FC2ブログ

手術終了のご報告

椿ばあちゃんの手術結果
皆様が見守って下さるなかで手術を受けた椿ばあちゃん
その後の経過です

ジジママさんのブログから

『 昨日、椿ばあちゃんの手術が無事に終了しました。

  エコー検査で蜂の巣上にボコボコして見えていた子宮。

  開腹して診ない事にはどんな状態になっているか
  わからなかったのですが

  昨日の手術で、

  左右の卵巣が握りこぶし大に腫れ、

  中に水が溜まり水腫の様になっていることが判明。

  それでエコーでもボコボコしているように見えていた
  わけだったのです。

  出血も多少あったそうですが、無事に摘出されました。


  ついでに逆さまつ毛の手術もできました。

  目の下の皮膚を切開し、まつ毛が眼球に触れないよう
  外側に向くようにしたそう。

  今はまだ腫れているので丁度いい感じに外側にまつ毛が
  向いているそうですが、

  腫れが引いたらどのぐらいの角度になるかはまだわかりません。


  一晩経ちましたが、まだ椿ばあちゃんはぐったりしていて
  まだご飯が食べられないそう。

  術前検査で腎臓の数値が悪く、しばらく入院して点滴を
  投与しながら安定を図るとのこと。

  とりあえず手術は無事に乗り切りました。


  体重が6・8キロでした。

  12月に来た時よりも増えたものの、

  まだ体力がそんなにないし、腎臓も悪いから

  術後の回復にも時間がかかるのでしょうかね。

  無事に終わったとは言ってもなんかまだ手放しで喜べないです。 』


  201702071300381e6.jpg

  手風琴街便りより転載


椿ばあちゃん 手術の成功、本当におめでとう 
命拾いしましたね

先生からリスクが高いので承知して下さい ・・ なんて
言われて、マムは寿命が縮みましたよ


つゆさんには手術を受けない選択をしたばかり

椿ばあちゃんへの選択は正しかったのだろうかと 手術の間中 
自問自答してました

でも 椿ばあちゃんには こちらの選択で良かったのだね


まだ つゆさんほどには心臓が悪化していないので
本当に運が良かった
もう半年ほど遅かったら手術は出来なかったかもしれない

椿ばあちゃんの強運に乾杯です  


退院の時は ジジママさんと一緒に迎えに行きます
おめでとう~と抱きしめてやりたい

そっくりさん ももちゃん & バン

そっくりさん ももちゃん&バンのバージョン

先日引き取ったももちゃんが 先住犬のバンにそっくり
色 柄 顔の色の入り具合 大きな体格まで そっくりさん

一人で寝転がっていると 直ぐにはどちらか判りません
良く見ると ももちゃんが赤い太い首輪をしているので
ようやく判る
                      バン
moblog_ee64e376.jpg

                      ももちゃん
moblog_bd683428.jpg

後ろから見るとウエストの太さまで そっくり

moblog_404efef0.jpg

moblog_b78eb2f9.jpg

moblog_1fe8e35e.jpg

moblog_e75f1f5f.jpg

moblog_56c021c4.jpg

moblog_02be52a2.jpg

ももちゃんの方が 毛艶がよくピカピカ !!

moblog_e89995ad.jpg

でも二人並ぶと違いは歴然  むろん性格も大きく異なる

バン           赤い首輪  ももちゃん
moblog_949e2ba1.jpg

バンは2008年に引き取った犬
年齢不詳 推定で11才~12才くらい
静岡県と長野県境の営林署の職員しか入れないないような
山奥で発見された

痩せ衰えて骨と皮状態 人を恐れ全く触れなかった
片耳が半ばからちぎれている
左の頬から口に掛けて大きな傷があり ちょっと見には怖い感じ

moblog_41d60e28.jpg

ももちゃんは13才と判っているので姉妹ではないはず
純血種ならそっくりでも当然だが 雑種でこんなに似ているのは
ホントに珍しい

ももちゃんの方が美人さんです  ( バンは性格美人 )

moblog_668026f9.jpg

幸いにも今の所 仲が良い
このまま仲良く穏やかに過ごして欲しい


健康で体格の大きい犬には ドッグフードを募集中
ビタワンOK

大変食欲があり 良く食べますのでフード在庫が危機状態
皆様のご協力をお願い致します



そっくりさんに付いて面白いデーターを見つけました

研究によると 他人同士でも そっくりと感じる事があるのは
全部が似ていなくても どこか1ヶ所似ている部分があると
脳が全部似ていると判断するのだそうです

実験でも確かめられているとの事

これを ももちゃんとバンに当てはめてみると 
色が同じ 体格も似ている でも瓜二つではありません

一部分が似ている事で マムの脳がこの2匹はそっくりと
判断したのですね

人間の脳って面白い    

椿ばあちゃんの手術

月曜の朝一で病院へ搬入 再検査を受けた椿ばあちゃん

やはり手術をしなければならないそうです
以下ジジママさんから ~

『 検査が終わり先生から電話ありました。
  
  「 血液検査の結果、DNという腎臓の数値が倍以上に
  上がっている。

  腎臓は生殖器の上の方にあり影響している。
  先月の検査の時より手術のリスクが上がっている。

  しかし残しておいても子宮は悪くなる一方だから、
  これから手術をしますが、リスクが高くなっている事を
  ご承知ください、 」 

  多めに点滴を打って数値を安定させてから手術をする
  との事でした。 
  皆様から応援メールを沢山もらったので 無事に
  退院できると信じています 』


椿ばあちゃん 日に日に悪くなっていたのですね

先生から 「リスクが高くなっている事を ご承知下さい」 なんて
言われると胸がドキッとします
万一の場合もありうる ・・ という事で覚悟をしました

体力を付けるつもりで、体を養っていましたが、日を置くほど
リスクが高まっていただなんて ・・
思いがけない緊急手術で 一日何も手に付かなかった

結果は明日 掲載します


皆様から沢山の応援メールを頂きまして 有り難うございました

イチロー君 その後

イチロー君のお宅から嬉しいお便りが届きました

  moblog_074ecc66.jpg

『  イチロー君の報告です。
   イチロー君とってもとっても甘えっ子です。
   いつも誰かに寄り添っています。
   初日のような緊張感はほとんどなく、とってもリラックス
   しています。

    イチロー君の学習能力の高さには驚きです。
   ダメは判るし、こうしたらこうなるって理解力がすごいです。

    昨日はトイレの場所でできました。
   ただ少し横にずれていたので、ほとんど漏れてしまいましたが 
   でも場所は合ってたのでいっぱい褒めてあげました。
   その後はバスマットにしてしまいましたが  
   それ以降は散歩の時にしてるので失敗は今のところありません。

    娘と雷蔵君の話をしていたら、少し離れたとこで寝て
   いましたが、はっとしたように顔をあげたので、雷蔵君の
   名前に反応したのかなと、もう一度雷蔵って呼んだら 
   益々顔を高く上げて目をまん丸くして額にシワを寄せていました。

   私の思い込みかもしれませんが、雷蔵君のことが判ったんだなと
   思いました。
   なんだか泣けてしまいました。
   マムさんのおうちを思い出しちゃったかな。
   イチロー君なりにいろんないろんな思いがあるんだろうなって
   思います。

    夜はサークルの中でお利口さんにしています。
   それにしてもこんなに甘えっ子だとは、とても嬉しい想定外でした。
    今こうしてメールしていても画面が見えなくなるくらい割り込んで
   います。

   フードは昨日は夕飯をあまり食べず、今も夕べのがまだ少し
   残っている状態です。 おやつもあまりあげていないんですけど。
    もちろん他の物もいっさいあげていません。
   でも、もう少し気長に様子を見ていきます。

    家族皆イチロー君にメロメロです。
   こうしたご縁を頂けた事に感謝の気持ちでいっぱいです。
   本当にありがとうございました。  』

   moblog_01205827.jpg


ご家族の皆様 有り難うございます
イチローの良い面を沢山見て下さり 本当に嬉しいです

本物のご家族に巡り合えたので イチローも心から甘えて
幸せな気持ちで過ごしていると思います

有り難いご縁を頂きまして 本当に 本当に 心から
感謝申し上げます

イチロー君 どうぞ幸せにね
   

つゆさんの決断

先日検査を受けたつゆさん

6㎝×8㎝もの大きな腫瘍と 子宮に液体が貯留している事が
判明し先生から詳しく説明を受けた

本来なら即手術となるはずだが 僧房弁閉鎖不全症がかなり
進行しているので手術はリスクが高い

さて どうするか ・・ と勘案中だったが チョビアル母さんと
意見が全く同じだったので そのように先生に伝えました


手術は選択しません 


今後どのように進行するのか全く不明ですが 先生を
信じて その考え通りにお願いする事にしました

sp-040034300s1484827114.jpg

病院でシャンプーしてもらった つゆさん
先生が待機しておられるので安心してお願いできました
胸が大きく膨れているのは腫瘍が出来ているからです

sp-062018500s1484827654.jpg

半年ぶりのシャンプーでサラサラヘアのつゆさん
頭の上に出来ているのは上皮腫

sp-069735100s1482064303.jpg

チョビアル母さん宅で 日光浴しながらのんびりお昼寝

sp-011511000s1481200024.jpg

今後 月に1回の定期検査を受けます

子宮の液体が蓄膿症に変化しないか 血液検査とエコー検査を
続けて行き 兆候が見られたら適切な対処をして行きます


つゆさんに あしなが支援を募集中


手術を選択するより継続して検査をする方が高額になります

しかし あえて こちらを選択しました
つゆさんの状態を考えたら、これ以外の選択はあり得なかった


振り込みの場合は 犬の指定に 「つゆさん」 とご記入下さい
皆様のご理解とご支援をお待ちしています


詳しくはブログ 「チョビアル母ちゃん奮闘記」 をご覧ください

シーズー 下痢 ・・

椿ばあちゃんが病院へ入院した日 一緒に行きたかったけれど
シーズーのチーちゃんも掛かりつけ病院へ行くので断念
別の病院へゴー 

シーズーのチーちゃん マム宅へ来て3日目から下痢
なかなか止まりません

moblog_9024396f.jpg

下半身が汚れでグチャグチャ ・・ 

moblog_d6edd88c.jpg

病院へ行く車の中でもポタポタ漏れる 
踏んづけて大変だった
寒いけれど窓ガラスを開けて走った

moblog_917f228d.jpg

待合室でも抱っこしていれば とてもいい子でいられる
相当な甘えん坊だ

moblog_50b3f0af.jpg

体重が減っていた
下痢が続くので絶食させていたせいもある

moblog_c16dd1ad.jpg

元々が太っていたので、体力的にはダウンしていなかったが
40度もの熱があり 涙が出る 
鼻がつまり 口で呼吸している
ワクチンを昨年秋に接種しているので風邪ではなさそうです

腸炎を起こしてますね ・・ との説明
抗生剤を注射してもらい 整腸剤など2種類の薬が処方された

既に 飲み薬が4種類出ているから 合計6種類を飲ませ
なければならない
これは大変な事になりました ・・

帰り際 先生が 「早くマムさん宅に馴れてもらう事ですね 」
と言われた

やっぱり精神的なストレスが原因なのでした

盛んに周りをキョロキョロと見回して、明らかに飼い主さんを
探している様子が見受けられたから 多分そうではないかと
思っていた

不憫ですが、本人が諦めるまでは見守るしかない
今までにも悲しみの日々を送った犬は数知れません
でも みな自分で立ち直ったのです

老犬は立ち直りが遅い
心の傷が癒えるまでには長い月日を必要とします
寄り添って見守りましょう

当分は様子を見ながら通院の予定
また 通院の老犬が増えた  早く治りますように ・・

moblog_624de657.jpg

椿ばあちゃん 再検査と手術!?

002_convert_20170204005737.jpg

椿ばあちゃん 先月の検査で子宮に腫瘍がある事が
判っていました

でも超痩せていたから まだ手術が出来る体ではない、
体力をつけて2月になったら手術をしましょう ・・ との説明で
体を養っている日々でしたが、ジジママさんから
椿ばあちゃんの様子が何だか変 ~ との連絡が入りました

ジジママさんが先生と話をして再検査をする事に決定
もう一度詳しく検査をして、その後に手術の予定


ジジママさんから
『 椿ばあちゃんの場合 子宮蓄膿ではなく、蜂の巣状に
  ボコボコしているので開けて見ないと分からないところがある。
  日曜夜から絶食です。  』



つゆさんも同じですが 僧房弁閉鎖不全症があり しかも高齢
麻酔も手術もリスクが高く恐ろしい ・・・ 

しかも 開けて見ないと判らないという 蜂の巣状の腫瘍
一体何が出来ているのでしょうか
もし手が付けられなかったら、そのまま閉じるのでしょうか

もう祈るだけ      

どうぞ何事もなく無事に終わりますように ~



保護した時 体重4.5㎏という超痩せ状態
骨と皮以外には内臓があっただけ 
肉も脂肪も全く着いてはいなかった

初診では悪い所だらけ 
体力はないし 抵抗力はないし 立つだけがやっとで
とても手術を考えられる状態ではなかった

果たして体力が持つのか 不安でいっぱいです

これらの状態をかんがみて 術後入院は1週間くらいになる予定
先生が慎重に見守って下さるとの事

椿ばあちゃんの手術成功をどうぞ一緒に祈って下さい


椿ばあちゃんに あしなが支援を募集中

検査・手術の支援金を募っています
振り込みの場合は 椿ばあちゃんとご指定下さい

20170205004946b80.jpg

詳しくはジジママさんのブログ 「手風琴街便り」 をご覧ください

リリーさん & 優ちゃん

リリーさん & 優ちゃん つかず離れずの2匹

moblog_07a1a034.jpg

べったりとくっつく訳でもなく ケンカをする訳でもない

moblog_b4e8bb25.jpg

だから ツーショットは撮れます

moblog_b7c77930.jpg

しかし 段々離れて行く

moblog_36bed3f2.jpg

ついには リリーさんが後ろの方で控える形に ・・

moblog_d6954b05.jpg

優ちゃんの顔の方が自信ありげです

moblog_3275652d.jpg

リリーさん 一人になって何かをリーママさんに訴えてます

moblog_513cb6be.jpg

いい子ね と撫でてもらって満足のリリーさん

moblog_324a6016.jpg

もちろん 優ちゃんにも公平に撫でます

moblog_b74416d8.jpg

リーママさんは大忙しですね
手がもう一本欲しいくらい ・・
(両手で撫でるとカメラを持てないので もう一本欲しい)

リーママさん お世話宜しくお願いします


ひろこちゃんから 優ちゃん用の処方食をご寄付頂きました
引き続き PHコントロールを募っています

moblog_90683fad (1)

皆様のご協力をお願い致します

イチロー君お届け完了

イチロー君のステイはラウルママさんが訪問してくれました
以下その報告

『 イチロー君無事お届けして来ました。
  希望者さんは、とても楽しみに待っていてくださいました。
  今日は、遠方で暮らしている娘さんも時間を作って会いに
  来られるそうです

  「イチローを思う気持ちは誰にも負けないつもりです。」
  「イチローが私達家族を受け入れてくれるまで、根気よく
  お世話をするつもりです。」と心強いお言葉を頂けました


  イチローは、予想していたよりすんなり馴染んでました
  自分から、「撫でて~」と頭を擦り寄せていました   』

  moblog_dc3fd0cc.jpg

  イチローの新居↓

  moblog_1a55efc0.jpg

  moblog_db082860.jpg

  クッションをホリホリ~↓

  moblog_4f5e90bd.jpg


  寝心地を確認中↓

  moblog_e1b710c6.jpg


ラウルママさん イチローのお届け お世話掛けました
嬉しい写真が一杯で涙が出そうですよ

でもね 一つ不思議
イチローが自分から撫でて~と寄って行くなんて
絶対にあり得ないと思ってました 

想像すらできなかった 
でも これが赤い糸なのでしょうね

イチローには本能的に この人ママだ~と分かったに違いない
真っ赤な 真っ赤な ぶっとい糸でした

もう里親探しは半ば諦めていたので 未だに半信半疑
本当にイチロー決まるんだろうか ・・ と夢を見ているような
感じです

でも 現実です 嬉しい 心から嬉しいです  
ご家族の皆様 イチローを どうぞ宜しくお願い致します 


一週間位したら ラッピーママが正式な手続きに訪問予定

イチローに関わって下さった皆様 心から感謝申し上げます

渥美ゴザ屋さん & 募金箱

300円で販売しているカードの半分、150円を 
お買い上げ下さったお客様自らの手で 不幸な動物の為に
募金箱へ入れて頂くという新しい試み

鴨江の渥美ゴザ屋さんの募金箱を いつも買い物に行く
洋子さんが預かって来て下さいました

今回は3450円
ご来店のお客様 ご協力ありがとうございました


カードは娘さんの手書きで こんなに可愛い絵柄

moblog_96ec6b78.jpg

moblog_7296741a.jpg

ほのぼのとする色調と絵柄ですね
鴨江寺さんへお参りの節は どうぞお立ち寄り下さい


そして  看板犬ラッキーちゃん

moblog_8710ca00.jpg

顔がちょっと白くなって来たところが また可愛い 

渥美ゴザ屋さん 洋子さん いつも有り難うございます
洋子さんからは別途 物品のご支援も頂きました

イチロー 元気でね 

イチロー ステイに行きました
決まって欲しいけれど ほんのちょっと寂しい気も ・・


ヤンチャでしたが他の犬には甘えん坊で こうやって常に
寄り添っていました

moblog_dec8b08e.jpg

後ろ姿はそうとう太いですね
イチロー 現在8㎏なので 後2㎏の減量が必要
新しいお宅で頑張って下さい 

moblog_0ab071b2.jpg

譲渡会から帰宅した日 疲れたとみえて爆睡

moblog_268be6f8.jpg

大きな犬はベッド代わり

moblog_da56f3f3.jpg

やや小さめの犬はベッドにはならない
拒否されちゃいました

moblog_db24d37a.jpg

ストーブの前が熱くなると 寝場所へ戻って一人遊び 

moblog_8433e47f.jpg

4才になったばかりのイチロー (2013年1月1日生まれ)
まだ先の長い犬生なので、新しい家庭で幸せを掴んで欲しい

新しいご家族の皆様  どうぞよろしくお願い致します 


イチローには多くの方々から 沢山のご支援を賜りました

物的な支援から精神的な支援まで、幅広く助けて頂き
心から感謝申し上げます


moblog_e866fead.jpg moblog_e58c7cf9.jpg
 引き取った日          現在 

 顔のサイズは同じですが体が ・・・ 
   

猫のクラーラちゃん

ひろこちゃんから寄付物品が有りますよ~と 電話をもらい
受け取りに行って来ました

犬も猫も沢山いるお宅です
猫のクラーラちゃんを迎えて頂いているので
久し振りの対面

moblog_bc583520.jpg

もらって頂いた時より ふっくらとして可愛くなっています
他の猫とは相性が悪いらしく 一人で一部屋を独占
ご主人様の手作りで 寛ぎの棚が高い場所に備え付けてあります


ひろこちゃんのお宅はご主人様が器用な方で 猫専用通路が
人間の頭上に広がっています
床から階段を付けて、天井付近まで登れるようになっていて
そこから左右前後に通路があり それを歩けばどこへでも
行ける猫天国
クリア素材でのスペースは下からパットが見えてすっごく可愛い



クラーラちゃんは2013年 東区の動物病院玄関前に
キャリーケースに押し込めて置き去りにしてあった猫

美しいアメショーですが目に炎症があって痩せていた
病気も沢山抱えていたが今のご家庭へ迎えられた

moblog_1eb67d72.jpg

クラーラちゃんの保護については 2013年8月の
ブログをご覧ください


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ご支援ありがとう

シェパード : ポコペンのパパ  
シェルティ : すみれちゃんのママ
ぷらすわん美容室さん  
ひろこちゃん  

ルークちゃん : 最新の写真が届きました

moblog_74ba99e2.jpg

ご支援ありがとうございます
ルークママは コメダ珈琲湖西店に募金箱をお願いして
管理して下さっています 

椿ばあちゃん、どうしちゃったんだ?

ジジママさんが預かって下さっている 椿ばあちゃん
少々異変有りとのブログを見て心配になりました

以下 ブログ「手風琴街便り」から ~


『 先週、シャンプーとエコー検査をしてきた椿ばあちゃん。

  帰ってきてからその日の夜は吠えました。

  013_convert_20170118231123.jpg

  椿ばあちゃんは先月うちに来てからもずっと静かに寝て過ごし、

  ご飯もお薬もきれいに平らげ、まったく手のかからない優等生で
  いてくれました。

  が、ここにきて吠えるように・・・。

  先日もお外に連れて行った後、「まだお外でたかったよ~」と
  鳴いていたので、

  今回もそれと同じでその内泣き止むだろうと思いっていました。

  結局一週間吠えっぱなし(ご近所さん、すみません)。

  012_convert_20170118231108.jpg

  そして、日曜の夜から全くご飯を食べなくなり、ぶっ壊れたように
  吠えてます。

  今まではおやつなんてあげたら手ごとかぶり付くほどの食欲が
  あったのに、

  今は普通に咥えるか、そのままポロンッと落として食べなく
  なりました。

  私が近くに来たことにも気づかない様子。

  体に触るとハッとして我に返る。

  ほとんど眠らず四六時中吠え、興奮した様子でグルグル旋回して

  異常なまでの元気・・・どうも様子がおかしいです。

  どうしちゃったんだ、ばあちゃん・・・。

  014_convert_20170118231135.jpg

  耳のお薬を入れてもらいに今週火曜また病院に
  行く予定があったので

  そのついでに先生に相談してきました。


  診察中もずっと診察台の周りをぐるぐる回る。

  認知症や脳腫瘍の子は延々とぐるぐる回っていますが、

  どうして本犬たちが目が回らないのか不思議。

  見ているこっちが酔ってきてしまいます

  039_convert_20170118231304.jpg

  急にこうなった原因ははっきりとはわかりませんが、

  認知症か、具合が悪いのか、環境の変化によるストレスか・・・。

  もしかしたらそのすべてが重なってこうなったのかもしれないし。

  033_convert_20170118231242.jpg

  やはり今一番怖いのは子宮の病気で急変すること。

  これまでのように静かに眠って沢山ご飯を食べてほしいです。

  先生がヒルズのi/d缶を食べさせてくれたらすごい勢いで
  バクバク食べました。

  そんなわけで、その缶詰をとりあえず3缶持って帰ることに。

  缶詰めが気に入ったようで食べるようになってきたものの、

  まだ食欲が完全に戻ってきたわけではないので

  いつまた食べなくなるかわりません。

  030_convert_20170118231201.jpg

  サイエンスヒルズ i/d 消化ケア チキン&野菜入りシチュー

  この缶詰は低脂肪になっているので、

  胆泥が溜まっている子に勧められています。

  そう、ばあちゃんは胆泥もあるからご飯もLow fatにした方が 
  良いのだそう。


  先週、どういうわけだか一日だけばあちゃんの逆さまつ毛が
  治った日がありました。

  005_convert_20170118231030.jpg

  こんなにきれいで可愛い瞳に!

  手術しなくてもいいんじゃない!?

  image1_20170118234748b89s.jpg

  でも、次の日になったら元に戻っていてガッカリ。

  それどころか今、涙もいっぱい出て前より悪くなっています

  日によって逆さまつ毛の具合が違います。

  痩せているから分からなかったけど、もしかして顔が
  むくんでるのかなぁ?


  椿ばあちゃんにご支援を頂き、皆様ありがとうございます。

  現在こんな感じですが来月には手術が受けられるよう、
  慎重に体調管理をしております。

  どうか引き続きご支援の程よろしくお願いいたします。

  image2.jpg

  珍しくあさこに興味を示すばあちゃん
  (美味しそうなコロッケに見えるのかも)  』


                         手風琴街便りより転載


ジジママさん 椿ばあちゃんのお世話 本当にありがとうございます

椿ばあちゃん どうしちゃったのかしら ?
ご近所さんに迷惑を掛ける事になるので 
吠えまくりは泣ける ・・・

 
でも 現在は改善して来ているようですから 
椿ばあちゃんの現状は ジジママさんのブログでご確認ください


とっても手を掛けて頂いて感謝しています
あさこちゃんも ありがとう

本人はきっと夢心地で何も判っていないのかも知れませんね
椿ばあちゃん 沢山食べて体力付けて 手術に向けて頑張りましょう
  


椿ばあちゃんに あしなが支援を募集中
治療費が嵩んでいますので 皆様のご協力をお願いします

別途 トイレシーツも募っています 
60×90cm  60×45cmの2種類でお願いします



あさこちゃんも介護疲れの様子 

moblog_19f7abcb.jpg

椿ばあちゃんには あしなが支援を募集しています

シーズーがやって来た

シーズー引き取って来ました

moblog_57d365ba.jpg

シーズーの掛かり付け動物病院で、先生から説明を
受けながらの引き取り手続きを済ませた

実はこの子は病気の問屋さんでした  
薬が沢山処方されていたので、その病状の説明があったのです
4種類の薬と処方食が出されました

心臓   僧房弁不全症で要注意、慎重に見守る事
肝臓   数値が高く薬の服用指示
膀胱にストラバイト結石があり処方食
毛胞虫が原因の皮膚炎あり 薬浴指示
気管支も悪く、気管支拡張剤服用指示
左目白内障 右目もやや白くなっているが見えているとの事

心臓さえ注意すれば 他は死に直結する病気ではない
との説明でひと安心

しかし薬の管理と薬浴が大変になります
飲ませ忘れがないよう紙に一覧し台所に張り出して
置く事にしました


moblog_69375fc8.jpg

性格は大人しく、今のところ吠えない 
固まって動けずにいるが、トイレだけは夜中にそっとしている

moblog_db16f538.jpg

飼い主さんの姿が見えないので探すように
周りをキョロキョロ見ている

moblog_c0e20d5f.jpg

どこを見ても懐かしい姿が見えません

moblog_a6b68487.jpg

耳を澄ましても飼い主さんの声が聞こえない

moblog_322efba2.jpg

今まで飼い主さんと二人っきりで過ごして来て 
甘え放題だったけど、今は姿も見えず声も聞こえない

どんなにか不安でしょうね ・・
その心を察して余りあります


マム宅に馴れるまではサークル内で過ごしてもらいます
馴れたら少しずつ庭へ出て皆に挨拶しましょうね


年齢は15才と聞いていましたが 登録書類をみたら
2003年5月生まれなので 13才と8ヶ月

体重が7㎏とやや太目なので先生から
「少し痩せましょうね」と指示があった  

散歩にも行けなかったので、現在はブヨブヨの体
今からは少しでも歩かせましょう
庭を歩き回るだけでも運動になるはず


新しい家族を探す予定でしたが これだけ病気を持っていたら
ほぼ不可能 諦めるしかない ・・
あと2~3年静かに穏やかに過ごさせてやりたい


でも、気分転換に譲渡会へ参加させてみましょうかね
譲渡会で動き回ったら少しはブヨブヨの体が締まるかも 



預かって頂ける方が有りましたら 是非お願いしたい

条件は この子が今まで掛かっていた病院へ、月に一回
通院して頂く事
体重に合わせて薬の処方 & 薬浴での通院です

薬浴は普段は風呂場でマムが洗いますが 月に一度の
通院で皮膚の状態を診察してもらうので ついでに薬浴も
お願いする予定です

月一 通院できる方の預かりを希望します



シーズーに あしなが支援を募集中

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント