FC2ブログ

迷子の老ビーグル

迷い犬として、浜松市南区で保護された老ビーグル。

moblog_3c0ab16a.jpg

数日間、マム宅にいましたが、諸般の事情で
浜松市動物愛護教育センターへ移動した・・・。

ここまで、前回のブログに書きました。



実は教育センターから、希望者宅へ譲渡されたのです。
譲渡先はビーグルの第一発見者さん。

迷い犬を発見して、ラヴフォーペッツさんへ預ける時に
「もし、飼い主が判明しなかったら自分が飼います」と
言い残して帰られたというのです。

それならマムが引き取る必要は有りません。
マム宅を必要とするのは行き場のない老犬・病犬達。

希望者がある犬は教育センターから譲渡してもらえば良い。
そう考えていますので、今回は教育センターへお願いした
次第です。


万一、希望者さんと相性が合わなかったり、その他の
事情で返されて来たら、その時にこそマムが引き取れば
済む事。

ビーグルを引き取った翌日は教育センターが休館日だった為、
開館日を待って、ラウルママさんに教育センターへ運んで
もらいました。

センターで抑留されている間にも、この犬の飼い主からの
名乗り出はなく、1週間経って希望者宅へ貰われて
行った・・と言う嬉しい報告をもらい、一件落着しました。

moblog_5d8cddff.jpg


このビーグル君は幸運でした。
かなり高齢・・それでも迎えて下さる有り難い方と
巡り会えた。
もう一つ、幸運だったのは病気がなかった事。

教育センターでは病気がある犬、攻撃性のある性格の犬など
譲渡に向かない犬は一般譲渡の対象から外されます。
フィラリア陽性でも譲渡から外します。

これらの病気がなく、性格も良い犬だったので譲渡が
可能だった。
幸運がいくつか重なって老ビーグル君は新しいご家庭で
新しい犬生を踏み出す事になりました。

ビーグルに関わって下さった皆様、本当に有り難うございました。
心から感謝致します。

ぴちょん君 くるちゃん

ラッピーママから、ぴちょん君正式決定のお知らせが
届きました。

ぴちょん君は、幸運な仔猫でした。
本当に良かったね。

そして今回は、先住犬のくるちゃんが可愛いお顔を
見せてくれてます。

DCF00295.jpg

優しい表情のシーズーさん

ナガヨはキツイ顔をしているのですが、こんなに優しい
柔らかい表情をしているって、愛情が一杯!!で
心が満たされていると言う事ですね。

幸せは何よりも嬉しい事。
くるちゃん、仔猫を宜しくお願い致します。



そして、ラッピーママの手元には、次の仔猫が来た模様。
子猫のお世話、お疲れ様です。

DCF00296.jpg

なお、この仔猫は募集は致しません。
希望者さんがあるようです・・

ぴちょん君ステイに

希望者さんがあったぴちょん君、ステイに入りました。

ラッピーママから~

「 トライアルに行きました。シーズーの子との相性も
  悪くはないと思います。
  このシーズーくるちゃんも、多頭崩壊の保護犬です。」

DCF00173.jpg
 
ぴちょん君 オメデトウ!
シーズーさんが一緒で、この先の生活も楽しいね!!

くるちゃん、宜しくお願いします。
次の写真は、くるちゃんのお顔をハッキリと見せてね 

ご家族の皆さま、ぴちょん君を迎えて下さり
感謝致します。

お幸せに~~ 




ステイに行く前、わ~君と一緒に眠りました。
わ~君も、ぱんだしゃんも、ぴちょん君の子守を有り難う!

moblog_82685181s.jpg

タッキー君 オメデトウ!

ステイに行ったmix犬のタッキー君。
いわたわんこさんとラウルママさんが訪問してくれました。

それはそれは素晴らしい犬舎を用意してあったとの事。
あの大型犬のタッキー君が、小さく見えま~す。

moblog_93156175.jpg

希望者さんは知識もあり、飼い主としての意識も
高い方で安心して譲渡出来たそうです。



タッキー君の鼻の上に残っている傷跡を見ただけで
どんな悲惨な暮らしをしていたかが判る。

DSCN3353.jpg

表皮の下、真皮までえぐれていますから、
傷が出来た時は相当な出血があったと想像される。

しかも、遺棄されていた場所が、また凄い山奥。
民家がまばらにあるだけで、歩いて通る人など皆無。

滝沢・・と言う地名の場所で捕獲されたので
名前が「タッキー」と付けられた。

しかも、捕獲された当時は、極痩せで肋骨が見えていた。

 肋骨がハッキリと見える
DSCN3363.jpg

 腰骨も尖がって出ていた
DSCN3361_3.jpg

このような様々な状況を総合して推理すると・・

・ 日々の生活は虐待に近い飼い方。
・ 手に負えなくて人里離れた場所へ捨てた。

ボランテイアが考える不幸な犬の典型・・
不幸な見本のような犬。

これらの事を総て了承して迎えて下さった希望者さんに
心から感謝申し上げます。



マム宅へも何度もお泊りに来て、他のワンコと良く遊んだ。

希望者さんが無ければマム宅でみんなと一緒に暮らせば
良いと思っていたので、決まったのが未だ半信半疑。

でも、本当に良い方に巡り会えたので、これが
赤い糸だったのでしょうね。


いわたわんこさん、ラウルママさん 有り難うございました

ミニチュアシュナウザー決定

2月の終わり頃、シュナウザーを手放したい~との
依頼が入り、迎えに行って来たジンちゃん。

この時、マムはセンターから引き取った老犬の介護で
手一杯だった為、いわたわんこにお願いし引き受けてもらった。
(いつもこのような口実をもうけては、お願いしてます)


このミニチュア・シュナウザーのご家族が決定しました

何とトリマーさん、自宅で美容院を開いておられる方。
豊川市の wan peaceさんです。


  写真は「wan peace」さんのブログから拝借しました

いろいちゃんと言うシュナウザーを亡くされて悲しみの日々。
そんな時、ジンちゃんにご縁があり是非にとご希望下さった。

トリマーさんなら、シュナウザーのトリミングはお手のもの・・
これ以上ない素晴らしい方に決定しました。

家族に迎え入れて下さり、有り難うございました。
いわたわんこ共々御礼申し上げます。

どうぞ、末永く宜しくお願い致します。




迎えに行った時、このサークルから出した事がないと
飼い主は言っていたが、それだけではなさそうだった。

側へ寄ると身を縮じめてしまう・・。
耳を後ろへ倒し、眼を逸らす・・。
これは暴行を受けた経験がある犬の態度。

マムに言わせれば、サークルから1歩も出さない生活も
虐待だ。
それに加えて叩くなどの行為もあったのかも知れない。
(鳴くとサークルを叩いたとは言ってましたが・・・。)

moblog_a1cffa44.jpg

上下の写真と比べると表情が違います。
チョビアル母さんがシャンプーしてくれた時、こんな
柔かい表情をした。

moblog_da098fca.jpg

いわたわんこでは、すっかり元気になって走り回り、
先住犬のイリアンにちょっかいを出しては、
嫌がられていたとの事。

犬は環境が変わると、表情も驚くほど変化します。
次に見るのが楽しみです。

詳しくはブログ「wan peace」をご覧ください。
もう、記事が沢山載っていますよ。
マムにリンクあり。

いわたわんこさん、お世話を有り難うございました

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント