FC2ブログ

ぺーすけ

季節の変わり目でしょうか
体調を崩す老犬が増えています

ペー助も先月 3日程下痢をしてご飯には全く
口を付けなかった



でも リーママさんとの散歩には元気よく出かけます



寅さんとコンビで出かけるのだが 互いにあまり関心を
払うことも無くただひたすら歩くだけ



ペー助は元々人間が好き 
犬とは暮らした経験がないから距離を保ちたい 
そういうタイプの犬



一緒に歩く寅さんの性格が良いからケンカも起きない



下痢をして何も食べなかったから 痩せてウエストが
細くなった
















おじいさんとの別離が心に大きなショックとなって
いまだに回復していないペー助
鳴く事で自分を慰めているなんて本当に不憫
頑張ろうね ペー助

たくろう君&むぎちゃん

良子さんから 可愛いコンビの写真が届きました

『 気にかかっていたチワワのすみれちゃん
  お家が決まって良かったです

  写真は、若い頃のたくろうとむぎちゃんです
 
  moblog_22659fef.jpg
  
  2004年に浜松市都田方面でドロドロ、ボロボロの状態で保護しました
  飼い主が現れずそのまま長女の娘として引き取りました

  ちょっとシニアで出産経験もありなので 繁殖に使われて
  いたかも知れません
  リードもトイレシーツも知らず、外を歩いた事も無いようでした
  チワワの気質の面白さを教えてくれた子でした

  ガンにかかり手術などで 木俣動物病院、上島動物病院に
  お世話になりました
  今頃 たくろうと再会して一緒にいると思います   』

むぎちゃんも 悲しい半生だったのですね
どうして人間って こんなに残酷なのでしょうか

金を生みだす間は手元に置き 稼げなくなったら捨てる
倫理観とか 道徳とか 情とか 人間の心を戒める物は
持っていないのでしょうか

でも 暖かいご家族に保護され 老後は幸せに暮らしました
それが人間のせめてものお詫びの形

良子さん 本当に有り難うございました
 

ご支援 感謝致します

海 ・・ 減量 ?

マム宅最大の犬 海 すごく痩せてきました

減量成功 なら嬉しいのですが どうもそうではないようで
痩せ方に異変を感じます

体調が悪いのか 加齢で消化吸収が悪くなったのか
昨年冬くらいから下痢と軟便の繰り返し

通院の為 車に乗せようとして腹に手を掛けたら アゴを噛まれた
ここまで前のブログに書きました

病院へ行けないので先生に相談して整腸剤を処方してもらった
そしてフードの量を少し減らし 様子を見ていたが中々治らない

その内 痩せて来た
当然です フードの量を減らせば痩せる 当たり前 ・・・

moblog_95d6740d.jpg

後ろ足の付け根辺りの腹が凹んでます

moblog_86baf0bc.jpg

ウエストも細くなって お尻が小さくなった

moblog_76d61f7f.jpg

散歩には行くのだが トロトロ ショボショボ歩き

moblog_df3a6098.jpg

年のせいと考えても良いのか? どこか悪いのか?
海 15才 大型犬としては高齢です

moblog_8d2ab1ba.jpg

顔もションボリした老犬特有の表情 下向きが多い

moblog_b2d176ea.jpg

イチローと一緒に写真を撮ると やはりイチローの表情は
生き生きしている 

moblog_b0ec809b.jpg

今から最期に向かって 思い残す事のないよう美味しい物を
沢山食べさせたいのにお腹の具合が悪いのでは気の毒

moblog_b2a84379.jpg

1回の量は減らし 食べる回数を増やしてお腹の様子を見ている

老犬には少し柔らかめのオヤツを希望しています

moblog_4cc945bb.jpg

フィラリア予防薬の支援募集  (現物でも可)
 
・ 開封してあるものはご遠慮下さい
・ 薬効期限が過ぎているものもご遠慮下さい

薬の効き目が失われていては フィラリアに感染する原因とも
なります
体重が20㎏以上なので 小さい物は組み合わせて飲ませます

ケータ君 いよいよ新生活へ旅立ち

早いもので ケータ君を引き取ってから もう40日あまり
皮膚の状態が目覚ましく回復してきて治療も終了
先生からステイOKとのお許しが出たので 希望者さんと
打ち合わせて いよいよケータ君が新しい家へ出発です

moblog_419c74dc.jpg

急に寒くなり ストーブの前を独占中

moblog_f17afe18.jpg

始めは敷物だけで座っていたのですが イチローが
邪魔をします

moblog_00859488.jpg

僕だって寒いさ~ とイチローの言い分

moblog_33427ea3.jpg

やだな~ゆっくり眠れない・・ と不満顔のケータ君

moblog_ebb95b31.jpg

その内 二人ともふてくされて眠ってしまいました

moblog_8301d376.jpg

ならケータ君のお気に入りのベッドを使いましょ

moblog_35ef7ad1.jpg

それでも寄ってくるイチローにうんざり・・

moblog_9d9d27cd.jpg

ま いいっか と半分諦め顔のケータ君

moblog_5cc97c4b.jpg

その内 熱くなったらしくイチローが出て行った

moblog_d6f66c0c.jpg

漸く ストーブを独占

moblog_ca14bf00.jpg

しかし またイチローがお邪魔虫

moblog_3127498e.jpg

でも眠くなったケータ君 もう どうでもいいやと熟睡中

moblog_cd4724eb.jpg

明日 出発します  

ご支援下さいました皆様に心から感謝致します by ケータ


なお ケータ君美容院で丸刈の予定でしたが 
朝 涙目になっていたので万一風邪でも引かせてはいけないと
美容院は中止しました
ケータママにもその旨連絡し 現在の姿のままで行く事にしました
ご期待下さった皆様 ごめんなさい~~

すみれちゃん正式譲渡に

チワワのすみれちゃん 家族が決まりました

DSCN1834.jpg

いわたわんこさんからの報告

『 ホームスティに行って すぐにぜひにと良いお返事を
  いただきましたが、ご都合があわず 長いホームスティと
  なってしまいました。
  お世話になりました。本日正式譲渡になりました。

  久しぶりの訪問。
  すみれちゃんは覚えているかなーと思いつつ伺いましたら
  元気はつらつ大歓迎してくれました。
  お母さんが、今日はボランティアさんがくるよと すみれちゃんに
  話かけていたから いつもと様子がちがっていたとのこと。
  玄関を行ったり来たりと気にしていましたよとお話でした。

  びっくりです。犬は何か特別な感覚があるんでしょうね。
  すみれちゃんが我が家にいたのは1ヶ月程でしたが、
  うれしいですね。

  こんなに良いご縁に恵まれるなんて想像もしていませんでした。
  性格はとても良い子ですが、年齢が少々・・・
  里親様はそんなことは気にもせず、すみれちゃんのことを ぜひにと
  いって頂きほんとうにうれしいです。ありがとうございます。

  名前はすみれちゃんからスミレちゃんになりました。
  毎日お母さんの後を追いかけているそうです。 
  どうかよろしくお願いいたします。  』

  いわたわんこより転載


いわたわんこさん 長い間の預かり 有り難うございました
ご家族が在宅で後ろを付いて回る
とっても 嬉しいです スミレちゃんおめでとう !!

チャペ君の分まで長生きして下さいね お元気で
  

つゆさ~ん、それ逆だと思う。 …

チョビアル母さん宅へ移動した つゆさん
陽当たりの良い庭の一隅で のんびり暮らしています

このお宅は うるさく吠える犬がいないので 静かで
理想的な預かり宅です


母さんのブログからつゆさんの様子を転載しました

『 つゆさ~ん、それ逆だと思う。

sp-042725000s1478313101.jpg

  うん、そっちだよね。

  sp-022323900s1478313120.jpg

  チョビアル母ちゃん奮闘記より転載


チョビ君 アル君 凜ちゃん つゆさんを宜しくお願いします


チョビアル母さんに つゆさんを預かって頂いて本当に良かった
次の老犬を引き取る事になりました

場所が無いので つゆさんが歩き回っていた場所へ入れます

名前はもう考えました 
立冬を過ぎたので冬さん 冬じいさんにしましょう ・・

募金箱有り難う

コメダ珈琲湖西店に設置させて頂いている募金箱
ルークママさんが回収して来てくれました

6326円

moblog_93f8d83b.jpg

浜北区の炙りやとうべえさんに設置させて頂いている募金箱
カン太ママさんが回収して振り込んでくれました

4182円

とうべえ炙りや

どちらのお店も有り難うございました
ご協力下さったお客様 感謝申し上げます

病気の老犬に使わせて頂きます  


ご支援ありがとう

ひろこちゃん  はるちゃんのお母さん  
啓太ママさん  ルークママさん   カン太ママさん
良子さん     サニーちゃんのお母さん   

ケータ君 脱走事件    

台所にサークルを組んで そこへ入ってもらったケータ君
サークルの高さは60cm 小型犬にはかなりの高さのはず

夜中に誰か コツコツと歩き回る足音がする
周りを見回したが全員眠っている 変だな 誰だろう ??

明かりをつけて見たらケータ君が嬉しそうにスキップしながら
歩いているではありませんか 

あらら~ すごいね 
高さ60cmは苦も無く飛び越したんだ ~
以外に運動能力があるケータ君

moblog_a6515435.jpg

でもね 大きなワンコは要注意だよ
ケータ君は大事な体
悪いけど探索が済んだらサークルへ戻ってね

と1時間ほど探索に付き合ってから サークルへ戻って
もらいました (最近、夜中は冷えるようになった・・)


マムの留守中に脱走してケガをするといけないので 
サークルを止めて介護用ベッドに交換
木製のサークルで 高さが120cmなら脱走不能でしょ

moblog_e7ef3f93.jpg

薬浴の後はベッドも交換

moblog_3ea13a84.jpg

お気に入りの穴掘り開始

moblog_917c5422.jpg

せっせ せっせと掘ってます  

moblog_a6238db1.jpg

掘り疲れて眠ってしまった

moblog_29dbf04a.jpg

シッポがとてもキレイになりましたよ
皮膚がボコボコ ガサガサ ゴワゴワ 形容が出来ない程の
酷い状態だったが 今はつるんとしたシッポになっている
毛が無いので まるで豚さんのシッポみたい・・

10日に ぷらすわん美容室さんでシャンプーしてもらいます
汚い毛はこれが見納め ・・
プロに洗ってもらえばピカピカになるはず 

美しくなったケータ君の姿 乞う ご期待   

禄ちゃん正式譲渡!

いわたわんこの保護犬 禄ちゃんに家族決定 !!

役所から引き取って いわたわんこでの暮らしが長くなり
とても心配でした

性格はいい犬ですが 現在は小型犬のブーム
小型犬から見れば大きな体格 しかもフィラリアは陽性
家族探しには中々難しい条件でした

でも とびっきりのご家族に巡り会て幸せを掴みました
オメデトウ 禄ちゃん とってもとっても嬉しいです


DSCN1799.jpg

『 禄ちゃん正式譲渡となりました。
  名前は "ろく” ちゃん。
  以前飼っていた子が20kgのナナちゃん。
  で7と6 あはは~  お子さんの一言で ひらがなのろくに
  なりました。

  ろくちゃん環境がかわると下痢ぎみになる、顔はいかついけれど
  心優しい子です。
  今回は前の日から整腸剤を飲み薬持参でホームスティに
  行きましたが その必要はなかったようです。

  相性ぴったりのお宅。
  禄ちゃんのことをよくわかってくださる方で ゆっくり
  我が家に慣れてくれればいいですよ、と。

  リビングから外を見てとても穏やかなろくちゃんを見ると、
  1年半待ったかいがありました。ほんとうにうれしいです。

  よろしくお願いいたします。
  禄ちゃんの譲渡に協力いただきました皆様、ほんとうに
  ありがとうございました。  』

  いわたわんこより転載

イチロー 完全復活 !!

イチロー 漸く包帯が取れて 四足で歩けるようになった

左右の足の太さが違うのが良くわかる
1ヶ月で筋肉が落ちてしっまたとの事 
さぁ~頑張ってリハビリしましょう

左足が手術した足
moblog_fad3e966.jpg

歩いてくれるのをカメラを持っ構えているのですが 全く
歩く気が無いらしい

室内で歩くときは左足の指先を突いて歩くのだが 
庭を走る時は3本足でケンケン走り・・・

1ヶ月も包帯をしていたので違和感が残っているようです

moblog_df908179.jpg

定期的に診察を受けてアキレス腱に異常がない事を確認する

順次 受診間隔は伸びて行くはずですが まだ当分の間
イチローの家族探しは出来そうにはありません
先生から完全にOKですよ~と許可がでたら 改めて家族探しに
専念します 

それまでぼちぼちと探して行く予定


イチローの家族募集

ダックスmixのオス 3才半 検査・予防など全て済み

包帯が取れたとは言え まだ 試運転の段階なので 
少しずつ馴らして下さる方を希望

フィールドなどで走らせるのは まだ禁止です


ぷらすわんさんが預かって しつけをして下さったお蔭で 
人が大好きな甘えん坊に変身し 今回の手術、入院でも
人の手を怖がらず大変助かりました

継続して しつけをやって頂ける熱意のある方を求めています



今回のイチローの手術に当たり 沢山の方々から 
ご支援 応援を頂きました  心から感謝申し上げます  

血液バンク登録にご協力を

犬や猫にも血液型があることや、輸血による治療が
必要な場合があることを ご存知でしょうか。

輸血が受けられれば救うことができるのに ・・ そんな命が
沢山あります。

しかし、輸血が必要となった時、人と同じように血液センターから
血液を送ってもらえるシステムがないのが現状 で、その為
必要な血液が確保できず十分な治療を受けられない動物が
沢山います。

血液センターがない為 それぞれの動物病院 又は 患者側が
ドナーを準備する必要があります

しかし 最近は小型犬のブームなので ドナー登録の条件に
適合する犬が少なくて困っているのが現状

このブログでも 患者さんの依頼で「ドナー犬募集」の記事を
何度かUPした事があり 実際に献血に協力して頂いたワンコも
数頭います

困った時はお互い様の精神で 飼い犬 飼い猫を 
ドナー登録してみませんか 

ドナー登録条件

年齢 : 1歳以上8歳以下
体重 : 犬 10㎏以上   猫 3㎏以上

・ 混合ワクチン接種を行っている
・ フィラリア予防を行っている
・ 完全室内飼育(猫のみ)
・ 猫エイズ・猫白血病が陰性である
・ 重い病気を持っていない


ドナー登録なんて大袈裟な~と思われる方は 掛かりつけの病院へ
血液が必要な時は協力しますよ と声を掛けて下さいね

病院も緊急時には助かるはず

ドナー登録しても 実際には血液が適合しなかったり
ドナーの体調が悪かったり 飼い主さんの都合で病院へ行け
なかったりと 緊急時に間に合わない事も多いのが現状

沢山のワンコさん 猫さんの登録をお待ちしています

moblog_0de27928.jpg

木俣動物病院のチラシより一部転載しました

日吉丸

緊急受診を要する犬達の陰で 慢性的に悪化の一途を
たどる犬もいます

日吉丸は下唇に腫瘍らしき物が発生

痴呆を発症したら 昔の恐ろしい体験がフラッシュバックした
と見えて マムが触ろうとすると唸る・噛むをするようになった
病院へ連れて行く事が出来ない

先生に写真を見せて診断を仰いだのが やはり写真では
どうにもならない
確定診断が出来ないと 薬で治る病気か 手術が必要なのか
もう見守るしかないのか ・・ 判断がつかないと云う


メラノーマ(黒色悪性腫瘍)ではないかと尋ねたのだが 
患部が黒くないので マラノーマではなく上皮腫の一種
ではないか??との予測

むろん写真を見ただけで 直接 患部を診た訳ではないから
正確な診断ではない

今までのカルテを遡って調べて下さったが 疑わしい所見は
なかった

moblog_108df401.jpg
1ヶ月前   左下唇にほんの少し出来ていた

日吉丸は今年16才 来年は17才になる 結構な高令だ
 
病院へ連れて行けないなら このまま見守るしかないのだが
困った事が ・・ 食事に支障が出ている

食べ物を口に入れる時 噛み合わせが悪くなり ポロポロ
こぼしてしまい 満足には食べられないらしい

やはり痛みがあるのかも知れない
現在はジャーキーのような柔らかい物を3㎝位にカットし 
口の中へそっと入れる事でカロリーを補っている


先生に 往診してもらい麻酔をかけて病院へ運んだらどうか
と話しをしてみたが16才と云う高令では 麻酔のリスクの
不安の方が大きいと云われた

麻酔をかけて手術は成功したが そのまま目が覚めなかった
という事例もたまにあると聞く

それは困る
なので 現在は手の施しようがないのが実情

moblog_8e0d23a1.jpg
       現在    かなり大きくなり垂れ下がってきた
 

現在は腫瘍の抑制に多少は効果があるかも?という
薬を飲ませているが実際効果は見られない ・・

鎮痛消炎が主な目的の薬なので已む無し   


もう祈るしかないと云う事は悲しい
もう何もしてやれないのか ・・ 苦痛だけは取り除いてやりたい

少し強めの鎮痛剤の処方をお願いしに もう一度
写真を持って病院へ行って来ます


ドギーマン紗を 3㎝位にカットすると食べやすいらしく
上手く口の中へ取り込みますので
                          紗を希望しています
moblog_4cc945bb.jpg

ミルクでもカロリーを補っていますが ピ与彦ママさんから
8㎏入りの大きな袋でご寄付頂きましたので 当分は
間に合います


わんわんカロリーを希望 ひかりじいさんと二人で飲んでます

カロリーわんわん

パピちゃん

2016年11月6日未明 パピちゃんが星になりました   

退院の時に細かい指示があり毎日の健康チェックが
欠かせなくなっていたパピちゃん

6日の午前3時過ぎ頃 かすかに呻くような声が聞こえたので
気になって 先生から指示のあったチェックをしてみた

チアノーゼは起こっていない 
呼吸数も40回を越していない
口は僅かに開けている
鼻水がやや出ている

素人目には異常がないように見えるが どうしよう 
夜間救急病院はもう終わっている
掛かりつけ病院へ電話してみたが留守電

時間的にどこの病院も無人状態だ
朝まで待つしかないのか ・・・ 
 
moblog_73e0e2de.jpg

暫くしたら寝息が聞こえた 呻き声は聞き違いか ? 
念の為 電気を点けたままにして置いた

4時マムの起床時間
パピちゃんの側へ行き寝息を聞いた

聞こえない ・・・・

胸を見つめた  動いていない  
急いで抱き上げたら 首が後ろへゆっくり下がった

眠ったまま心停止したのだ
  
いや 眼は開いているので起きていたのだろうか ・・
それとも 心停止したショックで瞼が開いたのだろうか ・・

moblog_8ba4b048.jpg

センターから引き取って1ヶ月 その半分は2度の入院生活
 
薄倖のパピヨンに心から冥福を祈ります
応援 ご支援下さいました方々に 心より感謝申し上げます 

パピちゃん 安らかにお眠り下さい  

ケータ君 完全回復しました

3日の検診で ついにその時が来ました
皮膚をスクラッチして顕微鏡で観察する間 ハラハラドキドキ

そして先生の口から ~~
「皮膚はキレイになっていました 全く異常は有りません
1ヶ月良く頑張りました ケータ君えらかったね」 と
褒めてもらいましたよ

やった~~ケータ君      
今夜は乾杯だね 。。。。。。。。。。。   

moblog_7cc39a03.jpg
  うっすらと産毛が生えて来ています 


さて ケータ君どこで暮らしてもらいましょうか
接触OKになったので 他のワンコに交じって暮らせばいいかな

でも マム宅は大きなオス犬がウロウロしているので 
オスの新入りが入った時はチェックが厳しい

万一 ケンカにでもなってケガをしたら困るので やはり
今までのサークルで我慢してもらいましょ
新しいママの所へ行くまで少しの間だからね ・・


新しいベッドを入れて心機一転です

moblog_30c3107c.jpg

ちょっとの間なら ココでもいいか~と納得した感じ

moblog_101cf3c2.jpg

早速 ベッドで穴掘り開始

moblog_87b26a5f.jpg

今度のベッドはつぼ型タイプ

moblog_7b744794.jpg

ちょっと見には小さいかなと思ったのですが・・

moblog_bd396091.jpg

身体がすっぽり入りました

moblog_de7e29ab.jpg

アゴを乗せる高さも丁度いい ~~

moblog_a6a7dceb.jpg

有り難い事に小型犬用のベッドを沢山ご寄付頂きました

ケータ君に沢山のご支援、応援を頂きまして
                    誠に有り難うございました

ケータ君の回復は皆様のご支援のお蔭です
心より感謝申し上げます


本来なら 今頃は煙となって天へ昇っているはずの命  
皆様のご支援でケータ君は救われました

本当に 本当に 有り難うございました      

アル君&ルアちゃん

むぎ君母さんからのお便り

アル君(旧・ニケ君)と むぎ君母さんが保護していた 
ルアちゃん(旧・みさきちゃん)の2匹の仔猫をもらって下さった
ご家族が不妊手術を終えて連絡を下さったそうです

  moblog_d4585272.jpg

  moblog_61294bcf.jpg

むぎ君母さんから

『 ルカちゃんのこと残念でなりませんでした。
  でも ももかかさん家の子として
  旅立てたことは幸せなことでした。。。

  アルくんの去勢とヘルニア手術、ルアちゃんも避妊が
  無事に済んだそうで里親さんから連絡がありました。 』

  moblog_482138e0.jpg

  左がルアちゃんで 右がアルくんです!


ひやぁぁ~~何て 可愛いのでしょう    

全く 同じ柄の猫が2匹
ルアちゃんが顔が小さい方 アル君が大きい方の解釈で
良いのでしょうか ・・

赤の他人でも こんなに仲良く眠る事が出来るんですね


足に障害があるニケ君を決めて下さっただけでも感激なのに
みさきちゃんも是非にと云われて 2匹は家族になりました

不妊手術も約束を誠実に守って下さり 感謝致します
アル君 ルアちゃん 末長くお幸せに~~~

むぎ君母さん 有り難うございます
  

ホットスポット

ホットスポット ・・・ 
と言ってもポケモンgoの出没地点ではありません

ナナに皮膚病が再発
体のあちこちにポツンポツンと毛が抜ける皮膚病が発症
ホットスポットと診断された

DCF00810.jpg

原因は不明  飲み薬が変わったので効きますように ・・
 
moblog_68a7228a.jpg

マムは疑ってます  もしかしたらストレスではないか?と
新人が次々と入って来ると順位が入れ替わる

下から上へ替わるなら文句なしです 
でも 上から下へ順位が落ちる犬にとっては 新人は
ストレスの種となるはず
ほんとの所は分からないのですが ・・・

それにしても通院で忙しい事   
午前中と午後で別の病院へ行くなんて珍しくはない

moblog_ae728e93.jpg

病院ロビーで ・・ もうオバサンなので 座り方にも品がない 
オッサンのような座り方

moblog_d3c505dc.jpg

順番待ちは長い 待ちくたびれて寝転んでしまった 
横になっている体はビヤ樽状態 患者さんの障害物になります

でも マックス32㎏あった体重が2年ほど掛けて減量した結果
現在は27㎏
先生に 「もう一息ですね」 と励まされた  頑張りま~す 

moblog_6f8d398e.jpg

そこへハスキー君が来院 横へ座りました
まだ若いらしいハンサムな顔立ち ・・  

moblog_c10132c3.jpg

そのハンサム君が どういう訳かナナに関心を示し
同じように寝転んで挨拶をしてくれた
こんな事は珍しい ・・ ナナも嬉しそうに顔を上げた

moblog_120a591e.jpg

優しい男の子ですね
「 オバサン こんにちわ どこか具合悪いの? 」 とでも
声を掛けてくれたのでしょうか

ハンサム君 ありがとう
誰も振り返ってはくれない年齢 体型になったナナだけど
マムにとっては7年間一緒に暮らした愛犬
(もう 希望者は無いと諦めてます・・・)

ナナに声を掛けてくれただけでとても嬉しかったよ
ハンサム君もお大事にね

moblog_d708efda.jpg

ナナを始めとした老犬には やや柔らかめのオヤツを募集

ペティオ ササミ巻き7歳からのやわらかガム & ドギーマン紗
moblog_4cc945bb.jpg

フィラリア予防薬(現物=ネクスガード希望)を募っています


ちなみに こちらの病院は しかたに動物病院さん
先月 建て替えて新しくなった

moblog_3369a738.jpg

玄関前には見事な大輪の花

DCF00804.jpg

今まで 平日フリマの会場に使わせて頂いていましたが
今後もご理解を頂いて継続させて頂きます

平日フリマは 12月から再開(駐車場整備が11月一杯掛かる為) 
第1木曜日だけは お休み致します

パピヨン退院

嘔吐・下痢 その上 呼吸困難で酸素室へ
緊急入院したパピヨンのパピちゃん

病院では 呼吸困難で入院した猫のルカちゃんと並んで
酸素室に入っていましたが ルカちゃんが星になった日
パピちゃんは酸素室から出る事ができました

ルカちゃんが応援してくれているような気がして
思わず「ルカちゃん有り難う」と手を合わせた

DCF00839.jpg

先生から詳しく病状の説明があり 今回は肺水腫であった
との事
原因は心臓の弁が悪い為 結果として肺に水が溜まった

僧房弁閉鎖不全症:レベルは4段階の3
心臓の薬を飲む事で抑えるようにする

しかし 薬を飲んでいても水が溜まる事があるので
毎日チェックをするよう指示された

・ 呼吸数のチェック 1分間に40回以上は危険
・ 口の色を見る チアノーゼを起こすと色が紫色になる
・ 口を開けて呼吸していないか
・ 鼻から赤い水が出ないか 肺に水が溜まると呼吸する時に
                   鼻から漏れる事もあるらしい

慣れるまではチェック表を作って照らし合わせてみよう
落ちがあるといけないので ・・


現在は 別の問題が起きているという
白血球が異常に多いが原因が判らない
どこを検査しても原因が判らないと云う事は 免疫疾患の
可能性もある

パピちゃん センターから引き取って直ぐにいろいろ発症
こんなに病気の問屋だったなんて やはり 飼い主に見放されて
遺棄されたんだね

小型犬で性格も良いから 新しい家族は直ぐに見つかると
思ったけれど、家族探しは無理でしょう

マムの手元で老後を過ごす運命だったのだ
赤い糸はマムだったのね

定期的に検査通院が必要との指示なので この先もマムと
仲良く通院しましよう

moblog_213f75f5.jpg

手作りのクッションを沢山ご寄付頂いたので 早速
パピちゃんの座布団にしました  ココレオ母さん有り難う

moblog_62bc5bf3.jpg

座布団の臭いを嗅いでます

moblog_6c5e0966.jpg

このサークルは60cm×120cm
細長く 半分寝床半分トイレにしてあります
体力が落ちているので 現在はサークルの中で静養中
ご飯を沢山食べて体力が付いたら庭へも散歩に出る予定
 
moblog_9ef50ead.jpg

パピちゃん お帰りと手を出したら ただいま~とでも
云うようにペロリと舐めてくれた

moblog_9e498ad1.jpg

眼の周りが落ち込んでいます
下痢と嘔吐で相当体力を消耗したと思われる

moblog_e70a48e0.jpg

今はまだ消化しやすい物を重点的に食べせています
ドッグフードはまだまだ先の話

現在募集中
 
パピちゃんが喜んで食べた缶詰  
皆様のご支援をお待ちしています
  

moblog_5d8dc9c0.jpg


あしなが支援を募集中

この先も定期的に経過を見て行く必要があり
病院とは縁の切れないパピちゃんに 支援を募集
細く長く 定期的に募金下さる方を求めています

心臓の薬も これから一生飲み続けなければなりません
パピちゃんの命が尽きるその日まで 長い支援を希望します

皆様のご理解とご支援をお待ちしています




  ご支援有り難う

ルークママさん  ひろこちゃん    ますださん
和(にき)くん   ココレオ母さん   ケータ君の未来のママ
啓太君のママ  須山さん

ねねちゃん

チームなにぬねのさんから久し振りのお便りが届きました

 moblog_15511b9c.jpg

『 ねね(キュウ2ちゃん)のご報告です。
  我が家に来て早いもので3年半が過ぎました。
  とても甘えん坊で寂しがり屋で、まだビビりは克服できませんが(笑)、
  いつもニコニコ笑って過ごしてくれてると思っています。

  今年の夏から、下痢になる日が増え病院で検査をしていました。
  なかなか原因がわからず、アチコチ病院を回っておりましたら、
  悪性リンパ腫だと判明。余命も3~4ヵ月。

  今は抗がん剤の治療に賭けて、延命治療というのか
  生活の質をあげる事にしました。
  うまくいくと1年位は一緒に過ごせるのかな~。

  犬の抗がん剤治療というのは人間のような副作用は
  ないとの事。
  しかし、食欲がなくなったりする姿を見ると、この選択肢は
  あってるのか?と毎日悩む日々。
  とにかく苦しまない最期を願うばかりです。

  この現実を受け入れるのに時間と涙が必要でした。
  以前どなたかのブログで、最後にお世話できるのが
  自分である事が幸せだというコメントがありました。
  今は私も同じ気持ちです。

  ねねの大好きなお散歩やご飯、イイコイイコをしてあげて
  特別ではない普通の毎日が続きますよう、家族一丸で
  支えていきたいと思っています!

  又ご報告致します。         チームなにぬねの  』


ねねちゃん 大変な病気ですね とても心配です
最期までの看取りがとても辛いので お心お察しいたします

ねねちゃんは3年半前 18匹ものシーズーがセンターへ処分に
持ち込まれた時の犬
その内マムが引き取ったのは ねねちゃん始め 豊ちゃん 
おっこちゃん等の6匹

ねねちゃんが今のお宅へ決まり とても嬉しかったのを
ハッキリ覚えています

その ねねちゃんがリンパ腫 ・・・
言葉もありません

ねねちゃん のんのんちゃんの為にも笑顔でお過ごし下さい
お辛いでしょうが 頑張って下さいね

皆様 ねねちゃんの為に どうぞ応援お願い致します  



si-zu-.jpg

持ち込まれた18匹のシーズー

きゅう2

ねねちゃん   
センターで毛を刈り キレイにしてありました

とよ

豊ちゃん  毛のお化け状態 これでも正面を向いてます 

okkocyann.jpg

おっこちゃん   


おっこちゃんだけは心臓が悪いので処分予定として 18匹とは 
別の部屋に分けてあった

豊ちゃんは迷い犬として捕獲されたシーズー
唸るので譲渡不可能として処分予定にされていた

でも キレイな性格のいい犬だけではなく 心臓が悪くても
唸っても同じ命 見過ごせない ・・・ 引き取っていいですか?
と その場から電話をくれたラッピーママ

むろんOKです
ラッピーママが命の恩人とマムは今でも思っています

サークルマムのスタッフは 外見ではなく全て同じ命という
視点で動物を見てくれる人達ばかり
マムはスタッフに恵まれていて有り難い  
 
その日の事が昨日の事のように思い出されます
ねねちゃん 頑張ってね ~~ 

雷蔵は良い検査結果

雷蔵 検査の為病院へ  

moblog_870137e1.jpg

胆泥が溜まっているので定期的に検査が必要

今回の検査では エコーで見る限り 胆臓は真っ黒な部分が多く
かなり良くなっていた

先生曰く 胆泥はなかなかキレイに治らない
自分の犬も胆泥なので様々な薬も治療も試して見たが 
全く改善が見られないので ・・・ もう諦めたよ


余談ですが ~~ 先生の犬はコーギーミックス

14年前に動管センターから引き取った子犬を譲渡
「たっくん」 という名前を付けて可愛がって頂いている

マムが行くと 先生の後へ付いて診察室まで挨拶に来てくれる

moblog_75f51944.jpg

moblog_687a78d6.jpg


話を戻しますが ・・・

雷蔵は前回の血液検査で肝臓の数値が悪かったのだが 
今回の検査では全て正常値の範囲内へ入っていた

先生が原因を解釈 ・・ 
多分 痩せた事が良かったのだと思うよ との事

前回 体重が 6.5㎏だったのが 今回6.2㎏
たかが300㌘だが 小型犬の場合 1㎏が人間の10㎏にも
相当するから大変な減量だよ
雷蔵 よく頑張ったね と誉めてもらった

健康体は有り難い 維持するよう努めます  

moblog_4b126d2b.jpg

目指せ 5㌔台 ~~  ウエストが出て来たよ ~  


雷蔵には フィラリア予防薬を募集

先生いわく
地球温暖化で 12月にもまだ蚊が出る地域がある
特に静岡県は冬でも温暖だから 12月までは予防する方が
良いと思う ・・

同感です 
マム宅は未だに蚊が沢山発生しています
周りが休耕田で水溜りがアチコチにあるから 大きな蚊が
冬でも飛び回っている

なので フィラリア予防は12月末まで続けたいと思います
後2ヶ月分の予防薬を募集 現物OK


moblog_6268bede.jpg

鼻先に白いものがチラリと ・・ もう10才を越しました

ダックスのたろう 家族募集

マム宅へ戻って来た ダックスのたろう
改めて家族を募集します

moblog_c324e862.jpg

現在 減量中 年内に10㎏まで減量したい 
性格はとっても良い子 6才のオス

甘えん坊なので思いっきり遊んで下さるご家庭を求む

小さいお子さんがいてもOK
ご老人も大好き
とにかく人間の側にくっついていたいダックス

moblog_326cd2d6.jpg
          視線の先にはじいさんが ・・ 

犬も大好きです
ひかりじいさんの側から離れません

 moblog_3ecde718.jpg
    このサークル内にじいさんが寝ています


各検査 予防注射 手術 登録など 全て済み
減量に取り組んで下さる方を希望
昼間お留守でもOK

ご希望がありましたら お近くの譲渡会場へ連れて行きます

僕ちゃん 三年目に

愛愛ちゃん&僕ちゃんのお宅から うちの子記念日便り

 moblog_29d3859d.jpg

『 おかげさまで、僕ちゃんが我が家に来てから 
  丸2年がたちました。
  今日から、三年生。  相変わらず、可愛らしく甘えん坊です。
 
  我が家に来た当初は、食が細く食べ物の種類も食わず嫌いの
  品も多かった子でした
  最近は、馬刺し 合鴨の焼き物が大好きに ~~
  さつまいもも食べるようになりましたが レンジや蒸し器で調理した
  物はあまり好きではなく 庭で七輪の炭火で焼いた物を好みます
 
  ちょっとグルメなワンコ(プードル)になりました

  2年前 思いがけない縁で我が家の子となってくれたのは、
  マムさんや、いろいろな方達のおかげです。
  ありがとうございました。   』

 moblog_c6d0192d.jpg

2年目の記念日 おめでとう !!

ご縁という言葉が ピッタリだった僕ちゃん
支援物品を届けにいらしたのだが 譲渡会場で見かけた可愛い
プードルを 帰る時には胸にしっかりと抱きしめていた

こんな真っ赤な糸があるのですね
先住の愛愛ちゃんとも相性が良く 理想の2匹

末永く元気でお過ごし下さいね
 

ケータ君 風呂場とはサヨナラ

今回の受診でも 完全隔離から解放されるまでには 
もう少し時間が掛かると診断されたケータ君

あと少しの間 独りぽっちで我慢してもらいます

風呂場は戸を閉めてしまうと何も見えなくなるので
寂しいのだろう  鳴くようになった
体力が向上してきた証拠だが鳴き続けるのは気の毒

犬は社会性を持って暮らす習性があるので 常に群れと
接触していたい 
甘えん坊なケータ君はきっと仲間(マム?)を呼んでいるのだろう
戸を閉めてしまうのは こちらも心が痛い

なので台所へサークルを組んでそこへ入れた ~~

物がいろいろ置いてあり広い場所とは言えないが 
マムの顔や野次馬ワンコの顔を見て暮らせるなら 
ケータ君の心も落ち着くのではないか ・・

moblog_b40460e4.jpg

ベッドのナイロン袋も外した
先生から 皮膚に悪影響を与えるのはではないかとの指摘
なるほど肌に接している部分は空気の通りが悪くなる

moblog_aa55a186.jpg

フリースを沢山ご寄附頂いたので それでベッドを覆う

moblog_2dac4b13.jpg

さっそく 穴掘り開始
 
moblog_e3d5f292.jpg

薬浴の後 冷えてはいけないので 薄いフリースをかけたら
掘り返して下に敷いてしまった

moblog_be0ecc89.jpg

好きなようにすればいいので 黙って見ている  

moblog_dacb4187.jpg

台所へ出したら 全く吠えなくなった
すっごい頭のいいケータ君 理解力が高い

ご飯の催促もしない
準備しているマムの手元見ているが 食器が前に置かれると
シッポ振り振りで嬉しそうに食べるので 見ていて飽きない


診察に立ち会ってくれたチョビアル母さんが 
「こんないい子をなぜ遺棄するのか ・・ 許せないね」 と
つぶやいていました

まったく同感です 
皮膚が酷くなって手に負えなくなり遺棄したものと推測されるが
本当に腹の立つ飼い主だ

犬がどうなろうと 自分の目の前から居なくなればいい
そう思っているのだろう

動物の遺棄は犯罪です
でも 犯罪を犯しているという意識はないのだ
やはり 啓蒙活動 啓発活動は大切

・ 動物の遺棄は犯罪
・ 行方不明になっても探さないのは 捨てるのと同じ


皆さんに広く知って欲しいです


明日11月3日は ケータ君の診察日
今度こそ先生からOKもらいたいね ケータ君

仔猫の家族 ・・

こはるママさんが保護していた子猫達

里親さんが見つからないまま こはるママ宅の
子になってしまいました

moblog_b28a990d.jpg

moblog_48a7b9b2.jpg

moblog_d930b5c8.jpg

兄弟揃って暮らせるのはラッキーな事
どうぞ幸せに過ごして下さい

こはるママ 頑張ってね   

つゆさん 移動

前から 預かりますよ ~ とチョビアル母さんが 
気に掛けて下さっていた老犬つゆさん

夏の間は食欲不振・体調不良で移動は無理と考え 
様子を見ていましたが 涼しくなって来たら食欲も出て 
元気を取り戻したのでチョビアル母さん宅に預かってもらいました

マムは最近 なんだかんだと毎日のように走り回る用があり 
犬には全くと言ってよいほど手が掛けられない状態

とても有り難いです 
チョビアル母さん つゆさんを宜しくお願い致します



そして早速 つゆさんの様子が送られて来ました

『 また暑い日となり、寒さ対策より暑さ対策に変更中です。
  (移動した日は今年最後の暑さでした)

  庭を散策してオシッコを済ませ、軒下を散策後、やっと
  寝てくれました。

  慣れない場所なので落ち着かなかったのか、こうなるまで
  1時間かかりました。

  moblog_2aa1623f.jpg

  ハアハア言って心配しましたが、お水も飲んでくれず…
  思わず、つゆさんの顔にピシャピシャかけて舐めてくれないかと
  やってみましたがなめもせず…(ー ー;)

  ひと休みして 起きたら飲んでくれるといいのですが。 』



つゆさんの病状も もう打つ手が何も無い状態です

お腹の中に腫瘍があり 年齢と心臓の状態を考えると
手術は不可能

特に心臓
僧房弁閉鎖不全症の末期で いつ弁の働きが止まっても
おかしくはないと診断されている

腫瘍と心臓と寿命とが 長生き比べをしているので 
この先は好きな物を食べさせてのんびり過ごさせたいだけ
無理な治療はしないと決めています

というのは つゆさんは体に触られるのが慣れていないと見えて
少しでも触ろうものなら大反撃
反撃して暴れ 心臓が激しく動いて停止しては一大事

自然に暮らして そして天命が尽きた時 笑顔で見送れるように 
今だけを大切にしてやりたい

触られるのを嫌がる犬には それしか方法がない ・・・
チョビアル母さん どうぞ宜しくお願い致します



つゆさんは 最近何でも食べるようになりましたので 
食べ物よりも 心臓の薬を現物募集しています


moblog_f42d3618.jpg

現在の処方薬はアピナック錠
朝晩 1錠飲んでいますから1ヶ月半で一箱を消費します

皆様のご支援をお待ちしています

イチローの同居人? 

イチローは手術後 完全室内で静養中ですが 
その専用ケージに誰かが入ってます

moblog_bdc42746.jpg

ケリーですね
りゅうのすけとケンカでもして家出をして来たのでしょうか ・・

moblog_0438460f.jpg

イチローも ごく自然に一緒に入ります

moblog_d56fc57b.jpg

ケリーも落ち着いて寝ころびました
昼間 半日ほど一緒に入っていましたが ケリーは
飽きたら出て行ってしまいました

moblog_8d95460b.jpg

やっぱり りゅうのすけの方が好きなようで
イチローは振られたらしい

まだ お子ちゃまなので総てに於いて りゅうのすけには敵わない
イチロー&ケリー 珍しいショットでした


イチローは 明日 足の包帯を取れるかどうかの診察です
1ヶ月良く我慢しましたね

本来は とってもいい子なのですが まだ若いので
飛び跳ねたり 走り回りたいだけ


室内で静養中には こんな へそ天姿も見せてくれました

moblog_df88da85.jpg

moblog_b93d5c22.jpg

包帯が取れたら また走り回るのだろうか ・・ とっても不安

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント