新しい家族を募集

22日に抑留期限が過ぎた犬を引き取りました

迷い犬として川根本町役場に捕獲され 職員さんが必死で
家族探しをしましたが 飼い主は判明しなかった

川根本町は そんなに多い世帯数では無い為 mixの登録がある
飼い主宅へ全戸当たってみたらしい 
役所としては物凄い努力です ・・ 脱帽

しかし いつまでもは置けないので島田市の施設へ ~
ここで飼い主が現れなければ一週間後には動管センターへ移送

その後は ・・
 
悲しい最期を迎えさせる訳には行きません 引き取りました


3週間前 同じ役所からの依頼で(本所と支所の違いはあるが)
柴犬タローを引き取った
純血種の柴犬だけを引き取って mixだからと見過ごす事は出来ない
マムの中ではどの子も同じ 犬の選別はできません

純血種や小型犬は希望者が多く 行き先も直ぐに決まります
しかし 雑種 老犬 病犬は ほとんど希望者がない
マムは引き取るなら このような犬達をと常に心の中で決めています

moblog_1da071ad.jpg

moblog_72e5c827.jpg

ミックスのメス  体重8.5 kg   年齢(推定)10才くらい

ラウルママさん ふぅちゃんママが役所へ引き取りに出向いて下さった 
いつも困ると 必ず誰かが申し出て協力して下さる
感謝の思いで一杯です  遠路有難うございました


落ち着いたら 新しい家族探しを開始します
とっても穏やかな可愛い女の子 
ご希望がありましたら お知らせ下さい

預かり先も募っています
 

リリーさんの初恋 !?

リーママさんから取って置きの写真が届きました
ロミオとジュリエット バルコニーの恋 ・・ あの場面のような
リリーさん 二人は互いに見詰め合ってます



























リリーさんの初恋でしょうか? 叶うといいですね
こんな恋をしていたら ボケるはずがありません
ガンバレ リリーさん 

犬の首輪に名札付いてますか

連日 沢山の迷い犬が捕獲あるいは保護されて 各地の役所に
届けられています
迷い犬情報として役所のホームページに掲載されているのを見ると
心が痛みます

サークルマムは静岡県浜松市を中心に活動をしているので 
静岡県と浜松市の迷い犬情報をチェックしています

現在 静岡県K市にこの犬が迷い犬として抑留されている
毛が伸びすぎてボロボロの小型犬
シーズーの豊ちゃんも こんなボロボロ感じで抑留されていました

moblog_0931f91b.jpg
 
何とかして助けてやりたい ・・
でも 取る事が出来ない ・・ 置き場所がないのだ
(柴犬タローに続いて26日にも1匹引き取りました)

飼い主さん どうぞ名乗り出て ~~ と祈るしかありません
期限までに飼い主からの名乗り出がないと殺処分されてしまう

中には処分されてしまってから探しに来て 泣きながら帰った
飼い主もいたと聞きました
センターの職員の方が もう少し早く探してくれたら間に合ったのに
と言われたとか ~~


飼い主不明犬は殺処分 
この悲劇を防ぐ為には 迷い犬を作らない事
それには アクシデントが起きた時 飼い主が直ぐに判るように
犬の首輪に名札や鑑札等 飼い主の連絡先を着けて置く事 
これしかありません

飼い主が判明する物を着けていれば 確実に命は助かります

法律にも 飼い主である事を明示するよう義務付けられています
しかし 飼い主さんには徹底していない

狂犬病予防注射会場で調査しても 名札等の装着率は極めて低い


犬には飼い主さんの連絡先が判る物を着けておきましょう

マイクロチップは 外れる事のない身分証明です

moblog_85b63584.jpg

万一 犬が行方不明になったら 保健所または所轄役所へ
必ず届け出ましょう
役所には保護していますという情報も集まっています

交通事故で死亡する例もありますから そちらの担当窓口へも
問い合わせるとよいでしょう

moblog_37ee8c46.jpg

春は狂犬病予防注射の時期
この季節に合わせて首輪を新調したり 名札を取り替えたりしては
どうでしょうか


サークルマムでは アンちゃんママの手作りの 三つ折り名札を
販売しています  

先日 北海道のジュンさんから纏め買いの注文がありました
ジュンさんは北海道でボランテイアをしている方 
詳しくはブログ 「らっきぃと仲間たち」 をご覧ください

moblog_a5f3cf06.jpg moblog_aa5f84bc.jpg


すてっぷマムは 昨年の狂犬病予防注射会場で こんな
かわいい名札を 無料配布してました 

moblog_d4702220.jpg

自分で手作りして着けている方もあります
プロに作ってもらう方法もあります

そして大切なのは それらを必ず着ける事  
それが飼い主の義務であり犬に対する愛情の表現です


名札や鑑札は犬の命綱 必ず首輪に着けましょう

ミニピン雷蔵の家族募集

りゅうのすけとケリーが元の鞘に収まったので 平穏な日々が
過ぎています 
これで ひと安心と思ったのもつかの間 よく見るとケリーではなく
別の犬が寄り添っていた

なんとりゅうのすけに寄り添っているのは雷蔵 ・・ 

moblog_6d2cf29d.jpg

ケリーは?と探したら 奥の方で目が光ってました
男子二人に 完全に無視されてるようなケリー

moblog_f09a6422.jpg

実は雷蔵はとっても甘えん坊なんです
イチローが不在の今 側へ寄り添えるのは りゅうのすけと
ケリーしかいません

りゅうのすけは気持ちの優しい犬なので 雷蔵の好み
この際 オス同士でもいいので 寄り添う相手が欲しい雷蔵でした


雷蔵 新しい家族を募集中

ミニピンのオス 10才 体重6㌔ 去勢手術済み 
各検査全て済み フィラリア陰性
散歩大好きの元気なミニピン

ご希望がありましたら お知らせ下さい
お試しのホームステイは いつでもOKです


moblog_8053b937.jpg

moblog_fc5e7f6b.jpg

マルちゃん

マルちゃんのママから 梅さん頑張って~のお便りが届きました

『 梅さん、色んな季節の花が見れるように頑張って~

  最近マルの写真は眠くなっている顔ばかりです 

  一緒に写ってる写真は 二週間だけうちにいてくれた
  ナオちゃんの代わりのぬいぐるみです。 』

  moblog_4c539b5a.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マルちゃんの眠そうな顔 とっても人間的に見えま~す
オッサンなのに 赤ちゃんのような不思議な顔

ぬいぐるみ ナオちゃんに似ているような気がします
ナオちゃんの匂いが付いているのかしら?


ちなみに 実物のナオちゃんは こちらのパグ
1年半ほど前に新しい家族が決まって もらわれて行きました

moblog_54607826.jpg

その節は ナオちゃんをご希望下さって有難うございました
生憎 ご縁がなかったけれど 一緒に暮らした事は マルちゃんも
覚えているのでしょうね
マルちゃん まだまだ寒い日が続きます くれぐれもお大事に
  

いつもご支援くださり 有難うございます

管ちゃん その後

介護用ベッドで暮らしかけて半月

様子を見てましたが どうもベッドが気に入らないようです
住んでいる所が違うとでも言うように 昼夜問わず鳴いて暴れる

今までに聞いた事のないような 物凄い声 
敷物は何枚敷いても団子にしてしまう

moblog_04b8492c.jpg

今までは 夜中に鳴いても 昼間は眠っていたので マムも
その時には一緒にまどろんでいましたが 介護用ベッドに入れたら 
夜中はもちろん昼間でも鳴いて大暴れ

いつ眠るの・・? と不思議になるほど昼夜を問わず鳴く

しかし これは問題です
昼夜一睡もせずに ひたすら鳴くのは衰弱に繋がる

管ちゃんが眠らないという事は マムも眠れない
管ちゃんもマムも疲労困憊  これは共倒れの危険が・・  


一週間眠らないとフラフラなんてものではありません
モウロウとして目が回り 真っ直ぐには歩けない
車の運転なんて絶対不可能 日々の生活にも支障が出る


止むを得ず 昼間は介護用ベッドから出して 今まで暮らしていた
外の位置に戻す事にした

moblog_8acd7011.jpg

ベッドから出したら 鳴き止んだ ・・ 

moblog_27570449.jpg

眠った ・・ 

moblog_73d96a63.jpg

しかし 戻したこの場所は 下がコンクリートなので 敷物から外れて
もがくと肘や手足を擦りむいて出血する
元気に歩けた時は 擦りむく事もなかったので心配はしなかったが
これには困ったよ

もがいてコンクリートを引っ掻くと 爪の先から血が出る
moblog_21a7e8a3.jpg

昼間この場所に寝かせている時は側について見守るしかない  
敷物から外れたら もがく前に(血が出る前に)戻す 
大きな声で鳴く前に敷物へ戻す これしかない

夜間は介護用ベッドで我慢してもらう 
昼間眠って体力をつけているので 夜中に鳴く声が一段と大きく
感じられる


介護用ベッドは閉塞感があるのだろうか?

梅さんとは全く対照的な老い方
足だけが弱って来たが 全身はまだまだ元気 食欲もあるし
声も大きい  
こういう時 大型犬の介護は辛い 抱き上げるのにも大変 
管ちゃんは体重22キロもある大型犬

でも まだまだ元気でいて欲しいので マムも頑張って眠ります 


老犬に敷物のご支援 有難うございます 大変助かっています
 
特に管ちゃんはオシッコが漏れるため 敷物の交換頻度が高く
朝一に洗濯を開始して一日4回~5回洗っては干すの繰り返し

乾かない時には次から次へ新しく敷物を投入
本当に助かります  


敷物は 継続して募集中  皆様のご協力をお願い致します


裕美さん 切手・ハガキのご寄付 有難うございます
       どんなに古いものでも間に合います


moblog_c3bcf044.jpg

梅さん

暖かくなって嬉しいのは梅さん

毎日欠かさず庭へ出て日光浴をしていますが 
もう立てなくなりました

今までは 何かにもたれると立つ事が出来ましたが 
現在は もたれてもズルズルと座り込んでしまいます

でも 意識はハッキリしている
抱き上げて中へ戻そうとすると イヤだぁ~と大暴れ

moblog_9c76ae9e.jpg

moblog_b371b359.jpg

食欲が落ちて来て 今までの半分も食べられなくなった
ミルクもほんの少し口を付けるだけ

スポイトで飲ませてみたが スポイトをバリバリと噛んでしまった
プラスチックを飲み込むと危険なのでスポイトは止めた

食器を持って口に近づけて飲ませる事に~
片手で食器 片手で梅さんを支えるので写真は撮れない


管ちゃんの老化とは タイプが違う
梅さんはスタンダードな老化で 全身がゆったりと低下していく
ゆるい下り坂を終点に向かって ゆっくりゆっくり下っていっている
そんな感じ

沢山の犬を介護して来ましたが 穏やかな老化の進行で理想の形
あくまでもマムが思う老化の理想の形ですが・・

このまま 平穏に静かに穏やかに過ごせますように

moblog_3e697834.jpg

ご近所の梅が咲いたので 梅さんを抱っこして見てきました
梅の花が咲くまで頑張ってくれたので とっても嬉しい~

2年目の梅は多分 不可能だろう
次の目標は桜の花 その次はひまわりの花 そしてその次は紅葉
花を追って梅さん頑張ろうね

moblog_92f42555.jpg

由香里さん 梅さんのオヤツ ありがとう
        ワンコさんが梅を見られずに虹の橋を渡って
        しまったとの事 心からお悔やみ申し上げます

もんこむ母さん フロントラインのご寄付有難うございました

クッション再生

日光浴用にと庭のデッキにクッションを置いています

今までは小さいクッションを2個 毛布を1枚置いて それぞれに
好きなように座っていましたが ボロボロになって来た

使い心地が悪くなると 誰も寄り付かない
バンちゃんが全部集めて一人で敷いていた

moblog_642f963c.jpg

穴だらけになり中身の綿が出て困っていたら チョビアル母さんが
寄付のシーツを使ってカバーを作ってくれた
完成品  小さなクッションを2個入れて 大きなクッションに変身

moblog_5f19e93a.jpg

バンちゃんが独占
りゅうのすけも寄ってきたが 座らせてはもらえなかった

moblog_a392e68f.jpg

元通り大勢で座ってくれるといいのに ・・
チョビアル母さん 手作りカバー有難うございます



このバンちゃんも 川根本町役場から引き取った犬
ハウンド系の猟犬 ・・   多分 使い捨て ・・

皮膚病に罹り毛がほとんど抜け落ちて ボロボロ状態だった

moblog_b531b6a3.jpg

仕掛けた捕獲器に入ったので そのまま浜松へ運んで来た

moblog_acbb1ce3.jpg moblog_71235242.jpg 

捕獲されたのが2008年6月
その時に3才~4才くらいと診断されて もう8年も経ったので 
現在は推定年齢11才~12才くらい

寅さんやこりきと同様 大型犬なので 新しい家族探しは
諦めています


柴犬タローのみ 家族を求めています
7のオス 体重11㌔ 超甘えん坊


moblog_ac1ef758.jpg


雄踏町の笑美子さま   チョビアル母さん   リーママさん 
支援物品有難うございます

犬を捨てる時期がある!?

犬を捨てるのに時期があるなんてご存じでしたか ?
時期というより キッカケになる出来事が多い季節とでも
言うべきでしょうか

基本的には 飼い主が新しい環境へ移動する時に
捨てられるケースが(飼育放棄も含めて)多い


例えば 転勤、入学、就職、などで移動する春先や
結婚して新生活スタート時にも 今まで飼っていた犬や猫を
捨てる例が(飼育放棄も含めて)報告されている

サークルマムでは 動物を引き取って欲しいという依頼は
一年のうちで3月・4月・5月が最も多い


2月2日にダックスの家族募集を掲載したが 申し込みは全くナシ
引っ越しの期日は刻々と近づいてくるが どうすればよいのか・・・


ちもちゃんは  昨年5月転居の為飼育放棄された
5匹のうち ちもちゃんだけが まだ家族が決まっていない
sp-076232000s1455028016.jpg

このチワワは河川敷に捨ててあった

moblog_707f5224.jpg



それから 狩猟シーズンの終わりが近づいてくる春先にも 
山を放浪している犬の目撃者が多い
猟に使い そのまま犬を置き去りにして帰る不心得な人間がいると
推測される
今回の静岡県東部地域での猟犬の遺棄が続いたのは その例か


数年前 浜松市の山奥で迷い犬としてビーグルが捕獲された
首に発信装置を着けていたので狩猟に使った事は明らか
しかし 飼い主からの名乗り出は無かった  使い捨てです


静岡県北部の山林を放浪していたこの犬も  明らかに猟犬
見かけた人から連絡があったが 保護できずに行方不明

moblog_e99c5352.jpg

moblog_ed487da8.jpg

moblog_9d7f5cca.jpg



こちらも  山奥を放浪中 川根本町役場に捕獲された猟犬
期限が来ても飼い主は名乗り出なかったので引き取った

moblog_a0319bc4.jpg


川根本町役場に捕獲された ビーグル
飼い主探しをしたが該当ナシとの事
現在は島田市の施設に抑留されています
期限は本日の22日まで この犬に心当たりある方はいませんか

moblog_1da071ad.jpg
 


季節を問わない例もある
近年多いのが 老人の入院・入所など健康上の問題が起きて 
やむを得ず飼育放棄する例

こちらは 独居老人 又は 高齢者ご夫婦がほとんど 
話を聞けば お気の毒な状況ではありますが 元気な内から 
自分に何かあった時の事を考えて欲しいと節に望みたい


欧米ではサマードッグという言葉もあるらしい
長いサマーバケーションを避暑地で過ごし 終わったら犬を捨てて帰る
その捨てられた犬達をサマードッグと呼ぶそうです


忘れてはならないのが ブリーダーの使い捨ての現実
まとめて遺棄される例が多い


いずれにしても遺棄された犬や猫にとっては悲劇の始まり
人目に付かない所へ遺棄されたら餓死するしかない
公園や河川敷などへ置き去りにされた犬や猫は 逃げ回るうちに
交通事故にあったり 病気を拾ったりしてボロボロになり 死亡する
例もある


マムの手元にいるケリーは  富士山麓の茶畑に捨てられていた

moblog_04bed30e.jpg

毛が鎧のようになり ブリーダーの使い捨てと推測される

moblog_c3265704.jpg



今まで家族として心を癒し 安らぎを与えて来たはずなのに
繁殖に使ったのなら 今まで儲けさせてくれたでしょうに

あまりにも簡単に捨ててしまう
人間として悲しい ・・・ 

もし周りに移動予定の人や手放す予定の人がいたら 
動物をどうするのか お節介を焼いてみて下さい 
 
ただし あくまでも穏やかにね

動物の行き先を見つける為には時間がかかります
手間もかかります 費用もかかります
そういう事も含めて 工夫や対策の談に乗って上げましょう

柴犬タローの散歩

柴犬タローの楽しみ それはリーパパ&ママによる早朝散歩



楽しそうに歩きます



リーママがリードを持って行くのですが 
嬉しくてしょうがないタロー






あどけない表情のタロー
とっても可愛い^^^^^^^^^^  



しかし 散歩はダイナミック



寅さんと並んでグイグイ引っ張るらしい



前後左右 全方向へ引っ張る






寅さんも負けじと引っ張る



リーパパ・ママご夫妻には 早朝から 
犬の散歩を有難うございます    


実は この2匹 意外な接点があるのです
川根本町役場の支所 同じ役所から引き取ったのです

※ 同じ浅羽支所から引き取った あさこちゃんとキキちゃんの
  ような関係です

寅さんは静岡県と長野県堺の山奥を放浪していた犬
(マムは遺棄された可能性大と思っている)

柴犬タローは飼い主さんの飼育放棄と事情は違っていましたが
同じ役所の出身 同窓生ですね

でも柴犬タローは まだ若いので新しい家庭で再出発させたい

寅さんは2009年に引き取って その時に3~5才くらいと診断を
受けたので 現在10才~12才くらい
 
もう おじぃさん犬ですから 新しい家族探しは多分無理
大型犬なので 多分ではなく絶対無理


柴犬タローの家族を募集中

甘えん坊で人が大好き 検査・手術など全て済み

タローと一緒に しつけの勉強を できる方希望

ちもちゃん 元家族と同窓会♡

ちもちゃん家族の同窓会を開きましたので その模様を
チョビアル母さんのブログから転載しました

『 当日はあいにくの雨模様となりましたが、ちもちゃん
  行ってきました。

  場所は、「ドッグラン 犬の森POM」さんのカフェです。

  実は、このブログを見ていて下さっている ちもちゃんの息子
  リーベ君のママが、「一度お会いしたいのですが。」 と
  連絡をくれたんです。

  ちもちゃんは、元々5頭の家族で暮らしていました。
  元の飼い主の放棄により、今は皆、別々の新しい家族に
  迎えられ幸せに暮らしています。

  私も ちもちゃんが生んだ子に会ってみたい!! と言うことで
  連絡をしたら、皆さん集まってくれました。

  sp-099949500s1455517323.jpg

  ティンキーちゃん、ちもちゃんに本当にそっくりな美人さんでした。
  頭に飾りを付けてもらって、オシャレ~!

  sp-090908300s1455517358.jpg

  残念ながら、ちもちゃんの旦那様は県外なので来られません
  でしたが、4頭が勢揃いして感激の再会となりました。


  リーベ君は長居ができないとのことで、カフェの入り口で
  みんなでバシャバシャ記念撮影。

  sp-097512100s1455517470.jpg

  リーベ君、パパ譲りの毛の色に優しそうな、ちょっと繊細な感じの
  ハンサムボーイでした。

  sp-087856700s1455517564.jpg

  sp-082999100s1455517587.jpg

  ちもちゃんのこと思い出してくれたかな?

  sp-014320500s1455517607.jpg

  お店の入り口ですっかり盛り上がってしまい、店主の方から、
  「そろそろ奥のカフェの方へどうぞ」と声を掛けられ移動しました。(笑)

  リーベ君は、ここまでで帰って行きました。
  袋井からはるばる来ていただいて 本当に有難うございました。


  その後、カフェでゆっくりお話が聞けました。

  sp-033913200s1455517635.jpg

  わが家でほんの数日お預かりした事のある桃花ちゃん。

  sp-060786500s1455517743.jpg

  最近は、尿意を感じることができなくなってしまったのか、
  いつもオムツをしているそうです。
  8月にわが家にいたころは、ごくごく普通の様子でした。
  何にも教えなくてもクンクン臭いをかいでおトイレを発見し、
  オシッコをしたのでそりゃあもうビックリ仰天したのを覚えています。
  わが家での初日、父ちゃんが帰ってきたら、玄関まで行って
  シッポを振ってお出迎えしてくれたのもすごかったなあ~。
  もう父ちゃんはメロメロでした(^ ^)

  そんな愛くるしい桃花ちゃんも寄る年波には勝てず、でしょうか…
  里親さんには、お家に迎えてもらった途端そんな風になって
  しまって何だか申し訳ないような気持ちになってしまいました。
  でも、お母さんにずぅーっと抱っこされている姿を見ていて、
  桃花ちゃん本当によかったなと思いました。

  sp-006800800s1455518061.jpg

  ちもちゃんの娘のティンキーちゃんも、お母さんのお膝の上に
  ちょこんと座っておすまし顔してました。笑

  sp-083065500s1455518152.jpg

  桃花ちゃん、ティンキーちゃんのそんな姿を見ていると、
  やっぱり ちもちゃんにも指定席を見つけてあげたいなと
  強く思いました。


  最初のころは抱かれたままおとなしくしていたティンキーちゃん、
  飽きてしまったのか下に降りてちょこちょこ歩き回りだして。

  sp-023034000s1455518212.jpg

  聞くと、とても活発で元気いっぱいだとか。
  (う~ん、納得。 ちもちゃんも不自由な足でとっても活発)

  「人が抜けないような木を、口でくわえて抜いてしまう。」と
  お母さん。(クスッ)

  一番おかしかったのは、桃花ちゃんのお姉さんが 「全然 歯みがき
  とかしてなくて…」と言った時、ティンキーちゃんのお姉さんが、
  「うちの子はいつも木を噛んで歯みがきしてるから…」(大爆笑)

  実はちもちゃんも同じようなことがあったんです。
  庭で遊んでいる時、なんだかもがいている様子に慌てて駆け寄ると、
  なんと前足で必死で押さえながら木の枝をガジガジ。
  後ろ足がよろけて転がってしまうので、遠くから見たら発作でも
  起きたのかと一瞬ビックリしたものでした。

  お顔だけでなく、性格もそっくりなティンキーちゃんとちもちゃんです。

  そんなこんなで12時過ぎまで楽しくお話が聞けました。

  sp-037995000s1455518292.jpg

  また次回もぜひお会いしましょうねということで解散しました。

  リーベ君、ティンキーちゃん、桃花ちゃん、本当に有難うございました。

  そして、沢山写真を撮ってサポートしてくれたラウルママ・ラッピーママ、
  お世話になりました。


  ちもちゃん疲れてしまったようで、家に帰ってから爆睡していました。 
  私も…笑』

  チョビアルと預かりちもちゃんより転載


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちもちゃんだけ まだ家族が決まっていませんので 

家族募集中です

メス 6才 障害がありますが最近とっても回復してきました
自力で歩けます
自力でトイレもできます

甘えん坊で膝が大好き どなたか在宅しているご家庭を希望

手は掛かりません ほんの少し見守って 必要な時だけ手を
差し伸べて補助して下されば大丈夫です


チャーミングな ちもちゃん ご希望の方はお知らせ下さい

moblog_b19885c7.jpg

かい ここ ベル 宅から 

ベルくんの 「うちの子記念日一年目」
  
  moblog_fa457289.jpg

『 1月の末でベルくんが我が家に来て1年が経ちました(*´ー`*)
  ベルくんが来た頃には しつけで色々教えようとした際に
  家族全員あちこち噛まれ、病院に行くことばかりで
  どうしようもなく...( TДT)

  先住犬のかいくんとも喧嘩が絶えなく( TДT)
  困ることばかりで訓練士さんも入れ(*´ー`*)

  今でも かいくんとの喧嘩は時々ありますが...
  今ではベルくんは何をしても怒ることはほとんどなく(*^▽^*)
  3匹の中で1番の甘えん坊です 

  去年末には ベルくんが来てから初めての家族旅行にも
  行けました~(*´▽`)

  これからも色々なこともあるかと思いますが
  我が家に来た以上 いっぱい愛情を注いで わんちゃんと私達家族
  みんなで楽しい思い出を作っていきたいと思います~(*´▽`)  』

  moblog_21334188.jpg


ベルくん 1周年記念日オメデトウ  

念願の旅行もできて本当に良かったですね
家族みんなで沢山の思い出作り ・・ ステキです

この写真は  お宅へもらわれて行って間もない頃 
仲良くご飯が食べられた喜びの記念写真

moblog_4e8b039e.jpg

常にこんな風に仲良く暮らせるのが理想
かいくん ここちゃん ベルくん どうか仲良く過ごして下さいね  

リリーさん

リーママさんから リリーさんの写真が沢山届きました
この幸せそうな顔に説明文は不要ですね
リリーさんのいい顔を存分にご覧下さい

moblog_891c3c20.jpg

施設に入所した元の飼い主さんは まだお元気なのかな

本当は リリーさんの元気な写真をお送りしたいのですが
飼い主さんも犬と別れる事に苦しんで やっと心の区切りを
付けたのに 写真を見て再び会いたくなり嘆き悲しむのでは
逆効果となります



遠く離れた場所からリリーさんと一緒に 飼い主さんの
元気をお祈りするしかありません



おじいちゃまへ 
リリーさんはとっても良い子で毎日を過ごしていますよ
ご安心下さいね



















ミックス犬の家族を募集 

リリーさんを迎えて下さる家族を求めています
高齢ですが甘えん坊で人が大好き
最期のひと時をご一緒に暮らして下さる方は ありませんか?

ご希望がありましたら お知らせ下さい

募金設置 有り難うございます

募金箱を設置させて頂いている 中区富塚町の美容院
「 ペーハーセブン COZY 」さんから チョビ&アル君のママが
募金箱を回収し 3027円を振り込んで下さった 

moblog_09f1d225.jpg

美容院の場所は 
浜松市中区冨塚町 浜松商業高校の直ぐ近く

moblog_761fbbb0.jpg

美容院をご利用のお客様  スタッフの皆様 有り難うございました

チョビ&アル君のママ お手数をお掛けして 有り難う  

柴犬タロー

柴犬タロー 術後の再診に病院へ 

車にも静かに乗れる 外を眺めながらおとなしい

moblog_7c017780.jpg

病院でも他の犬にはフレンドリー

moblog_6cfb3d53.jpg

傷口もキレイに治り 体調にも異常はありませんでしたので
混合ワクチンを接種
これでいつでも 新しい家庭へ出発できます


現在の課題は しつけ ・・ とにかくハチャメチャ
今まで何も教えてもらっていなかったようで これは
犬にとって最大の不幸


基本ができていないと それ以上前へ進む事ができない
新しい希望者さんは タローと一緒にしつけを学べる方でないと
無理かと思う  (飼い主さんにこそ しつけを学んで欲しいのです)

ただ柴犬を欲しいだけの方では お断りする事になるかも ・・

現在 スワレ マテ を一日一秒ずつ伸ばして教えています
しかし 一朝一夕には向上しません
5秒くらい経つと マムから目をそらし体を動かしてしまう

こういう時のアイテムはオヤツ

moblog_33c63d7c.jpg

極ヤセ状態だったから ご飯の食べられない日もあったかも知れない
オヤツには物凄い関心を示し キレイなスタイルで待てます

moblog_6d881627.jpg

手のひらを見せてマテ  
何秒かして ヨシ の合図を出すと食べ始める

moblog_d05d3319.jpg

頭のよい犬なので 教えれば出来る

moblog_ddccc96c.jpg

性格は120点の良い子 若いのでまだハチャハチャしているだけ

moblog_fc7dd209.jpg

散歩もハチャメチャ
リーママさんご夫妻に 朝の散歩に連れ出してもらっているが
もう大変らしい ・・・
アッチへ行ったりコッチへ行ったり真っ直ぐには歩けない
人の横を付いて歩く事を知らないので しつけは基本から学ぶ
必要が有る
しつけの先生をご紹介できます


柴犬の家族を募集

柴犬タロー オス 7才になったばかり 甘えん坊で人が大好き
各検診・手術など全て済み
タローと一緒に しつけ を学べる方希望
外飼いOK
かなりの高さを乗り越えて逃走するので 繋留する方が安心

飼う為の約束事がありますので 詳細はマム事務局へ
問い合わせを お願いします



コテハク母さん  ゆりの木通りの原田さま  智恵さま
オヤツ ドッグフード 敷物など沢山のご支援 有難うございます

ダックス同窓会報告

14日の譲渡会に合わせて ダックスの同窓会も開催されました

家族が再会した様子を ラウルママさんから報告

『 参加ワン4匹
  ちもちゃん
  ティンキーちゃん(旧がんこちゃん)
  リーベ君(旧ラテ君)
  ももかちゃん(旧モカちゃん)

  チョビアルママさんが、皆さんへの連絡、調整から当日の
  いろいろな手配まで 全て手際良く済ませて下さいました  

  雨が降っていたので、ラッピーママさんやポムオーナーさんが
  気遣ってくださり、隣接のカフェを利用する事が出来たので、
  飼い主さん同士ゆっくりお話が出来ていました。

  みんなそれぞれ新しい家族に大切にされて幸せそうでしたよ~
  残念ながら リーベ君は時間が無くてゆっくりできなかった
  のですが ・・ 』

sp-099949500s1455517323.jpg

sp-097512100s1455517470.jpg

sp-090908300s1455517358.jpg

sp-014320500s1455517607.jpg

sp-006800800s1455518061.jpg

moblog_2ad082cf.jpg

sp-087856700s1455517564.jpg

sp-083065500s1455518152.jpg

sp-037995000s1455518292.jpg

sp-023034000s1455518212.jpg

ご家族の皆さん 雨の中をお疲れ様でした~
どの子も幸せそうに顔が輝いていて とっても嬉しいです
また チャンスがあったら是非 同窓会を開きましょうね


この同窓会の詳細は チョビアル母さんのブログ
「チョビアルと預かりちもちゃん」 をご覧ください

ポム譲渡会場にて

14日は ドッグラン・犬の森ポムさんのカフェをお借りして
すてっぷにゃむの猫譲渡会が開催されました

あいにくの風雨でしたが 蘭丸店長さん & 咲蘭ちゃんが来場
そして その中には なんとイチローも加わっていました


ラウルママさんからの実況報告

  moblog_5bfee4fd.jpg

『 蘭丸店長、咲蘭ちゃん、イチロー君です。
  イチロー君は初対面の人にも警戒する事もなく、
  しっぽフリフリでご機嫌でしたよ [\(^ω^)/]
  一発芸を習得中だそうです。
  帰る時も、車までちゃっかり抱っこされて帰って行きました~  』

  moblog_edbbaf99.jpg


抱っこされたなんて ・・ 驚きです !! 
マムはビックリして卒倒しそう 

一発芸を習得中とか どんな芸を見せてくれるのか楽しみ
そして 今度こそマムは本当に 引っくり返ってしまうと思うよ

順調に体重も減って来たイチロー 
本当にぷらすわん先生ご夫妻のお蔭です

本当に 本当に 有難うございます      

moblog_33b42a89.jpg

詳しくは先生のブログ
「 しろいぬ天使 蘭丸さん 私のかわいいお犬さま」 をご覧下さい


ぷらすわん美容室さん アッシュちゃんのお姉さん
物品のご支援 有難うございます

星になったシャドウくん Ⅱ

フォクシーちゃんのお宅から ・・・

『 14日、シャドウを無事見送りました。

  moblog_391219e9.jpg

  名残惜しさを抱えたまま、夜明けの嵐がおさまるのを待って、
  意を決して出かけました。
  この時になってもまだ、シャドウは眠っているかのようでした。
  幸い、動物連れでもOKということで、フォクシーも一緒に行きました。

  moblog_b9a85bd5.jpg

  お花を捧げ、大好物だったのに身体のことを考えるとホンの少し、
  それも、たま~にしかあげられなかったニンゲン用のパンを2個、
  入れてあげました。

  moblog_3440830d.jpg

  そして、虹の橋のたもとへの道中が少しでも寂しくないといいなぁ…と、
  シャドウが世界で一番好きだった主人の代わりに、お古のTシャツを
  お供にしました。  』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シャドウくんは あの暴風雨の後 虹の橋を渡ったのですね

大好きだったお父さんのTシャツを首に巻き かっこ良く橋を
渡ったに違いありません^^^^^^^^^^^
シャドウくんが捨てられていた佐鳴湖も見えたかな ・・

前半は苦しく辛い半生でしたが フォクシーちゃんのお宅へ
迎えられてからは 幸せそのもの

笑顔で虹の橋を渡っているシャドウくんの姿が目に浮かびます
フォクシーちゃん お父さん お母さん 心から感謝申し上げます

シャドウくん 安らかに ~~
  

りゅうのすけ & ケリー

元の鞘に収まった りゅうのすけとケリー

りゅうのすけは ケリーをお腹に抱え大切に守っています
力を入れてないで そっと抱えてる感じが良く判る

moblog_64b823f6.jpg

ケリーに置いて行かれたくないから 必死で守ってるのかも   


夕ご飯が済み 夜 眠る時はお尻で出入り口を塞ぐ

moblog_38aa564e.jpg

誰も入れないし 中にいるケリーも朝まで出られない
ケリーは僕だけのもの ・・ 

moblog_4a559217.jpg


10才を越したら 僕もミルク飲む権利あるよね と質問されました
まだ固形物をバリバリ食べられるのだから ミルクはもう少し先でも
いいんじゃない?
しかし この返事が気に入らなかったようで ご飯を残すようになった
僕 ご飯食べられない~と訴えているようで かなり知能犯

moblog_3e21e0dc.jpg

マムは完全にりゅうのすけに踊らされ ミルクをどうぞ~となった
知能犯 やるね 。。。。。。。

ミルクのお蔭? ミルクのせい? この冬 また太った 
体重は12㌔ ドクターから減量の指示が出ました


この日向ぼっこをしている顔は  やっぱりお爺さん犬

moblog_fc884c78.jpg
 

りゅうのすけは 最近とっても可愛い表情になってきました
目がクリッとしてあどけない感じ 性格も穏やかになって来た 


柴犬タローは柴犬らしくキリッとしているが りゅうのすけは
どちらかというとデレっとしたタイプ  しゃっきりしない

2匹を比べると 同じ柴犬でもあまりにも違うので驚くが 
りゅうのすけは年令を重ねて好々爺になって行くので嬉しい


先週 健診に行って来たが 心臓がかなり悪くなっている
引き取った当初から僧房弁不全症と診断されて現在に至るが 
加齢により徐々に悪くなっているらしい

エコーで視ると心臓の弁がヘロヘロして 血液が逆流してます
血液を体全体に送ろうと心臓が頑張っているが 頑張り過ぎて
止まってしまうと困る 
心臓さん そんなに頑張らないで・・と 働きを抑える薬を飲んでいる


りゅうのすけ あしなが支援 (心臓の薬代) 募集

薬の現物支援の場合は 「アピナック錠12.5mg」 でお願いします


moblog_90acc462.jpg

かんた君

かんたくんのお宅からお便りが~★♪☆*.+゜

『 ご無沙汰しています 最近のかんた君の写真を送ります♪
  最近は寒かったりするので ほとんど家の中で過ごしていて
  寛いでいます(*´ω`*)

  moblog_45a09b64.jpg
    
  ものすごく良い子にお留守番もしています~☆
  慣れてきて 寛ぎすぎているのか座り方も面白いんです♪
  最初見た時は本当に笑いました~ 

  moblog_826d3f78.jpg 

  かんた君が我が家に来てくれて 毎日が本当に楽しいです(*>ω<*)
  また 時間があったら会いに来て下さいね♪♪   』

  moblog_0ac918ff.jpg moblog_89a5933b.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かんたくん お久しぶりです
すっかり 「お坊ちゃま」 になりましたね
お父さんと仲良く散歩している姿が目に浮かびます

先代ミミちゃんの後釜として すっかり家族の一員になりきってます
「毎日が本当に楽しいです」 との言葉 
かんたくんに取って これ以上の褒め言葉はありません

かんたくん 本当に本当に良かったですね
ご家族の皆様 末永くどうぞ宜しくお願い致します

首輪に 名札と三つ折り名札の両方着いているのが 
とっても嬉しい  

日吉丸

日吉丸も今年16才

moblog_81a38827.jpg

平成12年に 生後4~6ヶ月位の子犬を引き取ったので 
現在16才である事はハッキリしています

16年前 B県で活動しているボランテイアさんから緊急の連絡が

『 保健所へ見学に行き 処分のオリに1匹だけでうずくまっている
  子犬を発見 メンバー6人で引き取ることを相談 
  その子犬を貰い受けて連れて出ました しかし いざ その子犬を
  誰が引き取るかになったら6人全員が無理と辞退 
  やむを得ず保健所へ戻り 子犬を返してきました  ・・   』

活動している中で 初めて聞いた例で非常に驚いた記憶があります

掛かりつけ獣医さんに 検診という名目で入院させてもらい その間に
行き先を探す事も出来ますよ と伝えてみたのですが

「病院の費用が ・・・  しかも もう保健所へ返してしまったので ・・・ 
でも 浜松で引き取ってもらえるなら処分しないで待ってもらうよう
保健所へお願いしてみます」

連絡をくれた方は 「何とかお願いできないでしょうか?」 と電話口で
申し訳なさそうに話していました

子犬を保健所へ返した事で良心の呵責に苦しんでいるように思え
もちろん 即決でOK

「直ぐに保健所へ行って その子犬を引き取って下さい
あなたの掛かりつけの獣医さんに診てもらい 今夜迎えに行くまで
預かって下さるようお願いして下さい 費用の心配はいりません」 
と 強くお願いし仕事を終えてから向かいました

( 保健所から引き取って病院へ入れたらもう安心 
  命は繋がりました
  仕事が終わってから迎えに行っても 充分間に合います )

現地の病院へ到着したのが午後11時過ぎ
それでも 獣医さんは病院を開けて待っていてくれました
健康状態の説明を受けて病院を出たら日付けが変わっていた

問題は その子犬
まったく無反応 無表情 石のように固まったまま動かない
何日も同じ姿勢で ご飯も食べない
側へ行くと歯を見せて唸る

当然でしょう 
飼い主の手で保健所へ持ち込まれ それだけで心が砕かれたのに
今度はボランテイアの暖かい胸に抱かれて アッ助かるんだ と思った
のも束の間 再び 冷たいコンクリートの上へ戻された

子犬の心はとっても繊細
2度も保健所へ入れられたら 繊細な心は壊れてしまう
もう人間なんて絶対に信用しないぞ ・・ そんな風に見えました

長い間 石の世話をしているようでした
お地蔵様にご飯を出して勝手に声を掛けているようで こちらも
心が折れそうで強い辛抱が必要でした


でも1年くらいして ようやく散歩にも出掛けられるようになり 
マムにも懐いて来たのでステイを試した事があります

その日は雨 小屋にも入らず雨に濡れながら座っていたようです
クサリが木に巻き付いて首が絞められ希望者さんがほどいてやろうと
手を出したら歯を剥いて唸った

怖いから犬を返したいと電話がありすっ飛んで行きました
ずぶ濡れで見るも哀れな姿に涙が溢れ ゴメンねと思わず叫んだ

クサリをほどこうとしたマムにも歯を見せて唸ったが 噛まれる覚悟で
犬に手を回しクサリをほどいたら  何と ・・
両腕でマムの首に抱き着いてきた
 
思わず抱きしめました 
ずぶ濡れで 手足が泥だらけで 冷たくて ギャ~と叫びそうでしたよ

 
長い間 この活動をやっていますが 首に抱き着いて来た犬は
この日吉丸と ハヤトかすみ宅のハヤト君だけ

ハヤト君は保健所から引き取った時 保健所の檻から出したら
その場で首に抱き着いて来ました
保健所の檻の中での抑留期間がよほど怖かったのでしょう 
糞尿の異臭を放って大変な状態でしたが その時もムギュ~と
抱きしめた記憶があります   
               今は亡きハヤト君
  moblog_4d020543.jpg


日吉丸は もう手放せませんでした
マムの元で一生を送りましたが (まだ現役で頑張っていますが)
最近 触ると唸るようになった 痴呆でしょうか

ごんべえさんの時と同じように 年を取ったら気が難しくなった
もっとも マムは唸られても平気ですけどね ^^^^^^^^^^^

moblog_f134ef53.jpg

3年ほど前の元気な頃の写真  チャーミングな目をしてます

今は立ち上がると後ろ足が震えるようになり うっかりすると後ろへ
座り込んでしまう



B県のボランティアさんが所属していたのは 在京の大きな団体で
送られて来た機関紙の表紙に日吉丸の写真が載ったのには驚きました

編集室へ問い合わせてみたら 
「保健所から処分寸前で救出した子犬です」との返事 
その子犬はどうなったのですか? と再び尋ねたら
当会のボランテイア宅で育てています ・・・


記事を書いて送った人も 子犬を再び保健所へ返した事や
見学した人誰もが引き取れなかった事は書けなかったのかも
それぞれ立場がありますから ・・

でも 連絡をくれた方には 今でも感謝しています
その方の連絡がなかったら 日吉丸は 今 存在していない
どのような状況でも命を繋いで下さった恩人だと思っています

日吉丸 まだまだ長生きしましょうね
美味しいものを沢山食べて 生きてて良かったと思える犬生を
送りましょう  
ガンバレ16才 !!         

管ちゃん 介護生活開始

管ちゃん いよいよ介護用ベッドを使用する日がきました

まだ動きたくてモゾモゾと這いずり回る犬を 介護用ベッドに
寝かせる事は 自由を奪い拘束するような引け目を感じるが 
這いずり回ると肘や手足を擦りむいて出血し 大変な事になる
 
何よりも 敷物からはみ出してキュ~ンキュ~ンと鳴くのには参った
昼夜を問わず鳴くのでベッド使用はやむを得ないと マム自身に
言い聞かせ決断した 
ベッド内で敷物の上なら ケガをして出血する事もないので安心


この場所は今までの定位置  夏は床下を通った風が
通風孔から吹き出して 案外心地良かったらしい

moblog_28dd8035.jpg

ポカポカ陽気の中 昼間はぐっすり眠り 夜に備えて体力温存

moblog_1837faf5.jpg



まず介護用ベッドを準備 

moblog_b8ec2c3d.jpg

周りをダンボールで囲った

moblog_8846341a.jpg

アミ目の幅が広いので隙間から手足を出して キュ~ンと鳴く

moblog_37991ec8.jpg

こんな感じで隙間へ手を入れ もがくと手が捻じれてしまう
なので手が入らないようにダンボールで囲った訳です

moblog_61055fd9.jpg

低反発マットの上にトイレシーツを敷き さらに木綿シーツを
掛ければ準備OK
  
完成するとこんな風になる予定   まだ未完成
moblog_6ffb03ad.jpg

オシッコがじょろじょろと洩れている状態なので 1時間もすると
トイレシーツと木綿シーツは ぐっしょりと濡れる

濡れた所へ寝かせて置くと雑菌が繁殖し 褥瘡や化膿する元になったりと
問題が発生するので こまめに交換が必要  
今後 長時間の留守はできない 外出は不可能

シーツ等の交換をしていると 電話にも出られない事がありますので
ご用の節はメールでお願い致します 手が空いた時に返事を書きます



敷物を募っています

バスタオル タオルケット キルトケット 木綿シーツなど 

敷物にする布を募集
なるべく洗って使いますが 使い捨てる場面も多く 布の敷物が不足

その他 薄手毛布 布団カバーなどベッドに敷けるものなら何でも可

まだ もぞもぞと動く力が強いので トイレシーツだけではクチャクチャに
なって丸まってしまう 
大きな木綿シーツなどで 低反発マットをスッポリと包んでしまいたい


敷物は現在 梅さんと管ちゃんに必要としています
老犬の為にご協力をお願い致します



ピ与彦ママさん  ビーグルの彩ちゃんママ  マッキントッシュ様
レオママさん  いつも老犬達にご支援を有難うございます

星になったシャドウくん

2016年2月13日 シャドウ君が星になりました   

フォクシーママさんから
『 悲しいお知らせです。
  本日、午後3時20分、シャドウくんが旅立ちました。
  心臓病からくる肺水腫でした。

  昨日の夜まで、散歩もゴハンもトイレも睡眠も いつもと変わらぬ
  様子だったのに、夜中に咳をし始め、朝方、呼吸が少し荒くなって
  きました。
  それでも、朝は散歩に出たがり、ちゃんと自分で歩いてウンチも
  オシッコもして病院に向かいました。
  呼吸の様子から即、処置が行われ、取り急ぎ入院となり、私は一旦
  帰宅しました。

 1時間もしないうちに病院から連絡があり、一度心停止が起き、
  マッサージで吹き返してはいるものの、いつ何が起きても
  おかしくないとのことでした。
  回復の見込みも無く、時間の問題と伺い、かねてより、最期は
  我が家でと思っていましたので、苦しみを繰り返すだけの処置は止め、
  我が家に戻り、主人と私とフォクシー、みんなで一緒に過ごしました。

  帰宅してからのシャドウくんは、苦しそうな様子も無く、
  呼吸が徐々に間遠くなる感じで、およそ1時間後に静かに眠るように
  息を引き取りました。
  最後の最後まで、いい子過ぎるワンコでした。

  あまりにもあっけなかったうえに、今もいつもと同じ寝姿で
  横たわっているため、あれから4時間以上の時が過ぎているのに、
  まるで実感が湧きません。
  ゴハンのお皿をコチンと鳴らせばムクっと起きてくれるんじゃないか、
  そんな風に見えるのに、撫ぜるとどんどん冷たくなっているのです。

  現実問題、火葬の手配やら、各種届出やら、やらなきゃならないことが
  色々あるのですよね…
  今夜はまだ、ただただ見つめていたいです。
  フォクシーもおとなしくしています。

  シャドウくんにとって、我が家での暮らしがベストチョイスだったか
  どうかは、今になってもわかりませんが、我が家はシャドウくんの
  お陰で、明るく笑いの絶えない日々を過ごせました。

  2013年3月3日にお預かりをスタート。
  あともう少しで3年目だったのにねぇ…
  もっともっと一緒に居たかったのに…
  今は、シャドウくんの苦痛が長引かなかったことだけが救いです。

  シャドウくんと我が家を引き合わせてくださって、本当に有難うございました 』

  moblog_711db5f8.jpg

  moblog_d8c0e152.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで大切にお世話をして下さり 感謝の気持ちで一杯です

佐鳴湖公園に置き去りにされ どんなに不安な思いで一夜を
明かしたか ・・
小さな体を震わせて声も出さずに鳴いていたに違いありません

発見され暖かい胸に抱き上げられて どんなに嬉しかった事でしょう
フォクシーちゃんのご家族に迎えられ 最期まで幸せでした

心よりご冥福をお祈り致します

星になったハッピーちゃん

2016年2月13日 ハッピーちゃんが星になりました  

ハッピーちゃんは子犬と共に見捨てられたビーグル
その時の年齢が4歳 今のお宅へ迎えられて12年目 
16歳の大往生でした
心よりご冥福をお祈り致します 

ちもちゃんの目

預かりボラのチョビアル母さんが 可愛いハムちゃんと 
ちもちゃんの記事を掲載していますので転載しました


『 ちもちゃんの右目は委縮してしまっています。
  sp-076232000s1455028016.jpg

  私も、はっきりとは知らないのですが、

  引き取りに行ってくれた方の話によると、元の飼い主は、
  子犬の頃に親犬に噛まれたとか言っていたようです…

  手当ができないほどのケガだったのか、もしかしたら
  ちゃんと治療しに連れて行かなかったのか…。


  昨年末のクリスマス募金会でのこと。

  「かわいいね~かわいいねぇ」とちもちゃんを撫でようと
  近付いてきた男性がいました。

  私がちもちゃんを差し出すと、おそらく右目を見たのでしょう、
  突然無言で行ってしまいました。

  私はちもちゃんの委縮してしまった目は全然平気なのですが、
  苦手な人は本当にだめなんでしょうね。

  こればかりは、どうしようもないことです。


  実はわが家にはハムちゃんがいます。
  sp-017110000s1455028229.jpg

  名前は「ナイト」
  娘が独り暮らしの頃、寂しくて飼い始めたのですが
  sp-085245900s1455028278.jpg

  この子も左目が病気になってしまい 治療のかいもなく
  委縮してしまいました。

  sp-034403900s1455028317.jpg

  ちもちゃんもナイトも 残りの片方の目がとてもかわいいです。
  sp-006809700s1455028457.jpg

  sp-016584700s1455028507.jpg

  チョビアルと預かりちもちゃんより転載



人間も同じですが 障害に対して理解を得る事は難しいですね
こんなに可愛い目なのに ・・
マムから見たら 超 超 可愛く見えますけどね



超可愛い ちもちゃんの家族を募集しています

少し障害がありますが ヨロケながらでも
自力で歩けますし トイレも自力で出来ます
とても甘えん坊な女の子 

どなたか在宅していて 抱っこできる専用の膝が
あるご家庭を希望

リスの日向ぼっこ

立春が過ぎ 暖かい日が続きます

ふと見ると 道路の向かいにリスが3匹 日向ぼっこをしている
真ん中の黒い点がリス 中央から左に3匹が並んでいる

moblog_3b7fbaee.jpg

そっと 近づいてみたら左の2匹は逃げたが 真ん中の1匹が
ご飯中で何かの実を食べていた

moblog_1a71c3eb.jpg

もっと近づいたら尻尾を膨らませて威嚇 その後逃げ去った
でもマムが自宅へ入ったら また出て来て日向ぼっこをしていた
庭のフェンスの隙間から見えるんですよ

moblog_3f72ba5d.jpg

繁殖シーズンも終わり 間もなく出産シーズンが来る
小さな子リスを連れた姿が木々の間に見えるようになり 
朝の散歩が また楽しみになります

梅さん 1年目

梅さん 浅羽支所から引き取って 12日で丸1年です 

※ 永田様 
   梅さんが抑留されていた連絡を下さり有難うございました
   いつも梅さん始め 老犬達にご支援を感謝致します


フィラリアは強陽性 内臓も悪い所だらけだったので いつまで持つかな
と内心不安でしたが1周年記念日を迎えられて とても嬉しい

お祝いに柔らかいガムを1本上げたら喜んで食べていました
まだ目も歯も丈夫です

moblog_0307304b.jpg

毎食後 必ずミルクを飲む これが元気の源らしい・・

moblog_3e5eb1d0.jpg



梅さん 体を支えても足元がもつれて歩けなくなってきました
それでも庭へ出たがる 
庭へ出ても何かにもたれて立つのが精一杯

今日も柱にもたれて立っていたが その内 ずるずると座ったので 
「さあ もう中へ入ろうね」 と抱き上げたら猛然と暴れた

まだ日光浴したいんだよ ・・ そんな感じで手足をバタつかせ
まだまだ気持ちだけは若いつもりの梅さん 

moblog_195293a1.jpg


石の下を覗き込んでいるのではありません
石に頭をつけてバランスを取っているのです
敷石にもたれかかっているので 覗き込んでいるように見える

いつまでもこの姿勢でいるから 何かあるの?と マムも 思わず
一緒に覗き込んでしまったが梅さんは目を閉じていた ・・

moblog_93101047.jpg

中へ戻したら直ぐに眠ってしまう梅さん
やはり疲れるのでしょう そんな所は高齢のおばぁさん犬

moblog_647385dd.jpg

10秒後にはもう爆睡

moblog_796da5d8.jpg

梅さん 現状では元気そうに見えるけれど体力が日々低下して
いるのがハッキリと分かります 
でも 本人は頑張る気力があるので嬉しい  


体調は良い日もあれば 悪い日もあって一進一退の日々

一人で庭を歩ける日もあるのです もちろん壁にもたれてですが
足元がフラ付くので手を差し伸べると 手を出すなと威嚇する
ヨロヨロとしても それでも歩きたい気持ちがあるので驚く 

moblog_2181fbd4.jpg

動物の行動学を学ぶと 自力で歩く事が生きる基本だと判ります
野生で生きる場合 自力で歩いて餌を摂らなければ餓死してしまう
仲間が捕ってくれた獲物があっても その場所まで食べに行く必要があるし
第一 歩けなくなったら他の捕食動物のエサになってしまう

自力で歩くという事は 生きる事そのもの
飼われている犬も当然その本能が備わっているので
老犬でも その本能に突き動かされて最期まで歩こうとする

犬の暮らしを見ていると 実に学ぶ事が多い
マムも野生に近い暮らしをしているので 見習ってます ^^^^^^


梅さん 管ちゃんを 介護犬としてブログに載せていますが
この他にも 今年16才以上になる犬が3頭います

日吉丸 ・・ 平成12年に引き取りました
        その時4~6ヶ月位の子犬でしたから 現在16才
        日吉丸の身の上は改めて書きますが 子犬の頃に
        保健所へ2度も出され 心が完全に壊れてしまった犬

こりき ・・  何度計算しても 今年15才~16才くらい

トニコばぁさん ・・ かなり高齢と診断されて もう両眼の視力がない 
           保護した時に12~13才位と診断され今年で4年目

高齢犬へのご支援をお待ちしています

星になった仲間たち

2016年2月7日 バク君が星になりました。  

ちゃこ天ママさんから~

『 今年に入り少しずつ衰弱していったバク。
  2月3日 大好きな散歩からの帰宅後、ばったり倒れ
  寝たきりになったそうです。
  それから4日後 2月7日 星になりました。
  16才5ヶ月でした。大型犬ですから大往生ですね 

  バクを溺愛していた叔父も、時間をかけて弱っていくバクに、
  がんばったね、もういいよと、声をかけたそうです。
  叔父の心の準備ができるのを待っていたのかな。
  やんちゃで優しい、とても可愛いバクでした。

  叔父よりマムさんへ
  バクとの16年間をありがとうございました。
  写真はパピーの頃のバクです。 ほんと、可愛い子でした♪
  マムさん ありがとうございました  』

  moblog_d894a09f.jpg

  moblog_3df28acc.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当に大型犬の16才は大往生です
しかも 叔父様の心の準備が出来るまで旅立ちを待っていた
なんて思いやりのあるワンコでしょう

叔父様に悲しい思いをさせたくないバク君の思いやりですね
最期まで大切にお世話頂いて 心から感謝致します

先月 バク君を引き取った経緯を掲載したばかり
飼い主の手で 動物管理指導センターへ処分に持ち込まれた
偶然マムがその場に居合わせて引き取った子犬

動物病院で会う度に 叔父様がバク君を愛おしそうに撫でて
いらしたのを昨日の事のように思い出します

心よりご冥福をお祈り致します  バク君 安らかに ~~ 

リリーさん

預かりのリーママさんから沢山の写真が届きました

リリーさんは リーママさんの姿を見ると一目散に駆け寄って来る

moblog_2ff4d209.jpg

風を切って走ってますね

moblog_8812d636.jpg

側へ来ると 撫でて撫でての催促

moblog_b067b94f.jpg

気持ち良さそう ^^^^^^

moblog_2ced54c1.jpg

頭も体も撫でてもらったら

moblog_3815acd5.jpg

うっとり リーママさんの顔を見上げる

moblog_65af5e98.jpg


リリーさんの家族を募集中

リリーさんを迎えて下さる家族を募集しています
15才のオス 甘えん坊で性格がとても良い
最期のひと時を一緒に過ごして下さる方は有りませんか?

ご希望がありましたら お知らせ下さい
側にいるだけで癒されるワンコ リリーさん

リーママさん お世話よろしくお願い致します


散歩の途中 黄色い花の前で ・・ 花とオジさん

moblog_cf146ac2.jpg

moblog_3eaf6d5c.jpg

みえの国 観光大使 まる

今 Instagram上でフォロワーが200万人を超えている人気者
みえの国 観光大使のまる

moblog_27acc8c2.jpg

moblog_4c5ad455.jpg

moblog_11e38a8d.jpg

まる いかにも性格の良さそうな可愛いタイプの柴犬
女の子のような優しい顔立ち

まるの写真は みえの国ホームページから拝借しました



マム宅の柴犬タローも まるにあやかりたいな
そうしたら きっと新しい家族が直ぐに見つかると思うよ

2月8日に 全国ネットの「いつでも里親募集中」に掲載したのですが
まったく 応募ナシ
 
もっとも ハードルを高くしているので安易な問い合わせが来ないのは
想定内 柴犬欲しいだけの方では ちょっと無理かも・・

しつけを一緒に勉強できる人でないと 又 飼育放棄に繋がるので
慎重に待ちます   神田君の時のように長期間掛かるかも



最近の柴犬は いい子か 狂暴のどちらかだ ・・ という話を聞いた
事があります
真実かデタラメかは不明 又聞きなので違っていたらゴメンナサイ

どこかで 柴犬の噛傷事故が続き その時に聞いたような気がする
繁殖に原因があるとか ・・・

そういえば 以前 柴犬を引き取った時 血統書が付いて来たが
見てびっくり !!
一枚の血統書上に 同じ名前が何ヶ所もある

放棄した飼い主は 血統を守る為なのだから仕方ないんですよと
教えてくれた
犬の血統だから仕方ないで片付けてしまうが もしこれが人間の家系
だったら ・・ 考えただけでも恐ろしい

私たちとは住む世界 考える世界が違うんだな とその時に思った



柴犬タロー 新しい家族募集中

7才のオス 検査などすべて済み 性格も甘えん坊で人が大好き
ご希望がありましたら お知らせください

僕はタロー  凛々しいでしょ
 

moblog_2f5bcdab.jpg

moblog_4160fca9.jpg

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント