ダックさんで全員集合

「ダックさん」へ薬浴に通っているナナと寅さん
必ずと云って良いほど誰かに出会います。


ちゃちゃまる君
一日、遊びに行ったようでした。

途中から引き取った犬は過去の履歴が不明なので
身体の治療も心のケアも大変。
引き取った時より痩せて来て、2kgを下回ったそうです。
とても心配ですね。

20180106-瀧本チャチャマルsk1k

スタッフさんに甘えてこんなに可愛い・・

20180106-y39.jpg

20180115-y6.jpg

沢山のワンコと一緒に遊びタイム

20180115-hiruf1.jpg
          ちゃちゃまる君 



らぶちゃん&りんちゃん

久し振りにお会いしました。
すっかりシニアになって~
でも元気そうで安心しました。

らぶちゃん
20180115-hiru3.jpg

20180115-齊田ラブ

りんちゃん

20180115-asa19.jpg

20180115-齊田リン

いつも2匹揃って。。。

moblog_9e1d1369.jpg CA02Q3J7s.jpg

数年前、動物病院でもお会いしましたが
年々顔が白くなって行きます。
らぶちゃん&りんちゃん、いつまでも元気でね 


ダックさんでの預かり・・

お泊り(ペットホテル)以外でも預けられます。
半日でも、時間でも預かりOK。

シャンプーして、そのまま半日預かり~などの変則的な
預かりもOK。

詳しくはダックペットサービスへお問い合わせ下さい。
またはホームページをご覧ください。
マムにリンクあり。


猫のシッターにも訪問出張しています



最近は、大型犬を洗ってもらえる美容院が減り、
マムは大変有り難い思いでダックさんへ通っています。

一日に3回のブログアップがあるので、愛犬の様子を
逐一見る事が出来ます。

同じ服 椿ばあちゃん&ナガヨ

丸刈りにしたナガヨ
風邪を引くとイケないので洋服を着せました。

moblog_91297b23.jpg

見た事がある、この洋服・・そうです!!
椿ばあちゃんを保護した時、ジジママさんが
プレゼントして下さった洋服。

111_convert_20170227204452.jpg

椿ばあちゃんにピッタリサイズだった洋服。
柴犬とシーズーが同じ洋服?
ナガヨにもピッタリだなんて・・・、
いかに椿ばあちゃんが痩せて小さかったかの証明。

センターから、椿ばあちゃんを引き取った時の体重が4.5㎏。
今のナガヨが6㎏だから椿ばあちゃんの方が
痩せて小さかった。

moblog_f2d9e01e.jpg

moblog_b6237c5d.jpg

でも、現在の椿ばあちゃん、体重が9.8㎏
この洋服は着られないほどの体型になっている。

171224_114606.jpg

脂肪も筋肉も付き、足腰もしっかりして来て
もう、よろける事もなくなった。

171224_114601.jpg

ももちゃんに出会っても一歩も引きません。
下を向いて視線を外したももちゃんに一瞥をくれると
椿ばあちゃんは悠々と元来た道を引き返す。

171224_114546_ed.jpg
ももちゃんは臭いを嗅ぐ振りをしてごまかす


今のマム宅で椿ばあちゃんは別格の存在。

椿ばあちゃんに歯向かう犬は一人もいない。
存在感のある椿ばあちゃん。

せっかくの洋服を着られなくなったのは残念だけれども
健康を手にしたので、差し引きプラス。

後は心臓がいつまで持つか・・だけ。

今、心臓が悪化している、りゅうのすけと椿ばあちゃんの
二人が最も気懸かり。

ガンバレ ガンバレと毎日、心で誦しています。


柔らかいオヤツ募集
moblog_46f71178.jpg

この2匹は共に心臓の薬を飲んでいます
椿ばあちゃんと りゅうのすけに あしなが支援 を募集中

体重や心臓の悪化具合などで薬の量も変わります
獣医さんの診察が必須なので、募金でのご支援 を
お願い致します

星になったこはるちゃん

コーギーのこはるちゃん母さんから悲しいお知らせ。

『 1月18日に虹の橋を渡りました こはるです。
  こはるの前に飼っていた犬が虹の橋を渡り
  私がペットロス状態になり長女夫婦と二女と
  3人で買ってくれたコーギーでした。

  昨年の秋に変性性脊椎症になり、後ろ足に
  マヒがきて歩けなくなり、11月の末に車椅子を
  オーダーしたばかりでした。

  それから2週間位したら具合が悪くなり、掛かり付けの
  病院に行ったり、セカンドオピニオンを受けたりして
  手術をしたのですが腎臓ガンでした。

  12月30日に退院できたのですが、食欲がなくなり
  最後は私の腕の中でした。
  13年一緒にいてくれました。ビビリなこはるでした。
  
  お散歩に行くと外飼いの猫が2~3匹ついてきました。
  家にも4匹猫がいるので、家でも外でも猫と一緒でした。
 
  大好きだよ・・
  生まれ変わってもうちの子になってね。待ってるよ。』

  moblog_99d5f63a.jpg

  心より こはるちゃんのご冥福をお祈り致します 
  
  13年の歳月を共に暮らし、強い絆で結ばれていた親と子。
  これ以上の悲しみは有りません。

  でも、こはるちゃんは大事に育てられて、心の底から
  幸せだと思ってましたから、きっと笑顔で手を振って
  天へ上ったと思います。

  「お父さん、お母さん、悲しまないで下さい。
  こはるは幸せでした・・」

  そう言っている こはるちゃんの声が聞こえるようです。
 
  こはるちゃん、安らかに~   

雷蔵 緊急入院

moblog_fa7d60d2.jpg

雷蔵 激しい下痢・・・突然だったのでビックリ。

前日までは排便に問題はなかった。
全く予兆が無かった中での症状なので驚き

生憎、掛かり付けの病院は水・木と2連休。
他の病院へ行こうか・・。
どうしよう・・・・・・・。

ナガヨの嘔吐の時と同じで迷いました。
(一過性の下痢なら、病院は不要と考えてます)

2日目からは血便に変わった。
こりゃぁダメだぁ~

マムは昔人間なので、血便=パルボと思い込んでいる
(昔はパルボで亡くなる犬が多かった)

しかし、最近は腸管出血性大腸菌O-157 とか
ノロウイルスとか、恐ろしい病原体の名前を良く聞く。

そういう類の病気だろうか??。
でも、嘔吐はないし元気も有るし・・とにかく様子を見た。


病院が開いたので朝一で駆けこんだら緊急入院となった。
膵炎かも?・・検査して見るよとの事で預けて帰宅。

午後、先生から連絡があり
「血液検査で膵臓には問題ナシだよ・・」

「どこが悪いのですか?」
「下痢を起こすような菌もウイルスも出なかった・・」

「原因が判らないのですか?」
「・・(判らないのだ)・・様子を見るために一晩預かるよ」
と電話が切れた。

安堵と不安が入り混じって押し寄せている。
原因が判らないのでは不安が大きい・・・。


翌日、退院の迎えに行ったら、尻尾フリフリで大喜び。
「家では安静にさせて下さいね」と言われたが、
マムの姿を見て、飛び跳ねて良く動く・・。
こちらがハラハラした。

体重は4.2㎏まで落ちていた。

moblog_09fc2c5b.jpg

検査をすると異常値ばかりが並ぶ。
この数値では普通の生活が出来るはずがない・・らしいが
雷蔵自身にはまったく変化がない。

そこがおかしい・・???と先生が言う。
過去にこんな例はないと言う。

でも、見かけは元気でも、原因不明の下痢が起きるのだから
やはり体内のどこかが悪いのだ。

今は数値と雷蔵本人とがマッチしていないが
今後、一気に何かが悪化するかも知れない。
毎日詳細に要観察。


帰宅したら ぐったりと横になり、直ぐに爆睡
やはり病院は緊張するのだろう

180118_124935.jpg

頭の下へ何か敷いてやりたいが、動かせば起きるので
そのままにして置いた


引き取ってから今までは、病気一つしなかったのに
昨年から急にアチコチ悪くなりかけた。

老化と関連があるのか・・・
今年12才なので、あと4~5年は頑張って欲しいな。

雷蔵 ガンバレ~~   

moblog_3352c11c.jpg

雷蔵に あしなが支援(募金)を募っています

血糖検査・インスリン・注射器 など医療費の支援希望。


ご支援有り難うございます

・ ミニピン大ちゃんパパ
・ アルト・ミントママさん
・ すやまこはるママさん
・ 大橋さん
・ ねこたろうさん
・ ラウルママさん
・ しょぱんねぇねさん
・ COLINママさん・・
      COLINちゃんの写真をお待ちしています
・ 純子さん・・
      純子さんのブログ「らっきぃと仲間たち」も
      併せてご覧ください。 マムにリンク有り

イチロー君

イチローママさんから、うちの子記念日のお便り

『 イチローめちゃめちゃ元気です。
  1月2日に、家族全員揃ったのでイチローの5歳の
  お誕生日会をやりました

  毎日食事管理されていて我慢ばかりさせていましたが
  この日は特別。
  犬用のケーキをあげました。
  少し甘いクリームをペロペロ舐めてあっという間に
  完食しました。
  ケーキ待ての写真です。

  moblog_b2d81d7c.jpg

  イチローは雷蔵君と同じく寒がりで、毎晩私の布団と
  毛布の中にスッポリ入り込んで寝ています。
  私にとってはこれがまた至福の時なんです。

  moblog_4dc13a72.jpg

 
  moblog_8839d810.jpg

  昼間は毎日こんなです↑

  お留守番が一番苦手なイチロー。
  私が仕事に出かけた直後の写真が娘から届きました。

  moblog_61686337.jpg

  もう仕事を放棄してすぐに帰りたくなります
  イチローを巡って毎日毎日笑いが絶えない我が家です。

  もうすぐイチローと出会って1年記念、
  イチローが我が家に来て1年記念、
  イチローがうちの子になって1年記念と
  1月、2月は記念日が満載です。

  イチローとの生活がまだ1年[?]
  もっと何年も経ってるんじゃないの[?]って思えるくらい
  濃密な時を過ごさせてもらっています。

  moblog_0a063765.jpg

  ここ何日か寒い日が続いてますね。
  ワンちゃん達が少しでも元気に、寒い冬を
  乗り越えられますようお祈りし申し上げます。 』


イチロー君の可愛い写真を有り難うございました。

写真を見て「仕事を放棄して帰りたくなります・・・」
ママのこの気持ち、良~く判ります。
本当に、うちの子って可愛いですものね

イチロー君、とっても優しい眼 
不安な表情が全く見られません。
ご家族の愛情に包まれて幸せなんですね。

超ビビリで、絶対に譲渡は無理と思っていたのに
真っ赤な糸のご家族に巡り会い、マムが驚くような
変化を遂げたイチロー君。

いつまでも、いつまでも、元気で長生きして下さいね。
また、お便りをお待ちしています。

優ちゃんのヤキモチ!?

リーママさんから、優ちゃんメール

『 この所、リリーさんと違って(私の)待遇悪いんじゃない
  と、優ちゃん。

  優ちゃん大好きよ、いつも有り難うね・・
  撫でるだけは大サービスしています(^-^) 』































リリーさんに手を掛けている事が判っているので、
優ちゃんのヤキモチ?・・とっても可愛い。

本当は欲張りでリーママさんの愛情を独占したいけど
普段は我慢している優ちゃん。
今日はリーママさんに撫でてもらい満足そうな顔。

後ろでリリーさんが見つめています。
「リーママさんは僕の物なのに・・・なんで優ちゃんなの?」

犬って不思議。
人にピッタリと寄りそって暮らしたいのですね。
物理的にも心理的にも密着していたい。


途中で飼い主との繋がりを突然断ち切られてしまった犬ほど
次のお宅で、飼い主の愛情を強く求める傾向があります。

リーママさんのお陰で、心の傷が癒えた今は、
更なる愛情を求めて2匹で競い合っています。
老犬には丁度良いボケ防止になりますね。

リーママさん
リリーさんと優ちゃん 宜しくお願い致します。[(^ー^)]

マルちゃん

マルちゃんのママからお便りメール

『 今週は本当に寒いですね。
  でも、散歩大好きな我が家のマルは、こんなに寒くても
  しっかり行きます。
  マムワンコさん達も、お体にはお気を付け下さいね。』  



マルちゃん、冬眠真っ最中ですね~

春の訪れが待ち遠しいです。 
は~るよ来い~ は~やく来い~ 

年々寒さが厳しくなって行くような気がします
マルちゃん、くれぐれも、お大事にお過ごし下さい。


いつも、ご支援有り難うございます。   

MIX犬のラッキー君

いわたわんこさんで、mix犬の家族を募集しています


『ラッキー君やってきました。

DSCN2829.jpg

お父さんが突然亡くなり、行き場がなくなったラッキー君。
お知り合いの方にお願いしたが難しかったとお話でした。

会ってみたらけっこう大きかった。
MIX オス 9歳 18㎏
とりあえずワクチン接種すませました。

一週間後に血液検査
なるべく早く不妊手術と考えています。
けっこう年令がいってますが、今後病気のことを
考えれば安心です。

性格良い子です。
里親様又預かってくださる方募集いたします。
よろしくお願い致します。  』 

いわたわんこ新より転載

moblog_31962957.jpg moblog_919e5a4b.jpg


いわたわんこさん、有り難うございます。

どこからも引き取りを断られ、行き場のない犬の末路は
殺処分・・・・。

命を大切に思う人には辛い話。

現在、大型犬のmixには、希望者が皆無に等しい。
そんな社会的不利な状況の中、いわたわんこさんの
大型犬引き取りの勇気に心から感謝します。


いわたわんこさんのお手伝いで、預かりの出来る方
募集しています。

体格は大きくても甘えん坊で、人にも犬にもフレンドリー
スワレ、フセが出来ます。


このラッキー君を迎えて下さる ご家族も募集中

あしなが支援も募集中

28日に血液検査・マイクロチップ埋め込みなどに
動物病院へ行って来ます。


ご希望がありましたらお知らせ下さい。
又は、いわたわんこのメールフォームから、お入り下さい。

仕事中で直ぐにご返事が出来ない場合もありますが
その場合はご猶予下さい。

ミニピン ダイちゃん

ミニピン ダイちゃんパパからのお便り
 
 DSC_0099.jpg
 
『 寒い日が続き、短毛のミニピンには辛い季節に
  なりました。
  雷蔵君も他のワンコに寄り添って寒さを凌いでいる
  みたいで早く暖かくなってやって欲しいですね。

  私も新年早々インフルエンザにかかってしまい
  寝込んでいましたがダイが布団の中に入って
  温めてくれたおかげ?で今は完治しています。

  マムさんも動物病院など人の出入りが多い所では
  気をつけてくださいね。
  今回も雷蔵君だけでなく他のワンコにも必要な物を
  送らせてもらいます。お受け取りください。 』

 DSC_0104.jpg

 DSC_0106.jpg

 DSC_0100.jpg


ダイちゃんパパ、いつもご支援有り難うございます。

短毛種にとって、冬は辛いですね。
ダイちゃんも、すっぽり埋もれて暮らしているようで
雷蔵とおんなじ・・。

でも、この数日の厳しい寒さには毛の長いワンコ達も
悲鳴を上げています。
老犬には特に身に堪えるようで、どの子も丸くなっています。

早く春が来ますように・・それだけが一同の願いです。

ダイちゃんも、パパもお大事にお過ごし下さいね。

カメラ目線ばっちりのダイちゃん 可愛い~  

ケリー

長毛種の犬は本来ならば、こまめにトリミングを
しなければならないのでしょうが、マム宅では薬浴犬が
優先するので、皮膚に問題の無い普通の犬のシャンプー
トリミングは3ヶ月か、4ヶ月に一度くらい・・。

moblog_8fa6e32a.jpg

ケリーも、モサモサになるまでは美容院へ連れて行って
もらえません。
今回も眼がどこにあるのか判らない程に毛が伸びて
気の毒な状況になってから丸刈りにしました。

moblog_9d1f81b6.jpg

アフター 

moblog_ff66d829.jpg

体重は、やや肥満気味の7㎏
現在はりゅうのすけと同じものを食べているので、
もしかしたら痩せて来るかも・・・。

※りゅうのすけは、徹底してローファット食オンリー
  ケリーには物足りないかも知れませんが
  同じ物でないと、りゅうのすけがケリーの物を欲しがり
  横取りしてはイケないので、二人揃ってローファット食 

moblog_195bd6cf.jpg

ケリー、引き取って6年目になります。

※りゅうのすけも同じ年(2012年)の春に来た
  2ヶ月ほど、りゅうのすけが先輩
 
 

当時の検診では、3才~6才くらいと診断されたので
現在は10才を越し、完全にオバさんになりました。

来客があると、様子を見に来て吠えるようになった。
超ビビリのケリーに自信が付いて来た証拠。

しかし、声帯を切ってあるので声にならない吠え方、
口が動くだけで声は全く出ない。
ハッハッと微かな呼吸音のような音がするだけ。
ひとしきり吠えると気が済むのか、戻って行く。


未だに抱っこが出来ない・・・。
オヤツを差し出すと、もぎ取って逃げるように去って行く。

室内へ入れると、出口を探して激しく駆け回る
物をよじ登って外へ出ようとする、
網戸なら完全に破って破壊してしまう

室内で人と暮した経験がないのでしょう
庭で好きな様にさせてあります。


虐待されていた犬の心のケアは難しい。

現在は、りゅうのすけにくっついていられるので幸せ。
りゅうのすけと一緒なら雨だって台風だって怖くない。

マムの願い~
ケリーの為に、りゅうのすけに長生きして欲しいだけです。


その為には、りゅうのすけに食べてもらいたい
りゅうのすけに、ローファット食品募集中


消化ケア:ローファット缶詰
170925_141258_ed.jpg

多少の脂肪は有っても、ローファットフードに
まぶして食べさせます。
moblog_a57c82f3.jpg

ケリーには柔らかめのオヤツを募集中
半分に切って与えます

moblog_46f71178.jpg

ケリーとりゅうのすけに、ご支援をお願い致します。

隆くん

隆くんママからのお便りメール

『 早いもので隆が我が家に来て5年以上過ぎ
  10歳になりましたが、病気をすることも無く
  とても元気です。

  こんな風にいつも3匹でくっついています 』

 moblog_795afb8e.jpg

可愛い「だんご犬」の写真を、有り難うございます。

この写真には3匹しか写っていませんが、
隆くんママのブログには勢揃いした写真が載っています。

     2018・1・1 隆ママのブログより拝借
o0480036014103177214.jpg

どの子も年を重ねて顔が白くなって来てますね。
皆、仲よく元気でお過ごし下さい。 


詳しくは、隆ママのブログ「ぺぺんち日記」をご覧下さい。
マムにリンク有り。

りゅうのすけ 膵炎の点滴終了

moblog_e58890c6.jpg

前回のブログで膵炎が回復に向かっていると
書きましたが、ようやく点滴の通院が終わりました。

正月明けの検査で、膵炎からの酵素が正常値に近くなり
点滴を止めて様子を見ましょう~となったのです。

完治ではないが、正直、嬉しかった 

いきなり入院した時も驚いたが、退院してから3日に一度の
点滴に通院して下さいと言われた時も困惑した
これが、なかなか困難だった。

薬浴に通ったり、他の病院との時間のやり繰りが大変で、
チョビアル凜母さんやラウルママさんにも協力してもらい
必死で点滴に通った。

点滴が、週一度になった時はホッとしました。

そして「点滴はこれで終了~」と告げられた時は、
思わず、ヤッターと快哉を叫びました。

moblog_34532a4e.jpg

しかし、まだ正常値ではないので、食事は低脂肪に
徹する事を厳しく告げられた。

「でも、食欲を戻す為に何でも食べさせたいんです」

「ダメです。
膵炎が再発する可能性もあるので食事は制限して下さい」

先生の顔が  鬼に見えたよ。。。。


理論的には判るけど、膵臓に負担が掛からない程度の
食物なら良いのではないの?

でも、こんな甘い考えは先生に見透かされてしまった。

「絶対 ダメですからね!!!
 まして、りゅうのすけ君は14才、
 もう無理が効かない年齢です。
 膵臓にダメージがあると、糖尿病を併発する
 危険もあるのですから…」


そうだよね、膵臓に限らずどの臓器も、
もう無理の出来ない体。
やはり、先生の言う事は正しい~~。

でも、いろいろ食べさせてやりたいな。。。。。
まだ口ごもって往生際が悪いマムでした。

moblog_577ccfca.jpg


帰宅して、低脂肪の紗を一口~(先生に内緒)

moblog_ffa2c8aa.jpg

モグモグと食べてます

moblog_a6869d9e.jpg

痩せたら顔が尖がって来た

moblog_7ff68084.jpg

今は椿ばあちゃんより体重が少ない。
先週、病院で計ったら りゅうのすけ 9.2㎏
椿ばあちゃん 9.8㎏

体格はりゅうのすけの骨格の方が大きいので、
もう少し元に戻したい・・・10㎏は維持したい。

何とか食べてくれますように        


りゅうのすけ 今年一年頑張れますように・・・。
低脂肪の食品をお願い致します。


ご支援有り難うございます

こはるママさん 
マラセブシャンプー4本も 
美容院へも、この薬浴剤を預けてあるので助かります。

ナガヨ 風邪か?

チョビアル凜母さんのブログで、凜ちゃんが下痢をした
と載っていました。
老犬は体調管理が難しいので、凜ちゃんお大事に。

171109_171120.jpg

  ミント・アルト宅のミントちゃんも
  ラウルママ宅のラウル君も、具合が悪いとの
  知らせが届いています。
  寒さは今からが本番、皆さんも暮れ々もお大事にね。

※その後、共に回復しましたとのお知らせがありました。


  病院で偶然会ったラウル君  お大事に~
  moblog_3adf7cf0.jpg


ナガヨも朝、起きるなり嘔吐でした。
前日に洗ったので、もしかしたら風邪を引かせたのか??

受診しようか? 暫く様子を見ようか?

迷っている内に治ってしまったようで、
夕飯はペロリと平らげ、その後も異常ナシ。

moblog_c8f12a58.jpg

薬浴をして良く乾かしたつもりだったが、寒い日が
続いていたから薬浴には向かなかったかも・・。

冬の薬浴は気を使います。
仕方ないので冬の間は3日に一度に変更しよう。
暖かくなったら隔日に戻そう。



ナガヨ 何だか怖い顔!? まるで鬼瓦のよう。

moblog_501f6376.jpg

毛が伸びて来たので怖く見えるのでしょうかね??

moblog_6b2f0dfb.jpg

マムは可愛いと思うのだけれども
これでは希望者が無い・・・はず。

moblog_b50e8a57.jpg



シャンプー・トリミングに行って来ました。

薬浴に長い毛は邪魔・・丸刈りにしてもらいました。

20180115-asa22.jpg

どうでしょうか? 可愛くなったかな?

20180115-サークルマムナガヨsk1k

寒いので洋服も着せました。

moblog_5254fd67.jpg


シーズーのご家族募集中

10才くらいのメス
甘えん坊で人が大好き
トイレはシーツで出来るようになりました

薬浴をこまめにお願いできる方を希望


とっても甘えん坊なのですが、マムが動いてばかりなので
膝に抱っこする機会は少ない。

たまに座ると、ナガヨと雷蔵が駆け寄ってくる。
雷蔵も自己主張をするのでナガヨは遠慮気味。

雷蔵に悪気は無く、眼が見えないので、ぶつかって
しまうのです。
そうするとナガヨは驚いて後ろへ引いてしまう・・。

ナガヨだけを可愛がって頂けるご家庭を募集中
いつでも連れて伺います。

あさこちゃん

ジジママさんから、あさこちゃんメール

『 今年はまだコタツ出せていなくて、あさこは
  ビーズクッションで丸くなってますよ~

  いつも、ノアちゃんにご飯を取られても文句言わないのに、
  このクッションだけは取られそうになるとムッとしてます(笑)』

 moblog_39199db3.jpg

どの子にも好きな物、こだわりの物が有るのですね。
あさこちゃんのムッとした顔、見て見たい~。

マム宅では、静かな笑顔で微笑んでいる表情しか
見た事が無かったけど、ジジママさん宅では
激しい表情を見せているのかも・・。

やはり、自分の家では本心が出るのでしょうね。
今年も元気で可愛い あさこちゃんでいて下さい。



ジジママ宅で保護中の猫 ノアちゃん。
暖かいご家庭を求めています。

image3 (1)

痩せて骨皮状態で保護された猫

最初の体重が2㎏もなかったので仔猫と思ったが、
回復した体格を見たら仔猫ではなく若い成猫だった

メス 甘えん坊で人も犬も大好き
避妊手術・混合ワクチン・マイクロチップなど総て済み
ご希望がありましたらお知らせ下さい

当方より、お宅まで連れて行けます。

寒けりゃ犬団子(だんご)

冬の名物 寒くなると始まる犬だんご 

         ストーブは  ここ
171117_075126_ed_ed.jpg

最初は2匹・・1匹増え 

171117_075208_ed_ed.jpg

3匹に・・・

171117_075220_ed_ed.jpg

しかし だんごを嫌う子もいて、大抵は2匹でだんご

171120_084955_ed.jpg



ひと昔前は、犬・猫だんご 

20060218092105.jpg

仕切っていたのは猫の、はつか

20060218081506.jpg

必ず誰かの横へくっついていた

20061231053137.jpg

ストーブを消しても、犬にくっついていれば暖かい

20061201065136.jpg

寒くなると猫が恋しくなりますね^^^^^^



人生の最期は猫と暮らしたい・・が夢だったけれど
叶わぬ夢となりそう

 20090702143821.jpg
  3月20日に拾ったので 
  はつかと名付けた猫


はつかが亡くなって、もう10年  
いまだに写真の向こう側から微笑んでくれます


ちなみに猫エイズ・陽性でしたが、最後まで発症せず
元気に暮らしました
拾った時に1~2才くらいと診断されて、17年間一緒に
暮らしたので、18才か19才くらいまで生きた計算になります

猫エイズを保菌しても予防接種などをしっかりして、
環境を整え他の病気を併発しなければ、長生き出来る


マムのお守り はつか人形  
          
moblog_24ace260.jpg

子猫を保護すると必ず保母さんを務めてくれた

moblog_e40a484e.jpg

左腹が黄色いのはストーブで焦げた跡
      
moblog_44f2d795.jpg


エイズの猫さんを偏見の目で見ないで下さい
陽性の猫でも獣医さんの指示をキチンと守って飼えば
発症せず平穏に暮らせる可能性が大きい

エイズなんて怖くない !!
飼い主さん次第(マムの本音 正直な気持ちです)


皆さんのお宅の名物だんご 

犬だんご・猫だんご・犬猫だんごの写真をお送り下さ~い

雷蔵 インスリン変更その後

雷蔵、インスリンの種類が変わったのに好転しない。

今までは通院している何頭かの患者犬が、
病院にストックしてあるインスリンを共有できたのだが
この新しいインスリンを使っている犬は、雷蔵以外には
いないので病院にストックが置いてない・・。

「通院の度にインスリンを持参して下さいね」と指示されて
いるが、うっかり忘れると血糖検査が出来ない。

止むを得ず、雷蔵専用に病院ストック用のインスリンを
一瓶置いてもらった。(とても高価なの・・・

しかし、せっかく変えたインスリンも効果が無いのでは
何の為に高価な出費をしたのか・・・(最近、愚痴が多い)

先週の血糖検査では全く変化が現れなかった。
先生も首を傾げるばかり。

インスリンを替えても効果が見られず、臨床的には
最悪の状態らしい。
これで普通に生活できているなんて!? と先生は言う

moblog_24cc3129.jpg


しかし、抗がん剤治療も抗生剤も、合う体質と合わない体質が
あるように、インスリンだって適否があるのだろう。

当分、このインスリンを続けて効果が見えなかったら
再び種類が変わるかも知れない。

なかなか、長い道のりだ・・・・・・。

moblog_5de7504a.jpg

寒くなったら毛布を被って眠る日が多い

moblog_ff64176d.jpg

お尻だけ出して・・

moblog_17301d45.jpg

でも暑くなると段々毛布から抜け出て来る

moblog_ecd834ac.jpg

自分で脱いだり掛けたりと、上手に毛布を扱ってます

moblog_b6087efc.jpg

デッキでの日光浴には大きい犬の横へ潜り込む

moblog_4f1c3dc1.jpg

最近、食べているのに痩せて来ました。
体重は5.2㎏
糖の代謝が悪いので仕方ない。糖尿病の特徴的な症状。

moblog_bb03c2a8.jpg

保健所から引き取った時に7.9㎏もあった。
ダイエットしてもなかなか痩せず困っていたが、
高血糖症状が出たら急激に痩せた・・。

他の病気を併発した時に、痩せていると直ぐにダウンする。
太目のほうが、病気で食欲が無くても体力が長持ちする。
このまま維持出来ますようにと祈る日々。

インスリンは1.5単位からスタートして1週間目で2単位に増量。
今回は3単位に増えた。
次回の検査では、どうなる事か・・・・。


雷蔵、今年12才。完全にシニア。
高血糖以外にも、様々な病気が出て来る年齢なので
日常生活は要注意・要観察で今年も頑張ります。


※ 雷蔵の息子 イチロー君は5才になります。
   イチローママさん お便り、お待ちしています
   
   DCF00025.jpg

   DCF00028.jpg

   moblog_d39c0194.jpg
         

雷蔵に あしなが支援を募集中

細く長いご支援を希望・・(雷蔵存命中)

インスリン(1日2回)と血糖検査の費用。
皆様のご理解とご支援をお待ちしています。



ご支援有り難うございます

ホリウチさん 感謝致します

子猫の家族募集

すてっぷにゃむで、幸運を招くと云われている
黒い仔猫の家族を募集しています。


『暖かい家庭を探しています

4か月位の男の子、ワクチン接種2回済み
内外駆虫済み、エイズ白血病大丈夫です

黒猫もっくん
180118-0.jpg

180118-21.jpg

もっくんに会ってみたい方は

nekotama.toshino-taka☆docomo.ne.jp
(☆を@に変えてね) までメールを下さい 』

動物ボランティア すてっぷ・にゃむより転載


一緒に写っている「わかちゃん」も募集中

sp-061117900s1505658785.jpg

はるくん
sp-048122000s1507645886.jpg

直虎 復活!?

耳を咬まれてプライドが傷付いた直虎
徐々に心も癒えて来ているようですが・・

moblog_4a35b85f.jpg

なかなか視線が上がらない
いつ見ても下向きの視線ばかり

moblog_fd1e008e.jpg

多分、初めて噛まれたのだと思う 
それでショックが大きかった

※過去の履歴は不明だが、ブリーダーの遺棄が疑われた
  ケージに押し込められて育つと、他の犬との付き合い方を
  知らずに育つ 
  遊び方も知らないし、噛まれた事もないはず・・

moblog_20175467.jpg

噛まれて以来、オヤツを見せても直ぐには側へ来ない
周りを見て用心している

元気一杯に戻るのは、まだ先の事
と思っていたら~~こんな現場を目撃!!


誰かのご飯を奪って食べてる!!

171113_050633_ed.jpg

柴犬が多いので誰かと見間違えかと思ったが
首輪の色が青(首輪の色は全員違うので・・)
一番上の写真も青い首輪

171113_050626_ed.jpg

食べ終えて顔を上げたらやはり直虎だった
ご馳走さん~と庭へ走り出て行った

元気になっていた!! 元気が戻って良かった!! 

しかし直虎のご飯は別の場所で出したはず
それを食べて、又こちらで奪って食べているのか?

一気に太った原因はこれだな・・
元気が復活したのは嬉しいが、ドロボーはイケませんよ

※ 実は直虎のご飯は、ももちゃんに奪われていたので
  空腹のあまり他の犬のご飯を奪って食べていたのだ 
  適正な量など、もはや無視  

こんな事をしていたら肥満は当たりまえ  困った!!
対策を講じなければ・・・・

171210_134551_ed.jpg

・・・やはり太い!! 
保護当時5㎏だったなんて信じられないよ(現在12㎏)

保護した当時のウエスト・・
moblog_8fcdd3fc.jpg

現在のウエスト・・
171210_134518.jpg

直虎を見ると、つい、ウエストに眼が行ってしまう 

だ、だれか、痩せる薬をお願い~~

リリーさん&優ちゃん

お正月も終わって優ちゃんの憧れの人も去り
リリーさんと優ちゃんに、平穏な日々が戻って来ました。



お正月明けは暖かくなり日光浴三昧の毎日



優ちゃんは、憧れの人との楽しかったひと時を
反芻して思い出しているよう・・・



それとも、ただの居眠り?



リリーさんは、この時とばかりに
リーママさんにアピール



リーママさんの手が気持ちよさそう・・



もう少し・・撫でて~



もっと、もっと、もっと撫でて~



リリーさん、引っくり返ってしまうよ



リリーさん&優ちゃんの最高に幸せな時間


この2匹は飼い主との別離で、一時的には
不幸のどん底でしたが、結果から見ると
幸せを掴みました

ボランテイアの手元での暮らしは、沢山の犬の中で
心のケアが難しく、困難も多い中で、この2匹は
リーママさんのお陰で平穏に過しています

稀なケースですが、本当に幸運と言って良いでしょう
リーママさん、有り難うございます

リリーさん&優ちゃんを宜しくお願いします~~

星になった あきちゃん

2018年1月18日 あきちゃんが星になりました。 

DCF00423.jpg

自己免疫疾患と診断され、昨年暮れ頃から
具合が悪かったとの事。

心よりご冥福をお祈り致します。


ペキニーズのあきちゃんは、昨年1月に保護した犬。

覚えていらっしゃるでしょうか?
2017年1月7日、氷が張るような寒気が日本列島を襲い
マム宅でも飲み水に氷が張ったと記事に書きました。

そんな日の早朝、2匹の小型犬が公園駐車場に遺棄してあった。

もしかしたら前日の夜からその場に遺棄してあったのかも
知れないが、とにかく無傷で発見され保護された。

moblog_82238cd8.jpg

発見したのはルートママご夫妻。
マム宅へ運んで下さった時には涙が出ましたよ。

この寒さに中を、よくぞ生きていた・・そんな涙でした。

いわたわんこさんのお世話で、とっても暖かいご家庭へ
迎えられたのに、自己免疫疾患と言う難病を発症。
あっという間に旅立った短い命でした。

あきちゃん、どうぞ安らかにお眠りください。  

星になった梅吉くん

2018年1月19日 梅吉君が星になりました  

ナナ子さんから
『 梅ちゃんが19日14時頃、星になりました。
  あまりに突然で泣くしかないですが、
  最期まで看取れたのが何よりでした。』

moblog_d8ec8b33.jpg

梅吉君のご冥福をお祈り致します。

2011年に譲渡して7年間、大切にお世話して頂き
有り難うございました。

糖尿病を発症しインスリン注射も大変だったとの事
最期まで看病下さり感謝致します。

前の飼い主さんは病気で入院。
一人残して来た梅吉君の事を心配して亡くなったと
聞いていましたが、今頃は虹の橋の向こうで再会し
近況報告をしているかも知れませんね

今の飼い主さんも梅吉君を心の支えに暮らしていらした方

大切に大切に飼って下さっていたので、突然の別れで
どんなにか苦しく辛い事でしょう。

どうぞ心丈夫にお過ごし下さい。
梅吉君はいつでも飼い主さんの側にいますよ。

梅吉君 安らかに~~  

敷物 食べないように~~

超元気の夏&秋コンビも、揃って新年を迎えました。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

ビーグルの夏、異嗜に困っています。

今までに首輪・リード・タオル・敷物など数知れず
腹の中へ収めて来たので、敷物を与えるのが不安

でも、この寒さ・・・・・
迷いましたが、思い切って昨年暮れから敷物を入れています。

171210_155120.jpg

始めは少しずつ~~、日に何回も見廻ってます。

171210_155131.jpg

敷物に顔を近づけていると、食べているのでは?と
疑心暗鬼。

171210_155138.jpg

小屋の入り口が変形して来た  齧った跡です
171210_155145.jpg

小屋の中へ入れても、引っ掻き出してしまうので
外に敷いてあります。
敷物を増やして見た。早速破り始めて数分後にはボロボロ。

171211_135439.jpg

雨が当たらないので小屋の外でも問題ナシ。

171211_135421.jpg

噛み千切ってはいるが、食べているかどうかは不明。
食べれば必ず下から出るはず。

171210_131830.jpg

冬季は寒さ防衛の為、哺乳類は生理的に
お腹が空くのでフードをやや増量。
肥満対策は来年暖かくなってから考えます。

171210_124306.jpg

敷物をどうぞ食べないで~~。 それだけが唯一の願い。


moblog_f68598d7.jpg

過去にはこんな例もあったので   イマイチ心配。

moblog_9f6c1516.jpg



なお 歯の丈夫な大型犬には硬いガムを募集中

STIL0003_ed.jpg

ガムで気を紛らわせています

STIL0004_ed.jpg
 

    ドッグフード ビタワンシニア 年中募集中
    この袋を(6㎏)4日~5日で食べてしまいます

P004104.png


常にお腹を空かせている、夏&秋コンビに、
皆様のご支援をお待ちしています


mix犬秋はフィラリア陽性の為、通年で治療を受けています。
秋のあしなが支援を募集中。

ねこひな祐希ちゃん

ねこひなさんからのお便りメール

 moblog_085e67c6.jpg

『祐希が 棒状に立った爪とぎを使えるようになりました

 祐希用に 寝たままできる浅くて広い爪とぎや
 壁に取り付けるものもあるのですが、やっぱり
 他の猫たちと一緒に やりたかったみたいで、何度も
 失敗しながら短い間ですが 爪をとげるように なりました

 右足で立ち、短い左手と左足を 爪とぎに当てて
 バランスをとり、右手の爪をとぐという 離れ業です

 右手に残った4本の爪を 爪とぎにひっかけて、満足そうです

 祐希の小さくても 沢山の頑張りが詰まった成功に、
 とても素敵なお年玉を貰った気持ちです  』

 moblog_042dd55c.jpg

祐希ちゃんの頑張り、素晴らしい!!。

猫が爪とぎしても当然と思われるでしょうが、祐希ちゃんは
左側の手と足が切断されているので、普通の猫のように
立ち上がって、爪のある方の手を爪とぎするなんて
奇跡のような行為なのです。

写真を見ると左手の先が無いのが判ります。
良く見ると左足先も無いのが判るはず・・。

ねこひなさんの気持ちが痛いほど理解出来ます。
ほんの小さなで頑張りでも、飼い主さんにとっては
ビッグなお年玉。

祐希ちゃん、今年もいろいろな奇跡に挑戦して下さいね。

たっくん 17才に

子犬の時、動物病院にもらって頂いたmix犬の「たっくん」

180107_120251.jpg

院長先生と同じ名前を着けてもらい、病院のアイドルとして
看板犬をしています

moblog_26374b73.jpg

若い頃の たっくん   

moblog_22eae562.jpg



現在の たっくん  17才ですが現役看板犬です

moblog_3e251852.jpg

マムが診察室に入ると必ず顔を見せてくれる

moblog_2de24ffe.jpg

でも視線はいつも院長先生を追っている
たっくん~と呼んでも、こちらをチラッと見るだけで
関心は院長先生

とにかく院長先生が大好き  

今年17才になります

最近ちょっとした変化が現れているらしい・・
サークルの中で一人で眠るようしつけてあったのですが
先生が側にいないと脱糞して踏みつけてしまう
仕方ないので今は横へ布団を敷き、床に並んで寝るそうです

だから留守に出来ない
留守にすると脱糞してある
しかも体調が悪い時の状態で出してあるから大変!と
笑っていらした

痴呆ですか?と尋ねたが
まだ意識はしっかりしていて痴呆ではないらしい
先生もこんなに、しっかりした犬は初めてだ~との事

17才を迎えるのに、意識がはっきりしていて
元気に歩けるなんて幸せな事

動物病院だから、獣医師も看護士さんもトリマーさんも、
沢山お世話する手があり、充分なお世話をしてもらえている


平成13年、まだ離乳さえも済んでいないような
仔犬の時にセンターへ処分に持ち込まれた犬

無論、持ち込んだのは飼い主  
昔は仔犬でも、山ほど処分された時代があった

※ ちなみに たっくんが持ち込まれた年(平成13年)の
   静岡県殺処分数は  犬:3200匹 猫:10052匹
  (静岡市を除く・・静岡市は独自に処分施設を持っている為)

産まれは不幸でしたが、その後の一生は
幸せだったと言って良いでしょう

たっくん ガンバッて長生きをして下さいね~

アッシュちゃんのお母さんから

アッシュの母ちゃんからお便りメールが届きました。

 moblog_5ad2cd20.jpg

『アッシュは無事戌年を迎える事ができました。

 前回、高カルシウム血症で治療中とお知らせしましたが、
 それについては外部委託して、詳しい検査をした結果
 治療しなくても良いと判断されました。

 ですが、食欲は相変わらずなく、2種類ある処方食を
 食べなくなってしまいました。
 12月は毎日の様に点滴に連れて行きました。
 とにかくなんでもいいから食べさせる様にと言われましたが
 なかなか難しく、レトルトで食べやすそうな物を買っては
 開けてそっぽ向かれて廃棄してを繰り返してました。

 現在ようやく食べてくれるフードが見つかり、それと
 ヤギミルクと、1種類の処方食(ちょっとは食べてくれる)を
 食べてくれる様になりました。
 でも一番好きなのはマックのポテトです 

 体重は一時期3.6kgにまで落ちましたが、3.8kgまで
 回復してきています。

 低空飛行ながら頑張っています!
 今年の誕生日も迎えられる様に。 』

 moblog_b33516ac.jpg

アッシュちゃん、無事戌年を迎えられて、おめでとうございます

老犬は、とにかく食べて元気で過ごしてさえくれたら
言う事ナシですね。

今年は19才になるのでしょうか?
途中から引き取った犬としては、大変な長生きです。

是非、20歳までも21歳までも生き抜いて下さいね。
ギネスブックも近づいて来ますよ。
 

お誕生日

ラッピーママのブログから、ラッピー君の
うちの子記念日を転載


『1月11日はラッピーの11歳のお誕生日でした

何が食べたい?って聞いたら
「肉。肉。肉」って事だったので(*´∀`人 ♪

180112-2.jpg

大盤振る舞い

180112-3.jpg

あんまりマテをさせてるとね
180112-4.jpg

180112-5.jpg

そんなに大きなお口開けなくても・・・(笑)


180112-6.jpg
そんなに慌てて食べなくても(笑)


ニャンズにもお裾分けね~
180112-7.jpg

180112-8.jpg

ラッピー11歳おめでとう~
180112-9.jpg

かぁかにとっては、まだまだ、おこちゃまなんだけどね』

ラッピーハッピーライフより転載




ラッピー君、お誕生日おめでとう  

写真で見ると眼がやや白くなっているような?
気のせいかな・・・

でも肉食男子健在だから、まだ大丈夫ですね 

ラッピー君の写真を見ると、いつもタイムトラベルで
過去のあの日に戻ってしまいます

moblog_a4af2cd4.jpg

瓦礫の中から保護した日  

moblog_190165c8.jpg

他の兄弟が凍死した中で生き残った2匹の仔犬

空気までもが凍てつくような大寒の朝、
まだ眼も開かず臍の緒も取れてはいなかった・・
生後2~3日と診断された

つい昨日のような気がしますよ

ラッピーママがミルクで育児
そのまま我が家へ迎えて下さった 

20070317045407.jpg

若かりし頃の  ちょこ姉ちゃんと 

moblog_2861709c.jpg

ちょこ姉ちゃん、今も美人です・・ 


生き残った2匹の兄弟犬 チャッピー君 
尻尾は凍傷で半分千切れてしまった

20070211035838.jpg

グングン大きくなり~

20070203050101.jpg

20070222152344.jpg

20070225001539.jpg

現在はこんなに風格のあるワンコに~

20070428023813s.jpg


ちなみに、ラッピー君はどの写真を見ても、かぁか かぁか
とカラスが鳴くようにママを呼んでいますが・・

170424-1.jpg

これは、鳥のヒナが卵から孵り、眼が開いて最初に見た
動く物を親だと思うという、ローレンツ博士の発表した
「刷り込み」という行動

ラッピーも眼が開いて最初に見たのがラッピーママだったので
少しでも離れると、 かぁか かぁか と鳴くんだよ 

ちょこ姉ちゃんと仲よく、いつまでも元気で暮らして下さい。

moblog_bceefa82.jpg

more...

ご家族募集中の犬と猫

小型犬の新しいご家族を募集中
希望者さんが見つかるまでは飼い主さん宅でお世話します


プードル オス 6才 とっても頭が良く性格も良い
DCF00377.jpg

マルチーズ オス 6才 甘えん坊で人が大好き
DCF00378.jpg

去勢手術・混合ワクチンなど全て済み。

DCF00376.jpg

静岡県内の方、愛知県東部の方を希望
こちらから連れて訪問致します

飼う為の約束事があります
・集合住宅はペット飼育可能な住宅に限ります
・家族全員の賛成が必要です
・その他、メールフォームよりお問い合わせ下さい


行き場のない猫達もご家庭を募集中です

わかちゃん メス 
1511133086260.jpg

はるくん オス
1511133037742.jpg

ノアちゃん メス
image3 (1)

ペースくん オス
171116-3.jpg

生後2ヶ月くらい オス
180109-1.jpg

ご希望の方は すてっぷにゃむへ お願いします。
ブログ メールフォームからお入りください。

飼う為のお約束がいくつかあります。
詳しくはお問い合わせ下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いわたわんこでも小型犬の家族を募集中

DSCN2818.jpg DSCN2819.jpg DSCN2820.jpg
ジャックラッセル  チワワ     ヨーキー

不妊手術や検査など全て済み

いわたわんこのメールフォームより、問い合わせを
お願いします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご支援有り難うございます

ながおか舞さん
むぎ君母さん
ラウルママさん
ルークママさん

すいーとまむさんの募金箱 10286円
募金にご協力を下さいました皆様、感謝致します

moblog_92c12495.jpg

すいーとまむさんは、浜松市浜北区本沢合にあります
詳しくはネットで
「浜松市すいーとまむ」で検索をどうぞ~~

寅さん 皮膚炎再発

moblog_85ee5d6b.jpg

寅さん、皮膚炎再発!!!

昨年の秋、皮膚炎を発症し、大急ぎで病院へ 

早期治療の結果、早期に終息したと思っていたが
再発した。

炎症が背中から脇、足の付け根あたりまで広がっている。
下腹部から大腿部の内側が黒く変色し、皮膚も赤味を
帯びて痒そう・・。

moblog_60d60be5.jpg

ポツポツと脱毛している部分は、触るとボコッと
大量の毛が抜けて来る。

moblog_fa1dee30.jpg

検査の結果は雑菌に加え、マラセチア菌が多く出た。

マラセチア菌は常に皮膚にいる菌(常在菌)で、通常は
悪さをしないが抵抗力が落ちたり体力が落ちたりすると、
途端に暴れはじめる。

抗生剤を処方され、こまめに薬浴するよう指示された。

moblog_5d573957.jpg

ナガヨにナナ、続いて寅さん・・・こりゃぁ~大変だ。

マラセチアを発症した3匹の共通事項は、老犬。

老化に伴う抵抗力などの低下が原因で再発したと思われる。
完治は困難だろう。


大型犬は風呂場で洗っても、乾かすのが難しい。
夏なら風で自然乾燥でも良いのだが、冬場では
対応できない。

冬場はダックさんへ予約を入れて、こまめに薬浴して
もらうしかない。
これも老犬介護の一つだ・・・・・



右耳が根元から  ちぎれているのが良く判る
20180107-サークルマムトラ


ナナと寅さんの 薬浴支援 を募集

先生からは、本来なら3日に一度くらいの頻度での薬浴が
必要と指示されているが、大型犬は費用も嵩む為、
現在、ナナは10日に一度。
寅さんは週に一度の割合で洗ってもらってます。

この2匹に薬浴支援をお願い致します 


ナガヨはチョビアル凜母さん宅とマム宅で
2日に一度洗っています。

ナガヨの薬浴ボランテイアさんも募集中。
ご自宅の風呂場で洗える方希望。
薬用シャンプーはこちらで用意します。

moblog_b50e8a57.jpg

皮膚炎の老犬達に、ご理解とご支援をお願い致します。

ナナ 胸の出来物(脂肪腫)が大きくなった

痒みが減って、気持ちよく新年を迎えられたナナ。

20171215-a15.jpg

昨年は、クッシング症候群治療と皮膚炎治療に
通院していましたが、お蔭様で皮膚炎の方が
快方に向かっています。

皮膚の赤味が消え、ジクジクが無くなった。
乾燥して来たらフケが出るようになったが、これは
良い兆候として捉えている。


皮膚の痒みは季節が大きく影響しているとの説明で、
夏になるとぶり返す可能性もあるらしい・・。

先生から、この良い状態の間に、皮膚を強くしましょうね
との提案があった。

1:皮膚を傷つけないで健康な皮膚にして置く事。

  痒くて掻かせると、そこから菌が侵入し、
  周りも侵されて皮膚がダメージを受ける。
  薬浴を継続し、皮膚を清潔にして健康を保つ事。


2:ドッグフードで皮膚を内面からバックアップする。

  健康な皮膚を保つには、バランスの良い食べ物
  特に良質なたんぱく質が不可欠。
  暫くは療法食に切り替えて様子を観察しましょう。


と言う事で療法食が示された  
「低分子プロテインライト」
213010092.jpg

これはマムも納得。
食べ物で内面から治すのは人間では常識。
美しい髪も健康な皮膚もすべて食べ物に由来する。

冬の間、このフードで通して見て、夏になったらどうなるか?
変化を観察します。

moblog_f130555c.jpg

現在は生えている毛もまばらだが、キレイにフサフサと
生えてくるのを期待しよう。

※ 左右対称に毛が抜けて来るのは、クッシング症の
  特徴的な症状でもあるので、果して、ドッグフードで
  ケア出来るのかどうかは疑問・・




そして、少し前に気づいた胸の垂れ下がり部分。
大きくなって来ました。
触ると柔らかいので、悪性の腫瘍ではないのだが
こんなに大きくなると気になる。

171217_100152.jpg

先生からは「検査して見ますか?」と聞かれたのだが
いえ、不要です・・と答えた

悪性でなかったら、このまま墓場まで持って行って
もらいます。
年齢も高くなってきたし、福沢諭吉先生も不在なので
今、手術を受ける状況にはない。


皮膚炎の治療や薬浴で、かなり体力を消耗しています。
マックス32㎏あった体重がどんどん減って、
先日の検診では24㎏。

減量は嬉しいが、こんなに急速に減量すると体調が
乱れる元。
薬浴は今後も継続しなければならないので、なるべく
体力は温存してやりたい。
是非でなければ手術は回避したい。


腹の皮膚は黒化したまま・・皮膚炎が酷かった証拠

171217_100616.jpg

物凄く老婆に見えます  この一年でめっきり年を取った

20171215-サークルマムナナ

ナナには今年も、薬浴あしなが支援を募っています。

療法食の低分子プロテインライトも募集中!!

優ちゃん憧れの人

リーママさんから新年最初のお便りです。 moblog_4f82260d.gif

12日は宮中で歌会始が催されましたが、同じ日、
リーママさんからもお歌が送られて来ました。

嬉々として
帰省し子の下駆け寄れば
変わらぬ眼差し初夢叶う
  


では、憧れの人に再会でき、初夢が叶った優ちゃんの
嬉しい表情をご覧ください。

moblog_537117c5.jpg

moblog_884af274.jpg

moblog_7f63b12a.jpg

優ちゃんの、とろけそうな顔・・・

moblog_7774bca6.jpg

moblog_e1562434.jpg

moblog_767de662.jpg

moblog_5c0aca27.jpg

moblog_fa9e2af2.jpg

moblog_270bcb93.jpg

moblog_8fdc7856.jpg

リリーさんも撫でて~と寄って来た

moblog_9b4aaf6d.jpg

moblog_43494431.jpg

moblog_01c6d263.jpg

moblog_d45c4154.jpg



リリーさん満足げな表情









ハンサムボーイが走ると優ちゃんも
絶対に離れるものか・・とピタリ着いて走る



優ちゃんのパワーに付いて行けず、
リリーさんは見送るのみ・・




このハンサムボーイは優ちゃんの憧れの人 

お正月には必ず会えるので、この日が待ち遠しい。
毎日ご飯をくれるママよりも、毎日お散歩に行って
くれるパパよりも、このハンサムボーイが大好き。(*´∀`)

ガムのように離れない
撫でられて、うっとりとした表情で和んでます。
こんな優ちゃんの表情は珍しい・・・。(*^^*)

一年に一度だけでも好きな人に会える幸せ~~

優ちゃん、リーママ宅へ預かってもらい最高の幸せを
もらいました。
今年は14才、残りの日々を楽しく元気で過ごしましょうね

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント