FC2ブログ

星になったウィンディ君

2018年12月25日 ウィンディ君が星になりました

お母さんから~
『 寂しい反面、17才まで生きられた事は、彼にとって
  とても幸せだったのではないかと思います。』

moblog_0d987450.jpg

心より ウィンディ君のご冥福をお祈り致します。

お母さんの言われる通り、17才まで生きられた事は
本当に幸せな事でした。

何故かと言うと・・
仔犬の頃、飼い主の手によってセンターへ殺処分に
持ち込まれ、翌日には処分の運命に立たされていた
仔犬だったのです。

この頃は、仔犬も、まだ殺処分数が多い頃でしたから
仔犬といえども死の危機が迫っていた!!

お母さんのお宅に迎えられて、17才まで生きられたのは
本当に本当に幸運でした。


2002年2月 譲渡した日のウィンディ君

moblog_5656cf48.jpg

ウィンディ君 安らかに 

最期まで看取って下さったご家族の皆さま、感謝します 

星になった猫さん

ねこたろうさんから~

 moblog_e3493583.jpg

『 激ヤセで心配していた公園の猫が、12月21日、天国に
  旅立ちました。

  ついに年を越すことが出来ませんでした。
  保護をするかどうか悩むこともありましたが、大変臆病で
  神経質な猫でしたので、ストレスを与えない為にも
  公園で最後まで見守る事を決めて頑張ってきましたが、
  とうどう力尽きてしまいました。

  それでも猫ハウスに入れた毛布にくるまって寝て、
  最後まで美味しいご飯を食べました。
  住み慣れた公園で仲間たちと最後まで一緒に過ごす事も
  できた。
  彼女にとっては「これで良かった」と思います。

  亡くなる日の朝、フラフラになった猫にお別れを言われた
  ような気がしました。
  胸騒ぎは的中。
  普段、夜は公園に行かないのですが、気になって行って
  みたところ、いつも日向ぼっこをするお気に入りの場所で
  息絶えてました。

  亡骸を見つけることが出来たので、お別れもしっかりできました。
  悲しいですが、彼女の意に沿った見守りができたせいか
  私自身、不思議な達成感を覚えています。
  (やっぱりまだ泣いてしまうけど)

  公園に訪れる方々にも、温かく見守っていただいたお蔭で
  何年にも渡って安全に生きることができたと思います。
  優しい気持ちで見守ってくださった皆さんにも感謝の
  気持ちでいっぱいです。

  公園にはまだ2匹おりますので、引き続き頑張って
  お世話したいと思います 』

 moblog_bff0a4b0.jpg

ねこたろうさん 長い間のお世話、有り難うございました。

きっと、仲間や周りの人たちにも感謝をして旅立ったと
思います。

不妊手術を受けさせ、その後のケアを毎日続けるのは
並大抵な苦労ではありません。

公園に張り紙をしたり見守りをして努力を続けられたので
この猫は安心して生きられました。 心から感謝申し上げます。

2匹の猫達も、穏やかに健やかに暮らせますように~


心よりご冥福をお祈り致します。安らかに~

星になったマロンちゃん

2018年12月22日 マロンちゃんが星になりました 

15年前にもらって頂いたmix犬。
柴犬と甲斐犬とのmixでしたが、柴のような茶色。

最期まで大切にお世話して頂いて感謝致します。
心よりご冥福をお祈り致します。

マロンちゃん 安らかに~

写真はただ今捜索中! しばし、お待ち下さい。

星になった さくらさん

2018年12月12日、柴犬のさくらさんが星になりました。

十数年前に譲渡した犬で、ルルさんと言う柴犬も一緒に
迎えて頂きました。

写真を探しましたが、まだパソコンも、ケータイもない頃に
譲渡したので、その頃の記録写真を探しているのですが、
大量なのでなかなか見つからない。
やっぱりアナログって不便ね・・・。
見つかり次第掲載致します。

心よりさくらさんのご冥福をお祈り致します。

星になったりゅうのすけ 

りゅうのすけが、静かに星になりました  

皆さまから沢山の応援・ご支援を頂き、感謝申し上げます。


僧房弁閉鎖不全症の末期、心筋壊死と言う恐ろしい心臓の
病気と闘って暮して来たので苦しい日もあったに違いないが
ポーカーフェイスなワンコで痛みも苦しみも表さなかった。

でも、一番辛かったのは飼い主さんと離れた時だと思う。

ある日突然、知らないおばさんに誘拐された!?
飼い主さんの姿も無く、声もしなかった。
心細くて不安だった・・きっとこんな心境だったでしょう。

マムとは距離を置き、決して心を開かなかった。

飼い主さんは、既に虹の橋の彼方へ旅立っておられるので
今頃は二人して再会を祝し乾杯している頃かも~  


先月、昏睡状態に陥った時から、覚悟はしていました 

午前中に点滴の為病院へ行き、先生が聴診器を当てながら
「ウン」と頷かれたような気がしました。
きっと、まだ大丈夫だ!そんな風に感じました。

新しい年を一緒に迎えたい・・それだけが唯一の願いでしたが
心臓が力尽きました。

でも、点滴で体が楽になった状態で旅立ったのが幸いでした。
頑張りを褒めてやりたい。


moblog_e9062127.jpg

りゅうのすけへの応援・ご支援、誠に有り難うございました。
心から感謝申し上げます。

りゅうのすけ 良く頑張ったね 



後に残ったケリーが心配です。ご飯を食べない・・ 
翌日から下痢が始まった・・。
心が落ち着くまで、ゆっくり様子を見て行きます。

moblog_b3d94784.jpg

りゅうのすけが元気だった頃、いつもくっついていた

moblog_18f395c8.jpg

ケリー 頑張ってりゅうのすけの分まで生きようね 
くっつく相手を探しましょうね 

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント