捻挫 徐々に回復 

足の捻挫で お騒がせ致しましたが ようやく
松葉杖ナシで歩けるようになりました

マムの不注意の事故にもかかわらず ご心配を頂き 
沢山のメールも頂き 本当に有り難うございました


特に今回 管ちゃんの臨終で 全く何もせずに ただ座って
側に付いていられた事は 過去にも一度もなかったので
長く一緒に暮らしてくれた管ちゃんへの贐になりました

管ちゃんが亡くなったこの日は 朝 動物病院へ犬を搬入 
夕方迎えに行く
その合間にフリマ用品を受け取りに回る という忙しい
スケジュールで その通りに動いたら 管ちゃんの臨終には
立ち会えなかったかも知れなかった

しかし 捻挫のお蔭で 管ちゃんの最期を静かに看取れたので
今は 捻挫を起こした事に感謝しています

捻挫に感謝なんて 変な人間だと思われるでしょうね
でも 犬のご飯やりだけで 後は何もしない ・・ なんて
ボランティを開始して以来初めての経験

以前に 大型犬ウド麻呂の散歩で転び 足の小指の骨に
ヒビが入った事があったけれども その時も散歩を休む事は
なかった

本当に時間をこんなに贅沢に使って良いのだろうか と
思いながら ゆっくり休ませてもらいました

今回 直ぐに駆けつけて下さった方々
メールやお手紙で励まして下さった方々
皆様に心から感謝申し上げます

行きます とメール下さったけれどお断りした方々 気を悪く
なさらないで下さいね

足の捻挫で 皆様の深い人情に触れ 明日からも また
頑張ろうと心に誓いました

本当に有り難うございました          



話が脱線するのですが・・・

フィギアスケートの羽生結弦選手 
今シーズン 世界選手権を銀メダルで終え その直後
左足リスフラン関節靭帯損傷で加療 とのニュースが
伝わってきました

驚きです
異次元と絶賛された滑りを見せて 実は左足を損傷して
いたなんてとても信じられない
 
マムは捻挫でさえ 痛くて痛くて歩くのも大変なのに
難しい損傷を抱えて あれだけのジャンプを跳び
前人未到の記録を打ち立てた

違和感がありましたと ・・ 本人も言っていたのに
アスリートって 精神状態が一般人とは違うのね

捻挫をして 羽生選手の見方が変わりました
スケートの上手な可愛い選手と思っていましたが 
実は すっごい偉大な選手だった
    

moblog_e467c687.jpg

トニコばぁさん

前回の受診で 痩せて行く原因が判らず 食べる量を増やして
様子を見ましょうとの指示だったトニコばぁさん

今回は マムが捻挫のため動けなくて ラウルママに通院を
お願いしました

moblog_ff81af54.jpg

現在のフード量は1回200㌘ 1日400㌘は大型犬並みの給仕量

体重は15㎏に増加  食べただけあって太りました
という事は 今までフードの量が少なかったって事か?

ラウルママとのお出かけは始めてなので 帰って来るまで心配
目が見えないと ほんの少しの変化も不安になるはず
どうだったのかな?

楽しそうにルンルンで帰ってきた 

moblog_dcd99eb2.jpg

気温の上昇と共に 皮膚の赤みも多くなって来た
盛んにポリポリ引っ掻いているので 薬浴の回数増加を検討
場合に依ってはステロイド剤の服用も 要検討

ステロイド剤は慎重に ・・
通院で体重を計り 先生診察の上で薬の処方も決まる
夏の間は 通院回数も増えるがやむを得ない


トニコばぁさん あしなが支援を募っています

薬浴支援  心臓の薬(アピナック服用)  目薬(ドライアイ)
などの費用を募っています

夏でも敷物は厚手を募集
というのは 目が見えないので1日中座ってますが
足元はコンクリート 
挫創が出来ると困るのでなるべく敷物を厚くして予防している
5月になっても毛布を使用しているのは この犬だけ

moblog_6109ca0f.jpg

皮膚炎は脂漏性によるもので ラードのような皮脂がベッタリ
敷物を洗う為には 3回くらい洗い直さないとキレイにならない

膨大な洗剤と水を消費しますので 心を鬼にして敷物は
使い捨てにする
この点をご理解頂いて 敷物のご寄付をお願い致します


できたら夏の間だけはタオルケットかキルテイングのような物を希望
勝手なお願いですが やはり毛布は暑かろうと思います

老犬引き取り 

浜松市の迷い犬情報に一覧されている犬で
気になる老犬がいました

前の週に腹から腫瘍らしきものが垂れ下がっていた犬を
引き取りたいと思いましたが 幸い 飼い主が名乗り出て
返還されたとの情報で嬉しく思ったのですが 今回も状態が
悪そうな老犬

小型犬は たいていの場合は引き取り希望が入り マムの出番は
ないのですが 今回は最後まで誰も希望がなかったようです

ラッピーママと預かりボラチョビアル母さんが 教育センターへ
引き取りに行ってくれました

moblog_b01d0024.jpg

以下チョビアル母さんの報告

チワワ? パピヨン? 体重は僅か1.75㌔
右後ろ足は、アキレス腱断裂(随分前から)。手術できない。

moblog_7b250f70.jpg

外耳炎
皮膚は汚れによるものではないか?
一応カビにも対応する殺菌性のシャンプーを出してもらい、
小まめにシャンプーすることになりました。
そして栄養をとれば、毛は生えてくるでしょう、とのこと。

moblog_ddaf154a.jpg

歯が一本もないので舌が外へ垂れ下がっている

moblog_ebf28385.jpg

右眼は緑内障などの放置により、既に萎縮している。
左眼も白内障、見えていない。
ドライアイなので小まめな点眼が必要。

moblog_94c27a18.jpg

乳腺腫瘍が2箇所。
1.5センチくらいあり、触った感じがゴツゴツしていて、
悪性の可能性が高い。
年齢を考えて手術はしない方針


いったい どんな飼い方がしてあったのでしょう

飼い主に愛情は無かったのでしょうか
病院にかけるお金が無かったのでしょうか
それとも無知だったのでしょうか

でも どんな理由があったとしても このような酷い状態に
なるまで放置して置く事は決して許されない

今 マムは足を捻挫して 痛みに耐えていますが 
この老犬のアキレス腱断裂 ・・ 1.75㌔の小さな体で 
一人痛みを耐えたのでしょうか

もう 胸が張り裂けそうです

目も見えず 歯もないので 日常生活には少し手をかける
必要があるかも
獣医さんのアドバイスを頂きながら この先 痛みのない
穏やかで静かな老後を送らせてやりたい

チョビアル母さんが 凛ちゃん と名前を付けてくれました

凛ちゃん募金を開始します

品物は何が凛ちゃんの好みか分かりませんので 
募金をチョビアル母さんに預けて 毎日の生活の中で
凛ちゃんの好みを選んで購入してもらうつもりです

凛ちゃん募金箱を置いて下さる店舗も募集中

6月26日の猫譲渡会へも 凛ちゃんが皆さんに募金の
お願いに参加する予定です


詳細はチョビアル母さんのブログ「チョビアル母さん奮闘記」を
ご覧下さい

かい ここ ベル そのⅡ

かい ここ ベルお姉さんから 追加のお便り

『 ベルくんが 家へ来た時にはフィライア陽性だったのですが 
  今年のフィラリア検査で陰性になってました
  嬉しい ~      

  最近はベルとかいの喧嘩もピタッとなくなり 
  (まだまだ注意しては見てますが....)
  仲良くしてま~す  

  moblog_b8714c57.jpg
    ベル             ここ          かい


フィラリア陰性は とっても嬉しいニュース
おめでとう ベルくん

ベルくんは 外で飼われていた犬で フィラリアは陽性でした
真冬の寒波で 元々悪かった腰が悪化し いざっていたよう

獣医さんから せめて冬の間だけでも室内に置くようにとの
指示があったようです

レスキューした方から引き受けて里親探しをし 今のご家庭に
巡り会えて とても大切にしてもらってます

かいくん と ベルくんの 喧嘩が激しい頃 ぷらすわんさんへ
しつけをお願いして ご主人様に出張して頂きました
お陰様で 現在は上手く行っています

かいくん ここちゃん ベルくん 仲良く暮らせて嬉しいですよ
いつまでも いつまでも 元気で長生きして下さいね



ちなみに かい ここ ベルのお母さんは 神田君を(現・かんた君)
助けて下さった方です

moblog_3a6a6bfa.jpg

マルちゃん

マルちゃんのママから お悔やみを頂きました

『 マルのママです。
  梅さんと管ちゃん、梅雨に入る前にと、
  虹の橋を渡って行ってしまったのかな 
  ご冥福をお祈りします。  』

  moblog_5c9c8857.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅さん 管ちゃんに お悔やみ有難うございます
皆様から沢山のご支援を頂き 腹いっぱい食べて旅立ちました

本当に 本当に 感謝致しております
マルちゃんもシニア世代 十分お体を大切にね

ご支援 有り難うございます



ご寄付 ありがとう

里江子さん 浩子さん  セーラママ  こすぎさん

ムクタちゃん

ムクタちゃん(旧・ちもちゃん)のお宅からお便りが届きました

『 ムクタ(ちもちゃん)が我が家に来て2ヶ月が過ぎました。
  今までの皆さんの活動のおかげで、23日には
  無事7才の誕生日を迎えることができました、
  ありがとうございました。
  元気なムクタを連れて皆さんにお会いできればと思います。 』

moblog_c28ea89a.jpg

始めてのケーキ 興味津々見ています

moblog_a499709c.jpg

食べる事が大好きなムクタちゃん 美味しい~ 
  
moblog_5c970544.jpg

川根町へ行ってきました  

moblog_e166ad9e.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ムクタちゃん 2ヶ月ぶりですね
7才のお誕生日 おめでとうございます
こんな日が迎えられるとは 想像もできませんでした

今までの経験では 障害のある犬は手元に残るはず
その経験が裏切られて ムクタちゃんに生まれ変わり
こんなに幸せになっていいの? と驚きで一杯です

受け入れてくれた先住犬のチョコちゃんのお蔭
仲良く寄り添っている姿を見ると まさに家族ですね

moblog_fec1759a.jpg

繁殖に使われて不用になったからと放棄され
次の家庭では 家族全員が仕事や学校で留守になる為
ケージに入れっぱなし ・・

3回目の家庭で自由と愛情を掴みました
障害があっても幸せになれるよという見本ですね

チョコちゃん ムクタちゃんを宜しくおねがします  


また お会いしましよう  

ミルク仔猫

こはるママさんから 保護した仔猫のお便りが届きました

『 ミルクお腹ぽんちくりん!

 今し方飲んで3にゃん入り乱れてのお相撲中に
 パチリパシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

 現在、
 茶白(仮名 きぬ)425g
 ミケ(仮名 さや)335g
 サビ(仮名 あずき)330g

 3にゃん共に元気&取っ組み合いの激しさに
 乳母はハラハラです!

 介護生活で沈みがちな生活。
 育てるのは本当に楽しいです!
 (〓・'∀')・・・('∀'・〓)・・('∀'・〓)  』

 moblog_52d11818.jpg
 
 moblog_5f2885ad.jpg

 moblog_16edfd09.jpg

 moblog_93e33756.jpg

 moblog_7110e6b9.jpg

可愛いミルクの仔猫 ご希望の方は すてっぷにゃむの
メールフォーム & ラッピーママへ直接どうぞ 

マム宅の軽井沢 

マム宅には軽井沢と呼んでいる庭があります
北側なので夏は涼しくて過ごしやすいのだが 冬は厳しい

moblog_2269a0c2.jpg

この場所は寅さんの縄張り
役所から引き取って以来7年間 ここに住み続けていたが 
この冬 50年ぶりの寒波? とかで昼間でも氷点下
バケツの飲み水が1日中凍ったままだった

犬は寒さに強いと言っても 氷点下では気の毒
寅さんを日光の当たる場所へ移動した 
あくまでも臨時のつもり ~~ 臨時です

ところが その大寒の最中 柴犬タローがやって来た
置き場所がない ・・ やむを得ず その軽井沢へ入れたら
そこがタローの縄張りになってしまった

1回だけ 寅さんを戻そうと試した事があります
体が大きいし先住犬なんだし きっと寅さんの順位が上だろう

しかし 予想は外れた

タローにしてみたら 最初からここはオレの場所
寅さんは後から入って来た犬  「おめぇ 態度がでかいぜ 」

寅さんはフリーなのに 繋いである柴犬タローに吠えられたら 
もう怖くて1分と持たなかった  
出してえ~ 怖い~ やむを得ず また仮の犬舎へ
図体が大きくても寅さんはノミの心臓  まったく笑える 

moblog_2ebc6540.jpg



しかし これで終わる訳には行かない
1匹だけで暮らすのでは タローは何も学習が出来ない
大勢の中へ入れて順位を学ばせたり 遊ぶ楽しさも教えたい

タローを 南側の南紀と呼んでいる庭へ移動してみた

moblog_9f2bdd77.jpg

尻尾は上がったまま いいぞぉ~

moblog_373ed38d.jpg

かわねちゃんが犬小屋の上に寝そべっていたが おもむろに
立ち上がり 背伸びをして飛び降りた

moblog_eb23d68b.jpg

臭いを嗅ぎにタローの側へ
ケンカになるか ?  どうだ ・・  見守ったが至って静か
かわねちゃん 関心を示さず離れてしまった  あれっ !!

moblog_7591e428.jpg

関心を示さなくても かわねちゃんから許可が出たと解釈した 
ケンカを仕掛けないのは タローへOKの証拠
良かった これなら 皆と一緒に ここで暮らせるね 
 

しかし ・・ この後 タローは座ったまま何時間も動かない
夕ご飯を出しても食べない  トイレもしない 
様子を見る為に一晩そのままにして置いたが ・・

朝見たら 昨日と同じ姿勢で座ったまま  これにはびっくり 

固まったままで一晩明かしたのだ
理由は不明だが ご飯を食べないのは困る
やむなく 北側の軽井沢へ戻した

ガムを1本渡したら お腹が空いていたのだろう
飛びついた

moblog_23925577.jpg

やはり1頭飼いの家庭を探すしかないか ・・

一人になったら安心したのか 手足を伸ばして爆睡
なんたって ここは俺の縄張りだもんね とホッとしたのだろう

moblog_d76f7232.jpg


結局 寅さんの住まいだった軽井沢は タローに乗っ取られたまま
寅さんは行き場がない 
仮の犬舎は 今は日当たりが良くて住み心地が良いけれど 
夏になると日当たりが良すぎて 暑くて住めなくなる


ちなみに 寅さんを南紀と呼ぶ庭へ入れたら タローと同じ
ご飯も食べずに固まってしまった やはり原因は不明


柴犬タローの家族を募集

7才になったばかりのオス  体重12㎏
人が大好き 元気で可愛げのあるワンコ

少し吠えるが しつけの為 無視できる環境が望ましい

散歩の引張がやや強い トレニーングを要す
または しつけの経験のある方を希望

去勢済 フィラリア陰性 その他検査済 異常なし
混合ワクチン済 マイクロチップ埋め込み済

moblog_147aeade.jpg

囲った庭へ入れて なおかつ繋いでありますが これは
高さ90㌢のフェンスを飛び越えた為 逃走防止です

もし庭へ放すなら高さ160㌢以上なければ危険

あさこちゃん 初めての旅行

あさこちゃんが初めての旅行に行ってきました

『 藁科アミューズメント水族館に行きました。
  ここ、犬と入れる水族館なんです
  あさこは自分より大きな人食いナマズをバックに記念の一枚。

  moblog_0f2f39aa.jpg

  あさこは初めての旅行ですが、今の所 問題無く
  過ごせています。

  moblog_f1f1c68a.jpg



こちらは旅行に備えてシャンプーに出かけた時の写真

moblog_d9041849.jpg

moblog_7f3cd20a.jpg

moblog_473c9312.jpg

優しい笑顔のあさこちゃん
引き取った頃の写真は 顔もこわばっていましたが
段々 優しい顔になって行きます

もともと 性格の良い子なので 信頼できる人に出会え
安心して暮らせるようになったら すべてに優しさが現れてます

里親探しは諦めてマムの子にすると 一旦は決めたあさこちゃん
真っ赤なご縁がこんなに身近にあったなんて 嬉しくてなりません

あさこちゃんが 幸せで嬉しいです

旅行の様子は ジジママさんのブログ
「 手風琴街便り」をご覧下さい 

ステキな高原の写真に 思わずため息が出てしまいました

家族募集中 ゴールデン優ちゃん Ⅲ 

ゴールデンの優ちゃんは 現在 預かりボラさんのお宅で
心のケアと社会化の勉強をしています

他の犬に唸る事があるので 沢山の犬に出会って馴れるよう
あちこちに連れ出して下さってます

先日は川遊びも初体験

moblog_2565bdd4.jpg

本来なら子犬の時に 様々な物を見て 様々な音を聞いて
沢山の事に慣れておかなければならないのですが 
優ちゃんは何も知らずに育ったらしい

でも頭の良い犬なので直ぐにマスターできる  

先日のシャンプーもそうでした
初めて人に洗ってもらい 初めての犬達に出会い
優ちゃんは沢山の経験を積んで帰宅しました

川遊びもそう  ドライブもそう  すべてが学習
とにかく一年生からやり直すので 優ちゃん自身も
並大抵ではないはず

でも 預かりさんは根気よく体験できる場を与えて下さってます

新しいご家族には 預かりさん同じように優ちゃんに
経験を積ませて下さる家庭を希望

moblog_8eba22ed.jpg

一応サークルが用意してありますが 眠る時はどこでもOK 
大らかな性格なので場所にはこだわらない

moblog_68f68ed4.jpg

moblog_9f7cd51f.jpg

ゴールデンのメス 10才 体重21㌔
超甘えん坊で人が大好き  ・・ 犬は選り好みをする

どなたかが在宅しているご家庭を希望
そして学習を続けて下さるご家庭を希望

今までの辛い過去を忘れさせて下さるような 暖かい家庭募集



五之冶かおり先生から ドッグフードのご寄付を頂きました
感謝申し上げます

星になった管ちゃん

2016年5月24日 管ちゃんが星になりました   

moblog_3a5eba20.jpg

管ちゃんの事は 今までに沢山書いて来ましたから
もう思い残す事はありません

最期に一言だけ 
管ちゃん 出会えて とっても嬉しかったよ ・・ 

平成12年に保護し その時に 2~3才と診断された
以来16年間 18才の今日まで どの犬よりもマムと共に
長く暮らしてくれました

5月12日に星になった梅さんが 虹の橋のたもとで
待ってくれてたと思います
二人仲良く手をつないで昇って行きますように ・・

数々の応援 ご支援 本当に有り難うございました
管ちゃんに代わりまして 御礼申し上げます

管ちゃんの冥福を心より祈ります     


管ちゃんの下半身を洗いに通って下さったチョビアル母さん
ラウルママさん  
最期に体を清拭して下さったリーママさん 
その他 ご協力下さいました皆様に 御礼申し上げます

かい ここ ベル

かい ここ ベルちゃんのお姉さんからお便り

  moblog_65d70ebd.jpg

『 24日は 掛川市つま恋の わんちゃんイベントに
  行ってきましたぁ~(*´▽`)

  お目当ては.....似顔絵
  ようやくベル君を書いてもらえましたッッ
  ベルと一緒に もちろん かいも ここも
  かっこ可愛く書いてもらえて 大満足

  別のものも注文してきたので届くのが楽しみ~(*^▽^*)
  あとはプロのカメラマンにも写真を撮ってもらって
  まだ、届かないので....届いたらまたお見せします

  あとは帽子やらサンバイザーを着けてみたり 笑
  半日遊んできましたぁ~ 』

  moblog_b7c496cd.jpg moblog_22bde018.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも楽しいお便りを ありがとう  

似顔絵も沢山溜まりまったでしょ
毎年のように各地へ出かけて書いてもらっているので
良い記念になりますね

写真を楽しみにお待ちしています~

かい ここ ベル 宅は 代々ダックスをもらって下さるご家庭
現在はダックス人気も下火なので ダックスをご希望下さるのは
本当に有難い事  

かい ここ ベルちゃん いつまでも仲良く元気でね
   

リリーさんシャンプー

リリーさん シャンプーに行ってきました

昨年9月 引き取った時に洗った切りだったので 
8ヶ月ぶりのシャンプー  

白い毛が心なし黄色っぽく見えていた 

moblog_954b197b.jpg

とってもいい子で洗えたとの事

moblog_13ae73f1.jpg

シャンプー後は 真っ白 ピカピカ フワフワ

moblog_159e2c61.jpg

いい笑顔でポーズ

moblog_74bf45d8.jpg

大型犬のシャンプーは 若林町のダックさんにお願いしました
ペットホテル・美容室など ご利用の方は ネットで検索をどうぞ

moblog_a82e35df.jpg



1年に1回くらいのシャンプーは 保護犬であっても
どうぞ許して下さいね

普段 触らないような場所もトリマーさんが手で触れて
異常がないかチェックしてくれますから 健康チェックと
いう点でも安心できます

リリーさん 手術も終わって これからは平凡な老後を
過ごさせてやりたいです

moblog_65ff882e.jpg

雪ちゃんも洗う予定でしたが(昨年の12月にシャンプー)
前日から容態が急変  
当日 美容院ではなく 病院へ急行する事になって
しまいました

当分は体調を整える事に専念

moblog_825bf823.jpg

リリーさんと雪ちゃんは 体調が正反対

リリーさんは着々と回復していっているのに 雪ちゃんは
一進一退で波がある

同じにはならない事は判っているが 雪ちゃんもキレイにして
やりたい

最近 ハスキー犬は滅多に見られなくなった
mixではあるが美しい毛並みの犬だと思う
若い頃は耳目を集めるような美しさだったに違いない

飼い主は何故捨てたのかな・・?


写真はいわたわんこさんのブログから拝借 
保護した当初の雪ちゃん

moblog_59b8778d.jpg

moblog_7c064894.jpg

moblog_37eda0fe.jpg

食欲が落ちている雪ちゃんに募っています

moblog_2931e5eb.jpg

ドギーマン ササミ きらり  &  カロリーバランス 
この2種類を喜んで食べるのでフードの代用にしています
是非 ご支援をお願い致します

足を捻挫

左足を捻挫しました

スダレを掛けようと脚立に乗り 足を滑らせてひっくり返ったら
足首が曲がったまま体の下敷きになり グキッと音がした

その瞬間から アッという間に足が腫れ上がり 猛烈な痛みが
襲って来た 
二足歩行が出来ない どうしよう 歩けないと困る

室内は四足歩行で動けば良いが 外へ出る事が出来ない
外にも犬がいるので 動けないでは犬たちが困る

とにかく あちこちに掴まって移動した
片手で掴まれば移動できるかと思ったが 体重を支えるのは
思いのほか難しい

かと言って ご飯や物を持っていると片手しか使えない
犬のご飯の世話が こんなに大変だなんて驚きでした

仕方ないので 掃除やゴミ出し・敷物交換等 命に直接関わりの
ない作業は一切休止
当分は 犬のご飯だけに集中し 汚れやゴミの中で暮らす覚悟

しかし 普段は二足歩行ができて当たり前
健康な時にはその不自由さを想像すらできなかった
こうやって片足に支障が出て 始めて当たり前に歩ける事の
有り難味が判った

5月22日は足の記念日にして 歩ける事を感謝する日にしよう

moblog_0ba783f0.jpg
 
左足が倍くらいの太さに腫れ上がった  不細工な足でゴメンナサイ
歩くと痛みがあるが 安静にしていれば何とか過ごせる

リーママさんが即日 湿布薬などを差し入れて下さった  感謝
ラウルママさんが日替わりで通院の応援     感謝致します
ねこひなさん 松葉杖を届けて下さったので驚きました  感謝

乳び胸の犬 まめ

胸に乳白色のリンパ液が溜まる症状のワンコ まめ

リンパ管が破れて 液が漏れだしている箇所を止める手術を
受けて1年以上が過ぎました

定期的にレントゲン検査の為に通院していますが 僅かに液が
漏れ出ていて レントゲンを見るとモヤが架かったように見える

しかし どの生体でも僅かに漏れ出ていて それを体が吸収し
余分には溜まらないような仕組みになっているらしい

少し多めなのは (破れている個所は止めたはずですから)
目に見えない破れがあり そこから漏れ出しているのかも知れない

でも 抜くほどではないとの説明なので 安心した反面 不安も
増して来ています

moblog_d61b0645.jpg

実は 現在 呼吸数が多くてとても不安
乳び胸の症状は呼吸困難

ハッハッと短い呼吸を繰り返し とても苦しそう
手術後 その症状が治まり 手術は成功と喜んでいたのですが・・

今回の検診では     ~~~ 

「肺の先端が丸くなっていますね 乳びの特徴です」 と先生
目を皿のようにしてレントゲン写真を見つめた

肺は天使の翼のような形をしていて 上は丸みを帯びているが
下の先端は尖っていて エイのヒレのように薄くなっている

肺全体に萎縮があるのだが その薄くなっている部分が顕著に
縮んで厚くなり 肺が空気を吸うため膨らんだり戻ったりする機能に
支障が出ていると思われます と説明された


レントゲンの結果は 再発ではなく肺が縮んで肥厚している
衝撃的な結果でした


肺が呼吸しようとしても 大きく膨らまなければ 空気は少ししか
吸えず何度も呼吸する事になる

胃を切除したら容量が小さくなり 一度に沢山の物を
食べられないので何度にも分けて食べる必要がある

これと同じ理屈で これが呼吸数が多い原因だった

肝臓のように再生する臓器なら良いのだが 肺は再生しない  


1年前 手術後の説明で
「普通の犬のように 長く生きられると思わないでね」 と
言われた言葉が胸に甦った 


こういう事だったのだ
リンパ管の破れた個所を止めたから治ったのではなく 
その恐ろしい後遺症が付いて回るのだ

寝顔を見ていると涙が溢れて止まらない 
何故なんだ?と叫びたい


マムの手元へ来る犬達は なぜこうも病気を背負っているのか?
なぜ 難しい病気の犬ばかりが集まって来るのか?

どの子でも 治療不能な病に侵されて亡くなるのはとても不憫
今までもそうでした 

治療不能な病気で(フィラリア末期・腎不全末期・悪性腫瘍末期など)
治す術が無く もう見守るしかない ・・

まめも この後は祈るしかありません

どうぞ 呼吸が楽に出来ますように ・・
どうぞ 苦しみませんように ・・


まめは食事制限があり 鶏ササミ & 白米 しか食べられません
このササミ缶詰を募っています

moblog_8f93ec0b.jpg

まめに ご理解と ご支援をお願い致します



暗いところへ頭を突っ込んで眠る習慣?があるようだ
苦しいのかも知れない

moblog_5f12717b.jpg

moblog_03255a2e.jpg

代われるものなら代わってやりたい ・・
今は そっと見守るだけです

星になった翔くん

2016年4月 翔くんが星になりました   

moblog_4ef3d65b.jpg

迷い犬を保護し 成犬で譲渡したので正確な年齢は不明
でも13年間大切にお世話下さり 痴呆が出ても散歩に行き 
最期までご飯もキチンと食べられたようで感謝いたします

moblog_51148c9c.jpg
    2008年のワンにゃんフェステバルにも来てくれました

moblog_66255ef9.jpg
    ザ・雑種 という感じの翔くん とっても性格が良かった

ラッピーママのご近所だったので ラッピーママ宅へ行ったら
必ず翔くんちの前を通り 顔を見るのが習慣でした

最近 顔が見えないな~と思い 訪ねてみたら 
先月亡くなったとの事
心から 翔くんのご冥福をお祈り致します  

仔猫 ・ 若猫 家族募集中

こはるママさんが保護したミルクの仔猫

moblog_4a189ce3.jpg

3匹のうち 三毛ちゃんに希望者さんがありましたので
残り2匹

moblog_24f6c2f6.jpg

茶白メス現在345g

moblog_389bc4fb.jpg

さび柄メス275g

さび柄は哺乳瓶乳首には慣れたものの食が細いのか、
余り一気には飲めませんが、みな元気に成長してます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

刑部先生が保護した若猫

moblog_962b2250.jpg

生年月日 : 推定平成27年8月 現在9ヶ月くらい
性別    : オス
毛色    : 白黒
仮名    : ニャン
性格    : ワンパクですが元気な子です
去勢手術済  混合ワクチン済 室内飼いを希望 
その他飼う為のお約束があります


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

可愛い仔猫 若猫など ご希望がありましたら ラッピーママへ
又は すってぷにゃむのメールフォームからお入り下さい

猫をご希望の方は 以下のグループへどうぞ

・  すてっぷにゃむ
・  ゴーキャッツ
・  にゃん友クラブ
・  やいづワンにゃんの会

譲渡会の日・時・場所などは それぞれのブログでご確認下さい

moblog_db9eaf5a.jpg

moblog_4ebe8a19.jpg

160426-5.jpg

他人のそら似

動物病院で かわねちゃんに良く似た犬を発見

moblog_951a3c6f.jpg

雑種です 垂れ目のとこなんか良く似てる

moblog_c74766e6.jpg

耳先が垂れ下がっていて 体の大きさも色も似ている

moblog_5aae8f9b.jpg

年齢11才 もしかして 親族か ~ ?? 

moblog_b1555089.jpg

雪ちゃんと挨拶もできた  性格が良さそう

moblog_6c438088.jpg

名前はペコちゃん 男の子 
落ち着きの無いところまでそっくり
隣に座ったので この子に付いて尋ねたら 
これまた 超ビックリな身の上


知人が具合が悪くて入院し この犬だけが残されていた
3日目に連絡が来て もう退院は不可能な状態なので
犬を頼むと言われた
殺処分では気の毒なので引き取った

ボランテイアをされているのですか ? と尋ねたら
いや 知り合いだからね 心残りだろうから気の毒だよ

それで引き取って健康チェックの為 この病院を受診した
凄い方ですね

善意の方に引き取られて ペコちゃんも幸せですね
と話をしていたら 診察の順番を呼ばれて それっきり ・・

かわねちゃんと兄弟かもと思ったのだが そこまで話が
進まなかった
次に会える日を待ちたい 
同じ病院なので いずれかチャンスがあると思う

もしかして兄弟なら凄い事だけど そんな偶然ありえないね
 
moblog_ac67ef12.jpg

雪ちゃんの腫瘍

moblog_bf72157f.jpg

雪ちゃんの病状 ・・

痴呆が進行している上に テンカンのような発作が起き
病状が目まぐるしく変化するので目が離せません

体調の他にも心配な物があります

心配な物とは ・・ 実は 腰の辺りには大きな腫瘍があるのです
15㎝×10㎝くらいあり 手が隠れてしまうほどの巨大

moblog_8911fc1a.jpg

針を刺して中味を調べようとしたが 硬くて中味は採取不能
リリーさんの腫瘍と同じパターンです

しかし 手術は出来ない
引き取った時 肝臓には計測不能なほどの異常があり 
現在ようやく回復したばかり

肝臓に負担となる麻酔を掛けられる状況にはない 
解毒するなどの機能が低下し肝臓が麻酔に
対応ができない可能性もあるのだ

moblog_66562f6f.jpg
           手の大きさと比べてください

腫瘍はひょうたんのように垂れ下がってブラブラしている
背中にできた腫瘍が 重みで脇へ垂れて来たのだろうとの説明

これは上皮腫と思われる (多分 悪性腫瘍)
雪ちゃんは沢山食べるのだが体重が増えない

腫瘍が 硬い 大きくなる  犬は痩せてくる
悪性腫瘍の条件が揃ってます
しかし 手術は出来ない どうする ・・・

いつも考える事は 腫瘍の進行と寿命との比較
寿命が先に来て欲しい 
末期の腫瘍で苦しむより先に 天寿をまっとうして欲しい

見極めが難しい ~~
週1回の点滴に通院しながら 先生に見守って頂くしかない

moblog_36a46e1c.jpg

こんな可愛いしぐさも見せる雪ちゃん

moblog_f90dea4e.jpg

moblog_7fd80f31.jpg

moblog_38fa7a8a.jpg

moblog_9d8ed888.jpg

リリーさんは最良の友 
でも ご飯の時だけ ちょっぴりライバル

moblog_7e854e2f.jpg

一日中 眠って過ごします

moblog_a0a2d112.jpg

雪ちゃんの あしなが支援を募集中

週一の通院で点滴(腎機能低下の為)
テンカンのような発作も起きるので その薬と 
目薬を3種処方されています

雪ちゃん募金にご協力をお願い致します


ひと言 ・・ 
 
飼い主は 犬が行方不明になっても気にならないのか?
自分の子供が帰って来なくても平気か

毎日 ご飯をやったりしていれば この腫瘍も見えたはず
痩せて骨と皮の状態も分かっていたはず
自分の子供が具合が悪くても病院へ受診しないのか

無知なのか ケチなのか 
犬を飼う資格のない飼い主に言葉を失います 



ご支援ありがとうございます 

里江子さん  太田和義さん  アッシュお姉さん
さとみさん  ラウルママさん  カン太ママさん


今 雪ちゃんが好んでいるジャーキー ドギーマンのきらり
ご飯が食べられないので このジャーキーで代用中
皆様のご支援をお願い致します


moblog_2931e5eb.jpg

イチロー、どんどん進化中 家族募集

トレーニング中のイチロー 
ぷらすわん先生のブログを見ると 物凄い進化を遂げています

イチローを迎えて下さる家族募集中

先生のブログから転載しました

『 イチローの預かりを始めてから、人慣れさせるべく
  いろんなところにお出かけ散歩している蘭丸家。

  咲蘭がまだ そらと呼ばれてた頃も だいたい同じような
  場所に行ってたんだけど…


  咲蘭と違って、みるみる人に対する恐怖心がなくなっていく
  イチロー。

  img_0_m.jpg

  ↑
  3月に行ったわんこ同伴お食事ができるお茶屋さんで食事中、
  吠えたり暴れたりすることなく足元でお座りして待っててくれた
  おりこうちゃん。


  人に対してはずいぶん進歩したのをかなり実感したので、
  よそのわんことはうまくやっていけるのかが見たくて、
  GWにドッグランへ。

  img_1_m.jpg

  蘭丸も安心して遊べる大好きなラン。

  GWはめちゃ混みだろうと思っていたけど、
  午後から入ったのでほどほどな感じ。

  img_2_m.jpg

  思う存分ボール遊びできるよ~。


  いつの間にか姿が見えないと思ったら、よその
  わんこさんたちのおもちゃがたくさん置いてあるエリアに
  乱入しておもちゃをコソ泥して、よその優しいパパさんにも
  ちゃっかり遊んでもらってご満悦なイチロー。

  もうすっかり人見知りじゃないね(笑)

  img_3_m.jpg

 ↑
  ボール命!お気に入りボールは次々カミカミして壊しちゃう。
  破壊活動が楽しいお年頃

  (カミカミの行動に入る前に止めないと、蘭丸家ボール貧乏に
   なってしまう…)

  img_4_m.jpg

  父ちゃんと咲蘭と一緒に走る~!


  ふたり同時にマテ!
  (咲蘭と一緒だと まねっこするようで指示ののみこみも早いの)

  img_9_m.jpg

  からの~

  img_5_m.jpg

  コイ!(かわいい~)

  img_6_m.jpg

  二人でおすまし

  img_7_m.jpg

  3わんこ記念撮影・・・・うまくいかない

  img_8_m.jpg

  よそ様のわんこさんかわいく乱入(笑)
  「ん?きみはだ~れ?」


  ランでもよそのパパやママに かわいいねって ちゃっかり
  なでなでしてもらってたり、ボール投げてもらっていたり、本
  当にすっかり変わったイチロー。

  近頃は姪っ子が来るとボール遊びをしてくれるので
  姪っ子大好きに。

  イチロー、子供とも上手に付き合えるみたいです。


  イチロー。新しい家族を募集中です。

  飼うための約束事があります。

  素敵なおうちが見つかりますように。。。
  
しろいぬ天使♡蘭丸さん☆彡~私のかわいいお犬様~より転載

募金箱 ありがとう

アッシュちゃんのお姉さんが 「鯛しゃぶの店 しんせ」 さんに
お願いしている募金箱を回収して来てくれました

moblog_ea8f69b0.jpg

募金額は8151円 
ご協力くださいましたお客様 ありがとうございました

moblog_95aec68c.jpg

moblog_b4440925.jpg


今回は 毎週 点滴に通院している雪ちゃんの費用に
使わせて頂きます

moblog_4382d5db.jpg

moblog_b72c441c.jpg

感謝致します  by  雪ちゃん



アッシュちゃんは 今年8月で17才になる可愛いダックス
お姉さんからのお便り

『 元気ですが 種々な小さい問題があり 薬を飲み 処方食を
  2種類採っています
  1日中 ほぼ寝て過ごしていますが まだ歩けますし
  ご飯も食べています
  この夏を乗り越えられるよう頑張ります  』

  moblog_b9f84571.jpg

  moblog_757d007d.jpg

  moblog_a5aa2e79.jpg

アッシュちゃん まだまだ頑張れるよ
この夏を カン太くんや マム宅の管ちゃん達と一緒に
乗り切りましょう
老犬のみんな がんばれ がんばれ がんばれ  

家族募集中 ゴールデンの優ちゃん Ⅱ 

ゴールデンの優ちゃん シャンプーに行ってきました

ヒートが来て下半身も汚れたし 2ヶ月以上も洗ってなかったので
思い切ってキレイにしてもらいました 

moblog_9172f8f3.jpg

とっても大人しく洗えたそうです
※ 大型犬のシャンプーは若林町のダックさんへお願いしました

moblog_9e0cc6a3.jpg

人が大好き 尻尾ブンブンで愛想を振りまいています

moblog_c58cd497.jpg

ドライも終えて こんなにピカピカに ・・

moblog_4d3c7244.jpg

引き取った時の表情と比べて下さい
まったくの別犬 とうてい同じ犬には見えません
たった2ヶ月で こんなにも変わるなんて凄いです

裏返して言えば 元の生活は悲惨な暮らしだったという事
新しい家庭では 沢山の愛情をかけて欲しい

moblog_3a1c71ad.jpg

年齢は 最初10才と聞いたが 迎えに行ったら13才と言われた

しかし証明書は何もないので 10才のメスで募集する事にしました


健康状態チェックの為 レントゲン エコー 血液検査 尿検査 etc
何項目かに異常が見つかった

貧血があり原因を探る為 月1回の血液検査を続けて治療 
3回目の検査で 数値が9割がた戻っている事を確認

貧血はバカにはできない
脊髄で造血されないのか? 造血されても破壊される方が
多いのか
ノミダニが沢山いたとの事なので ノミによる吸血なのか
それとも まったく別の原因なのか

年齢も高いので 本人に負担とならない検査を受けた
血尿も出ていた 
膀胱には砂が溜まっているので 処方フードで回復を待つ事に

老犬は検査を受ければ 必ずどこかに悪い所が見つかる
しかし 悪い所を原因不明のまま譲渡する事は出来ないので
疑わしい時は必ず検査を受ける


現在は もう 通院は終わりました
先生も笑顔で 今後も何かあったらいつでも受診して下さいね 
と見送って下さった

今後は半年に1度くらいの割合で受診し 膀胱のチェックを
してゆく予定
それ以外は 一応 普通の状態に戻ったので ひと安心
今後は心のケアをして行きたい



ゴールデンの家族を募集
10才のメス 体重21㌔ 
膀胱に砂がある事を理解して頂ける方希望


moblog_98830d6a.jpg

美しいゴールデンになりました
ご希望がありましたら お知らせ下さい

がんばれ カン太くん

動物病院でカン太ママにお会いした

腕の中には ぐったりしたカン太くんが ・・
ケイレンのような発作が起きて病院へ急行し 座薬を
処方してもらったとの事

moblog_f14da799.jpg

お聞きしたら もう昨年から介護が始まっていて
夜中にも徘徊しているとのお話でした
犬の側に付いていて 夜中に寝られないのは辛い  
良く判ります  
介護ワンコは どの子も同じですね

moblog_cad1cb6c.jpg

マム宅の日吉丸と同じで 痴呆を発症したら 体を触ると
怒るようになり しばらくは体を障れなかった
今では ようやく元へ戻り 触っても抱っこしても怒らなくなったが
頑固じぃさんになりましたよ と笑って見えました

これも良く判ります
日吉丸に噛みつかれた時 ショックでしたから ~
犬に判断力がなくなり 日頃の可愛いワンコが 
サタンに変わってしまったように見える

でも 心の底から愛おしいのです

老犬介護は大変 
しかも見守る事しか出来ないので辛い  
カン太ママ お体には充分お気を付けて介護なさって下さいね

啓発活動 最終日

今年度 最後の狂犬病予防注射会場での啓発活動
ラウルママさんからレポート

moblog_241efd13.jpg

会場:浜松球場アーケード下
来場頭数:72頭
装着率:10%

最終日もまたまた雨でした~(笑)
時折、雨足が強くなる事はありましたが、広い会場で
駐車場も余裕があり、アーケード下での接種でしたので
飼い主さん達も連れて来やすいかったのではないでしょうか。

装着率は残念な数字でしたが・・・

装着している飼い主さんの中には、
「一度迷子になった事があるので」とおっしゃる方もチラホラ
装着の重要性に気付くには、迷子の経験が一番効果が
あるのでしょうか
どの角度からどんな言葉でアプローチすれば効果的に
飼い主さんの意識を変えていけるのか、説得力のある
伝え方をもっと考えねばと反省です。

moblog_3496a389.jpg

moblog_1bdb74c3.jpg

moblog_e977d4c4.jpg

moblog_445f6227.jpg

moblog_dbf56db1.jpg


4月5月と2ヶ月に亙り お手伝いに参加された皆様
本当にお疲れ様でした

この狂犬病注射会場での啓発活働を始めてから 
もう20年くらいになるでしょうか ・・
その頃は犬猫の処分数が びっくりするほど多い数字だった

※ 20年前 平成8年の処分数 犬猫合わせて20721匹
   一昨年 平成26年度               2665匹


少しでも減らしたい 飼い主が判明すれば殺される事はない
そう思って続けてきました

名札などの装着率はなかなか向上しませんが 根気よく
続けて行く事に意義があると思います

飼い主さんに名前を着けてもらうにはどうしたら良いのか 
アイデアがありましたらお寄せください

お手伝い下さった皆様に 心より御礼を申し上げます

管ちゃん 元気を出して ・・

管ちゃんは 梅さんが亡くなってから元気がありません  

実は 梅さんが亡くなった日の夜 管ちゃんの鳴き方が凄かった

いつもは喉の奥でキュン~という音を出すのだが
その晩は ウオォ~という鳴き方で 明らかに梅さんの死を
悟って嘆き悲しんでいた そう思えてならない

介護中ワン友だったのかも知れない
言葉は交わさなくても 犬同士のテレパシーで交信していたのか

梅さんが亡くなった翌日 ねこひなさんにお会いしたので
その話をしたら ねこひなさん宅でも猫が亡くなる時
家中の猫が集まって来たのですって ~~

互いに猫同士 判っているように亡くなる子の周りへ
並んで座ったとか ・・
やはり 動物には超能力 予知能力があるのですね
実際に目の前で見たり体験したりすると驚きです

moblog_d4f35d27.jpg

ガックリしているような顔に見えます
マムの思い過ごしか ・・

moblog_093cb4ff.jpg

moblog_287e7050.jpg

下半身を洗って日干ししていても顔を上げない
いつも楽しみにしているミルクも 僅かしか飲まなかった

moblog_d26b076d.jpg

こうなると悪い予感がします

梅さんが どこかその辺りで待っているような ~  
待ち合わせの Xデイはいつなのか

もう少し頑張って欲しいが 寝たきりが長かったから
横になってるのに飽きちゃったのかな

実は 床ずれが出来始めています
皮がむけて骨が見えている場所もある


食欲がグンと落ちました 梅さんと同じパターンを進んでいる
好きなミルクも今までの半分くらいしか飲めない
 
まだまだ ガンバレと励ませばよいのか
もう ガンバらなくてもいいよと諭せばよいのか

梅さんの時と同じで どう心に思ったら良いのか悩みます
 

でも やはり頑張って欲しい
もう一度 大好きなミルクを腹いっぱい飲んで欲しい 

ガンバレ 管ちゃん  

啓発活動の報告

終盤に入った狂犬病注射会場での啓発活動
まろかかさんからのレポート

『 浜北区役所での啓発活動の報告です

  来場頭数67頭
  (うち声掛け出来たのは60頭)

  所有者明示あり16頭
  装着率27%(前年度は38%)

  内訳(複数回答あり)
   鑑札あり   4頭
   済票あり   5頭
   迷子札あり 5頭
   マイクロチップあり 5頭


  済票と昨年配布した名札ケースの両方を装着していた
  ワンちゃんです↓

  moblog_ea5d9ad3.jpg

  元気をもらいました~ ^ ^・

  装着率が下がってしまったのはガッカリですが、地道に続けて
  ゆくしかないとルートママと思いを新たにした次第です

  ルートママ、今年も材料を揃えて名札ケースを作ってきてくれました・

  来年は装着率が上がりますように~
  迷子犬が家族の元に帰れますように~[(>人<)]  』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お手伝い下さった皆さん お疲れ様でした

飼い主さんの意識向上を願っての地道な活動

3歩進んで2歩下がるような もどかしい進み方ですが
でも 続けて良かったと喜び合える日が来ると信じています

本当に有り難うございました




飼い主さんの意識向上ってとっても大切なんです

この連休中 迷い犬として浜松市のセンターに抑留された
犬が2匹いました

1匹は柴の老犬 
もう1匹はビーグルミックスで 腹に大きな腫瘤?が下がっていた
先週までセンターのページに写真が載っていましたから 
ご覧になった方があるかも 

抑留期限の朝 まだ飼い主からの名乗り出がなく
腹だたしい思いでしたよ
飼い主が判明しない時には 犬は殺処分と決まっています

しかも 老犬と病犬   マムが引き取ると決めた

預かりボラさんの手配 病院への手配などを全て済ませて 
ラッピーママに引き取りの交渉をしてもらいました

幸いにも 処分ぎりぎりで飼い主が判明し 返還された
もう1日遅ければ処分されてしまっていたのです

あの腫瘤を持ったままの暮らしは辛いだろうな ・・ と
飼い主が判明したにも拘わらず複雑な思いでした

とにかく 飼い主が名乗り出て一件落着でしたが
首輪には必ず名前を着けて欲しいものです

寂しくなった かわねちゃん

白ちゃんが行って寂しくなり 今度はシュナmix も 
行ってしまった
かわねちゃん 折角 楽しかったのに ちょっぴり残念そう


以下は かわねちゃんの回顧録 ・・・ 

若いオスが来て かわねちゃんは嬉しかったらしい

わぉ~ イイ男 とばかりに後ろを着いて回ります
マムの目から見たら シュナmixは迷惑そうに見えるのですが
かわねちゃんはお構いなし

moblog_72d941e8.jpg

わたしの好みだわ ~

moblog_4497a4b5.jpg

ちょっとぉ~ 遊ぼうよ

moblog_e98683b1.jpg

あまりにも煩わしいので顔を背けますが かわねちゃんには
通じない ストーカーしてます

moblog_0f3154ac.jpg

初恋?らしいけど どう見ても片想い ・・  

moblog_bc4a24d7.jpg

かわねちゃんの応援に 子分の雷蔵も ・・
あのう 姐さんがあんたに用があるって言ってますが 
ちょっと顔貸してもらえませんか ?

moblog_b43bbc92.jpg

シュナmixは 今まで一匹っきりで暮らしていたので
他のワンコとの付き合い方を知りません 
無愛想に ただマーキングして回るだけ ・・・


で ・・ シュナmixが ワンふぁみさんへ行き マム宅には 
また平和と静けさが戻ってきました 

     雷蔵           かわねちゃん 
moblog_fd864651.jpg

なんだか雷蔵とかわねちゃんの距離が離れてしまったような 

以前は   こんなに仲良しだったのに ・・

moblog_7fb4faf4.jpg

シュナmixがいなくなったのは 雷蔵 お前のせいだからね ・・
すんません 姐御 ・・

そんな 言葉のやり取りが聞こえてきそうな午後でした



マムの写真は いつも背景が雑然としてましてスミマセン
黒いものは洗濯物の影 と 木陰 
変なブロックは 風で人工芝が飛ばされないように置いてある物


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


小型犬の家族募集中

白ちゃんは希望者多数の為 募集は中止致しました


  新しい家族を募集しています
    ご希望がありましたらお知らせ下さい


タンゴ君 テリー君   ワンふぁみさんへ直接お願いします
 

moblog_ab5d7843.jpg

moblog_2ea942a5.jpg

もちろん サークルマムへ申し込みを頂いてもOK

お名前  年齢  家族構成  ご住所  
持ち家か?賃貸か? 賃貸ならペット可?
犬の飼育経験の有無 誰が世話をしますか? など
お知らせ下さると話がスムーズに進みます

飼う為の約束事があります 
クリアできない場合はお断りする事もございますので 
ご了解下さい

雪ちゃん Ⅱ

雪ちゃんは リリーさんとの相性がとっても良い
まさに相思相愛の中 オス同士なのに。。。。。。。

moblog_f2707e86.jpg


moblog_baf910f0.jpg

moblog_c3e413c5.jpg

moblog_ffcfda1c.jpg

moblog_c2a97a2f.jpg

ベタベタにくっついています

moblog_d8e19abd.jpg

雪ちゃんの診察日 雪ちゃんを車に乗せたら
リリーさんが悲しそうな眼で見送ってました

moblog_9cf66557.jpg

雪ちゃんも車の中から見返してます
どう見ても恋人同士

moblog_5a0b6e74.jpg

逆にリリーさんが入院した時 退院して帰宅したら
まず見詰め合って お帰りなさい~の挨拶

moblog_922fb89d.jpg

エリザベスカラーに頭を突っ込んで 歓迎のキスの嵐
よほど相性が好いのでしょうね

moblog_98227301.jpg



通院しかけてからは 顔の表情も良くなりましたが
それは外見だけで体の中は悪いとこだらけ

moblog_e837f8e8.jpg

危篤状態になった時の検査結果も合わせて考えると
前の飼い主からは具合が悪くなっても 必要な治療は
受けさせてもらえなかった

蓄積していた悪い状態が一気に悪化
そして危篤状態に陥った そんな気がする
餌だけ与えて後は何もしない そんな飼い方をされていたようだ

moblog_aa7ee2a0.jpg

体調に大きな波があり その体調に合わせて食欲も上下
当然体重も上下 排便も左右され リーママさんお世話が大変

体調が悪い時  苦しそうに頭を寄せてくる
先週も容態が急変し 3日間続けて点滴などの治療を受けたら
奇跡的に回復

moblog_303fb4c1.jpg
 
体調が良い時  はつらつと歩き回る

moblog_2272a4bb.jpg

雪ちゃん あとどれくらい頑張れるのか ・・
推定で15~16才 残りは決して長くない

リリーさんの為にも 元気で長生きして欲しい


雪ちゃん指定の あしなが支援募集中

・ 通院の費用(週1回通院)支援
・ 食べ物は老犬が好みそうな物なら何でもOK

バナナミルクが大好き !!との事 
ドッグ用粉ミルクと バナナも募っています

日吉丸も痴呆発症!

今年16才の日吉丸 最近 体に触れなくなった
手を伸ばすと唸る 

さらに一歩前へ進み 触ろうとすると脱兎のごとく逃げる
マムの顔が分からない!?らしい

moblog_fa76b7f0.jpg

どうやら痴呆を発症したようだ
痴呆の特色は 最近の事を忘れても 昔の事は覚えている
あくまでも人間の場合ですが ・・ 犬も同じような気がする

幼少時の日吉丸は残酷な扱いを受け 人に対しては恐怖の
記憶しかない
日吉丸の記事は 前に載せましたので遡ってご覧下さい

引き取って以来16年間 信頼関係も築けて(つもり)
穏やかに過ごして来たが昨年の夏頃から痴呆を疑う症状が
出て来た

マムの顔が分からなくなったのに加え 立つと足が震える
食べ物を口に入れても口の端からポロポロ落とす
少しオシッコも漏れるらしく跡が残っている

これらは加齢に伴って現れる現象 
筋肉の衰えや体力の低下で 日常生活の行動を自力では
出来なくなる


食事の時ポロポロ落とす事が多いので 補助しようと手を
出すと 昔の恐ろしい記憶がフラッシュバックするのか
凄い声で唸る 逃げる

パニックになって とてもご飯を食べられる状態ではない 
やむを得ず補助の手は引っ込めた

moblog_69d060fa.jpg
 
先日 脇腹の毛が抜け落ちて  皮膚に異常が見られたので 
病院へ行くつもりでリードを着けようとした瞬間 噛みつかれた

これにはマムもショック  

やはり 痴呆の症状でマムの顔は忘れたのだ そう思った  

老犬には痴呆がつき物 別段珍しい事ではないが 
触れないとこの先の介護も難しくなる

moblog_2c102abe.jpg

日吉丸とは心が通じていた (と思っている)
マムと一緒なら車に乗って外出するのも好きだった

しかし現実は残酷  マムの顔が分からない ・・    
マムの心は折れそうです


最期は胸に抱きしめて 腕の中で旅立たせてやりたい 
日吉丸も 最期の瞬間はきっとマムを思い出してくれるに違いない
そう信じています

愛しい思いが先に立っているので 噛まれたって怖くはない
噛む力も そう強くないし ・・・

16才の日吉丸 管ちゃんを超えて長生きして欲しい  


老犬に 缶詰  レトルトパック  ドッグ用粉ミルク を募っています
固形物と違い ドッグ用ミルクなら上手に飲めます


moblog_b3bbf1ca.jpg

moblog_ebe639f6.jpg

どうかご支援をお願い致します

和(にき)君

ねこひなさんから 和(にき)君のお便り

『 和は 一時 本当に心配しましたが、やっと元気になってくれ、
  食欲旺盛   
  庭中 トコトコ ヨチヨチ 歩き回って 一人で楽しいことを
  見つけ (地面を掘ったり、虫を追いかけたり、
  大きな水槽から水を飲んだり、ホースを押してみたり…)
  余生を楽しんでいるようです 』

  moblog_39a5b553.jpg
  
   3年前の写真なので まだ若々しい感じ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年にもらって頂いて この6月で丸5年 推定年齢14才
中年の成犬だったので もう老境に入りました
痴呆が出てきた?そうです


和(にき)君は 湖西市の海岸付近を放浪していた犬

役所に捕獲される数日前から その一帯で目撃されていました
海岸に遺棄されたのかも知れないね
 
役所に抑留され期限が来ても 飼い主からの名乗り出は
無かったので引き取りました


性格の良い犬で どうしてこんないい子が捨てられるの?
と不思議でならなかった

経過は不幸でしたが 和(にき)君を見ていると 
終わり善ければ全て善し ・・ そういう感じを受けます
今がとっても幸せなんでしょうね
顔が仏様のように穏やかで安らいでいます

和(にき)君 沢山食べて元気で長生きして下さい

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント