FC2ブログ

星になった豊ちゃん

ただ、ただ、驚きです。    

ビーグルの豊ちゃんが急逝 ・・ 

moblog_7e92c8e0.jpg

とても信じられません。
先週、病院で簡単な検査を受け、混合ワクチンを接種した。
来週、エコーなどの精密検査の予約を入れていた。

センターから引き取って以来、順調に元気を取り戻して
いたとばかり思ったのだが・・何が起きたのか???

マムは、この現実が未だに信じられない・・・
2018年12月13日午前8時1分に息を引き取りました。


前の日、夕ご飯を嫌がった。
口を閉じ顔を背けた・・。

ミルクに変えてシリンジで飲ませたが、少し飲んだだけで
歯を食いしばってしまった。

老犬なので、どんな日もある・・そう思った。
そのまま就寝した。

moblog_d6d3a993.jpg

深夜1時半を過ぎた頃、呻き声がした。
抱き上げて見たが呻いているだけで、もがいたり
暴れたりする様子もなく何なのか理由が判らない。

痛いのか?苦しいのか?
体を調べて見たが出血も無く、腫れている場所も無い。
でも、なんだか変だな・・そんな気がした。

夜間救急は2時で終わる・・
今から準備して走っても間に合わない。

掛かり付け病院へ電話したが留守電。
朝一で病院へ行くしかない~~。


その内、呻き声が聞こえなくなった。
唇が白くなりかけ・・明らかに死が迫っている。

夜が明けた。
豊ちゃんに関わって下さった方々にメールを送った。
その最中に息を引き取った。

何がなんだか理解不能でマムも混乱したが
涙が溢れてしかたなかった。


豊ちゃんをセンターから引き取って17日目。
心の整理がつかない・・・。


皆さんからお悔やみメールが届きました。

チョビアル母さんから
「優しい顔、こんなに可愛いのビーグルだったのですね。
 あっけなくて、呆然としてしまいました。
 マムさんの元で旅立てたのが、せめてもの救いです」

他の方も、
「冷たいコンクリ―の上で死ぬよりは、抱っこされて
 星になったのは救いでしたね・・」

とか、
「最期が苦しいガス室の殺処分でなくて本当に良かった・・」
等のメールを頂きました。


豊ちゃん、苦しまずに逝けたでしょうか?
心からご冥福をお祈り致します 

皆さまから沢山のご支援を頂き、豊ちゃんに変わって
御礼申し上げます。 有り難うございました。


ジャーキーと格闘中

moblog_3a06a2f5.jpg

雨の日は室内で散歩

moblog_b1ed9c32.jpg

敷物を交換すると嬉しそうに座った

moblog_767f40f9.jpg

金じいさんと一緒に病院へ行った日

sp-065428600s1544186466.jpg

マムは、頭上に雷が落ちたようなショックで
暫くは何も考えられないので、姿を見かけても
そっとしといて下さいね。  

星になった富士ちゃん

2018年12月2日 富士ちゃんが星になりました。

20181130_101123.jpg

20181203_111547(0).jpg

20181203_111553.jpg

最期を看取ってくれたローズママさんから~

『 2日、午後1時に、静かに亡くなりました。
  3日、11時に火葬をしました。

  塾生にも、ご近所の皆さんにも可愛がられ、
  本当に良い子でした。

  サークルマムさん、ボランティアの皆さん、
  里親さんにこれまで可愛がっていただき
  ありがとうございました。 』

20180503_085558 (1)


ふじちゃんは、2012年11月に富士山麓のぐりんぱで
捕獲された犬。

moblog_129973a3.jpg

ローズママさんが、役所へ掛け合ってくれて引き取る事が
出来ました。

moblog_9109a535.jpg

同時に捕獲された兄犬はビビリで唸った為、殺処分に
送られ、富士ちゃんは浜松市で里親さんが決まって、
兄犬の分まで幸せに生きました。

浜松では飼い主さんと一緒に小学生の登下校を見守り
大活躍しました。

moblog_4ebff5c2.jpg

moblog_84c4456f.jpg

moblog_5980c176.jpg

詳しくは、小冬ちゃん(旧名)・富士ちゃんと検索してご覧下さい。

急に具合が悪くなり、病院で点滴を受けたり
手を尽くして下さったのですが残念です。


里親さんになって愛情を注いで下さった田中さん、
命を繋いで下さったローズママさんに、心から感謝致します。

富士ちゃん 安らかに  

星になったフォクシーちゃん

2018年10月28日 フォクシーちゃんが星になりました。
享年19才1ヶ月。  

転居するご家族から手放されたので、年齢はハッキリと
判っています。
19才とは驚きの長生きですね。この春、表彰を受けたとの事。

大切に手を掛けて下さり、こまめにお便りも頂きました。

フォクシーと佐助の2014

テリア風の子がフォクシーちゃん
優しい目をしていますが、中々の頑固おばちゃんでした。

でも、最期はママの指を口の中に入れても嫌がらずに
介護させたとの事。

大切に大切にお世話下さり、心から感謝致します 


一緒に写っているミニピンは、旧姓佐助 
フォクシー宅で預かりを引き受けて下さり、やがては
自分の子に迎え入れて下さった。

浜松市内に佐鳴湖という湖がありますが、そこの西岸に
捨てられていた犬。
保健所へ移動して1週間、飼い主からの名乗り出を
待ちましたが現れず、マムで引き取りました。

佐鳴湖で助けられたので・・佐助
新しい名前はシャドウ君と命名して、最期まで大切に
愛情を注いで下さいました。

共に、成犬をもらって下さったのですが、新しい環境にも
良く慣れて、愛情を注げばこんなに懐くんだという
お手本のようなご家庭でした。

心より感謝申し上げます。
フォクシーちゃん、安らかに 

星になったはなこちゃん

2018年10月6日 はなこちゃんが星になりました  
享年13才8ヶ月 長生きでした。

moblog_3c129da6.jpg

亡くなる前日まで散歩にも行き、ご飯もしっかり食べられた
との事で、大往生でした~と、お父さんとお母さんが
わざわざ挨拶にいらして下さいました。

90才のおばあ様が一緒に住んでいらして「私より先に
逝かないでね・・」と毎日、はなこちゃんに話しかけて
いたと笑って見えました。

moblog_11f78972.jpg

保健所から引き取った仔犬で、やや大きめの体格。
最初は、やはり大変でしたが、慣れたらとても良い子だった
との事。

moblog_d5c709ea.jpg

大人ばかりのご家庭で、はなこちゃんが居なくなり、
おばあ様がショックを受けていらっしゃるらしい。

又、仔犬が出たら飼いたいとのご希望。
はなこちゃんのように性格の良い子が出るかどうか?

こればかりは飼ってみないと判らないので
仔犬が出たらお知らせします・・と伝えました。

最後まで大切にお世話下さり、感謝致します。

はなこちゃん 安らかに 

星になったコビーさん

星になったコビーさん  

moblog_a37a2595.jpg

とめさんから「犬が亡くなりフードなどを寄付したい方が
有ります」と、メールが入ったので、先方へ直接連絡
しました。

何と!! 19年前にご縁の有った方。

その時に活動していた団体は解散し、新しく
「サークルマム」として出発していたので、
マムの名前を名乗るまで判らなかったのでした。


コビーママさんから~

『 1999/11/2 にお見合いをさせていただき
  一目で気に入って飼う事になりました。
  以来19年間、優しい気性は変わらず
  家族を笑顔にさせてくれました。

  見送りはつらいものでしたが、今はその姿を
  思い浮かべる度に「ありがとう」という気持ちで
  満たされます。

  とにかく家族になってからは走ることの大好きな犬で、
  お骨を見ても係の方もびっくりするくらいのしっかりした
  足でした。

  最後の方は後ろ足が思うように力が入らず
  散歩もままならかったのが残念ですが、
  添い寝して安心して眠りに入って寝息をたてている姿を
  見るとなぜか安らぎました。 』

moblog_1213b43b.jpg

moblog_4ece4d09.jpg

19才・・・ 超・超・ご長寿のコビーさんでしたね。

ご家族に愛され、幸せな一生でした。
心よりご冥福をお祈り致します。

コビーさん 安らかに 

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント