塚ちゃん・リボンちゃん

いわたわんこからステイに行っている塚ちゃん

ステイ先からメールが届いたそうなので、
いわたわんこのブログから転載しました。


DSC_0045.jpg

『 塚ちゃんホームスティ先よりメールいただきました。
  ドッグランデビューの塚ちゃん。
  
  ハスキーのマックス君&ヴラウニーちゃんとも仲良く
  できているようでホットしました。

  塚ちゃん性格とてもよい子ですが、トイレの回数が
  多い子で、そこが少々難ですが、里親希望者様宅では
  いろいろ考えて対処してくださっているようで
  有難いかぎりです。
 
  名前も塚ちゃんから「ジャック」にと家族でお話している
  とのこと。
  よろしくお願いします。 』

                      いわたわんこより転載

 DSC_0094_4.jpg


ジャックラッセルの塚ちゃん、
元気良すぎるワンコなので、少々心配でしたが、
先住犬とも仲良く出来ているようです。

皆でドッグランへ~~
このランは無料ですって!!!!
凄い~~

こんな広大なランで走り回れたら、塚ちゃん本望ですね。
決まりますように・・ 


152-thumbnail2.jpg

ステイに行ったと思ったら、アッという間に正式決定して
しまった塚ちゃん。
新しい名前は「ジャック君」 決まって良かったね 
ご家族の皆さま、末永く宜しくお願い致します。

いわたわんこさん、ラウルママさん、お疲れ様でした。
詳細は、ブログ「いわたわんこ」をご覧ください。




もう1匹、ヨーキーのリボンちゃんも決定  

実は、事情があってリボンちゃんは2~3ヶ月、マム宅へ
預かる予定でした。

小さいワンコだし、そのままマム宅の子にしちゃおうかな?
返すのよそうかな? なんて腹の中では思っていました。

しかし、状況が激変!!

・ いわたわんこが引き取る予定の犬はキャンセル、
・ チワワは急死、
・ ジャックラッセルは希望者が現れステイに、
・ リボンちゃんにも預かり希望者さんが現れて、マム宅への
  話は潰えてしまった 


DSCN3058.jpg

リボンちゃんは高齢なので譲渡は、多分、無理と
考えていた犬。

いわたわんこは、手元の犬達が一気にいなくなり、
信じられないと言うように眼を丸くして半信半疑。

手元に譲渡する犬が居なくなってしまった!!なんて
いわたわんこが、活動を開始して以来のビックリニュース 



高齢のリボンちゃんを正式に迎えたいと申し出て下さり
マムも心から感謝致します。
なんだか自分のワンコを譲渡したかのように嬉しいです。

また、リボンちゃんの写真をお待ちしております。
さくらさん、ご一緒して下さり有り難うございました。


塚ちゃん・リボンちゃん保護の経緯はブログ 
「いわたわんこ」を遡ってご覧ください。

富士さん

以前、何度かブログに登場したmix犬の富士さん。

この富士さんを巡って、今、お二人の方に感嘆・感謝・感激
している日々です。

moblog_7796c57e.jpg

2012年12月に保護されて、2013年1月に譲渡した
富士さん。

とても良いご家庭に巡り会い喜びましたが、奥様が
病気で亡くなられ、今度はご主人様も具合が悪くなり
入院なさるとの連絡が有りました。

退院しても犬の世話は無理だろうと医者に言われ、
(富士さんは体重が17㎏ 紀州犬のmixのようで大型犬)
ご主人は心に決意された事が有ったようです。

自分がまだ動けるうちに、富士さんを新しい飼い主に
託したい・・・と言う固い決意です。


そして、新しい飼い主として希望されたのが、ローズママさん

ローズママさんは東部で活動していらっしゃる方で
5年前に富士山麓に捨てられて放浪していた富士さんを
保護して下さった方。

moblog_129973a3.jpg

捨ててあった  富士山麓の現場

moblog_300f2211.jpg

殺処分された兄犬  食べ物もなく痩せ衰えていた


兄犬と一緒に捨てられたらしく、仲よくいつも一緒に
行動していましたが、兄犬の方は唸って噛み付く素振りが
見え、誰も触る事が出来ない為、センターへ送られて
殺処分となりました。

moblog_5252685f.jpg

富士さんは性格が良かったので、生き延びる事が出来た。

マムとしては浜松市へやって来た犬なので、当方へ
引き取りたいと思ったのでしたが、飼い主さんは
富士さんが産まれて育った富士山麓へ返したいと、
強い希望を持っておられた

moblog_116419cf.jpg

そして、ご自分でローズママさんに連絡を取られた。
すると、ローズママさんからは引き取り快諾のご返事 
 
まるで夢を見ているようでした。
大型の成犬は新たな里親探しは本当に難しい、それが・・・。 

ローズママさんも責任感の強い方で、即答で飼い主さんの
希望を叶えて下さったのでした。

moblog_231d4954.jpg

飼い主さんは、まだ自分で運転できるからと、自ら
ローズママさんのお宅へ搬入。

ローズママさんからも、早速、飼い主変更しますね~との
メールが届いた。
驚くやら嬉しいやら感謝で胸が一杯になり、涙が溢れました。

moblog_0d146f5d.jpg

飼い主さんの犬に対する強い責任感と、ローズママさんの
愛情溢れる暖かい心に大きな感動を覚えました。

長い事ボランテイア活動していると、こんな素晴らしい 
出来事にも廻り会えるのですね。

最期まで責任を果たした飼い主さん。
最初に保護して、ずっと見守ってくれていたローズママさん。

富士さんの為には最高のマッチングでした。
こんな人ばかりなら、不幸になる動物はいなくなるのに
と思いました。

ローズママさん、どうぞ宜しくお願い致します。

飼い主さん、5年間、暖かいお心で富士さんをお世話下さり
感謝申し上げます。
お体が回復される事をお祈りしています。

富士さん、良かったね。どうぞお幸せに~~    




富士さんは、ご主人様と一緒に小学生の登下校を
見守っていました。

moblog_05de9f56.jpg

moblog_6627ea2c.jpg

moblog_ca1050f7.jpg



ローズママさんは、イングリッシュセッターのローズさんを
迎えて下さった方。

moblog_dff08644.jpg

フィラリア強陽性で、一度は倒れたのですが、
病院で心臓から虫を抜き出す手術を受けて元気になり
ローズママさん宅へ迎えられました。

20081025033732.jpg

ローズさんは、間もなく亡くなり、その後に迎えたリナちゃんも
亡くなり、現在はマム宅のケリーと同時に茶畑で保護された
マリーちゃんと暮しています。

moblog_b3d5068f.jpg 
 マリー            ケリー
moblog_f10b6543.jpg



マリーちゃんは地元の小学校などで行われる
ふれあい活動に参加しています。

moblog_2917322d.jpg
moblog_5d89f987.jpg

ローズさん、マリーちゃん、リナちゃんの詳細は、
マムブログ内で検索してご覧になって下さい

富士さんも検索して下さいね

ノアちゃん、正式譲渡!

ステイ中だったノアちゃん、正式に決まりました。

ジジママさんから~

『 3月3日ひな祭りの日、

  先日ステイに行っていたノアちゃんの正式譲渡の
  手続きに行ってきました。

  image3-94a10-thumbnail2.jpeg

  新しいベッド、気に入っているみたい。

  お腹を見せたりして、すっかりくつろいでいてホッとしました。

  先住犬のももたくんにも、自ら結構近くまで近寄ったり
  できているのだそうです。

  E3838EE382A2E38081E6ADA3E5BC8FE8ADB2E6B8A1-thumbnail2.jpeg

  ノアちゃんの里親様から「ノアからです。読んでください」と、

  素敵なお手紙を頂きました。

  image1-d43e6-thumbnail2.jpeg

  本当に嬉しくて嬉しくて、涙があふれてきてしまいました。


  ノアちゃんは骨折して想像を絶する激痛と飢えに苦しみ
  溝に身を隠していた時、

  もしかしたら「自分はこれで死んでしまうのだろう」と
  思っていたのかもしれません。

  でも、これからは優しいお父さんとお母さんに大切に守られてるから、

  二度とあんな辛い思いをすることはないんだよ。

  お幸せに、ノアちゃん。

  里親様、モモタ君、ノアちゃんをどうぞよろしくお願いいたします。
  (これからは、ノアちゃんのお父さん、お母さんとお呼びしますね。)


  そして何よりも、ノアちゃんの治療費等にご支援ご協力
  いただきました皆様、

  心より感謝の気持ちを申し上げます。

  まずはご報告まで。

  ノアちゃんのお父さん、
  サークルマムへご寄付をありがとうございました。 』

                 アツコルジヲンの玉手箱より転載




ノアちゃん、おめでとう!!
本当に、本当に、心から嬉しいです。

マムにも、ノアちゃんからのお手紙を頂きました。
呼んでいたら、ジジママさんと同じく涙が溢れて
しまいましたよ・・・。

発見されたのが昨年の3月、入院も長かったし
経過を見守って完治を待つのも長かった。

保護された時の姿はボロボロで、干からびた老猫の
ように見えた。
しかも脊椎を損傷しているらしく足を引きずっている。
歩けない・・・・。

これは多分里親さんは見つからないだろう
最終的には、マムの手元へ引き取るしかないかな~
内心、そう思いました。

ところが治療が進むにしたがって、美しい猫に変身。
年齢も若い猫(子猫)だった。
歩けないと思っていた脊椎の障害も克服し、びっくり 

更には、猫を飼うなら保護猫を~とご希望下さった
ご家庭に巡り会えて、ノアちゃんはまさにシンデレラ猫 
お父さん、お母さんとは真っ赤な糸で結ばれていました。

ご家族の皆さん、モモタ君、末永く宜しくお願い致します。

ノアちゃん、お幸せに~        


根気よく我慢強く里親探しを続けたジジママさん
       心から感服しました。有り難うございました。


ノアちゃんのお父さん・お母さん ご寄付有り難うございました。
ジジママさんから確かに受け取りました。

子猫のむ~ん君 決まりました

ラッピーママから、嬉しいお知らせ。

『 子猫のむ~ん君、正式譲渡になりました。
  やんちゃぶりを発揮しています(笑)

180226-1.jpg

  皆様、ご協力ありがとうございましたm(__)m 』

moblog_be5fb6a8.jpg

む~ん君、おめでとう!!!  

ペー君より後に保護されて先に決まっちゃったね。
これもご縁でしょうか~。

本当におめでとう。どうぞお幸せに~       


ブログに掲載して下さったり、SNSなどで情報を
拡散して下さった皆様へ、心より感謝申し上げます。



ラッピーママの手元に、もう1匹の若猫が居ます。
ご希望がありましたらお知らせ下さい。

180209-9.jpg

申し込み先は、ブログ「ラッピーハッピーライフ」の、
オーナーメールーからどうぞ~~。

む~ん君の譲渡風景も、ラッピーママのブログに詳しく
掲載してあります。ご覧ください。


ご支援有り難うございます

む~ん君のご家族様
河野みどり様 
梅原ほまれ様ん
大原ただひさ様  しかたに動物病院より受け取りました

感謝致します
 

トム君正式譲渡

嬉しい決定がありました。

STIL0001_ed (1)

いわたわんさんこから

『 ステイに行っていたトム君、ココちゃんになりました。
  一週間が経ち、お話にと思って訪問しましたら、
  何も困っている事は無いとのこと。
  うちの子にと考えていると言ってもらったので、
  善は急げで書類もいただいて来てしまいました。 

  ココちゃん、夜とご飯以外は部屋フリー。
  お父さんのひざが大好きな甘えん坊になってました。
  失敗は一度もないそうです。  本当に嬉しいです。』

 180106f_1.jpg 180106d_1.jpg

いわたわんこさん、本当に有り難うございました。
心より感謝いたします。

ココちゃん、どうぞ幸せになって下さいね。
また、お便りをお待ちしています。

あずきなママさん、ご紹介有り難うございました。
いつか、だいごろう君とツーショットが撮れると
良いですね。


詳しくはブログ「いわたわんこ」をご覧ください。

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント