悲惨なフィラリア末期

マーチ君の記事 №1


支援者の方から、フィラリア症の犬について
メールが届きました。

飼育放棄で引き取ったコーギーが、体調悪化との事。
・ 生れ付き心臓に穴が開いている
・ フィラリア強陽性

たまに咳も出ているようですから、もうフィラリア症末期に
近いかも知れません。

現在は、肺炎・腎不全も発症し、食欲もなく心配な状況。
最期まで頑張って介護しておられるとの事、
心から感謝致します。



コーギーの履歴

『 今年11歳になるオスのコーギーがいます。
  この子は4年前、前の飼い主に飼育放棄され、
  とうとう保健所に…となった時、私の父が引き取って
  来た子です。

  病院を受診したら、生まれつき心臓に穴が開いている
  加えてフィラリア強陽性の子でした。

  肺炎・腎不全とも診断され、毎日通院し少しずつ
  良くなって来ていると思ったらまた悪くなり、
  病院へ行く前に家の庭で倒れてしまい緊急入院。

  今度は、肺炎は良くなってきているが、心臓に
  確認出来るだけで二匹のフィラリアがまだいる。
  フィラリアのせいで肺がタバコを吸う人みたいに
  堅くなってくるから、そのせいで息がしづらくなって
  いるのでは…とのことでした。 

  先生から酸素ハウスも考えて置くよう説明がありました。


  前の飼い主は、犬小屋さえ与えず、雨が降れば濡れっぱなし、
  日が照れば照らされっぱなしの環境だったらしく、
  我が家へ来てからはもちろん犬小屋はありましたが、
  それまでの影響か、小屋へ入った所をほとんど見た
  ことがありません。

  前の飼い主一家に、新しく建てた家には連れて行きたく
  ないからと、元の家の敷地に繋いで置きざりにされて、
  その家のおばあさんが、ご飯をあげなどに通って来て
  いたらしいのですが、
  雨風すら凌げない・・
  飲み水にはボウフラがわいている・・
  繋留ひもは繋いである鉄鋼にグルグル巻きになって
  しまっていて身動きがとれないという環境・・。

  それを父が見つけ、みるに見かねて世話に通うようになり
  結局我が家へ…となりました。

  コーギーを一番可愛がっているのは父、
  そのコーギーが一番好きなのも父です。
  最期まであきらめずに介護をしたいと思います。』



本当に悲しい状況ですね。
お便りを読みながら涙がポタポタと落ちました。


生れ付き心臓に穴が開いているのなら、手術や治療が
必要なのに、そんな事はお構いなしに販売された・・。

コーギーという純血ブランドである為、金儲けの道具でしか
ありません。


しかも、残酷な飼い主によりフィラリア症を罹患、
発症しても病院へは掛けてもらえなかった。

ただでさえ苦しい心臓に、追い打ちの苦しみ・・。



支援者のお父さんに巡り会って引き取られ、
肉体的には苦しく辛い毎日でしたが、大好きなお父さんと
一緒と言う事で、今は心が満たされていると思います。


フィラリア症で、様々な症状が出て来たら、正直言って
もう打つ手は有りません。
苦しまないよう緩和ケアの治療を施して、痛みや苦しみを
感じさせないようにしてあげるのも一つの選択肢。

現在は、緩和ケアも進歩していて、薬を使い分けて
治療するので安心して受けられます。


コーギー君、頑張れ~~ 
大好きなお父さん、お姉さんが見守っているよ。




マムも今までに、フィラリア症の犬を沢山引き取りました。

末期の犬はどの子も辛そうで、側で見ているこちらの心が
ナイフで突き刺されるように感じ、痛ましい思いで
見守りました。


保健所から引き取ったコリンちゃんと名付けた柴犬は
もうフィラリア症の末期で体中がむくみ、腫れ上がっていました
引き取って1ヶ月目に死亡。

moblog_bf6ed02a.jpg

遺品がこのボロボロの首輪だけ。
飼い主宅でも誰に顧みられる事も無く、外に繋ぎっぱなしに
されていたのでしょうね・・・。

moblog_7dbb6068.jpg

痩せて干からびて、体中むくんで、呼吸も苦しそうで
悲惨な状況だったコリンちゃん、
息を引き取る間際まで、抱っこしたり優しく介抱してもらい
初めて人間の暖かさを知ったに違いない。

この時は、ちゃこ天ママさんが預かって最期までお世話
下さいました。

moblog_0cc78301.jpg


この他にも、
・ 末期で腹水が溜まり、お腹から水を抜きに通院した犬。
・ 緊急措置で心臓から状虫を抜き取り手術した犬。
・ 肺や心臓にも水が溜まり、呼吸が苦痛となっていた犬。
  
など沢山のフィラリア症の犬を見て来ました。
どの犬も最後は苦しみで喘ぎながら息を引き取りました。


そして断言できる事は・・・
フィラリア症は飼い主が予防できる唯一の病気。

予防薬さえ飲ませれば、飼い主が自分で防げる病気で
あるという事

言い換えれば、フィラリア症は、怠惰な飼い主が作る病気
と言っても過言ではないと思います。


犬も人間も、辛く悲しい結果はイヤです。
愛犬のフィラリア予防を必ず行いましょう。

動物から受ける愛や信頼は、飼い主が責任と義務を
果たしてこそ、胸をはって受け取れる価値のある証し。

今年も予防の時期が来ました。
獣医さんの指示通り期間内はキチンと予防しましょう。

ただ、温暖化?の影響か・・
気温が高くなって蚊の発生期間が長くなっています。

予防は4月から12月までと指導される獣医さんもいますので、
詳しくは獣医さんとご相談ください。

大吉

敷物を全部自分の周りへかき集めて眠っている大吉。

犬って面白いね。
なぜ、敷物をかき集めるんだろう。

キチンと、たたんで置いても翌朝には掘り返して丸めてある。
グチャグチャにすると落ち着くらしい。

moblog_50516eaa.jpg

カメラ片手に、抜き足・差し足・忍び足で側へ寄る。

moblog_fb382e09.jpg

ぐっすり眠ってます。

moblog_92e801d5.jpg

大吉は耳ざといので、なかなか眠った顔の写真が撮れない
今まで、一枚も撮れていないはず・・。

moblog_e4e4338f.jpg

やはり、シャッター音で起こしてしまった。
眠そうな顔・・・。  ごめんね。

moblog_69ea8da6.jpg



これは別の日の大吉 

moblog_94b41fb9.jpg

マムが側へ行くと、嬉しそうに寄って来る。

moblog_8a88dfbe.jpg

食べ物を持っていると判るのだ・・

moblog_3b8d5710.jpg

感のいい犬で視力が無くても普通に暮らせる。

moblog_0ebe5df3.jpg

当初、緑内症の為、涙で眼がグチャグチャだった。
目薬を指すのを嫌がり、マムの事も嫌いになった。

moblog_6d2a6c45.jpg

今は緑内障も落ち着き、涙は出ていないので目薬も不要に。
目薬を指さなくなったらマムの事も好きになってくれた。

moblog_97061a4d.jpg

性格の良い犬だけに本当に不憫です。
最期まで飼い主さんと一緒に暮らしたかっただろうに。

moblog_c2f8701b.jpg

飼い主さんが恋しいのでしょうか。
背中が泣いているような気がします。

飼い主夫婦が高齢になって、もう犬の世話が出来ないからと
手放されたが、飼い主も、犬も、双方の心が傷付く結果だ。



ご老人が新しく犬を迎える時は、自分の年齢と健康を考えて
「受け入れない選択肢」 もある事を知って欲しい。

又は、自分の犬として飼うのではなく、預かりボランテイアと
言う手もあります。

行き場のない犬や猫を預かり、里親さんが決まったら送り出す。
毎日が充実して、心が満たされますよ。



動物と、そのような関わり方も、老人世代にはあるという事を
知って下さい。



大吉には オヤツのご支援をお願い致します
傷付いた心を癒せるのは、現在、オヤツだけ・・

毎日のオヤツを楽しみにしています。


l4976555819632.jpg

moblog_ae73af51.jpg

ナナ 腫瘍が片手一杯に

moblog_df8f683f.jpg

ナナの腹、腫瘍がどんどん大きくなる。

最初は黒いイボのような物が1個できて、なんだろうなと
思っていたら、あれよあれよと言う間に大きくなって、
現在は腹から垂れ下がるまでに膨らんでいる。

moblog_8c8e276f.jpg
5月末 

moblog_3f9792e9.jpg
6月10日 

moblog_9ad9d0f6.jpg

僅か2週間で垂れ下がりが一段と大きくなっている。
これは、どう見たって異常だよ。

歩く時、物にぶつかって擦れたら皮が破れてしまう。
日々大きくなっているので迷っている時間は無い、
決断しなければ・・・・。


実は体のあちこちに同じような物が沢山出来ています。
足にも2~3個
      大小2個並んでいる
moblog_14385ab9.jpg

首の後ろや脇の下などにも出来ているので、これらも
いずれは大きくなるのだろうか??

取っても取っても、次から次へと出て来るのでは
対処の仕様がない。

今、切除しても直ぐに次のが大きくなるのだろうか???


本当に泣きたくなります。
こんなに高齢になってから、いろいろ出来るのは
本人も不快だろうし、こちらも不安が絶えない。

moblog_97fd11e4.jpg

眠る時、体の重みで(体重22㎏)潰れないか??

夜中に潰れたら困るので、腹にバスタオルを巻いて
寝かせたが、朝には外れてしまっていた。


先生とも相談の上、切除する事に・・。
今、体調が良い時にやらないと、具合が悪くなってからでは
もう出来なくなる。



moblog_230a6fc4.jpg

横から眺めているだけでは大きさが実感できないが~

moblog_a2885d43.jpg

掌に乗せてみたら、大きくて、ずっしりと重かった。



決断しました。
やるのは今でしょ!! 切除の手術を受けます



その前に腫瘍の良し悪しの検査・・

もし悪性腫瘍だったら、切り取る時にマージンを大きくしたり
深くえぐり取ったりと高度な技術も必要となります。
場合によっては抗癌剤も必要となるかも知れない。

良性なら、この垂れ下がり部分だけを切除し
後は普通に縫い合わせれば良い・・

その事前チェックの検査を受けた上で、28日に本手術を
受けます。


ナナにあしなが支援(募金)を募集

腹の腫瘍の切除費用です。(事前のパンチ検査と本手術)
皆様のご理解とご支援をお願い致します。



moblog_90c2d9f3.jpg

以前は腹ばいになって眠る事も多かったが、今は
横になって眠る・・腫瘍のせいだろうか?

どうぞ潰れませんように・・・。
手術日まで持ちますように・・・。

りゅうのすけ 痴呆が進んでます

朝ご飯が済み、散歩に出たりゅうのすけ。

他の犬とは、暮らしのペースが大幅に違うので、
ご飯タイムも違う。
りゅうのすけのご飯タイムは、他の犬達のねらい目に
なっている。

食器を置いてその場を離れると誰かに食べられてしまうので
必ず、手で食器を持って食べさせる事にしている。

moblog_986f6b9c.jpg

幸い、水は自分で飲めるので、バケツの前まで誘導し
自分の意志で飲んでもらう。

moblog_ba80c384.jpg

さて、散歩の始まりです。

moblog_ea635fa0.jpg

ゆっくりトロトロ歩くので、倒れないよう気を付けて
後ろに付いて歩きます。

10歩くらい進んで一休み~。

moblog_c70840b9.jpg

りゅうのすけが歩きはじめると、野次馬がたくさん
付いて来る。

moblog_729a865d.jpg

椿ばあちゃんまで付いて来てた 
ホントに野次馬だね
視線が真っ直ぐ、りゅうのすけを見ています。
自分も婆さんなのに、他人の世話を焼きたがる 

moblog_18cc1594.jpg

ラッキーが側にいると大きいので、りゅうのすけが
ターンできません。
ホントに邪魔な野次馬だこと・・・

moblog_8eac75b1.jpg

最近は、りゅうのすけの方が小さく細くなった
二人並ぶと、この通り腰のくびれが違う

  椿ばあちゃん      りゅうのすけ
moblog_fb95e264.jpg

年内持つかどうか? 心配な老犬・・・

リリーさん
りゅうのすけ
栗子ばあさん
椿ばあちゃん(予備軍)

いずれも病気や老衰が進行し、食べる事が
難しくなっています。

食べる事は生きる基本。
これが難しくなると、身体が持たないので年内どころか、
1ヶ月先が読めなくなる。

老犬達、ガンバレ!! 頑張れ!! がんばれ!!



りゅうのすけにローファット(低脂肪食)を募集中

膵炎が再発するとイケないので、低脂肪食のみを
指示されています。

ドッグフードも指定の療法食、缶詰も同じくです。


食べる物を制限されると、つまらないですね。
犬も同じと見えて、低脂肪食ではソッポを向く。

もう長くないなら普通の物を食べさせたい・・・
でも、他の病気を併発し苦しみを伴うと気の毒だし・・・
少しでも長く生きて欲しいから、やはりダメだ・・・
いつも悩んでます。



りゅうのすけ、痴呆が進み遠吠えをする

声で吠えるのではなく、喉から音を出しているだけだが、
毎晩欠かさず吠える。


夜中、りゅうのすけが吠えていると、野次馬ももちゃんが
側へ寄って来た。

moblog_abe92dbc.jpg

ももちゃんは、ホントに何にでも興味を持つオバサン。

先日は栗子ばあさんがバケツを引っくり返して
部屋を乾かしていたら覗きに来ていた。

moblog_fd9843a3.jpg

他の犬達は、皆、寝静まっているのに、ももちゃんは
眠らないの?。
意外と眠りが浅い犬で、昼間も、ちょっとした音や
出来事を見に歩き廻っている。

神経が細かいのではない。
マム宅は自分の縄張りと思っているから見廻るのです。

ラッキーが来るまでは、オスメス問わずももちゃんが
一番だった。
縄張りを見廻り、守るのはボスの役目。

ラッキーが来てからも、メスでは自分が一番だと
思っているから、見廻りは自分の役目と心得て
歩き廻るのだ。

本能に支配されているももちゃん。


野次馬オバサンが側へ来ると、りゅうのすけも興ざめし
吠えるのを止めて小屋へ入ってしまいました

moblog_274212cf (1)

日々、衰えて行く老犬達・・

回復の手段は無いと判ってはいるけど、少しでも食べて
一日でも長く生きて欲しい。

dbfの缶詰やオヤツ等、老犬達にご支援をお待ちしています。


ご支援有り難うございます

チョビアル凜母さん
らぴこさん
ダイちゃんパパ
恵理子さん

リリーさん始め、老犬達にと缶詰等をご寄付頂きました。

椿ばあちゃんに追い打ち

moblog_d5886da9.jpg

椿ばあちゃん、もう一つ悪くなっている臓器が見つかった。

副腎です。
診断された病名は副腎皮質機能亢進症。

副腎からホルモンが多量に出る病気・・クッシング症。
現在、ナナがこの病気で通院している。


椿ばあちゃんは、もうゴールが近いと考えているので
新たな検査や新たな治療は受けたくないと思っていた。

現在処方されている心臓の薬だけを服用させ、
静かに見守るつもりでいたが、クッシング症だと
様々な合併症が出ます。

脱毛・痒み・腹部膨満・異常な食欲増進・多量の飲水
ふらつき・・そして最悪、死亡原因ともなる厄介な病気。
メスの老犬に多く発症するようです。


老いは悲しい・・
アチコチ悪くなり、薬も山ほど飲んで、それでも治らない。
もっとも、老化は病気ではないので治るはずがないけど。


ふらつきの合併症が出てきたのか、最近は座って
ボーとしている事も多い・・。

moblog_6a21a04d.jpg

手前でオヤツを見せて名前を呼んでも、スッと直ぐには
立てないようだ。
かなり努力をして、ようやく立てた。

moblog_6f788fba.jpg

ダンボール箱に丸い穴があけてあるが
ご飯の食器を置く台です。

食器を床へ置くと、足がふらついて上手く食べられないので
段ボールに切り込みを入れ、食器が動かないように
高さを確保できるように工夫しました。


しかし、食べこぼし等で汚れるとカビが生えたりして不衛生。

このような段ボール箱を作って頂ける方を募集。
サイズに希望あり・・・。



良く眠ってます・・。

moblog_13423a62.jpg

余りにも良く眠っていると、若しかして??と不安がよぎり
胸を見つめる事もある。

moblog_4439ec00.jpg

腹が大きい・・
太って来たと思っていたが、若しかしたらクッシング症の
合併症の一つかも知れない。
(ぽんぽこタヌキのように腹が膨満します)

moblog_fc92589d.jpg

椿ばあちゃん、先の予測がつかない・・。

毎日が不安の連続です   

明日は、再検査を受けます。
朝ご飯抜きで夕方まで入院の予定。

合併症が出てからでは手遅れになるので
止むを得ない検査・・


椿ばあちゃんに、あしなが支援(募金)を募集中。

定期的に検査を受けて薬を処方してもらっています。
現在、心臓の薬を服用中の上、副腎の薬も新たに
スタートしました。

どうか、椿ばあちゃんをご支援下さい。

トイレシーツも募集中 90×60cmを希望


本来なら、保健所で抑留期限が来た時に殺処分され
煙になっていた運命だったが、幸運にも引き取る事が
できた。

運よく生還出来たのだから、最期まで頑張って生き抜いて
もらいたい。
その為には、できうる限りの治療はしてやりたい。

本人は食欲も有り、まだまだ生きる気充分です。


どうか、もう少しの間、椿ばあちゃんのご支援をお願い致します。



老犬の医療費が膨らむのは人間と同じ。

人間も高齢者の医療費が莫大な額に昇っていますが
それと同じで、動物でも高齢になるほど医療費がかさみます。

最初から、老犬・病犬を承知で引き取っているので、
最後までキチンと治療して上げたい。


サークルマムは赤字続き・・  
皆様のご理解とご支援をお願い致します。

椿ばあちゃんも寝たきりになったら、覚悟を決めて諦めます。
それまでの間、ご支援をお待ちしています。

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント