FC2ブログ

星になったモモちゃん

モモちゃんのママから~  

moblog_bef55768.jpg

『2010年3月23日にサークルマム様から迎えた
キャバリアのモモが、6月26日に天国に旅立って
しまいました。
19日頃から嘔吐を繰り返し、毎日のように病院に行き
点滴をしてもらっていましたが回復せずに
そのうちに 痙攣を繰り返すようになり見ていても
辛かったです。

もう楽にしてあげようとも思いましたが、
心臓に手を当てると力強く打ち続けてたので
私も最後まで見守っていました。

最後は大きく息をして静かに逝きました。

モモはうちに来た初日から私のお布団で寝る子でした。
トイレやお風呂に行くときも必ずついてきて待っていてくれたり
帰宅したときは必ず玄関までお迎えに来てくれました。
本当に愛おしい子でした。

また生まれ変わったらうちの子になってほしいと
心から思います。

モモを譲ってくださり本当にありがとうございました。
28日にも最後の1匹が急に体調を崩し逝ってしまい
我が家にワンコが20年ぶりにいなくなってしまいました。
皆お星様になってしまい寂しいですね。

これから体にこたえる暑さがやってきますので
どうぞお体ご自愛くださいませ 。』


モモちゃん、最期まで頑張りましたね。

大きく息をして、ママ、また会いましょうね~と手を振って
旅立ったと思います。

生まれかわっても、またうちの子に・・とても嬉しい言葉。
モモちゃん、幸せでしたね。

心よりご冥福をお祈り致します 


moblog_2806d6e1.jpg

譲渡して間もない頃のモモちゃん
ママはトレーニング教室にも、モモちゃんと通いました。
最後まで手を掛けて頂き、感謝の気持ちで一杯です。
有り難うございました。

星になった凪ちゃん・ルイちゃん

雷嵐さんから、悲しいお知らせが続けて~ 


我が家の介護中だった愛犬について、
6月5日、早朝に中型雑種の凪(12歳10ヶ月♂)が
亡くなりました。

moblog_ad9bde74.jpg

痴呆発症から1ヶ月が過ぎた頃で、りゅうのすけ君の夜間徘徊や
ビックリする場所・姿での寝相お察しします(-_-;)



また29日昼頃には、ボス犬だったラブラドールの
ルイ(16歳1ヶ月♀)も亡くなりました。

moblog_40f4347e.jpg

腎機能障害でしたが尿毒症にはならず、
昨夜まで食事は完食でした(^-^;


残る介護組は柴犬(15歳♂)とワイマラナー(13歳半♂)ですが、
こちらはまだ当分介護になりそうです。


スペースと世話の手は少し空きましたが、来月中旬に
急遽ワイマラナー(7歳♂)を引き取る事となりました。
預かりを再開するのはもう少し先になりそうですm(_ _)m

※このワイマラナーは、早々に里親募集をしたいと
  思いますので宜しくお願いします。


相次いで星になり、心よりお悔やみを申し上げます。

雷嵐さんも沢山の犬を引き取り、最期まで手を掛けて
お世話なさるので、本当に敬服いたします。

凪ちゃん・ルイちゃん どうぞ安らかに~ 

りゅうのすけ 痴呆進行

りゅうのすけ
先日、夜中に歩き廻っている姿を見掛けたが、
今回は倒れている姿を目撃。

moblog_9d4c553b.jpg

一瞬 ドキッとしました!! も・も・もしかして・・・

幸い息はしていた。 歩き廻って疲れ、
そのまま横になって眠ってしまったらしい。

moblog_b3f8d613.jpg

今まで、こんな事は一度も無かった。
どんな時でも、自分の小屋へ戻り眠っていた。
小屋が判らなくなったのか??

moblog_00af6720.jpg

横を歩いているのは椿ばあちゃん
ばあちゃんも痴呆が進み、真夜中に散歩を楽しんでいる

moblog_e8303b1b.jpg

しかし、これは困ったよ・・・

万一、雨が降ったら全身ずぶ濡れになってしまう。
老犬は体を濡らすと万病の元となる。

moblog_fe4260b9.jpg

夜中の見回りを増やさなければならない
現在は12時前後に1回見廻っているが、2回は必要だな。

正直言って、夜中に起きて見廻るのは辛いよ~
毎日だもの・・

でも、老犬を承知の上で引き取ったのだから仕方ないか。

moblog_03cfaec1.jpg



翌日の昼間 今度は頭が小屋からはみ出ていた。

moblog_3f94c8e6.jpg

又もやドキッ!!

moblog_ef8ae7f3.jpg

思わず走り寄りました

moblog_c858ff86.jpg

大丈夫 息をしています

moblog_8395e10e.jpg

今までなら撮影するとシャッター音で眼を覚ましたが・・

moblog_e48712e5.jpg

身体に触っても眼を覚ましません。

それだけ感覚が鈍くなったのか・・
夜中起きているので、昼間の眠りが深いのか・・


顔を見ていると泣けてきます。
いつの日か別れが来るのだけれども、それが意外と
近いのかも~~。

しかも、りゅうのすけ・栗子ばあさん・リリーさん
椿ばあちゃんと続くはず~~


でも、みんな頑張れ 
大勢の皆さんが応援してくれているよ

ガンバレ~ ガンバレ~ ガンバレ~ 

この夏を乗り切れるよう頑張ります   



今、食べられる内に美味しいもの募集

moblog_321ec08b.jpg

低脂肪の紗

170925_141258_ed.jpg

i/d 消化ケア シチュータイプ(指定療法食)

食器台

椿ばあちゃんの足元で使っている、段ボール製の
食器台。

moblog_8e5528ac.jpg

ご飯をこぼすと、汚れたりカビが生えたりするので
交換台を作って下さる方ありませんか?と記事に載せたら
アルト・ミントママさんがプラスチック製の台を送って
下さった。

moblog_5a61a79f.jpg

このプラスチックは汚れたら水洗いが可能。
市販品を利用した物で、穴あけなどご主人様の手作り。

moblog_81fdbd07.jpg

食器を入れて見ましょう

moblog_9db676f1.jpg

素晴らしい~~
ボールがすっぽり入りました

moblog_d45afee8.jpg

ナナと椿ばあちゃん用です。
年を取ったら、ご飯の時に足が開いてしまい、
上手く食べられません。
これで、安心して食べられます。

moblog_b0cb6972.jpg

アルト・ミントママさん 有り難うございました。
手作りして下さったパパさん、感謝致します。

椿ばあちゃん 一気に進行?

椿ばあちゃん、
老化が進んだのか?
病気のクッシング症の合併症が出たのか? 
最近、足元がふらつき、もつれます。

moblog_7174ad7c.jpg

以前は、足元のシーツもキレイなまま生活が出来た。

moblog_6f788fba.jpg

少し、撚れる事はあっても、問題は無かった。

moblog_e8707620.jpg

しかし、最近はトイレシーツが一ヶ所へ
集まる傾向にある。

moblog_c4273a29.jpg

もうトイレシーツの役割を果たさなくなった。

moblog_4b6671b7.jpg

足元のふらつきで、シーツが丸まり、
裏返しになる

moblog_8aa8bab8.jpg

床へ排泄し、踏み付けると大変な事になるので、
トイレシーツを並べた上に敷物を敷いた。

moblog_b474f5ab.jpg

ゴミの量が多くなるけれど、止むを得ない。

moblog_84bd03a3.jpg

ボーと座ってます。
今までは小屋へ入って眠っていたが、
小屋が判らなくなったのかも知れないね。

moblog_5b8dbc3f.jpg

老いは悲しい・・
老いは悲惨だ・・
でも、人間が手を掛ければ、悲惨からは抜け出せる。

最後のその日まで、清潔で気持ちよく過ごさせたい。
マムは極力外出を控え、老犬の世話に没頭します。

老犬の世話中は電話には出ません。
メールを入れて置いて下されば必ず返事致します。



トイレシーツ&敷物募集

トイレシーツ(60×90)を募集  各サイズでもOK

敷物も募っています
木綿敷布・タオルケット・バスタオル・キルトケット等

原則、使い捨てにしますが、汚れが少ない時には
洗濯して敷きます。

大量に必要なので、お知り合いにも声を掛けて下さい。


洗濯洗剤(粉末・液体問わず)も同時募集


クッシング症を発症したので、ご支援(募金)を求めています

現在は心臓の投薬もあるので、クッシング症と併せて
月一回の検査を受けています

検査&薬代のご支援を募集中
細く、長いご支援をお願い致します。

マルちゃん

マルちゃんママからのお便り~



『 実はここ最近マルが体調不良で、先日てんかんのような
  発作を起こしてから左脚が動かなくなってしまいました
  
  今は容体は安定して、動く脚で移動してご飯も食べています。
  マルも13歳…やはり年相応に色々出てくるんですね 』


マルちゃん、心配です。

13才と云えば高齢・・。
何があってもおかしくはないので、心配で心配で
本当に心配でたまりませんね 

どうぞ、お大事にお過ごし下さい。
マルちゃん、ガンバ!!


みんなで応援してますよ~~   


ご支援有り難うございます

サニーちゃんのママさん 渥美おばさん
マルちゃんママさん

栗子ばあさん

栗子ばあさん、食欲がなくて紗しか食べない上、
その紗の食べる量も段々減って来ている。

眠る時間も長くなり、24時間を超えて眠っている日も
珍しくはない。
1日半ほど眠って眼を覚ます。
現在は、夜鳴きもしない

これでは夏を越せないな~と悲しく思っていましたら
この数日、眼を覚ましている時間が長くなり
紗を食べる量も増えてきた!!。

持ち直した~~~~ 

moblog_ae1ec6d7.jpg



体調が少し良くなったように思えたので
チョビアル凜母さんに洗ってもらった。

糞尿を踏みつぶして、その上に眠るので、
とても臭いし、身体も汚れているはず・・。
昨年の秋、引きっ取った時に洗ったきりです。

天に昇る前!?の、最期のシャンプー

あまり臭いと天国の門が閉ざされてしまっても
困るからね・・・。


大変だったらしい~
凜ちゃんの具合が悪く入院した当日・・
それでも快く引き受けて下さったチョビアル凜母さんに感謝。

シャンプーは大活劇!! 栗子ばあさん大暴れ。
大声で泣き喚くので、お隣の奥様が心配して声を掛けて
下さったとか~。


シャンプーを終えて帰宅しても興奮が収まらず、
夕方少し眠ったが、その晩は一晩中鳴き続けていた。



翌日、午前中の日光浴。
庭へ出して、他の場所での作業を終え戻って見たら、
あららら~~砂利の上で眠っていた。

夜中、泣き続けていたので、昼間は眠い~。
敷き物がなくても、どこでも平気で寝転んでしまう。

moblog_d7d02794.jpg

せっかく洗ってもらったのに、また汚れてしまうよ。

moblog_07327512.jpg

抱っこして小屋へ戻し、紗で中間食タイム

moblog_b7e25511.jpg

食べやすいように半分に切って出す。
今は自分で食べる事が可能。

moblog_ae05b617.jpg

水やミルクは食器を持って飲ませる。

moblog_ac2f220f.jpg

食後は午睡タイム。
というか寝るのが仕事なので午睡とは言わない。



シャンプー後、驚きの事態が・・・

日々弱って来て、鳴く事さえ出来ない位に衰弱していたが
シャンプーで興奮したら、その後、興奮が続き、
盛んに動き、食べ物を出すと食べるようになった。

紗と、わんわんカロリーしか受け付けなかったのに
缶詰を食べるようになったのだ。
更に、ドッグフードにトッピングした物も食べるようになった 

これは嬉しい!!
シャンプーで興奮したら、脳が活性化したのか?
胃も腸も活性化してお腹が空くようになったのか?

理由は判らないが、とにかく食べる事はいいことだ!!!!


栗子ばあちゃんに、今までは紗だけを募っていましたが
缶詰類も募集致します

どうぞ、ご支援をお願い致します。


moblog_d0813375.jpg

moblog_e2a44250.jpg

170925_141258_ed.jpg

moblog_6fa93f33.jpg

食べてさえくれたら夏も越せそうです。
皆様のご支援をお願い致します。

星になったラム君

2018年6月22日 ラム君が星になりました  

享年16才 
とても長生きでしたね。
最後は寝たきりになったそうですが、大事にお世話して
いただき、天寿を全うしました。

心からラム君のご冥福をお祈り致します 


譲渡した日のラム君

CAK0I61N.jpg

ラム君は兄弟と一緒に保健所へ持ち込まれた子犬。
16年前は、まだ子犬もたくさん殺処分された時代でした。



4才の時のラム君

20060106082412.jpg

手入れが良いので、毛艶でピカピカに光ってます。

愛情を一杯掛けてもらえた事が、その表情からも判ります。
大人になっても可愛らしい顔立ちのワンコでした。

ラム君安らかに 

正式譲渡

先週の譲渡会でステイに行った2匹の仔猫
正式に決まった!!と、ラッピーママのブロブに
載っていたので嬉しくて転載しました。


『 ちびちび君達1週間のトライアルが修了して、
  正式譲渡です

 180620-1.jpg

 ステキな3段ケージも買ってもらって良かったね~

 お名前は、白黒君は「トム」 茶白君は「ジェリー」
 ♪トムとジェリー♪仲良くケンカしな♪だね((^∀^*))

 180620-2.jpg

 180620-3.jpg

 おばあちゃんが言ってた
 元気よく部屋中走り回っていて、見ていて飽きないって
 ず~っと見ていたくなっちゃうんだって(笑)
 わかるな~

 180620-4.jpg

 白黒君、ちょっと髪型変わってきたじょ(笑)



 体重が100gもなかったちびちび君

 180620-6.jpg

 ダンボール箱の中から助けてくれて、ありがとう♪

 180620-8.jpg

 すくすく育ってくれてありがとう♪

 180620-7.jpg

 兄弟一緒に希望してくれて、ありがとう♪

 乳母は、いっぱいありがとうが言いたくなる気分だよ

 愛情いっぱいもらって、幸せに暮らしてね 』

 ラッピーハッピーライフより転載


兄弟そろって迎えて頂けるのは、願ってもない幸運
トムとジェリー 幸せになって下さいね。

発見してくれた学生さん
育ててくれたラッピーママ

有り難うございました。

ご家族の皆さま、末永く宜しくお願い致します。



次回譲渡会は、7月8日(第2日曜日)
10時~12時

ドッグラン犬の森ポム カフェサイドBさんにて
手作り品販売も同時開催します

可愛い仔猫・若猫も沢山参加
ご家族お揃いでご来場下さいね

星になった彩ちゃん

ナナの腫瘍説明時、ビーグルの彩ちゃんも入院していると
掲載しましたが、残念ながら翌日、2018年6月21日
虹の橋を渡ってしまいました。
心よりご冥福をお祈り致します。

moblog_432954eb.jpg

ママから~

『 彩が21日、虹の橋を渡りました  

  もうすぐ我が家に来て10年になるのに残念です。

  底抜けに明るく、人なつこい性格で誰からも可愛がられました。

  彩をレスキューしてくれたラッピーママ、
  家に来るまで預かって下さったさくらママ、
  そしてマムさん、本当にありがとうございました。 』

moblog_5c493313.jpg

彩ちゃん、最期まで良く頑張りましたね。
心よりご冥福をお祈り致します。

本当に明るい性格で甘えん坊で、とってもキュートな
ビーグルでした。


2008年6月18日、ラッピーママが所用でセンターへ
出掛けた時、頭にマーカーしてあるビーグルを見付け
「このビーグルどうしたのですか?」と尋ねた。

「動物実験に回されるんだよ・・・」

ラッピーママは直ぐに引き取りの交渉を開始。
なかなか良い返事をもらえなかったが、粘ってとうとう
承諾をもらい、連れて帰ったのです。

センターの犬は、ちょっとした運命に左右されます。

ラッピーママが別の日にセンターへ行ったら会えなかったし
時間が違っていても会えなかった。

まさに出会うべくして会った犬、運命が引き合わせた犬でした。


今のパパママに迎えられ、不幸な半生を取り戻し
とっても幸せな後半生を送りました。

病気を発症した事は不幸ではありましたが、
最後まで手を尽くしてもらい、きっと、パパママ有り難う
と手を振って虹の橋を渡った事と思います。

彩ちゃん 安らかに~ 

moblog_76e33646.jpg

彩ちゃんの経過は、2008年6月を遡って検索して下さい
ラッピーママのブログ「ラッピーハッピーライフ」も
併せてご覧下さい~。

ナナ 残念な検査結果

腫瘍が垂れ下がり、日々大きくなって行くので
手術を受ける決意をした老犬ナナ。

moblog_a2885d43.jpg

事前にパンチ生検(サンプルを取る)で、外部へ検査に
出し、悪性の有無を確認してから切除手術を行う。
外部での検査結果が気になるところ・・・・・。




低気圧が日本列島を通過、土砂降りの雨で敷物は
ずぶ濡れ・・・。
翌日は晴天になり洗濯物が山のよう。

その(忙しい)最中に、動物病院から電話があった。

「ナナちゃんの手術の事でお話しが有ります。
 来院頂けませんか?」

アッと思った
動物病院がこの言い方で電話をして来る時は悪い時だ!!

最終、7時の予約で病院へ・・・
検査報告書を見ながら先生が一言

「残念ですが悪性でした。
 しかも再発の可能性が高い 軟部組織肉腫です。」

・・・・・言葉が出てこない・・・・・

「○○肉腫と付くと、これは悪性と言う意味です」

・・・・・肉腫=悪性・・・・・

「局所再発率は7%から34%くらい
 一つ幸いな事には、転移しないタイプの肉腫です」

返事ができない。

(実はこの時、頭の中で半年前の風景が蘇っていた
 先生から検査しますかと聞かれ、いえ不要ですと
 答えた。
 もう高齢だし、あの世へ持って行ってもらいます
 なんて笑いながら答え、検査を断ったのだ。
 あの時検査を受けていれば、早期発見出来たのに

先生の説明が終わり、頭の中で肉腫と悪性の単語が
グルグル回っていた。
手術を宜しくお願いします・・と、ひとこと答えて診察室を
後にした。



運の悪い犬は どこまでも運が悪い 

保健所から引き取って生還出来たぁ~!!と喜んだが
ナナは病気に好かれて病院と縁が切れなかった。

この高齢になって、再発の可能性のある肉腫とは~~。
(肉腫とガンの違いは検索して下さいね)


切除するしかない  
今はとにかく一刻も早く切り取って、増殖を抑えるしかない。

もっとも、組織の中へ肉腫の細胞が食い込んでいるので
完全に取り去る事は出来ない。
だから再発するのだ・・・。


これもマムの責任。
早期に手術を受けていれば、組織に食い込む肉腫の
細胞も少なかったはず・・。 

マムが悪い、 ごめんナナ



28日に手術入院。 
年齢と肉腫である事を考慮して、術後の入院は
少し長めになる予定。

20171215-サークルマムナナ


ナナに手術費用のご支援(募金)を募っています



その病院で、彩ちゃんのパパとママにお会いした。
時間は7時を大幅に過ぎ、8時に近い。

どうかしたのですか?
「彩が入院しているの・・どうも具合がよくないの」

先生からの説明があるとの事で、パパママは別室へ。
マムはそこで帰宅しましたが、彩ちゃんも心配です。

追っかけるように、彩ちゃんママからメールが・・
「酸素室に入っているので少しは楽なようです」

moblog_76e33646.jpg

彩ちゃん、頑張れ~~。
彩ちゃんの詳しい病状については改めて掲載します。



偶然ですが、彩ちゃんもナナも同じ動管センターに
抑留されていた犬。
彩ちゃんは2008年に、ナナは2009年に引き取った。

同じ病院に並んで入院  お互いに頑張れ~~

募金箱 有り難う

そのⅠ 天はまさん

三方原の天はまさんに置かせて頂いている募金箱
ラッピーママが回収して来てくれました。

募金額 7505円 皆様有り難うございました

moblog_67076ad2.jpg

現在の店舗は11月まで休業し、新しくなったら
息子さんが新規開店されるそうです。

moblog_bf0ffaa2.jpg

場所は三方原 環状線沿い モスバガーの近く
ネットで検索すると直ぐに判ります

static.png

新規開店されたら、皆様も是非、お出掛けになって
見て下さい。


募金下さいましたお客様、有り難うございました。




そのⅡ ウイルペットクリニック様

中区蜆塚のウイルペットクリニックさんも、募金箱が
一杯になりましたよ~とお電話下さいました。

募金額 4347円 皆様有り難うございました

moblog_f86649d6.jpg

こちらの病院は mix犬ななちゃんが通院している病院。
トリミングが済んだら記念撮影

o0480064014069600223.jpg

病院の皆さま いつもご協力有り難うございます

募金下さいました飼い主の皆さま
有り難うございました。



ご支援有り難うございます

ショパンねーねさん
田中さん
アルト・ミントママさん

ラッキー

ラッキー 相変わらず遠慮勝ちに座っている
(態度だけで心からの服従ではない・・相手は直虎)

moblog_54e7974d.jpg

視線を外へやったり、伏し目にしたりと落ち着かない。
マムの側にはくっついていたいらしく、マムが動くと
後を追って来る

moblog_906d499b.jpg

マム、おいらはここで待つから
早く用を済ませて来てね~~。

moblog_a4b0708b.jpg

マムの後ろで直虎が唸ったら、ラッキーは、
視線を外してしまった

moblog_9cc3658a.jpg

ラッキーと直虎、年齢も同じくらいでライバル?
今後も要注意で見守って行くしかない。

縄張りが隣接しているので、野生の動物と同じく
トラブルが発生する率が高い。

ちなみにカナダ等の野生オオカミの死亡率は50%。
縄張りをめぐって争い、同じオオカミに殺されるのが
原因なのだそうです。

ラッキーと直虎も、野生のオオカミになりませんように。



今までの暮らしの中では、何もやってもらえなかったと
思われるラッキー。
先日、初シャンプーに行って来ました。

プロに洗ってもらって、どんな反応を見せるか?
ラッキーの性格診断です。

大人しく洗えるなら、今後はジジママさんやチョビアル凜母さんに
お願いしたいし、暴れて大変ならプロにお願いするしかない。

DSC01255_1.jpg

この情けない顔、
いかにも「おいら我慢してるよ!」と言う表情。

暴れることなく、とってもいい子で洗えたとの事。
性格の良い犬で本当に良かったよ。

20180515-サークルマムラッキー

フィラリア陽性以外には、悪い所は全くナシ。
皮膚も内臓も健康との診断。

ついでに・・・頭も悪くないと思われる。

食べる事にも文句を言わないし、伏せて待てるし、こちらが
言う言葉は全て理解できるかのよう・・。

どこにも悪い所がないというのは、いい事だ 

こんな性格の良い子を残して亡くなったお父さんは、
さぞ無念だったでしょうね。

今は、マムがお父さんだよ。


フィラリア通年治療の為、あしなが支援(募金)を募っています。



性格が良いので、ダメ元で新しいご家族を
探します

お子さんでも直ぐに触れます。
先住犬がいなければ問題は起きません。

mixのオス 体重 18㎏ 去勢手術済
検診・予防など総て済 健康です


ご希望がありましたら、お知らせ下さい。

※ 雑種なので番犬に丁度いい~は、ご遠慮下さい。
  ラッキーを理解できる暖かいご家庭を希望しています。

変な電話器

マム宅の固定電話は、変な電話・・。

何が変かと言うと~
通じるのは雨の日だけ・・・・。

晴れていると通じない。
変でしょ??。

雨の日、受話器を持ち上げると、ツーと音が聞こえる。

ツーという音は、まるで電話機がご機嫌よく
挨拶しているようだ。
だから、雨の日は嬉しい・・。
固定電話が使えるので・・(固定の方が電話料金が安いもの)。


電話局にも、ガス会社にも、調べに来てもらいましたが
電話機が悪いとか、ガスもれ探知システムが悪いとか
お金の掛かる結論になったので、ガスもれ探知システムは
解約し、電話は通じないままにして放ってある。

固定電話が使えなくても、ケータイやパソコンが有るので、
生活に支障はありません。


ただ、ケータイで相談が会った時、お宅の固定電話へ
掛け直しても良いですか?と言われると困る。

では、雨の日に掛け直して下さい・・と言ったら
「はぁ~?」と不思議そうな声だった。



電話機の不具合
雨の日には使えるので、固定電話機を買い替える気はない。

長電話をしたい時には、雨の日にすれば良いし、
普段はパソコンを使う為の電話回線だと思えば良い。
それで充分。このままの状態を継続します。


もっとも、そのパソコンにもオンラインが繋がらない日がある
電源を入れても、ネットが繋がっていないとブログは書けない。

そういう時は電源切って繋がるまで放置。
1日でダメなら、2日でも3日でも放って置く。

パソコンがダメならケータイでブログを書く事も出来るし
それもダメならスタッフさんに記事を書いてもらえばよい。

スピードが命のネット社会で、マム宅はゆっくりとした
昔風の不思議な感覚が漂っています。
マムの年齢には、これくらいゆっくりとしている方が
暮らしやすい・・。



固定電話が通じないと、一つだけ良い事がある。
詐欺っぽい電話が掛かってこない~。
通じないのだから当然だが、これはとても生活しやすい。

文明の利器はあった方が便利だが、使わなくても生活が
可能なら、そちらを選びたい。

電話機も変・・なら、マムも相当変かな  

悲惨なフィラリア末期

マーチ君の記事 №1


支援者の方から、フィラリア症の犬について
メールが届きました。

飼育放棄で引き取ったコーギーが、体調悪化との事。
・ 生れ付き心臓に穴が開いている
・ フィラリア強陽性

たまに咳も出ているようですから、もうフィラリア症末期に
近いかも知れません。

現在は、肺炎・腎不全も発症し、食欲もなく心配な状況。
最期まで頑張って介護しておられるとの事、
心から感謝致します。



コーギーの履歴

『 今年11歳になるオスのコーギーがいます。
  この子は4年前、前の飼い主に飼育放棄され、
  とうとう保健所に…となった時、私の父が引き取って
  来た子です。

  病院を受診したら、生まれつき心臓に穴が開いている
  加えてフィラリア強陽性の子でした。

  肺炎・腎不全とも診断され、毎日通院し少しずつ
  良くなって来ていると思ったらまた悪くなり、
  病院へ行く前に家の庭で倒れてしまい緊急入院。

  今度は、肺炎は良くなってきているが、心臓に
  確認出来るだけで二匹のフィラリアがまだいる。
  フィラリアのせいで肺がタバコを吸う人みたいに
  堅くなってくるから、そのせいで息がしづらくなって
  いるのでは…とのことでした。 

  先生から酸素ハウスも考えて置くよう説明がありました。


  前の飼い主は、犬小屋さえ与えず、雨が降れば濡れっぱなし、
  日が照れば照らされっぱなしの環境だったらしく、
  我が家へ来てからはもちろん犬小屋はありましたが、
  それまでの影響か、小屋へ入った所をほとんど見た
  ことがありません。

  前の飼い主一家に、新しく建てた家には連れて行きたく
  ないからと、元の家の敷地に繋いで置きざりにされて、
  その家のおばあさんが、ご飯をあげなどに通って来て
  いたらしいのですが、
  雨風すら凌げない・・
  飲み水にはボウフラがわいている・・
  繋留ひもは繋いである鉄鋼にグルグル巻きになって
  しまっていて身動きがとれないという環境・・。

  それを父が見つけ、みるに見かねて世話に通うようになり
  結局我が家へ…となりました。

  コーギーを一番可愛がっているのは父、
  そのコーギーが一番好きなのも父です。
  最期まであきらめずに介護をしたいと思います。』



本当に悲しい状況ですね。
お便りを読みながら涙がポタポタと落ちました。


生れ付き心臓に穴が開いているのなら、手術や治療が
必要なのに、そんな事はお構いなしに販売された・・。

コーギーという純血ブランドである為、金儲けの道具でしか
ありません。


しかも、残酷な飼い主によりフィラリア症を罹患、
発症しても病院へは掛けてもらえなかった。

ただでさえ苦しい心臓に、追い打ちの苦しみ・・。



支援者のお父さんに巡り会って引き取られ、
肉体的には苦しく辛い毎日でしたが、大好きなお父さんと
一緒と言う事で、今は心が満たされていると思います。


フィラリア症で、様々な症状が出て来たら、正直言って
もう打つ手は有りません。
苦しまないよう緩和ケアの治療を施して、痛みや苦しみを
感じさせないようにしてあげるのも一つの選択肢。

現在は、緩和ケアも進歩していて、薬を使い分けて
治療するので安心して受けられます。


コーギー君、頑張れ~~ 
大好きなお父さん、お姉さんが見守っているよ。




マムも今までに、フィラリア症の犬を沢山引き取りました。

末期の犬はどの子も辛そうで、側で見ているこちらの心が
ナイフで突き刺されるように感じ、痛ましい思いで
見守りました。


保健所から引き取ったコリンちゃんと名付けた柴犬は
もうフィラリア症の末期で体中がむくみ、腫れ上がっていました
引き取って1ヶ月目に死亡。

moblog_bf6ed02a.jpg

遺品がこのボロボロの首輪だけ。
飼い主宅でも誰に顧みられる事も無く、外に繋ぎっぱなしに
されていたのでしょうね・・・。

moblog_7dbb6068.jpg

痩せて干からびて、体中むくんで、呼吸も苦しそうで
悲惨な状況だったコリンちゃん、
息を引き取る間際まで、抱っこしたり優しく介抱してもらい
初めて人間の暖かさを知ったに違いない。

この時は、ちゃこ天ママさんが預かって最期までお世話
下さいました。

moblog_0cc78301.jpg


この他にも、
・ 末期で腹水が溜まり、お腹から水を抜きに通院した犬。
・ 緊急措置で心臓から状虫を抜き取り手術した犬。
・ 肺や心臓にも水が溜まり、呼吸が苦痛となっていた犬。
  
など沢山のフィラリア症の犬を見て来ました。
どの犬も最後は苦しみで喘ぎながら息を引き取りました。


そして断言できる事は・・・
フィラリア症は飼い主が予防できる唯一の病気。

予防薬さえ飲ませれば、飼い主が自分で防げる病気で
あるという事

言い換えれば、フィラリア症は、怠惰な飼い主が作る病気
と言っても過言ではないと思います。


犬も人間も、辛く悲しい結果はイヤです。
愛犬のフィラリア予防を必ず行いましょう。

動物から受ける愛や信頼は、飼い主が責任と義務を
果たしてこそ、胸をはって受け取れる価値のある証し。

今年も予防の時期が来ました。
獣医さんの指示通り期間内はキチンと予防しましょう。

ただ、温暖化?の影響か・・
気温が高くなって蚊の発生期間が長くなっています。

予防は4月から12月までと指導される獣医さんもいますので、
詳しくは獣医さんとご相談ください。

星になったマーチ君

マーチ君の記事 №2


2018年6月20日 午前11時1分
コーギーのマーチ君が星になりました  




マーチ君のママから~

『 この子がうちのマーチです。
  今回、病気だと分かる直前、美容室に行った直後の
  写真です(男の子なのにピンクのバンダナ)。

  どうしても私たちでは洗ってやることが出来ず
  (噛まれるのが怖くて腰が引けてしまう)、
  シャンプーやカットは美容室のプロの方々に
  お願いしていました。
  といっても、とうとう三回くらいしか行けなかったのですが…。

  フィラリア予防、本当に本当に本当に大切です。
  今回のことで痛感しました。
  出来れば、予防はもちろん、すでに感染してしまっている
  子は今後どんなことに気をつけていくべきなのかなど、
  私も一から学びたいくらいです。』


心よりご冥福をお祈り致します。

マーチ君の詳細については、マーチ君の記事 №1をご覧ください。

大吉

敷物を全部自分の周りへかき集めて眠っている大吉。

犬って面白いね。
なぜ、敷物をかき集めるんだろう。

キチンと、たたんで置いても翌朝には掘り返して丸めてある。
グチャグチャにすると落ち着くらしい。

moblog_50516eaa.jpg

カメラ片手に、抜き足・差し足・忍び足で側へ寄る。

moblog_fb382e09.jpg

ぐっすり眠ってます。

moblog_92e801d5.jpg

大吉は耳ざといので、なかなか眠った顔の写真が撮れない
今まで、一枚も撮れていないはず・・。

moblog_e4e4338f.jpg

やはり、シャッター音で起こしてしまった。
眠そうな顔・・・。  ごめんね。

moblog_69ea8da6.jpg



これは別の日の大吉 

moblog_94b41fb9.jpg

マムが側へ行くと、嬉しそうに寄って来る。

moblog_8a88dfbe.jpg

食べ物を持っていると判るのだ・・

moblog_3b8d5710.jpg

感のいい犬で視力が無くても普通に暮らせる。

moblog_0ebe5df3.jpg

当初、緑内症の為、涙で眼がグチャグチャだった。
目薬を指すのを嫌がり、マムの事も嫌いになった。

moblog_6d2a6c45.jpg

今は緑内障も落ち着き、涙は出ていないので目薬も不要に。
目薬を指さなくなったらマムの事も好きになってくれた。

moblog_97061a4d.jpg

性格の良い犬だけに本当に不憫です。
最期まで飼い主さんと一緒に暮らしたかっただろうに。

moblog_c2f8701b.jpg

飼い主さんが恋しいのでしょうか。
背中が泣いているような気がします。

飼い主夫婦が高齢になって、もう犬の世話が出来ないからと
手放されたが、飼い主も、犬も、双方の心が傷付く結果だ。



ご老人が新しく犬を迎える時は、自分の年齢と健康を考えて
「受け入れない選択肢」 もある事を知って欲しい。

又は、自分の犬として飼うのではなく、預かりボランテイアと
言う手もあります。

行き場のない犬や猫を預かり、里親さんが決まったら送り出す。
毎日が充実して、心が満たされますよ。



動物と、そのような関わり方も、老人世代にはあるという事を
知って下さい。



大吉には オヤツのご支援をお願い致します
傷付いた心を癒せるのは、現在、オヤツだけ・・

毎日のオヤツを楽しみにしています。


l4976555819632.jpg

moblog_ae73af51.jpg

リリーさん診察

皮膚炎で通院していたリリーさん
ようやく治って来たようです。

  moblog_c89470dd.jpg

リーママさんからの報告

『 体重16.72㎏
  皮膚炎は殆ど治ってきており、飲み薬は終了。
  塗り薬は1週間継続後、様子を見る事になりました。
 
 


 


 


 


  皆様の応援のお蔭様で、体重は前回とほぼ同様で
  過ごして来られました。
  感謝しています

  食欲、脚力の低下以外は、リリーさんなりに元気には
  しています。


  余談ですが、うまく過ごせて良かったなと思ったの束の間
  病院からの帰宅の車中で、ベタベタ状態の排泄(*_*)

  リリーさんは移動しようともがきワンワン
  散々たる状態で帰宅しました。

  行きでなくて良かった、といえばそうですが(^_^;) 』

  moblog_ad20b6f8.jpg


リーママさん 通院有り難うございました

車の中での排泄、しかも腹具合の悪い時の排泄は
もう泣けてきますよね。
言葉では表せないほど悲惨・・・。

でも、皆様のご支援のお蔭で、良く食べるようにもなり
その結果ですから嬉しい誤算です。

皆様のご支援に心から感謝申し上げます。

頑張っているリリーさんに、もう少しの間、ご支援を
お願い致します。

moblog_e2a44250.jpg

moblog_d0813375.jpg

ご支援有り難うございます

ももの母さん
らぴこさん
チョビアル凜母さん
ミニピンダイちゃんパパ
渥美さん 熊平動物病院から受け取りました

有り難うございました

ナナ 腫瘍が片手一杯に

moblog_df8f683f.jpg

ナナの腹、腫瘍がどんどん大きくなる。

最初は黒いイボのような物が1個できて、なんだろうなと
思っていたら、あれよあれよと言う間に大きくなって、
現在は腹から垂れ下がるまでに膨らんでいる。

moblog_8c8e276f.jpg
5月末 

moblog_3f9792e9.jpg
6月10日 

moblog_9ad9d0f6.jpg

僅か2週間で垂れ下がりが一段と大きくなっている。
これは、どう見たって異常だよ。

歩く時、物にぶつかって擦れたら皮が破れてしまう。
日々大きくなっているので迷っている時間は無い、
決断しなければ・・・・。


実は体のあちこちに同じような物が沢山出来ています。
足にも2~3個
      大小2個並んでいる
moblog_14385ab9.jpg

首の後ろや脇の下などにも出来ているので、これらも
いずれは大きくなるのだろうか??

取っても取っても、次から次へと出て来るのでは
対処の仕様がない。

今、切除しても直ぐに次のが大きくなるのだろうか???


本当に泣きたくなります。
こんなに高齢になってから、いろいろ出来るのは
本人も不快だろうし、こちらも不安が絶えない。

moblog_97fd11e4.jpg

眠る時、体の重みで(体重22㎏)潰れないか??

夜中に潰れたら困るので、腹にバスタオルを巻いて
寝かせたが、朝には外れてしまっていた。


先生とも相談の上、切除する事に・・。
今、体調が良い時にやらないと、具合が悪くなってからでは
もう出来なくなる。



moblog_230a6fc4.jpg

横から眺めているだけでは大きさが実感できないが~

moblog_a2885d43.jpg

掌に乗せてみたら、大きくて、ずっしりと重かった。



決断しました。
やるのは今でしょ!! 切除の手術を受けます



その前に腫瘍の良し悪しの検査・・

もし悪性腫瘍だったら、切り取る時にマージンを大きくしたり
深くえぐり取ったりと高度な技術も必要となります。
場合によっては抗癌剤も必要となるかも知れない。

良性なら、この垂れ下がり部分だけを切除し
後は普通に縫い合わせれば良い・・

その事前チェックの検査を受けた上で、28日に本手術を
受けます。


ナナにあしなが支援(募金)を募集

腹の腫瘍の切除費用です。(事前のパンチ検査と本手術)
皆様のご理解とご支援をお願い致します。



moblog_90c2d9f3.jpg

以前は腹ばいになって眠る事も多かったが、今は
横になって眠る・・腫瘍のせいだろうか?

どうぞ潰れませんように・・・。
手術日まで持ちますように・・・。

ミニピン ダイちゃん

ミニピンのダイちゃん、
血尿に負けず、頑張ってね!!

DSC_0078_20170828123031.jpg
 
パパから~
『 3月に前立腺が腫れて血尿と排便不良になり
  治ったと思っていたら、先月また血尿が出てしまい
  最近やっと治った所です。』

DSC_0073_20170828123046.jpg

ダイちゃん 度々の血尿大変ですね。

前立腺が原因の血尿なら,睾丸と前立腺を摘出すれば
同じような症状は防げるのではないでしょうか。
先生の判断次第・・。

年齢的に悩みますね。
出来たらやりたくないけれど、何度も繰り返す事を考えたら
止むを得ない場合もあります。

ダイちゃん、ガンバレ~ ガンバレ~ ガンバレ~


ご支援有り難うございます by 雷蔵

りゅうのすけ 痴呆が進んでます

朝ご飯が済み、散歩に出たりゅうのすけ。

他の犬とは、暮らしのペースが大幅に違うので、
ご飯タイムも違う。
りゅうのすけのご飯タイムは、他の犬達のねらい目に
なっている。

食器を置いてその場を離れると誰かに食べられてしまうので
必ず、手で食器を持って食べさせる事にしている。

moblog_986f6b9c.jpg

幸い、水は自分で飲めるので、バケツの前まで誘導し
自分の意志で飲んでもらう。

moblog_ba80c384.jpg

さて、散歩の始まりです。

moblog_ea635fa0.jpg

ゆっくりトロトロ歩くので、倒れないよう気を付けて
後ろに付いて歩きます。

10歩くらい進んで一休み~。

moblog_c70840b9.jpg

りゅうのすけが歩きはじめると、野次馬がたくさん
付いて来る。

moblog_729a865d.jpg

椿ばあちゃんまで付いて来てた 
ホントに野次馬だね
視線が真っ直ぐ、りゅうのすけを見ています。
自分も婆さんなのに、他人の世話を焼きたがる 

moblog_18cc1594.jpg

ラッキーが側にいると大きいので、りゅうのすけが
ターンできません。
ホントに邪魔な野次馬だこと・・・

moblog_8eac75b1.jpg

最近は、りゅうのすけの方が小さく細くなった
二人並ぶと、この通り腰のくびれが違う

  椿ばあちゃん      りゅうのすけ
moblog_fb95e264.jpg

年内持つかどうか? 心配な老犬・・・

リリーさん
りゅうのすけ
栗子ばあさん
椿ばあちゃん(予備軍)

いずれも病気や老衰が進行し、食べる事が
難しくなっています。

食べる事は生きる基本。
これが難しくなると、身体が持たないので年内どころか、
1ヶ月先が読めなくなる。

老犬達、ガンバレ!! 頑張れ!! がんばれ!!



りゅうのすけにローファット(低脂肪食)を募集中

膵炎が再発するとイケないので、低脂肪食のみを
指示されています。

ドッグフードも指定の療法食、缶詰も同じくです。


食べる物を制限されると、つまらないですね。
犬も同じと見えて、低脂肪食ではソッポを向く。

もう長くないなら普通の物を食べさせたい・・・
でも、他の病気を併発し苦しみを伴うと気の毒だし・・・
少しでも長く生きて欲しいから、やはりダメだ・・・
いつも悩んでます。



りゅうのすけ、痴呆が進み遠吠えをする

声で吠えるのではなく、喉から音を出しているだけだが、
毎晩欠かさず吠える。


夜中、りゅうのすけが吠えていると、野次馬ももちゃんが
側へ寄って来た。

moblog_abe92dbc.jpg

ももちゃんは、ホントに何にでも興味を持つオバサン。

先日は栗子ばあさんがバケツを引っくり返して
部屋を乾かしていたら覗きに来ていた。

moblog_fd9843a3.jpg

他の犬達は、皆、寝静まっているのに、ももちゃんは
眠らないの?。
意外と眠りが浅い犬で、昼間も、ちょっとした音や
出来事を見に歩き廻っている。

神経が細かいのではない。
マム宅は自分の縄張りと思っているから見廻るのです。

ラッキーが来るまでは、オスメス問わずももちゃんが
一番だった。
縄張りを見廻り、守るのはボスの役目。

ラッキーが来てからも、メスでは自分が一番だと
思っているから、見廻りは自分の役目と心得て
歩き廻るのだ。

本能に支配されているももちゃん。


野次馬オバサンが側へ来ると、りゅうのすけも興ざめし
吠えるのを止めて小屋へ入ってしまいました

moblog_274212cf (1)

日々、衰えて行く老犬達・・

回復の手段は無いと判ってはいるけど、少しでも食べて
一日でも長く生きて欲しい。

dbfの缶詰やオヤツ等、老犬達にご支援をお待ちしています。


ご支援有り難うございます

チョビアル凜母さん
らぴこさん
ダイちゃんパパ
恵理子さん

リリーさん始め、老犬達にと缶詰等をご寄付頂きました。

星になった和(かん)ちゃん

ピレニーズの和(かん)ちゃんが星になりました。

moblog_9f648208.jpg
 
 ママから~

『 2015年9月にうちの子になりましたピレニーズの和、
  今月16日にお空に旅立っていきました。
  15歳と3ヶ月ちょっと、大往生ですね。
  介助が必要になって1ヶ月、寝たきりになって1週間。
  あっという間に駆け抜けていきました。

  和がうちに来ることが決まった時は、1年一緒に
  居られればな、、、と思いました。
  でも和はとっても元気で、3年弱も私達と一緒に
  いてくれました。

  とっても温厚で優しく、みんなから愛された和。
  和と出逢わせてくれたサークルマムの皆さんには
  感謝感謝です。
  本当にありがとうございました。 』

 moblog_d656876b.jpg
 
突然の訃報に驚きました。
でも、ピレニーズで15才3ヶ月まで生きられたのなら
長寿まっとう、記録的でさえあります。

悲しいよりも、大切にお世話頂いて、大往生出来た事に
とても嬉しく思い、心より御礼を申し上げます

和(かん)ちゃんの、ご冥福をお祈り申し上げます。



和(かん)ちゃんは、ご老人が引越しをする為に手放したい
との事で引き取り、里親探しをした犬。

直ぐに今のママから申し出があり、即、迎えられました。



犬の森ポムさんでお見合いした日、初対面のママに
もう甘えています

moblog_f8bb7bd6.jpg

先住犬ともフレンドリーに挨拶できました

moblog_6276d1af.jpg

沢山の犬達に囲まれて暮らした晩年は、和(かん)ちゃんにも
きっと楽しい暮らしだったに違いありません。

ご家族の皆さま、ワンコご一同さま、有り難うございました。

和(かん)ちゃんの詳細は、マムにリンクしてある
「蓮&藍&のん&うんてん&エミ時々ダンナ」を
ご覧下さい。

椿ばあちゃんに追い打ち

moblog_d5886da9.jpg

椿ばあちゃん、もう一つ悪くなっている臓器が見つかった。

副腎です。
診断された病名は副腎皮質機能亢進症。

副腎からホルモンが多量に出る病気・・クッシング症。
現在、ナナがこの病気で通院している。


椿ばあちゃんは、もうゴールが近いと考えているので
新たな検査や新たな治療は受けたくないと思っていた。

現在処方されている心臓の薬だけを服用させ、
静かに見守るつもりでいたが、クッシング症だと
様々な合併症が出ます。

脱毛・痒み・腹部膨満・異常な食欲増進・多量の飲水
ふらつき・・そして最悪、死亡原因ともなる厄介な病気。
メスの老犬に多く発症するようです。


老いは悲しい・・
アチコチ悪くなり、薬も山ほど飲んで、それでも治らない。
もっとも、老化は病気ではないので治るはずがないけど。


ふらつきの合併症が出てきたのか、最近は座って
ボーとしている事も多い・・。

moblog_6a21a04d.jpg

手前でオヤツを見せて名前を呼んでも、スッと直ぐには
立てないようだ。
かなり努力をして、ようやく立てた。

moblog_6f788fba.jpg

ダンボール箱に丸い穴があけてあるが
ご飯の食器を置く台です。

食器を床へ置くと、足がふらついて上手く食べられないので
段ボールに切り込みを入れ、食器が動かないように
高さを確保できるように工夫しました。


しかし、食べこぼし等で汚れるとカビが生えたりして不衛生。

このような段ボール箱を作って頂ける方を募集。
サイズに希望あり・・・。



良く眠ってます・・。

moblog_13423a62.jpg

余りにも良く眠っていると、若しかして??と不安がよぎり
胸を見つめる事もある。

moblog_4439ec00.jpg

腹が大きい・・
太って来たと思っていたが、若しかしたらクッシング症の
合併症の一つかも知れない。
(ぽんぽこタヌキのように腹が膨満します)

moblog_fc92589d.jpg

椿ばあちゃん、先の予測がつかない・・。

毎日が不安の連続です   

明日は、再検査を受けます。
朝ご飯抜きで夕方まで入院の予定。

合併症が出てからでは手遅れになるので
止むを得ない検査・・


椿ばあちゃんに、あしなが支援(募金)を募集中。

定期的に検査を受けて薬を処方してもらっています。
現在、心臓の薬を服用中の上、副腎の薬も新たに
スタートしました。

どうか、椿ばあちゃんをご支援下さい。

トイレシーツも募集中 90×60cmを希望


本来なら、保健所で抑留期限が来た時に殺処分され
煙になっていた運命だったが、幸運にも引き取る事が
できた。

運よく生還出来たのだから、最期まで頑張って生き抜いて
もらいたい。
その為には、できうる限りの治療はしてやりたい。

本人は食欲も有り、まだまだ生きる気充分です。


どうか、もう少しの間、椿ばあちゃんのご支援をお願い致します。



老犬の医療費が膨らむのは人間と同じ。

人間も高齢者の医療費が莫大な額に昇っていますが
それと同じで、動物でも高齢になるほど医療費がかさみます。

最初から、老犬・病犬を承知で引き取っているので、
最後までキチンと治療して上げたい。


サークルマムは赤字続き・・  
皆様のご理解とご支援をお願い致します。

椿ばあちゃんも寝たきりになったら、覚悟を決めて諦めます。
それまでの間、ご支援をお待ちしています。

看板犬 びわちゃん

久し振りに佐鳴台の「ペットの雑貨屋さんMOMO」へ
行って来ました。

びわちゃん、大歓迎!!
覚えていてくれるのは、やはり嬉しい 

moblog_717983d4.jpg

細身のハスキー、美人さんですね
 
moblog_f152eaaa.jpg

食べても太らないのだとか・・
マム宅の犬には羨ましい体型

moblog_4c30f4de.jpg

近くになって買い物に行きやすくなったと思ったら、
今月末で移転・・・ 笠井の方へ戻られます。

前の店舗で再び開店!!
遠くなるけど、頑張って買い物に行きますね。


現在の佐鳴台店は6月25日まで

店舗の移転先、その他は、MOMOさんのホームページを
ご覧ください。

スーパーモンスターウルフ

先日、種の絶滅という記事で、ニホンオオカミが絶滅し
各地でシカやイノシシなどが増え、農業に深刻な被害が
出ている・・と書きましたが、今、すごい製品が話題に
なっています。

スーパーモンスターウルフ

直訳すれば判るとおり、オオカミ型の機械で出来た製品で
野生動物に荒らされる農地に設置する。

yjimage (1)

農産物が野生動物の被害に遭っている地域では、
すでに効果が上がっているとの実証実験の報告もある。

yjimage (2)

今までは野生動物に対して、音や光で威嚇する方法が
取られていたが、直ぐに馴れてしまい効果がなかなか
上がらなかった。

yjimage (5)

その音や光に加えて、外見をオオカミに似せて作った所、
凄い効果が上がる事が判明。

yjimage (4)
                写真は木更津農協より

オオカミの吠える声なども加えられた結果、カモシカが
一目散に逃げ出した光景も録画されている。

モンスターウルフの設置場所から1㌔くらい離れた所までは
寄って来るが、それ以上は近寄って来ないらしい。

ある地域では、今年はイノシシが竹藪を荒らさないので
タケノコが豊作?と地主さんが笑顔で説明していた。


捕食される動物は、危険な捕食動物からは逃げるよう
遺伝子にインプットされているので、オオカミの姿や
声がすれば一目散に逃げ出す原理という。

現在はリースで、51万円ほどするとの事。
量産出来るならば、沢山作って世に出せば役に立つ。


遭遇したら恐ろしいオオカミだが、こんなに役立つ一面も
あったのだ。
しかし、絶滅してしまったのでは、いかんともしがたい。

オオカミに限らず、どの野生動物でもピラミッドの一角を
形成しているので、そこが部分的に無くなったら
ピラミッド全体が崩れてくる。

無駄な生き物はない。
必ず何らかの形でピラミッドに関与している。

年間、種の絶滅は4万種とも言われている。
いつの日か、地球は人類だけで構成されるのだろう。

人類は利口なのに、そのような事に気付かないのは不思議!

凜ちゃん 頑張れ~

チョビアル凜母さん宅の凜ちゃんが入院!!

『 凛ちゃんですが、入院となりました。
  心臓の動きが弱くなっていて、肺に水が溜まって
  いるようです。
  点滴を続け、心臓の動きを強くして、肺の水を取れば、
  元気にうちに帰れるとの説明を聞き、お願いしました。

  肺に水と聞いて、もうダメかと思いましたが、
  治療を受けて元気になって退院していく子が
  たくさんいるそうです。

  もちろん突然心臓が止まってしまうこともあり得る
  そうですが。

  単なる延命治療なら受けずにわが家でと思って
  いましたが、元気になって帰ってくることを願って、
  待ちたいと思います。 

  sp-072289200s1528853659.jpg
  
  病院で、シェパードを連れた女性に声をかけられました。
  「凛ちゃん!やっと会えた~」と言われビックリ。
  ブログを見てくれているそうです。

  この方は、現在シェパード4匹と猫数匹飼っているそうで、
  家が狭くなったので、三ケ日?へ引っ越したそうです。 』


病院では、いろいろな方にお会いできるので楽しみですね。

この方のお蔭で、夏の盛りに車の中で飼われていた
ダックスとビーグルが命拾いして、幸せになりました。
現在はナナちゃんとまめ太ちゃんになっています。


凜ちゃんの容態が心配です。
乗り切れるように祈っています      
凜ちゃん頑張ってね。

凜ちゃんの詳細はブログ 「チョビアル凜母ちゃん奮闘記」を
ご覧下さい。

リリーさん & 優ちゃん

梅雨の晴れ間 リリーさん&優ちゃんの日光浴。



リリーさんが喜んで食べる物 発見!!



先日、らぴこさんがdbfの缶詰やレトルトパックを
沢山送って下さったのですが、それなら食べる
そうです。



値段が高くて美味しいので、dbfはマム宅の
老犬も大好き 



やっぱり美味しいものは良く知ってます!



食べる事に意義があるので、今後はリリーさんが
好む物だけにしましょう。



マムが行ったら、よろける足で寄って来てくれました。

やっと歩いているという感じですから、その必死さに
嬉しくて涙がこぼれて来ましたよ。



リリーさん もう少し頑張れ~



優ちゃん、リリーさんを見守ってね!!



リーママさん、どうぞお願いします。

リリーさん 梅雨を越そうね~
そして、夏も越そうね~~~~


リリーさんの為に dbf の缶詰・レトルトパックを
ご支援下さい。

1・ チーズ
2・ 紗
3・ dbf鶏&肉・チーズ


moblog_a1ba6726.jpg

moblog_b59306cb.jpg

嫌がって食べない物では、もったいない事になります。

リリーさんに残された日はあと僅か・・
どうか、ご理解と dbf のご支援をお願い致します。

ちゃちゃ丸ちゃん・ゆずちゃん

動物病院へ行くと、いろいろな方に出会えます。

お久し振り~~、ちゃちゃ丸ちゃん&ゆずちゃん。

moblog_9ad78c9a.jpg

moblog_869236a2.jpg

ゆずちゃんはマムの顔を見ても唸らなくなりました。
とってもとっても嬉しいよ 

沢山のオヤツやバスタオル等の支援物資を頂きました。
特にマラセブシャンプーは、有り難いです。
6本もご寄付頂き、感謝申し上げます。


ご支援有り難うございます

宇宙ちゃんママ   宇宙ちゃんの初盆ですね・・
恵子さん      猫の手術、有り難うございました
佐々木さん     遠路感謝致します
刑部さん
千歩さん      紗有り難うございます   
ちゃちゃ丸ママさん

雷蔵 糖尿病進行

高血糖が続く雷蔵、糖尿病が徐々に進行中。

飲水量がもの凄い・・。
小柄なミニピンなのに、大型犬よりも多いのでビックリ。

大量に飲めば排尿も大量に~。
尿量や回数が半端じゃありません。

糖尿病が悪化している証拠 

moblog_cefe8702.jpg

水は、小さな容器では間に合わないので、
バケツを室内の何ヶ所かに置いています。

moblog_10e141d4.jpg

水を飲み終えたらベッドへ戻る。

moblog_d2b8df35.jpg

大量の排尿でベッドも直ぐに濡れるので、常に
2つ用意して置き、濡れたら直ぐに洗う。

マナーベルトでは1時間持たないので、30分置きに
交換してます。 

moblog_f3fafeda.jpg

今から午睡です。

moblog_b441134c.jpg

まるで見えているかのように、こちらを見つめる。

moblog_777ca36d.jpg



雨が降るとベッドが乾かず、使用不能に・・。

代わりの敷物は柔らかい物を敷いてやると、
穴掘りをして好きな形にまとめる。

moblog_ae454917.jpg

掘り掘り掘り…頑張って掘ってます。

moblog_39c305a0.jpg

気に入った形になったと見えて漸く座った。

moblog_f28dde28.jpg

5分もしたら、もう爆睡。

moblog_75aa6324.jpg


皆さんからご寄付頂いた敷物を、チョビアル凜母さんに
端ミシンを掛けてもらってます。

雷蔵サイズ、ナガヨサイズにカット
小さめのサイズは、洗うにも使い捨てするにも、とても重宝。


敷物を大募集!!

まだまだ敷物を募集しています。

・ タオルケット、キルテイングしてある物、敷布など
・ バスタオル、フェイスタオル
・ 老犬には夏布団も可(綿を出さない犬に使います)

吸水性の関係で、なるべくなら木綿製を希望。


ナガヨは脂漏性なので、2日も使用していると敷物は
皮脂でベッタリして来る。
洗濯も2度洗い、すすぎも3回4回と、それはそれは
大変・・・

なので、ナガヨサイズにカットしてもらった敷物は、
そのまま使い捨てにしています。

お蔭様で、水も洗剤も時間も大幅に省略出来て、
今からの梅雨の時期には有り難い。



他に必要としている物

・ 洗濯洗剤(粉末・液体を問いません)
・ トイレシーツ   45×60cm 60×90cm
・ マナーベルト   雷蔵用
・ 食器洗い洗剤  台所用 (食器が多い為)
・ 水飲み用バケツ (ポリバケツ)
・ ホウキ       (庭箒)
・ 人工芝

老犬・病犬達の為に、ご支援をお願い致します 

特に雷蔵用あしなが支援(募金)を募っています。

・ 月1回の血糖検査
・ インスリン
・ 注射器   

など大きな支出が有ります
どうか雷蔵に細く長いご支援をお願い致します。

トイレシーツ・マナーベルト も募っています。
シーツは60×90cm希望

子猫トライアルへ

ラッピーママがミルクから育てた2匹の仔猫

※ セルフのガソリンスタンドに、ダンボール箱に入れて
   捨ててあった。 
   
   ガムテープでふさぎ、明らかに仔猫の命なんか
   どうでもいい・・という捨て方だった。
   
   発見して手を差し伸べてくれた学生さん、それを
   受け入れ、ミルクで育ててくれたラッピーママ
   本当に有り難うございました。


180416-5.jpg

すてっぷにゃむの譲渡会で、2匹一緒にと希望下さった
ご家庭に廻り合いました。

180611-1.jpg


ラッピーママから~ 

『 今、トライアルに入りました。
  トムとジェリーという名前もすでに頂きました(笑) 』

moblog_a7c9c072.jpg

トムとジェリー・・・アニメで有名になった猫とネズミ。

マムもテレビを見てましたよ。
いつも猫がやられてばかり、ネズミの方が賢くて
可笑しいやら猫が気の毒やらで、腹を抱えて笑いました。

実はとっても仲良しのトムとジェリー、
いい名前です。

ご家族の皆さま、ちびっこギャングが2匹
暫くは大変ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

トムとジェリー 元気で健康で長生きして下さいね。
本当におめでとう!!!




すてっぷにゃむ 次回開催は7月8日

第2日曜日 10時~12時
犬の森ポム カフェ:サイドBさん内

sp-016342300s1528415040.jpg

sp-024682800s1528414979.jpg


仔猫・若猫が沢山参加します

moblog_acb4b5d5.jpg

sp-087386100s1526733479.jpg

sp-052944100s1526733387.jpg

sp-034550900s1526733355.jpg

sp-009809300s1517829983.jpg

sp-050460600s1526822785.jpg

171110-4.jpg

手作り品販売会も同時開催

180611-10.jpg

ヒーリングボトルもこんなに沢山!!

180611-9.jpg

ボトル製作者・房子さんの愛犬ナナちゃん
高齢ですが頑張ってお母さんの製作を応援しています。

房子さん 手作り品を有り難うございます。


仔猫・若猫の詳細は すてっぷにゃむへ問い合わせて下さい

「すてっぷにゃむ」 「にゃにゃにゃ(=^ェ^=)」のブログに
沢山の猫が掲載されていますので、併せてご覧ください

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント