FC2ブログ

リリーさん 優ちゃん

リーママさん宅の芝生の庭。

今は芝が枯れて茶色ですが、夏になると
緑が一面に広がって美しい庭になります。

りりーさん、この庭では、多少はよろけて不安定ですが
しっかりと歩けるのです。
マムは驚異の庭・・奇跡の庭・・と思っています。

老犬は歩けなくなったら、あっと言う間に足の筋肉が落ち
寝たきりになってしまう。

この庭で沢山歩き廻って、いつまでも元気でいて
欲しい~です。




























moblog_5dbae8db.jpg

リリーさんと優ちゃんの距離感は絶妙で、
近すぎもせず、遠すぎてもいない・・。
丁度良い距離を保って仲よく暮らしています。

2匹の穏やかな顔つきを見ると、ケンカは起きてません。
修羅の形相はしてませんものね。

犬って顔に全部出るから、面白いというか、
飼い主にしてみたら怖いね。
犬を見たら、どんな暮らしをしていたのかが直ぐに
判ってしまう。

言葉を話せないからと、いい加減な飼い方をしていると
犬は表情や体で会話をしてしまいます。


リリーさんの次回検診は、なんと3月3日
マムも病院へ行きます~。

そして、マムの代わりに森林公園でお手伝い下さるのが
チョビアル母さんご夫妻!!

有り難うございます。 感謝致します    

仔猫  あと1匹に~

ラウルママさんが保護した5匹の仔猫、
新しいご家族を探していましたが、あと1匹となりました。

向って右側の顔に黒い模様が入っている方が
福を持っている最期の子  
                向かって右側
moblog_c52df5e5.jpg

来月には避妊手術を予定しています。
ご希望がありましたら、すてっぷにゃむ&マム事務局へどうぞ。
飼う為の約束事があります。


おとな猫も募集中。

moblog_98e14dcb.jpg

白い方の猫さんを先に募集しています

moblog_78de5e6f.jpg

この、おとな猫はゴーキャッツの譲渡会へ
参加しています。

ご希望がありましたら、お知らせ下さい。

久しぶりのタロウ君

いわたわんこのブログに、タロウ君が載っていたので
懐かしく思い転載しました。


Screenshot_20190131-060949_2019013106102_1.jpg

H29年5月譲渡になったタロウ君。
少々(かなり)大きめのダックスさんです。
その頃、たろう君はダイエット中で300g減った、あと100g減で
10kgになるとがんばっていた頃です。

譲渡した時は9kg。
8kg目標に引き続きお願いしました。
少し太ってしまい、現在散歩、食生活を改善中とのこと。

かわいいタロウ君の為にもよろしくお願いいたします。
             

いわたわんこより転載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タロウ君 ちっとも変わりませんね
美しい長毛がフサフサしてます。

ダイエットは本当に難しい・・・。
良く頑張ってます。 

この先も頑張ってダイエットして下さいね。


moblog_83eb5aec.jpg

10㎏だった頃のタロウ君。


リーベ君 テインキーちゃん ムクタちゃん
お便りをお待ちしています。

このダックス達4匹は家族で、
桃花ちゃんだけは血が繋がっていないけれど、
5匹一緒に飼われていました。

また、チャンスがあったら全員で会いましょうとの
提案が、テインキーママから入っています。

ケリー 丸刈に

りゅうのすけの死去以来、精神的に不安定な様子を
見せているケリー。


過去に虐待を受けていたらしく、心が壊れ人間不信。
人間を拒絶し、身体には絶対に触らせなかったので
里親探しは不可能と諦めた。

マム宅でりゅうのすけと巡り会い、りゅうのすけと一緒なら
恐怖も乗り越えられたようでマムの手からオヤツを
食べるまでに心が快方に向かっていた。

しかし、その関係も、りゅうのすけが亡くなってからは
再び人間を拒絶し、殻に閉じこもるようになった。

それだけ、りゅうのすけが心の支えだったのだね。



先日、他の犬達と仲よく日向ぼっこをしている所を
カメラのシャッターを押して、ケリーを驚かせてしまった。

それ以来、また、小屋に閉じこもって姿を見せなかったが、
お天気の良い日の午後、一人で日光浴をしている所を発見。

マムが姿を見せると逃げ出すので、ガラス越しにシャッターを
押した。 気づかれなかったよ!

moblog_4754a18f.jpg


昨年の9月にトリミングをしたきりなので、毛が伸びている。
今回は検診も併せて実施する予約で病院へ



ちなみに、触れない犬をキャリーへ入れる時はどうするのか?

キャリーの戸を開けて置くと、その中へ自分から入ります。
せまい囲いの中が落ち着くのは野生の本能。

moblog_d483355a.jpg

しかし、病院へ行ってキャリーから出すのが大変。
自分からは出てこないので、キャリーの留め金を全部外して
上半分を持ち上げる。
キャリーの下半分が残り、そこにケリーが座っているので
無事出せる仕組みです。


何かにつけて、超ビビリワンコは大変。
一旦逃がしたら絶対と言って良いほど捕まらない。

過去に里親宅から逃走し、9年目に保護出来た犬がいたので
ビビリワンコの大変さは身に染みている。



初診時に心臓雑音があると診断されているので
今回は、レントゲン・心電図・エコーなど、すべての検査を受け、
どの程度悪化しているかの診察をしてもらいます。


遅まきながら、いよいよ心臓のケア開始となるか・・。
りゅうのすけの分も長生きして欲しい。

昔は判らなかった病気でも、医学が発達したらハッキリと
原因や治療法が判るようになった。
判ったからには治療を受けさせたいが、難しい病名が付くと
こちらも必死で勉強し、必死で病気に付いて行かなければ
ならない。

ケリーには、難しい病気とは縁が有りませんようにと
祈っているが、実は、左腋の下に柔らかいコブ?腫瘤が
出来ていて細胞診用のサンプルを抽出した。

引き取った時に乳腺腫瘍の摘出手術を受けたので
その転移が恐ろしい・・・。

外部へ検査に出して、結果を待つ。



ビフォー もじゃもじゃケリー
moblog_79e84b7c.jpg

アフター プードルからダックスに変身した!?
moblog_44a11e32.jpg

1週間後に検査の結果を聞きに病院へ行きます。
悪いもので有りませんように・・。




雷蔵もケリーと同じ日に血糖検査に行って来ましたが
再び、乱高下が出現した。

インスリンで制御出来ていない状態。
インスリン量が増え2単位となったが、当分は
毎週、血糖検査に通院する事になった。


悪いながらも安定か!?と喜んだが、ぬか喜びだった。
とにかく、やや安定、再び悪化と、幅が大きすぎる。

もう頭が痛い!!   


moblog_59ff0f1d.jpg

募金でのご支援を募っています

どの犬も具合が悪い、検査、悪化、再検査・・とエンドレスで
続くので、金銭的な負担が大きく、赤字財政で困窮しています。

どうぞ、皆様のご理解とご支援をお願い致します 
  

リリーさん

リリーさんの通院が続いています。
かなり長く診てもらっているが、なかなか目の傷が
良くならない。

moblog_c23cf58f.jpg

通院にも慣れた?様子のリリーさん。

moblog_553bde8b.jpg

体重は15㎏台で推移
先生からは、「とてもよくお世話が出来ています。」
昨年のカルテを見ながら、「既に昇天していても不思議は
ないのに素晴らしいお世話です~」と誉めて頂きました。

マムも同感です。
こまめに手を掛けて下さるリーママさんに心から感謝です 

moblog_a0fc1872.jpg

手足もキレイにカットしてあり可愛い~。

moblog_3e3bc4d9.jpg

毛がふんわりとして触ると気持ちいい~。
どこを触っても嫌がりません。性格の良いリリーさん。

moblog_c2bdb033.jpg

診察では傷が有るけれども、結膜に血管が伸びて来ているし
悪化はしていない・・しかし快方に向かってもいない。
現状維持と言う事らしい。

眼は飲み薬の効果が現れにくい場所の一つ。
直接、眼薬を指して治すしかないのが歯がゆいところ。

根気よく通います。


現在リリーさんは、流動食をボトルで飲ませています。

リーママさんが毎日、栄養価や好みの物などを考え
何種類かをミキサーに掛けて飲ませて下さるのです。

moblog_0dcb4cfc.jpg
  水もボトルから上手に飲みます


その時にミルク飲料などを混ぜて飲みやすくする為に
リリーさんにミルク類を募っています。

180619_163222.jpg

180709_063824_ed.jpg

moblog_508ff65b.jpg


ロイヤルカナン  GI LОW FAТ LIQUID

moblog_dc0680c2.jpg

moblog_34d8da8d.jpg

このロイヤルカナンのローファットは獣医師のお勧め品
消化吸収が良く、カロリー含有量も高く、老犬にはピッタリ。
犬達も好みます。

リリーさんの頑張りに どうぞご支援をお願い致します。

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント