『 8月11日はアッシュのウチの子記念日で、
   お誕生日  でした。

  我が家に来て9年。 19歳になりました 

  前回メールで、ボケかも?というお知らせをしましたが、
  その時は2日くらいで普通になったんです。

  現在、10日くらい前から立てなくなり
  毎日点滴に通ったりしてます。 痴呆も、出て来ました。
  
  おかげで寝ているお写真しか撮れません。
  ご飯をなかなか食べてくれず苦労しております。 』

 moblog_56ddb272.jpg

アッシュちゃん お誕生日おめでとう  

19才 とってもとっても、ご長寿です。 
ママとお祝いをしなくちゃいけませんね。

途中からもらって頂いたワンコですが、
飼育放棄なのでお誕生日も判明していました。

猛暑だけど、もう少し頑張って欲しい~~。

皆様、アッシュちゃんにも、ガンバレ~の応援
お願いします  

そっくりさん

mix犬 ラッキーにそっくりな犬を発見!!。

純血種では、兄弟犬そっくりなのは珍しくはありませんが
mix犬で似ているというのは、非常に珍しい事。

ラッキーのそっくりさんを発見!!!



15才のゴンさん
体毛の色、体格、耳のたれ具合などそっくり・・



口の周りや、目の上が白くなっていて、ラッキーが15才に
なったら、きっとこんな風になるのだろうな・・ 
そんな感じに見えます。

2度目にお会いした時、もう立つのがやっと・・と
いう感じでした。
病院へ行く都度探すのですが、あれ以来会えていません。
元気なら良いのですが・・・ ゴンさん ガンバレ~



     ラッキー  顔の白毛が少ない
moblog_c34d484d.jpg

ゴンさんの方が、ちょっと、おとなのオトコ前
ラッキーは、まだ可愛い盛りのワンパク坊主。

     ラッキー  吻が長い
moblog_4daa26ee.jpg

でも少し、落ち着いて来たよ。
マムの言う事は、全て判る頭脳を持っているスーパー犬。

理解力があり、学習能力もある
若い時に出会っていたら、様々な訓練をしてやりたかった。

今では、じいさん犬と老婆 ちょいと遅いね。

木の葉型の目をしていて、あさこちゃんにも似ています。
あさこちゃんも、すっごく利口なワンコなの !!



mix犬ラッキーのご家族を募集中

あまりにも性格が良いので、新しいご家庭を求めます

甘えん坊で人が大好き
オテとオスワリが得意
毎日元気はつらつ
庭を飛ぶように走り回っています

体重20㎏
残念ながらフィラリアが陽性なので、通年での治療を要す

犬同士の相性や好みに拘りがあるようなので、ラッキーを
1匹だけで飼って頂けるご家庭を希望。

ご希望がありましたら、お知らせ下さい。

moblog_9ff4ebd6.jpg

涼しげ~夏のお便り

暦の上では、立秋を過ぎましたが、連日猛暑が
続いていますね。

こんな涼しげな絵葉書が、らぴこさんから届きました。

moblog_f7ada44f.jpg

眼を瞑ると、この風景が頭の中に浮かんできます。

『 暑さももう少し、頑張ろう~ 』 と眼を開けたら
実際の厚さの日常に引き戻されてしまった。


今年は何だか亡くなるワンコが多いような気がします。
猛暑のせいでしょうか?
それとも、単なる偶然でしょうか?


お盆の間、静かに過ごすつもりでいます    

ワンコさん にゃんこさん 帰っておいでぇ~ 

リリーさん

リーママさんから、ちょっと嬉しいお便り~

『 リリーさんは、食欲不振で心配していましたが、
  再び手作り食を食べ始めました 

  水分を口に付けても嫌がっていましたが
  甘くしたミルク、ヨーグルト、わんわんカロリーを
  シリンジで補給。

  しかし薬については、大好物だったチーズも
  嫌いになってしまい飲ませるのが難しくなって
  しまいました

  味わって、ちょびちょび食べるリリーさんの
  舌には苦い薬はと諦めかけていました。

  ところが昨日、喉の奥に薬を入れる事に初成功

  〔うん〕も付いて来ましたが(^一^; 少しでも
  飲ませられたらと思います。
 
  付いてるリリーさん、まだまだ頑張ります

moblog_eb0d2578.jpg



























リリーさん 凄いですね!!!
もうダメか~と思うと不死鳥のように甦るリリーさん
本当に凄いです。

喉の奥に薬を入れる方法を見つけたリーママさんも
凄い!!!!!!

リーママさんのお蔭です がんばれ、リリーさん  


どこのお宅の老犬も頑張っています。
負けるな!!
ガンバレ!! と
皆さんの応援をお願い致します。

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント