さくら

さくら クッシング症候群を発症してから 6月で 丸1年になりました
薬を飲めないので 病状は かなり進行して行っているようです


最近のさくらは 痩せて細くなり 身体全体が小さくなった
毛も抜け始めているので ボショボショになってます

moblog_42b3d082.jpg

  下5枚は昨年のさくら 腹部が膨満し身体も大きく見える

moblog_bf9e18aa.jpg

moblog_abf89d1a.jpg

完全に三角形 A型スタイル

moblog_3cedb05f.jpg

皮膚が薄くなり 床ずれで腹に穴が開いた  腹はテーピングだらけ 

moblog_725ae8d8.jpg

皮膚がピンピンに張ってます パ~ンと割れそうで怖かった

moblog_a4f4aa4e.jpg

今年に入って痩せて来たので 腹部には縮緬シワが寄っている
食べたいけれど食べられないらしい 口に入れても吐き出してしまう
これも病気のせいなのか ?

せめてミルクを飲めたら良いのですが ミルクには顔を背ける
前には飲めたので味覚が変化したのかな
これも病気のせい ?

クッシング症候群で死ぬ事はないそうですが この病気で死なないのなら 
寿命が尽きるまで 苦しみが長引くと言う事か
本人も 看取る方も かえって辛いな ・・・ 

現在も トイレに行きたくて 立ち上がろうとするのですが 足の筋肉が
落ちている為 すんなり立てない
無理に立とうとすると 足が反対方向へ曲がり 痛くて悲鳴を上げる
悲鳴を上げながら暴れるので その場で洩れて グチャグチャになる

タオルで拭いたくらいでは ウ〇チはキレイには落ちない
風呂場へ運んで洗おうとすると  虐待の記憶がフラッシュバックするのか 
ギャァァ ~ と ものスゴイ悲鳴と共に 腸に残っていた最期のウ○チまで
ひねり出すので それは それは 大変な事に ・・・

寝たまま そのままで トイレしてくれたら どんなに楽か ・・・
でも 自分の寝床を汚さない犬の習性が災いして 必ず今までのトイレへ
行こうとする
自力では起きられずに おおごとになる ・・・ 毎回 これで大掃除  

介護って 犬に接する事よりも その他の雑用の方が圧倒的に多い
体力がないと 難しいかも ・・・ 人間と同じ
 
日を追う毎に 犬は老いて行くので 益々 要介護の犬達が増えて行く
さくらは いつまで自力で動けるかな      

moblog_b87602d7.jpg


今年に入ってから 亡くなる犬の数が増えています

数年前 1年間に 9匹亡くなった年が有りましたが 今年は 6月末で 
もう 7匹 星になりました

( 金助じぃさん ポチ カズ サクラ花子 中吉 くろ コリンちゃん )

老犬・病犬を承知で引き取るのですから これは 最初から覚悟の上

どの子も 最期まで 穏やかに 苦痛がない暮らしをさせてやりたい
穏やかな日々の中で 一日でも長く生きて欲しい   そう 祈る毎日です

さようなら コリンちゃん

27日に亡くなった こりんちゃんを 斎場会館で荼毘に附しました
曇天でしたが 虹の橋へ真っ直ぐ昇って行けたと思います




ちゃこ天宅へ駆け付けた時には 身体もお尻もキレイに拭いてあり
最期まで ちゃこ天ママさんが愛情を掛けて下さった事が 良く判りました

実は ちゃこ天ママ宅は 天ちゃんが2月に亡くなったばかり ・・
  
コリンちゃんの最期が見えて来た時 同じ悲しみが続くのは気の毒と思い
「 こちらへ引き取りましょうか 」 と 連絡を入れたら
「 最期を看取ります 」 と 覚悟を決めた言葉が帰って来ました

嬉しいやら 申し訳ないやらで マムも涙が溢れてしまいました
本当に 大変な介護を看取って頂いて 心から感謝致します

moblog_0cc78301.jpg

その反面 コリンちゃんを捨てた飼い主には 心底から腹が立ちます
あの 酷い皮膚の状態を放置しただけでも虐待なのに  フィラリア末期で
コリンちゃんが死亡したのは  直接手を下さなくても 飼い主が殺したのと
同じ ・・・ 怒りの矛先を収める所がない この悔しさ 

唯一 救われたのは 眼を閉じていたコリンちゃんの表情が 穏やかだった事
身体は苦しいけれど コリンちゃんの心は 満たされていたのですね
この 表情を見て マムも ようやく 心が静まりました

 
コリンちゃん あなたを捨てた人間を許して下さい
あなたを殺した人間を許して下さい  同じ人間である事が哀しい


皆様 コリンちゃんの事を忘れないでください
フィラリアの恐ろしさを 忘れないでください

コリンちゃんが苦しい思いをして生きたのは フィラリア予防の大切さを
皆に 訴えたかったに違いありません

皮膚が痒くて お腹は空腹で 心臓は苦しくて そんな地獄のような
日々を耐えて 生きて来たのは きっと 同じ苦しみを犬に与えないで ・・
と言う コリンちゃんのメッセージだったと思います

虹の橋を渡れば もう苦しみからは解放される
今頃は 思いっきり走り回っているかも知れませんね

moblog_bf6ed02a.jpg

コリンちゃんを助ける為に 関わって下さった皆様 
生きる為に ご支援下さった皆様  本当に有り難うございました

皆様 有り難う   そして さようなら    by  コリン

コリンちゃん 星になりました

6月27日 コリンちゃんが星になりました    

5月27日に 保健所から引き取って 丁度 1ヶ月目 
ちゃこ天ママさんが 必死の介護を 続けて下さいましたが 力付きました
皆様から 沢山のご支援・応援を頂き 心から感謝申し上げます

コリンちゃん 安らかに ・・・・
ちゃこ天ママさん 大変な介護を 有り難うございました


moblog_65e55702.jpg


  4~5日前の コリンちゃんの様子です
詳しくは ちゃこ天さんのブログ 「 ほっとちゃこ 」をご覧下さい
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『 腹水も下痢ピ~も 同じ。

201306201.jpg

病院で行なった初日の点滴  ウォン ウォ~ンと嫌がって動いていたので
自宅で どうなる事かと思ってましたが

201306202.jpg

毎回、ほとんど動かず静かにしています。

コリンちゃんに 苦痛を与えるような治療はやりたくないので・・
よかったです。

昨夕から時々 ウェッとなるしぐさが見られ 嘔吐はないけれど
気持ち悪そうな様子。

食欲のない中 8種類もの薬を飲んでくれるコリンちゃん
フードは器からより 手に持って少しずつ あげた方が食べてくれる。

わたしを信頼しているからというより、 目の前に差し出された食べ物を
器械的に食べているだけのように感じる。

声をかけたり触ったりすると ビクッとする事はなくなってきたし
体やお尻を拭くときも 嫌がらなくなったけれど

たくさんの時間を ぼんやり しょんぼり 表情もなく過ごしている。
なにも望まない ほしがらない  見ない 聞かない ・・

そうやってあきらめる事で 寂しさに耐えていたのかな

せめて 「怖い」とか「不安」とか
そういう気持ちが ない中で生活してほしいです。
なにも考えず・・

201306203.jpg

「遊ぼう♪」 と オモチャを運ぶ ちこ
このまま  じーっと見合うこと数分

201306205.jpg

コリンちゃん ちこがいる間 この姿勢で固まっていました


A・Sさん くろじゅんちゃ
古タオルをありがとうございます!

サークルマムさんへご寄付いただいている皆さんも
ありがとうございます。 とても助かっています。

コリンちゃんと一緒に感謝です       ほっとちゃこ より転載


コメント欄を開きました  コリンちゃんにお別れをどうぞ ~

仔犬がすくすく育っています  予約をどうぞ

先週の譲渡会の時にデビューした 可愛い仔犬ちゃん2匹

今 ミルクと離乳食を食べてます
ご希望が有りましたら お知らせ下さい 見て頂く事は可能です
但し 先着順ではありません 
この子達に 一番マッチした家庭を選ばせて頂きます


バロン君 オス こちらの方が メスより一回り大きい
 
moblog_37e1b05f.jpg

眼もしっかりと開いてきました なんたって可愛い ~^~^

moblog_395c08a0.jpg

2匹並んでると 大きさの違いが判りますね

moblog_b15566b4.jpg

らぴこちゃん メス おっとりしている子です

moblog_a89bcba6.jpg

お兄ちゃんに負けず ぐんぐん大きくなぁ~れ

moblog_7125bb94.jpg

メールを下さる時に ・・
お名前 年令 住所 家族構成 持ち家?賃貸? 等をお知らせ下さると
大変 嬉しいです


ご寄付 有り難う

かもらぶちゃん宅     オヤツ・バスタオル・シーツ・うちわ等    
大一設備(株)へお勤めの方               ハガキ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  コリンちゃんに首輪をプレゼントして下さった かもらぶちゃん
    17才と言う高令です いつまでも元気で長生きして下さいね

moblog_536c1634.jpg

顔がもう真っ白 でも 20才を目指してますよ

moblog_efe037a3.jpg 

らぶちゃんは とても大切にされています
これは とっても嬉しい事 

なぜなら 私たちの手元へ来る犬は 飼い主が最後まで世話をしないで
途中で放棄・遺棄した犬達だからです

飼い主さんが 最期まで飼って下さるなら 私たちの元へ来る犬は
いないはず ・・・ 自分の犬を 最後まで世話できない飼い主が
結構 多くいると言う現実   この現実に打ちのめされてしまいます

ですから らぶちゃんのように 20才を目指して 大切に飼って下さる
飼い主さんは 間接的に私達ボランテイァの協力者と言えます

らぶちゃん 20才のお誕生日には バラを持って会いに行きますよ
ガンバレ らぶちゃん ・・・ 

りゅうのすけの狂犬病注射

狂犬病注射の書類を整理しいたら あれ? りゅうのすけのが無い ??
不思議だな どこへ置き忘れたのかな ? 
アチコチ探したが どんなにしても見当たらない

病院の領収書を捜して見たら りゅうのすけの名前が無い
つまり 忘れていたのだ ・・・ こりゃぁ いかん   
りゅうのすけを横抱きにして 病院へ駆け込んだ

「 せんせ~ 1匹忘れてました ~~ 」

引き取った時に 前の飼い主は登録など 何もしていなかったようなので
今年 新規に登録 & 狂犬病注射

犬の戸籍が出できて これで やっと一人前の犬になった

病院へ行くにも 車から抱いたままで院内へ運ぶ
帰りも同じく抱いたまま 車へ運ぶ 
自分の足で歩いてくれたら どんなに楽か ・・・

moblog_c767cf01.jpg
少し太ったら可愛くなって来た 若く見える  ( 親バカです )


くろが亡くなってから りゅうのすけの隣は 空いたまま
ベッドが広く感じられますね
 
くろがいる時は 全員で団子になっていたのに 今はりゅうのすけだけが
一人ポツン ・・・ 他の子はどこへ行ったの ?

moblog_3ce80a16.jpg

朝ごはんが済んだら バンちゃんが隣で並んでお昼寝
でも ベッドには一緒に入らない ・・・ 暑さのせいか ?

moblog_7ed1bc90.jpg

午後 そ~っと 覗いて見たら  やっと団子になってた
バンちゃん シーズーの豊ちゃんがベッドの中で ケリーは少し離れて ポツンと
 
moblog_8370bb06.jpg

夏は暑いから 犬団子も 暫くは見られないようになるね


只今 募っている物品
  
うちわ ( 直径20㌢くらいの小ぶりの物 ) ・・ これで 蚊を叩く
     この辺の蚊は大きいので テニスのように大きな動作で叩き落します
 
蚊取り線香  虫コナ~ズ 等 蚊やコバエ防止の物品を募集中



ご寄付 有り難う   クララママさん

パグの なお君 ステイに

病気の為 飼えなくなったとの理由で引き取ってから 10ヶ月目
パグのなお君が とうとうステイに行きました

とうとう ~ なんて言葉が悪いのですが 若くて性格の良い純血種の
小型犬が10ヶ月も行き先が決まらないなんて 今までになかった事

初めてのお宅 家の中を探検して一休み  床がひんやりして気持ちいい
moblog_bbb7022f.jpg

待った甲斐が有りました 
甘えん坊のなお君には どなたか在宅している家庭が希望だったのですが 
ピタリ希望通り

空気のきれいな 静かな環境 優しいご家族 申し分有りません
どうぞ 暫くは猫を被っていて下さいね  

決まりますように ・・・         

出された水も 遠慮なく頂きました  美味しかったよ~
moblog_32224ea3.jpg

なお君が こんなに時間を掛けて 新しい家族を探せたのも 
ひとえに 預かりボラさんのお陰です

さくらさん 長い間の預かり 有り難うございました  
心から 感謝致します



ご寄付 有り難う   柴犬スー&はなママ

エルちゃん

グランバースパニエルのエルちゃん 
初めて聞いた犬種なのでネットで調べたら スパニエル種でも
最古参の犬種らしい  スパニエルの貴族と呼ばれているとか ・・・

エルちゃんは まだ4才と若いのですが 骨の病気で痛み止めを使用
痛みが無い時だけ 散歩に出られるそうです

又 お会いした時に 病状を詳しく教えて下さいね 



コリンちゃんに タオルなどのご寄附を頂きました
有り難う ・・ エルちゃん  くれぐれもお大事に ~~

コリンちゃん

こりんちゃん あまり具合が良くありません
ちゃこ天ママさんが 大変な思いで介護して下さってます

moblog_a03ebbb7.jpg

『 コリンちゃん、吐き気がある様子で ほとんど食べなくなって
しまいました。
病院で 吐き気止めの注射をしてもらいましたが、あまり変わらない様子。
薬 & 高カロリー缶 ( 液体 ) を 注射器で口の中に入れてあげると
何とか飲み込んでます。 』

moblog_0d02da03.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今まで あまり 触られた事が無いらしかった コリンちゃん
触られるのにも 大分慣れて来ましたね

今 一生分の愛情を掛けてもらっています

何とか頑張って欲しい 何とか生き抜いて欲しい 
皆も応援してくれていますよ  ガンバレ コリンちゃん  

コリンちゃんの詳細は ちゃこ天ママのブログ 「 ほっとちゃこ 」 を
ご覧ください  マムに リンクして有ります
 

鯉たろう 繰り返しの日々

鯉たろう 発作を起こし その後 昏睡状態に落ちて 2日後に眼が
醒めた ・・・  現在は 玄関病室へ入ってます 

moblog_92e9ae81.jpg

疲れ切って爆睡してます

本人の意志には関係なく 憑かれたように歩き回り ( 痴呆と病気の為 ) 
発作起こした時も 本人の意志では止める事が出来ない ( 病気の為 )

身体だけが 筋肉だけが動いて 疲れ果てます
本当に不憫としか言いようがない
 
moblog_b83e993c.jpg

身体が濡れていて 乾くのが遅い  
途中でトイレに起きたので ミルクと缶詰を出してみたら ペロリ
トイレで汚れた足元を敷き替えたら 心地よいらしく 又 眠る

moblog_900b403b.jpg

moblog_3f172130.jpg

  ぐっすり眠って体力が戻ると 眼もパッチリとして来た
    もうろうとして歩き回っていた時とは 顔が違う

そうすると ここにいるのは イヤ ~ とばかりに鳴きはじめる
ご飯を拒否する 水も拒否する
とにかく歩き回りたい( 痴呆も有るので ) ・・ それも いつもの外で ~
 
moblog_e811ddf5.jpg

ご飯が食べられないのでは仕方ない  また 外の慣れた場所へ戻す
そして 発作を起こして倒れたら 抱えて玄関へ移す ・・・ この繰り返し

倒れたまま 雨に当たってもいけないし 直射日光にあぶられてもいけない

手間が掛かっても この方法しかないのなら 鯉たろうの為には どんな事も
してやりたい  
あと1~2年頑張れるかな  頑張れるね 鯉たろう


ミルク 柔らかいオヤツ等 ご寄付下さいまして 有り難うございました

鯉たろうの足元に敷く タオルケット・バスタオルを 募っています

マムのやり方は 
1 ・ トイレシーツを広げる
2 ・ そのままだと トイレをした後に シート内のジェルで足元が滑るので
    シートの上にタオルケットなどを広げて敷きます
    横になった時 フワフワ感もあるし オシッコも沢山吸収するし良い事ばかり


その為に マム宅では 常に バスタオル・タオルケット を 募集しています

トイレシーツも 募集中   
 

ちなみに くみさんも 同じ方法で 足元に敷いています


ご寄付 有り難う    チェリーさん

ロデイ君

動物病院で ロデイ君にバッタリ !!
譲渡して11年目になるが もう老犬の域へ入っているね

腰に痒みがあり 舐めていたら毛が抜け 皮も剥けて皮膚が真っ赤に 
これは痛そう ~ エリザベスカラーを付けるように指示されたらしいが
慣れない子は固まってしまうよね  ロデイ君はどうかな ?

moblog_ed0da5f5.jpg

大型犬ですが 顔立ちも心も とっても優しいワンコなんです
唸る事も 吠える事もない
少しビビリですが どうしてこんなに優しいのかな ??

moblog_4c8f9c0d.jpg

マム宅の 管や 海とは 同じ一族で良く似ている
ただ 海は肥満体 食べ過ぎだ ~ 育て方を間違えた  ・・ トホホホ
ロデイ君 早く良くなりますように ・・・ 

海 前足が ・・・

海が散歩に行きたがらない  ・・・ 変だな ?
おまけに ここ2日ほど ご飯も食べない  
食べ物 命 !! の海にしては絶対おかしい

身体検査をしたら 足がパンパンに腫れあがっていた  
即 病院へ         
 
moblog_cb5356ed.jpg

左前足が右足の倍くらいの太さになっている これは痛かったろう

moblog_728cd294.jpg

抱き上げて診察台に乗せる時 服で擦れたら皮膚が破れ 血膿が出た
ケータイを出して構える間も出続けている (糸のように垂れている)
もの凄い量 一体どれだけ出るの ? と言うくらいだ
それだけ膿んでいたのですね  気が付かなくて ゴメン 海

moblog_4976b5e0.jpg

タオルや手ぬぐい等を持ち出して下に敷き 膿が出切ってしまうのを待った

moblog_2af92569.jpg

消炎剤や化膿止めの注射など 3本を打った
体重に合せて薬量が決まるのだが 体重計は34キロ 
ひぇ~ ちっとも痩せて無い 
最近 食欲が落ちたから 少しは痩せたかと期待したが 全然痩せて無い

moblog_e10d7c00.jpg

でも これで痛みが止まるから 明日からは また食欲が戻るよ
食べてくれた方が安心 2日も食べないと やっぱり心配

食欲が戻らなければ 明日も通院
食べられるようになれば 1週間後 再診 

突発的なケガは仕方ないが 病院とは 中々縁が切れないね

マリー ふれあい犬デビュー

ローズママから マリーちゃん 愛護教室へ参加のお便り

moblog_a17314ca.jpg

『 マリーは 富士宮市の富士見台小学校で 「 愛護教室 」 の
ふれあい犬として 参加してきました。

小学3年生を対象として、保健所の職員さんや獣医さんから、命の大切さ、
鑑札や名札をつけることの必要性、そして犬とのふれあい方を学びました。

本日の参加犬は10頭でした。グレートデーン、コリー、ラブラドール、
ゴールデン、などの大型犬、シェルティー、ダックス、マリーの小型犬でした。

獣医さんが聴診器で、犬の心臓の音、子どもの心臓の音などを聞かせました。
その後、実際に子どもたちに ふれあい犬の心音を聞かせました。

マリーは 子どもたちから聴診器を当てられても おとなしくしていました。
子どもたちのマナーが良いので感心しました。

人間、動物、植物などすべての命を慈しむことのできる人に 成長して
ほしいと思いました。 』

moblog_d4cff08d.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マリーちゃん ふれあい犬 オメデトウ

性格も しつけも 全部クリアしないと ふれあい犬には認定されないから
これはすごい事なのよ
茶畑に捨てられていて 捕獲されて処分される所を生還しただけでも
物語の主人公なのに ふれあいまで出来るなんて 天は二物を与えたのかな ?

ケリーも遠くから応援してます  ケリーの分まで 頑張って下さいね


  引き取った日のマリーちゃん

moblog_cbf3e8da.jpg

茶畑の中で 誰かが餌をやっていたらしい

moblog_4a6ac540.jpg

きらら & しずく うちの子記念日

しずくるみんとママから うちの子記念日のお便り

『 6月9日で 「 きらら 」 が 丸4年目 
27日で 「 しずく 」 も 丸4年目の 記念日を迎えました。

こんなに長生きしてくれるとは思わずにいました。 嬉しい誤算です 
二人とも おばあちゃんになりました。
ゆっくりゆっくり時間を過ごして欲しいです。 』

moblog_aba8eded.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きららちゃん しずくちゃん 4年目記念日 オメデトウ !! 
もう4年も経ったのね 
老犬だと思ってましたが 段々若くなって 元気になって行くから嬉しい
まだまだ 生きようね  今から まだ 楽しい事 一杯あるよ


moblog_e5fd6e84.jpg

4年前の6月27日の写真
ジャックラッセルが きららちゃん  チワワが しずくちゃん
しずくちゃんの眼が不安そうでした   上の 今の写真は穏やかです
( しずくちゃんは 保健所に抑留されていたチワワ 飼い主は迎えにこなかった )

どうぞ 全員で 長生きして下さいね 

こりきの年齢は 92才

イングリッシュセッターのこりき 実はすごい高令

moblog_a4c7a756.jpg

資料を見ていたら 大型犬の13才は 人間に換算すると 92才
驚きです           

元気ハツラツで 吠える声も大きい とにかく良く動く 身が軽い
とても92才には思えない ( 人間でもこういう老人いますけどね )

初めて こりきを見る人は 皆さん異口同音に  エッ!! 13才
と ビックリされます

飼い主から引き取った時に 飼育の履歴を聞いたら
『 富士山麓で迷い犬として保護 獣医さんに見てもらったら
2~3才位の成犬と言われた 我が家で7年飼いました ・・・ 』
ここまでで 9年~10年は経っているのです

マム宅へ来て3年目 12才~13才に間違いはなさそう
人間に換算すると やはり90才は超している

世の中には 信じられないような事実が有るものです

moblog_e5671279.jpg

こうなったら 100才を過ぎても 頑張ってもらおうじゃないの ・・
犬のギネス記録を調べてみたら 日本でプースケ君と言うワンコが最長寿
人間でいうと125才ですって  目指せ プースケ君


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご寄付 有り難う
ミッシェルのお姉さん クララママ  利枝さん  新村美容院さん 
結ちゃんのママ  まろ・のの宅  友子さん

星になった仲間たち

2013年3月22日 はるさんが星になりました       

『 気持ちの優しい犬で 猫達とも上手く付き合ってくれました
  昨年11月頃から いっそう四肢が弱って来て また 夜中に
  吠えたりして ・・・ なでてやると安心するのか眠りにつきました
  我が家に迎えて5年弱 いろいろな思い出が出来ました 』

画像が無いので大変残念ですが はるさんは フィラリア強陽性の
老犬でした
先が判りませんから と お話ししたのですが 「 この子の世話をしたい 」
と 言って迎えてくださり 本当に嬉しく思いました
沢山の猫に囲まれて はるさんも楽しい老後でしたね

はるさん どうぞ安らかに ・・・・  
最期まで介護下さり有り難うございました

ナナの 検査

マムのブログは常に 犬の具合が悪い ・・ とか 病気が重い ・・とか 
暗い話ばかりですが 今回は明るい話題

ナナのフィラリア陽性が 陰性に変わっていました !!    
 

先日 ナナの様子が少し変 ?? と書きましたが
どこか悪そうなので 健診に行って来ました

4年前 保健所から引き取った時に フィラリア強陽性でしたから
もしかして コリンちゃんと同じく フィラリアの末期かも ・・ と思い 
血液検査 & フィラリア検査などを受けた

moblog_9993b6d8.jpg

行き帰りの車の中では大騒ぎ  あまり車に乗った経験が無いのかも 
それでも 我慢してもらい 一路 病院へ         

moblog_7c813216.jpg

ドキドキしながら待った結果は 何と 末期ではなく陰性になっていた 
条虫にも寿命が有るので 心臓の中の虫が死に絶えたのです
泣くほど嬉しかった ・・・         

但し 検査キットは メスの条虫の出す酵素に反応して 青マークが
表示されるので オスの条虫はもしかしたら まだ生き残っているかも 

moblog_28cdcbfb.jpg

でも ホントの闘いはこれからなのです

条虫が 内臓に住みつき 今までさんざん 悪さをしています
荒らしまわったので 機能不全を起こしかけている臓器もあるはず ・・

年令が高くなってくると 臓器の衰え + フィラリアの後遺症 = 命の危機
今から イロイロな症状が出て来ると思われるので 手放しで喜ぶ訳には
行きません  要観察 要注意の日々

でも 明るいニュースです  こう言う事もないと 苦しいボランテイァ活動は
続けて行けないので たまには アメ玉のようなものかな

ナナの陰性転化を祝って 夕飯の後 ワンコ全員に ジャキーのプレゼント


コリンの診察の時に 獣医さんが 最近 フィラリア陽性の犬は珍しくなって
来たよ と言われたけれど 陽性の犬なら マム宅へどうぞ 

マム宅の犬の 3分の2はフィラリア陽性   陰性の数の方が 少ない 


ちなみに ママちゃんと言うワンコが 一昨年 陰性に変わりました
平成14年に引き取とり 今年で11年目  その時 既に成犬だったので 
現在 12~13~14才位   やはり フィラリア強陽性でした

moblog_2d219ab7.jpg

ママちゃんと言う名前は 子犬が4匹 一緒に付いて来たからで
メスは子供を産むから要らない ~ との理由で 母子とも保健所へ
出される予定だったのを 近所の人の連絡で 危うくセーフ  間に合った

マムのブログは 直ぐに脱線しますね   古い話で ゴメンナサイ  

コリンちゃん その後

コリンちゃん 再診の為 病院へ ・・・   
ご飯が食べられなかったけれど 病院でフードを出されたら20gほど
食べたとの事   嬉し~いです 
とにかく 食べなくては身体が持たないので

moblog_9798fc26.jpg

血液検査の結果 ホッとしました
良くなってホッとしたのではなく 横ばいだったから ・・・
 
下降線をたどっていると思っていたので 横ばいなら 嬉しい  
悪いには悪いけれど 横ばいなら 今の所は頑張ってくれているのです

これって表現が難しいのですが ・・・

右肩上がりで回復するのが望ましいけれど 横ばいなら下降線ではないので 
喜ばなくていけない

脱水状態なので 要 点滴
ちゃこ天ママさんが 点滴キットをもらって帰った
触ると驚く子なので 上手く点滴ができるかどうか ・・・ ちゃこママさん宜しく 

 
  ちゃこ天ママさんのお庭は 木のチップが敷き詰めてあり
    犬の足に優しいお庭
    病院へ行く前に コリンちゃんがトイレ ・・ これも嬉しい
 
moblog_505f074c.jpg

皆様から パワーを沢山頂き 有り難うございました 
メールフォームから コリンちゃん ガンバレ~ のエールも入ってます

コリンちゃんの詳細は ブログ 「 ほっとちゃこ 」 をご覧ください
画像は ほっとちゃこさんから 拝借しました


ご寄附 有り難う      要さん   寛太君のママ     千住さん

吠えなくなったチャッピー

全く 吠えなくなったチャッピー ・・・
食べて 眠るだけの生活になった

夜中 遠吠えをする事があるが 飼い主さんを思い出しているのだろう
声と言うより音に近い ハウォ~と言うような遠吠えをする
遠吠えの後は 暫く歩き回る気配がするが やがて諦めて静かになる 
後は 一日中 ほとんど眠っている  

moblog_97e757dd.jpg

食欲が無く 缶詰にしたら良く食べていたが 最近 飽きて来たようだ
缶詰の上にトッピングして目先を変えると 騙されて食べる
鯉たろうと同じで カステラとミルクが大好き  
しかし 食が細いのは相変わらずで 腰が細くなりお尻の肉も落ちて来た

moblog_7db83f8d.jpg

ぐ~んと気力が落ちて来たようです
飼い主さんとは もう会えない ・・ と 諦め切ったんだね

諦める事は必要ですが 心には大きなショックを受けているので  
気力が無くなると食欲も落ちる  14才と言う高令 心配です

若いと ショックから立ち直るのも早いが 年寄りには困難かも 


古い話ですが ・・・
平成19年に 引き取ったその当日に 亡くなった犬がいました
茶色い 8才のアイリッシュセッター

転居すると言う人から犬を引き取り 預かり宅へお願いしたら
それから2時間ほどして 犬が亡くなりました と言う知らせが ・・・

預かりさんが 掛かりつけの獣医さんに聞いたら 「 飼い主と離れた
ストレスによる 心的ショックでしょう 」 との説明があったらしい   
初めての経験でしたが 犬は繊細なので こんな事もあるのだと学びました


愛する飼い主との別離  高令の犬には過酷なストレスですが
チャッピー頑張ってね と祈るしかない    チャッピーガンバ   


ご寄付 有り難う   エルママさん  美加さん

トニコ いよいよ失明 ・・・

トニコが いよいよ両眼とも見えなくなったらしい
動作を見ていると そう感じます 
平らな床でも 足で床を撫でるように歩く 
段差があると 足で判るとみえて 止まってしまう

moblog_375146ed.jpg

左目は緑内障 引き取った時から失明していた 
右目は白内障 微かに見えていたのだが 徐々に視力が落ちて行き 
ついに見えなくなった

獣医さんからは 犬は鼻で生活するので 見えていた時と同じ環境なら
不自由は有りませんよ ~ と説明を受けた
確かにトニコを見ていると 不自由はなさそうですが それでも
動きが緩慢です  やはり見えない事は不安なのですね 

ご飯も 目の前へ静かに置くと判らない 
顔の前で カチャカチャ音を出してから下へ置くと 鼻で捜して食べ始める

moblog_2345b812.jpg

緑内障は 進行すると目玉が飛び出してくる ( 牛眼と言います )
飛び出す時に痛みが付随するので あまり痛がるようなら 義眼の
手術が必要になるかも

しかし かなり高齢です  おまけにフィラリア強陽性

麻酔から覚めるだろうか ・・・
フィラリアの影響で 心臓は大丈夫か ・・・

病気の犬は その病気の進行と 年令との狭間で悩みます
治療はした方が良いに決まってます  でも ・・・ 
高齢犬で フィラリア陽性の場合 本当に悩むんです

ハムレットより悩むかも ・・・

moblog_89f1ecc4.jpg

トニコにも あしなが支援を募集中
皮膚炎が有るので 薬浴に通院し 薬の服用を指示されています

あやこの背中

あやこの この背中 !!  
庭へ散歩に出て 暫くして戻ってきたら この有様

天候は朝から雨 庭は田んぼのように泥沼状態
足元や腹が汚れるのなら話は分かるが 背中が汚れるって なに ??

moblog_f6806576.jpg

次に庭へ出たら 首の付け根まで泥んこが付いていた
誰かが上から泥を付けた ? 誰 ? 何の目的で ・・・

moblog_bf96db42.jpg

とにかく 風呂場で洗おうと思ったら 凄い抵抗をする 
こんなあやこ初めて ・・ 歯を剥き出して これにはびっくり
穏やかなワンコだとばかり思っていたが 本性は結構強いんだね

結局 洗うのは諦めて ・・ そのままでベッドに入って眠った   

moblog_ca85a581.jpg

その後 何度か庭へ出たので観察したら 何とシーズーの豊ちゃんが
乗っかろうとする ・・ 

豊ちゃんは あやこに恋して 後ろを付いて歩いてますと 先週書いたばかり
あやこは 現在ヒート中 
豊ちゃんは交尾をしたくて あやこの背中に両手を置いて背伸びするのですが 
丈が足りなくて 上手くマッチングしない ~

豊ちゃんの手足が泥で汚れていて その両手を あやこの背中に置いた跡でした
あやこも まんざら嫌ではないようですが サイズ違いの恋は結ばれません

昔から 「 釣り合わぬは不縁の元 」 と言う ことわざが有りますが
物理的に釣り合わない恋を目撃して ことわざに 変に納得しました 
( ことわざの 本当の意味は 違いますけどね )

                     豊ちゃん 中々やるもんです
moblog_c9bacdc5.jpg
新しい家族募集中  シーズーのオス 10才は越えているらしい
甘えん坊で人が大好き 一緒に老後を過ごして下さる方を希望


あやこのシャンプー 何とかしなければ ・・・ 
でも ヒートが終わらないと 又 庭へ出て同じ事を繰り返す
ヒート終了を待つしかないですね   
シャンプー 「 今でしょう !! 」 は お預け

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご寄附 有り難う
リーママさん  おじあんさん  らっきーと仲間たち 純さん  茜ちゃん
貴美枝さん  レオ君  マッキンママさん  月ちゃん  裕見子さん
 

くみさん 咳が出る ・・・

くみさん 最近 咳が出ます
フィラリア強陽性で 咳が出るのは 症状の出始め ・・

フィラリア症の怖い所は 症状が出た時には すでに重症と言う場合が
少なくないと言う事
感染して かなりの年数が経ち 心臓・肺・肝臓・腎臓・・等の内臓が
ダメージを受けているので 機能不全に陥り 苦しんだ末に死亡する

今 コリンちゃんが苦しんでいます
その苦しみが くみさんにも待っているのかと思うと とても たまらない

moblog_8fa3a967.jpg

飼い主は なぜ 予防しないのだろう ・・・ 
知識が無いのか 費用を掛けるのが惜しいのか ? 面倒なのか ?

犬は命を脅かされているのに 飼い主は犬を捨てて キレイさっぱり
解決したつもりになっている   こんな事って有りなの ?

飼い主は 犬を飼うなら それに必要な知識を学んでもらいたい

例えば ~
犬の飼育を免許制にして 3年に1度 免許更新の時に 犬の飼い方の
講習会受講を義務付けるとか ・・ そんな法律が出来ないかな

moblog_726555f9.jpg


静岡県では 動管センターへ犬の譲渡を申し込むと 講習会に
参加する事が 譲渡の資格を得る条件になっています
( 資格は6ヶ月間有効で この間に希望の犬を選ぶ事が出来る
  6ヶ月が過ぎて犬を希望したら 再度 受講が必要になる )
  
この講習会を受けない限り 犬は譲渡してもらえない

講師はセンターの職員さんと 静岡県獣医師会の獣医さんで 犬の飼い方
健康・習性など 初心者にも理解できるようプログラムされている
これは 是非 受講して欲しいプログラム

ところが 私達の所へ犬を申し込んで来る人は この講習会が面倒だと言う
受ける事を勧めるのだが ウンと言わない ・・ 残念な事だ
せっかくの知識を身に付けるチャンスなのに 自分は昔犬を飼っていたから
飼い方は知っている と言う

昔の飼い方だから フィラリア予防が出来ないんです
フィラリア予防の重要性や ワクチン接種の必要性を 理解できていない

犬を飼うには それなりの知識も 手間も 費用も掛かる
この事だけは学んで欲しい それが飼い主のとしての義務と責任
そして 私達 ボランテイァ一同の願いです

くみさんにも あしなが募金を募集中  再検査費用です   

にき君

ねこひなさんから 和 ( にき ) 君が 2年目になりました記念日

『 和くんが うちの子になって、二年たちました。
今朝は うちの庭で シャンプーしました。とても お利口にしていましたよ。
2年前は 何でも言う事を聞きます ・・ と言う 優等生ぽい所が
有りましたが 今では 上手に甘えられるようになりました  
やっぱり 時々、おじいちゃんなんだな ・・ と思うけれど 
「 いいやつ 」 で 可愛いです 』

moblog_b0afd770.jpg

お孫さんの手からも 歯を当てずに上手に食べるそうです

moblog_f89edb33.jpg

女の子ような優しい顔立ち 性格も穏やかで甘えん坊
こんな良い子を 飼い主は なぜ 捨てたのかな ?

湖西市で 捕獲されるまでに 目撃情報がいくつか入っていましたから
何日か 歩き回っていたのですね
道の駅の駐車場で見たという人が有りました
もしかしたら 車で来て その駐車場付近に 捨てて行ったのかも ・・・

今は にき君に ぴったんこのお宅で のんびりと過ごしています
この幸せが 永遠に続きますように ・・・

幸せを壊す フィラリア陽性が怖い 

ナナのお腹

数日前に室内へ駆け込んで以来 そのまま居ついてしまったナナ
駆け込んだ理由が分らないので首を傾げてます

moblog_493658a6.jpg

どこか具合が悪いのか
もしかしたら 身体が 少し弱ってきてるのかも知れません
1日中 眠っていいるし 食欲も落ちて来たような気がします
もう 年でしょうか ・・・ 年令は不詳

moblog_c18a2800.jpg

何よりも気になるのが このお腹 ボテっとしています

太っているのは承知してますが もしかしたら フィラリア末期の膨らみか
と 悪い予想も ・・・ ナナも フィラリア強陽性
コリンに腹水が貯まり 心配な状況なので ナナのお腹も気に掛かる

moblog_b36ab585.jpg

フィライア末期の腹の膨らみは 腹水が貯まるせいなので 
ブヨ~ンとしてます

押してみても 今はまだ硬いから これは筋肉か ? 
なら大丈夫だな ・・ と ~ イロイロ想像する訳です

それにしても 食欲が無いのが一番変 ??
元気もないし もしかして 条虫が悪さをしている ??

心臓の弁に絡んで 弁の動きを阻害している ~ とか
血管に詰まって血流が悪くなった ~ とか
それで マムに助けを求めて中へ入って来たのかな 

唇の裏や歯茎 瞼の裏などを 毎日 詳細に見ていますが 
今の所 血流に異常はないようで キレイなピンク色 

moblog_2198378f.jpg

とにかく 言葉が話せないので 詳細に観察するしかない
その上で 緊急性はないと 素人判断した   
 
次回のシャンプーの時に 精密検査を予定
どうぞ異常が有りませんように ・・・

しかし あの大食漢のナナが ご飯に見向きもしないなんて ・・・
マム宅の七不思議が増えました
  
( 少し 痩せて欲しいから丁度良いかな なんてね )

ナナにも あしなが募金を お待ちしています
フィラリアの予防薬に加えて 副反応止めも必要とします

良く似てます ・・・ 姉弟犬

この姉弟は 良く似てますね ・・

耳が垂れているのと 立っているのが違うだけで 鼻先が黒いのとか 
毛の色も同じ ・・  何と言っても三角の目元がそっくり

ちっこい方がお姉さん おっきい方が弟
 


でも 赤の他人なんです 
生まれた場所も 親も全く違うのに 不思議 ?
一緒に暮らしていると似て来るんでしょか 

ちっこい方がイリアンちゃん  おっきい方がミカンちゃん

ミカンちゃんは 野良生活をしている親犬から生まれたワンコ
子犬の時に 現地のボラさんに保護されたのですが その時逃げ回って 
有刺鉄線の鉄条網に引っ掛かり 腰を大きくケガしました 
今でも 腰に傷跡が残っています

moblog_04f9e67e.jpg 

身体の傷は何とか回復しましたが 心の傷が なかなか癒えません
恐怖がフラッシュバックするのか 上手く散歩に行けない ・・
 
イリアン姉ちゃんが カバーしてくれるお蔭で イリアンママとも少しずつ
信頼関係を築いていってますが 心の傷が癒えるまでには まだかなりの
時間が掛かりそう

         久しぶりに会ったら ベタベタに甘えて来ました
moblog_0756a1c4.jpg
  
この姉弟犬は イリアンママの大切な 宝物
( マムが預けたら そのまま お宅の子になっちゃって ごめんなさい )

この2匹に理解があるので イリアンママが 保護した犬を自宅へ
連れ帰っても平和に収まっています



ちなみに ・・・
いわたわんこさんは 昨年 ボランテイァの会を立ち上げて活動を開始

雑種も 老犬も 病犬も 同じ命 ~  
マムと同じ考え方のグループで 大変 嬉しく思います
    
雑種 老犬 病犬 は とてもリスクが大きく 一旦引き取ると 生涯世話を
する覚悟が必要  希望者さんは稀   譲渡は ほぼ不可能に近い

でも あえて その道を選んだ 「 いわたわんこ 」 さんに拍手を送りたい

現在  皆様からの ご支援を募集中    
振り込み先など 詳しくは ブログ 「 いわたわんこ 」 をご覧ください
   
マムの会報 8月1日発行号に いわたわんこの年次報告を掲載予定
楽しみにお待ちくださいね

コリン に タオル・バスタオル・タオルケット募集

ちゃこ天ママ宅で預かってもらっている コリンちゃん
とっても 具合が悪そうで 心配です 
お腹が緩くなっているので 汚した身体やお尻を拭くのに タオルなどを
募っています

moblog_bc87b4f9.jpg

コリンちゃんの様子は ・・・

『 お腹ポタポタ変わらず  食欲不振も変わらず。
薬はウェットタイプのフードに混ぜて、なんとか飲めています。

コリンちゃんを見ていると 今まで可愛がってもらったり
抱きしめてもらったり … 家庭犬なら当たり前にしてもらえた
はずの事を 経験していないのだろうな~と思います。

いろいろなことを諦めている感じがして切ないです

今の悪い病状がどうなるのか、 先の事はわからないけど
せめて気持ち良い毎日にしてあげたいです  』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちゃこ天ママさん お世話を掛けます

抱きしめられた経験がない子は そっと触れるだけでも驚きますから
身体を拭くのが大変な作業になり すみみません

コリンちゃんは 今まで 繋がれたまま 不幸な生き方を強いられて 
どんなに辛かったか ・・・ どんなに苦しかったか ・・・
飼い主に無視される事が 犬に取ってどんなに悲しい事か
( 引き取った時に爪が延びていて 歩いていない事が一目瞭然でした )


コリンちゃん  何とか 助かって欲しい 今を乗り切って欲しい
ここを乗り切れば 必ず幸せが待ってるよ


皆様 コリンちゃんに 力を下さい    ガンバ・・  ガンバ・・   


コリンちゃんに首輪をプレゼントして下さった ラブちゃんママが
「 コリンちゃんの過去を思うと やり切れない思いで一杯です 」 と
切ない思いを送って下さいました 

コリンちゃん 皆さんが応援して下さってます 腹水なんかに負けるな~


コリンちゃんの詳細は ちゃこ天ママのブログ 「 ほっとちゃこ 」 を
ご覧ください 

月ちゃん

新聞夕刊の件で メールを下さった お月っちさん
こんなに可愛いチワワの飼い主さんでした

名前は 「 月ちゃん 」  6才です

お気の毒な事に 『 呼吸器拡張症 』 と言う病気を持っていて
酸素を5分の1しか吸えなくて 時折酸素室に入るそうです



マムは沢山の病気のワンコを介護して来ましたが 呼吸器拡張症・・ は
初めてだったので ネットで調べて見たら 大変な病気なのですね

月ちゃんの 平穏な日々が続く事を祈ります  月ちゃんガンバレ  
また その後を お知らせ下さいね  

オヤツ・タオル等のご寄附 有り難うございました ~

鯉たろう

雨が降ると やはり 鯉たろうの発作が起きる ・・・

発作が起きると フェノバールを注射するのだが 効き目が悪くなっている
現在の2倍の量まではOKと指示が出ているので 2本目を注射

しかし いつもなら発作が収まり その後 しばらく鎮静状態になるのに
今回は興奮して めったやたら小走りに歩く
飲まず食わずで 一昼夜以上歩き回ったら 翌日は疲れ果てて倒れた 

何かが異常です  脳内で何が起きているのか 

moblog_e1d543be.jpg

コンクリートの上へ 倒れ込んだ   痛いだろうに ・・・

玄関病室にいたのですが コリンを引き取っても置き場所がなく 結局
コリンを玄関へ入れたので 鯉たろうは 又 外へ出されてしまった

その後 コリンは ちゃこ天ママが預かって下さったので 鯉たろうを 
もう一度 玄関へ入れようと思った矢先 発作を起こした 

moblog_c313e17b.jpg

手足が硬直している  空気の洩れるような細い声で 叫び続けていた

moblog_c8810f5d.jpg

今度は 疲れも有って昏睡状態に ・・・
一旦眠り始めると 2日くらいは眠り続ける
今頃 注射の効果が出て来たのかな ??

                   チャッピーは ここよ  
moblog_9d7339eb.jpg

発作の前後に歩き回り 収まって眠り続けると トータルで4日くらいは
食べ物を摂らなくなる

食べない上に 歩き回ってカロリーを消費するので 痩せて来た
肋骨も出て来たし 腰の太さもマムの腕くらいしかない
皆様から送って頂いたミルクで 凌いでいます
 
長い間 薬を服用していると 骨が弱くなるとの先生の説明
万一 骨折でもしたら大変  ミルクを飲ませて骨を丈夫にしています

ミルクのご寄附を下さいました皆様 有り難うございました



それから 一つ 不思議な事が ・・・

鯉たろうが発作を起こして 物が食べられなくなると 決まって
コテハク母さんが カステラなどパン類を持ってやって来る

前回もそうでしたが 今回もこの記事を書いている最中に やって来た
ブログを見て お見舞いに来るなら何でもないのだが ブログに載せる前
倒れたら直ぐにやって来るので不思議

カステラは鯉たろうの好物  カステラとミルクなら 何とか食べられます

チョッと珍しい ラズベリー風味のラスク チョコ味のラスクも ~
袋一杯 ・・ コテハク母さん ご馳走様でした

moblog_90db670d.jpg

浜松市内の大手パンメーカーが パンの耳とか カステラの切り落としとか 
味は正規品と変わらない物を 廉価で店頭販売しているのですって

都田とうふの即売会みたいなのかな ?  行列が出来て中々買えないとか
とっても美味しかったです ( マムも 相伴させてもらいました )

コリンちゃん

ちゃこ天ママさんから コリンの報告が届きました

『 昨夜から預かりワンコさんが来ています。

コリンちゃんです

20130611(8).jpg

体調が悪いからかな ・・ 常に下を向いています

20130611(6).jpg

ガリガリに痩せているのにお腹 ~ 後ろ足はむくみでパンパン


コリンちゃんは 市内で迷っている所を保健所に収容され
サークルマムさんが 引き取ったワンコさんです。


ここ数日、食欲が落ちて お腹が腫れてきたということで
昨日病院で いろいろな 検査をしてもらい
マムさんと一緒に説明を聞きました。


「 お腹の腫れは腹水がたまっているため。

心肥大や低たんぱく症、貧血などもあり

それらすべての原因はフィラリア症からくるものと考えます 」


「 フィラリア症として末期的な病状 で

先の事より 今をどう乗り越えるかという状況です  」


今はとにかく

食べて 薬を飲んで 眠って・・・

20130611(7).jpg

少しだけお顔を見せてね ・・ とさわったら

20130611(5).jpg

一瞬だけど、目がキラリ


そうそう ~ ・・・ そんな感じで

体を休めながら、時々でいいから上を向いて

無理しないようにボチボチいこうね  』       ほっとちゃこより転載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様にお願い
 
コリンが 今を 乗り切れるように 祈って下さい  応援して下さい
   
どうか コリンが頑張れますように ・・・           

コリンの状態は ちゃこ天ママのブログ 「 ほっとちゃこ 」 をご覧ください

仔犬だより U^ェ^U

仔犬がすくすく成長して 楽しいお便りが届いています

まろかか さんから

「 らぴこ 」 も目が開きました

moblog_7125bb94.jpg

ショルダーバッグに入って
車に乗って
一緒に散歩にも行き始めましたよ

moblog_56c0f527.jpg

大中小でお昼寝 ^ ^

moblog_0fa6755b.jpg

moblog_a89bcba6.jpg

moblog_afbf15a7.jpg



  そして こちらは バロン君    こはる ママさんから

11日に 歯が生えて来ましたよ !!

moblog_e51bb74a.jpg

眼は クリクリで とっても可愛い~です

moblog_b0a28f16.jpg

亡くなった子達の思いを分けてもらい 幸せになって欲しいです

moblog_bf61f857.jpg

仔犬希望の方は ラッピーママへ どうぞ
ワクチン接種を済ませてからの お渡しとなります (7月中旬頃)

飼う為の約束事が有りますので 幾つか質問をさせて頂きます
その約束事を 総てクリアされる方を求めています

問い合わせには お名前 年令 ご住所 家族構成 持家?賃貸
などを明記して下さると 迅速にご返事が出来ます 

修ちゃん & のんちゃん

先日 ふみさんが予測のつかない動きして りゅうのすけが怒っている
と 記事に書きましたら リーママさんが 「 修ちゃん & のんちゃんも
同じですよ~ 」 と おっしゃったので ビックリ ・・・

moblog_30238365.jpg

修ちゃんが 予測のつかない行動をとるのだそうです
その結果 のんちゃんにぶつかったり リーママに突進したりと
アクシデントが続出

moblog_7b7d87c2.jpg

これは性格なんでしょうか ? 年なんでしょうか ?

甘えて来るのは可愛いから まだ許せますが 万一ケンカになったら
ふみさんと りゅうのすけ みたいに 大変な事態になります
でも この2匹はケンカにはならない ・・

moblog_33978f7e.jpg

のんちゃんの方が 争いを避ける本能が備わっているように見えます
やはりメスの方が慎重なのかな ?

moblog_7978b409.jpg

修ちゃんも のんちゃんも こんなに穏やかで 性格の良い犬なのに
なぜ捨てたのか ? 飼い主の心が判らない

年を取って来たら 世話が大変と言う事態は必ず起こる
人だって年を取って来たら 世話が大変なのは同じです

犬だから捨てて良いのか ? 猫なら捨てても良いのか ?

倫理とか道徳などという言葉は もう通用しない社会になったのか
要らない犬は ゴミと同じ ・・ 捨てれば片付く ・・ こんな考え悲しいな



話が逸れますが ・・・

昨年の7月 浅羽町のゴミ置き場に繋がれていた マム宅の あさこ
引き取って もう1年になります
ゴミ置き場に捨ててあったと言う事は 要らない犬だから ゴミと一緒に
処分してくれ と言う 飼い主の意思表示なのか ?
 
要らない犬は ゴミか !!       

あさこは ゴミじゃない
今では マムの大切な家族です

moblog_90cd298f.jpg

引き取った時は 6.2㌔   現在 12㌔   トホホホ ・・・
心に深い傷を負ったようで 食べる事で忘れようとしているかのように
食べ物に 心が向いています

新しい家族を求めていますが 雑種の病犬なので 室内飼い希望
フィラリア強陽性なので 長い時間の散歩や 走ったり飛びついたりの
激しい運動は禁止。   フィラリア症である事を ご理解頂ける方希望。


修ちゃん のんちゃん あさこ  
予防の季節になりましたので 募金でのご支援を希望します
フィラリア陽性なので 副反応止めが必要  ご支援をお待ちしています

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント