FC2ブログ

ももちゃん

腫瘍摘出手術を済ませた ももちゃん

術後服を着て2ヶ月も過ごしたが 今ではすっかり元気になり
話題が無くなってしまった

DCF00759.jpg

前回は1月に洗ったきりだったので 8ヶ月振りに
シャンプーに行って来ました
手術後の傷が悪化し 回復するまで長い時間を必要とし 
こんなに過ぎてしまいました

170827_120124.jpg

でも この原因はももちゃんが傷口を広げてしまったからだよ

術後服を着せて舐めないようにし ラウルママさんが
2ヶ月以上も消毒に通って下さった

本当に感謝しています  


今回のシャンプーだって ラウルママさんの送迎で 
無事済みました

ラウルママさんが大好きで マムの事はご飯オバサンと
しか思っていないらしく 尊敬も感謝も無いももちゃん

気に入らないと 未だに唸る ・・
ラウルママさんが来ると 前足を掛けて尻尾ブンブン  

その態度が マムに対するのとあまりにも違うので 
あっけにとられて見ています



ももちゃんは 「外面如菩薩内面如夜叉」 のタイプ
外づらは良いけれど心がキツイ とでも訳せば良いでしょうか

でも マムが嫌なのは こういう大勢の中で暮らした経験が
ないからで 自由を主張したももちゃんの性格が悪いのではない

大勢だと制御される事も多い
ケンカをしてハクが出血すると 「ももちゃん 止めなさい!!」 と
大きな声で叱られた
車や病院は馴れないのに 検査だ 手術だ と嫌な事ばかりする
マムなんて嫌いだよ とハッキリ態度に出ていた


ももちゃんへお願い ~  
現在13才 残された時間はあまり無いかも知れないが
もっとマムに馴れる努力をして下さいね
マムはももちゃんの事 大好きだよ !!



ももちゃんがシャンプーから帰ってきたら
皆が臭いを嗅ぎに集まった 

170827_121207_ed.jpg

いい匂いのコロンを付けてもらったようです

170827_120458.jpg

直虎もご機嫌でお出迎え ~ 

170827_120957_ed_ed.jpg



これは6月頃の写真ですが  ももちゃんは直虎が大好き

moblog_ee128249.jpg

ハクとは血みどろの関係でしたが 直虎の側にいれば 
こんなに良い子で 穏やかにしていられる

好きなワンコと一緒に暮らせるのは大変良い事
心が和みます
心が癒されます
心も体もリラックスできます

この感情は人間と一緒
ももちゃんも直虎と共に穏やかな老後を過ごして欲しい



moblog_567a5bb0.jpg

でも そうすると ももちゃんが生きている間は
直虎の家族探しが出来ないという事か ・・・

ももちゃんと直虎をセットで迎えて下さる家庭はないものか ?

まず無いでしょうね            


歯の丈夫な犬用に  やや硬めのガムを募集

DCF00049.jpg

又は こちらの  柔らかめのガムでもOK

moblog_ae73af51.jpg


ご支援 感謝申し上げます

しょぱんねえねさん  
アルト・ミントちゃんのママさん
マリちゃんのママ



うど君へと
小春ママさんから防水シーツをご寄付頂きました


サニーちゃんのママさん いつもご支援有り難うございます
サマーカットした写真を 是非お送り下さい

moblog_f9d751f3.jpg

星になったマリちゃん

2017年8月15日 マリちゃんが星になりました
享年12才

ママからのお便り

『 マリは8月に入り下痢がひどくなり 12日13日に少し
  元気になったかと思ったら14日からは何も食べなくなり
  15日に静かに旅立ちました

  病院を変えて毎日点滴と注射をして治療していましたが
  途中で胃拡張になってしまい緊急で入院したりもしました

  マリは我慢強くて、鳴いたりする事もなく表情一つ変えず
  頑張りました
  最期の旅立つ時に初めてちょっとだけ苦しそうな顔をして
  その後静かに息を引き取りました
  本当に可愛い利口な子でした
  
  先住犬が亡くなってから、やっと自分が遠慮せず甘えるように
  なって、私の頭の横に来て嬉しそうにお布団で眠る姿を
  思い出だして毎日泣いています

  治療はあれで良かったのか ?
  毎日嫌いな車に乗せて病院へ行ったのは間違っていたのでは
  ないか、これをしてあげたらとか、あれを食べさせたかったとか
  色々思います楽しい思い出も沢山あり、それを思い出して又
  泣いてしまいます
 
  マムさんのブログでマリを見て、余りにも悲しそうな瞳と、何度も
  された帝王切開の傷跡を見て、即座に里親になろうと決意した
  事を昨日のことのように思い出します

  悲しかったけれど、この子を引き取って本当に良かったと思います
  今 手元にキャバリアとダックスがいます
  この子達と最後まで楽しく暮らして行きたいと思います  』

 STIL0001_ed.jpg


マリちゃんのご冥福を心より お祈り申し上げます  

最期まで大切にお世話下さり感謝申し上げます

前半生の不幸な生き方から脱し ママの溢れるような愛情で
幸せな暮らしをさせてもらったマリちゃん

きっと 「ママ有り難う!!」と お礼を言いながら虹の橋を
渡ったと思います


繁殖に使われたメス犬は悲惨です

出産の度に腹を切開され 仔犬を取り出して縫い合わせ
また繁殖に使う ・・

命ある動物に強いる行為ではありません 

しかしペットブームの陰では こんな悲惨な状態に
置かれた犬達が 命を削って人間に貢献しています

裏の事実を知ったら 安易に動物を買う事などできない

マリちゃんの犬生を通して 皆さんに真実を見て欲しい
そう思います

マリちゃんのママさん 最期まで大切に有り難うございました
 


オムツ・オヤツ等 沢山のご支援 感謝致します      

雷蔵 まだまだ検査中

雷蔵の検査がまだ続いています

170814_092331_ed_ed.jpg

今回は 半日入院して血糖検査を受けた
朝 病院でインスリンを打って 時間を区切り
血糖数値を計る検査

170815_065013_ed.jpg

インスリンが殆ど出ていないらしい
その結果インスリンの投与量が増えた

現状は不足のインスリンを補充する方法しかないので
朝晩インスリン注射を必ず打つ事が日課になり
インスリンの打ち忘れが忘れないよう 大きな文字で
「雷蔵・食後・インスリン注射」 と書いた紙を壁に貼った



オマケに血液検査の結果も乱高下 ・・

170815_065035.jpg

悪い数値の項目が増えている
全体的には横ばいからやや下降と考えて下さいとの
説明を受けた

moblog_564866d5.jpg

雷蔵 急に一体どうしたのだろう
今まで悪い所がまったく無くて 安心していたのに
すべてが一気に悪くなって来た

視力も落ちている 
オヤツを見せても反応しない
直ぐ側まで近寄り 動かすとようやく気が付く
やはり高血糖による障害か ・・・

今は不自由はないが失明する事は間違いないようだ   

月末に再び半日入院して検査を受ける予定


雷蔵へのご支援を募っています

インスリン費用 検査費用 目薬費用 等希望


マナーベルトとトイレシーツも募集中

・ 昼間はマナーベルトで室内フリー
・ 夜間はマナーベルトを外し トイレシーツを敷き詰めた
  サークル内で就寝

トイレシーツは大小どのサイズでもOK

DCF00151.jpg

170816_064249_ed.jpg


お散歩には元気で行っています

IMG_20170810_165628[1]

インスリン注射を打ちかけたら元気が戻りました

IMG_20170810_165410[1]

撮影 リーママさん

マルちゃん

マルママさんからのお便り

『 ママは夏バテと夏風邪で通院中ですが
  マルはと云えば快食、快眠、快便で羨ましい限り 

  避暑地である お風呂場のタイルの上で爆睡中です  』

  170826_083303.jpg

マルちゃんの可愛い寝姿 ・・ たまりませんね 

お風呂場は マルちゃんの夏定番の避暑地
独り占め出来て羨ましいです

猛暑も あと ひと頑張り   お互い頑張りましょう


いつもご支援下さいまして 有り難うございます
今月は痒みに苦しんでいるワンコへご支援~との申し出

ナナが31日に薬浴なので 使わせて頂きます
感謝申し上げます


20170809-asa19.jpg

夏の汚れをスッキリと~

リリーさんと寅さんが一緒にシャンプーへ  

マム宅の老犬は治療が優先するので シャンプーは
年に2~3回程度 ・・・

ダックさんで洗ってもらうのですが 皮膚の状態を
観察してもらえるのでプロの眼は有り難い

IMG_20170824_163852[1]

前回も短くしましたが 3ヶ月経つと伸びてモサモサに
なっていた

IMG_20170824_163907[1]

リリーさんのアフター
なんだか顔つきまでシャキッとしました 

DCF00875.jpg

DCF00876.jpg

リーママさんから この夏 食欲が落ちてオヤツがメインと
聞いていたので心配でしたが ダックさんのドッグランでは 
歩き回っていたとの事

20170825-サークルマムリリーsk1k

帰りの車の中でも立ち上がって周りを見ていました
環境が変わって テンションが上がったのかも?

170825_153921_ed.jpg


寅さんも病院へ輸血ドナーの検査に何度も付き添いをして
多忙な日々でしたが ようやく一段落してシャンプーへ 

20170825-サークルマムトラ

サラサラの手触り 
硬い毛だけどそれが却って気持ちいい

先日のブログを見て アルト・ミントママさんが 
「寅さん 可愛いですよ~」 と電話下さった ・・ 
とっても とっても 嬉しかったです
 
大型犬でも やっぱり寅さんは可愛い ~   




まめも久し振りに洗ってもらいました

20170526a-12.jpg

「ギャ~~ 助けて ~~ 嫌だよ ~~」 という表情

20170823-asa32.jpg

乳び胸の後遺症で肺に障害が残り 呼吸困難が起きる為
走ったり激しい運動等は禁じられている
シャンプーなど呼吸数が上がる手入れも要注意だ

呼吸困難が起きたら直ぐに病院へ搬送しなければならないので 
シャンプーが済むまではマムも駐車場にて待機

沢山の犬の中で一番気を使います

20170823-サークルマムマメ

らぴこさん まめにご支援有り難うございました


シャンプーは健康管理の一環として実施しています
ご理解の上 今後もご支援をお待ちしています

9月になったら 夏・秋なども洗ってもらう予定

ミニピンのダイちゃん

雷蔵を応援して下さっている ダイちゃんのママから
お便りを頂きました

  DSC_0078_20170828123031.jpg

『 我が家のダイも7歳になってから だいぶ落ち着いて来て
  シニアらしくなって来ました
  家の周りに小さいですが畑と ダイ専用ドッグランがあり
  出来るだけ散歩以外でも外で遊ばせるようにしています

  DSC_0074_20170828123037.jpg

  雷蔵君は病気もあるので これから大変になって来ると
  思いますが頑張ってください  
  これからも雷蔵君の近況を楽しみしています 』

  DSC_0073_20170828123046.jpg


  ダイちゃん ご家族の皆さま 雷蔵への応援有り難うございます

  ダイちゃん専用のドッグランが有るなんて うらやましい ~
  外で沢山遊んで長生きする ・・ 理想ですね

  健康が一番 !!
  ダイちゃん 沢山歩いて沢山食べて どうぞいつまでも元気でね

  雷蔵も 細々とですが頑張っています  

ナガヨも手術終了

前に少し書きましたが シーズーのナガヨも避妊手術が
してありませんでした

170812_111210.jpg

未避妊のメスは乳腺や卵巣・子宮など生殖関連腫瘍の
発生率がダントツに高く 又 それが悪性である率も
6割を越え命にかかわる恐ろしい病気

ナガヨは推定年齢10才くらい (実はもっと行っている?)

繁殖防止の意味での手術はもう遅いが 腫瘍発生を
予防する意味での手術なら今からでも間に合う

moblog_9e736a25.jpg

moblog_5e2c69ac.jpg

心雑音があるので心臓が手術に耐えるかどうかの検査を受けた
僧房弁不全症の初期との診断で 手術に耐えうる事が判明

手術が出来るのなら早目に予防をしたいと思い
25日に避妊手術を済ませました

moblog_4ede30ef.jpg

こう書くと簡単に決めたように思われますが 実は先生とは
三回に亙って話し合いをし 安全を確認

高齢なので種々な心配はあるが 万一の時は 再び 
寅さんを待機させて手術を実施する事に決めた

これで 老後は安心して暮らせます

むろん老化に伴う病気はいろいろ発生すると思うので
それはそれ ・・ 病気が発生した時に考える

170819_123450.jpg

当面は眼と皮膚の手当てに注力

皮膚が全体に赤く とても痒がる
この赤味と痒みの原因も探って欲しい希望を先生に伝えました
順次検査をする予定です

原因が判明するまでは3日に一度の薬浴が頼り
チョビアル母さんには 薬浴担当で本当に申し訳ないですが
どうぞ 宜しくお願い致します

170822_133558.jpg

ナガヨは心臓弁膜症初期の為 今後 3ヶ月置きにエコーや
レントゲンの定期検査受ける予定

実は首の付け根の左右のリンパ節に膨らみがあるそうです
足の左右の膝の後ろにもグリグリがあるらしい
悪いものでなければ良いのですが ・・・

細胞診で外部検査に出しました
運が悪ければ 再度手術と云う事になるかも ・・・・


ナガヨにもご支援を募っています

犬の指定は 「ナガヨ」 とご記入下さい


人間も同じですが 加齢によって免疫が低下したり
細胞が傷付いて病変したりと 腫瘍の発生率が高くなります

高齢の犬を引き取る時に承知で引き取っているので
苦しんでいる老犬には最期までキチンと治療をしてやりたい  

皆様のご支援をお願い致します


170825_094401.jpg
 

mix犬ナナちゃん & チーちゃん

皮膚炎の為 隔週で薬浴に行くシーズーのチーちゃん

mix犬ナナちゃんと同じ病院なので シャンプーの重なる日が
良くあります
今月18日のシャンプー日にも ナナちゃんと順番が前後
だったようで写真が揃って掲載されていました

まず チーちゃんが載って ~ 

o0480064014007871998.jpg

その次にナナちゃんが載っていた

o0480064014007872032.jpg

絹糸のような美しい毛
一度 会いたいな~と思っていますが 送迎の時間が
違うのでしょうね なかなか会えません

moblog_8a01761e.jpg

ビフォー & アフター として何度も掲載しましたから もう
ご存知ですね
動管センターで処分予定だったmix犬

モサモサの酷い状態の毛だったので犬種が特定できず
センターではmix犬になっていました


マムには腹を見せた事がなかったのに お見合いに行ったら
その場で お父さんにヘソ天しちゃったナナちゃん
ちょっぴり嫉妬を感じましたよ

お父さんが大好きで 散歩も楽しそうに歩いてます
愛情に満たされてこんなに優しい表情になったナナちゃん

是非 一度 思いっ切りハグしたい ・・  
来月こそ病院で待機しているつもりです    


ナナちゃんのお父さん いつもご支援有り難うございます

まだまだ暑いですが お大事にお過ごし下さいね

かわね 退院

18日に脾臓腫瘍の摘出手術を終えた、かわね
予定より少し早めに退院できました。

傷跡も小さく、腫れもなく、病院では食欲も旺盛だったとの事。
きっと病室でも元気一杯で、早目に退院させられたのでは
ないかしら。 ?

moblog_fd2c3762.jpg

入院中は他の犬の治療で病院へ行ったのですが、
「面会しますか?」と聞かれても断って帰りました。

かわねは直ぐにハイテンションになる犬。
パワーのある犬なので用心が必要。

マムの顔を見たら大喜びで飛び上がったり 吠えたりするはず。
術後は安静が第一。
万一点滴が外れたり、傷口が破れたりしたらそれこそ大変。


そして、漸く退院。

かわねの嬉しそうな顔。 
そんなにマムの事好きだったの?と不思議になる程、 
大はしゃぎで飛びつく。


実は、ナガヨが来てから欲求不満状態なのです。

今まで女王様として怖いものなしでマムを独占し、 
権勢をふるって好きなように暮らして来た、かわね。

ところが今は、ナガヨの順位が上らしく、かわねは遠慮気味に
暮らしている。
ナガヨがマムを独占しているのを横目で見てご機嫌が悪い。

ご飯も一番に食べさせ、何でもかわねの好きなようにさせて
あなたが女王様よ ・・ と云い聞かせているのに、
ナガヨとガチンコで対決すると、眼を逸らし後退してしまう、かわね。

ナガヨから、よほど強いオーラが出ているのしょう。
順位だけは犬達で解決してくれないと、マムにはどうにもならない。


かわねは、マムと二人きりで車に乗れたのて大喜びで帰宅。

170824_142515.jpg

帰宅したら、疲れたよ~~と云わんばかりにゴロリと横になった。
入院中は相当神経を使ったに違いない。

お転婆ですが以外に繊細なのです。  

当分は首にカラーをはめての暮らし。
抜糸は1週間後の予定。

170824_165011.jpg

皆さまのお蔭で、手術も成功し、無事に退院できました
心から感謝申し上げます

かわねには継続してご支援を求めています。

りゅうのすけ

りゅうのすけも久し振りにシャンプー&受診

※ ハリーママさんに りゅうのすけ&ケリーにと 
  ご支援を頂いたので早速シャンプーに行って来ました  
  感謝   


この夏の暑さで食欲が落ちてます

痩せて皮がたるんでいるような気がしていたので 
体重を計ってもらったら前回と同じ12㎏

ちっとも痩せていない ・・・
オヤツでカロリー補給をしていたので心配不要だった

健康状態は 現在 横ばいで推移
右肩下がりの老犬も多い中で 現状維持は有り難い事
横ばいなら善しとしましょう

moblog_e3cf635c.jpg

顔も頭も首から胸へも白くなって すっかりお爺さん
今年13才を過ぎたので高齢犬

こちらが5年前のりゅうのすけ 
                     キリッとした顔でした
moblog_bdac1c63.jpg

真っ白に変化した毛色が歳月を感じさせます

マム宅で5年という事は 人間の年齢に換算したら
20年くらいはマムと一緒に暮らした計算になる
 
moblog_1dcc1657.jpg

元々 優しい感じのする顔付だった

moblog_90255068.jpg

りゅうのすけ最大の泣き所  
いまだにリードを着けて外を歩けない ・・
車へ乗せたり下したり 病院内へ搬入は抱っこして移動

moblog_c55d84d8.jpg

りゅうのすけは 今まで一度も 広い場所で走って遊んだ事が
無いと思う

飼い主さんは子犬の時から散歩に行ってなかった と話した
マム宅でもリードを着けて外へ出られないので 走るなんて
夢のまた夢

多分 ドッグランへ連れて行っても その場で立ちすくむだけ
だろうな ・・

※ ビビリ犬専用のリハビリランが有るといいのに
 
引き取った時から心雑音があるので走るのは大きなリスク

りゅうのすけには 心臓に差し支えない程度の暮らしの中で
のんびり ゆっくり長生きして欲しい

moblog_f4eea579.jpg

ケリーが冷たいタイルの上でゴロゴロ

moblog_08084adc.jpg

お似合いのふたり
いつまでも元気で一緒に暮らせますように ~

moblog_15822404.jpg


りゅうのすけ&ケリー達にオヤツ募集

食欲不振をオヤツでカバーしますので 柔らかいオヤツを希望

moblog_46f71178.jpg

ケリーと共に ドッグフードは処方食の指定があります
ローファット(低脂肪)食

moblog_984b238c.jpg

りゅうのすけ & ケリーは 心雑音が有るので
心臓の薬を服用中
現物募集中 薬効期限内 及び 未開封の物を希望

moblog_90acc462.jpg

ハリーママさん ご支援ありがとうございました

彩姫・蒼・桜ママさん 沢山のご支援感謝致します

ナガヨちゃん フリーになった

ナガヨちゃん マム宅の全室 オールフリーになりました

moblog_3c48a8f4.jpg

マラセチアの菌が多量に出ている内は 隔離が必要と思い
ましたが 隔離かフリーかを決定するのは マムではなく
ナガヨちゃんでした ・・・ トホホホ

moblog_9e8fac4d.jpg

意志が強く思った事はやり遂げます

moblog_e5b6d1d2.jpg

60㎝の高さのサークルは飛び越す
飛び越せるまでは何度でも挑戦

見ていたらサークルに足を掛けてよじ登り サークルごと
倒れてフリーになった

170815_111446_ed.jpg

フリーになったら全室探検して回る
トコトコ ・・ 雷蔵が寝ている所で声を掛けた

170815_111435_ed.jpg

「雷蔵君」 何度 呼んでも無視される ・・

170815_111427_ed.jpg

「雷蔵 遊んでやってね」 とマムが声を掛けたら
仕方なしに ナガヨちゃんの方へ向いて横になった雷蔵

170815_111654_ed.jpg

でも雷蔵は徹底的に無視  強い子は苦手なんです 

170815_111704_ed.jpg

相手にされないので 眠ってしまったナガヨちゃん

170813_174651.jpg

とっても可愛い寝顔
薄目を開けて眠っているので 眼軟膏をつけるチャンス
怒って飛び起きる 暫くは警戒して眠らない
でも直ぐにまた寝入ってしまうので 次のチャンスを待つ
この繰り返し ~~

170813_175519.jpg

皮膚が赤くて痒そう マムの横ではヘソ天もします

170814_034933_ed.jpg

余りの痒さにバレリーナーのように足を上げてハグハグ

170813_174421_ed.jpg

背中も皮膚の色が一部黒化
シーズーのチーちゃんと全く同じ症状

170813_100323_ed.jpg

散歩大好き 
庭だけではなく 外へ出ると結構遠くまで歩く
帰ろう ・・ と声を掛けても拒否  頑固です

170813_100216_ed.jpg

臭いを嗅いだり周りを見たり 視力はまだまだ大丈夫

170813_100007_ed.jpg

眼も最初と比べると 本当にキレイになりました
薬浴の時に顔にお湯を掛けて眼を洗うような方式に
してもらってます

170813_082058.jpg

目薬は嫌がってお手上げ ・・ 現在は軟膏を主に使用

170813_082050.jpg

眼を洗った後 キラキラと美しい眼になってます
手を掛ければ掛けただけキレイになる

ケータ君を目指していますが とりあえずは同じシーズーの
チーちゃんに追いつけ~の毎日です


今 チョビアル母さんがバリカンで毛刈りの最中
一度に全部は出来ないので 部分ごとに少しづつ刈る

170816_183251_ed (1)

全身短くなってます
顔も短かくキレイになりました

ナガヨちゃんの薬浴の様子は チョビアル母さんのブログ
「チョビアル母ちゃん奮闘記」をご覧ください


トイレシーツを募っています

ナガヨちゃんフリーになったら 一層 トイレシーツが必要と
なりました
トイレが上手く出来ないので 今 教えている所ですが
失敗が多いので ナガヨちゃんにもトイレシーツを募集して
います

サイズは問いません 大小いずれでも可


バスタオル  木綿シーツ  夏毛布  キルテイングなどの
敷物類も同時募集中

家じゅうの床に敷物やトイレシーツを敷き詰めています
大きな敷物を希望
小さいとクルクル回っているうちに散乱してしまいますので
大きいままでご寄付下さい

優ちゃん サマーカット

ジジママさんの四コマ漫画

ユーモアたっぷりで毎回楽しみに読んでいますが
14話は 「サマーカット」

ゴールデンの優ちゃんとさこちゃんをご存じの方なら
思わず吹き出してしまいます
性格がそんまんま ・・・ 
むろん 表情も優ちゃん さこちゃんそのまんま

静岡県中西部のミニコミ誌に掲載されましたので
ブログでもご紹介いたします

E382B5E3839EE383BCE382ABE38383E38388EFBC91-thumbnail2.png

E382B5E3839EE383BCE382ABE38383E38388EFBC92-thumbnail2.png

E382B5E3839EE383BCE382ABE38383E38388EFBC93-thumbnail2.png

E382B5E3839EE383BCE382ABE38383E38388EFBC94-thumbnail2.png

さて 頭頂部の毛を切られてしまった優ちゃん
どんな表情を見せるのでしょうね !?

切ってしまったさこちゃんは どんな言い訳するのでしょうか?
15話が楽しみです

詳しくはジジママさんのブログ 「uno dos sako!」 をご覧下さい

かわね  腫瘍再手術 終了 

かわね  脾臓の腫瘍手術 終了しました

170816_100406_ed.jpg

輸血ドナー犬として血液が適合したのは 寅さん

170816_110725.jpg

かわねと共に手術室へ入り 終了まで待機

170818_103205_ed[1]

大きな体に似合わず心臓の小さい犬ですから きっと本人は
超ドキドキだったでしょう  寅さん お疲れ様でした

※ 前回、ドナー犬として協力の時 手術を受けた犬が
   危険な状態だから 寅さんを一晩貸して~と云われて
   翌日の夕方まで病室で待機していた事がありました
   引っ張りダコで気の毒ですが 助け合いも重要な事です  



さて ・・ かわね
手術開始から3時間ほどで 「無事終了しました」 との連絡が入り 
ほっとしました

心配された出血もほとんどなく 先生の腕の良さを改めて
思い知りました  
まだ若い方なのにすごい先生です  

※ この先生には以前から 難しい手術を何件も執刀して
  もらっています
  トーマ君の先天性異常の足 かっちゃんの門脈シャント
  ローズさんの心臓からのフィラリア釣り出し手術など 
  



画像を見ながら説明がありました

脾臓はやや肥大化していて全部摘出
腫瘍は4㎝を越すほどに大きくなっていた

タコの頭のように丸くポコッと出来ていて 中身がパンパンに
張っている状態 
これ以上手術を延ばしていたら破裂した と説明があった
ギリギリで間に合ってラッキーでしたねと云われた

殆ど出血が無かった事にまず驚き
思わず手を合わせて先生に頭を下げた    



かわねも 良く頑張りました

既に悪性腫瘍がリンパ管に転移しているので この手術は
内心迷った
しかし この先 穏やかな生活を送る為には 今 手術を
受けるしかない
万一 破裂して腹腔内へ出血したら 治療も複雑になり
脾臓摘出以上に長期間の入院が必要になる
費用もだいぶん高くなる ・・・

苦渋の選択でした  

成功して嬉しい          

170818_103235[1]



ドナー犬として待機してくれた寅さん 頑張ったね
朝ご飯抜きで病院へ行ったから 夕ご飯は ちょと豪華にします


ビーグルの夏も検査に同行してくれて有り難う
沢山の犬がいると こういう時に役立つね

たまたま今回は血液が適合しなかったけれど その内
活躍の場がきっと来る
夏も その時の為に体調管理して置きましょう

※ 皆さんの愛犬も輸血が必要な時には ご相談下さい
   みんなで助け合えば どの子かが適合するはずです



皆様の応援 ご支援のお蔭で かわねの手術は成功しました
心より感謝申し上げます

かわねには引き続き ご支援を募っています
今後も定期的な検査を受けながら 予後を見て行きます

有り難うございました




手術の時には万一に備えて輸血ドナーを必要とする場合もありますが
この日 ラッピーママ宅の「でっち君」も 輸血ドナー猫として活躍した
そうです
B型の血液猫を探していて でっち君がマッチする事が判明

病院では先に猫さんの手術
その後に かわねの手術でした

でっち君もお疲れ様でした   

170822-4.jpg

詳しくはラッピーママのブログ 「ラッピーハッピーライフ」を
ご覧ください

老柴犬 大ちゃん

大ちゃん目の検査 其の他 全般の検査受診

170814_094751_ed_ed.jpg

検査の為 半日入院
夕方 迎えに行ってエコーを見ながら説明を聞いた
心臓は僧房弁に異常がなく 心臓壁の厚さや動きにも
異常は見られなかった
11才という年齢の割には心臓が頑張ってくれてます  
これは 超嬉しい ・・

其の他 内臓にも異物は見られず レントゲン検査でも
血液検査にも大きな異常はなかった


しかし ただ一つ 残念な事に前立腺には大きな異状あり

出血しているらしく もやもやっと写っている
血の袋?のような物も見える  なんじゃこりゃ!!です


今までにも未去勢のオスには 必ずと云って良いほど
どこかに異常が見られた

昨年引き取ったmix犬秋は 前立腺肥大症で手術
リリーさんは肛門腺周辺腫瘍で手術


大ちゃんも 繁殖防止の意味での去勢手術は もう遅い
しかし 治療と云う意味での去勢手術は必要

去勢すれば前立腺の肥大などは自然に収まると云われている
大ちゃんも去勢手術をして様子を見ましょうとの事

順番に予定を立てて 22日に混合ワクチンを接種し 
その後1週間から2週間後に去勢手術を予定



170814_093515.jpg

眼の眼圧は非常に高いので 目薬で眼圧を下げる方向で
治療してみる
水を抜く作用と 水の発生を抑える作用のある目薬を処方された

もし これで眼圧が下がらず 痛みがあったり 物にぶつかって
ケガをしたりとアクシデントがあったら 眼球摘出の方向

眼球摘出は治療の一つなので 他に眼圧を下げる治療が
あれば そちらを試したい
当分は目薬での治療に専念して見ます

しかし目薬指しが意外に困難 
抵抗して頭を振るので まともに目薬が指せない ・・
 


170814_093521.jpg

チョビアル母さん宅のアル君が同じ病気で通院
眼球の水を抜いてもらっているとの事
これも大変ですね

アル君 お互いに頑張りましょう  



老柴犬 大ちゃんの預かり先を募集中

moblog_2269a0c2.jpg
 小心者の寅さん   

寅さんが受け入れると約束してくれたのに 実は寅さん
ご飯が食べられないの ・・

170813_052656.jpg

大ちゃんは眼が見えないので デッキの上へは乗れない
下で暮らしている
寅さんは逆に下へは降りられずに上で暮らしている
真夜中に一度だけトイレに降りて来るらしい ・・・

170813_052442.jpg

ご飯も匂いだけは嗅ぐけれど 全く食べない
マムにヒーヒーと鼻を鳴らして何かを訴えている

170813_052418_ed.jpg

寅さんって 本当に繊細な犬だこと 



大ちゃんも年を取ってから飼育放棄されて不幸な犬だけれど
寅さんだって不憫よね
この場所に8年も暮らして来たのに 大ちゃんに遠慮してか
何かを感じてか不安そうに落ち着かない 

いままでに こんな事はなかった
どの犬を入れた時も ヒーヒーと逃げ回る事は無かったし
雷と花火以外には ご飯を食べられないなんて事も無かった

何が不安なのか 大ちゃんに何を感じているのか 
言葉が通じないのでもどかしい ・・・


寅さんを移動させてみたいが これは無理だと判っている
雷や花火の時 室内へ入れても朝まで持たない
大暴れするのでこちらも持たない


moblog_f0cbe6b2.jpg

老柴犬の大ちゃん
預かって頂けるご家庭を求めています



これしか解決法はない !! ので 皆様のご協力を
お願い致します

吠える事のない大人しい老犬です
唸る 噛むも有りません

通院は当方でします


ご支援 有り難うございます

千恵美さん 大ちゃんの為に使わせて頂きます

蒼ちゃん桜ちゃん 

猫の蒼ちゃん・桜ちゃんのママからのお便り

 DCF00847.jpg

『 先日 ついに蒼ちゃんをシャンプーしました
  よほど嫌だったのか信頼回復までに一週間ほど
  かかってしまいました(^_^;)

  問題は桜ちゃん、自分から近づいて来る事はあっても
  触られるのはやはり嫌みたいです 』

 DCF00849.jpg

蒼ちゃん 桜ちゃん お久しぶりです

猫のシャップーってとっても難しいのに挑んだママに拍手  

桜ちゃんも いつか シャンプー出来るようになると
いいですね

二人仲良く寛いでいるのを見ると心が和みます
どうぞ いつまでも元気で仲良く暮らして下さいね

また お便りをお待ちしています


 これは前回送ってもらった写真 

 moblog_5201d734.jpg

 超ビビリだった二人は いつも一緒です

かわね + 輸血ドナー犬

手術予定の前の週は食欲が落ちたので 少し心配した

手術に向けて食べなければ体力が持たない
しかし 本人は食べることより眠る方に注力
夏バテか ・・・ ??

moblog_c858b02e.jpg
 
腎不全が進んでいる(かなり機能が落ちている)ので
処方食を指定されている

しかし 喜んでは食べないので 上にほんの少しトッピングを
して騙し騙し食べさせている
(食べない割には 太りましたよと先生に言われた  )

moblog_9df0528f.jpg

脾臓の手術は万一の事があると大量に出血する
万一に備えて 輸血ドナー犬と かわねの血液が
適合するかどうかの検査を受けた


第一候補犬  ビーグルの夏

moblog_6ae95807.jpg

夏は正規に輸血ドナー犬の登録をしています

170816_100414.jpg



第二候補犬  寅さん

moblog_0ec4f4e8.jpg

寅さんもドナー登録をしたいところだが年齢がネック
今回は特別に登場

170816_110629.jpg

ドナー犬は体重や年齢 健康状態など 様々な条件があるので
これらをクリアした犬でなくてはならぬ

マム宅に沢山の犬がいても クリア出来る犬は厳密に云うと
ビーグルの夏だけ ・・

170816_100108.jpg

mix犬の秋は 若いけれどもフィラリア陽性なのでダメ
10才を越した老犬と小型犬は全部ダメ

柴犬タローは年齢が8才と判っているが 扱いが難しい
のでダメ
以前のドナー協力の時も 寅さんは一泊貸して~との
依頼だったが 柴犬タローは連れて帰って下さい ・・ 
噛むスイッチが入ると困るので 柴犬タローは使えない



万一 腹腔内で 腫瘍と臓器の癒着があって 
切り離しが困難と判断されたら その時点で手術は中止
そのまま腹を閉じる場合もあるとの術前の説明があった

また 術後は腹膜炎や膵炎の合併症も予測されるので 
慎重にケアする必要があり 入院期間は7日間程の予定



血液が適合するかどうかの検査には ナガヨちゃんも心臓の
検査が有ったので 4匹の犬を連れて受診

ラウルママさん チョビアル母さんにもお願いして一緒に
行ってもらった

moblog_106bb525.jpg

かわね 今回の手術も成功するよう祈ります

運が良いとは云えない犬だが殺処分される迷い犬も多い中で
生きて役所を出られただけでも それだけで幸せ

今 生きていられるだけで幸せ ・・ そう思います

手術日は18日   頑張れ かわね  


かわねへのご支援をお願い致します

犬の相性 ・・ 

直虎が老柴犬 大ちゃんを受け入れなかったのは
マム宅に馴れて来て自信が付いたからでしょうね

俺の縄張りだ オスは出て行け !!
そんな固い決意の表れだったと思います


縄張りを主張している犬がいると 小型犬の庭散歩に
気を使います
万一の事があってはいけない ・・

シーズーのチーちゃんやナガヨちゃんは 小柄で高齢で
争いには馴れていない 
そのくせ我が強く 負けん気も強いから特に見張りが必要  
側に張り付いて離れないで見ている



ナガヨちゃんの庭散歩

目下の所 悠々自適のナガヨちゃん
自分が行きたい所 行きたい方へ歩きます

怖いものナシのナガヨちゃんが歩きはじめると 
みんなが避けてくれる
それは まるで女王様が通るかのよう ・・

きっと 強いオーラが出ているのでしょうね 
吠える時も ライオンのような太い声で吠える

moblog_e2e9e1d0.jpg

歩くのは好きなので 周りを眺めながらどこまでも
歩いて行きます
目ヤニや膿は出るが視力はまだ大丈夫なようだ

moblog_3b24898d.jpg

トコトコトコ ・・ 直虎のエリアへ入りました

moblog_adf85815.jpg

あなたは誰 ?   僕 直虎って言います ・・・ 
毎日会っているのに毎日同じ会話を繰り返している二人

moblog_d6ad723e.jpg

両手を揃えて行儀よく 直虎がかしこまっています
どう見てもナガヨちゃんが上 直虎が下の順位

moblog_68cb825f.jpg

老柴犬 大ちゃんに 猛然と吠えたなんて とても
信じられない態度の直虎

moblog_d26e384b.jpg

女の子にだけ優しいのでしょうか

moblog_6f2b9912.jpg

一回り廻って 臭いを嗅いでナガヨちゃんは満足したようで
帰路につきます

moblog_7a19ebd8.jpg

ももちゃんとすれ違ってもトラブルはナシ!!

moblog_c3d0c63b.jpg

犬の相性って いろいろ大変です

ももちゃん ハクとは流血の惨事でした
老柴犬 大ちゃんと直虎も相性が悪い
寅さんも老柴犬 大ちゃんを敬遠しているように思われる

ホントに難しいよ ~~



11才の老柴犬 大ちゃんの預かり先を募集

全く吠えない静かなおとなしい犬
眼が見えないので広いスペースは要りません
畳2~3枚くらい 又は 繋いでもOK




静かな暮らをしていたらしく新しい環境に馴れるまでは大変
年老いてから手放されるのは本当に気の毒

飼い主さんとは もう再び会う事は出来ない
大ちゃんの心は 今 深い傷を負っています

運命を受け入れるしかない犬の気持ちを考えると
マムの心も痛い

せめて最期まで幸せだった~と思える暮らしをさせたい
相性を気にしないでも良い家庭を募っています

moblog_1a017a75.jpg

老柴犬の大ちゃんへ 皆様のご支援をお願い致します
犬の指定は 「大ちゃん」 とご指定下さい



ルークママさん いつもご支援有り難うございます

moblog_44056bc0.jpg

ルーク君 まだまだ暑いので くれぐれもご用心
元気に夏を乗り切って下さいね

星になったカルピン君

2017年7月19日 カルピン君が星になりました   

moblog_03a2fd1f.jpg

享年15才 
最期まで大切にお世話をして下さり感謝致します
カルピン君 安らかに~~



カルピン君は 産まれて間もなく母犬と一緒に放棄された子
母犬はマム宅にいた ママちゃん という犬

moblog_2d219ab7.jpg

「明日 母子共に保健所へ出されます」 と近所の人からの
緊急通報があり 急いで訪問した所 5匹の仔犬が母犬の
足元に転がっていました

子供を産むメス犬はいらん 保健所へ出す と云う飼い主に 
「避妊手術をすれば産みませんよ」 と説明したが
犬に金は出したくない 犬は要らない ・・ の一点張り

引き取りを断れば 明日の朝には処分に出される ・・・・・

※ この地域は定時定点収集という方式で 不用犬の収集に
   専用の車が回って来る  それが明日の朝でした 

moblog_dc8237e8.jpg

母犬は自分達の運命を察してか 厳しい表情でこちらを
睨み着けています
子犬を取られてたまるか ・・ 母子で殺されてたまるか ・・
そんな気迫が感じられました

         右の黒い仔犬がカルピン君 
moblog_6859d191.jpg
             
大丈夫よ  母子一緒にマム宅へいらっしゃい ~
気持ちが通じたのか母犬は大人しく車に乗った

それから15年
ママちゃんはマム宅で生涯を過ごし 2年前の8月に虹の橋を渡った
そして カルピン君も先月後を追うように橋を渡りました
 
カルピン君もママちゃんも 今では懐かしい思い出となって
しまった


お盆には虹の橋で再会し 乾杯でもしたことでしょう 

二人とも安らかに ~~      

チーちゃん 

シーズーのチーちゃん
この所 夏バテらしく全く食欲がない ・・

特に朝ご飯 
薬を入れるのに工夫をしているが どんなに美味しそうな
トッピングでも眼もくれない

そのまま置くと蹴飛ばしてしまうので 30分位で引き上げる 
再び出しても同じものでは臭いさえも嗅がない

夕ご飯は さすがにお腹が空いたと見え ほんの少し
薬を包んだパンと上に乗せたトッピングの部分だけ食べる

結石用のフードを食べないと意味がないのだが
現在は食べさせる手段が見当たらない ・・・
 
moblog_d2bbc64c.jpg

先日の診察で心臓が一段と悪くなっているとの説明だったが
動きが緩慢とか動かないとかの副作用?が出るらしい

この場合 副作用とは言いませんね
症状が出ると云えば良いのか

とにかく状態はあまり良いとは言えないらしい ・・・

moblog_78b716de.jpg

14才を過ぎているので いつ何時 何があるか判らない 
眼を離さないようにして外出は極力短時間で済ませる

ラウルママさんやチョビアル母さんに 他の犬の通院を
お願いする事も多い
皆さんのご協力がなければ この活動は出来ません
心から感謝しています


マムは介護おばちゃんに徹します  

moblog_8a7a3712.jpg

チーちゃんのいる部屋は 一日中エアコンを点けて
温度や湿度を調節している

気持ちよく眠ってくれるのは嬉しいが 眠ってばかりだと
思わず胸が動いているか見つめてしまう ・・

病気を患っている犬は どうしても気に掛かります
心臓は動いているか ・・
呼吸はしているか ・・
側を通るたびに じっと胸や腹を見つめてしまう

moblog_e3d8d98a.jpg

チーちゃん ご飯を食べられるようになりますように 
お腹の具合が整いますように  

食欲不振の間 オヤツで凌ぎます


老犬に柔らかいオヤツを募集
この2種類ならどの老犬も喜んで食べます

moblog_46f71178.jpg



トイレシーツも募っています

サイズは大小いずれもOK 
どんなサイズでも良いのでお願い致します



現在 足元にトイレシーツを敷いている犬は
 
チーちゃん   ナガヨちゃん   椿ばあちゃん  
雷蔵は昼はオムツ 夜は敷物やトイレシーツやを敷きます


老犬 病犬に 皆様のご協力をお願い致します

ナガヨちゃん 次のステップへ

引き取って1ヶ月が経ったナガヨちゃん

DCF00776.jpg

酷かった皮膚炎も チョビアル母さんの手厚い薬浴で 
見違える程キレイになって来ました
あの嘔吐を催すような異臭もしなくなりました

根気よく手を掛けると こんなにも違うのですね 

DCF00771.jpg

ナガヨちゃんの今後の予定を 先生と話し合いました

狂犬病ワクチンはセンターを出る時に済ませたので
まず 混合ワクチンの接種

心雑音があるとの事なので どの程度の状態なのか
心電図やエコー検査などを予定


その結果によって 避妊手術を受けられるかどうかの
判定をする
繁殖防止の為の避妊手術は もう手遅れなのですが
子宮系の腫瘍発生予防の為です



かわねも ももちゃんも 避妊手術がしてなかった

DCF00838.jpg DCF00839.jpg

その為 かわねは悪性乳腺腫瘍がリンパ管内へ転移していた
ももちゃんも低悪性の乳腺腫瘍で 経過観察となった


メスの乳腺腫瘍 子宮・卵巣腫瘍 は恐ろしい

今までにも引き取った老犬にも 腹腔内で腫瘍が化膿し
臓器が癒着していた為 「もう手遅れです」 と言われ 
そのまま腹を閉じた犬もいた

※ その犬は瓦礫置き去り犬 最高齢のばあちゃん犬でした


その意味で ナガヨちゃんの病気予防の手術が
可能かどうかを見る

本来ならば10才を越した犬はオスもメスも不妊手術はしたくない
でも もっと年を取ってから腫瘍が発生したら運命を分ける
事になるかも ・・ 

ナガヨちゃん 避妊手術が可能なら麻酔を掛けた時に
マイクロチップも埋め込む予定

高齢なので(先生は10才よりは年を取っているとのご意見)
体調を見ながら順に実施して行きます



行って来るね ~~ と外の犬に声を掛ける

DCF00770.jpg

車で出かける時も ご機嫌なナガヨちゃん

DCF00778.jpg

とってもいい子でナビをしてくれます

DCF00774.jpg

病院で好きなワンコがいると嬉しそう

DCF00769.jpg

だれでも良いらしく 入口を入ってくる人皆に尻尾を振る

DCF00782.jpg

帰宅すると 留守番をしていた犬に  ただいま~の挨拶



170812_100456.jpg

どうも マム宅で最上位の女王になりそうな予感

この写真  の場所は事務室のマムの椅子の下

「マムは私だけの物 マムをゲットして 場所もゲットして
この部屋は私が仕切るわ ・・  」 
ナガヨちゃんの後姿がそう言ってます

他の犬は そっと その場から離れて廊下で寝たり
部屋の隅で小さくなっていたり争う気配はない

これは ナガヨちゃんの楽勝でしょう  


屈託のない大らかな性格
皮膚炎さえ何とかなればきっと新しい家族が見つかると思う

今後の予定が総て終了したら新しい家族探しを開始します

170813_083210_ed_ed.jpg

それまで 預かり先を募っています

新しい家族が決まるまでは 薬浴は当方で洗います
又は 自分で洗って見たいと思われる方希望


ご支援有り難うございます

しずくるママさん
利恵さん
ゴーキャッツへオムツをご寄付下さった方

雷蔵の血糖検査

雷蔵 一日入院して血糖検査を受けた

沢山の犬が入れ替わり立ち代わりで病院へ行く為
マムの頭の中が混乱して 間違いをやってしまった

マムはアナログ派で カレンダーに予定を書き込んで
常に持って歩くのだが 「雷蔵検査入院」 とだけ書いてあったので 
朝ご飯の後 インスリンを打って病院へ出かけた


先生 ・・  
インスリンを打っては検査が出来ません また改めて
来院して下さい ・・


そうでした ・・ 
朝ご飯は食べてもいいですよ 
でも インスリンは打たないで来てね と念押されたのを
すっかり忘れていた
なので 今週改めてインスリンを打たずに病院へ出かけた

この結果で 糖尿病と確定診断が出るのか ?
それとも血糖値を上げている原因が特定されるのか ?

今更ながらに 生物の体内が複雑なのを思い知らされる

moblog_eda78c15.jpg

病院ではとても良い子で待てます
誰にでも尻尾を振りご機嫌
こんな性格が良い犬でも 流行から外れると希望者がない 

例えば野菜なら 味は良くても見た目が悪い 
工業製品なら規格外 ・・ 一般には歓迎されないのも無理はない
 
moblog_7f3723fc.jpg

でも 野菜でも工業製品でもありません
生きている命なので安売りはしない
どんな命にも差はないはず

雷蔵の個性を大切に思って下さる運命の糸を
待ちましょう
それまではマムの手元でのんびり暮らそう
規格外 大歓迎です


インスリン注射のお陰か ? ・・ 元気が出てきた
リーママさんとの散歩でも足取りが軽くなり
元気に出掛けて 元気に帰ってきます  

IMG_20170810_165628[1]

IMG_20170810_165608[1]

IMG_20170810_165707[1]

IMG_20170810_165410[1]

IMG_20170810_165320[1]

とってもいい顔で朝の散歩を楽しんでいます
リーママご夫妻 有り難うございます

写真は リーママさんが撮影



雷蔵へのご支援募集

170816_064249_ed.jpg

マナーベルト 小型~中型犬用  腹巻式のオムツです


moblog_984b238c.jpg

胆臓も悪く膵炎の疑いありとの事で 低脂肪食を
指示されています

インスリン費用も募っています
皆様のご支援をお願い致します



ご支援 ありがとうございます

ピ与彦母さん
ケータ君のママ
利恵さん

暖かいご支援の品にワンコ一同感謝申し上げます  

老犬 大ちゃんの検査結果

緑内障を患っている大ちゃん 眼の受診

moblog_fea1cd1f.jpg

残念ながら 両眼とも既に視力は無いとの診断 

とりあえずは 眼圧を下げ 水を減らす治療をして行き
いずれ限界になって 治療法が無くなったら最終手段として
眼球摘出を・・との説明

眼球摘出は大変な事  
できたらそんな手術はしたくはない
しかし 眼球が飛び出ていると物にぶつかってケガをして
化膿したり感染症を起こす原因ともなる

何よりも 眼球が前面へ飛び出すと視神経が引っ張られ
痛みも感じるようになるはず

今まで見えていなかったのなら 眼球を摘出しても
本人の行動には影響はないはずとの事

でも 眼球摘出は もう少し先の話なので 今は 
眼圧を下げる事に専念したいと思います

1日に3~4回 目薬を指すようにとの指示が出た

※ チーちゃん ナガヨちゃん 雷蔵 大ちゃん 4匹の目薬
  それも日に3~4回も ・・ どうしよう ・・・・・

 
手術を受けるなら 体力がある内にやりたい
老いて体力や抵抗力が低くなってからでは リスクも高くなる


今までにも緑内障の犬は何匹かいました
眼球を摘出した犬もいて 何度か体験した手術です


 天ちゃん ・・ 片目摘出後義眼挿入
   緑内障で飛び出した眼球を牛眼といいます
   左目を摘出後 義眼を挿入したシーズの天ちゃん

   moblog_c9d61dd4.jpg

   moblog_56136ed1.jpg

   左目に義眼を挿入後 普通の犬として 
   ふれあい活動にも参加した

   moblog_0a32f5cf.jpg



 まいこちゃん ・・ 両眼摘出  
   緑内障で眼球に穴が開き 摘出しか方法がなかった
 
   moblog_7fd2be93.jpg

  moblog_43b35d91.jpg



 豊ちゃん ・・ 片目摘出
   緑内症で視力がなく 何かにぶつけてケガをしたら
   水晶体が外れて落ち  眼球に大きな穴が開いた 

   moblog_4315cdb7.jpg
   
   moblog_1f97eb72.jpg



 トニコ ・・ 眼球温存
   両眼とも視力は無かったが 眼球の出っ張りが少なかった為 
   亡くなるまで摘出手術はしなかった

   moblog_9bd7609b.jpg

   moblog_375146ed.jpg


 チャラちゃん ・・ 両眼摘出
    写真は無いのですが数年前に譲渡したコッカのチャラちゃん
    緑内障で両眼摘出  ・・ まだ元気で暮らしています



どちらの獣医さんも摘出のメリットを説明されます
メリットというより 質の良い生活が出来るという説明で
マムもそう思います

眼球をケガすると 目ヤニや膿が酷く 
感染症を起こして膿が広がると もうお手上げ状態
目薬や抗生剤などの手を掛けても中々回復しない
痛みがあると目薬の時に 噛みついて来る危険性もある

目薬が効果を上げる場合もあるとの事
眼圧が下がり水が減れば 問題は半分解決する

しかし半分解決は回復ではない
大ちゃんも 大変な状況にならない内に手術を予定したい

moblog_e47254cc.jpg

病院から帰宅したら 暫くは臭いを嗅いで回る

moblog_e208fd75.jpg

覚えのある臭い 「大丈夫 俺が寝た場所だ」

moblog_ceb154fb.jpg

本当に凄い ・・
犬は鼻で生きている と実感する瞬間

moblog_9e9c0c6d.jpg

まるで見えているかのような眼差しをする

moblog_adbe2c56.jpg

大ちゃんに ご支援を募っています
犬の指定は 「大ちゃん」 でお願い致します


大ちゃんの預かり先も募集中

眼が見えないので狭いスペースOK
畳2~3畳分ほどあれば十分です
繋いでいてもOK

人懐っこく 名前を呼ぶと尻尾を振りながら寄って来る
大人しい犬で吠えたりしません

うど麻呂君 頑張れ !!

大型犬のうど麻呂君が立てなくなったと連絡がありました

moblog_a6367721.jpg

体重が30㎏近くあるので ママは介護が大変
お察しいたします
大型犬は介護と云うより闘いです

食べる量も多いし 出す方も大量で まさに奮闘しなければ
追いつきません

20081106173110.jpg

この先 寝たきりが続くと本当にご心労ですが どうぞ
最期までよろしくお願い致します



うど麻呂君は 大きくて世話ができない ・・ と 老夫人から
引き取りの依頼があった犬

うど麻呂君を譲ってもらったボランテイア団体へ 
世話が大変なので 返したいと相談したが断られたとの事

この時 ダックスも1匹いましたが その犬もついで?に
引き取って欲しいという希望だった

一旦嫌になったら 小さい犬まで嫌になる
よほど犬の世話に懲りたのでしょうね

うど麻呂君は 確かにぴっぱりが強く大変でした
散歩の時 マムが引き倒されて 足の小指を骨折した 


20090423065714.jpg

マムが散歩を出来なくなると他の犬にも影響が出るので
預かりさんを募集したら 今のママが申し出て下さった
2009年の事です


そして預かりのまま 我が家の犬にして下さった
マムが困ると いつも声を掛けて下さる有り難い方です

うど麻呂君の介護でいろいろ困難が生じているとの事
今こそ 恩返しをする時と思います

現在 マム宅は 寝付いている犬がいません
来年くらいからボチボチ寝たきりも 出る予想ですが
それまでは うど麻呂君の為に協力したいと思います


現在 募集中の物品

・ トイレシーツ   ワイド  又は  スーパーワイド
・ バスタオル

大型犬介護の為 どうぞ ご協力をお願い致します

なお 少し遠いので 物品はまとめてこちらから届けます

マム宅へお送り下さる場合は うど君 マム保護犬 と
区分けして明示して下さいね

ミュ~さんのお誕生日

ミュ~ママから 「うちの子記念日」 のお便り

『 5才の秋に我が家へ来て11年、13日に16才を
  迎える事が出来ました。
  
  凄い食欲、凄い吠えっぷり、凄い運動量だったミュ~も
  食が落ち、声を発することもなく、歩くのはトボトボですが
  眼は見えているし、決めた寝場所には自分で戻るし
  凄く時間が掛かってしまいますが、当たり前だった事が
  出来るだけ可愛くて ・・・・。

  車でのお出掛け大好きでキャリーゲージを見ると
  自分から入ります。

  お祝いは信州での避暑です。
  あと どれくらい一緒に過ごせるか判りませんが
  ゆっくりとした時間を過ごせたらな~と思います。  』

  DCF00823.jpg
 
ミュ~さん お誕生日おめでとうございます      

16才は大変なご長寿 
ご家族にとっては最高のプレゼント  

昨年の夏が最期と思っていたと ミュ~ママから聞きました
なので 今年の夏が迎えられて本当に嬉しい 

もうひと夏 来年まで頑張りましょうね
残暑の中 お大事にお過ごし下さい

ナガヨちゃんシャンプー続いてます

ナガヨちゃんの薬浴
チョビアル母さんのブログから その様子を転載しました


『 今日は、ナガヨちゃんのシャンプー4回目の日でした。

 sp-086072200s1501851182.jpg

 病院で診察があるとのことなので、終わりごろに
 お迎えに行きました。

 家に到着したら、庭仕事をしていた父ちゃんも
 家の中に入ってきました。

 sp-057667900s1501851262.jpg

 sp-092417900s1501851259.jpg

 相変わらずナガヨちゃん、大興奮です。



 月曜に洗って以来、4日ぶりなので、やはりベタ~として少し
 臭うような…??

 でも、最初の頃に比べるとキレイになりましたよ~!

 初回
 sp-035495100s1501157650.jpg

 シャンプーしても足先のベタベタが取れなかった

 そして、今回
 sp-078881900s1501851324.jpg

 サラッとしています~

 洗っていると判るのですが、肌がブツブツ、ザラザラしていたのが、
 スベスベになりました。

 白い毛の部分は、真っ白になってきたような気がします。

 シャンプー後にあまりかゆがっていないのも変化の現れです。

 前回までは、シャンプーした後でも、前足や後ろ足を噛んだり
 なめたりして,本当にかゆそうでした。


 目もとてもきれいになりました。

 目薬が大っ嫌いなナガヨちゃんでも、目を拭かれるのは大丈夫。

 ということで、前回の診察の際、目に塗る軟膏が出されました。

 毎日マムさんがせっせと軟膏を塗ってくれているからか、
 まぶたにこびり付いた長年の汚れも無くなり、クリクリの
 お目目のかわいい子になりました。

 sp-018731300s1501851460.jpg

 今日は朝から病院だったし、シャンプーして疲れたから、
 眠たくなったぁ~

 sp-055404700s1501851458.jpg

 もう帰りたくなっちゃったのか~い?

 sp-018731300s1501851460.jpg

 帰りたいかも…

 ということで、お家に帰りました。


 ナガヨちゃん、皮膚炎が良くなったら、
 新しい家族探しはできないものか…?と思っています。

 だって、とても甘えん坊さんの人が大好きなかわいい~子です。

 もうお歳のシニア犬ですが、余生を見守ってくれる家族を
 見つけてあげたい!と思ってしまいます。  』

              チョビアル凛母ちゃん奮闘記より転載


チョビアル母さん 根気よく薬浴をして頂き 本当に感謝です

ナガヨちゃんは見違えるくらい キレイになりました
やはり続けるって大事ですね

若しかしたら 飼い主さんは 薬浴が続けられずに
目薬や毎日の世話に根負けして 捨てたのではないか ?  
そんな気がします


キレイになったら新しいご家族を探したい ・・
マムも同じ思いです
愛情一杯のご家庭を探してやりたいと思います

それまでお手数ですが 薬浴をお願い致します


詳しくはブロブ 「チョビアル母ちゃん奮闘記」 をご覧ください


170814_034252.jpg

性格の良いシーズー 家族募集

ナガヨちゃんは10才くらいと推定されています
シーズーなら まだまだこの先 充分一緒に暮らせます

ご希望の方が有りましたら お知らせ下さい

皮膚がキレイになるまでの預かり先も募集中

ケータ君 9ヶ月

ケータ君のママから うちの子記念日のお便り

 STIL0004.jpg
  
『 ケータは12日で 我が家に来て9ヶ月になりました(^.^)
  昨年の今頃は、暑い中、一人で放浪していたのかと思うと
  胸が張り裂けそうです。

  マムさんのブログを毎日拝見させて頂いておりますが
  どうしても同じシーズーの、チーちゃんとナガヨちゃんが
  他人事には思えず気に掛かり、心を痛めています。

  STIL0003_ed.jpg

  とりわけナガヨちゃんは種類は違えど、ケータと同じように
  皮膚病を患っているので心配です。

  雷蔵ちゃんも、イチロー君が新しい家族に迎えられてから
  寂しいのでは・・と気に掛かっております。
  その子達にオヤツとマナーベルトを送りたいと思っています

  STIL0002_ed.jpg

  STIL0001_ed.jpg

  青いリボンを付けた この「おぼっちゃま」風の写真は
  ケータをお願いしている美容院さんが撮影したものです 』

  STIL0005_ed.jpg

お便り 有り難うございました

本当にケータ君は美しいシーズーになりましたね
ひとえに 手を掛けて下さるママのお蔭です

ナガヨちゃんも徐々にではありますが快方に向かっている・・
そんな気がしているので 一層頑張って薬浴に励みます

目指せ ケータ君 !!
 
ケータ君は私達の目標です 励みになります ホープです
必ずキレイになったナガヨちゃんをご披露できるよう頑張ります

ケータ君 暑いですが元気に夏を乗り切って下さいね

9ヶ月目のうちの子記念日 おめでとう  
 

老犬 大ちゃん その後

気の毒に 大ちゃんは また移動しました

直虎に吠えられて  こんな状況になり足元が危険だった 

moblog_5446a4f0.jpg

仕方ないので直虎が入れないよう6畳間出入り口の
戸を閉めた  ・・ ここまでが前回の記事



その後の大ちゃん
戸を閉めたのが嫌だったのか 座らない横にもならない 
立ったままで眠った

ご飯も食べない ・・ 夕方も 翌朝も ・・・・
困ったな


もう一度 寅さんと交渉
「寅さん どう 大ちゃんを受け入れてくれないかな?」

暫く考えていた寅さん
「うん いいよ ・・・」 ポツリと返事してくれた

有り難う 寅さん  やっぱり寅さんはいい子だね !!!!


寅さんんの事大好きだよ   

寅さんへのご褒美は ゆったりと撫でながらハグをする事
触られるのが好きなのです
             
        マムから見たらとっても可愛い寅さん
moblog_2269a0c2.jpg



マム宅の北側にある寅さんのエリア 通称軽井沢へ 
再度移動した大ちゃん
元々 土間で暮らしていたそうで やはり土の上の方が
過ごしやすいと見えて爆睡

moblog_d38b6105.jpg

カメラの音で身を覚ました  起こしてごめんね 

moblog_e3355ae4.jpg

眼は見えないが音には敏感

moblog_0f9ee46c.jpg

鼻もすごく敏感

moblog_b00bbbfe.jpg

エリア内の臭いを嗅いで回る

moblog_884cddb9.jpg

気になる臭いの場所は 穴掘り ・・

moblog_0940d84f.jpg

なかなか 立派な面構えの犬です

moblog_c5384364.jpg

性格はとっても良い犬で 全く吠えない 唸らない 
人間が大好き

この場所へ再移動したら 猛然と食欲が湧いて来た
食器を出しただけでは判らないので コンコンと音を立てると
一直線に側へ寄ってくる

夏でもご飯が食べられるのはいい事
飼い主さんとの悲しい別離も 食べる事で少しは癒されるはず

14日には眼の診察を予約  結果がどうなるか ・・・
頑張れ 大ちゃん 

moblog_1a017a75.jpg

クラーラちゃん

ひろこちゃんから うちの子記念日のお便りが
届きました

『 クラーラちゃんが うちの子になって早いもので、
  4年が経ちました
  食欲も旺盛で元気一杯に過ごしています
 
  家に来て暫くは下痢が続いたりで心配しましたが
  クラーラちゃん専用部屋に入れてから病気もなくなり
  良い具合です

  昨日撮った写真を送ります
  まだまだ暑い日が続きますがご自愛ください 』

  DCF00786.jpg

ひろこちゃん ありがとうございました
クラーラちゃんも元気そうで大変 嬉しいです

専用の部屋まで用意して頂き 感謝に堪えません
心から御礼申し上げます

ワンコ にゃんこ の皆さんも元気で夏を乗り切って下さいね

ナガヨちゃんのお泊り

3日おきくらいに薬浴をしているナガヨちゃん

洗っても洗っても その直後から皮脂が溢れ出て 
皮膚がベタベタになります

ある日 チョビアル母さん宅へお泊りして洗ってもらいました

sp-061578000s1501506404.jpg

薬浴が終わったらアル君と仲良く散歩に出たとの事
いろいろ楽しい体験が出来て 喜んで帰宅しました

sp-061267300s1501506546.jpg

性格が良いので どの犬ともフレンドリー
人間大好きな可愛いシーズー


皮膚炎さえ改善すれば もっと暮らしやすくなるはず
現在は 暇があると歯で手の裏を噛んでます

見ていると気の毒 こちらまで痒くなってくる感じ

チョビアル母さん 
大変な薬浴を受け持って下さり 本当に感謝致します


お泊りの様子は ブログ「チョビアル母ちゃん奮闘記」 を
ご覧ください


sp-021439600s1500982809.jpg



耳と眼の洗浄にも3日おきくらいに通院してますが
こちらは先生でも大変
なので点眼薬ではなく 軟膏を塗るように指示された

この時も 軟膏を塗ってある指先をいきなり近づけては
唸るのでテッシュを濡らし眼の周りを拭くようなしぐさで
誤魔化しながら 軟膏を塗る

書くとたったこれだけだが 毎日実際にやってみると
失敗の方が多い
眼球を傷付けてはいけないと思うので やんわりすると
顔を横向けてしまい失敗する


ナガヨちゃんは 目薬も経験あるような気がする
その人のやり方が下手だったので 目薬大嫌いになった
可能性もある

雷蔵とチーちゃんの点眼だけでも 今 大変なのに 
ナガヨちゃんも毎日なのでもう大変  
日に3~4回なんて絶対無理

心の中で 誰か来てぇ~と叫びながら指してます



ナガヨちゃんにも オヤツを募っています

moblog_63fd00bc.jpg


軟膏を塗った後は 必ずオヤツを与えて褒めて終了するので
柔らかいオヤツは必需品

これが大好きなので  カットして使います

moblog_46f71178.jpg

ナガヨちゃんの預かりボラさん 募集中

チョビアル母さんが薬浴してくれますので 日中 犬の受け渡しに
都合の良いように在宅のご家庭を希望

又は ご自分で薬浴が出来る方


ご支援 有り難うございます (ウッドライフさんへ)

福田ミントママさん   ハリーちゃんのママ

優ちゃんのサマーカット

ゴールデンから ラブラドールに変身した優ちゃん

moblog_3ca567dd.jpg


優ちゃんのサマーカット姿を見て  ジジママさんから
こんなお便りが届きました

『 優ちゃん、毛皮の中身はラブラドールだったのですね!
  さっぱりして より一層可愛いです  

  その優ちゃんがモデルになってる4コマ漫画「さこちゃん」の
  ゆうちゃんも、偶然にも今回のネタがサマーカットなのですよ~。
  なんてタイムリーなんだろうと驚きました   』

   漫画の一コマ   さこちゃんが  バリカンを持って ・・・
  moblog_d0482aa4s (1)


ホントに何という偶然 !!

バリカンを持った さこちゃんの手元が狂いそうで 
優ちゃんがどんな姿になるのか ?

四コマ漫画 今から楽しみです ・・ 


ミニコミ誌 チャンスに掲載してある 四コマ漫画は
ジジママさんのブログ 「unodos sako!」 でもご覧いただけます
今までに掲載した分も併せてどうぞ~~

今月は週間テレビさんのお盆休みの関係で、
8月17日号に掲載となります


昨年 優ちゃんを引き取った時 ジジママさんがとても心配し
暫く預かって下さいました

大きな声で吠えまくり 大荒れ状態でしたね
その節は 本当に有り難うございました

今は リーママ宅で 心身ともに落ち着いています
辛い経験をして心に傷を負った犬には時間が薬

また ラブラドールの優ちゃんに会いに来てくださいね



四コマ漫画さこちゃんのモデル犬  あさこちゃん

049_convert_20170721095423.jpg

詳しくはジジママさんのブログ 「手風琴街便り」 をご覧ください

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント