はるくんです♪ 家族募集中の猫

季節はうつりかわってしまいましたが、
        
      春先 4月のお話を。。。
       
       
 飲食店の店先に佇むきじとらくんがいました
   
      見覚えのある子でした♪
 sp-060259600s1497279207.jpg

         まだ寒い

    今年の始め頃だったと思います

       このお店の近くで 

  物欲しそうな顔しながら通る人を見ては

    にゃにゃにゃにゃにゃにゃって

      小さな声をあげてる

   まだ半年になるかならないかくらいの
        きじとらくん
   
         近寄ると
    びっこをひきながら逃げました

         でもね 
      追いかけてくるかなって
    立ち止まってこちらを見ている

     怪我も気になったしこれは
      保護してあげなきゃと

     ゆっくりと驚かさないよう
       ジリジリとそばへ

         そっ~と
    捕まえられそうと思った瞬間

     びっこなのに猛ダッシュ

    逃げられてしまいました??


       そんな事があり

      この付近を通るときは
  きじとらくんがいないかなって気になり 
        キョロキョロ

    
       そして4月のはじめ
    きじとらくんを 見かけた場所で
      この立て看板を見つけた
 
 sp-032905000s1491910161.jpg

 sp-060800600s1498056476.jpg

   きじとらくん 何とかしてあげなきゃ

      
  こないだ佇んでるとこを見かけたお店で
      お話をお伺いしたら
       
        きじとらくん
        
         こちらで
     ごはんをもらっていました。

        そして二日後
    
   置いた捕獲器に入ってくれました♪

 sp-066055100s1498054182.jpg

    
       そのまま病院で
     去勢手術~駆虫などと共に
      血液検査(?)も済ませ

     我が家へやって来ました♪

 sp-044813000s1498057154.jpg


   後ろ足の怪我もひどかったようですが
     自力で治ってしまったみたい
      
      びっこはひいてません

         この子は 

      我が家の保護にゃんを
     気にかけてくれてる方より
    
    はるくんとお名前貰いました♪ 

         ただ今
     人馴れおうちねこ修行中
      2ヶ月が過ぎました

  ケージにスリスリ体をこすりつけては
       ゴロゴロしちゃう
     
     甘えんぼになりそうです♪  
 
 sp-017727300s1498057185.jpg
 
 sp-037107100s1498055050.jpg
 

  あんな立て看板が立っている場所から
   連れてくることができ良かった

    はるくん里親さま募集中♪


               にゃにゃにゃ(=^ェ^=)より転載


はる君をご希望の方は ブログ「にゃにゃにゃ」 又は
にゃん友クラブ ブログのメールフォームからどうぞ

サークルマムは取次は致しますが 猫の詳細は判りませんので
どうぞ悪しからず ・・ 

とっても甘えん坊のはるくんです   

プードルのぷーちゃん

ぷらすわん美容室さんから 嬉しいお便りが届きました

『 ぷーちゃんのトリミングの依頼がありました
  お母さんに甘えてもうすっかり家の子になっていました。
  甘えん坊で人が大好きでお散歩もたくさん歩くそうです。 』

  moblog_e7fa1479.jpg

  ぷらすわんの先生 お便り有り難うございました

  トリミングしてプードルそのものになり 可愛くなったぷーちゃん
  お母さんに甘えて「すっかりおうちの子」になったぷーちゃん
 
  とっても嬉しいです
  今まで こんな風に抱っこしてもらった事は無いのでは ?

  哀しい日々を過ごした子犬の頃が 今はもう過去の思い出
  この先のぷーちゃんには明るい幸せな生活が待っています

  ぷーちゃん 本当におめでとう !!      

  良いご縁をご紹介頂き 有り難うございました

犬小屋 夏期バージョン 

気温が上がって来て 過ごしにくくなりました

今年の夏は昨年よりも さらに高温になるとの情報があり
恐ろしく感じます

※ 梅雨の合間ですが 高温の異常天候早期警戒情報が
   出ています
   地球の北半球で50度を超す国もあるとのニュース 

一体 地球は、気候はどうなっているのでしょう
夏でも毛皮を着ている動物達は さぞ辛いでしょうね 

moblog_e08e434b.jpg

mix犬 夏&秋の犬小屋を 夏期バージョンに変更
箱型の天井板を外し アルミ枠の上へ乗せて隙間を作り 
風通しを良くしました
こうすれば湿度も防げて小屋が腐らない ・・ 長持ちします
( この先 10年は使って欲しい )

moblog_1d374cc9.jpg

この上に大きな屋根があるので 犬小屋は隙間だらけでも
雨の心配は全くナシ

moblog_7aff7b86.jpg

天井板はストーッパーが付いているので 外れて落ちる
心配もない
冬季、寒くなったら天井板を元へ戻してして箱型にすれば
隙間風は入らない

天井板の裏側に  遊び心満載の可愛いストッパーが ・・ 

moblog_47ee02bc.jpg

愛愛ちゃん&僕ちゃんパパ 制作中の写真   

moblog_3d5931bd.jpg

この犬小屋 頑丈なのでまだ齧られていません
長持ちしそうです ・・・

moblog_06798acf.jpg

愛愛ちゃん & 僕ちゃん  有り難うございました
犬小屋 有り難く使わせて頂いています



夏 & 秋 には やや硬めのオヤツを募集中

この2匹は若くて歯も丈夫なので 老犬用の柔らかいオヤツでは
あっという間に飲みこんでしまいす

なので やや硬めのオヤツを募集

moblog_1a9e9474.jpg

例 ・・
この 転がっている白いガム
両端をコブのように結んである皮のガムです
このような物を希望

例 : ガムの袋は これ 
            
moblog_5e7928b1.jpg

一日中 齧っている mix犬 秋

moblog_a400314e.jpg

ちなみに マムわんこの中で 秋が一番若く5才前後
二番目が夏の7才前後

あくまでも獣医さんの推定年齢ですが ・・・
言い換えれば マムわんこ達の中で最後まで生きる犬

他の犬達は先に逝き マムの手元には 夏と秋だけが残る計算
但し 予定は未定なので 途中で想定外のアクシデントがあり
結末は変わるかも ~~

何事もなければ まだ8~10年くらいは一緒にいられるはず 
マムも体力を付けて 2匹と暮らす準備をしなくては ・・

体格が大きいので相当大変だ
散歩で引き倒されないよう 足を鍛えよう
 

秋の この寝相 ビックリしたよ !!
健康なのに 急性心不全で亡くなった犬が過去にもいたので ・・

moblog_8f6c66b3.jpg

ガムを小屋へ持って入ったのだけど ガムはコロコロと外へ
転がってしまった
そのガムを眺めていた秋 そのまま眠っちゃったのです
午前中 病院へ行って来たので疲れたのかもね ・・・

まだ お子ちゃまの秋でした


夏と秋だけは首輪をしていません

首輪は皮製品なので 夏がオヤツ代わりに食べてしまいます
何本も腹へ入ったので自宅では首輪を外している
外出の時にだけ装着

災害など何かあった時は マイクロチップだけが頼りなので
どうぞ災害が起きませんように ・・

※ 浜松市の災害マップを見ると マム宅の海抜まで
   津波が到達する事になっている 
   犬たちもマムも津波にさらわれる可能性大     


ちなみに ビーグルの夏 
異嗜があるのだが 最近食糞が減って来たように思われる
心が落ち着いてきたのかも知れませんね

騒がしい環境だけれども 決して居心地は悪くなさそうだ
そう感じたのかもせれません

先週 大雨の日に室内へ入れてみたが ソワソワと歩き回って
落ち着かないようだったので 戸を開けたら一目散に庭へ
走り出てしまった

好きな場所で暮らすのが良いと思うので 室内外を問わず
自分で選べばよい

現在は この犬小屋の向かって左側がお気に入り ・・
  

とにかく 平和な日常が何よりです

コーギーのこころちゃん

病院へ行ったら 
病院前のベンチに可愛いコーギーが座っていました

オハヨウ~と声を掛けながら通ったら「ワンワンワン」と
元気よく返事を返してくれました。

挨拶が出来る利口なワンコね ・・ と嬉しくなりました

moblog_689a7647.jpg

moblog_84347ba5.jpg

飼い主さんが 『マムさんですか?』 と声を掛けながら
ご寄付を差し出されて 『ブログ見てます』 とおっしゃった
わぁぁ~~ とても嬉しいです 感謝致します


ワンコのお名前を聞いたら こころちゃん
あれぇ~!? どこかで聞いたお名前 ???

現在11才  
6才の時に大阪のボランテイアから浜松へやって来たコーギー  


moblog_d4ec637e.jpg



こころちゃん どこで聞いた名前かな ??
帰りの車の中で ず~~と考えていた

そういえば ・・ 以前 ブログに載せた事あるような・・??
検索してみたら ありました ありました コーギーこころちゃん

ドッグラン犬の森ポムで遊んでいる時に ラッピーママが
撮影した?らしい写真が残っていました (5年前)
この時もラッピーママに物品をお渡し下さったようです 

moblog_462c4483.jpg

moblog_41b9ad81.jpg

すっごい美人さんでしょ!!

このブログの時も 『すごい美人さんで マム宅で里親探している
コーギーの負け ~~ 』 なんて書いてました


この他にも写真が沢山ありました
こちらは2年前  何度もこころちゃんに会っていたんだね

moblog_f9edae68.jpg

とにかく 美しいんです とっても とっても ・・・
人間は大好きだけれども 犬がちょと苦手とか

こころちゃん いつも不幸な犬達を気に掛けて下さり
有り難うございます

歯茎の診察はどうでしたか ?  また 聞かせて下さいね

お便りはメールフォームからお入りください
折り返し こちらの連絡先をお送り致します

椿ばあちゃん 何だか変だよ

ももちゃんに個室を与えたら 周りが静かになり
椿ばあちゃん 再び庭へ散歩に出られるようになった

とっても嬉しく思っていたのだが どうも様子がおかしい ??

moblog_44d04695.jpg

昼間元気に歩いて あとは爆睡する
以前のように そんな日々が戻り安心していた

だが この所 夕ご飯を食べて一旦眠りに着き 真夜中 
午前零時を過ぎたあたりから鳴き始めるようになった

ワンワンではなく クゥ~ンと鼻先で微かに鳴く
鳴くというより喉から音を出しているようにも思える鳴き方

今までも痴呆を思わせるような行動も見られたが
いよいよ本格的に痴呆行動か ?

moblog_f2eb9f03.jpg

昨夜は1時ころから鳴き始めたので 庭へ出して歩かせた

もちろん何かあってはいけないので側で見ています
3時半ころ自分の小屋へ戻ったが 疲れたような表情だ

moblog_b18a7ec8.jpg

4時半ころ空が白み始めた なかなか眠れないらしい
大きい小屋と小さい小屋 左右を行ったり来たりしている 

moblog_8bafe9cb.jpg

ウトウトしかけた
小屋の外へはみ出している頭が今にも落ちそう ・・
眠い証拠だ

moblog_c8e6678a.jpg

半分 落ちた格好で眠りに付いた
これで朝ご飯の時間まで熟睡するはず ・・・

moblog_3e89d797.jpg

入れ違いに他の犬達が起きはじめた
マムわんこは全員早起きだ 3時半か4時には起きます



痴呆を発症すると 他の犬と同じ時間帯では暮せないので 
椿ばあちゃんの専用時間を採用

ばあちゃんの痴呆に合わせた時間なので 真夜中の零時に
歩いて見たり 昼近くに朝ご飯を食べてみたりと 椿ばあちゃん
だけの世界を構築


痴呆の犬に 元気な犬と同じスケジュールは組めない

ゆっくり坂を下っている 椿ばあちゃんの時間を大切にしてやりたい

moblog_ca8d8a99.jpg


マムは また外出が出来なくなりました
暫くは家に張り付いて 椿ばあちゃんを見守っています

マムにご用の方は メールでお願いします
場合によっては電話に出られない時もありますので ・・

メールでは用が果たせない場合は ラッピーママ & 
ラウルママへご用をお伝え下さい


椿ばあちゃんへの ご支援を募っています

トイレシーツ 
柔らかいオヤツ 
療法食 など ・・・


もう少しの間 椿ばあちゃんを応援下さい  

マルちゃん

マルママさんからのお便り~~

『 写真のマルは 寝ぼけ眼ですが、昨日とある事が
  あったんですが番犬としての役目を果たしてくれました
  
  おじいちゃん犬になっちゃいましたが、頼もしかったです(笑) 』

  moblog_8feb7cd0.jpg

おおぉ~!! マルちゃんが番犬 ??
とても信じられないです

こんな優しい顔をしていて吠えるのですか  
やはり 家族を守っているのですね

家族を守る守護神だもの 一番偉い地位にいますね
いつでも ママを守ってあげて下さい
 
マルちゃん その調子でこの夏も元気でね !!


いつもご支援有り難うございます
今回は まめのご指定を感謝致します  

行方不明!猫を探しています!

見かけたり、保護されてる方いらっしゃいましたらご連絡ください!
℡ 053-425-2297

仔猫の時に保健所から譲渡、わかりにくいですが耳が
カットしてあり桜猫です。

首輪がついていましたが取れてしまっているかもしれません。

cat_9385_2.jpg

cat_9385_1.jpg

IMG_515842822610532-300x300.jpeg

cat_9385_3.jpg

ご協力お願いします!        ゴーキャッツより転載

詳しくはゴーキャッツのページをご覧ください

全員が落ち着いて来た ・・・

ももちゃんを個室へ移動させたら 全員が落ち着いて来た

最初の夜は 夜中12時を過ぎても吠え続けたももちゃん
体が大きいので吠える声も大きい
まして夜中の声は 良く通る ・・ 

こりゃぁ ダメだ~と気が気ではなかったが 明け方3時頃
静かになり どうやら眠ったようだった


ももちゃんだって 自分の都合でマム宅へ来たのではない
一番の被害者なので気の毒
飼い主の都合で 犬の生活が左右されるのは もう嫌だね  


でも ももちゃんの気持ちは分かるけど マム宅では 
みんな平和に暮らして欲しい 
被害者も加害者も出したくはない ケンカはして欲しくないので  
止むを得ず隔離した

moblog_ee417102.jpg


バトルが無くなり ハクの悲鳴が聞こえなくなったら 
全員が落ち着いて穏やかになって来た

moblog_079bac0d.jpg

秋はももちゃんに寄り添うかのように仕切りのフェンスに
もたれていた 案外優しいのだね

しかし 遊んで欲しくてももちゃんに飛び掛かろうとする
激しく吠える 
ももちゃんに取っては 一難去ってまた一難 ・・・
  
お子ちゃまの秋には ももちゃんの隔離の意味が分かっていない



moblog_3f1cee37.jpg

直虎も 落ち着いて眼が穏やかになっている

moblog_ff0420b8.jpg

りゅうのすけ  静かに午睡中

ケリー      大胆に午睡中 

moblog_f3a548de.jpg

平和が戻って嬉しいが 問題も一つ残っている
ももちゃんのスペースが狭いのだ
畳3枚程度しかないので 大型犬には狭いだろう

しかし どこを見回しても もう ももちゃんが移動できそうな
場所は見当たらない  これが唯一の難点 

ももちゃんは狭い場所のストレスで また 問題行動を
起こしそうな予感がする

でも 実際に問題が起きるまで放って置くしかない
何か起きたら その都度解決するしかないね

moblog_1724bf78.jpg

大きなベッドは ずり落ちてしまうので 硬いベッドを用意し
中の敷物を移し替えた
これなら体がすっぽり入り丸くなって眠れる

当分は ももちゃん 我慢の暮らし
性格の良い犬なのに環境が合わなくて本当に気の毒  

ももちゃん あと少し頑張れ ~~  


今一度 ももちゃんの預かりボラさんを募集します
1匹だけで暮らせばケンカは起きません

人間大好きで性格も良いし 全く問題なし
どなたか 預かれるご家庭がありましたら お知らせ下さい

ももちゃんを預かって頂けるご家庭 募集中

宇宙ちゃん おひさしぶりです!!

宇宙ちゃんのママから 久し振りに写真が届きました
宇宙ちゃん お元気でしたか ?

  moblog_2980e9d4.jpg 

『 最近の宇宙は 写メのように寝ている事が多いです。
  お散歩も1日1回短い距離をゆっくり歩きます、
  時間かかりますが頑張ってます 

  もうすぐお誕生日、14歳になります。
  お友達ワンコと 「目指せ20歳」 と、意気込んでいます。

  moblog_b960961a.jpg moblog_7ae69870.jpg

  時期が過ぎましたが今年は クレマチスや バラが  きれいに
  咲いてくれました。
  今からはトケイソウです 沢山蕾がついていますので楽しみです。』

  可愛い宇宙ちゃんの写真有り難うございます

  宇宙ちゃんママのお宅は花が一杯の庭があり うらやましい限り ・・
  花は日頃の手入れが大切
  その努力がないと決して美しい花は咲かない ~

  マム宅は 犬がオシッコ掛けるから ダメなのよね と
  簡単に手入れを諦めてしまうから美しい花は見られない

  日頃の手入れで保つ事の大切さ ・・ つくづく身に沁みます
  次の花もお待ちしています

  宇宙ちゃん お元気でね !!  目指せ20歳  




ご支援有り難うございます 心より感謝致します

宇宙ちゃんママ
和久田さん
ココママさん
ほう君ママさん

かわね 抗がん剤治療 終了

かわねの抗がん剤治療が3回で終了した

最初は5~6回の予定と説明されていたのだが 
3回で終了とは 良い兆候なのか ? ・・

来月からは 毎月 レントゲン&血液検査などを行い
転移がないか細かく慎重に診て行く方針との説明

moblog_a96272ff.jpg

前回の結果    

今回の結果   赤い数値が増えている

moblog_2e41472c.jpg

抗がん剤の影響もあり 腎臓関係の数値がやや悪いと
説明があった
この説明通りなら 抗がん剤投与を終えた次回の血液検査では
もう少し改善しているかも知れない ・・ 期待しよう


既にリンパ管に転移しているので 細胞が身体中どこへ
定着して増殖するか予測がつかない

最初の説明では 寛解しないと言われた
※ 専門用語なのでネットで検索して下さい

とにかく完治ではないので 再発がないか転移がないか 
毎月 こまめに検査を受けて行くしかない

万一転移・再発があれば 抗がん剤治療を再開する事になる
後は幸運を祈るだけ ・・・

最先端医療を受けているのに 後は幸運を祈るだけ・・なんてミスマッチ!?ですね  


moblog_f186e044.jpg

病院は大好きな場所 嬉しいらしくハイテンション

moblog_92f27241.jpg

スタッフさんにも 患者犬にも飼い主さんにも 馴れ馴れしく
寄って行くのでリードを引き戻してばかりいます

最近は 知らない犬が側へ寄ると 吠えるか震える犬が多い
飼い主さんも胸に抱え込んで あまり触れさせたがらない

かわねは ガッカリして座り込んでしまった

moblog_11a623b5.jpg

帰宅するとハイテンションの反動でグッタリしてしまう
目に力が無い 
とても疲れるようで やはり病犬だと思う
なら病院で大人しくしていればよい物を ~ 

moblog_bf83c1ef.jpg

とにかく これにて抗がん剤治療は終了

最初の治療後は食欲がない日もあり 心配しましたが
その後は嘔吐などの副作用もなく幸いでした
と云うか逆に 体重増加・・太ってしまった

かわねが ここまで来られたのは皆様のお蔭です
手術費 抗ガン剤治療費 などをご支援下さいました皆様
本当に有り難うございました

心より感謝申し上げます


腎臓も徐々に悪化しています

腎臓の機能不全が先か 悪性腫瘍が原因となるのか  
どちらで命を終えるのか全く予測不明ですが かわねと共に
最期まで頑張ります

かわねはとにかく明るい

犬には病気が理解出来ないから 明るくて当然ですが
マムには大きな救い
 

正直いって 夜 かわね&まめの寝顔を見ていると 涙が
ポロリ~と落ちる事もあるのです

迷い犬として 又は 遺棄されて処分場へ送られ不安な日を
過ごした過去の記憶がある かわね&まめ

辛い悲しい日を経て 漸く今の安寧な暮らしを手に入れたのに 
まだ不幸が病気の追い打ちを掛けてくる

この犬達には幸運とか奇跡なんて事は起きないんだ ・・
そう思うと不憫でつい涙がポロリです

でも 朝起きて元気な顔を見ると 勇気づけられる

かわねの最期の時まで一緒に楽しい時間を過ごして見送りたい


今後とも かわねへの あしなが支援をお願い致します
犬の指定欄には 「かわね」 とご記入下さい

moblog_824c2b59.jpg

毎月 要検査なので 7月19日に予約を入れました 
結果が良いものでありますよう 幸運を祈るのみです

まめ 熱中症対策で ・・

いよいよ熱中症対策が必要な季節となりましたね

梅雨の合間だというのに 日本全国猛暑に突入
浜松市でも この所 熱中症予防情報が出ています
 

『『 暑さ指数(WBGT)が 27 『 警戒レベル 』との予測が
   環境省から出されています。
   運動や激しい作業をする際には定期的に水分補給、
   休息を取り入れましょう。  』』


こんな内容で 情報がメール配信されて来ます
このメール配信は大変有り難い

自分で情報を探さなくても 登録さえしておけば
市から自動配信されて来るのです

これを元に 犬達の日陰や水の置き場などを再確認に
廻ります


特に水容器に気を配ります

水をどれくらい飲んでいるのか 判る範囲で計量する 
あまり飲まない犬もいて気にかかる

容器の形を変えたり材質を変えると 良く飲めるようになる
との情報もあり プラスチックバケツ ステンレス容器 
金盥 など いろいろ試して見たがマム宅の犬達は
あまりこだわっていないようだ

日陰で涼しく 水を沢山飲んで ご飯も沢山食べて ・・
夏場を乗り切るのはこれしかないですね


室内で暮らす犬にも熱中症が多発しているらしい

乳び胸の犬 まめは肺呼吸機能が落ちているので
室内温度や湿度には気を使う

しかし エアコンが効かない ・・
取り付けて15年が経ち 修理すると新品を買うより
高くなるそうです

買い替えるしかないのかな ・・    


病気の犬には替えられない
熱中症を起こしたり 呼吸困難でチアノーゼを起こしたら命取り
 
酸素室をリースしたら もっと費用が掛かるはずだもの
清水の舞台から飛び降りたよ ・・・ 


やはりエアコンは有り難い
まめの呼吸(病状)を観察するクセが付いていて いつまでも
胸を眺めている ・・

軽やかに呼吸していると嬉しい
ハアハアと苦しそうな呼吸は こちらも息が止まりそうになる
夏の間だけ エアコンは治療の一環と思って利用する

moblog_9305dc29.jpg

乳び胸のまめ 6ヶ月振りに定期検診=レントゲン撮影

前回の肺と比較して 変化がないか異常がないかを調べる
肺に白い点々があるが正体は不明 ・・ これは不安材料

肺の端は縮んで肥厚し 肺面積が通常よりやや小
肺呼吸が苦しいのはこれに起因する

この状況は横ばいが最良との説明  
手術をして乳びの流出を止めたが これは完治ではない
 
すでに乳びで臓器が爛れた状態になっていたから
肺も心臓も正常ではない

どうぞ いつまでも横ばいが続きますように     

moblog_3173f96e.jpg

次は 再び6ヶ月後に定期検診の予定


まめ あしなが支援を募っています

定期検診 と 療法食の指定があります
食事は徹底して守るようにとの指示が出ていますので 
皆様のご理解とご支援をお待ちしています

頑張れ みゅ~さん

みゅ~ママさんから みゅ~が少し変ですとの連絡があり
心配しています

あいにく掛かり付け病院が休診
ルナ動物病院さんが開いていたので駆け込んで診察して
もらったそうです
診察後 丁寧に説明して下さり安心して帰宅したとの事

ルナ先生 有り難うございました



5月の連休には 家族揃って信州旅行に行き 
とてもステキな笑顔でパパに抱っこされていました

まだまだ元気な様子に感じられたので この夏も頑張ろうね
とエールを送りましたが ・・・

moblog_d53e00b5.jpg

みゅ~さんは 今年16才   

子犬の頃は辛い環境でしたが みゅ~宅へ行ってからは
愛情一杯に大切にされ幸せに過ごした

子犬の頃 毎日 殴られ続け どんな気持ちで過ごしただろう

※ 引き取りの時 殴った理由を聞いたら 
        吠えるから毎朝ホウキで殴ったと飼い主が説明
 
訳も判らず殴られ続けて 心が傷付き噛むようになった
噛む犬は要らない ・・ と飼育放棄

そんな時に巡り合ったのが 今のパパとママ

「いぬのきもち」2008年4月号取材の時 記者さんから
噛む犬を引き取った理由を聞かれ パパが「噛むのも個性」と
ステキなコメントを述べた記事が残っています

なかなか出ないコメントだと思いましたよ
噛むからイヤだ ・・ ではなく 噛む事も含めて受け入れて
下さった
 
何度も噛まれたそうですが それでも愛情は冷めなかった
これぞ本物の愛情です

パパ・ママとは真っ赤な糸で結ばれている
ちょっとやそっとでは切れない糸だ ・・

みゅ~さん パパ・ママの愛情に応えて もう少し頑張れ   

みゅ~さん 頑張れ   頑張れ   頑張れ 



一昨年 川で泳いだ写真
今年の夏も元気で泳ぎに行ってらっしゃ~い  

moblog_8b23a2df.jpg

ももちゃん 通院終了

ももちゃん 長い間通院しましたが 先生から
「腹の傷に関しては診察終了」のお許しがでました

ラウルママさん 本当に有り難うございました

しかし もう少しの間 自宅でケアが必要
傷口の皮が完全に張るまでは カラーを付けて術後服を着る予定
その間 もう少しラウルママさんのお世話になります

チョビアル凜ちゃん母さんに大量のТシャツをご寄付頂いたので 
ラウルママさんがカットして成型

moblog_cbec16a8.jpg

術後服は傷口を保護する為
床に腹ばいになると 傷口が直接床に触れるので要注意
傷口は正中線の臍下
舐めないようにカラーもそのまま ・・


moblog_b464f48c.jpg

いい顔のももちゃんですが 術後服交換の時はハイテンション
ラウルママさんが根気よく落ち着かせて保定してくれる

マムが反対側から服を着せ 包帯で腹をひと巻きして終わる
これを手術後 ず~と毎日続けて来たのです

ラウルママさんのお手伝いが無かったら 到底ケアは
出来なかった
マムはももちゃんに嫌われてますからね

ラウルママさんには飛びついたり寝転んで甘えたりしても
マムには決してしない 全く無視されてます

moblog_86710177.jpg

穏やかな時は 可愛い顔 ・・ 

moblog_d95dfdf9.jpg

とにかく ももちゃん 良い方向へ向いてますので
あとは 腹の傷が治りさえすれば云う事なし ・・

moblog_a2b798f1.jpg

無事に手術を終え こんなに元気になれたのも 
皆様のご支援・応援のお蔭です

心より感謝申し上げます 有り難うございました


低度ではあっても悪性腫瘍でしたから この後も定期検診を
指示されています
次回は7月末に検診予定

今後とも ももちゃんにご支援をお願い致します
   


最後まで ももちゃんの心と根気よく向かい合うつもりです
皆様のアドバイスもお待ちしています

ミニピンの雷蔵

ミニピンの雷蔵 
この所 皮膚に炎症があり通院・薬浴に通ってました

普段 元気で健康にも問題がなく 病院には縁のない子と
思ってましたから 通院の指示を受けたのにはビックリ

でも良く考えれば もう10才を越した老犬(現在12才)なので
どこか悪くても当たり前
いつまでも元気 ・・ と思うのはマムの油断

moblog_003d03b5.jpg

薬浴をして薬も服用していたので 1ヶ月後には
完治したらしく先生からOKが出ました
病院でも愛想の良い子で 先生にもスタッフさんにも
甘えまくり 
今後も 皮膚を気を付けて見守って下さいと指示がありました


引き取った日の雷蔵  白い毛もなく顔が若い

moblog_290788bc.jpg

この時は体重7.9㎏ (現在は6㎏)
カバの体型にカモシカの足 と云った印象だった

moblog_0e562580.jpg




誰とでもお付き合いの出来る性格の良いミニピンで
どうも 柴犬タローに付き合って穴掘りを手伝ったらしい

疲れてその場に寝転んでますが 周りには穴掘りしたような
形跡が見られる

タローに頼まれたのか 自分から進んで手伝ったのかは不明
でも 穴掘りって楽しいから 頼まれなくても掘るよね !!

moblog_f8fc785a.jpg

カメラを向けたら 直ぐに起きてこちらを見た
本当に お調子者だこと ・・・

moblog_b7f1f60a.jpg

初対面の人でも 犬にでも直ぐに懐く
かわねにでも ももちゃんにでも積極的に挨拶に行く

moblog_2d2f6a59.jpg

雷蔵の近さには ももちゃんもタジタジ

moblog_e6e4a0bd.jpg

直虎にも気に入られているらしい
というか直虎が唸らない所をみると 黙認されているようだ

しかし最近 ももちゃんとハクのバトルのお蔭で逃避の日々
ぎゃぁお~の第一声 ぎゃ・・が聞こえた時点で パッと姿を消し
バトルが終わって静まったところで ひょこんと顔を出す

要領がいいというか 賢いというか なかなか味な奴

moblog_73ea5519.jpg

こんな性格の良い小型犬に希望者が無いなんて ・・・

動物愛護教育センターで譲渡会を開催させて頂いた時には
毎回参加しアピールしていたが 応募者は全くナシ

犬の流行から外れているって怖い事
(犬に流行がある事自体 日本は異常だと思うのだが ・・)


でも 見方を変えれば これはマムに縁のある犬
どこへ行けなくても マムの側で最期を迎える犬なのだ

そう思えば愛しくなってくる
顔も可愛く見えてくる

そう この子はマムが最後まで一緒に暮らす犬なのだ

里親探しは もうしない
最後まで一緒に楽しく暮らそうね 


どこにもご縁のない老犬が 柔らかいオヤツを募っています

moblog_46f71178.jpg

ペティオ 7歳からのやわらかガム    ドギーマン 紗

雷蔵にも 皆様のご支援をお願い致します
ちなみに雷蔵は 7歳からの柔らかガムの方が好みです

贅沢言って済みません  by  雷蔵 

柴犬タローも不安定 !?

ももちゃんを隔離するまでは 毎日 もの凄いバトルが
起きていた為 周りの犬たちも精神的にやや不安定に
なっていたようだ


柴犬タロー
引き取った当初は心が安定せず 物を壊して
気を紛らわせていた

スダレをぼろぼろに引きちぎったり 
犬小屋を噛んだり引っくり返したりと それはもう大変だった
穴掘りもすごかった

moblog_8cb203fd.jpg

しかし 心が安定すると共に物を壊す事もなく 落ち着いて
生活が出来ていた

moblog_9fd077ee.jpg


それが ももちゃんとハクのバトルが勃発したら 
タローも何か不安を感じ取ったようで 再び穴掘りが始まった
ストレスから穴掘りに集中し不安を紛らわせているらしい ・・・

moblog_98e49579.jpg

タローの横には大きな穴が・・・

moblog_3939fc32.jpg

本人は ひと仕事済ませて得意げな顔

moblog_052f55be.jpg

何か悪い事した??と顔に書いてある

い~え 悪い事などありませんよ
タローが心の平安を保って 好きなように暮らせばいいので 
もっと掘ってもいいのよ

何ならマムも穴掘り手伝いましょうか ?
と申し出たが ボク一人で掘るからほっといて~と
断られた
へいへい お好きなようになさって下さい

moblog_78625707.jpg

穴掘りで 心の安定が保たれるならこんな良い事はない
どんな大きな穴でも大歓迎

タロー 好きなだけ どうぞ~~ 


ちなみに穴は埋めません  

そのままにしてある ・・ 
好きなだけ土を掘り返せば気が済むので 飽きるまで待ちます

でも ももちゃんを隔離したらバトルが起きなくなって
柴犬タローの穴掘りはパタリと止んだ

もう いいのかな ?
心は落ち着いたのかな ??

moblog_6309fe82.jpg

のんびりと昼寝をしている所をみると だいぶん
落ち着いて来たようだ

うまい具合に 体に直射日光が当たらないように寝ている
なかなか頭の良い 柴犬タロー
 
moblog_2d2152ea.jpg


午前 午後に1回ずつ 係留を放して庭を走らせる
その時にはマムも側に付いています
決して目を離さい

しかし 遊びが始まると時間が来て繋ごうとしても嫌がる
おいで~と呼んだくらいでは来ない ・・

この時 無理に手を出すと噛まれるので マムもその場へ座って
とにかく待つ
自分で寄ってくるまで待つ  オヤツを見せびらかしながら ~

オヤツに惹かれて寄って来たら静かに繋ぐ
繋げたら大げさに褒める 
それでタローの日課 庭遊びは終了

現在は このパターンで上手くいってます




柴犬タローの家族を募集

オス 8才になりました 体重12㎏ フィラリア陰性 
各検査 手術などすべて済み マイクロチップ埋め込み済み

散歩をした事が無いらしく横へ着いて歩けません
要しつけ

庭に放す場合は 高い塀が必要
160cm以上の高さがないと飛び越す恐れあり

性格は穏やかですが 原因不明のスイッチが入ると 
ちょっと怖いので 根気よくしつけを出来る方希望

募金箱回収

ミッシェルのママさんが 中区城北のドッグデザイン
クレオさん(ドッグ美容院)に置かせて頂いていた
募金箱を回収して来て下さいました

今回は 4288円 

ワンちゃん 飼い主の皆様 ご協力有り難うございました

クレオさん 有り難うございました
ミッシェルママさん 感謝致します

    cleosign.jpg

クレオさんは 浜松市中区城北 中消防署交差点の角
オレンジ色で統一されたステキな美容院です

ガラス張りなので道路からトリミング中の様子が良く見え 
マムも信号待ちの時 つい見てしまいます

何年か前 犬の瞳さんで募集中のダックスを 
クレオさんのご紹介で 近所の薬局の方に
もらって頂いた事もあります

皆様も 是非 一度 覗いて見て下さい



同じ日 病院で ハヤトかすみママさん こはるママさんからも 
ご寄付&物品を頂きました

ハヤトかすみママから 
パパのヘソクリ & トイレシーツ オヤツなど沢山の物品  

こはるママさんからは 臭いのもれないビニール袋
ビックリのすぐれ物

ルークママさんも わざわざ届けて下さり 感謝致します
moblog_44056bc0.jpg

ダックスのルークちゃん いつも有り難う  


ご支援 有り難うございました

椿ばぁちゃん

朝 久し振りに椿ばあちゃんが庭へ散歩に出た

庭へ出たのは 40日ぶり ・・ くらいでしょうか
ももちゃんを隔離してケンカが収まり 周囲が静かになったのが
判ったらしい

いつものように玄関の戸を開けて ばあちゃんどうぞ~と
声を掛けたら その朝は すんなり出た

いつもは戸を開けて待っていても 小屋から出なかったのに

      椿ばあちゃんの爪先
moblog_9d5e23cb.jpg

とっとと・・ 歩く速度が速いので カメラが追い付かない

moblog_927facf0.jpg

連続してシャッターを押しても ガラケーなので
写るまで少し間がある

moblog_9612e807.jpg

ようやく立ち止まって いい顔でポーズを取ってくれた
ブラシを掛けようとすると必死で逃げ回るので毛がボロボロ 

moblog_44d04695.jpg

歩く事は老化防止の基本

歩けなくなったら寝たきりの老後が待っている
そして 寝たきりになったら もうその先は見えている

病気ではなく 老化で寝たきりになり 4~5年持った犬は 
今までにはいなかった
寝たきりになると その先が早い ~~ と思っている

何としても 最後まで自力で歩いて欲しい

moblog_2673422a.jpg



目元がスッキリして見違えるような顔
やはり逆さマツゲも 子宮の疾患も手術して良かった

image2_convert_20170109215852.jpg
      手術前の目  


先生からは手術のリスクが高いので ・・ と宣告されて
手術が終わるまでは ハラハラドキドキで祈り続けていた

それほどに心臓が悪いのです
心臓は毎日使う臓器なので 使えば使うほど日々悪化して行く
横ばいはありません

緩い下り坂を降りて行き 突き当りのドアを開けたら虹の橋
そういう風に理解しています

moblog_1a0090e2.jpg

ぐっすり眠っていると 思わずハッと覗き込んでしまう
直ぐに鼻の前へ手をかざす ・・ 
胸が動いているかどうかを見る ・・
呼吸していると あぁぁ~良かった ・・ 嬉しいと思う

こんなに年を取ってくると 一日一日がとても大切
沢山食べて 沢山歩いて 長生きして欲しい


椿ばあちゃんにも あしなが支援を募っています

僧房弁閉鎖不全症 その他のプチ定期検診で 2~3ヶ月に
一度は必ず受診
心臓の薬も服用中

トイレシーツと 柔らかいオヤツも 希望
 
椿ばあちゃんにも ご支援をお願い致します

通院のハシゴも終わった

プードルのぷーちゃん 家族が決まって本当に良かった
名前のぷーちゃんは お孫さんが命名

とても性格の良い子なので きっとお孫さんとも仲良く
遊ぶ事が出来るでしょう
末永く 宜しくお願い致します



まだ ぷーちゃんがマム宅にいた頃 病院のハシゴで
他の犬と一緒に車に乗せ 順番に病院へ回る事が多かった

moblog_ea9449dd.jpg

週に6日通院してもまだ足りず 一日に2病院をハシゴ

行きに1軒目の病院でシーズーを預け ぷーちゃんを連れて
2軒目の病院で受診
ぷーちゃんの診察が終わり 帰りに再びシーズーを拾って帰った

moblog_053e3613.jpg

2匹とも とってもお利口に乗ってました
年齢が倍以上も違うのですが この時ぷーちゃんは まだ
未去勢だったので ばあちゃんシーズーに興味津々

moblog_4c4111da.jpg

臭いを嗅いだり嗅がれたりして甘えていた

moblog_4e7af154.jpg

騒がずに乗ってくれたので有り難かった

moblog_d9eeb861.jpg


ぷーちゃんとリリーさんが乗り合わせてハシゴも  

moblog_e3cb7ede.jpg

優ちゃんも乗っていて 3匹でハシゴして回った

moblog_da2a6571.jpg

今は昔 懐かしい思い出

moblog_603ccdb3.jpg

この他 ももちゃんともブッキング かわねともブッキング
どの子も単独で通院なんてありえなかった
2~3匹で乗り合わせが普通だった


最後の仕上げは狂犬病予防注射
通院している犬達は 通院の都度 個別に注射を受けたが
日頃元気で病院に縁のない犬達は まだ打ってありません

ラウルママさんの車と2台に分乗 未接種の犬達を病院へ搬送
診察室へ入らず 車の中で注射を打ってもらった
狂犬病注射会場で たまに見かける接種と同じ方式

でも 日常的に通院しなくても 半年に1度くらいはプチ健診や
シャンプーに行くので 先生は健康状態を把握しておられるし
顔見知りの犬達なので安心して打ってもらえる

これで メッチャ忙しかった通院もひとまず区切りが付いた

6月に入り ようやく通常の週2~3回の通院に戻ったので
体も少し楽になったように感じてます


でも 手元に犬がいる間は通院が欠かせない
老犬に病気は付き物

外での活動は若い皆さん方が手分けをして進めて下さるので
マムは老犬の介護・病犬の看護に専念できます
有り難い限り ・・ 心から感謝しています

暫くは マム宅の環境整備に注力しながら マムも体力を
回復したいと思います
※ 通院を優先していたので マム宅は荒れ放題 ・・ 


再び通院等で人手が必要な時には お手伝いを募集しますので
その節には 宜しくお願い致します


マム宅の環境整備の為 現在 募集している物品

  ハエ等の虫を寄せ付けない 「ハエコナーズ」とか
    「コバエほいほい」 などを募っています

  moblog_246e68a8.jpg

メーカーによって品名が違いますので どこのメーカーでも可

  漂白剤 塩素系希望  犬の食器・床の消毒 等に使用 
  バケツ    口径20~25cm位のやや小ぶりなサイズ
  ハサミ 普通のハサミ  

上記の物が余っていたら ご寄付下さい
犬達の環境向上の為 ご協力をお願い致します 

母仔猫の行方 ・・

先月 連休明けに ある工場で仔猫を出産した母猫の
記事を掲載しました

連絡をくれた人と打ち合わせ 地元のにゃん友クラブさんにも
協力をお願いして保護する方針で計画を立てていました

moblog_25d63925.jpg

しかし 母猫は仔猫を連れてどこかへ移動
母子ともに行方不明となって1ヶ月が過ぎ心配でした

連絡をくれた人は その後も近所を捜し歩きましたが
とうとう見つかりませんでした

猫嫌いな人から 猫用に置いていた餌容器を捨てられたり
小言を言われたり大変な思いをされたようです

1ヶ月経っても見付ける事が出来なかったので 一旦 ここで
打ち切りたいとの連絡が入りました

止むを得ません
姿が見えないのでは手の打ちようがない
また姿を見かけたら連絡下さい ・・ と電話を切りました


このような話は 珍しい事ではありません

ボランテイアの活動の中では日常茶飯事 
どんなに努力しても 救え切れない猫が沢山います

飼い猫が家から迷い出て帰れなくなった 
あるいは捨てられた  いずれにしても外で暮らすようになった
そして 不妊手術がしてなかったので 子を産み増えて行った

※ 野良の子として産まれ育った猫は 人間のいる工場内に入り込み
   人間の側で出産はしません  この出産した猫は飼い猫だったと思う
 


この場合 一番悪いのは飼い主です

・ 猫を飼ったら室内飼いをする
・ オスもメスも不妊手術をする

飼い主が この原則を守れなかった為 外へ出た猫は
妊娠・出産し不幸な状態を招いた
猫は本能で生きているだけで なんら責任は有りません

猫を飼いたいと思っている方は この基本原則を
自分が守れるかどうか 胸に問うて見て下さい


・ 猫は自由な暮らしがいいんだよね
・ 健康な体を傷つける手術なんて可哀想

なんて甘い認識の人には 猫を飼って欲しくありません

昔のように車がなく 人と動物が自然の中で共存していた
頃とは時代が違うのです

現代社会は 外で暮らしている猫には危険が一杯

どうぞ あなたの周りの外猫に気を配ってあげて下さい
不幸な猫は あなたの手を待っています

今が猫の出産シーズン
困っている猫が きっと どこかで助けを求めています


人間は見たいものしか見えない
見たくないものは見えない そうです

その気になって不幸な猫を気に掛けていたら
困っている猫が きっと目に入ってきます

100人の方が1匹づつ保護して下さったら100匹の猫が
救われます
1000人が保護して下さったら1000匹が救われます
10000人が ・・・
100000人が ・・・

沢山の方々が手を差し伸べて下さったら 沢山の猫が
幸せになれます

あなたの手を待っている猫がいます

どうぞ そのような猫は保護してやって下さい
ボランテイは そのような方々を応援したいと思っています


 DSCF1227-s.jpg 
センターから預かった猫  バロン君決まりました


猫をご希望の方は ・・・

・ すてっぷにゃむ
・ ゴーキャッツ
・ にゃん友クラブ
・ にゃにゃにゃ(個人のブログ)
・ やいづワンニャン会 

詳しくは 上記のブログ 又は ホームページをご覧下さい
各地の譲渡会情報も載っています


gattu17.jpg 170509-11.jpg

この猫たちは 各団体で募集中の猫です

170519-13.jpg 1493118793591-s.jpg 



猫を虐待し11匹を公園に埋めたとして逮捕された女の
ニュースが流れました

公園に埋められた11匹の中には 仔猫もいたそうです
3~4日に一度 餌やりに自宅へ戻っていたという

猫たちはどんな思いで飼い主の帰りを待ったのだろう

飼い主としての責任と義務が果たせない人には
動物を飼う資格はないと思います


今から動物を飼いたいと思っている人は 本当に最後まで
愛情を持って世話を続けられるかを よくよく考えて下さい

一時の思い付きや 流行に踊らされての飼育は 
飼い主としての入口が間違っています


最期まで面倒を見る事が出来るのか ・・
責任を果たす事が出来るのか ・・
義務を果たす事が出来るのか ・・

どうか もう一度 良く考えてから飼い始めて下さい


飼い始めたら 最期まで責任を持ちましよう

ショップへ行く前に 不幸な犬・猫を選ぶという選択肢も
ある事を知って下さい

星になった ほう君

2017年6月11日 ほう君が星になりました  

保護して受診した時 シニアらしいとの診断で いつまで
飼い主さんと一緒に暮らせるか判らない状態の犬でしたが 
それでも受け入れて下さり 感謝の気持ちで一杯です

最後まで大切にお世話下り感謝致します

心より ほう君のご冥福をお祈り申し上げます

moblog_ccf490b7.jpg
    譲渡した日の ほう君

moblog_187dfd9b.jpg
    一年目の記念日に送って下さった写真

ほう君 安らかに ~~  

ハク & ももちゃん

ももちゃんの心が落ち着きません
ますます 荒れて来るように思われる ・・・  

ももちゃんを隔離する場所探しに手間取っている間に
再び流血事件発生
今回は ももちゃんも口の中が切れたようだ
前回より凄い出血 

moblog_3a16b681.jpg

口の中なので自分で舐めて直す

moblog_d7fd6845.jpg

周りの壁にも血が飛び散った

moblog_f34a7089.jpg

古い家なので目立たないのが幸い

moblog_ea1c74ec.jpg

相当痛かったようで 暫くは憮然としていた

moblog_83111271.jpg

でも出血が止まったら 「マム見てよ もう治ったよ」 と
この笑顔
ももちゃん 精神的にはほとんど影響が見られない

moblog_f3fdce40.jpg

精神的に影響が大きいのは こちら ハク

moblog_8d04eb9e.jpg

ももちゃんから身を隠すように 直虎のエリアで眠ったり
マムの見える所で眠っている

moblog_e03f77b6.jpg

夕方 ボチボチ暗くなる頃 コンクリートの上で横たわるハク

moblog_56303e9f.jpg

カメラを向けたら目を覚ましたが 姿勢を変えて直ぐに
眠りに着いた
相当 心も疲れているようだ



で 早急にももちゃんを隔離したいのだが場所がない 
どこへ隔離しようか ・・・

今までも一人暮らしだったので 一人は馴れているはず

※ 飼い主はももちゃんを置いて自分だけ引っ越し 
   夜になると1度だけ ご飯を与えに来たらしい ・・ 
                            近所の人の話

これだって酷い話だ
ももちゃんの心だって傷付くよね


でも自分が傷付いたから 他のワンコを傷つけて憂さ晴らし
するなんてダメだよ ももちゃん


mix犬 夏と秋のエリアを分けて 隣り合わせに置くしかない
とりあえず仮の処置

moblog_d95dfdf9.jpg

3畳くらいの ももちゃんスペース 出来上がり

moblog_bb7a313f.jpg

夏と秋のスペースは四畳半くらい
大きな体格の2匹では狭い ・・  なんとかしなくては   

場所がないので あっちへ移動 こっちへ移動 
新人が入って来る度に場所が無くて気の毒だな ・・・

以前は もっと犬の数が多かったのだが統制は取れていた
この理由は判っています

例えば 瓦礫置き去り犬は 一緒に暮らしていた犬7匹を
引き取ったので 全部親子兄弟で仲良しだった

押入れ族も 山犬一族の親子兄弟を引き取ったので
互いに馴れていて順位が確立していた

鯉たろう と さくら の兄妹犬も血が繋がっていたので
互いにかばい合い慰め合って暮らした

沢山引き取っても それなりに仲間意識があり
順位に従ってまとまりがあった


最近は 1匹ずつ個別に育った犬を引き取る事が多くなり
お山の大将ばかりが増加

集団で暮らした経験がないから他の犬の心が読めない
読めないから対処できない ・・・
それがケンカの原因ではないか?と思う

しかし 引き取ってしまってから 今更どうする事も出来ない
狭い場所を区分けして住んでもらうしかない


願わくば ももちゃんの心が落ち着きますように ・・  
平和が訪れますように ・・


ももちゃん始め 老犬にオヤツ募集
何かあっても オヤツで気を紛らわせるようにしています

mix犬 夏と秋は まだ若いので 少々硬いガムでもOK




ご支援有り難うございます

アマゾンから紗をお送り下さったココレオ母さん
心より御礼申し上げます


里江子さん&お嬢さん
かわねは元気良く通院し 元気一杯に日々を送っています 
ご心配下さり有り難うございます

通院の合間にシャンプーに行って来ました

20170530a-14.jpg

リリーさん 優ちゃん

毎週 リーママさんから送られてくる写真
リリーさん 優ちゃんの穏やかな日常がつづられています

実は それぞれに 気に掛けて下さる方がいらして
写真の掲載を期待されているのです

昔の姿をご存じの方もいて 連絡を下さったりします
なので この写真を見て安心して頂ければ幸いです

写真に嘘は通用しません
100の言葉を連ねるよりも 1枚の写真の方が真実を物語る

顔を見れば環境も状況も 心の動きさえ判る
喜んでいるのか 寂しいのか ・・・

リーママさんは そこの所をご理解下さって こまめに撮影し 
送って下さってます

私達も預かった以上 より良いお世話をして 元気で
長生きしてもらいたいと思っていますから それには
ブログで皆さんに見て頂く 第三者の目も必要かと思います



























リリーさんも優ちゃんも 引き取った日と比べると
その変化が歴然として現れていますね

リーママさんが大好きで 表情が生き生きとして楽しそう ・・

愛情は魔法の粉  

リリーさんと優ちゃんには リーママさんの魔法の粉が 
沢山ふりかけてあります

こんな日がいつまでも続きますように ~~   

無事に戻った仔猫ちゃん

しょぱんねーねさんから 
「仔猫が逃走したけれど 無事 発見 !! 戻りました」
 と嬉しいお便りが届きました

moblog_3fe09145.jpg

弟さんが 動物病院からもらい 家族の一員になった
仔猫のベルガちゃん

ボランテイアさんが訪問した時に元気な姿を見てもらおうと
ハーネスを着けて外へ出たら ハーネスをすり抜けて逃走

行方不明になってから1週間
弟さんのご家族は必死で探して歩き 漸く見つけたとの事

おかえりなさ~い ベルガちゃん

捜索は大変だったでしょうね
でも 見つかって何よりでした

この先 発情期が来ると外へ出たがりますから 6ヶ月を
過ぎたら不妊手術を済ませて 穏やかに過ごせるよう
状況を整えてあげましょう

嬉しい お便り有り難うございました
ベルガちゃん また お便りをお待ちしています

ミルクの仔猫 予約入ったよ

仔猫は決まるのが速い!!

ラッピーママが育てているミルクの仔猫
とっても大きくなりました

170530-1.jpg

170607-1.jpg

170602-6.jpg

目が明いたらパッチリと大きなつぶらな瞳
もの凄いハンサム君です

170605-7.jpg

ラッピーママのお宅には 猫が沢山いるので 猫にも馴れて来た

170612-14.jpg

先日の譲渡会へはオブザーバーして参加
大きなワンコに出会っても平気でした ・・

そして その譲渡会で運命のご家族に巡り合い予約が入りました
この ダルメシアンさんのお宅

170612-13.jpg

この瞳に見つめられたら 絶対逃れられない 

170612-11.jpg

仔猫が育つ様子は ブログ 「ラッピーハッピーライフ」 を
ご覧ください

ドライフードが食べられるようになるまで育ててから
譲渡しますので もう少しラッピーママの手元にいます

可愛い写真が 満載  


写真は ラッピーママのブログから拝借しました

アッシュちゃん

アッシュちゃんのママからのお便り

『 あっしゅはこの夏18歳になります。
  いろいろありますが、元気です。
  これから暑くなっていきます。 ご自愛ください。 』
 
 moblog_b34d7a3e.jpg

18歳 ・・ すっごく長生きなので とっても とっても嬉しい
大事に 大事に お世話下さっている様子が判ります

歯がなくて 食べる事にちょっと辛いかも知れませんが
そこはママがお手伝い
大きい物や長い物はカットして 口に合うサイズにして
食べさせてくれる
ママの献身的なお世話のお蔭です

アッシュちゃん この先もまだまだ長生きして下さいね



2009年に引き取った日のアッシュちゃん
不安そうな目
痩せっぽっちで 毛も酷い状態だった

moblog_0692d312.jpg

アッシュちゃんのママ 本当に有り難うございます



ご支援 有り難うございます

ももの母さん 
ピ与彦ママさん

迷子猫を保護しました 

「迷子猫を保護しました」に 動きがありました

この迷い猫さんは ねこたろうさんが預かり
保護していましたが発見者のご一家から 自分の手元で
保護したいとの申し出があり そのご自宅へ引き取られて
行ったそうです

万一 元の飼い主が判明しなくても 最良・最高の結末が
待っているようで安心しました

朗報になりますように ・・  6/13


ブログに掲載のご協力を頂いた皆様 有り難うございました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


迷い猫(飼い主不明猫)を発見 保護した方があります

 moblog_b92cbeaf.jpg

『 余りにも痩せていたので 行き倒れては不憫と思い
  保護しました

 浜松市動物愛護教育センターへも連絡済

 ----------------------------------------

 年齢:1歳~4歳ぐらい
 性別:オス・未去勢
 保護場所:緑ヶ丘団地内公園付近(西区伊左地町2091-73)
 保護日時:2017年6月6日夜

 とても人馴れしていて、進んで抱き着いてきます。
 抱っこされるのが大好きで離そうとしても離れません。
 顔を近づけても全く怖がりませんし、嫌がるどころか顔を
 スリスリくっつけてきます。

 人間が関わっていたことは間違いが無いと思うのですが、
 未去勢&肉球が固いことから 外猫として面倒を見て
 もらっていた可能性もあります。

 元の飼い主さん探しと、 痩せた体を養生させてから
 去勢手術と 新たな家族探しを始めたいと思います。』

 moblog_3ed6cb1d.jpg

 moblog_4de46527.jpg

 moblog_d1dca547.jpg

この猫さんをお世話していた人を ご存知の方がありましたら
お知らせ下さい

どなたかのお宅に住み付いていた ・・
外で餌をもらっていた ・・  

どんな小さな情報でもOKです

飼い主(世話をしている人)がいると推測される猫を 
保護した人が勝手に不妊手術をしたり 
譲渡したりする事は(法律上)出来ません

この猫 & 飼い主(世話をしていた人)などをご存じでしたら 
どうぞ情報をお知らせ下さい 


保護した付近にはチラシを貼って廻る予定
皆様のブログにも 迷い猫保護の掲載をお願い致します

ケータ君 7ヶ月

ケータ君のママから ~

 moblog_437be04c.jpg

『 ケータは、早いもので我が家に来て 12日で
  7ヶ月になりました(^^)

  ケータですが、実は4月5月と連続して、背中から
  腰にかけて痛めてしまい、緊急に病院へと受診させました…。

  こちらでの生活にもすっかり慣れ、先住犬のペキニーズ
  2頭との距離も近づき、のびのびと暮らしていた所だったので、
  私も夫もケータの急変に驚き、戸惑い、ここままケータを
  失ってしまうのではないかと、緊張した思いで病院に
  連れていきました…。

  採血やレントゲン撮影をしても、これが原因です、という場所を
  見つけられず、ただ震えながらうずくまり、御飯も食べないケータに
  困惑するばかりでした。

  長い放浪生活で、飲まず食わずのケータは、骨から栄養を
  補充していて、骨全体がもろくなっているのか?
  放浪生活中に痛めてしまうような何かがあったのか?
  それ以前に何かの原因で痛めていた所が再発してしまったのか?

  とりあえず、注射をしてもらい、薬を処方してもらい家に帰ると
  ホッとしたのか、私達夫婦のベッドの上で爆睡してしまったケータ。
  
  この時は、ちょうどゴールデンウィークの間だった為、
  夫もケータとずっと一緒にいれたので、夫婦で心配しながらも、
  ずっと側にいれたので良かったです。

  数日の服用で、すっかり元気になったケータを見て、
  ホッとし、何だったんだろうな~? と思っていた矢先の
  3週間後の5月に 又同じような症状が出てしまいました。
  しかし、その時はハッキリと原因が分かっていました。

  甘えん坊なケータは、どうしても私達夫婦のベッドの上で
  一緒に寝たがり、暑くなったり、喉が渇いてお水が飲みたく
  なったり、おトイレに行きたくなると、ピョーンとベッドの上から
  ジャンプして降りてしまうのです(>_<)

  しかも冬と違い、ケータのベッドは夏用の薄い物に変えて
  いたので、衝撃が吸収されず、降りた時に、もろに背中に
  負担がかかっていたのです…。

  夫と目を見合わせて「これだ!」と納得しました。
  案の定、2日後に痛みで動けなくなり、御飯も食べない、
  痛くて首を下げられず、眠る事も出来なくなってしまいました。

  直ぐに病院に連れて行き、経緯を先生に説明し、改めて
  背中や腰、足を診てもらい、足に少しの麻痺が見られた為、
  将来的に手術する可能性や必要性があるかもしれないと
  説明され、注射をしてもらい、2週間の薬を処方され、
  痛み止めの薬にプラスして、神経の修復の手助けになると
  期待されるビタミンも処方して頂き、家に帰って来ました。

  ケータは12月から心臓の薬も服用していた為、薬の数が
  5種類に増え、ちゃんと飲めるか心配だしたが、蒸した鶏の
  ササミに包んであげると何の迷いもなく食べてくれるので
  助かりました。

  本当に良い子です(^^)

  背中の手術は心臓の事、麻酔の事、年齢の事など心配が
  多いので悩ましい所ですが、2週間の服用後ビタミン剤だけを
  継続して服用を続け今は様子を見ています。
  もちろんベッドから飛び降りないようも注視しています。

  腰への負担軽減の為、靴下を履かせたり、肉球に直接塗る
  スリップ止めローションなども使用しています。』

 moblog_4bb21754.jpg

 moblog_08fafa32.jpg

 moblog_67792933.jpg

 moblog_0208ead1.jpg

 moblog_cd75d985.jpg

 moblog_a0c3f884.jpg

 moblog_fbac516a.jpg

 moblog_0a195d19.jpg

ケータ君 お久しぶりです !!
7ヶ月目のうちの子記念日 おめでとう  

4月・5月は大変でしたね ・・
ケータ君は 飼育履歴も 診療履歴も 全く不明なので
検査で原因を突き止めるまでが本当に大変

虐待されていたのは確か
体や内臓の状況からそれはハッキリしています


でも ママやパパに巡り合えて とっても心が癒されたケータ君
少しくらい痛くてもケータ君の心は耐えられるはず

ご家族と一緒なら きっと 「ボク 平気だもんね ~」 と
歯を食いしばれるはず
 
頑張れ ケータ君

老化が進む中での治療 判断に迷う事もあるとは思いますが
どうぞ宜しくお願い致します

ケータ君 頑張れ 頑張れ   みんな応援してま~す  

moblog_75715a92.jpg

それにしても すっかり見違えてしまいました
あのケータ君が こんなにキレイに変身するなんて ・・・
同じ犬とは思えないよ

愛情と お手入れと 食べ物でしょうか  感謝致します

やいづワンニャンの会  in 焼津市

焼津市でも譲渡会が開催されます
主催は 「 やいづワンニャンの会 」 
 

moblog_d85c2924.jpg

6月17日(第3土曜日)  
イオン焼津店スロープ下駐輪場にて 
 

・ パネル展
・ チャリテイフリーマーケット
・ 手作りクッキー販売
・ 癒される猫雑貨

お手伝いできる方も募集中
お近くの方は 直接会場へ お越しください

詳しくは 「やいづワンニャンの会」
http://www001.upp.so-net.ne.jp/yaizu-wan-nyan/ の
ページをご覧ください

老犬にトイレシーツを募っています

シーズーのチーちゃん
隔週の薬浴に行って来ました

帰宅すると水を飲んで オヤツを食べて(必ず請求するので)
夕ご飯まで午睡 ・・

たっぷり眠ったので こんないい顔で目覚めました

moblog_f9bca68a.jpg


先日 浩子ちゃんとお会いした時 チーちゃんは元気ですか?
と聞かれ嬉しかった ~

最近は体調も回復し 食欲も出て来て 元気に過ごせています

健康的には横ばい状態
いろいろな病気を持っていますが  一応落ち着いているので
隔週で薬浴に行く以外には問題ナシ

気にして下さる方があると 本当に嬉しい  



チーちゃんに ご支援を募っています

トイレシーツ 小さいサイズを希望
庭へトイレに出るのですが なんせ老犬 
排尿の回数も量も多いのでトイレシーツとの併用で
過ごしています



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


椿ばあちゃんにもトイレシーツを募っています

先日も記事に書きましたが 最近 全く庭へ出なくなった
・・・ 理由は不明 ・・・

とにかく 24時間 トイレシーツで排尿します
椿ばあちゃんも 飲水量が多く その結果 排尿も多い 

腎臓が悪くなるよりは 沢山水を飲んで 沢山出した方が
良いので これは見守るしかない

moblog_fa0d9521.jpg

1回の排尿ではシーツ交換はしません
2~3回は使いたい ・・・ が 出入り口が開いているので
気温の上昇と共にハエが入って来るようになった

どうせ 庭へ出ないのなら 出入り口は閉めておく事にした
ハエ防止です

moblog_1a0090e2.jpg

椿ばあちゃん どうも老化が進んでいるようで
耳がほとんど聞こえないらしい

ももちゃんとハクが ドタバタと悲鳴を上げながらケンカしても
全く平気で寝ている

食べる事への集中力はもの凄くて 食事が終わっても 
「ご飯まだぁ? 食べていないよ」 と いつまでも同じ場所で
こちらを向いて待っている

痴呆でしょうね

心臓がかなり悪いので(僧房弁閉鎖不全症が進行中) 
年齢と心臓悪化との競争になってます

どちらが先におとずれるのか ・・
とにかく それまではトイレシーツが必要



シーズーさんと 椿ばあちゃんに トイレシーツを募集中
椿ばあちゃんのサイズは どれでもOK


他の老犬には 大きめサイズ 60×90cmを希望

使いかけでもOK 
封を開けてあってもOK 
皆様のご支援をお待ちしています 



ご支援 有り難うございます

陽子さん
 

5匹の仔猫 決まりました

5月中旬 コンビニの駐車場に仔猫が段ボールに入れて
遺棄してあったという記事を載せました

心配下さった皆様から連絡をいただき有り難うございました

仔猫を託した「にゃん友クラブ」さんから 仔猫達の
身の振り方について最終報告が届きました


1匹は病院へ搬入した当日に希望者があり決定

残り4匹も家族探しをしていたら 2匹希望という方に巡り合い 
仔猫を選んでもらう為 全員を連れてお見合いに行ったら 
兄弟を離れ離れにするのは可哀想といって 4匹全員を
受け入れてもらえるお話に決まったとの事

有り難い限りです ・・ 


1匹の方も 4匹の方も 仔猫の身の上は承知の上
不幸な猫を幸せにしてやりたい ・・ という
優しい方々ばかりで 本当に 本当に 嬉しい限りです

にゃん友クラブさん 有り難うございました

コンビニの優しい店員さんたち 
時間外でも受け入れて下さった鈴木動物病院さま

皆さんのお蔭で仔猫の命は救われました
幸せを掴みました

心から 御礼申し上げます   

 

今 仔猫達が捨てられる時期です

見かけたら どうぞ手を差し伸べてやって下さい
あなたの優しい手が 不幸な命を救います

育て方 家族募集 譲渡会参加 などボランテイも協力致します


すてっぷにゃむ & サークルマムは
シェルターを持っていませんので
猫を引き取る事ができません

新しい家族を探す という形で お手伝いを
させて頂きます
 



最近 余りにも猫の事例が多いので サークルマムは
犬のグループですが 皆さんと一緒に猫の問題を考えたい
と思い 次回の会報に「猫特集」を組みました

会報「マム46号」 発行は8月1日です


猫に関するご相談などは 猫を専門に活動されている
地元のグループへ お問い合わせ下さるようお願い致します



ここから脱線します ・・・

マムは今までに猫を1匹しか飼った事がありませんので
猫に関しては素人
 
マムの飼っていた猫はつか   3月20日に拾ったので はつか

moblog_30657d41.jpg moblog_f7c975d4.jpg

はつかが亡くなった時に ハヤトかすみママさんがフィギアを作って
プレゼントして下さった 

moblog_d06add69.jpg

前から見ても後ろから見ても はつかにそっくり 
今でも宝物です

moblog_16e06cf4.jpg 

人生の最期は猫と暮らしたいと念願していましたが どうやら
その希望は 叶わぬ夢に終わりそうです

今から新しい猫さんを迎えたら マムが先に逝きそうです  
 
皆さんの猫さんの画像を見ながら 夢に浸っています ・・

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント