探さないのは殺すのと同じ

豊ちゃんへ 沢山のお悔みコメントを 有り難うございました

早いですね 豊ちゃんが星になってから もう7日
人間でいうと初七日
虹の橋の向こうの役所へ 正式に転居届も出しましたので
もう空の住人になりました


皆様から 暖かい言葉を掛けて頂き 豊ちゃんに取って
何よりの贐の言葉となりました  有り難うございました
コメントの返信は書きませんでしたが どうぞお許しください


春にリンパ腫を発症した時に 先生からは 長くは持たない事を
説明されていましたので覚悟はしてました
実は 今年に入ってからは 混合ワクチンも接種出来ない位 体力や
抵抗力などが落ちて来ていたのです

29日には ぷらすわんさんへシャンプーをお願いしてあったので
キレイにして12月の譲渡会へ参加し 皆さんに最後のお別れをさせる
つもりでいました

豊ちゃんは人が大好き
最後のお別れで きっと笑顔を振りまくはず ~ でしたが残念です

moblog_0bb8c3e3.jpg
 
豊ちゃんは 迷い犬として捕獲された犬 ・・
飼い主は なぜ 行方不明になった豊ちゃんを探さなかったのかな

それとも悪意を持って 故意に遺棄したのか



厚生省が発行しているパンフの中に 「 探さないのは殺すのと同じ ・・」
と言う文章があります

moblog_1742ee66.jpg

犬が行方不明になった時 飼い主が積極的に探さないのは 自らの意志で
殺したのも同じ そうとらえています

でも 処分されてしまった事実を前に 飼い主はこう言い訳します 
その内帰って来ると思った  いつもは数日すると自分で帰って来たよ
殺すつもりなんかない  死んでもいいとは思っていなかった ・・

犬が帰って来なかったのは想定外だと言い訳しますが 飼い主の安易な
この考え方では 処分されてしまった犬達が たまったものではありません

保健所へ電話を入れるだけで確認が出来るのに それもしない


豊ちゃんは 虐待をされたとは思いませんが 完全にネグレスト状態
つまり 必要な手を掛けられていない飼い方だった
だから 探さないのは当然だったのかな ・・

マムの推測ですが 飼い主は高齢で一人では何もできなかった
施設へ入ったとか入院したとかで(あるいは亡くなった) 豊ちゃんは
邪魔者になり 誰も 豊ちゃんには関心を示さなくなった 
ある日 偶然に開いていた戸口から外へ出て行った

姿が見えなくなったが いなくなっても丁度いいか ・・ くらいで 
誰も気にも留めず 誰も探さなかった

こんなストーリーではないでしょうか ・・ あくまでもマムの推測です


たまたま 動管センターで処分前に ラッピーママに出逢い
助け出されたものの もし日が違っていたら 時間が違っていたら
豊ちゃんは処分されて この世にはいなかったかも ~ 知れない


迷い犬として捕獲され 期日が来て殺処分されてしまう ・・
このような不幸な犬を 作り出してはなりません

犬の首輪に名前が付いてさえいれば 飼い主が判明して帰宅できる
たとえ名前が付いていなくても マイクロチップが埋め込んで有れば
即 飼い主が判明します

愛犬の首輪には 必ず名前を付けましょう
愛犬には マイクロチップを入れましょう
もし 犬が行方不明になったら 捜索を開始しましょう
各地の保健所には 迷い犬等の情報が集まっています
必ず 連絡を取ってみましょう 

探さないのは殺すのと同じ ・・ こんな文章が無くなる日を祈ります

メイちゃん

メイちゃんのママ宅へ 物資を受け取りに 担当者が出向いて
くれました

ママさんの愛犬は こんなに可愛いダックス
名前は メイちゃん 5才の女の子 スレンダーな美人ワンコ

moblog_06d8fbe0.jpg

時間が有る時に メイちゃんの毎日の様子を お知らせ下さいね
支援物資を 有り難うございました

若い猫の家族を募集中

若い猫を保護した方があります
家族募集中なので ご希望がありましたら お知らせ下さい

moblog_a38d6319.jpg

『 5月生まれの若猫 オス 
 検便・駆虫済み、 3種混合ワクチン接種済み、 去勢手術済み
 血液検査済み( エイズ陰性・白血病陰性 )
 トイレしつけ済み
 右目は白濁していて見えないようです。
 左目も少し白濁していますが、日常生活に支障は有りません
 元気一杯抱っこ大好き ゴロゴロ言います
 保護した方は 高齢猫2匹の介護で手一杯  甘えてくるこの子を
 抱っこして上げる事も出来ない状態です
 ご理解のある方を希望します 』

 問い合わせは マム事務局へお願いします
 保護している方を ご紹介いたします

迷い犬 その後

ナナちゃんお父さんから 先日の迷い犬に付いての顛末が届きました

『 先日連絡しました 蜆塚・三謡公園での迷い犬の続報です
  今日、散歩に公園まで行ったのですが そこで 先日 この迷い犬を
  保護された方に声を掛けられました
  あの老犬が無事に飼い主の元へ帰った事を私に伝えたくて
  探していたようです
  飼い主は近所の老婦人で 自分でも犬の行方を探していたとの事
  無事に戻って来て大変喜ばれ 感謝されたそうです
  
  あの犬は16才の老犬で目も耳もダメなので 非常に心配していた
  ようです
  何故 公園で保護されたのかは判らないが 多分若い頃 良くその
  公園へ散歩に行ったので道を覚えていたのではないか ・・ との
  事でした
  一緒に飼い主さんを探した私に 飼い主さんも感謝していたとの
  話を伝えたかったらしいです
  
  先日のニュースで 大量の犬を処分していたなどと言う ひどい話を
  聞くと  老犬でも大切にされているのは非常に嬉しく感じました  



  ナナちゃんのお父さん 有り難うございました

  飼い主さんに探す気が有れば 犬は 必ず家へ戻れますね
  どの飼い主さんも 犬が行方不明になったら 諦めずに最期まで
  手を尽くして探して欲しいと思います

  心が温まる話を 有り難うございました

  ナナちゃんの近況もお待ちしています



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年9月24日 朝 9時頃 浜松市中区蜆塚2丁目の三謡公園
付近にて 迷い犬を発見・保護した方が有ります

黒柴犬のオス かなり老犬 首輪黄色名札等はナシ  おとなしい

moblog_98ffb77e.jpg

一旦 教育センターへ抑留されますので この犬にお心当たりの方 
又は この犬をご存知の方は センターまで お知らせ下さい  9/25

ヨーちゃん

ちゃこ天ママが預かって下さっている ヨーキーのヨーちゃん

星になった豊ちゃんに負けず劣らず ヨーちゃんも病気の問屋
あらゆる病気を内在・発症しています
隔週に検査の為通院しているが その検査結果がマムの方へも届いた

報告書を見ると本当に悪い ・・ 
悪いながらも 横ばいで生きているのが不思議な状態
1日置きに点滴を受けているが これを止めたら 即 お星様でしょう 

ちゃこ天ママさんの献身的な介護に 心から感謝致します


ヨーちゃんは 昨年 平成25年12月10日に 保健所からヨーキーを
2匹 引き取った内の14才の方

あと2週間ほどで 丸1年になります

引き取って直ぐの初診で 悪い所が沢山見つかり ため息が出たほど
だから ヨーちゃんも今まで良く持ったと思う  

むろん狂犬病の注射も猶予措置
腎臓も末期の腎不全 心臓も重度の心不全 ホルモン異常や その他
内臓も正常な箇所は無いに等しい ・・

内心 豊ちゃんとヨーちゃんの どちらが先に逝くかな ? と気に
なっていました

ヨーちゃんは ちゃこ天ママさんに 命を支えてもらっています

moblog_691b7bd2.jpg

闘病中のヨーちゃんを励ましてくれる ちゃこ天ご一家
ちゃちゃ ちこ  ゲストの凜ちゃん ・・ 凜ちゃんはお泊りに来たそうです

moblog_43b53269.jpg

凜ちゃん ・・ いつもご支援下さいまして 有り難うございます

moblog_94b41fa3.jpg

ちゃこ天ご一家の様子は ブログ 「 ほっとちゃこ 」 をご覧ください

ヨーちゃんにも あしなが支援を募集しています
検査費用・薬の費用・点滴の費用など 治療費に充当

マルちゃん

マルちゃんのママから ~

『 最近 犬の飼育放棄のニュースが多く 怒りを覚えずには
  いられません  
  しかも不要犬と言う 人間の都合で付けられた呼び方 ・・ 
  こんな事がニュースにならない日が来る事を祈ります 』

moblog_eec78782.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マルちゃんママ いつもご支援を賜りまして 有り難うございます
全く 同感です
人間の都合だけで 産まされたり殺されたり ・・
こんな悲しい出来事がいつまで続くのでしょうか

餓えて 傷ついて 凍えて 小さい命が失われて行く事に 罪悪感は
感じないのでしょうかね  

子供達は こんな世の中を見て育っていると思うと いたたまれません
犬や猫にとって 理不尽な事が無くなる世の中が来る事を祈ります

トーマ君の家族募集

トーマ君 & ライチちゃん 

ジジママさんが トーマ君を連れて病院へ行ったら 偶然にも
ライチちゃんと再会した
原因不明の熱が続いていたとの事 回復して良かったです
立派なレデイになっていて驚きました とメールが来ました

moblog_5ac7f962.jpg

保護した日のライチちゃん 一番小さな可愛い仔犬だった

moblog_fe891246.jpg


  トーマ君は 家族募集中

足に障害が有りますが 日常生活には支障はありません
まだ若いので(3~5才くらい)元気に走り回る男の子
どなたかが常に在宅している家庭を希望します

moblog_e5760e0d.jpg

各検査・手術等 すべて終えました 足以外はすこぶる健康
トーマ君のお見合いは 来年になってから開始致します
ご希望が有りましたら マム事務局までお知らせ下さい

豊ちゃん 良く頑張ったね

2014年11月23日 夕方 豊ちゃんが星になりました    

この 最期の顔 笑っているように見えませんか ?
頑張って生き抜いたから 悔いは無いよ と微笑んでいるように思えます

moblog_de8659e0.jpg

痛みも苦しみも無かったようで 穏やかに眠り続けていましたが
マナーベルトを替えて抱き上げたら (眠り続けている間も オシッコは
チョロチョロと洩れていたので マナーベルトは欠かせなかった ) 
フゥーと大きな息を吐いて そのまま胸の動きが止まった
  
本当に静かでしたよ 
抱っこしていなかったら 気が付かなかったかも知れないくらい
静かに逝きました


豊ちゃんは 2013年2月2日 迷い犬として動管センターに抑留されていた
引き取り予定の数匹のシーズーとは 別の場所に置いてあったが
ラッピーママが気が付いて 一緒に引き取ってくれた  ・・・ 感謝  

moblog_ca5738f8.jpg

ボロボロだし 臭いし 毛が伸び放題で ひどい状態だった 
動管センターでは 唸る ・・ と言う説明だったが マム宅では唸る事もなく
穏やかでいい おっさんワンコだった

moblog_bf874e3d.jpg

ぷらすわんさんで シャンプー丸刈してもらったら とっても可愛い犬が
毛の中から現れたので驚いたよ
洋服も嫌がらずにすんなんり着たので 今までに着た経験あったかもね

moblog_c2bd97f3.jpg

今年の夏 片目摘出後 ポム譲渡会場へお礼の挨拶に出かけた豊ちゃん
皆さんのご支援のお蔭で 痛みの有った眼の手術も受けられました

moblog_5566e6ba.jpg

豊ちゃんが長生きできたのは 皆さん方のご支援のお蔭です
本当に有り難うございました  心より感謝申し上げます

マムの手元へ来てからは ず~と通院の日々 
沢山の病気を発症しましたが 良く耐え 良く頑張りました
豊ちゃん安らかに ・・・ 

昨日 斎場会館にて 荼毘に附しました   


コメント欄を開きました 豊ちゃんにお別れをお願いします

蓮の徘徊

マム宅の老犬・蓮  老化が急速に進んでいます

moblog_34eb8512.jpg

ウンチをポタポタと落としながら歩く犬なので 蓮が歩き始めると 
タオルとビニール袋を持って 床を拭きながら後を付いて歩く

そうしないと 自分の排泄物を踏み付けて大変なの ・・ 
ウンチした後 なんでバックするのかな ??

万一 本人が踏まなくても 他の犬が踏みつけても大変
とにかく後ろを付いて歩くのが日課  それも1日に何回も ・・

留守にしていて帰宅すると アチコチに こんな物が落ちている
今回は 幸運にも まだ踏まれていない 

moblog_3a08b2cb.jpg

moblog_f5ff81d1.jpg


その蓮が 夜中に 一晩中歩き廻るようになった 徘徊です

床の上を ハイヒールで コツコツと歩くような音が一晩中聞こえる
爪が床面に当たる音

夜中は そんな音でも結構大きく響く
老犬で耳の遠いワンコはグッスリ眠っているが 音に敏感なワンコと 
マムは寝られない

昼間になると 蓮本人は ご覧のとおり 爆睡中

moblog_748a0ee7.jpg

しかし 乳び胸の犬は昼間もウトウトしているだけで 熟睡するという
事がない

この犬は敏感と言うか 繊細と言うか 環境が整わないとご飯も
食べられない犬なので 眠らないと増々神経が尖ってきて何も食べないし 
薬も飲めなくなる

今 乳びの薬の投与が始まっている
マムの親指程もある大きな薬を 日に3回飲ませなければならない

薬を4分割して小さくしているが それでも 薬を完全に飲み切る事の
難しい日が続いている

しかも 乳びは 病気の特性から脂肪分の多い食品は一切ダメ
指定の低脂肪フードのみ ・・ 全く食べない ・・ 痩せて来る
  
薬をチーズで包むとか バターとか 薬を飲んだご褒美にミルクは不可
はちみつは好まないし パン類か 魚類位しか思いつかない
犬にも食べられる低脂肪の食品を探すのが大変   

薬を飲ませるのに好都合な食べ物が制限される中で 薬を飲ませるのは
至難の業  

  いつも こうやって薬だけが転がっている

moblog_46bf0f87.jpg

老犬の夜中の徘徊 ・・
その被害は 多頭飼いの場合 1匹だけにとどまらない

眠いな ・・ こんな日が まだまだ続く予定           



その上 気力で頑張っていも事故が起きる
先週2回転んだ  半分眠って歩くから自業自得ですが ・・

1回目は左足をこすって軽いケガ
2回目は左手の甲をぶつけて内出血

手が腫れあがって物を掴みにくい ・・・ 不細工な手でゴメンナサイ
moblog_5fd41620.jpg

お年寄りが転んで骨折する話を耳にするたび 次はマムの番かと
恐怖に駆られます

手元には まだまだ 沢山の犬が残っているので 頑張らねば ・・ 

あさこ

先週 リーパパ・ママと朝の散歩に出かけた時の光景

リーママが大好きです

moblog_544e8b30.jpg

こんないい顔で なでてもらってましたが ・・

moblog_8fa4d159.jpg

リラックスし過ぎの  あさこ

moblog_bfeec29e.jpg

また何食わぬ顔で なでてもらう あさこ

moblog_f26cf1a9.jpg

散歩から帰っても家へ入るのを拒否
ずーと リーママの顔ばかり見てます これには リーママも苦笑い
リーママと一緒の朝散歩は きっと楽しいのでしょうね

マムと出かける散歩は スタコラと早足で帰ってきて
さっさと家の中へ入ってしまいます

何が違うのかな ??

moblog_a6fe7b8f.jpg

moblog_2770baaf.jpg

豊ちゃん 頑張れ

豊ちゃんが ご飯を全く受け付けなくなった ・・ 

美味じゃ~ と柿を美味しそうに食べた翌日から 何も食べない

水分などは口に入れてやっても 横から流れ出てしまう
固形物は全く受け付けない 好きな柿にも見向きもしない
ひたすら 眠るだけ ・・・

moblog_ed60dd79.jpg

一気に弱って来たようです

先生の診断ってスゴイな 
全身が弱って来てますね ~ と診断された翌日から一気に
衰弱が始まるなんて 獣医さんはスゴイ ・・
なんて 脱線している場合ではありません

何か食べられるといいんですけどね
新年を迎えるのは 難しいかも ~

でも頑張って欲しい 豊ちゃんガンバレ ~~  

今までも 奇跡の回復で皆を驚かせてきた豊ちゃん
今回も乗り切ろうね 

皆さんも応援してくれてるよ

正式譲渡

幸せを運ぶ黒猫さん 2匹一緒に正式譲渡になりました

141117-1.jpg

お顔を隠すのが残念な程、美男美女のパパママさん

仔猫のママさんから

『 トライアル24時間は 二人とも 「 知らないとこ怖いよ
 知らないおばちゃん怖いよ 」 だったのですが
 夫がオモチャで気を引くと、一気に距離が縮んだようです

 今朝も、おもちゃ♪ おもちゃ♪ と、顔を出してくれました

 いやぁ もお 動画で見て欲しいです
 何故なら、とても可愛いからですよ、フフフ
 』

ママさんの愛情がとても伝わってくるメールですね ラブ
もう嬉しくて仕方がないです~

わかめちゃんの新しいお名前は 「わかちゃん」
こんぶちゃんの新しいお名前は 「こぶちゃん」

幸せを運ぶ黒猫さん、パパママを幸せにして
こぶわかコンビも幸せに暮らしてね♪

1416191259183.jpg

むぎ君ママ、いつもご苦労様です  』     すてっぷ・にゃむから転載



先住猫の しいちゃん 10才 こぶわかコンビを宜しくね

moblog_d3bede18.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こぶちゃん わかちゃん オメデトウございます
二人が育つ過程の写真も ぜひ お送りくださいね
お待ちしています 

画像の送り先は 会報マムをご覧ください 
又は メールフォームから お名前だけお知らせ下さい
折り返し サークルム事務局のアドレスを返信いたします

アンちゃん おめでとう

アンちゃんママから アンちゃんのウチの子記念日のお便り

moblog_7e027fe3.jpg

『 11月23日は アンちゃんのウチの子記念日です (^^) 
  私たちのひとり娘アンちゃん、じぃじとばぁばにも可愛いがられて、
  幸せものです。
  ばぁばは、アンちゃんが来るまでは 犬に触ることが
  できなかったのに、今ではベタベタデレデレです (^^) 
  アンちゃんとの赤い糸をつないでくださって、本当に本当に
  ありがとうございます !  

 7月に伊豆高原へ家族旅行に行った際に撮った写真です

 moblog_c5109eb6.jpg

moblog_883bb706.jpg

moblog_6fdf5f9a.jpg

                               』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うちの子記念日 オメデトウ !!  
満6才のお誕生日ですね  ( 08年11月の譲渡 )

今でもハッキリと覚えてますよ 西山会館へいらして
仔犬が2匹いた内の 女の子を選んで下さったご夫婦

マムも会場でお会いした途端 アッ この方がパパとママだ !! と
赤い糸を直感しました

もの凄く優しい眼差しで アンちゃんを見ていらしたのが印象的で 
心から安心して譲渡出来ました


譲渡会に行く車の中 兄妹2匹で寄り添って ・・
moblog_d7a347f0.jpg

新しい家族の元で 第一日目
moblog_6f91f5a5.jpg

兄の仔犬も 間もなく別の家庭へ決まって行きました
moblog_60ff3222.jpg

アンちゃんは 今も 全く姿形が変わりません
仔犬の時のまま ・・ 不思議なアンちゃん いつまでも若く元気でいてね

※ マム宅のあさこに そっくりなのが気になります

可愛い子猫の家族募集します

ラッピーママが 可愛い仔猫を保護しました

moblog_dae8cc4f.jpg

『 倉庫の中にいた子猫を保護しました。
  まだら模様で 2ヶ月くらいです、多分女の子
  シャーシャーフーフーと可愛い声を出すので (笑)
  人慣れさせま~す  』

 moblog_90a2e83b.jpg

この 可愛い仔猫の予約を受け付けます
生後2ヶ月くらいの メス
ご希望がありましたら お知らせ下さい

豊ちゃんの鼻風 

豊ちゃん 急に寒くなったら 鼻をグシュグシュし始めた
昨日から少し鼻血も出していたので 受診

クシャミをして鼻の内粘膜が傷ついたのでは ・・ との診断
聴診器を当てて ・・ 全体に弱って来ていますね とも言われた

覚悟はしているものの 事実を告げられたら胸にグサッときた  
年を越せるのだろうか ~

点滴をして帰ってきた

前回 点滴に失敗して出血した場所の毛を刈ったら 皮膚は
大きく内出血を起こしていた

皮膚の変色している所が  内出血の跡 ゴメン豊ちゃん

moblog_26dd6444.jpg

暖かくしてやってとの指示されたので 早速ストーブを出してきた
24時間使用すると 電気量は ・・・

moblog_8ebe4e30.jpg

こちらを向いてますが 目は見えていません
前にマムの気配がするので 正面を見ているだけ

でも カメラを向ける度に こちらを向くので もしかしたら見えて
いるのではないかと思ってしまうが 見える事は決してない

moblog_e929589b.jpg

右目は眼球を摘出したし 左目は水晶体が出て来てしまったので
眼としての機能は失われている  左目は眼球の抜け殻が有るだけ 


今 柿に はまっています

moblog_c4b74b90.jpg

まず 臭いを嗅いで ・・ アッ 柿だ

moblog_5789e4c6.jpg

大きな口で ガブリ ・・ 美味じゃ~

柿 ご馳走様でした

また 皮膚病の迷い犬

また 浜松市動物愛護教育センターに 皮膚病の迷い犬が
抑留されていました

毛は背中を残すのみ それ以外の顔・両手足・腹などはすっかり
脱毛している
左右対称の脱毛なので 免疫性のアレルギーか ??
純血の柴犬などに多発する皮膚病で 一生付き合う事も多い

先週 引き取りを予定した皮膚病の犬が 抑留中に死亡したばかり
こんどこそ 何とかしてやりたいと思い 直ぐに ラッピーママに
相談を持ちかけました 

しかし ラッピーママは さすがに冷静です

『 治療した痕跡が見えるので 飼い主が名乗り出るかも ・・
  様子を見ましょう 』

その言葉通り 翌日には飼い主が名乗り出たと見えて
センターの画像は消えていました


教育センターの画像は取り込めませんので こんな感じを想像して下さい
 参考資料画像  この子は2年前に引き取った犬

moblog_9d5c379e.jpg


帰宅できて 嬉しいな ・・ 
でも 飼い主さんには キチンと 名札を装着して欲しいと思った

いつでも無傷のまま帰宅できるとは限らない
交通事故に遭い そのまま飼い主と永遠の別れになる場合もある
名前を付けていれば遺骸が戻って来る事もあるが 名無しだったら
遺骸さえも戻ってはこない

愛犬の首輪には 必ず飼い主の連絡先を付けましょう

法律にも 飼い主を明示する事が義務化されています
その点 マイクロチップは 絶対に外れる事がない名札
万一に備えて置けば安心です

まいこちゃん

まいこちゃんの預かり みなみちゃんママから お便り

moblog_42a74d51.jpg
    ビフォー 

『 まいこちゃんは、ぷらすわん美容室で綺麗にしていただきました
 パッドの裏も お尻の周りもお腹も スッキリ綺麗になりました。
 でも耳はちょっと長めにカットしてあるんです。
 すっごいオシャレ、キュートなまいこちゃんです 
 これでクリスマスも お正月も 楽しく写真が撮れそうです。
 ぷらすわんの先生、ありがとうございました  』

    アフター
moblog_6f9a598e.jpg

moblog_cf62916d.jpg

まいこちゃん すっごく可愛くなりました
もともと美形のまいこちゃん 写真写りが とってもいい ~  

愛情をいっぱい振り掛けると 犬って可愛くなるんですよね
今は みなみちゃんママの愛情を独り占め
愛情は魔法の粉  
皆さんも 愛犬に 毎日 愛情をいっぱい振り掛けてますか ?

お正月には また 可愛い写真をお待ちしていますね
豊ちゃんに ベジタブルの支援 有り難う

ぷらすわんの先生 いつもキレイにして下さり 有り難うございます

キキちゃん

久し振りにキキちゃんに会いました
半年ぶりですね 
すっかりレデイになって ・・ 見違えましたよ

moblog_f9f08c0a.jpg

親子3人で通っているドッグトレーニングの成果がバッチリ
マムの顔を見た途端 きっちりオスワリが出来ました

実は トレーニングの時には100%出来る犬でも 家へ帰ったり
外へ出た時には 実力が発揮できないワンコが大勢いるのです

ですから外でキチンと出来る犬は 120%マスターしていると言って
良いでしょう

moblog_8f95caa6.jpg

良い犬に育てて下さいました キキパパとママに心から感謝です

moblog_d4ec7e28.jpg

11月7日で キキを袋井市役所浅羽支所から引き取って丸1年
この時は殺処分を目前にして 不安な日々を過ごしていたキキ

今は 暖かい・・いえ サツマイモも焦げるくらい 熱すぎる愛情の中で
幸せに暮らせて 地獄から天国への場面転換が劇的でした

  本当に この犬とキキは同じ犬でしょうか
   浅羽支所から引き取った日 こんなに不安そうな表情でした
moblog_b38d2316.jpg

浅羽支所から引き取って 帰りの車の中
moblog_e4b25fb4.jpg

マムには 未だに同じ犬とは 信じられません
もしかしたら ジジママが預かって下さっている内に 整形手術をしたとか 
どっかの犬と替えちゃったとか ・・

冗談ですが それくらい顔の表情が違って見えます
やはり 環境や愛情の注ぎ方・人間の接し方などの影響でしょうね

幸せを掴んだ犬と再会できる時ほど 嬉しい事は有りません
この幸せが永遠に続きますように ~~ どうぞいつまでもと祈ります

物品のご寄付 有り難うございました

コテツ君 & ハク君 

キキパパ・ママと 待ち合わせたのがドッグラン犬の森ポム

キキ家の到着を待つ間 ドッグランで遊んでいるワンコを眺めていたら 
真っ白な美しい犬が眼に入った

真っ白な毛と大きな体格  もしかしたら ~~ ハク君 ?



側にはちゃんとペアの コテツ君がいた
やっぱり コテ・ハクペアだった

moblog_0512e87b.jpg

マムの歩く気配に気が付いて コテハク母さんが手を振ってくれた
お久し振りです コテハク家の皆さん

『 会った時に渡そうと思って車に入れて置いたのよ 』 とその場で
タオルのご寄付 有り難いです 
偶然にお会いして嬉しいのに タオルまで頂いて感謝

ペアで仲良く 元気に過ごして下さいね 


ちなみに 11年前のコテツ君 こんなに真っ黒な子でしたよ
最後までマム宅に残っていた仔犬  決まった時は嬉しかった

moblog_f35f682a.jpg
 

キキ家 コテハク家 久し振りの2組にお会い出来て嬉しい日でした

工事の振動

我が家の周りで続いている工事 連日大きな機材が稼働してます
私は 震動にも慣れっこになって来たが 犬はどうも違うらしい

                           ココが  マム宅
moblog_19c7d01b.jpg

庭の隅っこに大きな穴が出来ている

実はコレ ごんさんが掘り返していたもので どうも工事の音や震動に
ストレスを感じているらしく 穴を掘って外へ逃げ出しかったようだ

必死で掘り返してました
ブロックで囲って有るので そう簡単には逃げ出せないと思うが ・・・

moblog_b11ddecf.jpg

そのブロックの上にフェンスが張ってある
フェンスの直ぐ外側で 工事車両が動いているので音や震動や
デーゼルの臭いがもの凄い  もちろん家も揺れています

moblog_a8ee62d1.jpg

犬の低い目線で見るとこんな感じ
隙間から手を伸ばせば工事車両が触れるくらい

moblog_751b9423.jpg

反対側のデッキの上へ避難してます

moblog_ec551c5c.jpg

こちら側は犬小屋が1個しかないので 入れるワンコは1匹だけ
むろん 強い方が入る 
体の大きさとか 若いとか 先輩なんて問題ではない

moblog_ebb133c3.jpg

あのう ボクも入れてもらえませんか ??
ごんさん 無回答 ・・・ 
 
moblog_ca983c76.jpg

寅さんが必死の眼つきで訴えている  無視されたよ~

工事が中々終わらない  でも来年まで我慢するしかないんだよ 

昼休み時間 静かになったのを確認しに2匹揃って偵察に出た
おっかなびっくりで 2匹でくっ付いて歩く

おい 静かだぜ ・・・

moblog_d235d215.jpg

マムの手元犬の内 譲渡できる犬は殆ど譲渡してしまい
現在残っているのは 老犬・病犬・ビビリ犬・大型犬 ばかり

このような犬達は まず 希望者がありません 譲渡は絶望的

マム宅の環境が悪くても 我慢して暮らしてもらうしかない
他に方法は無いのです
でも 犬には そこの所が理解できないようで 気の毒な限り

現在より ワンランク上の家庭が見つかるといいのだけれども 
今は小型犬のブームなので 大型犬は非常に難しい ・・・


ダメ元で新しい家庭を再募集します


寅さん ミックスの大型犬 体重22㌔ オス  7~8~9才位
性格は超・甘えん坊で人が大好き 食べる事大好き 散歩大好き
(人によって)吠えるかも知れないので 住宅密集地では無理かも 

moblog_ba685ee0.jpg

moblog_0cbe3053.jpg

 工事が終わるまで 預かり宅 を募集 期間は3ヶ月くらい

ごんさん かなりな高令犬 やや痴呆有り 散歩には出られない 
室内には慣れていないので 囲って有る庭に放し飼いを希望


moblog_ac5ab856.jpg

星になった仲間たち

裕美さんから アイちゃんが星になりましたの悲しいお知らせ    

『 写真が好きでなかった子なので 正面からのが有りません
  15才になるかならないかの10月21日 神様の元へ戻りましたが
  今は 空と家を行ったり来たりしてくれている気がします

  赤ちゃんの時 命を助けて頂いた お隣の奥さんの気配を感じて
  待っている写真です 
  
  全ての命がありのままに生きてゆける世の中になる事を
  心から祈っております 』

moblog_136e0baf.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心より アイちゃんのご冥福をお祈り申し上げます
お隣の奥さん ・・ 命を救ってくれた方は 判るんですね

末尾の一文を読んで 共感の思いが溢れ 涙が止まりませんでした
全ての命が ありのままに暮らして行ける世の中だったら どんなに
素晴らしい事か !

いつの日か そんな日が来る事を マムも祈ります


12月1日発行の会報38号は すでに印刷に出して有り
星になった仲間たち掲載には間に合いませんでしたので
その次の39号に掲載致しますね

物品のご寄付 有り難うございました

ヨーキーの ヨーちゃん

病気の問屋状態のヨーキーのヨーちゃん
ありとあらゆる病気を発症し 隔週で検査に通院
 
その検査結果で投薬量が決まるので 通院を欠かす事が出来ません
横ばい状態が続きますが 現在は食欲もあり悪いながらも安定している

9日のポム譲渡会に雨の中 凜ちゃんママや職場のYUKiさんからの
支援物品を届けに来てくれました  雨の中を有り難う

moblog_16fb3321.jpg

似顔絵を描いてもらったそうです
どうですか ? 良く似てますね そっくりで可愛い ~

moblog_018b03c3.jpg

ちゃこ天ママさんは ヨーちゃんに 一日おきに点滴をして下さってます
とっても良い子で点滴を受けるそうですよ

ちゃちゃ ・ ちこ も協力的で ヨーちゃんに寄り添う日々  
有り難いですね 
家族全員でヨーちゃんを見守って下さってます

こういう預かりボラさんの奮闘のお蔭で 保護犬は心地よく安心して
暮らしていけます  

現在 マムの手元は満杯の為 8匹の犬を8軒のお宅に預けていますが 
本当に預かりさんには足を向けて寝られない 有り難い限りです

ヨーちゃん 悪いながらも頑張って長生きしようね ~  
皆が応援していますよ

ヨーちゃんの毎日は ちゃこ天ママさんのブログ 「 ほっとちゃこ 」 を
ご覧ください

moblog_29724b02.jpg



ヨーちゃんの専用膝を求めています

いつでも 自分一人だけの膝があったら どんなに嬉しいか 

ご老人家庭で 今から若い犬は もう飼えないな ~ と思っている方
ヨーちゃんと一緒に暮らしてみませんか

成犬は 穏やかな落ち着きがあり こちらも心が安定します
検討してみたい方は お知らせ下さい

黒い仔猫 2匹でスティ

むぎ君のママから 嬉しいメールが届きました

moblog_dba7b042.jpg

『 ラッピーママさんからのご紹介で 我が家で預かってる
  幸せを運ぶ黒猫 わかめ & こんぶが
  ステイへ入りましたぁ ~ 

  にゃむの譲渡会へ支援物品を持ってきて下さってる方で
  ご夫妻でいらっしゃいました! 
  ( 2度ほどお目にかかっていました! )

moblog_c7de761b.jpg

  まだ、ワクチンもすんでいない お腹の虫退治中のふたりを
  お薬持参でお願いできました。

  ステキな出会いに感謝です♪ 』

moblog_f314f044.jpg

わかめちゃん こんぶちゃん オメデトウ  
 
兄弟2匹でもらって頂けるのは 最高の幸せ
こんなに理想の環境は有りません
互いに 競い合い 甘えあい 抱き合って眠る
毎日の様子が 目に浮かぶようです

パパ・ママ 本当に ステキなご縁を有り難うございました
お名前が決まったら お知らせ下さいね


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ沢山の仔猫・若猫・成猫が 受け入れ先を求めています
猫さんご希望の方は すてっぷにゃむ & ラッピーママへ

また それ以外にも にゃん友クラブ(袋井市・磐田市)
ゴーキャッツ(浜松市) やいづワンニャンの会(焼津市)など 
猫の譲渡会を開催しているボランテイァ団体は 数多くあります

不幸な猫を ボランテイァから貰い受けると言う選択肢もある事を
知って下さい


それぞれの団体がホームページを開いていますので 是非
ご覧になって下さい

しんのすけ 決まり

ご縁があって 犬の床屋さんへ決まったシーズのしんのすけ
実はもう1匹 別の団体のワンコも一緒に決まったのです

moblog_1a2b848e.jpg

「 2匹で仲良く のんびり幸せにして上げたい 」 と
森下先生からメールが届きました

moblog_e84c71f6.jpg moblog_85c1e59b.jpg

いい顔ですね ずっと前から一緒に暮らしていたかのようです
ご縁って不思議ね

昨日まで 全くの他人だったのに 今日から家族として一緒に暮らす
本当の兄弟のように 本当の親子のように ~
赤い糸って本当に不思議 ・・

名前は シーズーが 「 しんのすけ 」  ダックスが 「 ルパン 」

自分の名前が判っていて 呼ぶと振り向くので 可愛いですとの事
どうぞ 仲良くお幸せにね

moblog_92704977.jpg

また 可愛い写真を お待ちしています 

のんちゃん記念日

のんちゃん 3年目アニバーサリー        

2011年11月15日に 磐田市役所に抑留されていたのを
いわたわんこさんが引き取ってくれた記念すべき日
いわゆる のんちゃんの再誕祭  オメデトウ のんちゃん  

moblog_6b0297a6.jpg

迷い犬として 袋井市の東名近くのお店に3週間繋がれていて 
処分に出された市役所にも2週間繋がれて その後 
いわたわんこさんに引き取られた 幸運な犬

いわたわんこさんに感謝 感謝 感謝 

moblog_4d8324ec.jpg

マム宅へやって来て 6ヶ月目にリーママさんから預かりの申し出を
頂いて本当に嬉しかった  あれから もう3年です 
その間には のんちゃんの フィラリア強陽性が陰転化  

moblog_47522062.jpg

3年前はヨボヨボで 立つのがやっと ・・ かなり老犬に見えたが 
今では毛も艶々して 足取りも軽くなり若くなったように見える

moblog_59641dec.jpg

寝る子は育つ まだまだ沢山眠って 長生きしてね のんちゃん

moblog_90fea47f.jpg

3年目の記念日 オメデトウ            

moblog_50fc7ed6.jpg

リーママさん お世話 有り難うございます   

皮膚病犬の最期

悲しくて心が沈んで行く話です

浜松市動物愛護教育センターに 月・火と2日間相次いで皮膚病の
迷い犬が捕獲された
2匹とも とても酷い状態で見過ごす事は出来ません

センターへ引き取りたい旨を連絡し、引き取りOKの許可をもらい
疥癬かも知れないとの事で 動物病院も手配しその日を待ちました

先に引き取りを予定していた犬は 前日に飼い主が判明し返還された
嬉しい事ですが あまりに酷い皮膚の状態だったので ここまで
放置した飼い主が本当に受診するかどうかは疑問

センターでも犬の状態について指導したら 病院へ連れて行くと言って
連れ帰ったそうだが 本当に治療したかどうかは確認できない


もう1匹はセンターで死亡したとの連絡がありました
衰弱が激しく 引き取りの期日まで持つかどうかと事前に説明が
ありましたので 祈るような思いで待っていましたが残念です

犬の状態は 全身の皮膚肥厚 痂皮 ・ 白内障 ・ 肛門周囲に
鶏卵大の腫瘤あり 自潰出血 ・・・

センターには獣医さんも常駐していますが その眼から見ても 
重篤な状態だったらしい

ただ、センターでは職員さんが最期まで親身に世話をして下さり、
部屋を暖かくして 食べる物も腹一杯食べさせて下さったとの事

皮膚病の犬は きっと 「ありがと~」 と 手を振って空へ昇って
行ったと思います。 センターの皆様に心より感謝申し上げます

痛み・痒み・苦しみから解放されて これで やっと楽になれた ~
悲しい最期でしたが 犬もきっとそう思っているに違いありません

名前も判らない この犬の冥福を心よりお祈り致します

画像は公開出来ませんので悪しからず
直接 教育センターのホームページをご覧下さい

迷い犬にチップが入っていた

一昨日 マイクロチップの記事を書きましたが グッドタイミングな
話題が届きました

昨日 すてっぷマムのメンバ- ばん君ママが迷い犬を保護した
交通事故に遭ったらしく あちこちにケガをして かなり深刻な状況

遠地だったので地元の役所へ保護した旨を届け出て 犬の治療を
してもらいたいと申し出たが 地元の役所では不可能と言う返事

その時点でラッピーママに連絡を取り 浜松の病院で受診できるよう
地元の役所と調整していたら その迷い犬、なんとマイクロチップが
入っていて飼い主さんのもとに帰れたのです。

2ヶ月ほど放浪していたようで、飼い主さんも届け出を出して必死に
探していたそうです、

『 ばん君ママが 保護してくれたおかげで 帰宅できました 
これで直ぐに 飼い主さんに病院へ連れて行ってもらえます  』 と
ラッピーママから 喜びのメールが入りました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ばん君ママ スゴイです !!  

遠地へ出かけていて通りすがりに見て ケガをしていた犬を
保護するなんて 誰にでも出来る事ではない
すっごいと思います

しかも 重傷を負っていたのでラッピーママに連絡して調整
素晴らしい連携で 犬も帰宅できてラッキーでした

ばん君ママ 本当に有り難う
ラッピーママ 的確な指示 有り難う

マイクロチップが入っている事は こんなにもスムーズに犬が
飼い主の元へ帰れる事を証明しました

皆様も 是非 ご検討下さいね


ばん君  ふれあい活動に参加して活躍中

moblog_47022c0b.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は このマイクロチップに GPS機能を付け加えて欲しいと 
メーカーへお願いした事が有ります
現時点では マイクチップそのものが まだ 飼い主さんの認知度が
低く 啓蒙途上との事 
そして費用が高額になる等の観点から GPS付加は不可との
回答でした

携帯電話にGPS機能が付いている事は周知のとおり
痴呆の方や子供さんの居場所を確認する為に無くてはならぬ機能

言葉の話せない犬にも付けたら 万一行方不明になっても 
追跡できて 直ぐに発見できるのに ~~ いつも そう思います

今から 何十年かしたら そんな世の中が来るのでしょうか ・・

未来を夢見ていても仕方ないので 今は マイクロチップを周知して
殺処分される犬を減らす事に集中したい

まいこちゃん

みなみちゃんママから まいこちゃんの良い?知らせ

『 お芋が豊ちゃんのお口に合ったみたいですね。
 よかったです。
 実は あの日まいこちゃんは 一ヶ月半ぶりの病院受診日でした。
 タウリンと L-カルニチンと言う サプリメントの効果はどうか…。
 半信半疑だったんですが、効果が出ているそうです。
 心臓の収縮率がアップしていました。
 心臓の薬を飲む前は27%、 薬を服用するようになって35時%。
 サプリメントを飲み始めたら47% 
 
 なんか出来過ぎって感じもしますが、まいこちゃんが散歩で
 休憩が少なくなったのは、私にも分かります。
 サプリメントの効果もあるでしょうが、まいこちゃんのことを
 気にかけてくださる皆さんのお蔭だと思います 
 
 皆さん、本当にありがとうございます。 
 でもまだ、薬はストップにはなっていないのです … トホホ。 』

moblog_4a2c35b5.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まいこちゃん サプリメントの効果抜群ですね
効き目の出るワンコと あまり効果のないワンコがあるとの説明は 
マムも受けましたが こんなに効果が出て とっても嬉しいです

心臓の病気は本当に恐ろしいので 効き目のある物なら なんでも
試してやりたいと思いますよね

その内 心臓の薬もストップにしましょうって 先生に言われたら嬉しいな
ラッキーガールのまいこちゃん 何だか そんな気がするのですが ・・

みなみちゃんのママ お世話を掛けますが 宜しくお願いします
まいこちゃん まだまだ 頑張れるね

マイクロチップ登録済みましたか

動物の逃走や災害など 万一に備えてマイクロチップを埋め込む
飼い主さんが増えました
特に 東日本大地震の後は マイクロチップが品不足になる程で
病院へ申し込んでも 入荷を待たされる事もあったくらい需要が増えた

飼い主さんの意識が向上するのは 大変嬉しい事

moblog_e62dd159.jpg

行政もチラシなどを配布して 啓蒙に力を入れています

moblog_ff95f820.jpg

ところが最近 迷い犬を保護してチップを読み取ると マイクロチップは
入っているけど 飼い主登録がしてないという事態が各地で多発
動物病院などでもポスターを掲示して チップ登録を呼びかけています

moblog_9a8a2866.jpg

 このワンコ ある市役所に迷い犬として捕獲された柴犬
  マイクロチップは入れてあるが 飼い主の登録してないという犬
  せっかく 入っているのに惜しい事 ・・・

moblog_9811a0d0.jpg

この原因は 判っています  多分  こうです ・・

産まれて販売されるまでの間に マイクロチップを埋め込んだ
販売する時 犬の購入者にチップの登録をして下さい と説明した

しかし 説明を受けてもマイクロチップの重要性が理解が出来る人は 
少ない  
マイクロチップの説明を受けても なんのこっちゃ判らん 
家へ帰った購入者は 書類を引き出しに入れて そのまま

登録とは 市役所へ届ける狂犬病と蓄犬登録だと思っている人も多い
マイクロチップの マの字も思い出さない 
したがってマイクロチップの登録もしない

従って マイクロチップの飼い主欄は空白・未登録のまま ~
多分 そんな事だと思います


どんな物でも 理解ができないと 使いこなせない
機械でも 物でも 約束事でも ・・

残念ですね
最先端のチップが入れて有るにも関わらず 飼い主不明なんて
こんなに残念な事は有りません

ちなみに すてっぷマムでは マイクロチップの助成金を出しています
( 助成金は予算が無くなり次第終了 )

詳しくは すてっぷマムへ問い合わせてください

猫の チップとデールもマイクロチップを埋め込みましたよ

moblog_fe3ed4eb.jpg

サークルマムは 平成11年にクロチップを埋め込んだ犬を譲渡して以来
普及活動を進めています

※ マイクロチップは平成10年に開発・販売が開始されました

moblog_ee91f50d.jpg

豊ちゃん 流血の惨事

点滴を済ませて いい顔で寛いでいる豊ちゃん

台所で後片付けを済ませて 「豊ちゃん いい子ね」 ~ と 声を
掛けながら戻ったら ・・

moblog_b12cc100.jpg

豊ちゃんがマットの上を移動していた
その後には ・・ あれ ?? 血の跡 

moblog_2118130e.jpg

あらららら ~ どこから出血したのかしら ?

moblog_849ac26b.jpg

足にも血が付いている

moblog_c7db8fdb.jpg

で 身体の反対側を見たら 体側から血が流れ出た跡

moblog_1abac030.jpg

moblog_5d4a2535.jpg

毛をかき分けて見たら 結構な出血
ありゃぁ ~~  点滴の場所から出血したんだ   
さすがに泡をくった 

しかし 直に止まるはず
上から強目に抑えて時間を待った

moblog_e6e34cc3.jpg

止まるのに時間が掛かった
時計を見たら1時間以上掛かっている

今までの手術の術前検査でも 血液は凝固したので心配はしなかったが
それでも 長い時間止まらないと どうしたんだろう ~と不安になる
太い血管を傷つけてしまったらしい ・・・

点滴だって技術が必要
マムは不器用なので 豊ちゃんに気の毒した ・・

moblog_09c0b3e5.jpg

動けるようになったら点滴を嫌がるようになった豊ちゃん 
でも 点滴は腎不全末期の治療の為 必要不可欠

人間なら人工透析が必要な状態 でも 犬の場合は設備が無い 
仕方ないから点滴で排尿量を増やし 尿中の老廃物を排出するしか
方法がない

その点滴を嫌がるようになると 生死にかかわる大問題
尿中に老廃物がたまると尿毒症を起こし ジ・エンド  一巻の終わりとなる

この先 どうすればいいのかな  
何とか頑張って 点滴やって欲しいな

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント