FC2ブログ

小春さん イチロー君 ラッピー君

かわねを連れて病院へ行ったら ・・

待合室にいたら懐かしいワンコが続々と~
イチロー君はお母さんと一緒に 

image1.jpg

かわねとも再会で大はしゃぎ

image2.jpg

キチンとフセも出来て超驚き
きっとお母さんが教えたのですね 
マムは何にも教えられませんでした ・・ ゴメンナサイ

image3.jpg

お母さんはイチロー君に癒されています と
おっしゃってました

image4.jpg

アキレス腱の術後は良好で 普段の生活でも運動制限は
ナシとの診断
検診は今回が最後となりました

image5.jpg

回復して本当に良かった これで安心して譲渡できます
運命のご家庭に巡り会えたイチロー君
ご家族の皆様 どうぞ末永く宜しくお願い致します



小春さんは痴呆がグンと悪化したようです
入院との事で とっても心配
さすがに具合の悪いワンコの写真は撮れませんでした
小春さん がんっばって ~~



夜 かわねを迎えに行ったら ラッピー君が ・・・

moblog_980f074b.jpg

誰にでも尻尾を振る良い子
ふれあい啓蒙活動が終了して本当に残念
ラッピー君はいつも参加してましたから 今は
クリスマス募金会を楽しみにしているそうです

moblog_1ade7859.jpg

ラッピー君の別名 「かあか」君  カラスではありません
ラッピーママと離れると必ず後ろを向いて 「かあか」 と探すので・・

moblog_141d31bf.jpg

振り向いた 「かあか」 姿は ラッピーママのブログ
『ラッピーハッピーライフ』 をご覧ください

りゅうのすけ

りゅうのすけ 現在は玄関内の小屋に落ち着いています

外へ通じているので好きな時に出入りできるし
他の犬達がケンカを始めても戸を閉めてしまえば
りゅうのすけとケリーが避難するには安全な場所

でも、りゅうのすけとケリーに安全でグッドな場所なら 
マムにだってグッドな場所のはず ・・

老犬の介護にとても都合が良い
容体が急変した老犬介護の時には、廊下に布団を敷いて
並んで寝る事が出来るからだ

夜中も様子を見ながら眠れる
先月、亡くなった日吉丸もここへ移動し最期の看取りをした

しかし古い犬達が相次いで亡くなり ようやくこの場所も空いて
りゅうのすけが戻ってこられたという訳です

moblog_87fed7c3.jpg

夜は二人っきり
小屋の奥には、もちろんケリーが入っています

moblog_03704181.jpg

朝になると 野次馬が覗きに来る

moblog_41a1f295.jpg

遠くで見ていたハクが興味津々で入って来た

moblog_cedcd4b6.jpg

入るなよ ・・ ココ 俺んちだぞ

moblog_9f30bb43.jpg

りゅうのすけが うるさがるので戸を閉めた

moblog_b373b47b.jpg

あららら~ 布団の上でオシッコを ・・・

moblog_2563021c.jpg

朝起きて、まだトイレを済ませていなかったのね
でも、敷物は洗えばいいもん オシッコなんて怖くない ・・  

moblog_9fa6f490.jpg

当分は寝た切りになる予定の老犬もいないし 暫くは
安心して小屋を使えるね
ケリーと二人で ゆっくり寛いで下さい


りゅうのすけに あしなが支援募集中

今年13才のりゅうのすけ 
引き取って、もう5年 すっかりお爺さんになりました

心臓がやや悪い 
僧房弁閉鎖不全症が進行中との診断で薬を飲んでますので
薬代の募金を募っています

心臓の薬は現物OK  アピナック錠 12,5㎎
※ 開封した物・薬効期限の切れた物はご遠慮下さい


moblog_90acc462.jpg

柔らかめのオヤツも募集中

moblog_46f71178.jpg

詳しくはマム事務局まで、お尋ねください

りゅうのすけに残された老後は あと2~3年
もっと長生きして欲しいけれど、どこまで頑張れるかな ?

あのんちゃん

あのんちゃんのお宅からのお便り

  moblog_e3f8d6cb.jpg

  moblog_6a6e93b3.jpg

『 先日、あのん の登録を私の方へ 無事 変更しました。
  これで名実ともに 我が家の子です[(^ー^)]
  いろいろとありがとうございました。

  あのん 桃花(ももか) 共に元気です。

  前回のポムの譲渡会から、ドックランの方へ
  遊びに行くようになりました。
  ポムさんのブログでも写真が紹介されてますよ 』


あのんちゃん 桃花ちゃん 二人仲良く寄り添ってますね
これぞ家族 !! という感じがします

ポムさんの写真を見ると 桃花ちゃん補助器具を使って
歩けているようで安心しました

3月12日(日)にもお会い出来るといいですね


変換s~sらんらんらん2017-02-18Nok014k
あのんちゃん

変換s~sらんらんらん2017-02-18Nok016k
桃花ちゃん

変換s~sらんらんらん2017-02-18Nok007k
二人揃って ~

二人の周りには沢山の犬が遊んでいるのですよ 
怖がらずにとってもお利口にしていられますね

写真3枚は ドッグラン犬の森ポムさんのブログから拝借しました

シーズー フリーにしたが ・・

シーズーのチーちゃん 少しずつ馴れて来ました

引き取って約4週間 下痢も治り、周囲を見る余裕も
出てきたらしいのでサークルを外しフリーにして見た

moblog_a0dd7607.jpg

さてどっちの方面へ行こうかキョロキョロと ・・

moblog_f59b795d.jpg

真っ先に向かったのがストーブの前

moblog_5d88dd77.jpg

しかし他の犬が寄って来たら嫌なようで
座を譲ってしまった

moblog_538aeef9.jpg

いいじゃない 臭いくらい嗅がせてくれても ・・
しつっこく迫ったら逃げ出した

moblog_b9ab4c03.jpg

犬はキライ  嫌な物は嫌なんですゥ  
        
          あっそう なら私一人でストーブを独占するわよ

moblog_178ebfa7.jpg

その後は遠くから離れて見ているだけで二度とストーブの
前へは行かなかった
               何とかしてよ~と顔で訴えている
moblog_ed18761e.jpg

こういう時 マムは黙って見ています
抱っこしてストーブの前へ連れて来ても マムが居なくなれば
結局は座を譲るしかない
上下関係があると思うので口は出さない

moblog_9b80d2bd.jpg

頑固なシーズ
朝まで部屋の端っこで眠っていた

moblog_21dcee77.jpg

布団の上へ移動
それ以来 この場所で頑張っている

moblog_02198018.jpg

好きな時に室内を歩き回れるようにサークルは外したまま

夜中にこっそり歩き回ってますが、マムは寝たふり
とんでもない所に排便・排尿がしてありビックリ     

moblog_c20fe6ce.jpg

ストラバイト結石の処方食フードなので食べが悪い
まずいのでしょうね

若しかしたら飲水量が少なくて結石を誘発しているのではないか
現在、水を多く飲ませる方法を勘考中

2種類の薬も飲ませなければならない
人間の食べ物に馴れている犬は、食事に手こずる

シーズーには 現在ふりかけを募集中

moblog_d5183842.jpg

結石になりやすい食べ物は不可なので これを少しだけ
処方食にふりかけてごまかしてます


あしなが支援の募金(通院費用)も募集中 

結石の処方食  肝臓の薬  気管支拡張剤を
処方されています


皮膚炎があるので月に1回の薬浴も必要

普段は風呂場で洗いますが、素人のシャンプーでは
なかなか隅々まで上手くは洗えない

歯磨きと一緒で泡が出たらキレイになったと思い込む
全身を洗うのは難しい ・・・


皆様のご理解とご支援をお願い致します



このシーズーを迎えて下さる方を募集

シーズーのメス  14才 全く吠えない大人しい性格
放して置けば一人で寝てます

処方された薬を飲ませるだけで、後は手が掛からない
残された日々をどなたか一緒に過ごして頂けませんか

先住犬はいない方が望ましい
又はサークルで囲っておけば問題は起きません

o0480064013870866415.jpg

春ですね ~

リーママさんから リリーさん&優ちゃんの 
幸せがいっぱい詰まった写真が届きました

moblog_9e404afb.jpg

リリーさん16才 優ちゃん13才
もう新しい家族探しはしていません

moblog_4babf9c3.jpg

こんなに幸せな老後は どこをさがしても有りません

moblog_e8ec322c.jpg

リリーさん 優ちゃん 感謝して暮らしてね

moblog_81618f9e.jpg

春の陽に誘われてとにかく眠い ・・

moblog_96112656.jpg

老犬は寝るに限る

moblog_1d7f06ea.jpg

moblog_dc5c8db1.jpg



でも散歩の時間が来ればシャキッと眼が開きます


















優ちゃんは甘え上手



とてもリリーさんには真似できない







頑張って元気に過ごしましょう
リーママさん お世話大変ですが宜しくお願い致します


優ちゃんの処方食を募っています

膀胱に砂が溜まっているので PHコントロールを
処方されています  1ヶ月におおよそ1袋必要


moblog_90683fad (1)

 のこくん と きりくん  家族募集中

むぎ君母さんが引き取った猫さん達

ブログに経緯が載っていましたが、その中で飼い主さんの
心情に胸を打たれる場面がありました

猫と別れる辛さを押さえ、猫の幸せだけを考えて
多分、年金暮らしであろうその中から猫の為にと
費用を出してくれた

それを理解できている、むぎ君母さんの思いやりも
伝わって来て思わず涙が溢れてしまいました


以下 むぎ君母さんのブログを転載

『 おじいちゃんの猫
      
      お預かりしてきました。


     お借りしていた納屋の中を
    ご自分で手をいれ暮らしていた

        おじいちゃん

  大家さんから元どおりにして出ていくよう
        言われたそうで 

     猫たちを預けたらすぐに
   取り壊しをするためそのお手伝いに
  おじいちゃんの知人の方が来ていました。
       (知人もおじいちゃん)

  もともと大工仕事などをされていたという
        おじいちゃん
     そのときの仕事仲間さん
  助けて貰えるお知り合いがいて良かった♪

  sp-018095600s1487549574.jpg
 
  おじいちゃんの椅子にすわって待っていた
        ふたりです
    
    おじいちゃんにお願いをしていた
       ワクチン代などは
     
     にゃん友負担としたからと     
    
    引っ越しや これからの生活へ
       あててほしいって
        お話をしたら

   「ねこらもこれからの生活がある」
 「そりゃぁお金はないけど
      持っていってくれなきゃいかん」

    そういって一万円渡されました。


   おじいちゃんのふたりへの想いです
    
    ありがたくほんとにありがたく
        頂いてきました。


     そして そのまま病院受診
    いろいろひととおりのこと済ませ
         我が家へ
  sp-085980300s1487550627.jpg

  sp-087583000s1487550646.jpg

  sp-094930000s1487550664.jpg

  sp-013712400s1487550683.jpg
 
   (あずきちゃんママ撮影)

     おじいちゃんに可愛がられ
  スクスク愛情いっぱいに育ったふたり
   
     チャトラ ?  のこくん*

      白黒  ?  きりくん*
  

  あずきちゃんママが命名してくれました♪
   
   おじいちゃんがお仕事をされていた         
   大工道具からですって

         (*≧∀≦*)
    あずきちゃんママありがとー  
      

      のこくんときりくん
     ずっとのお家を探しま~す   』

           にゃにゃにゃ(=^ェ^=)より転載


のこくん きりくん 家族を求めています
できたら二匹一緒にと思いますが 別々でもOK

詳しくはむぎ君母さんのブログ 「にゃにゃにゃ」を
ご覧ください
ご希望の申し込みも 直接どうぞ~

ルーチェ君 ロディばあちゃん

病院で久し振りにルーチェ君に会いました

老猫のロディばあちゃんも一緒に診察に
頭を撫でていた手を離したら、もっと撫でて~と催促
とっても優しい声で鳴きました 

moblog_eaa1f46d.jpg

若い頃はこんなにキレイな黒猫さんでした
ルーチェ君が仔犬の頃、乳母のようにお世話したそうです

CAUJ1YS5s.jpg


ルーチェ君 額にコブのようなものがあります
涙が溜まっている ・・ との説明
涙が下へ流れないで上へ逆流しているらしく原因は不明

moblog_5e1728c5.jpg

横から見るとハッキリ見えます
現代の先進獣医学でも判らないなんて不思議な病気です

moblog_68fa5251.jpg

今年14才 若い頃はこんなにハンサムだった

CA629CCTs.jpg

超ビビリで人を絶対に寄せ付けなかったルーチェ君

20070529033009.jpg

      仔犬の時はとっても可愛いかったよ
               左   右は兄弟のポッキー
20060627042419.jpg 20051102104930.jpg



兄弟犬のポッキーは不憫な最期だった
免疫不全症という難病で僅か2才までしか生きられなかった

20090930204854.jpg

免疫不全症は人間の場合、膠原病と呼ばれる難病指定の病気
本来なら体内に入って来た外敵をやっつける免疫が
自分の細胞を攻撃して破壊してしまう いわゆる自己免疫疾患

原因は判っていない

皮膚が崩れてゆき 体液が染み出てくるので感染症対策が
大変だった
恐ろしい事に、皮膚だけではなく内臓にも同じ事が起きていた

薬の効果が相反する抗生剤とステロイド剤を飲ませる必要が
あり、理解が出来なくて頭をひねりながら通院した


ルーチェ君にはポッキーの分まで長生きして欲しい
幸い、今のルーチェ君には、痛みや苦しみは無いとの事で
それだけが何よりの救いです

頑張れルーチェ君            お大事に

直虎 去勢手術終了

先週は通院で忙しかった
7日間で6日もの予定が入っていて フル稼働

つゆさんと椿ばあちゃんの再診は、それぞれ預かりボラの
チョビアル母さんとジジママさんにお願いして、マムは
6日間の通院を消化

moblog_ea8c6a44.jpg

そのうちの直虎 去勢手術が終了

片方の睾丸が肥大して変異を起こしていた為、切除して
取り出す時にすんなり出なかったらしい

通常の睾丸なら、手術の際は、ブドウを皮から出すように
つるりと出るのだそうですが、肥大化していた睾丸は
皮にくっついているような感じで 剥がすのに時間が
掛かったようだ
癒着ではなかったらしいが、何か変異を起こしていたのは確か
 
 ※ 瓦礫置き去り犬のばあちゃんが 開腹したら子宮も卵巣もグチャグチャに
    腐ってくっつき、取り出す事が出来ずにそのまま閉じた事があった



重症化しないで良かった
手遅れにならず早めに切除が出来て良かった

この所 危うくセーフという手術が続いてハラハラしましたが
手術を受けた犬は、この先はもう安心です


直虎 胆泥が溜まっていて、心臓も悪く血液の逆流がある

僧房弁閉鎖不全症の初期ですが、今の所、薬の服用は
まだ必要なしとの診断
でも加齢と共に進行して行くので、今後も要注意

moblog_2e675e01.jpg


サークルマムは承知の上で、老犬・病犬を引き取っている
 
なので、手元にはそのような犬が溜まって行くばかりで
すんなり譲渡出来る犬は、ほんの僅か ・・


良くある質問に 「他の団体では譲渡会を開いているのに
何故サークルマムでは開かないの・・」 というのがある

ごもっとも ・・・
本当は譲渡会を開きたいのですが、参加させる犬が
揃わないのです


老犬・病犬は、当日、体調不良になったりする事も多く
譲渡会への参加・不参加の判断が難しい

健康な犬は数頭いるが、体格が大きく、現在はブームから
外れていて、全くと云って良いほど希望が無い
小型犬のブームの現在は 大きな犬を連れて行っても
見向きもされない ・・ 

そうなると健康な小型犬がいないサークルマムでの
譲渡会単独開催などは到底無理

今までに開催した譲渡会でも、ミニピンの雷蔵だけが1匹でいると
必ず 「他にはいないの?」 と聞かれた

希望者さんは犬がズラリと並んでいる光景を描いて来るから
サークルマムのような考え方の会では、譲渡会開催は不可能

よその会が開く譲渡会に参加させてもらうのが適したやり方

3月12日 すてっぷにゃむ譲渡会場へシーズーが参加予定
        ドッグラン犬の森ポム:カフェサイドBさんにて 10時より

 同  日  袋井市で、いわたわんこの譲渡会も開催されます 



でも、サークルマムで譲渡会ができなくても、今後も老犬・病犬を
メインに引き取って行きたい

若くて健康な犬は必ず引き取り手が見つかる
しかし老犬・病犬は、なかなか希望者も無く、引き取り団体も
少ないので、そのまま殺処分という危うい運命

せめてマムの手元へ引き取り、最期まで世話をして
看取りたいと思うのです

沢山の犬を引き取る事は出来ませんが、スペース
ぎりぎりまでは頑張って保護したい


そして引き取ったからには十分な治療をしてやりたい
その為、治療費が嵩む、介護の手数も掛かる

なぜなら、保護犬も飼い犬も病気の痛みや苦しみは同じはず
飼い主のある犬と同じように治療してやりたい

今までに老犬や病犬の世話を嫌だと思った事は
一度もありません
もっとも噛まれると多少の愚痴はブログに書きますけどね 

今後もこの方針で老犬・病犬を引き取って行きますので
皆様のご理解とご支援をお願い致します

椿ばあちゃん 術後検診

卵巣腺腫と子宮内膜炎だったので、摘出手術を受けて
元気になった椿ばあちゃん

1週間が経ちジジママさんが術後検診に連れて行って
くれました

 moblog_b610fde0.jpg

『 椿ばあちゃんの術後検診、行って参りました
  卵巣の腫瘍に加え、子宮内膜症を併発していた
  との事でしたので本当に手術して正解でしたね

  もう抗生剤も必要なくなりましたし、これからは
  心臓の薬を続けながら様子を見ていくのみ。
  少しずつ、お外に出て体を慣らしていって良いとの事。

  心臓が悪いのであまり長い時間は出られませんが、
  少しでもばあちゃんの望みを叶えてあげられる事が
  本当に嬉しいです。

  目も輝いて生き生きしていて、毎日とても調子が良さそう。
  驚くことに退院後は旋回もしなくなったのです。

  先生が、生殖器の病気で具合が悪くて旋回していたのかも
  しれませんね、と仰ってました。

  ばあちゃんの目が生き生き輝いていて嬉しいです 』


椿ばあちゃん その後の体調が良く本当に嬉しいです

パピヨンの凛ちゃんの時と同じで 子宮や卵巣の病巣部を
摘出したら、生まれ変わったように元気になった

しかも痴呆かと思っていた旋回行動もしなくなった ・・
これは不思議です

旋回行動は物にぶち当たってケガをする可能性があるから
サークルなどで囲っておくしかない
でもこの行動が無ければ、普通の犬のように、フリーで
放しておける

椿ばあちゃん 今からが楽しい老後 
沢山歩いて足を元気にして、長生きしましょうね

ジジママさん お手数をお掛けします
もう少しの間宜しくお願い致します

詳しくはジジママさんのブログ「手風琴街便り」をご覧ください

かい・ここ・べるちゃん

久し振りに かい・ここ・べるちゃんのお宅からメールが
届きました

『 今からお出かけです  ワクワクの3匹  
  行って来ま~す
  
  moblog_76f5d7f0.jpg

  法多山へお出かけしています 
  ここ、ベルは法多山だんごも食べ無事に厄除け  』

  moblog_0866dc38.jpg
   べる君          ここちゃん          かい君


お久しぶりです   
かい・ここ・べるちゃん お変わりありませんでしたか 

厄除けだんごも食べたし 今年も一年無事に過ごしましょう
フードのご寄付有り難うございました


かい・ここ・べる・ちゃんのお母さんは カンタ君(旧:神田君)を
発見し連絡をくださった方

お蔭でカンタ君は、幸せを掴み、現在とっても幸せに
暮らしています

moblog_1df36fa4.jpg

保護された日 不安そうな表情でした

moblog_fdd21a91.jpg

かい・ここ・べるちゃんのお母さん その節は有り難うございました

ここちゃんとカンタ君は年も近いので、長生き較べができるかも ・・
お互いに頑張りましょうね

カンタ君も、お便りお待ちしていま~す

犬小屋新築 その後

白木の香りが心地良い犬小屋

この上部に  天板を置けば介護用ベッドとしても使用可能

moblog_ca7464b1.jpg

小屋のサイズに合わせて敷物も持って来て下さった
裏側がゴムで滑らないようになっている厚手の敷物

moblog_a03d1e59.jpg

しかし 敷物には眼がない夏と秋
引っ張り出して細工を始めた

moblog_953157c2.jpg

5分後には、この通り無残な形に ・・・

moblog_029aa4c7.jpg

やむを得ず敷物はゴミとして片付けた

moblog_7cf648b6.jpg

昼間は暖かいので、後で何か入れましょう
昼寝をしている間に静かに敷物を入れて置けば
そのまま気が付かずに使うのです

moblog_9787e0ae.jpg

そっと入れればこの通り、毛布には気づかず何事もなく過ごしている
いつまで持つかは不明  

moblog_a5484541.jpg

ステキな犬小屋です 大事に使いましょうね


愛愛ちゃん&僕ちゃん お父さんお母さん 
ご支援の物品も沢山、有り難うございました   



マムの願いは、この犬小屋に住み続けるより
新しい家庭で、新しい家族に囲まれて、楽しい一生を送る事

ビーグル犬 メス 5~7才くらい 体重13㎏
mix犬   オス  5才前後    体重18㎏


性格はとても良いのですが吠える声が大きい
人見知りをするので最初から触れない

大きいのでしつけも必要かと思います
散歩の歩き方を知りません

でも、性格がすっごく良いのです  可愛げがあります 
総てを承知の上で迎えて下さる方を希望



やや大きめの犬ですが 家族を募集中

かわね 腫瘍か?

かわね 引き取ってからもう1年が経ちました

とにかく元気で、健康そのもの
何の心配もなく過ごしていましたが、最近お腹に気になる
物が有ります

避妊手術は済ませたのに腹部に何か出来ている
第8乳房のあたり ・・ 乳腺腫瘍でしょうか

女の子は生殖器に関する腫瘍が多く、そして怖い
早速受診しました

moblog_355cd6c3.jpg

毎日が元気はつらつのワンコですから 車の中も
それはそれは賑やかでした

moblog_618a8b93.jpg

病院で待つ間も飛び跳ねて大変

moblog_de8e8fab.jpg

興奮状態で眼が充血していた 
診察の時に「眼が真っ赤ですが炎症が有りますか」 と
聞かれたが、夕方の退院の時には充血が収まっていたので 
これは興奮していたせいと判明

moblog_14692498.jpg

漸く落ち着いて座ったが 長くは待てない
立ったり座ったりの繰り返し
こういうタイプの犬は病院に長時間は無理 ・・ 
周りに迷惑を掛けるもの

moblog_6f852bf2.jpg

1年ぶりに受診したので ついでに精密検査も受けました
体重12.6㎏ 
総てやってもらいましたが異常は全くなし

先生が ・・
「 いつもは重篤な犬ばかりの通院だけど 今回は
  健康の確認で良かったですね 」  ・・


問題はお腹 
腫瘍らしきものの正体を調べてもらう
大きさは人差し指の先くらい ・・ 犬にしてみれば大きい

それと尿検査 
飲水量が多く、頻尿なのでこれも調べてもらった
腎不全の初期かな ・・

検体は外部へ検査に出すそうなので結果は後日判明する


人も同じだが、年を取って受診すると、病気が必ず見つかる
無理に病名を付けているのでは ・・ なんて思うくらいだ

でも、冗談ではなく老化に伴う病気はあるので 
健康を過信しないで、かわねもボチボチと通院します

検査で半日入院しただけだが、疲れたと見えて
帰宅したら爆睡  
日頃は元気でも、やはり、もう年です

moblog_0338307c.jpg


かわねにも あしなが支援を募っています
犬の指定できますので「かわね」とご指名下さい


ご支援ありがとう

ピ与彦ママさん  小杉ななちゃんのお宅  五之冶先生
ちゃらママさん  まりちゃんのお父さん   愛愛&僕ちゃん宅
かい君・ここちゃん・べる君宅          ラウルママさん

日光浴

午前中の庭は大混雑
ケンカが起きないかとハラハラしながら見ています

何かあってはいけないので側を離れずに 午前中は
そこから動かない覚悟でマムも一緒に日光浴

moblog_f10ddfab.jpg

長い通路を通って、遠く!?からもやって来ます

moblog_c3f74f0e.jpg

先住犬も 新人も オスも メスも 誰が誰だか直ぐには
判別できない程入り混じっての交流

moblog_4a3b5fb9.jpg

些細な事でケンカが始まるので要注意

moblog_3eba6952.jpg

少し前までは オス同士のケンカが絶えず
血を点々と垂らして歩くなんて日常茶飯事だった

moblog_d62147f8.jpg

古い犬達はほとんど亡くなり 流血の惨事も消失したかに見えたが
ももちゃんの参入で再び眼を離せない状態になった

このエリアで古いのは   
 
    ハク保護して13年          ナナ保護して8年
                          
moblog_1b6e55d3.jpg

一番の新人は 中央の直虎   黒いももちゃん 

moblog_b9b2656d.jpg

直虎も、他の犬との付き合い方を知らない
一人で静かに日向ぼっこするのが好き

moblog_84c0edb1.jpg


シーズーのチーちゃんもアイドル的存在らしい
というか物珍しいので皆が寄って来て臭いを嗅ぎます

moblog_8a00c099.jpg

ケリーは再びりゅうのすけにべったり
以前、仲たがいをしていたなんて思えないほどの蜜月

moblog_86773778.jpg
                      ビフォー

ケリーは毛がボサボサに伸びていたので 
シャンプー・トリミングで丸刈 ・・
                      アフター
moblog_f69aeb4b.jpg

もちろん このエリアへ参加できない犬もいるので
これが全員ではありません



犬達は こうやって飼い主と離れて傷付いた心を
互いに癒し慰め合って一生を終えます

飼い主の手を離れた犬達には 他には生きる道がない
年齢を考えると迎えて下さる家庭も少ない

病気を考えると迎えて下さる家庭を探すのは、絶対に不可能
皆で仲良く平和に暮らしましょうね


老犬達にオヤツを募集しています

この2種類がどの犬も喜んで食べるので、限定募集させて頂きます

moblog_4c35a2fb.jpg

健康な犬には ドッグフードを募集
マム宅では ビタワンを給餌中

moblog_ed1cf2e8.jpg

病気の犬には募金をお願いしています
治療費や薬代 薬浴代など


馴れない環境で老後を送る犬達に、皆様のご協力を
お願い致します
  

椿ばあちゃん 退院後の様子

手術に際してリスクが大きい事を承知して下さいね と
恐ろしい宣告をされて手術室へ向かった椿ばあちゃん

手術は成功し無事ジジママさん宅へ帰宅する事ができました
翌日、病院へ行ったら先生から病理検査報告書を見せられ
説明がありました

「卵巣は腺腫というガンでしたが悪性ではなかった。
 子宮は内膜炎で多少の膿が認められた。
 総ての病巣は取り切れています ・・・ 」

思わず 「有り難うございました」 と胸の前で小さく万歳しました
ジジママさんと祝杯を上げたいところですが、メールを
送って、お祝いメッセージを交わしました


ジジママさんから届いた退院後の様子です

『 ばあちゃんも退院後ずっと体調良さそうで、
  旋回もしなくなり、表情も生き生きしていて…
  
  そう思うと、今までは痛かったり苦しかったのかも
  しれませんね。
  本当に手術して良かったです   』

  moblog_b5df0451.jpg

おめでとう 椿ばあちゃん

気のせいかスッキリした表情ですね
ジジママさんの言うように、今まで痛かったり苦しかったりしたの
かも知れません

眼の逆さまつ毛も手術してもらったら、左眼がパッチリして
見えます
これこそ痛かったでしょうね

image2_convert_20170109215852.jpg

手術前は眼が開けにくそうで、涙で炎症を起こしていた



心臓弁膜症の進行具合との兼ね合いで、手術が
ギリギリのところで可能でした
外科手術の腕もベストな先生で、幸運が重なった椿ばあちゃん
   
先生からは、『生殖器に関しては、これでもう大丈夫
今後、心配は要りませんよ』 と太鼓判を押してもらった

僧房弁閉鎖不全症は今からも進行しますが、当分は
心臓に注意して静かに暮らせるように心がけます


椿ばあちゃんにご支援 応援下さった皆様
本当に有り難うございました


椿ばあちゃん 長生きしましょうね
  

ナナちゃん 

ななちゃんのお父さんから久し振りにメールが届きました

「シャンプーに行って来たので その写真が病院の
 ブログにアップされています」と言う連絡

何という偶然 !!
先日、引き取ったシーズーも汚れたままだったので
同じ日に同じ病院へシャンプーに行って来たばかり

ブログを覗いて見たら、2匹並んで写真が載っていたので
ビックリしました

o0480064013870866440.jpg

な・な・なんと美しい !!  

はて、ななちゃんって、こんな犬だったかしら ?
昔の写真を探し出して比べて見ました

動物管理センターへ持ち込まれて処分の運命だった犬
とても同じ犬には見えない !?
この時は、どう見ても普通の雑種

今のななちゃんはシュナウザーぽいですよね
シュナウザーmixでしょうか
では、センターへ持ち込まれた時の毛は何だったのでしょう

moblog_8a01761e.jpg

マム宅ではお腹を見せる事はなかったのに
お見合いでお父さんに会ったら直ぐにヘソ天をした

初めて会った人にヘソを見せる ・・
とても信じられなかったが、お父さんとは運命の糸で
結ばれていたのだと思います

お便り有り難うございました
ななちゃん宅の前を通る時、ななちゃんの姿見えないかな?と
庭の方を見ながら車を走らせてます

元気で そして、いつまでも美しく長生きして下さいね   



そしてこちらが同じ病院へ通っているシーズーのチーちゃん
体重が1㎏減っていた
下痢で食べられなかった事もあり7㎏から6㎏に減量

先生いわく
「 この状態を維持しましょうね
 痩せたら呼吸困難も少し収まって来たように思われますから
 気管支拡張剤は飲ませないで様子を見て下さい
 こまめにシャンプーして痒みも収まっているならステロイド剤も
 止めますので様子を見て下さい 」 

 投薬は4種類から2種類に減った  
 嬉しいです

o0480064013870866415.jpg

飼い主さんと別れて、チーちゃんには酷な話でしたが
生理的には好調になり結果オーライだった

下痢も治り、少しずつマム宅にも馴れて来ている
このまま、あと数年、何事もなく過ごせますように ~

病院は中区蜆塚 ウィルペットクリニックさん
ブログもご覧ください


チーちゃんが元気に回復して来たので
3月12日(第2日曜日) すてっぷにゃむ譲渡会と
4月1日 浜北区のくるくる公園 さくらフェスに参加します

ももちゃん やり過ぎ ・・

ももちゃん 中々、手ごわいワンコです
やり過ぎて相手にケガをさせてしまう ・・

一人っ子で、犬とも人とも交流がなく育ったので
付き合い方を知らない  手加減する事を知らない
むろん心をセーブする方法も知らない 野生本能丸出し

ももちゃん本人も、大勢の犬の中で暮らすのは大変だろうけれど
周りの犬はもろに被害を受けて恐怖の日々を過ごしている
噛まれるのです

マムも2回ほど噛まれたけど、気に入らないと飛び掛かって行き
噛み付きまくる
襲われて下になった犬が、ゴメンと悲鳴を上げても なお
押さえ付け噛み付く ・・

本日の被害者は直虎

moblog_1c914123.jpg

耳から血が滴り落ちて中々止まらなかった
大量の出血ではないから そんなに心配はいらないが
直虎はショックの方が大きかったと見えて暫くは立てなかった
眼を閉じて、このままジッと座っていた


ももちゃん いい子なんですけどね  

今までにも沢山の犬を引き取ったが、こんなに心が荒れている
犬も珍しい
それだけ飼い主さんと濃密な暮らし方をして来たのでしょうね

飼い主から見捨てられる(飼い主は簡単に考えていますが・・)
という事は

こんなにも犬を苦しめる事になる
こんなにも犬の心を傷つける事になる

犬を飼う前に、こういう事も起こりうる可能性がある事も
理解してから飼って欲しい
そして一旦飼い始めたら、最後まで飼い続けて欲しい

※ 飼い主が高齢で世話を出来なくなっても方法はあります
   犬を引き取って欲しいという相談ではなく、
   最後まで飼い続けるにはどうしたら良いか と云う
   相談をボランテイアへ持って来て欲しい ~

moblog_668026f9.jpg

直虎は夜のご飯も食べなかった

明日は直虎の去勢手術
心理的に恐怖を抱いていて大丈夫だろうか ・・



掛かりつけの病院
こんな可愛い猫さんが高い位置に並んで
直虎にエールを送ってくれた

moblog_0b4d675a.jpg

直虎頑張れ 
ももちゃん やり過ぎ ~

優ちゃん & リリーさん

優ちゃんを引き取ってから まもなく1年になります

最初に見た時は痩せていて立つのもやっと
毛もボサボサで、とてもゴールデンには見えなかった
雑種の、しかも、もの凄い老犬に見えた

moblog_3a1c71ad (1)

1年なんて直ぐですね
今では美しい毛並みになり自信も(自我も)出てきたよう

優ちゃんは今の預かりボラさんのお宅で、ようやく心の傷も
癒えました
毎日手を掛けて下さるリーママさんのお蔭です  


いまでは大きな顔をしてリリーさんを従えている



二人ともリーママさんが大好き



視線を外しません



優ちゃんの方が甘ったれで触って欲しい



ご飯の時はリリーさんを保護
眼を離すと、自分の分を食べてしまい、
リリーさんのも横取りする



食べ物がなければ問題は起きない



優ちゃんの意のままに暮らしている



こんな幸せが優ちゃんに待っていたなんて
時には飼育放棄された方が幸せになれるなんて
皮肉ですね



今年16才のリリーさんが気が掛かりです
元気でいつまでも自力で歩いて欲しい



リーママさん 二人を宜しくお願い致します


優ちゃんには 引き続きドッグフード PHコントロールを
募っています


moblog_90683fad (1)

つゆさんの検査通院

お腹の中に6cm×8cmもの大きな腫瘍がある つゆさん

僧房弁閉鎖不全症が進行しているので手術は不可能
危ういけれど、通院での検査受けながら見守って行く方法を
選択しました

sp-045809700s1487062325[1]
 
2月の検診にチョビアル母さんが連れて行ってくれました
その報告

『 検診に行ってきました。
  血液検査は、ほぼ正常値の範囲内。
  エコー検査は、ほんの少しだけ腫瘍が大きくなっている
  感じだそうですが、子宮内は変化ないそうです。
  陰部から膿のような物が出ていないか、などのチェックをして
  行って下さい。と言われました。  』


チョビアル母さん 有り難うございました

腫瘍がほんの少し大きくなっている ・・・
やはり恐れている事が、お腹の中で起きています

緩やかな下り坂を降りて行っているようなもの
行き着く先は   

でも苦痛がないのが何よりの救い
つゆさんに、痛みや苦しみが訪れませんように  
ただ それだけを祈ります

穏やかな静かな時間が流れますように  



この先 毎月の検査を予定しています
最期のその日まで、つゆさんが苦しむことなく過ごせるよう
通院で頑張りたいと思います

つゆさんに あしなが支援を募集中

sp-072703100s1486468182[1]

詳しくはブログ「チョビアル母ちゃん奮闘記」をご覧ください
応援メールは、母ちゃんのメールフォームからお願いします

犬小屋新築

元気が良すぎてハチャメチャな 夏と秋
犬小屋を齧って遊ぶので、原型さえも危うくなって来てます

moblog_9b5fe9be.jpg

犬小屋のリサイクルがあったらご寄付下さいと募集したところ
「手作りで小屋を作りますよ」 という有り難い申し出が ・・

愛愛ちゃん&僕ちゃんのお父さんが手作りして下さるそうです
前に介護用ベッド  を手作りして下さった方 

moblog_b8ec2c3d.jpg

アルミ製のベッドは水に強く、大変重宝しました
1月に日吉丸が亡くなって、暫くは介護犬もいないので
現在は犬ではなく、物を乗せています ・・ ゴメンナサイ


ただ今新築中  作る経過も順に送って下さった

moblog_a99f0f49.jpg

moblog_1128da55.jpg

moblog_3d5931bd.jpg

今回は外枠をアルミ材,中の箱は木製で理想の子や
足元へ水を撒いても腐る事はない
中の木箱が壊れたら、新しく作り替えれば犬小屋として
半永久的に使用できる  

moblog_f897f9ed.jpg

早速 夏が入り座り込んだ

moblog_ae94db5c.jpg

木箱はアルミの外枠からの出し入れが可能 
しかも木箱上部も開閉可能という優れもの 
お父さんの遊び心一杯 ハート型のストッパー 

moblog_47ee02bc.jpg

愛愛&僕ちゃんたちが帰るまで、夏は小屋へ入って
一人優雅に寝そべっていた

moblog_81faa8d2.jpg

秋は 愛愛お母さんの差し出された手を舐めた 
お父さんの手も舐めていたので驚き !!  
誰が来ても後ろへ下がりながら吠えまくるのに ・・
こんな事は初めて !!

moblog_c08efa5a.jpg

他のエリアからも ヤジ犬がゾロゾロと集まって来た

moblog_54de6c0e.jpg

愛愛&僕ちゃんの臭いに興味津々

moblog_69af1afc.jpg

超ビビリ犬のケリーも登場 (前日にトリミングしました)

moblog_c7f1f6da.jpg

心より感謝申し上げます  大切に使わせて頂きますね


 

愛愛ちゃん&僕ちゃん
お父さんお母さんとは、運命の出会いをして迎えられた

moblog_d633d2bc.jpg

いつの写真でも仲良く並んで収まっています

moblog_06798acf.jpg

遠路わざわざ運んで来て下さり 本当に有り難うございました

病院で再会したワンコ

こりきを連れて病院へ行ったら 久し振りにお会いする
ワンコが次々と ~


「マムさ~ん」 と声を掛けて下さったのは、びーちゃんママ
びーちゃんはビーグルの女の子

菩薩様のような端正な顔立ち
全く吠えない大人しい性格 

こんな美しい穏やかなビーグルもいるんですね
(マムの脳裏には吠えまくる夏のイメージが ・・)
若い頃は五之冶先生について勉強したのですって

なるほど それでこんなに静かなのですね
マム宅のビーグル犬・夏も、びーちゃんを見習って欲しい  

moblog_985c7dd6.jpg

カメラが嫌いで 視線を外してしまう ・・

ドッグラン:犬の森ポムで遊んでいる時は、良い表情を
見せて写真に収まっているのに ~~

スノーパパもラッピーママも写真撮影の腕が良いのだね  

moblog_d0ef3059.jpg

こちらは  ふれあい啓蒙活動に参加してくれたびーちゃん

131111-13.jpg

4月1日に浜北区でイベントに参加するので ご来場くださいね  
子供さんたちに温もりを教えて下さい



外へ出たら偶然に ・・ こちらは  北斗君 15才

moblog_ba2f0219.jpg

ボチボチ痴呆が出ているそうで お父さんお母さんが一緒に
診察に付いて来ていました

moblog_576810ed.jpg

とっても大事にされていて心から嬉しく思います

マムが保護する犬は 殆どが不幸な犬なのですが 北斗くんも 
これ以上の不幸はないだろうと思われる現場から救出した犬

moblog_38bf3570.jpg

静岡県下のある畜産農家で飼われていた母犬が産んだ子犬

抗生剤や農薬を使用しないで畜産をする農家が 有害獣から
畜産動物を守る為 犬を放し飼いで飼っていた

例えば ネズミやタヌキなどが 餌を求めて近寄ってくると
病原菌や害虫も運んで来る事になるので 犬が追い払う役目

しかもオスを飼うと近所のメスと間違いを犯し、苦情が来るからと 
その畜舎ではメス犬を飼っていた
費用が掛かるからと避妊手術はしてない
むろん、其の他一切の治療や検査もしない

犬は使い捨て 
母犬が病気などになって、使い物にならなくなれば
次のメス犬を育てるだけ ・・


避妊手術をしてないメスを放し飼いにしていれば 当然
繁殖期になるとオスのいる所へ遠征し やがて子犬が産まれる

産まれた仔犬は その辺に転がってモゾモゾしている内に、
タヌキなどの捕食動物に食われてしまう
少し育っても、ヨチヨチ歩いているうちに道路から谷へ転落して
死んでしまう
運よく生き残ったら役場へ処分に持ち込まれる

いずれにしても仔犬に生きる道は残されていない



この事実を知っていた近隣の人から 「また子犬が産まれ
ました」 と通報があり、畜舎の所有者に面会に行った

避妊手術を勧めたが、お金が掛かる事は出来ないと 
ケンもほろろに断られた
でも、何度か通って話しをまとめた

マムが費用を出して、母犬の避妊手術する事 
今回産まれた仔犬はすべて引き取らせてもらう事を約束

不思議な話しですよね
費用をこちらが出すのに、頭を下げて母犬を借りて通院する 
とにかく 母犬は手術を済ませて畜舎へ返した

本当は母犬を譲って下さいと頼んだのですが 「絶対にダメだ」
と断られた
犬は消耗品 ・・ 悲しい想いだけが残った活動でした

北斗君はその時の仔犬です

とっても幸せに過ごして15年が経った
ご家族の皆さんに感謝です

北斗君 もう少し頑張りましょうね  

こりき受診

ハイパーワンコ こりきが受診するなんて、超珍しい
事ですが ・・
お尻の付け根あたりの皮膚に何か異変が起きてます

ラウルママさんをお願いして病院へ 

moblog_2ac7ca70.jpg

日曜日の午前中 病院は半日診療なので超満員

moblog_a5de8796.jpg

診察台の上へ乗ったら大人しくなった

moblog_9f9c14ea.jpg

突発性皮膚炎 ・・ 原因不明の皮膚炎です
舐めさせないで下さいとの指示でカラー装着

moblog_3461188e.jpg

始めて着けたカラーに珍妙な表情

moblog_f0c212a0.jpg

最初は大暴れだったのに おとなしく座りこんでしまった 

moblog_a2f41bdc.jpg

しかし この後帰宅してからが大変

カラーが邪魔して水を飲めないので、バケツを引っくり返すわ
蹴飛ばすわ 何度水を汲み替えてもダメ

ご飯時 食器を手に持って口まで持って行ったのだが
滅茶苦茶暴れて、マムの食器を持つ手にぶつかるから 
食器は落とすわ、フードは引っくり返すわ、もう散々でした

仕方ないのでカラーは外した
抗生剤とステロイド剤が処方されたので キチンと薬を飲んで
痒みが収まれば皮膚も治るらしい ・・


次回 病院へ搬入サポート募集

2月27日(月曜日) 15:30分 シャンプーの予約を取りました
どなたか同行して下さる方を募集しています

15時頃までに当方へ来て下さる方希望
帰りもお願いしたいです


3月1日(金曜日) 9時 
寅さんも予約取れましたので、この日も往復で募集します



こりきと寅さんだけは引っ張りが強く、とてもマム一人では
無理なのです


以前、大きな犬に引き倒されて、足の小指の骨に
ヒビが入った事があります
痛みをこらえて犬達の世話をしましたが、足を庇って歩くので
散歩に出た時2度ほど引き倒されました

そして昨年6月、左足をねん挫して全く歩けず、
犬の世話は、ご飯やりだけで精一杯
皆さんに助けて頂いた記憶もまだ新しい


マムの体に何かあると困るのは犬達
そして皆さんに大きな迷惑を掛けます

何かある前に最初から、サポートを頼んで
犬を連れ出した方が 安心 そして安全

どなたか通院のお手伝いをお願い致します  

たろう君の検診

ダックスのたろう 今月も減量成功 

以下いわたわんこさんのブログから転載しました

『 たろう君、先生の指導の元、ただ今減量中。
  定期的に検診しています。
  
  DSCN1998.jpg

  13㎏あった体重も少しずつ減り
   10月 12.5㎏
   11月 11.6㎏
   12月 10.8㎏
  と順調に減少。
  1月9㎏へ突入予定とマムさんから聞いていました。

  1月再び我が家に! 毎日の食事量を聞きしっかり計量。
  ちょっとかわいそうな気もしますが、時たまおやつで
  頑張ったたろう君。
 
  で、2月検診ついに 9.54㎏となりました。
  先生も「ついに10㎏きりましたね」とほめてくださいました。

  シャンプーもしていただき スッキリ サラサラきれいになりました。 

  なんだか散歩も軽やかに見えるから不思議。
  あせらずゆっくり 8㎏ めざします。  』
     
                         いわたわんこ新より転載


いわたわんこさん お世話になります
たろう 頑張ってますね

あと一息で目標完遂 目指せ8㎏ 頑張れたろう
  


たろうの家族を募集中


ダックス 7才 オス 家族を求めています
性格はとっても甘えん坊で人が大好き

肥満になったのは飼い主さんのせいで、与えられた物を
食べただけですから、本人に責任は有りません

犬用フードだけで、適正な飼い方をして下さる方を希望します

moblog_1ec460a5.jpg

椿ばあちゃん 無事、退院しました

緊急手術を受けた椿ばあちゃん 無事退院できました

ジジママさんが内容豊かに、椿ばあちゃんの様子を描写して
くれてますので、ジジママさんのブログから転載しました


『 病院の診察台で、マムさんと先生にハーネスを
  装着してもらっています。

  ご心配おかけしましたが、椿ばあちゃん退院です

  まずは、無事に手術が済むようばあちゃんの為に
  祈ってくださった皆様

  心より感謝申し上げます
 
  081_convert_20170210232917.jpg

  ばあちゃん、思ってたよりも元気そうでよかった~

  入院する前より元気になっている気がします。

  082_convert_20170210232937.jpg

  お腹の手術跡は腫れもなく、とてもきれいでした。

  術前検査で高かった腎臓の数値(BUN)も

  術前50・1 → 退院時24・7 に下がっていたので退院許可が
  出ました。(正常値 5~23mg・/dl)

  原因は心臓か卵巣から来ているのではないか、と仰っていました。

  入院中、ずっと点滴を打っていたから下がっているだけで、

  また上がることも考えられるため、

  今後も様子を見ていかなければならないそうです。

  どうか上がらないで、安定していてほしいです。


  食事は指定の療法食

  ヒルズ i/d ドライフードです。
  114_convert_20170210233345.jpg

  これまでは心臓の負担を下げてくれるお薬でしたが変更。

  心臓を元気に動かす ベトメディン 1・25
 
  という強心剤になりました。

  それと抗生剤です。

  093_convert_20170210233101.jpg

  逆さまつ毛の手術跡は腫れも引いていて抜糸も済んでいました。

  今までまつ毛が立って目に触れていましたが、
  手術前
  image2_convert_20170109215852 (1)

  術後、目の縁が見えてまつ毛が目に触れていないのが
  良くわかります。
  手術後
  084_convert_20170210232955.jpg


  このところずっと、涙が酷くて抗生剤入りの目薬を点す時は
  しみるのか嫌がっていました。

  もうこれからは目薬も点す必要はありません。

  (丁度、目薬なくなるところだったので、新しく出してもらう前で
  よかった~)

  094_convert_20170210233129.jpg

  『ばあちゃん お帰り~!』 とすっ飛んできたあさこ。

  ふたりとも尻尾ブンブンで退院をお祝いしていました。

  085_convert_20170210233018.jpg

  お留守番してくれていたお礼のおやつをあげたら

  暫く食べずに大事そうに咥えて持ち歩いていたのですが・・・

  椿ばあちゃんの前に置いて少し距離を開けて座っていました。

  え、もしかしてばあちゃんにお見舞い?


  最近の研究で、犬は自分が美味しいと思った物を
  仲間に分け与えることが判明したそう。

  しかも、知らない犬より、顔見知りの犬には特にそのような
  行動をとるらしいです。

  ばあちゃん食べられないけど、犬の友情に感動~

  106_convert_20170210233241.jpg

  ・・・したのもつかの間。

  単にばあちゃんに見せてあげただけらしい。

  109_convert_20170210233301.jpg

  110_convert_20170210233317.jpg

  ばあちゃん、見せびらかされただけ。

  でもばあちゃん今は先生の指示がないもの食べられないもんね

  092_convert_20170210233429.jpg

  やっと我が家に帰って来れてホッとしたのか、

  ご飯を食べたら直ぐに休みました。

  おやすみ~
  100_convert_20170210233212.jpg

  それにしても寒い・・・。

  ばあちゃんの退院の時間帯、雪が降ってきてきました


  コタツから足が生えちゃう寒さです?
  011_convert_20170210232820.jpg

  めり込み過ぎだよ、あさこぉ~

  009_convert_20170210232841.jpg

  でも、ばあちゃんが元気になって帰ってきて安心したね。 』

                              手風琴街便りより転載


椿ばあちゃん 退院おめでとう
無事に帰宅できる事が こんなに嬉しいとは   

術前の血液検査の結果を聞いて 若しかすると ・・ との
思いもあったので ほっと ひと安心しました

手術は成功 
しかも 摘出したら前より元気になっていた
病院でカメラを構えたが、動きすぎて写真が撮れなかったくらい


ただ 術後の血液検査で見ると まだ心配な数値もあり
正常に戻るまでには日数がかかる為、1ヶ月後に再検査を予定

摘出してしまえば 腫瘍に関してはほぼ安心
患部は外部検査に出してあるので悪性や転移がないよう
祈るのみ

本当におめでとう !!
椿ばあちゃん これで長生きが出来る気がするよ

ジジママさん お世話大変ですが宜しくお願い致します
あさこちゃんもよろしくね 



椿ばあちゃんの為に祈って下さった皆様
応援メッセージをお寄せ下さった皆様
入院・手術費用をご支援下さった方

椿ばあちゃんが 無事に退院できたのは皆様のお蔭です
心より御礼申し上げます

直虎 復活

この所、新人が大勢入って来たので気を使う事が
多かったと見え下痢をしていた直虎

去勢手術も延期になり 体調がいまいちだったが
ようやく下痢も収まり食欲も出て体調が安定
改めて去勢手術の予約を入れました

睾丸の片方が大きくなっていて腫瘍化の疑いが有る
椿ばあちゃんのように摘出してしまえば安心なので
手術日まで体調管理に注力します 



毎日の行動をみると オスでは直虎が一番になったよう ・・

というか、犬との付き合い方を知らないので滅茶苦茶突き進む
特に食べ物を巡っての争いが凄まじい
他の犬に飛び付き、噛み付いて手加減をしない

moblog_bcd11a8a.jpg

オヤツが無ければ こんなに穏やか ・・

moblog_93e937f7.jpg

向こうが 柴犬タロー 手前が直虎
 
moblog_39a9063c.jpg

柴犬タローと直虎 ケンカもしないが仲良くもない
不思議な関係のオス同士

moblog_85e9b57c.jpg

柴犬タローは脱走したくて仕方ない ・・・  
遊びの時間が終わって繋ごうとすると噛むスイッチが入る
最近はスイッチの入り具合が判るようになったので
マムも噛まれる回数が減って来た

しかし本気で噛んでくる犬は、やはり怖い ・・
柴犬タローの心には何か闇があるのだろうか

moblog_6d5c89e4.jpg

ももちゃんと柴犬タロー 共に関心がなさそう

moblog_e636c50b.jpg

りゅうのすけ
犬のケンカには関わり合いになりたくないので
直ぐに隠れてしまう

moblog_67ba39cf.jpg


直虎は案外繊細な犬
ちょっとした事でご飯が食べられなくなるし お腹を壊す
マム宅にようやく馴れてきた

新しい環境へ移動させる事の不安はあるが家族探しをして見たい

マムの手元を空けておけば 緊急犬の時 即決で引き取れる


柴犬の家族を募集中

柴犬のオス 10才前後
性格はとても良い 
人に向かっては決して唸ったりしない
撫でれば嬉しそうに尻尾を振るようになりました

登録済み 狂犬病予防注射接種済み
フィラリア検査済み(-)陰性
マイクロチップ埋め込み済み
其の他すべて済み

先住犬がいない方がうまく行くので 直虎だけを
飼って下さる家庭を希望
外飼いOK ・・ マーキングするので外の方が安心

訪問者があっても吠えない 

食べ物を巡る争いの時だけ吠えまくる
1匹で飼えばこの問題も起きません


ご希望が有りましたら お知らせ下さい

moblog_b45b3676.jpg




いわたわんこで募集中の犬達

ダックスのたろう オス 7才 
性格が良く甘えん坊 去勢手術など全て済み

moblog_83eb5aec.jpg


ペキニーズ メス 4~5才くらい 甘えん坊で人が好き
譲渡は4月に入ってからの予定
それまでに手術や混合ワクチン等を済ませます


moblog_c588a27a.jpg


ご希望がありましたら いわたわんこへ直接どうぞ

星になったルゥビーさん

2017年2月12日 ルゥビーさんが星になりました  

ルゥビーさんは、五之冶先生の愛犬
ふれあい啓蒙活動にも良く参加して頂きました

沢山のお子さんに犬の温もりを伝え、感動を与えてくれました


先生のブログに前日11日のルゥビーさんの写真が
載っていましたのでお借りしました

DSC00885.jpg


今月の初めにはこんなに元気な表情でのスナップ
お誕生日のケーキを前にしての可愛い表情

DSC00859.jpg

ルゥビーさんのご冥福を心よりお祈り致します

猫の愛護活動

ねこたろうさんから 初めてのお便り

『 公園の猫の世話を始めて丸年2年が経ちました。
  どうせやるなら、私も皆さんに動物愛護について
  認識してもらえる活動をしようと思い、たった一人ですが
  「ねこたろう」というボランティア名をつけて、
  公園のゴ ミ拾いと猫の世話を続けています。

  中には親切心でエサをあげたまま、缶やパウチを
  そのまま捨てていく人もいるので、そういうのは
  とにかく人の目につく前に拾わないと猫達が住みにくくなり
  猫達の安全が脅かされるので必死です。
  (直接お会いできたら、ゴミは持ち帰っていただけるよう
  お願いしたいですね。)

  猫とは関係ないゴミも、「ひえ~っ!」となるような気持ち悪い
  ゴミも頑張って拾います(笑)
  そうすることで、地域猫や活動についての理解を得られるなら
  お安いものです(^ ^)

  それから、動物愛護週間の期間など折をみて、
  「殺処分ゼロに向けての取り組み」や「TNR活動」について等を
  小さく印刷し、それを濡れないようにビニールに入れて、
  浜松市が設置した捨て犬猫禁止の看板のところなど苦情に
  ならない場所に1枚だけそっと掲示しています。
  ※ちょっと恥ずかしいですが、1部、添付します(^ ^)

  好意的に話しかけて下さる方も増えましたし、
  協力してくださる方もいます。
  悪目立ちをするといけないので、本当はそうっと活動したいの
  ですが、最低限の動きはどうしても仕方ありませんね(^ ^;)
  仕事をしているので「水車の公園猫限定」の活動ではありますが、
  これからも地道に続けます。

  お正月休みには、浜松市動物愛護教育センターへ行き、
  職員さんと少しお話しをしてきました。
  活動に理解をいただき有り難かったです。

  世話をしている公園の猫(茶トラとサビ)を捕獲・手術したという
  職員さんで、お互いビックリ!
  「まだ元気でいてくれたのね!」と職員さんも喜んでおられました。
  7年前ほど前のことになるようで、私も猫の年齢が分かって
  嬉しかったです。

  今年は少しでも不幸な犬猫が減りますように。』

moblog_f651724d.jpg
 

お便りありがとうございます
ねこたろうさんの活動に頭が下がります

猫の周辺をキレイにする事は 猫嫌いの人にその場所で猫が
生きる事を認めてもらう為にとっても大切な事なのです

続ける事の困難さ ・・ それを2年間も一人でコツコツと
継続しておられるねこたろうさんに脱帽です

しかも センターへもキチンと話をして理解を得る
これも大切な事

基本を守って活動しておられるので きっとこの猫たちが
命尽きるまで長く見守る事が出来ると思います

本当に 本当に ありがとうございます
猫に代わりまして心より感謝申し上げます


moblog_ac767300.jpg

木陰でご飯を与え 後をキチンと片付けてしまう

moblog_d26df274.jpg

腹一杯になった猫たちは のんびり日向ぼっこ

※ 写真は2年前の物で、現在とは多少の違いがあります

シーズーのチーちゃん

ようやく下痢状態から脱したチーちゃん
でも水様性の下痢は収まったものの まだ軟便なので
油断は出来ません

うっかり踏みつけると大変 
留守にした時に限って排便し踏みつけている   

原因が精神的なストレスでは時間を掛けて治すしかない
馴れてもらうのが治療法なので ゆっくりじっくり待ちます


多くの犬に囲まれる事になるので 当分はサークルを
用意したのだが 

moblog_bbcad61a.jpg

サークルには入り馴れていないらしく 眼を覚ますと
外へ出せ~と叫ぶ 
当然でしょう きっと今まではフリーの生活だったに違いない

moblog_a2f56ef2.jpg


お天気が良いので 気分転換に庭へ出しました
最初はフェンス越しにして様子を見たら 直虎が興味津々

moblog_7b143e17.jpg

でもチーちゃんは 犬には関心がないようだ

moblog_f8c9b02a.jpg

フェンスを外して見た 直虎が猛アタック

moblog_a1195ac0.jpg

先日、ももちゃんが「遊ぼ~」と誘いを掛けても 直虎は
反応しなかったのにシーズーには自分から誘っている

直虎にも好みがあるのでしょうね

体格が自分より大きいと威圧されるのかも ・・
自分より小さいシーズーなら怖くないのかな


沢山の犬の中へ入っても 全然平気なので明日以降も
一緒に日光浴します

moblog_9f128a1a.jpg

夕方は 外の道路を歩いて見ました
行きたい方へ引っ張る  結構、我が強い

長くは歩けないので 短時間で切り上げた
少しずつ距離を伸ばして行きます

moblog_dad78e67.jpg


薬を飲ませるのに大変   

缶詰に混ぜると 周りを舐めとって薬だけが残してある
4種類もあるので頭が痛い ・・・

ストラバイト用の処方食フードは全く食べない
セレブな暮らしをしていたと見える

フードを食べない犬は今までの暮らしが想像できます
ご老人と二人きり
ご老人の好きな物だけを二人で分け合って食べていたのでしょう

病気治療の処方食だけは食べて欲しいが 
さてどうしたら良いか ・・
人間の味に馴れた口には犬用のフードは まずいはず


ササミなどのふりかけを募集中

処方食を濡らし、ふりかけをまぶすと騙されて食べます
※ これは  ユニチャームという会社の製品


moblog_d5183842.jpg


ストラバイト結石は顕微鏡で見る とてもキレイ
氷砂糖のようなキラキラした結石
こんな物が体内で作り出されるなんて不思議

でも早く治さないと 角が膀胱壁に当たって痛いらしい


シーズーには あしなが支援を募っています

色々な病気があるので オヤツは与えていません
薬代の為 募金でお願いします

イチローくん 正式譲渡 

真っ赤な糸の 運命の家族と巡り合えたイチロー君

ラッピーママが正式譲渡の手続きに訪問してくれました

 moblog_acf60620.jpg

 ラッピーママから
  
 『 正式譲渡完了しました。

  幸せそうな笑顔で迎えてくれましたよ  

  飼い主さんは、毎日イチロー君に癒されているそうです、
  本当に素敵なご縁でしたね。

  イチロー君、玉の輿~   』

  moblog_b046cf08.jpg

イチローくん おめでとう !!        

嬉しくて言葉もありません おめでとうが有るのみです

あのビビリ犬が 尻尾も上がって顔も穏やかな表情
視線の先にはママがいるのでしょうか
しっかり見つめていますね

信頼のまなざしです
本当に嬉しい 泣くほど嬉しい   

ご家族の皆様 末永く宜しくお願い致します
イチロー君 元気でね またお便りを待ってます  
   


イチローの保護から足の手術まで ご支援 応援下った
すべての方々に心より感謝申し上げます 

頑張れ 小春さん

昨年10月動物病院で お会いした小春さん
痴呆の介護が始まったとの連絡がありました

  moblog_e4c48743.jpg

小春ママさんから

『 小春もとうとう痴呆が進み、夜泣きや徘徊が
  始まりました。
  今まで大型・中型犬を何頭も飼ってきましたが、
  どの子も病気で亡くしていました。
  今回、小春で初めての痴呆介護を経験しております。

  とは言え小春も病気を何も持っていないわけではく、
  肝臓に大きなデキモノを抱えてお、今現在は食欲も
  ゼロに近い状態です。

  moblog_c2a8d7e4.jpg
  
  グルグルとサークルの中を回って ワォ~ンと繰り返し
  疲れたのかやっと眠りに着きました

  あれほど嫌がっていた点滴も今日は大人しくさせて
  くれました
  
  まだまだ一緒にいてくれるのでしょうか ? 小春ちゃん
  近いうち来る小春の最期を後悔の無いように看取って
  あげたいと思います。  』


小春さん 10月にお会いした時は とても元気で
介護なんてまだまだ先の話と思っていましたが 
老化は急にやって来ますね

飼い主さんは 介護初心者なんておっしゃってますが
写真を見る限りでは大ベテランです


グルグル回る犬には円形の囲いを ・・
そして素材はソフトな材料で ・・

これがグルグル回る痴呆犬介護の環境作りの考え方
小春ママさんは まるで介護見本のように環境を整えてます

これなら 小春さんも暮らしやすいはず 
ストレスなく日々を過ごせれば 小春さんにとっての楽園

飼い主さん 小春さん ともども頑張って下さいね


病院で会った時の小春さん  

moblog_65323d4e.jpg

とてもキレイな眼をしていました

moblog_e7ab208f.jpg

小春さん 頑張れ~~  


小春ママさんは 犬や猫の保護活動を 一人で
こつこつ頑張っている方

小春さんも保護犬 
最後まで 大変なお世話をして下さり 本当に感謝致します

優ちゃんフードお礼

リーママさんから ひろこちゃんへ ご寄付の
お礼が届きました






















『 フードのご寄付を有難うございます 

  お蔭様で、優ちゃんは益々意気揚々としています。

  まるで水を得た魚の様 

  そして13才とは思えない輝きです  』


優ちゃん いつまでも美しく元気で長生きしてください 
ひろこちゃん
いつも、優ちゃんを気に掛けて下さり、有り難うございます

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント