恒例のハロウィン仮装

預りボラ フォクシーママさんから 二人のハロウィンスタイルの
写真が届きました

『 2年続けて同じ衣装ですが、スターウォーズ愛好家としては、
  映画が公開される今年の仮装は これ以外思いつきませんでした
 
 フォクシーちゃん
 moblog_8fbef246.jpg
 
 佐助くん
 moblog_042c2193.jpg

 それにしても、ヒトの道楽によく付き合ってくれるワンコ達。
 ありがたいものですね     』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもながら可愛い写真を有り難うございました
フォクシーママの凄い所は 衣裳はすべて手作りなんですよ
だからサイズもピッタリで 良く似合ってます

スターウオーズの主役になり切りの二人でした


ミニピンの佐助くんは 新しい家族を募集中です

年令は10才を越しているらしい 
視力がほとんど無いのですが日常生活に支障は有りません

超 超 甘えん坊で人が大好き
一緒に老後を過ごして下さる家庭を募集

佐鳴湖公園に置き去りにされていたミニピン
ご希望がありましたら お知らせ下さい
 

moblog_b5a704d1.jpg

moblog_a9fa3784.jpg
  

海 抜糸

脂肪腫切除手術後 順調に回復している 海
包帯が傷口から大幅にずり落ちている

moblog_50a5121c.jpg

日々1㍉づつ ずり落ちているような ・・

moblog_d959e069.jpg

2週間が経ち抜糸に病院へ ~
包帯もとれて こんなにキレイに治りました

moblog_2887c2e9.jpg

再発はしないのですね ・・ と先生に確認しました
この同じ部位では 多分再発は無いでしょう
しかし 脂肪腫や上皮腫は 身体中どこにでも出来る可能性があるので
日々 身体中を触って異物が出来ていないか確認をするように ・・ と
指示があった

簡単な手術でも老犬にはやはり麻酔のリスクは大きい
※ ちもちゃんは 麻酔のリスクで脳に障害が残った
これで腫瘍が最後だといいね
 

moblog_55c78ffc.jpg

現在14才なので 後2年生きられれば 700日くらい一緒に暮せる
本当は1000日でも 1500日でも 一緒に暮したい
いつまでも健康で元気でいて欲しい 

余談ですが マム宅の大型犬は 意外と長生きなので とても嬉しい 

こりきは年が明けたら16才に ~
管ちゃんは 18才~19才に ~

ただ この先 介護が始まると 地獄が口を開けて待っている

体重のある大型犬は 当たり前の覚悟では介護が出来ない   
腰が大丈夫だろうか 今から 不安になる ・・・
   
これで海は病犬から除外です 応援 ご支援有り難うございました

マルちゃん

パグのマルちゃん 
毎月 晦日頃 写真が送られて来るので とても楽しみ
涼しくなったら クッションや敷物を集めて来てますね

moblog_d40dc1c6.jpg

今年は まだ 生マルちゃんを見る機会がありません
ポムさんへ体力作りにいらしてね

いつもご支援有り難うございます

ちもちゃんの動画

ラウルママさんが ちもちゃんの動画を撮ってくださった

マムのパソコンには動画再生ソフトが入ってないので
すてっぷマムのブログに掲載してもらいました

ちもちゃんが必死に歩いてます 
引き取った時には 転がるしか動く術がなかったのに
よろけながらでも歩く姿に感激です 是非 ご覧ください


moblog_0fa507eb.jpg

moblog_3ef4ebc5.jpg

すてっぷマムのブログは マムにリンクして有ります

あさこ 待ちぼうけ

あさこ 気の毒に ほとんど構ってもらえません
いつもマムの足元に寝転んで 待ちぼうけスタイル

何を待っているのでしょうか ・・

moblog_dc5f185d.jpg
  
でもね 今 あさこより先に マムを必要としている病犬老犬がいるの
暫くは 我慢して待っててね

moblog_4e24c468.jpg

あさこには 言葉の愛情を パラパラと振り掛ける
良い子ね~ と 声を掛けると こんなキュートな笑顔を返してくれる

moblog_b88d12ab.jpg

マム宅では フィラリア陽性は病気の内に入りません
元気な子に分類してます
  
あさこはフィラリア陽性でも 元気な子に入れてあるので 
あまり手は掛けられない
むろん 要観察なので 常に眼で追って異常がないかを見ている
セキをしないか 腹が膨れてこないか 血尿が出てないか など
細心の注意を払います 

※ 強陽性から 今年は 陽性に変化したので嬉しい  

老犬に手を掛けながら 眼はあさこや 梅さんの上に注ぐ
これが中々大変
でも 慣れてしまえば 眼と手は別々に動く

人も犬も 季節の変わり目に具合が悪くなる事が多い 
体調が悪くなったワンコが続出し そちらに手が掛かる日々
あさこは もう少しの間 待つだけの我慢生活 


 ママちゃんが元気だった頃には 遠慮がちに
   布団の端にアゴを乗せていたあさこ

moblog_e9f13ae2.jpg

ママちゃんがいなくなって あさこの順位が少しは上がるかと思ったが
次の女王候補にケリーが参入して来たので あさこは 
いつまで経っても順位が上がらない というか 上位への野望がない

あさこには ササミ巻ガムなどのご支援を お願い致します
そうするとガムを噛みながら 暇をつぶしています


moblog_97da1080.jpg

あさこは 壊れやすいガラスのような心を持っているので 
現在は傷ついた心を修復中  家族募集は中止

なので 今は家族より 美味しいオヤツ募集 に切り替えました

ご了解の上 あさこにご支援下さい


moblog_707cdf8c.jpg

痩せてきたら 首回りの皮が弛んできた
アゴの下に コブのように見えているのが弛んだ皮
指で掴むとヒラヒラします

moblog_ccee7713.jpg

リーベ君(旧名ラテ君)から

7月に わんわんファミリーさんへ預け 譲渡してもらったダックス
旧名ラテ君の里親さんからお便りが届きました

 moblog_fcc449f5.jpg

『 現在名リーベですが、トイレも本当に完璧で 言葉も分かるみたいで
  今ではとてもマッチョ!なイケメン君になりました( 笑)

  甘えん坊なところは相変わらずで お留守番はできませんが
  最近 車でのお留守番は出来るようになりました。
  12時間もの車での旅行も酔うことなくできて、
  順応性があるのか(?) 車の中でもお腹出して寝てるくらいでした。
  ちゃんと旅行先でもトイレとゲージ完璧!(トイレは外でも中でも!)
 
 moblog_8d1a8ecb.jpg

  お利口さんで 最近少しお兄さんになった気がします。
  番犬もしてくれて いつもそばで待機していて、蜘蛛やゴキブリがいると
  見つけて教えてくれたり...(笑) 面白い子です。

  びびりなところは中々治らず、犬も人間も車の音も水も恐がりますが、
  少しずつ慣れていってくれたらと思っているところです。 』

 moblog_c4babe84.jpg
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お便り 有り難うございました

顔がすっごく変わりビックリです
なんて優しい表情になったのでしょうか 
今の家庭がとても幸せなんでしょうね 満足な顔

リーベ君は 飼育放棄された5匹のダックスの内の1匹
そう ちもちゃんが産んだ息子です
出産時 帝王切開手術の麻酔で 脳に障害が残ったちもちゃん

でも リーベ君のこんな元気な姿を見たら ちもちゃんも喜びますよ
機会があったら親子兄妹で会いたいですね

いずれ そんな時も来るでしょうから 楽しみにお待ちしています
リーベ君元気でいて下さい


※ リーベ君 ハンサムな所はパパ似です

ごんべえに犬小屋のプレゼント

チョビアル母さんから ごんべえに犬小屋のプレゼント  

古い小屋ごと場所を移動したごんべえに チョビアル母さんから 
「 チョビを東北被災地から引き取った時に買ったけど 入らないので 
ごんべえにどうぞ ~ 」 とメールが届いた

嬉しくて 即 飛んで行きましたよ

犬小屋 古い上に 実は床板が腐ってぶかぶか ・・・
中へ入ると床がたわむのです 犬は不安定な足元は嫌がる
本当は困っていたのです  感謝しながら頂いてきました

moblog_5ad8c8a9.jpg

チョビくんが入らなかったので新品同様

moblog_41430f96.jpg

moblog_4c2c39d1.jpg

moblog_d3d7f0d9.jpg

小屋の周りでガムを噛んで遊んでましたが 飽きたらゴロリと昼寝

moblog_dc177905.jpg

今は 全く鳴かなくなった
もしかしたら 場所を変えたら痴呆が改善したとか ・・

この場所は とても刺激がある場所 
ちもちゃんの障害回復が良い例で 刺激は大切

 今は自力で歩けるようになってます
moblog_3ef4ebc5.jpg
 
ココはマム宅の出入り口ですから 宅配便が来るは 回覧板が来るは 
犬達が散歩に出入りするは マムが外入したりと常時人に接する場所

おまけに 沢山の犬が興味津々で臭いを嗅ぎに来る
とてもボケてはいられない場所 
この移動は ごんべえの為には良い効果をもたらしたのかも ・・


 小屋を提供したチョビ君は もう室内ワンコになってます

sp-076193200s1444123894.jpg

ちもちゃんはアル君の側へピッタンコ

moblog_6075a766.jpg

チョビアル母さん 有り難うございました
ごんべえも心から感謝  大事に使います  



ちもちゃんを迎えて下さるご家族を求めています

引き取った時と較べると 格段に回復した足腰
よろけながらでも歩けるし トイレも自力で出来るので
譲渡可能と判断しました

どなたか 在宅しているご家庭を希望 手は掛かりません
内臓は健康なので 通院などは不要
普通の犬のように 年1回の健康診断だけでOK

甘えん坊で性格が良く 飼いやすい女の子
ご希望が有りましたら お知らせ下さい


moblog_1ea34f0d.jpg

ぷりんちゃん ガンバレ

預りボランテイアのこはるママさんは 今 ラブラドールぷりんちゃんの
介護真っ最中  最新のお便りが届きました

 moblog_725596f0.jpg

『 ぷりんは昨年のクリスマスから突如立てなくなり 年明けに
  ちゅらママさんに装具を作成してもらったのが始まりでした。
  その後、突如復活 (左後ろ足が内側に曲るのはその前から)

  2度目は7月頃、 あれ?ふらつくな、と思った時には あっという間に
  立てなくなり水を飲んでも嘔吐 ご飯も嫌がり急遽病院へ行き、
  気管支拡張剤を頂き 嘔吐が止まると食欲も出て再び復活!

  そして今回もあれ?と思った時には立てず 過去2回とは様子が
  違っていたので、37kgのぷりんに 私の方がへろへろ (TT)
  
  心が挫けマムさんにお話をしたら 次の日から奇跡が起こった次第です!
  日数にして2週間ちょっと位でしょうか。

  今では多少よろけながら、画像のように立ち、また外に出られるまでに
  順調に回復してる次第です。

  糖尿病と癌の転移は覚悟がありますが、足がダメになるのは
  本犬が一番納得してくれないので大変です。

  今後も絶対に来る老いに 歯を食いしばり付き合って行きます! 』

 moblog_f25f725c.jpg moblog_d1fa8856.jpg

 moblog_f09c1cbc.jpg moblog_816beeaa.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

介護 お疲れ様です
体重が37㌔と大型犬なので 疲れ切ってヘロヘロになるのは納得

でも 今後来る老いの歯を食いしばって付き合って行きます との
強い覚悟が有りますので 乗り越えられますよ 

ぷりんちゃん ママさん 二人で頑張って下さいね
皆さんも どうぞ応援をお願い致します

ボクサーの子犬 お見合い

24日、すてっぷにゃむ猫譲渡会場で ボクサーの子犬が
お見合いをしました
ポムオーナーさんが 小さい方のドッグランをお見合い会場として
開放して下さり有り難い限り 感謝致します

ルルちゃんは外に立っている人を見掛けると 走って掛け寄り
愛想を振りまいていた 人が大好きな甘えん坊ワンコ

moblog_fbc5e120.jpg

moblog_35e8ae8a.jpg

チョビアル宅のアル君と 初対面ですが仲良くご挨拶出来ました

moblog_b50a3629.jpg

moblog_f47a4282.jpg

moblog_25fbf767.jpg

moblog_9a0b8523.jpg

小さなお子さんにも優しく挨拶
ちもちゃんも参加してくれましたよ

moblog_0b340a83.jpg

moblog_0fa507eb.jpg

自力で歩いてます  これは驚異的な事 眼が点になりました

moblog_3ef4ebc5.jpg

預りのジジママさんから

『 ボクサー、ステイに行く事になりました 
 
  ボクサーの事にとても詳しくて、こんなにも
 ふさわしい家庭は 他にないのではないかと思います !!
 どうかステイが上手くいきますように~ 

 寂しくはなりますが、それ以上に幸せになってくれると思うと
 嬉しくて今からもう舞い上がってしまいそうです   』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボクサーの子犬 とってもステキなご縁に恵まれました
これこそが真っ赤な糸 運命の出逢いですね

moblog_73dc7131.jpg
    先住犬 ボルト君
             
代々ボクサーを飼って来て 現在も8才のボルト君がいるお宅
ボクサーに関しては専門家のような知識があり 早速 掛かりつけの
獣医さんに聴覚障害に付いて相談をされたそうです

偶然ですが 獣医さんは動物の手話に付いて 少し勉強された方
五之冶先生も手話をマスターされた方なので この事を伝え 
手話トレーニングは新しい家庭で引き継いでやって頂く事と致しました

今回は皆さんのご協力で ルルちゃんが幸せを掴む事が出来ました
本当に有り難うございました  心より感謝申し上げます




茜ちゃんと アッシュちゃんが 回収した募金箱を届けて下さいました 
お店の皆様 ご来店のお客様有り難うございます

moblog_1a079f6a.jpg

moblog_9d1339a0.jpg

ハヤトかすみママさんも募金をお届け下さり 感謝致します
これは自宅募金箱だそうです ・・
    

募金箱回収

募金箱を設置してして下さっている店舗から アッシュちゃんの
お姉さんが募金箱の交換をしてきてくれました

今回の募金額は 11178円
ご来店の皆様 ご協力有り難うございました

moblog_885ae697.jpg

浜松市中区千歳町76-5 『 真鯛のだししゃぶ 五徳料理 しんせ 』

HP http://gotokusince.hamazo.tv/

moblog_336ca8a6.jpg

moblog_3f4fe99d.jpg
 
皆様も どうぞ お立ち寄りくださいね
場所などの詳細は お店のホームページをご覧ください 6/8

りゅうのすけも通院

りゅうのすけ 肛門の中から膿が流れ出ています
気が付いたのは つい先ごろ

実は夏頃から他の犬が りゅうのすけのお尻に顔を付けて臭いを
嗅いでいるような場面を何度も目撃していた

臭いを嗅ぐくらいは毎日の事だからと 気にも留めなかったが 
そうではなくて 肛門を舐めていたのです
舐めている現場を見て 何故だろう?と マムも顔を近づけて
良く見たら膿が流れ出ていた

何かで炎症を起し化膿したのだろう くらいに軽く考えて 
手元にあった抗生剤を飲ませて様子を見ていたが 1ヶ月経っても 
2ヶ月経っても治る様子がない

抵抗力が落ちている老犬は 僅かな原因菌が付いてもドンドン悪化する
傷も治りにくい りゅうのすけも10才を越し もう老犬の仲間入り
体力も抵抗力も免疫力も低下しているので 油断が出来ない

moblog_e1cc2e62.jpg

診察と薬浴(背中の湿疹)に病院へ  

診断の結果は ・・・

直腸の壁 左側にボコボコした物が指に当たる
そのものを引っ張って来ようとしても逃げる ?

押して見たら血膿がどっと出た
ガーゼを何度替えても ものスゴイ血膿が出て異臭を放つ   

直腸に何か出来て化膿した と考えるのが妥当
今まで服用していたのとは違う種類の抗生剤を処方された

これで膿が収まらなければ 出来物の確定診断の為に手術も有りうる


一日中病院に居たから疲れてしまったね
帰宅したら 夕飯も食べずに 直ぐに眠ってしまった

moblog_195074dc.jpg

最近 とっても表情が可愛くなって来た りゅうのすけ

穏やかになり 引き取った時の険のある顔は すっかり影をひそめた
両手で顔を挟んで 大好きだよ~と言うと ちょっと困った顔をする

多分 好きなのは元の飼い主さん ・・
決して 今でも飼い主さんの事を忘れていないはず

いつまで経っても迎えに来ないから 諦めて心にフタをしたと思う
りゅうのすけの心情を思うと 胸が締め付けられます

悔しいけれど前の飼い主さんは ~~ 別れても 好きな人  


だから マムに好きだよ~と言われても おいそれと心変わりは
出来ない  
なんだか古いタイプの人間を見ているようで切ない 

一途 ・・・ これが 柴犬なんでしょうか


りゅうのすけにも あしなが支援を募集中

今回の直腸治療の通院と 老化にともなう心雑音があるので 
現在は心臓の薬を服用中

この薬は 生涯飲み続けなければなりません
薬の現物(アピナック錠) 又は 募金にてのご支援をお願い致します
 


moblog_80d9c825.jpg

せっかく真面目に ご支援のお願いをしているのに 横で大あくび

moblog_6d037f4e.jpg

今度は居眠り ・・ 段々 ご隠居さん風になって来ました

トニコ 炎症性ガンの疑い

介護していた老犬グループが順に旅立ち 次のグループも
そろそろ準備を~と思っていたら その前に様々な病気を発症し
通院が必要となった

トニコ  炎症性ガンの疑い有り
海    尻尾の付け根に脂肪腫 手術済み経過観察中
ナナ   背中に炎症 2ヶ月経ってもまだ治らないので再検査予定
まめ   乳び胸 再発の兆し有り
りゅうのすけ 肛門の中から膿が流れ出ていて抗生剤が利かない

病犬の 治療費支援を求めています


                         

 

脂漏性皮膚炎が有り 隔週で薬浴へ通っていた トニコばぁさん

涼しくなって来たら 痒みや臭いの元となる雑菌などが 
少し収まって来たようなので 冬の間は月1回の薬浴に変更

ところが今回薬浴に行って トリマーさんがトニコの腹の下を洗ったら 
痛がってもの凄い悲鳴を上げたらしい
改めて診察台の上で見たら 乳房付近や乳頭に ボコボコと何かが
出来ている

女の子は乳腺等に関する腫瘍が多く 今までにも沢山の犬が手術を
受けて来た
しかし 今回は少々違うらしい ・・・

先生の説明では 
「 激しい痛みとボコボコ加減と見た感じでは 炎症性ガン 」の疑い有り 

帰宅して改めてネットを検索してみたら 恐ろしいガンです  
発ガンしたら手の施しようがない 手術はしない方がよい   

※ ネットで検索して見て下さい

moblog_71cc8b52.jpg

とりあえず 抗生剤を服用し経過を見て行く
もし それで炎症が収まったら それは炎症性ガンではなかった

人間の医療と同じく動物医療も とても進んでいるのだが 
炎症性ガンは 現在 まだ どうにもならない病気の一つ
経過を見るしかないのは歯がゆいが やむを得ない



トニコは 天竜川の河川敷に行き倒れていた老犬
脱水状態と飢餓状態がひどく自力では立てず 先生も 「う~ん」 と
首を傾げて 「 やるだけはやりますが ・・・ 」 という状態だった

助かったのは奇蹟に近い
もし 冬だったら この2月に引き取り 低体温症で入院後3日目に
亡くなったくろちゃんと 同じ運命を辿っていただろう

トニコは4月の暖かい時期だったのが幸いした
しかし ここに来て もし 炎症性ガンだったら とても不幸な末路となる
痛みや悪化が激しく急速に進むのだそうです

なにとぞ 診断の間違いで有りますように ・・    

moblog_518a3c6b.jpg

2012年4月に引き取ったトニコ 
この時に 12才前後くらいかな ・・ との診断だったから
あれから3年半 現在は15才を越していると思われる

もう一度祈ります どうか診断の間違いで有りますように ・・ 

柿の実

今年は柿の成り年で 秋が待ち遠しかったのですが ここへきて
一大事発生

一斉に赤くならずに 1個2個とボチポチ赤くなって行くので
こちらもボチボチ収穫すれば良いからと 見本に1個獲って見ました

形もいいし 色もいいぞ^^^^^^^    

moblog_d8f17121.jpg

しかし 裏返して見たら  齧られていました ・・・ 一体誰 ?
カラスにしては上品な齧り方  もっと嘴の小さい鳥か

moblog_2725b21f.jpg

念の為 もう2個~3個獲ってみた
全部 裏側が齧られてます ~~~ 犯人はだれ ??

moblog_282752f3.jpg

順に赤くなって行くのを順に食べてます
気を付けて見ていても 犯人は一向に判らない

もしかしたら夜行性の動物がマムの眼を盗んで夜中に
食べに来ているのか ??
しかし 齧り方が動物とは違う ・・ 不思議

さて 無事収穫できるのは 何個かな 

沢山の猫 家族募集中

猫の家族を募集中

猫を保護した方から 里親探しの依頼が続々と入ります

保護した方は 必死の思いでお世話を続けていますので せめてマムは
ブログに記事を掲載する事で お手伝いが出来ればと願っています

皆様もブログに転載して ご協力をお願い致します


沢山なので番号を付けます 
ご希望があったら 番号でお知らせ下さい

1  むぎちゃんママ保護中 にゃん友クラブへ問い合わせ下さい
moblog_553aaca1.jpg

2  ラッピーママ保護 すてっぷにゃむへ問い合わせ下さい
moblog_a5f42cb4.jpg
moblog_e2e9487e.jpg
moblog_89f9be11.jpg

2-2 すてっぷにゃむへ 生後1ヶ月くらいのミルク仔猫
moblog_d026faf7.jpg

2-3 すてっぷにゃむへ わ~ちゃん
moblog_5e0bdc03.jpg

3  すてっぷにゃむへ  
moblog_f501aea4.jpg
 
4  すてっぷにゃむへ  
moblog_36c78d9e.jpg

5  黒い母猫  すてっぷにゃむへ  グレーの仔猫は決定
moblog_b080143f.jpg

6 エサやり中の猫  サークルマム事務局へ
moblog_3a7d8583.jpg
moblog_b541abf6.jpg
moblog_df5926e8.jpg

7 ゴーキャッツへ
moblog_88bd2ec1.jpg

8 やいづワンニャンの会へ
moblog_9ad3e13f.jpg

※ ご希望が有りましたら 保護している方にお繋ぎします

施設がないので猫を引き取る事は出来ません ゴメンナサイ

お願い!!  
猫の家族が決まったら お知らせ下さいね



猫の詳細は それぞれのグループへ直接問い合わせてください

蘭丸くん & 咲蘭ちゃん

ぷらすわん美容室の先生のブログに 可愛い蘭丸くんと咲蘭ちゃんの
写真が載っていましたので転載しました

海へ貝拾いに出かけた時の様子

moblog_dff05e41.jpg

moblog_ee086f28.jpg

大っきい貝は蘭丸君 小さい貝は咲蘭ちゃん

moblog_8e9fbd5d.jpg

moblog_3b61bcab.jpg

こうやって見ると普通の犬に見えますが 咲蘭ちゃんの超ビビリ時代を
一緒に過ごしたマムには夢のような写真 

2013年8月 保健所から大量の小型犬を引き取った中の1匹 
懐っこい子もいたが 咲蘭ちゃんは逃げ回った

moblog_6f3b3664.jpg

moblog_4520afb0.jpg

毛玉が団子になり ボロボロで臭くて もう大変 !!
最初に ぷらすわんさんでシャンプー丸刈してもらい その時から先生が
気に掛けて下さっていて 「 うちへどうぞ 」 と声を掛けて頂いた時には 
泣くほど嬉しかった

マム宅では老犬病犬の世話に追われ ご飯を食べさせ通院するだけで
手一杯  とてもしつけや心のケアまで手が回りません
 
それが 先生のお宅へ行ってからは ご主人様と一緒に訓練所へも通い 
普通の犬に生まれ変わりました

訓練所では 『 こんなビビリな犬は無理 』 と言われたそうですが 
訓練試験はトップの成績で通ったとの事  驚きの変身

※ これは犬を訓練した指導手の技能が高い証拠
  つまり ご主人様が優秀だったのです 
  優秀な指導手によって 咲蘭ちゃんも優秀な犬になれた
  咲蘭ちゃんとご主人様は相性も良く ステキなマッチング

ですから マムがこの写真を見ると もう眼がうるうるに 
あの 超ビビリ犬が ・・ こんなに

受け入れてくれた蘭丸くん アリガトウ  
先生ご夫妻には 感謝の気持ちでいっぱいです


蘭丸くん&咲蘭ちゃんの毎日は 先生のブログ
「 しろいぬ天使 蘭丸さん 私のかわいいお犬様」をご覧ください

乳び胸の犬

乳び胸の手術を受けた まめ

検診は 最初は毎月 2ヶ月置き 3ヶ月置き と間隔が空いて来たので
安心していたのだが ここへ来て先生が首を傾げるようになった 

又 胸に 乳びが溜まっているらしい
レントゲンには 靄がかかったように乳びが写っている

背骨の下の両側をリンパ腺が走っている 
そのリンパ腺の 手術した反対側から洩れているようだ

少しくらい溜まっても 通常は体が吸収するのだが 吸収を上回る量が
漏れていると胸に溜まる事になる

前回の手術で 心臓を覆っている心膜が乳びに冒されて肥厚し
心臓の動きを阻害していたので心臓から剥がし 今の心臓は 
周りに保護する膜のない いわゆる裸の状態

この状態で乳びが溜まったら 強い酸に裸の心臓が冒されてしまう
レントゲン写真を見るのが恐ろしい ・・・

しかも血液検査をして見たら 甲状腺ホルモンも低下している
まだ下限の境界付近の数値なので 今すぐ治療開始とはならないが
乳びも甲状腺も経過観察との説明

次回検診は2ヶ月後 また期間が短くなった  
悪い想像ばかりが 頭の中をグルグル回る


まめは常に視線を下げて 滅多に笑顔を見せない
moblog_2994649a.jpg

やはり 苦しいのかな ?
moblog_503375ed.jpg

隣に座ったコーギー君 まめに興味津々
moblog_dafa5fb5.jpg

まめも挨拶を返す 男の子に言い寄られると嬉しそう 
moblog_1050a300.jpg

まめには 日常生活も細心の注意を払い 飛んだり跳ねたり
走ったりは止めさせています

特に呼吸の状態は 目を皿のようにして観察している
乳び胸の症状は呼吸困難なので 夜間も小玉電球を灯し
直ぐに見える状況で眠る  眠っていても耳だけは起きている 

犬は自分の身体の変調を言葉で伝えられないので こちらが
観察して発見するしかない 
とにかく 詳細に観察する事が今の仕事

まめ ・・ 痩せて小さい豆柴犬だったので まめと名付けたのだが
今は大きくなり過ぎて(肥満です) まめとは呼べなくなった
だい(大)ちゃんに変えようか ・・・

薬を飲む時にパンなどで包むが 1回では飲めない
マムの親指位の大きい薬を6分割しパンで包む

舌で薬だけを吐き出すので 何度もパンに包む事になり 
パン1切れを食べてしまう事も ・・ 
朝晩2回 その繰り返し  その結果太ってしまった


まめの為に祈ります 
進行しませんように 何とか現状維持出が来ますように   

ウプウアウト & ラーヘテプ君

ウプウアウト&ラーヘテプ君の宅からお便りが~

 moblog_ff217cee.jpg

『 2匹ともとても元気にしております。
  この時期は抜け毛がすごいですが、ラーの抜け残った毛が
  とてもかわいいので写真をお送りします。

  題して「ラーの小さな翼」。
  毎年この肩の辺りの一部が最後に翼の形に残るのです。
  撮影していると ウプウアウトがかまってもらいたくて割り込んで
  きます。

  ラーは14歳になって 散歩中に足が少し震えることがありますが、
  まだまだよい姿勢でかっこよく歩いています。
  ウプは推定7歳になりました。
  こちらも相変わらず元気で甘えん坊です。

  姪の家に譲っていただいたポプリ(旧ポーちゃん)もよく遊びに来ます。
  また3匹でいい写真が撮れたら送りますね。

  ウプウアウトエムサーフ&ラーヘテプ 』
 
 moblog_726f2ea5.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お久し振りです 二人とも元気ですか~~

すっごい 背中に小さな天使の羽のような模様が ・・・
ラー君の小さな翼 これが抜け残った毛 ??

全部抜けてしまうと普通の柴犬の背中になってしまうのでしょうか 
「なにこれ珍百景!」ですね

オス同士でも こんなに仲良く暮らせるなんて理想の家族
しかも2匹とも成犬を途中から ~

ウー君が先に決まり その後ラー君を譲渡する時にも 
全く不安はなく 安心してお届け出来ました

7才と14才 まだまだ若い二人 仲良く長生きして下さいね  

ポプリちゃんとの 3ショットを楽しみにお待ちしています

海の脂肪腫 その後

脂肪腫切除の手術当日 診察台の上でビビリまくりの海

術前検査の為に採血をしているのですが 大きな体がガタガタと
傍目にも判るほど震えて看護士さんに笑われてました

moblog_83604b0a.jpg

 ビフォー
moblog_efca89ea.jpg

 アフター
moblog_04670799.jpg

切開した場所は10㌢×2㌢くらいの大きさ
尻尾の付け根の上5㌢位の所から しっぽにかけて切開

尻尾には余分な皮膚が無いので 背中の皮膚やお尻の皮膚を
引っ張って来て縫い合わせたとの事

moblog_3cb4785e.jpg

moblog_443a46f8.jpg

無事に終わって 一安心
もっとも嬉しかったのは 体重が大幅に減っていた事

30㌔から26㌔に ^^^^^^^^^^  

ひと夏かけて 根気よく減量した甲斐がありました
今後はこのままのペースを続けて行きたい

※ 適正は20㌔くらいなので もう少し努力します

応援・ご支援下さった皆様 有り難うございました  

moblog_56a88d28.jpg

大型犬なので14才はかなり高齢 でも まだまだ頑張ります by  海

16才猫 アンちゃん

あずきなさんが引き取った 16才のアメショー

moblog_20a17a9b.jpg

あずきなさんから最初のお便り・・

『 元の飼い主宅から付けて来た白い座布団がお気に入り

  せっかくケージを用意したのですが この座布団の上が良いみたい
  フリースの間にホッカイロを入れて暖を取っています

  16才とは思えないほど 今日も快食快便快眠です 』

 moblog_e65a4687.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すっかり馴染んでいますね
昔から ず~と そこにいたような静かな空間
アンばぁちゃん 本当に良かったね

行き先がない猫は 処分に持ち込まれるか 外へ放り出されて
野良として生きるか ・・ 
どちらにしても悲惨な最期が待っていますので心配しましたが 
あずきなさんのお蔭で この子は生きるチャンスを得ました
本当に有り難うございます

なお ゴーキャッツから 老猫用レトルトパウチ・フードなどの物品が
寄せられました 感謝致します


皆様のお手元にも 飼い猫が食べなくなったレトルトフード等が
残っていましたら 是非ご寄付下さい 
16才アメショーおばぁちゃん猫にお渡します

その場合 必ず あずきな宅アンちゃんへとメモを添付して下さいね

かんた君 正式決定

かんたくん (旧神田君) 正式に決定しました   (*´ω`*)

早速 お便りが届きましたよ

『 かんた君 お家の中に入れるようになりました ( ・∇・)
  ごはんは少しですが食べてます (*・∀-)b 
  おやつは大好きでいっぱい食べてますよぉ ♪♪ 
  これから大切に育ててゆきます 』

 moblog_741b850f.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

譲渡の手続きに ラッピーママが訪問してくれました

moblog_8064eb76.jpg

お姉さんに「オスワリ」と言われて ちゃんとお座りしている
お利口さんな かんた君です

moblog_4aab8481.jpg

すっかり リラックスしてますね 顔が落ち着いてます

ご飯も食べられるようになったとの事 
もちろん 大好きなオヤツだったら眼が輝く   

安心してお任せ出来る家庭に巡り逢えて 心から嬉しいです
末永く どうぞ宜しくお願致します

かんた君 お幸せに ~~ 




神田町でかんた君を発見して連絡を下さった ココちゃんママ
ご心配をお掛けしましたが 有り難うございました

moblog_45846470.jpg


預りボラのリーママさん お世話になりました
リリーさんが かんた君より リーママさんに寄って行くので
明らかに自分から離れたと分かり 安心して譲渡出来ました

moblog_23695bcc.jpg

moblog_d0189d5e.jpg

moblog_132fa84e.jpg

かんた君に ご支援 応援下さった皆様 感謝致します

カーン君

イリアンママから 嬉しいお便りが届きました
久し振りに カーン君の写真が送られてきたのです  

『 今日は散歩でカーンを見かけたので、イリアンと一緒に
  カーン宅へ。 カーンはとても元気。 
 
  お父さんがよく散歩してますよ。  』

  moblog_2cb1c2ca.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 ひかるお姉さんが7年前に送ってくれた写真 
   とってもハンサムボーイ ~ 
 
 moblog_d37c1fd4.jpg

写真 有り難う ~~ 

カーン君には 滅多に会えないので嬉しいです

仔犬の時は 鼻先真っ黒なワンパク小僧で 家族の皆さんは
大変だったようです

moblog_cdad3e7f.jpg

年が明けたら もう14才になりますので 暮々もお大事にね
 

14年~15年くらい前 鼻先真っ黒で体格が大きい仔犬達が
マムの手元へ沢山やって来ました

カーン君は 8年間放浪していた大ちゃんにそっくり !!

里親さん宅から脱走 浜松市北区を放浪していて8年目に保護
保護した時には全身ガンに冒されていて マム宅へ帰って来てから
半年後に亡くなった あの大ちゃん  もちろん兄弟犬です

moblog_588fd273.jpg
 手前の犬が大ちゃん
  
他の兄弟姉妹ワンコさん達は 皆さんお元気でしょうか ?
このブログをご覧になっていたら お便り下さいね

ボクサー子犬 ルルちゃん

ボクサーの子犬 新しい家族の募集を締め切りました
とても沢山の申し込みを頂き 有り難うございました



ボクサー子犬の預かりボラ ジジママさんからのお便り

『 不妊手術の傷口の確認に行ってきました 
  順調に回復していて元気です 
  これでお見合いも大丈夫です

  ルルちゃん、お尻につむじが2個 … (笑) 』
 
 moblog_3553d483.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジジママさん お世話になります いよいよお見合いを待つばかり

実は ルルちゃん 耳が聞こえません
名前を呼んでも反応しない ・・ と先生に尋ねてみたところ
耳の直ぐ後ろで音を出して検査をしてもらったが 振り向かなかった

聴覚異常というのです ネットで調べたら
『 繁殖異常で 真っ白い犬にはこのような異常が見られる事も多い 』

人間の過ちを 仔犬が一生背負って生きなければならない
これこそが究極の不条理  許せませんね 

しかし 人間社会で人と共に暮らして行く為には 障害犬でもマナーを
覚えなくてならない
やって良い事 悪い事 守るべき事 など 耳が聞こえなくても
トレニーングは必要

人間に飛びついて倒した時 この子 耳が聞こえないのでゴメンナサイ
では通らない

五之冶先生にお願いして 音声ナシの特別メニューを用意してもらった
希望者さんに覚えてもらいます

かなりレベルが高くなり 根気も必要となるが 希望者さんは意欲的
本当に有り難い事 
ルルちゃんを選択して下さって心から感謝致します



11日のポム譲渡会場へ ジジママご夫妻と遊びに来たルルちゃん
甘えまくりのカマッテェ~ちゃんでした ・・

moblog_e21dee11.jpg

moblog_6c29deb6.jpg

moblog_d4c05004.jpg

moblog_555f3087.jpg

moblog_eb10e276.jpg

皆様のお蔭で ルルちゃんも幸せが掴めます
応援 ご支援 有り難うございました

ルルちゃんの毎日は ジジママさんのブログ 「手風琴街便り」を
ご覧ください

佐助くん便り

佐助の預りボラ フォクシーママさんから 「佐助くん便り」

『 随分涼しくなってきました。
  もう10月半ばですものね。

  今日は、佐助くんの可愛い表情が撮れたのでお送りします 
  ----
  moblog_2de17f0c.jpg

  主人が抱くと、いつまで~もこうしてへばりついています。
  ----
  moblog_5eb128dc.jpg

  きっと、世界で一番気持ちいぃ~いベッドなのですね(笑) 』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お便り有り難うございます
佐助にとっては世界で一番気持ちいいベッドかも知れませんが
フォクシーちゃんの身になってみると お父さんの膝を佐助に
盗られちゃったのよ ・・・ と思っているかも

フォクシーちゃん ゴメンね
大好きなお父さんを横取りしちゃって ~~

里親さんを募集していますが 中々 赤い糸のご縁が有りません


改めて 佐助の家族を募集

ミニピン オス 10才超 甘えん坊 
視力がほとんど有りませんが 日常生活に支障ナシ
お年寄りが在宅しているご家庭を希望

猫を探しています

オスの猫が8日 午後6時半過ぎくらいに出て行ってしまいました。

場所は浜松市南区頭陀寺町auショップ参野店付近

名前は タイガ

7才ぐらい

特徴:

キジトラ

体格は小柄で、胸のあたりに白い模様があります。

尻尾は長めでまっすぐですが、いつも左右に曲げている癖があります

目は丸々として大きい。

moblog_dd268fcd.jpg

「タイガ」と名前を呼ぶと、淋しげな声で鳴いて寄ってきます。

外の世界を知らない子で、飼い主さんは必死に探しています。

見かけましたら手風琴街便りのブログメールフォームまでご連絡ください

宜しくお願いいたします。

手風琴街便りより転載

梅さん ご愛用

犬って 自分の好きな物を見つけると 常に側に置いて
愛用しますね
ママちゃんが亡くなるまで 常に愛用したのはピンクのクッション

梅さんの好きな物 ・・ それは この小さな座布団 
常に身体のどこかを乗せて眠っています

moblog_e4ca9557.jpg

座布団を洗って乾かす間 フリースの小さな敷き物を置いて見たが
尻尾を乗せるだけで 関心を示さなかったから不思議

moblog_9b9b4b5d.jpg 

痴呆だと思っていたが 座布団がそこにある ・・ という事を
しっかり認識しているから大したもの
まだ眼もしっかりしているし鼻も利く  好きな物は判るんですね

座布団が乾いたので敷いたら早速上へ乗った
本当に痴呆なのかな ?

moblog_d2e195eb.jpg

毎日がリズム正しい梅さん
朝起きて トイレがしたいよう ・・ という顔をするので 戸を開けると
デッキへ出て行き 庭へ下ろしてやると用を足す

終わると 直ぐに もう中へ入れて~とこちらを見上げる
全く 歩かなくなってしまった

moblog_1ff4018f.jpg

室内へ戻る時も 自力ではデッキを上がれないので 抱きあげる
( これが腰痛の原因 ・・  )

戻ったら朝食タイム
ご飯を食べて休憩したら 再び 午前中の運動で庭へ出る
歩かなくても日光浴をします
骨粗鬆症の予防に日光浴は欠かせない  

最近食が細くなって来た
食いつきがいいからと沢山出すと 頑張って食べるのだが
嘔吐して戻してしまう  胃も弱くなってきたらしい

日一日と弱って行く梅さん 
こころなしか ウエストが細くなったような気もする

moblog_677d7042.jpg

寝相が悪く動いても 座布団にはしっかりアゴを乗せている



介護の順番を付けるのもなんだが ・・ 

チャッピーじぃさんが星になり 次は ごんべえさん か 梅さんの
どちらかと予想している

もちろん 順番通りに行くものではないから 番狂わせも有りうる
しかし この二匹には 遠くない日に介護が始まるはず 

今の内に 美味しい物を腹一杯食べさせよう    
後悔のないように  ・・・ 
何かに付けて 食べさせたいのがマムの悪い所
  
でもね ~~
どの子にも ああしてやれば良かった こうしてやれば良かったと
後悔ばかりしてます

特に病気で 食べ物制限が有った犬に対しては もう最期に近くなったら
好きな物を腹一杯食べさせてやりたいと思う


高齢犬に 柔らかいオヤツ & 缶詰 (a/d缶) を募集中

アイリスオーヤマ ヘルシーステップ プラス1 ビーフ
a/d 缶の他  この缶詰も 梅さんのお気に入り

moblog_69a7fa12.jpg

いつも 老犬に ご寄付下さる皆様 有り難うございます
  

小さい秋見つけた

10月  秋 真っ盛り   朝の散歩で見つけた 小さい秋 

指先よりも小さい花 まだアサガオが咲いていました

moblog_d0b09bbe.jpg

こちらは名前が判りませんが やはり指先より小さい花

moblog_8d105775.jpg

華やかな秋 ・・ 

moblog_933956f0.jpg

ふたごのどんぐり 思わず手に取ってしまいました

moblog_99a11e1f.jpg

moblog_f418cad0.jpg

でも 又 来年 芽を出すのが どんぐりの与えられた使命
土の上へ そっと返して置きました

リスに見つかりませんように ・・
でも リスも餌にありつけますように ・・ この思い矛盾してますね


この所 立て続けに手元の老犬や まいこちゃんが星になったり 
神田君のステイが決まったり ボクサーに良縁が舞い込んだりと
悲しい事 嬉しい事が日替わりで交差し 心の持ち方が難しかった

マムはいたって普通の人間なので ・・ 皆さんからは奇異の目で
見られてますが ・・ 心をリフレッシュしないと毎日が続かない
 
朝の散歩は のんびりとゆっくりと 心がほぐれるように歩きます
夕方は バイクや車が行き交い ゆったりは出来ません
やはり まだ薄暗い 早朝がいい



久し振りに長野別荘さんが 長野県・車山の秋風景を送って下さった

moblog_fe682dba.jpg

moblog_9f01256b.jpg

日中晴天で気温12℃と寒く  まだ紅葉には早いそうです
雄大で爽やかな秋の風景を眺めていたら 心も落ち着いてきました


まだ 手元には沢山の犬達が残っているので 
気を取り直して 明日からも犬達の為に 頑張ります  

ごんべえ 移動

チャッピーじぃさんが星になり 場所が空いたのでその場所へ
ごんべえを移動しました

今までの場所は 軽井沢なんてステキな名前が付いてますが
冬は寒くて老犬には過酷な場所 (夏は最高なんですけど)

しかも屋根が僅かしか張り出してないので 屋根の下には犬小屋を
置けず 露天に置いてあり雨が降ると最悪

痴呆を発症しているごんべえは 犬小屋の外に立って
全身ずぶ濡れになり 悲惨な状態になる

今度の場所は多少なりとも雨よけがある場所

ホームレスさんの住宅のように イロイロな物を屋根から垂らしたり
ブルーシートで覆いをしたりと 景観は悪いのだが 雨と日光が防げるなら
ホームレス住宅でも構わないとマムが素人で工作した

余りのボロさに恥ずかしいので皆さんの訪問は遠慮頂いてます

第一 ここは 足元に水が溜まらないから安心
実は 前の場所で デッキから飛び降りたら下の水溜まりへドボン
ジジママさんご夫妻の目の前で 泥まみれになった事も ・・

moblog_b65e4518.jpg

環境が変わったので 戸惑っているごんべえ

小屋も新しくしたかったのだが 一度に何もかも変えてしまうと
ごんべえが不安になる

この場所に慣れるまでは 使い慣れた古い小屋を利用
環境に慣れてしまったら 新しい小屋を買ってあげたい 
もう10年以上使っているので 壊れかけている

小屋を 今までの場所と同じように北の方角に置いて入りやすくした
最終的には屋根の下へ持ってくる予定

moblog_2a831656.jpg

初日はウロウロしてましたが 2日目からはキチンと小屋の中へ入って
眠っていました

moblog_b9374795.jpg

たまには外へ出て手足を伸ばして寝る事も ・・ 

moblog_06a76d77.jpg


ごんべえは 食べる事にうるさい 好き嫌いの多いじぃさん犬なので
毎日のご飯に四苦八苦しています

缶詰  レトルトパウチ  a/d缶 柔らかいオヤツなどを ご支援下さい

最近はミルクを飲まなくなった ?? 何でかな
トッピングする物によってはドッグフードも食べるようになった  

そのトッピングに頭が痛い ・・

キキちゃん

キキママさんから スゴイお便り ・・・

「 文字が読めるキキ 」

moblog_fc86fe1d.jpg

一心不乱に読んでいるキキの後ろ姿に どひゃぁぁ~~と
驚いてしまいました


正面から見るとこんなに美人なのに ・・

moblog_d91b7f3f.jpg

変顔も得意なキキ

moblog_2e87246a.jpg

moblog_579f3b23.jpg

キキちゃん またお会いしましょうね お元気で ~  


※ 保健所から引き取って来たあの柴犬と 今のキキちゃんが
   同じ犬だとは マムは未だに信じられない
   今までにも何度も書きましたが ジジママさん宅で預かっている間に
   魔法をかけて変身したと マムは本気で思っています

新しい名前は かんた君

ステイに入った神田君  新しい名前は 「かんた」君

お見合いの時には ちょっと震えて尻尾が下がりっぱなしだった
でも ステイに入ったら尻尾が上がって 笑顔で散歩もできました

moblog_e4b17b53.jpg

五之冶先生が同行  簡単にアドバイスをして下さって散歩開始
散歩中も尻尾フリフリで楽しそうでした

ご家族にも環境にも不安を感じなかったのでしょね  
震えもなく 怯えもなく 落ち着いていられました

moblog_114509bd.jpg

 お姉さんがオヤツを持っているので アイコンタクトを取っている所

お姉さんと一緒に駆けっこもしました
多分初めての経験でしょうね  それはそれは楽しそうでしたよ

ご近所の方も かんた君に会いに来てくれて にぎやかでした
正式に決まったら トレーニングの続きを実施

五之冶先生 ご多忙中のところ 有り難うございました
一週間後が待ち遠しいです


かんた君を置いてマムが帰る時 バックミラーで見たら かんた君は
全然知らん顔  もう 嬉しいやら悔しいやらで涙がポロポロ

でも この方がいいのですよ 
世話をした人の後追いをするより 新しい家族の方を見つめている事の
方が大切なんです
 
新しい家族は 今から一緒に暮す本当の家族  
世話をした人は もう過去の人  

利口な かんた君は理解してました やっぱり嬉しかった    


ちなみに リリーさんとの暮らし ・・
孫とじぃさんの関係はもう終了してました

お見合いの2日程前に リーママさんから 
「 かんた君がメスではないと気付いたらしく リリーさんがあっさり
 離れてしまいました  今度は人間に尻尾フリフリしてます 」
 と連絡が有ったのです

あのラブコールは孫ではなくて 女の子と思い込んでいたから ・・
リリーさんの勘違いでした

moblog_b1d504eb.jpg

二人が離れてから お見合いの話が来たので 二人を
引き裂いたのではありません
リリーさんは もう全く見向きもしなくなったらしい

かんた君も お疲れだったので丁度良い機会でした

仮の名前は あんこちゃん

ラブラドールと17才高齢猫の飼育放棄

この2匹の引き取り依頼の連絡があった時には さすがにマムも
途方に暮れた
この所 老人飼い主の飼育放棄が続き 手元も預かり宅も満杯状態

今回は断るしかないのかと思い悩みながら念の為 各グループの
皆さんにメールを ・・  

行き先募集の連絡を回した所 何と即 反応が有ったのです
夢のようでした

犬はいわたわんこさん 猫はにゃん友クラブさんから行き先を
ご紹介頂き それぞれが引き取って下さった

自分の非力に情けない思いでしたが 周りの皆さんにご協力頂いて
今回も犬と猫の命が助かりました
心から感謝申し上げます

そして引き取に行ったら 実際はゴールデンレトリバーと 猫は16才の
ばぁちゃんアメショーだった


moblog_97c6cf06.jpg  moblog_47000064.jpg
 


猫を引き取って下さったのは あずきなさん
以前 あずき と きなこ をもらって下さった あずきな母さんです

あずきも きなこも それぞれ最期を看取って下さり 今回は
16才の高齢猫を迎えて下さったのですが 実はその数日前に
S市役所からトイプードルを引き取ったばかり ・・

役所に抑留されている犬は 期日までに飼い主からの名乗り出が
ない時には殺処分される運命
あずきなさんの所へSOSが入り 引き取ったのでした

それが このトイプードル 仮の名前が あんこちゃん

 moblog_3f0b4189.jpg

あずきなさんから

『 ベットは、彼女にはかなり大きいですが。。。
  仮名は 「あんこ」 にしました。

  昨日、動物病院で健康診断とワクチン接種をしてきました。
  体重2.1キロ、フィラリア陰性、
  ご飯を食べないのですと話したら、看護婦さんからa/d缶を頂き 
  それは完食しました。

  院長先生曰く、歯の状態から、あまり若くないとの事。 』
  
 ※ 総て終了したら 改めて家族募集をする予定
  
 moblog_31864f31.jpg

あずきなさん 本当に有り難うございます
犬と猫との大家族で 毎日が大賑わいですね 

先住のだいごろう君 あんこちゃんの新しい家族が見つかるまで
宜しくね~~    

        手前の小型犬が だいごろう君
moblog_1fafb749.jpg
写真はワンコワークスさんから拝借しました

あずきな宅の猫さんは8匹~10匹もいますので 今回ここでは
紹介しきれません
一度 猫さん全員の顔写真を送って下さいね

あずきなさん 犬も猫も宜しくお願い致します    

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント